無料ブログはココログ

« 【純と愛】第14週(1/4~1/5)感想&新登場人物紹介 | トップページ | 初詣&「いつか陽のあたる場所で」&「サキ」&「書店員ミチル~」 »

2013年1月 7日 (月)

【八重の桜】初回感想と視聴率好発進♪「ならぬことはならぬ」

注目の初回視聴率は、21.4%(関東地区)でした。

これは、すごいですね♪(^^)

関東の『平清盛』初回は17.3%、『江』初回は、21.7%、『篤姫』初回は、20.3%です。

『平清盛』初回と『篤姫』初回を超えたと、ネットのニュースにありますが、清盛の最終回の視聴率は、9.5%ですからね。

そこから、よくここまで上げたものです♪

ちなみに、関西地区は19.2%で、名古屋地区は20.5%、地元の福島地区では30.7%でした。

大河の枠のファンも多いのでしょうけれど、年末年始に沢山、宣伝した効果もあったかもしれませんね(^^)

主役の綾瀬はるかさんの宣伝も多かったですが、兄の覚馬役の西島秀俊さんや、父・権八役の松重豊さんなどがスタパに出たりなど、いろいろ宣伝してました。

最近のドラマは、スタートダッシュが大事なので、これは大成功でしょう♪(^^)

お見事でした♪

 

肝心のドラマ内容ですが、さすがですね♪(^^)

前作の失敗からか、視聴者受けを最優先したような構成でした。

まずは、米国の南北戦争が出てきたのでびっくりでしたが、ここに、八重(綾瀬はるか)も参戦?

まさか、あれは会津での戦争でしょうね(^^;)

1868(慶応4)年8月、砲撃をあびる会津・鶴ヶ城内で、スペンサー銃を構えて、山本八重(綾瀬はるか)も戦っていました。

綾瀬さん、とても凛々しくて、素敵でした♪

最初が肝心ですからね。

迫力のある戦シーンで、綾瀬さんの凛々しい姿を冒頭、見せて、掴みはOKという感じでした(^^)

米国の南北戦争がどう繋がるのか、よく分かりませんでしたが、1863年、ゲティスバーグ、南北戦争最大の激戦地が映し出されてから、その5年後の会津戦争でした。

 

語りは、草笛光子さんです。

語り「物語は、会津戦争から17年前にさかのぼる。会津松平家23万石は、葵の御紋を許された徳川家の御家門である」

八重は、5歳になり、鈴木梨央ちゃんに代わりました。

梨央ちゃん、とても可愛かったです♪(^^)

今回だけでおしまいでしょうか?

最近の大河は、子役時代が短くて、ちょっと残念です。

 

脚本は、『ゲゲゲの女房』の山本むつみさんです。

『御宿かわせみ』や『慶次郎縁側日記』、『塚原卜伝』など、時代劇も沢山、書かれています。

若殿の松平容保役は、綾野剛さんで、『カーネーション』では糸子の不倫相手でしたね♪

この若殿も素敵でした♪

 

そして、最後の方で登場した吉田寅次郎(後の吉田松陰)(小栗旬)も素敵でした♪

佐久間象山(奥田瑛二)も存在感がありました♪

 

八重の最初の夫になる川崎尚之助(長谷川博己)と、まだ登場しませんが、後に、夫になる新島襄(にいじまじょう)(オダギリジョー)も楽しみです♪

八重さんは、夫をジョーと呼び捨てにしていたそうですが、ジョー役をジョーが演じるなんて、NHKさんも狙ってるのでしょうか?(笑)

 

それはともかく、今回のところは、なんと言っても、八重の兄の山本覚馬(やまもと かくま)(西島秀俊)が素敵でした♪

優しくて、凛々しくて、頭も良さそうで、最高ですね♪(^^)

後半は、まるで覚馬が主人公のようでした(汗)

覚馬は、最新の西洋砲術を学ぶために江戸へ留学。

ペリーの黒船が来たり、幕末の有名人が沢山出てきて、まるで『龍馬伝』のようでした(^^;)

佐久間象山塾へ入れて貰えて、良かったですね♪

幕末の有名人も沢山、登場し、この後半で、視聴者をがっちり掴んだ事でしょう♪

このまま、覚馬と八重のダブル主役でもいいですが♪(^^;)

次回からは、早くも八重は、綾瀬はるかさんに代わるようです。

 

次回も楽しみです♪(^^)

綾瀬はるかさんの出演ドラマは、『ホタルノヒカリ』も『JIN』も大好きで、勿論、綾瀬さんも、大好きです♪(^^)

このドラマは、視聴者受けを優先してくれそうなので、楽しくなりそうな予感がします♪

次回以降も、レビュー、続けたいと思います♪(^^)

大河ファンの皆さん、今年もよろしくお願いします♪(^^)

 

【脚本】 山本むつみ

【テーマ音楽】 坂本龍一

【語り】 草笛光子

 

【初回あらすじ】

幕末の会津。新政府軍からの激しい攻撃を浴びる鶴ケ城内で、最新のスペンサー銃を構えて戦う若き女性銃士がいた。山本八重、後の新島八重(綾瀬はるか)である。

さかのぼって1851年。会津藩砲術師範の娘・八重(鈴木梨央)は、おてんばで負けん気が強く、父・権八(松重豊)と母・佐久(風吹ジュン)も手を焼いていた。そんな八重が慕うのが、文武に秀でた兄・覚馬(西島秀俊)。覚馬が銃で的を撃ち抜く姿を見て、八重は砲術に夢中になるが権八に厳しく叱られる。

その年の秋、会津で軍事操練「追鳥狩」が行われ、藩士たちは鳥を敵軍に見立てて狩りたてる模擬戦で、一番首を挙げることを意味する「一番鳥」を目指し闘志を燃やしていた。ところが、一番鳥の本命と目される番頭・西郷頼母(西田敏行)が狙いを定めた時、八重が邪魔をしてしまい騒動になる。そこへ藩主・松平容保(綾野剛)が現れ、八重を救う。この出会いが、八重のその後の人生を変えていくことになる。

その後、覚馬は、最新の西洋砲術を学ぶために江戸へ留学。八重は、こっそり砲術の練習をするが、権八に見つかって厳しく一喝されてしまう。

 

【主要登場人物】

山本八重(やまもと やえ)・・・綾瀬はるか(幼少期:鈴木梨央)

山本覚馬(やまもと かくま)・・・西島秀俊(八重の兄。会津藩士)

山本権八(やまもと ごんぱち)・・・松重豊(八重の父。会津藩砲術師範)
山本佐久(やまもと さく)・・・風吹ジュン(八重の母)
山本三郎(やまもと さぶろう)・・・工藤阿須加(八重の弟)
山本うら(やまもと うら)・・・長谷川京子(覚馬の妻)

<会津藩>

松平容保(まつだいら かたもり)・・・綾野剛(幼少時:山下哲平)(会津藩第9代藩主)
敏姫(としひめ)・・・中西美帆(容保の正室)
照姫(てるひめ)・・・稲森いずみ(容保の義姉)
西郷頼母(さいごう たのも)・・・西田敏行(会津藩番頭)
山川兵衛(やまかわ ひょうえ)・・・山本圭(会津藩家老。与七郎の祖父)
山川艶(やまかわ えん)・・・秋吉久美子(与七郎の母。会津藩士・山川尚江の妻)
山川与七郎・・・玉山鉄二(幼少期:里村洋)八重の幼馴染。
高木時尾・・・貫地谷しほり(幼少期:山岡愛姫)八重の幼馴染。大目付・高木小十郎の長女。
林権助(はやし ごんすけ)・・・風間杜夫(会津藩大砲奉行)
萱野権兵衛(かやの ごんべえ)・・・柳沢慎吾(会津藩家老)
佐川官兵衛(さがわ かんべえ)・・・中村獅童(会津藩家老)
神保修理(じんぼ しゅり)・・・斎藤工(軍事奉行添役)
神保雪子(じんぼ ゆきこ)・・・芦名星(修理の妻)
梶原平馬(かじわら へいま)・・・池内博之
秋月悌次郎(あきづき ていじろう)・・・北村有起哉
広沢富次郎(ひろさわ とみじろう)・・・岡田義徳
日向ユキ(ひなた ユキ)・・・剛力彩芽(八重より6歳下の幼馴染)
中野竹子・・・黒木メイサ

<その他>

佐久間象山(さくま しょうざん)・・・奥田瑛二(佐久間象山塾の主宰。松代藩士)
川崎 尚之助・・・長谷川博己(出石藩士。象山塾の塾生。後に八重の最初の夫)
吉田寅次郎・・・小栗旬(長州藩士。象山塾の塾生)
勝麟太郎(かつ りんたろう)・・・生瀬勝久(幕臣。象山塾の塾生)
徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)・・・小泉孝太郎
近藤勇(こんどう いさみ)・・・神尾佑
大山弥助(おおやま やすけ)・・・反町隆史(薩摩藩士)
西郷 吉之助・・・吉川晃司
大久保 一蔵(おおくぼ いちぞう)・・・徳重聡
島津 斉彬(しまづ なりあきら)・・・林与一
桂 小五郎・・・及川光博
久坂玄瑞(くさか げんずい)・・・須賀貴匡
槇村正直(うえむら まさなお)・・・高嶋政宏
井伊直弼(いい なおすけ)・・・榎木孝明(彦根藩主)
松平春嶽(まつだいら しゅんがく)・・・村上弘明
大垣屋清八(おおがきや せいはち)・・・松方弘樹
小田時栄(おだ ときえ)・・・谷村美月
新島襄(にいじま じょう)・・・オダギリジョー(ボストンの在米邦人。後に八重の2番目の夫)
 
 
 

<什の掟> (公式HPより)

一、年長者(としうえのひと)の言ふことに背いてはなりませぬ
一、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ
一、嘘言(ウソ)を言ふことはなりませぬ
一、卑怯な振る舞いをしてはなりませぬ
一、弱い者をいぢめてはなりませぬ
一、戸外でモノを食べてはなりませぬ
一、戸外で婦人(おんな)と言葉を交へてはなりませぬ

ならぬことはならぬものです

 

公式HP・次回あらすじ

 


【送料無料】八重の桜(前編) [ 山本むつみ ]


送料無料■坂本龍一/中島ノブユキ CD【NHK大河ドラマ「八重の桜」オリジナル・サウンドトラック I 】13/1/30発売

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【純と愛】第14週(1/4~1/5)感想&新登場人物紹介 | トップページ | 初詣&「いつか陽のあたる場所で」&「サキ」&「書店員ミチル~」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

内容・視聴率共に順調な滑り出しでした。(^-^)v

日頃は物柔らかなイメージの瀬はるかさん。幕末のジャンヌダルク役はどうかな?と思ってましたけれど、二の腕まで剥き出しにしての激しい銃撃戦に…いや、さすがは女優さんです。スペンサー銃の名手ぶりを遺憾なく発揮してくれ、視聴者を一発で魅了しましたね。(≧ω≦)bノ

冒頭の南北戦争のシーンはゲティスバーグにおけるリンカーンの演説もありましたので、分裂から統合へ、内戦を乗り越えて国民国家を造るというメッセージかな?

直接的な影響としては南北戦争で使われた武器が幕末の日本に大量に流入して、戦いの形態を変え、武士の世を終わらせます。

会津の厳しくも美しい風土と、子供相手でも筋目を通す士風が丁寧に描かれていて、良かったですね。若き容保公以下、キャストも全て充実してまましたし。とくに葉巻をくゆらせた佐久間象山先生、今まで見たこの役のベストの板につきぶりでした。

子役が余りに上手なので、三回位はこのキャストで観たいですが、そうも行かないのですね。

去年の作品は表現意欲はあったものの、独りよがりのリアリズムが一般の視聴者にすっかり嫌われてしまって。(~_~;)

今年の脚本家先生は時代劇の経験もありなのだそうで、(御宿かわせみ、など)久しぶりに、安心して見ていられるようにして下さい。やっぱりドラマの出来・不出来の七割は脚本が占めますね。

>レッドバロン さんへ

レッドバロンさん、コメント、ありがとうざいます。

内容・視聴率共に順調な滑り出しで、良かったです。(^-^)

>日頃は物柔らかなイメージの瀬はるかさん。幕末のジャンヌダルク役はどうかな?と思ってましたけれど、二の腕まで剥き出しにしての激しい銃撃戦に…いや、さすがは女優さんです。スペンサー銃の名手ぶりを遺憾なく発揮してくれ、視聴者を一発で魅了しましたね。(≧ω≦)bノ

ほんと、幕末のジャンヌダルク役もぴったりでしたね(^^)
綾瀬さん、いろいろな役が嵌まって、すごいです(^^)

>冒頭の南北戦争のシーンはゲティスバーグにおけるリンカーンの演説もありましたので、分裂から統合へ、内戦を乗り越えて国民国家を造るというメッセージかな?
>直接的な影響としては南北戦争で使われた武器が幕末の日本に大量に流入して、戦いの形態を変え、武士の世を終わらせます。

そうみたいですね(^^)
両方のメッセージがあるのかもしれませんね(^^)

>会津の厳しくも美しい風土と、子供相手でも筋目を通す士風が丁寧に描かれていて、良かったですね。若き容保公以下、キャストも全て充実してまましたし。とくに葉巻をくゆらせた佐久間象山先生、今まで見たこの役のベストの板につきぶりでした。

奥田瑛二さんの佐久間象山、意外と良かったですね(^^)
このキャラも楽しみです♪(^^)

>子役が余りに上手なので、三回位はこのキャストで観たいですが、そうも行かないのですね。

子役の鈴木梨央ちゃん、可愛くて、良かったですね♪
すぐに代わってしまうようですが、今後、子供の頃の回想とかで、また出演してほしいものです(^^)

>去年の作品は表現意欲はあったものの、独りよがりのリアリズムが一般の視聴者にすっかり嫌われてしまって。(~_~;)

前作はリアリズムと、いい作品を作ろうという意欲が強すぎたような気もします(^^;)
好きな人も沢山いたようですが、マニア向けだったような気もします(汗)

>今年の脚本家先生は時代劇の経験もありなのだそうで、(御宿かわせみ、など)久しぶりに、安心して見ていられるようにして下さい。やっぱりドラマの出来・不出来の七割は脚本が占めますね。

はい。
テレビドラマは画面が小さいので、やはり善し悪しの大半は脚本が占めると思います。
そういうように、脚本教室で習いました(^^)
山本むつみさんは、『御宿かわせみ』や『慶次郎縁側日記』など、私の好きな時代劇をいろいろ書いていらっしゃるので、期待しています♪(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/56491722

この記事へのトラックバック一覧です: 【八重の桜】初回感想と視聴率好発進♪「ならぬことはならぬ」:

» 新大河ドラマ「八重の桜」第1回 [日々“是”精進!]
  第1回「ならぬことはならぬ」1868(慶応4)年8月、砲撃をあびる会津・鶴ヶ城内で、スペンサー銃を構え戦う若き女性銃士がいた。山本八重、後の新島八重である。戦からさかのぼる... [続きを読む]

» 【八重の桜】初回感想と視聴率好発進♪「な... [ショコラの日記帳]
注目の初回視聴率は、21.4%(関東地区)でした。これは、すごいですね♪(^^)関東の『平清盛』初回は17.3%、『江』初回は、21.7%、『篤姫』初回は、20.3%で... [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」 #01 ならぬものはならぬ [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
八重の桜。 新島襄夫人を描く。 正直、イマイチ分からないのですが、会津では結構有名な人らしい。 まずはしっかり見て行こうと思います。 [続きを読む]

» 八重の桜 第1話「ならぬことはならぬ」 ~什の掟~ [坂の上のサインボード]
 幕末から明治、大正、昭和を生き抜いた“ハンサム・ウーマン”山本八重ことのちの新島八重の物語が始まりました。第1話は八重の生まれ育った会津藩の藩風が描かれた回でしたね。のちの戊辰戦争の悲劇の象徴である会津藩ですが、なぜそのような末路になってしまったかは、会津藩とはどのような藩であったか、そして会津松平家の徳川将軍家に対する立ち位置から知るべきでしょう。  会津松平家の初代藩主は徳川三代将軍家光の異母兄弟である保科正之。一昨年の大河ドラマの主人公・お江の夫・徳川二代将軍秀忠が女中に手を出して産ま... [続きを読む]

» 『八重の桜』第1回「ならぬことはならぬ」★子八重(鈴木梨央)ちゃんにメロメロ!! [世事熟視〜コソダチP]
『八重の桜』第1回「ならぬことはならぬ」 『八重の桜』第1話を見て、『平清盛』で決定的に足りないものがよく分かりました。 人の「温かさ」とか「前向きな気持ち」だとか「元気」だとかが『平清盛』では極めて希薄でした・・・。 画面が暗いという物理的な側面より、登場人物の内面が暗かったんですねぇ。 『八重の桜』では八重(鈴木梨央)ちゃんと、周囲の人間を見てるいるだけで『平清盛』には無かった生き生きとした息吹を感じました。 (崇徳院や清盛の生き霊では、生き生きするはずがない) −◆− ... [続きを読む]

» 『八重の桜』第1話 [もう…何がなんだか日記]
第1話『ならぬことはならぬ』「さすけねえ」by子八重初回はまずまずというところでせうか>エラソウ大河を本格的に観始め感想を書き始めたのは『龍馬伝』が最初で次の『江... [続きを読む]

» 『八重の桜』第1話 [何がなんだか…ひじゅに館]
第1話『ならぬことはならぬ』 「さすけねえ」by子八重 初回はまずまず…というところでせうか>エラソウ 大河を本格的に観始め感想を書き始めたのは『龍馬伝』が最初で 次の『江』は第1話はま...... [続きを読む]

» ならぬことはならぬ [義風捫虱堂]
大河ドラマ『八重の桜』#1  [続きを読む]

» 『八重の桜』 第1話 「ならぬことはならぬ」 [英の放電日記]
(一部の方に、またタイトル名を入れずにトラックバックを送ってしまいました。申し訳ありませんでした) 【御家訓】 「将軍家に忠義を尽くすことを第一とせよ。他の藩の行動に倣ってはならない」などなど 【什の掟】 一「年長者の言うことには、背いてはなりませぬ」 二...... [続きを読む]

» 「八重の桜」 第1回、ならぬことはならぬ [センゴク雑記]
大河ドラマ「八重の桜」。第1回、ならぬことはならぬ。 2013年の大河ドラマが始まりました。 舞台は、幕末。 会津藩に生まれた八重の幼少時代です。 [続きを読む]

» 八重の桜 第1回 ならぬことはならぬ [レベル999のgoo部屋]
『ならぬことはならぬ』 内容 慶応4年。会津・鶴ヶ城は、砲火にさらされていた。 その中には、 異国の地から流れてきた銃を手に取り戦う山本八重(綾瀬はるか)の姿があった。 17年前の嘉永4年のこと。 父・権八(松重豊)母・佐久(風吹ジュン)の間で5歳となっ...... [続きを読む]

» 八重の桜の花言葉は理知に富んだ教育なのです(綾瀬はるか) [キッドのブログinココログ]
若殿の松平容保(綾野剛)に苦境を救われた山本八重子(幼少時・鈴木梨央)は感激する。 私の事 武士らしいど 卑怯やねえど 仰せになった 私 お役に立ちてえ いつか 強くなって若殿様に 御恩さ 返してえ 兄つぁま 私 鉄砲さ やりてえ ・・・これは名演。まるで綾瀬はるかが乗り移ったようだった。 このブロ... [続きを読む]

» 『八重の桜』第1回 [悠雅的生活]
ならぬことはならぬ [続きを読む]

» 八重の桜第1話(1.6) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
会津藩の武家に生まれ、幕末明治の激動の時代を生きた 新島八重@綾瀬はるかの生涯を描くドラマ 福島出身というのが主人公に選ばれた最大の理由なのでしょうな。 初回は面白かったです 昨年に比べると、映像も観やすかったですし、 (でも凝ってるつもりであろう映像がときどき目にキツく感じます・・・) 会津松平家が徳川将軍家に絶対の忠誠を誓う家であり、 会津の武士の子弟たちが忠義を叩きこまれることが描かれてましたね。 時代背景・・・黒船来航に伴う幕府や人々の混乱も描かれてました。 (格さんだった伊吹吾郎が水戸斉昭... [続きを読む]

» 八重の桜 第1回「ならぬことはならぬ」〜忠義・教育・頑固……これぞ会津人気質! [平成エンタメ研究所]
 前半で描かれたのは、会津藩の人たち。 ・徹底した忠義 ・教育熱心 ・「ならぬことはならぬ」の『什の掟』を貫く頑固者(反面、臨機応変・柔軟性に欠ける)  いいですね、県民性というか、その土地の特徴から物語が始まったこと。  この会津藩の特徴が後の悲劇に繋が...... [続きを読む]

» 八重の桜 「ならぬことはならぬ」 [のほほん便り]
いきなり冒頭から、アメリカの南北戦争シーンだわ、ヒロイン、綾瀬はるかが銃をもって戦っていて、思わず目を白黒。 (でも、綾瀬はるかファンのダンナさん。序盤早々で脱落) 私は、西島秀俊や、綾野剛が出ているキャスティングの豪華さに (^。^*)(長谷川博己、オダギリジョー、玉山鉄二と、イケメンさん、大集合!) ヒロイン、新島八重に関しては、同志社を創立した新島襄の奥さんってことしか知らないのですが、 どう歴史や有名人物達と、縦糸横糸になっていくのでしょうか? 去年の教訓から、今年... [続きを読む]

» スペンサー銃 [Kyan's BLOG V]
八重の桜:初回視聴率21.4%の好スタート ゆかりの福島地区は30.7% MANTANWEB第1話「ならぬことは... [続きを読む]

» 八重の桜 第1回「ならぬことはならぬ」 [昼寝の時間]
公式サイト 脚本:山本むつみ/演出:加藤拓/テーマ音楽:坂本龍一/音楽:中島ノブ [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」信念の人1ならぬことはならぬ!八重は激動の時代に女でもできるという信念!知る事でできる意欲を持ち始めた [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「八重の桜」は会津藩で生まれた山本八重(のちの新島八重)の生涯を描いた作品で時代は黒船来航で開国する事になった日本が江戸幕府から明治維新へと移り変わっていく ... [続きを読む]

» 八重の桜 第一回「ならぬことはならぬ」 [みはいる・BのB]
今年も大河ドラマが始まりました。 大河ドラマがはじまると、自分自身も本格始動といった感じになっております。 [続きを読む]

» 八重の桜 第1回 「ならぬことはならぬ」 [青いblog]
アメリカ南北戦争から始まりました。 工夫を感じたけど、ちょっとここは長かったかも。 そこから画面が会津に移り…… あれ??? 大河ドラマは「清盛とは違う綺麗な画面」で「女大河」で「女性...... [続きを読む]

» 今週のドラマで注目は「八重の桜」視聴率も好調。イケメン俳優もどっちゃり [今週のドラマで高視聴率のを、勝手にランキングしてだらだらと]
 NHK大河ドラマ「八重の桜」  初回視聴率21.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした  視聴率女王の綾瀬はるか(27)さんが主役。  年末年始、番宣、出まくってました。  番宣で知りましたが  イケメン俳優さんが、ごろごろ出てます  西島秀俊、長…... [続きを読む]

» 【八重の桜】第1回 「ならぬことはならぬ」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
山本八重(鈴木梨央)は、会津藩砲術指南役の娘として生まれ、男勝りで負けん気が強く、 父・権八(松重豊)や母・佐久(風吹ジュン)も手を焼いていた。 八重が慕ってやまないのが、文武に秀でた兄・覚馬...... [続きを読む]

» [八重の桜] NHK大河第1回「ならぬことはならぬ」 [窓の向こうに]
平清盛の余韻冷めやらぬ中、いよいよ新しい大河ドラマが始まる。これはこれで面白そうなので楽しみである。 出演 綾瀬はるか(山本八重) 鈴木梨央(山本八重、子供時代) 西島秀俊(山本覚馬、八重の兄) 松重豊(山本権八、八重の父) 風吹ジュン(佐久、八重の母) 綾野... [続きを読む]

« 【純と愛】第14週(1/4~1/5)感想&新登場人物紹介 | トップページ | 初詣&「いつか陽のあたる場所で」&「サキ」&「書店員ミチル~」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31