無料ブログはココログ

« 紅白歌手別視聴率 1位:SMAP.2位:いきものがかり.3位:プリプリ | トップページ | 【純と愛】第14週(1/4~1/5)感想&新登場人物紹介 »

2013年1月 5日 (土)

【相棒season11元日スペシャル】視聴率と感想「アリス」

『相棒Eleven』元日スペシャル(第11話)「アリス」

1月9日(水)はお休みで、次回は1月16日(水)です。3月まで続きます。

元日スペシャルの視聴率は、昨年の元日SP「ピエロ」の16.2%より上がって、17.4%でした。

今回、壮大なスケールで面白かったですが、壮大すぎて、ちょっと分かりにくかったです(汗)

毎年、私はお正月は帰省して、実家で元日SPを見るので、レビューを書きません。

でも、分かりにくかったのに、面白かったので、レビューを書く事にしました。

まずは、公式HPのあらすじです。

 

【第11話:元日スペシャル「アリス」あらすじ】 (公式HPより)

今から57年前の昭和30年(1955年)12月24日のクリスマスイブ。郊外にある早蕨村(さわらびむら)。小規模だが贅を尽くした美しいホテルのロビーに2人の少女が元気に姿を現した。宿泊客で橘・元子爵の令嬢・瑠璃子(広瀬アリス)とホテルのオーナー、二百郷(におごう)洋蔵(伊藤聡)の娘・朋子(上間美緒)だ。ふたりは森の中へと散策に出かけていく。しかし、瑠璃子は忽然と姿を消し、朋子は一人森の中に取り残されてしまう。瑠璃子は一体どこへ消えてしまったのか?

 平成24年(2012年)12月24日。ロンドンのある邸宅。75歳になった朋子(酒井和歌子)が息を引き取った。その朋子の臨終に立ち合った弁護士の石川(遠藤たつお)から右京(水谷豊)へ連絡が入った。実は朋子と右京は旧知の仲だった。いまわの際に「ヒナギクじゃなかった。茜が危ない。あの子を助けて」という謎の言葉を残して...。茜(波瑠)は両親を亡くしてから二百郷家の当主として旧早蕨村の屋敷で生活している。茜にとって朋子は大叔母にあたる存在だ。茜とは一度も会ったことのない右京だったが、石川の連絡を受けて、さっそく茜が住む二百郷家の屋敷へ享(成宮寛貴)とともに向かう...。

 茜に失踪事件について話を訊くと、瑠璃子が失踪した日は彼女を探すどころではなく、その夜にはその豪華ホテルが火事で焼失してしまったというのだ。朋子は救出されたが、朋子の両親は焼死。朋子にとって痛ましい事件が同じ日に2件も起こったことになる。さらに朋子の予言通り茜が何者かに狙われているようなのだが...。
 半世紀以上前の昭和30年(1955年)、早蕨ホテルで何があったのか? 謎の解明を進める右京と享は、やがて何者かに狙われ...。右京が事件を解明していく中で手に入れた瑠璃子の英国式スクラップブックに残されていた「不思議の国のアリス」の挿絵。そこに隠された秘密とは!?

 時空を超えた壮大なスケールでお送りします。

ゲスト:波瑠 滝藤賢一 藤田弓子 中原丈雄 酒井和歌子

脚本:太田愛
監督:和泉聖治

 

まず、いろいろな事件があるので、整理します。

(1)57年前の瑠璃子(広瀬アリス)の神隠しの真相(瑠璃子を殺したのは誰か?)

<真相>柴田久造(中原丈雄)が殺そうとしたら、瑠璃子が自分で河原に飛び降りた。

 華族の常連客は皆宿泊代を払わなくなってしまったので、ホテルが倒産寸前となってしまった。ポーターだった久造は、隠し財産を勝手に売ってホテルのために使おうと思い、瑠璃子から隠し場所を聞こうとしたが、聞けず、殺意に変わった。

久造は、今回の発覚後、警察で事情を聞かれたが、時効で釈放。その後、自殺。

 

(2)同日の早蕨(さわらび)ホテルの火事の原因

<真相>瑠璃子を捜して、朋子が電気のない屋根裏部屋へ蝋燭を持って行き、失火。

  朋子を助けようとして、国枝氏が家具の下敷きとなり逃げ遅れ、死亡。

  偽名を使っていたので、身元不明の遺体となってしまった。

  朋子は、捜しに来た久蔵に助けられた。

 

(3)華族の資産の隠し場所はどこか?

<真相>瑠璃子の形見の英国式スクラップブックの「不思議な国のアリス」のお茶会の挿絵より、時間が止まっていると、右京さんは推理。

 朋子が臨終の際に言い残した言葉「ヒナギクじゃなかった。茜が危ない。あの子を助けて」より、朋子の花はヒナギクではなく、ホテルのシンボルマークの花、「月下美人=闇に咲く花」と推理。二百郷家の柱時計に月下美人のマークがあるのを発見。

 「ヤミニサクハナ」これを数字にすると、8323987。

 これは振り子時計だから、左右交互に針を回す。

 月下美人のマークが9の所にあるので、左から。

 左へ8、右へ3、左へ2、右に3・・・左へ7。

 それで、からくりが動いて、柱時計の前の床が開いて、地下室に隠されていた。

 見つかった宝物は、持ち主の旧華族に返すのではなく、国に返すそうです。

 

(4)現在の二百郷(におごう)家を荒らした犯人は誰か?

<真相>警察庁の出店マター。 国枝文書と、そのありかのヒントを捜していた。

 

(5)山岸昭和文化記念館の職員・小島を殺したのは誰か?

<真相>ライターの遠野弘明、実は、永沢元子爵の備忘録を書いた永沢元子爵の孫、永沢久彦で、まだ正体がばれたくなかったので、自分が来た事が分かってしまう記念館の閲覧記録を盗もうとしたら、小島がいたので殺してしまった。 閲覧記録は館長が持ち帰っていた備忘録は盗まれたが、データがパソコンの中にあり、閲覧記録は館長が持ち帰っていた。

 永沢家は火事後、没落。彼は二百郷家を恨み、隠し財産を狙っていた。

  

(6)国枝文書はどこか?

<真相>華族の資産の隠し場所と同じ場所。でも、腐って駄目になっていた。

 

(7)朋子と茜が右京さんに見覚えがあったのはなぜか?

<真相>ホテルでピアノを弾いていた人(右京さんに似ている)に朋子が一目惚れし、写真屋に写真を撮ってもらって、アルバム?に貼ってあった。その写真を茜も見た。

 火事で助けてくれた国枝さんも似ていて、同一人物?

 

それ以外も小さな謎解きが多くて、書ききれません(汗)

 

戦後の華族の資産没収という歴史も出てきて、興味深かったです。

華族制度は戦後、廃止され、最大90%も税金で資産を国に取られてしまったそうです。

お気の毒でした。

でも、このドラマでは、昭和30年まで、それを逃れるために、ホテルのお得意様の華族の資産を二百郷洋蔵がどこかに隠していました。

それ故、戦後もホテルが焼失するまで、彼らは裕福な暮らしをしていました。

でも、ホテルの火事で洋蔵が死亡後、財産の隠し場所が分からなくなり、皆、没落してしまいました。

当時の華族のお嬢様っぽい雰囲気、素敵でした♪

彼女達は、日記ではなく、英国式スクラップブックをつけていました。

それに、隠し財産のありかが「不思議の国のアリス」の「おかしなお茶会」の挿絵で書かれていて、暗号になっていて、楽しかったです♪(^^)

洋蔵自身は何かに隠し財産のありかを記しておかなかったのでしょうか?

自分に何かあった時のために暗号化して、子供にでも託しておきそうなものですが(^^;)

 

警察庁の出店が、国枝文書という57年前の内部告発文書を内密に処分しようとする相棒らしい警察庁の陰謀も絡んでいて、重厚さを増しました。

これは、カイトの父の甲斐次長も絡んでいて、親子の対決もあり、一層、面白くなりました。

甲斐次長、カイトに直接、電話してきて、右京さんの事を出して脅すとは(汗)

勿論、「国枝文書はおまえが処分しろ」という指示に従いませんでした。

カイトは、その仕返しに国枝文書を警察庁が捜している事を上司に知らせたようです。

 

あと用語の説明もします。

・出店とは?

 警察庁の公安が秘密裏に外部に保有していると噂されている実働部隊の事。

 その実態を知る者はなく、出店マターは口にする事さえご法度。

・国枝文書とは?

 1954年、吉田茂内閣のもと、新警察法が成立。同法のもと、警察庁が誕生し、現在に至る公安の全国ネットワークが組織された。

 当時、戦前の特高警察の暗い記憶がまだ鮮やかだったので、同法成立に対して各方面から猛反対の声が上がり、吉田内閣は国会に警官を導入して強行採決。この新警察法に至るまでには、さまざまな根回しや不法な工作があったと言われる。

 その隠密裏の工作に、当時、連絡係として関わったのが法務省の国枝史貴。

 歴史に精通した文人でもあった国枝は、不法な非合法工作に疑問を感じて、一切を克明に記録した文書を記した。それが国枝文書。

 

これが世に明るみになってしまうと、犯罪を取り締まる最高府が犯罪の上に成立した組織だと告発される事になり、警察の威信は根底から覆される。

それだけでなく、過去の謀略や不法な諜報活動が明らかになれば、メディアや世間も現在の警察庁に向けて警戒の目を向けるだろう。

甲斐次長「国枝文書が公になれば、またしても公安活動は大きく後退する事になる。

 誰よりも早く見つけて、確実に処分する・・・それしかあるまい」

 

出店の人達が隠し部屋に後から来て、右京達から国枝文書を奪おうとしてカイトに銃を突きつけましたが、捜査一課のトリオが来て、助けてくれました(^^)

捜一トリオも米沢さんも、角田課長達も、カイトの同期の大石さんも恋人の悦子さんも、一緒に協力してくれて、皆で解決したようで、暖かかったです♪(^^)

 

次回は、イタミン、大活躍? それとも大失態??

次回は16日ですが、楽しみです♪(^^)

 

公式HP・次回あらすじ(1/16(水)放送)

 

【視聴率推移と過去レビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]19.9%  [第2話]17.3%  [第3話]16.5% [第4話]15.0%

[第5話]15.4%  [第6話]16.4%  [第7話]15.7% [第8話]14.0%

第9話]17.2%  [第10話]17.8% [第11話]17.4%

全話レビューあります。第2~7話は、第8話から飛んで下さい。

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 紅白歌手別視聴率 1位:SMAP.2位:いきものがかり.3位:プリプリ | トップページ | 【純と愛】第14週(1/4~1/5)感想&新登場人物紹介 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

のっけから、華族の令嬢なら「こんにちは」ではなくて、「ごぎげんよう」だろうが!と文句を言いたくなりました!

ブルボンやロアノフ朝の王侯貴族ならともなくも、日本のビンボー華族がそんなに宝石や貴金属が持ってるはずない!ホテル代を払わなければ預かり資産から相殺すれば済み、殺人罪さえ時効なのに、どうして脱税で財産没収されるんだ?とか、日本のテレビドラマは、ちょっと別の世界を撮すと、まるでダメ。リアリティがまるで感じませんでしたね。

しかし、瑠璃子&朋子の少女時代コンビの清怜なリリシズムと終始流れていたショパンの夜想曲第20番・嬰ハ単調は、冬枯れの高原の風景にぴったりでした。美しく儚げな雰囲気は良かったです。あの曲は「戦場のピアニスト」でもメインで使われてました。ショパン二十歳の曲ですが、実は自筆譜は火災で焼失し、作曲から四十五年たってから遺作として発表されたいわく付き。今回のドラマと何か因縁が?

最後にホテルのロビーでピアノを弾いてたのは ピアニストではなくて、右京さん似の法務省の人だと思います。多分、右京さんの大叔父さんか何かだと、私は勝手に信じておりますが。

>レッドバロンさんへ

お返事、遅くなってしまって、すみません。

確かに、「ごぎげんよう」と言いそうですね(笑)

>ブルボンやロアノフ朝の王侯貴族ならとブルボンやロアノフ朝の王侯貴族ならともなくも、日本のビンボー華族がそんなに宝石や貴金属が持ってるはずない!

ここに預けられるのは貴金属や絵画のような小さな物だけですね。
土地や建物等は預けられないので、財産の多くを預けるのは、最初から無理なような気がします(^^;)

>ホテル代を払わなければ預かり資産から相殺すれば済み、殺人罪さえ時効なのに、どうして脱税で財産没収されるんだ?とか、日本のテレビドラマは、ちょっと別の世界を撮すと、まるでダメ。リアリティがまるで感じませんでしたね。

ホテル代を払わなければ、預かり資産から相殺するのは普通ですよね(^^;)
それすら言えないなんて、とても気の小さい社長なのか?(汗)
不思議でした。
確かに、単なる脱税なので、今更、国に返すと、また華族の子孫から反発を買いそうな気がします(^^;)

>しかし、瑠璃子&朋子の少女時代コンビの清怜なリリシズムと終始流れていたショパンの夜想曲第20番・嬰ハ単調は、冬枯れの高原の風景にぴったりでした。美しく儚げな雰囲気は良かったです。あの曲は「戦場のピアニスト」でもメインで使われてました。ショパン二十歳の曲ですが、実は自筆譜は火災で焼失し、作曲から四十五年たってから遺作として発表されたいわく付き。今回のドラマと何か因縁が?

なるほど☆
ショパンのあの曲はそういういわくつきだったんですか♪
それは、狙ってたかもしれませんね(^^)

>最後にホテルのロビーでピアノを弾いてたのは ピアニストではなくて、右京さん似の法務省の人だと思います。多分、右京さんの大叔父さんか何かだと、私は勝手に信じておりますが。

そうですか。
ピアニストという表現は、ピアノを弾いていた人という表現に変えました(^^;)
確かに、同一人物で、国枝さんでしょうね(^^;)
ピアノ、お客さんでも勝手に弾いていいんですね(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/56477302

この記事へのトラックバック一覧です: 【相棒season11元日スペシャル】視聴率と感想「アリス」:

» 【相棒season11元日スペシャル】視聴率と感想... [ショコラの日記帳]
『相棒Eleven』元日スペシャル(第11話)「アリス」1月9日(水)はお休みで、次回は1月16日(水)です。3月まで続きます。元日スペシャルの視聴率は、昨年の元日SP「ピエロ」の16.2%より... [続きを読む]

» 「相棒Eleven」第11話元日スペシャル [日々“是”精進!]
第11話元日スペシャル「アリス」今から57年前の昭和30年(1955年)12月24日のクリスマスイブ。郊外にある早蕨村(さわらびむら)。小規模だが贅を尽くした美しいホテルのロビーに2人... [続きを読む]

» 相棒11 元日スペシャル「アリス」 [のほほん便り]
映像といい、幾重にも絡んでくる、それぞれの思惑といい、うんと凝ってましたね。 ダンナさんは「もっと、シンプルにできんかったのかい。レギュラー放送の方が面白かった」と、やや不評でしたが、私は満足でした ちょっと幻想的な雰囲気といい、過去と現在が交錯する物語といい、沢山の人々が関わってくるツクリといい、右京さん、そっくりさんといい、お年玉サービス抜群 登場する女性達、みな美しかったです。目の保養的にも、(^。^*) ラストまで見てのち、最初から見ると、また「なるほ~ど!」 (複... [続きを読む]

» 相棒 season11 第11話 元日スペシャル「アリス」 [瑞原唯子のひとりごと]
昭和30年、少女二人が森の中で散策中にひとりが忽然と行方不明に。もうひとりの方が平成24年に息を引き取る。その間際に遺した言葉が「ヒナギクじゃなかった。茜が危ない。あの子を助けて」。その人の弁護士から右京さんに連絡がきましたよ。右京と朋子はロンドンで知り合...... [続きを読む]

» 相棒 season11 (第11話 元旦SP・1/1) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
テレビ朝日系ドラマ『相棒 season11』(公式)の第11話 元旦SP『アリス』の感想。 好みの問題… 悪くは無いと思うし、面白味もあったと思う。ただ、好みの問題として、冒頭からゲスト登場人物たち...... [続きを読む]

» 相棒 Eleven テレ朝(1/01)#11 [ぬる~くまったりと]
第11話 アリス 公式サイトから今から57年前の昭和30年(1955年)12月24日のクリスマスイブ。郊外にある早蕨村(さわらびむら)。小規模だが贅を尽くした美しいホテル のロビーに2人の少女が元気に姿を現した。宿泊客で橘・元子爵の令嬢・瑠璃子(広瀬アリス)とホテルのオーナー、二百郷(におごう)洋蔵(伊藤聡)の娘・ 朋子(上間美緒)だ。ふたりは森の中へと散策に出かけていく。しかし、瑠璃子は忽然と姿を消し、朋子は一人森の中に取り残されてしまう。瑠璃子は一体どこ へ消えてしまったのか? 平成24年(20... [続きを読む]

» 終りなきお茶会のおひらきタイムをご存じですか?(水谷豊) [キッドのブログinココログ]
さて・・・恒例の相棒チェックである。 相棒ライターの中でも独特なムードで押してくるこの脚本家。 今回もお茶の間を妖しい世界に迷い込ませる仕掛けが抜群でございます。 その上で・・・今回は殺人あり、公安警察の暗躍あり、美少女の神隠しあり・・・歴史の暗部ありと盛り沢山。 57年の時の流れを経て・・・杉下右... [続きを読む]

» 相棒11 「アリス」〜わたしの宝物は、幸福で変わりのなかった子供の時間よ。 [平成エンタメ研究所]
 沈みゆく華族、『斜陽』の世界。  それは何と哀しいものか。  施しをする者から施しをされる者に。  子爵の令嬢・橘瑠璃子(広瀬アリス)にとってみれば、どんなにがく然とする現実だったことか。  おまけに自分の経済基盤が<財産隠し>という犯罪に拠って成り立っ...... [続きを読む]

» 相棒11 第11話元日スペシャル アリス [レベル999のgoo部屋]
『アリス』 内容 昭和30年、 早蕨村の、とあるホテルに元子爵の令嬢・橘瑠璃子(広瀬アリス)と ホテルオーナーの娘・二百郷朋子(上野美緒)がいた。 2人は森に入っていったのだが、突如、瑠璃子が失踪。 そして、現在。 享(成宮寛貴)の警察学校の同期で友人・大...... [続きを読む]

» 相棒 11 新春SP [シフォンなキモチ]
今年も新春スペシャルは面白かった!やっぱ、正月は、「格付け」から「相棒」が我が家の定番です。 ショパンのノクターン20番の調べが、ほんと哀切を帯びていていい感じ。このメロディ大好きなのですよ。華族のお嬢様とそのご学友を演じた2人が上品で可愛らしかった! なのに、大人の世界はごたごたでしたなー[E:bearing] まぁ... [続きを読む]

» 『相棒 Eleven』第11話(元旦SP) [何がなんだか…ひじゅに館]
第11話『アリス』 元日SP 「今年は良い年になりそうだ」by内村 アリスと聞くと、やはり思い浮かぶのは 「少女」とか「少女期」という言葉。 これはまさに、そういう物語だった。 まあ全体...... [続きを読む]

» 『相棒 Eleven』第11話(元旦SP) [もう…何がなんだか日記]
第11話『アリス』 元日SP「今年は良い年になりそうだ」by内村アリスと聞くと、やはり思い浮かぶのは「少女」とか「少女期」という言葉。これはまさに、そういう物語だった。まあ全体... [続きを読む]

« 紅白歌手別視聴率 1位:SMAP.2位:いきものがかり.3位:プリプリ | トップページ | 【純と愛】第14週(1/4~1/5)感想&新登場人物紹介 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31