無料ブログはココログ

« 【純と愛】第17週視聴率と第18週((1/28~2/2)感想 | トップページ | 【八重の桜】第5回感想と視聴率「松陰の遺言」 »

2013年2月 3日 (日)

【信長のシェフ】第4話感想と視聴率

「家康の裏切り!?信長の危機を天ぷらで救え!」

第4話の視聴率は、前回の10.1%より上がって、11.3%でした♪

2話続けて上がり、いい雰囲気になってきました♪(^^)

 

信長の妹・市がを送ってきてくれて、「簗(やな)です」とケンが気づくシーンがありました。

『朝倉公記』によると、信長に送ったのは、袋の両端を縛った「小豆袋」で、袋のねずみ=挟み撃ちを知らせたという事だそうですが、このドラマでは鮎で、簗でした(^^;)

ケン「簗とは、川の両岸をせき止めて魚を捕る仕掛け。もし、簗と罠を仕掛けていたとすれば、このまま流れに乗っていけば・・・」

信長は、越前国の朝倉義景を攻めたのですが、ケンの言う通り、北から朝倉、南からは浅井家の軍勢が金ヶ崎で織田軍を挟み撃ちにすべく出陣していました。

信長「退却じゃ!」

秀吉がしんがりを自ら進んで願い出ました。

これは史実通りですね(^^)

ケン「この戦は、戦国史上、有名な信長の撤退。金ヶ崎の退き口だったのか」

 

という訳で、ケンがこの意味を伝えて信長が退却を決意した事になっていました(^^;)

 

そして、信長、楓、ケン、夏の4人だけで獣道を走って退却。

途中、信長が足を怪我してしまい、近くにあった民家に泊めて貰いました。

その家に、病で食欲をなくした子供がいて、普通のおかゆでは食べず、その子のためにケンはバターを作って、バターと芋がら入りの『芋がらのリゾット』を作りました。

泡だて器代わりの物で、よく泡立てられました(^^;)

固めるのに、時間がかかって、大変そうでした(^^;)

無事、帰ってこれて良かったです。

 

この戦いに、徳川家康(カンニング竹山)も信長軍に加わりましたが、信長の義弟、浅井長政が寝返ったので、家康は迷いが生じました。

家康の腹心の酒井忠次も、信長と距離を置くよう家康に進言しました。

家康と信長は同盟を結んでいます。

酒井「朝倉義景の謀反に加え、義弟、浅井長政にまで裏切られたとあっては、反織田勢力の拡大は必至。多数の離反者が出て当然でしょう。

 確かに、今は家康さまと織田殿は同盟を結んでいますが・・・」

家康「分かっておる。状況次第の寝返りや謀反はこの戦国の世の常だ」

楓より家康が裏切ると連絡があり・・・

信長はケンに命じました。

信長「おぬし、今すぐ京に向かい、家康にうまい物を食わせてやれ。

 食材はもう決まっておる。 鯛じゃ。

 おぬしの料理で必ず、家康の心を繋ぎ止めろ。 行け!」

これは難しいですね(^^;)

家康の晩年の好物は天ぷらだと言われているそうです(^^)

夏「どうしてケンが家康の晩年を知ってんだ?」

夏は、まだケンが未来人だと知りません(^^;)

ケンは、記憶喪失ですが、本当に物知りですね♪

また夏もケンと一緒に家康の元に行きました。

天ぷらは、まだこの頃はありません。

夏は、油を買い忘れてしまいました。

鴨から油を作ろうと思いましたが、家康がいたのは寺なので、獣の肉はご法度です。

仕方なく、庭にあった椿の実から油を作る事に。

ケン「フレンチのブール・ド・クルヴェットの技法を応用すれば作れる」

椿油って、今でもありますね(^^)

でも、シェフでもなかなか油の作り方まで知らないのでは?

ケンはすごいです。

苦労して椿油を作りましたが、量が少ししかできなかったので、ソテーにしました。

「鯛のソテー天ぷら風」です。

家康、食べて「外は香ばしくて、中はほんわり柔らかい。なんたる美味」

家康、更に食べ「鯛の天ぷらか。この世で一番うまいかもしれん」

それで子供の頃の事を思い出しました。

家康は子供の頃、織田家の人質として幽閉されていました。

そこへ、信長が食べ物を持って行ってあげました。

でも、家康はいらないと断りました。

何を食べたいのか聞かれたので、鯛と答えました。

信長「将来、おぬしがわしに必要な男となったら、この世で一番うまい鯛を食わせてやろう。どうじゃ?」

<回想終わり>

家康「覚えててくださったのか・・・このわしを・・・

 必要だと言われるのか。信長殿」

と更に食べる。

家康「ケン、信長殿に伝えてくれ。

 次の戦にはこの徳川が先陣を切らせていただくと」

酒井「家康様!」と驚く。

家康「たとえ相手が誰であってもな」

ケン「分かりました」とお辞儀する。

ケンと夏は無事、岐阜城に戻りました。

 

ここで家康が信長と距離を置こうと考えるのはありそうで、それを料理と子供の頃の思い出で引き戻すと、よくできていたと思います♪(^^)

 

信長はケンの料理「干し海老と葱のチャーハン」を食べました。

信長「長政、己がどれほどの過ちを犯したか思い知らせてくれるわ」

裏切り、敵となった義弟、長政を討伐すべく、近江に向けて出陣しました。

信長「一人残らず全滅するのじゃ!」

 

ところが、行った先は、もぬけの殻。

ケンは料理を作るよう命じられましたが、台所には料理人が3人隠れていて・・・

彼らを捕まえ、その一人、彦六にそこにあった水を飲ませたら、吐いて・・・

楓が彼を殺しました。

水に毒が入っていたようです。

事前に気づいたケンのお手柄で、誰も飲まずに済みました。

怒った信長は、ケンに、

「彦六になりすまし、料理人達と一緒に先方(敵)の台所に潜入し、借りを返して来い」と、命じました。

 

これは大変な命令ですね(汗)

敵の城に潜入して、間者のような真似をして、大丈夫でしょうか?

それに「借りを返す」とは、毒には毒をという事なのか、それとも・・・

鮎を送って危機を教えてくれた妹・市への借りを返すでありますように♪(^^)

お市様は美人で有名ですね♪

このドラマでは、星野真里さんが演じるようです♪

そして、茶々と初も出てくるでしょうか?

まだ、江は生まれてないかな?

大河の「江」を思い出してしまうので、江がいない方がいいです(^^;)

次回は、お子様ランチ?

茶々のためかな?

楽しみです♪(^^)

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]11.6%  [第2話]9.9%  [第3話]10.1% [第4話]11.3%

 

【第3話あらすじ】 (公式HPより)

ケン(玉森裕太)の料理により、将軍・足利義昭(正名僕蔵)に朝倉義景攻めを了承させた織田信長(及川光博)は京の二条城からすぐさま出陣。木下藤吉郎秀吉(ゴリ)、森可成(宇梶剛士)のほか、徳川家康(カンニング竹山)も従軍し、破竹の勢いで越前の朝倉軍を撃破していった。
 まもなく朝倉の本拠・一乗谷、というところで休息をとっていた信長のもとへ義弟・浅井長政からの使者と書状が届く。そこには長政から信長に向けられた縁切りの言葉が。さらに信長の妹で長政の妻であるお市からも包みが届く。
 そこには数匹の鮎が添えられており、ケンはそれが「梁(やな・川の両岸をせき止めて魚を獲る仕掛け)」、つまりは罠を表しているものではないか、と進言する。
 案の定、北からは朝倉軍、南からは浅井軍が信長軍の本陣に迫り、挟み撃ちにしようとしているところだった! 殿(しんがり)を秀吉に任せ、ケンを伴って退却を開始した信長だったが、途中足を負傷してしまう。雪も降り出し、これ以上の進行が困難になった一行はやむなく近くの百姓家で一晩を明かさせてもらうことに...。
 その家には栄養失調の子供が。ケンは即席のバターを考案し、『芋がらのリゾット』を作って子供に食べさせ、その両親を喜ばせる!

 朝倉・浅井軍の追手に気づかれることなく、無事岐阜に戻った信長だったが、今度は家康が裏切りを画策しているのではないか、という情報が入る。信長は家康が好きな鯛を使い、家康の心を繋ぎ止める料理を作れ、とケンに指示する。
 実は、その鯛にはある大きな意味が込められていて...?

 

公式HP・次回あらすじ

 


送料無料!【漫画】信長のシェフ 全巻セット (1-6巻 最新刊)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【純と愛】第17週視聴率と第18週((1/28~2/2)感想 | トップページ | 【八重の桜】第5回感想と視聴率「松陰の遺言」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/56691122

この記事へのトラックバック一覧です: 【信長のシェフ】第4話感想と視聴率:

» 【信長のシェフ】第4話感想と視聴率 [ショコラの日記帳]
【第4話の視聴率は2/4(月)追加予定】「家康の裏切り!?信長の危機を天ぷらで救え!」信長の妹・市が鮎を送ってきてくれて、「簗(やな)です」とケンが気づくシーンがありました... [続きを読む]

» 信長のシェフ 第4話 [レベル999のgoo部屋]
『家康の裏切り!?信長の危機を天ぷらで救え!』 「徳川家康の裏切り!!信長暗殺…平成グルメで最大の危機を救え 内容 将軍からお墨付きをもらった信長(及川光博)は、越前攻めを開始 次々と朝倉軍を撃破し、ついに一乗谷へと迫っていた。 そんななか浅井長政から縁切...... [続きを読む]

» 金曜ナイトドラマ「信長のシェフ」第4話 [またり、すばるくん。]
第4話「家康の裏切り!?信長の危機を天ぷらで救え!!」  [続きを読む]

» 信長のシェフ (第4話・2/1) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
テレビ朝日系ドラマ『信長のシェフ』(公式)の第4話『徳川家康の裏切り!!信長暗殺…平成グルメで最大の危機を救え』の感想。 なお、西村ミツル氏による原作、梶川卓郎氏作画による原作漫画は未読。 ...... [続きを読む]

» 信長のシェフ 第4話 [青いblog]
『信長のシェフ』面白くないですか? 超絶お金ない感じなんだけど、料理を歴史に絡めるアイデアがなかなか上手くて、演出や展開が娯楽時代劇として求められてることをやってるって感じ。 家族ネタで泣かせ...... [続きを読む]

» 信長のシェフ #4 [シフォンなキモチ]
毎回、爆笑しつつ?見ています。 なんだろう、このB級感w キャストとか、酷いよね。家康にカンニング竹山とかさぁ。 突っ込み所満載なんだけど、何故か見ちゃいます。そして、ミッチー信長にも吹く! 今回のお話は、滋養強壮!バターを作ろう!と家康といえばてんぷらでしょ!の2本立て。 って、なんで二本立てなのよw それじゃ、アニ... [続きを読む]

» 信長のシェフ第4話 & メイドインジャパン第2話(2.1-2) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
・信長のシェフ第4話 朝倉攻めを開始する織田信長@及川光博だったが、 義弟浅井長政の裏切りを知り、撤退を決意、 帰路捻挫した信長を手作りバターで元気づけたケン@玉森裕太は 離反しそうな徳川家康@カンニング竹山を繋ぎとめる料理を作るよう 信長に命じられ、家康を鯛の天ぷらでもてなしたと 信長様からの無理難題を料理で解決させる・・・ やはり料理のできる一休さんだな。 で、ケンの作った天ぷらの味が忘れられなくなったこの世界の家康は 鯛の天ぷらにあたって、亡くなるわけね(笑) 敗走中だというのに相変わらずド派... [続きを読む]

» 信長のシェフ 第4話 [to Heart]
週刊漫画誌に連載中の同名漫画を基に、 戦国時代にタイムスリップして織田信長の専属料理人となる青年の苦難と奮闘を描く。 原作 西村ミツル、作画 梶原卓郎「信長のシェフ」(芳文社) 脚本 深沢正樹 倉持裕 監督 兼崎涼介 田村直己 藤岡浩二郎 出演 玉森裕太/及川光博/...... [続きを読む]

« 【純と愛】第17週視聴率と第18週((1/28~2/2)感想 | トップページ | 【八重の桜】第5回感想と視聴率「松陰の遺言」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31