無料ブログはココログ

« 銀山温泉に旅行してきました | トップページ | 【相棒season11】第14話感想と視聴率「バレンタイン計画」 »

2013年2月 6日 (水)

【ビブリア古書堂の事件手帖】第4話感想と視聴率

副題「宮沢賢治 春と修羅」

ラテ欄「鍵のかかった部屋から盗まれた本」

第4話の視聴率は、前回の12.0%より少し下がって、11.6%でした。

少しずつですが続落してしまったので、次回は少しでも上がってほしいものです。

 

父から相続した沢山の本の買い取りを頼んできた女性・聡子(森口瑤子)、宮沢賢治の「春と修羅」の初版本が身内に盗まれてしまったから捜してほしいと、買い取りの時についでに栞子に頼みましたが・・・

本当は、その本は甥っ子の昴(今井悠貴)君に相続されるべき物だったんですね(^^;)

よくできた話でした。

関係ないと思われた志田(高橋克実)さんが、酔っている間に誰かに売ってしまったらしい古書を捜す件と、ちゃんと繋がって良かったです。

これらを買ったのは、聡子でした。

全部で1000円で買ってくれと頼まれたようです。

本当はもっと高い本もあったのですが、志田さん、泥酔して理性が働かなかったようです(^^;)

  

聡子の家には、宮沢賢治の「春と修羅」初版本が2冊ありました。

「春と修羅」の初版本は、自費出版で1000冊しかないそうです。

そのうちの最初からあった綺麗ではない方が盗まれました。

実は、盗まれた方は単なる初版本ではなく、宮沢賢治自身が書き込みをした「手入れ本」で、世界に1冊しかない、とても貴重な物でした(^^;)

その事実を隠して、ただで捜して貰おうとは、最初から聡子さん、せこい人でした(^^;)

結局、本を盗んだのは聡子の姉の小百合(峯村リエ)の息子の昴君でした。

昴君もこの本が好きで、この本も売られてしまうと勘違いして、本を守るために持ち出したのでした。

売られないと栞子達から聞いて、ほっとしたようでした。

本来、彼が相続すべき本らしいですが、ちゃんと聡子と話し合えるか心配です(汗)

聡子さんがあの本を昴君に渡すとは思えないですが(^^;)

亡くなった聡子の父は、昴君に「テナルディ軍曹に気をつけろ」と言っていたとの事。

それは、「春と修羅」に出てくる人物で、人から金品を奪う泥棒との事。

最初から、父は聡子がこの本を盗むだろうと疑っていました(汗)

それでも、彼女にこの本も託したのは、仲が悪かった昴君と聡子が話し合う機会を設けるためだったのだろうとの栞子の推理でしたが・・・

もしそうだとしたら、この父、甘いような気がします(^^;)

昴君が本当にあの本を好きだと知っても、聡子さんがあの本を昴君に渡すとは思えないですが(^^;)

昴君は無理によこせとは言わないでしょうけれど、父が昴君に遺そうとしていたと、昴の母の小百合(聡子の姉)が知ったら、彼女はその本を昴に寄こせと言って引かないでしょう(汗)

世界に1冊しかない貴重な本ならば、志田さんが言うように死人が出てもおかしくないかもしれませんね(^^;)

この後の相続争いの続きが心配です。ܤ

やはり、もめないよう、ちゃんと遺言書は遺してほしいものです。Ԥ

  

栞子は、大輔に、もし、自分が困った時も助けてくれるか聞きました。

大輔は、勿論、助けると答えました。

何か困った事があるのでしょうか?

  

誰かが、時折、外から様子を窺っているようですが・・・

消息不明の母でありますように・・・(^^)

  

【第4話あらすじ】 (Yahooテレビより)

二日酔いで前日の記憶がない志田(高橋克実)は、酔っている間に誰かに売ってしまったらしい古書を捜すため自身の行動をたどることに。一方、古書の買い取りで、玉岡家を訪れた栞子(剛力彩芽)と大輔(AKIRA)は、依頼人・聡子(森口瑤子)から亡父の蔵書の処分とともに、盗まれた本を見つけてほしいと依頼される。父が所蔵していた宮沢賢治の「春と修羅」の初版本2冊のうち状態の悪い方が盗まれ、犯人は身内の者だという。

  

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]14.3%   [第2話]12.2%   [第3話]12.0%   [第4話]11.6%

  

公式HP・書籍紹介「宮沢賢治 春と修羅」

公式HP・第4話詳細あらすじ

公式HP・次回予告

  


【送料無料】ビブリア古書堂の事件手帖(1) [ 三上延 ]


【送料無料】春と修羅 [ 宮沢賢治 ]

 

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 銀山温泉に旅行してきました | トップページ | 【相棒season11】第14話感想と視聴率「バレンタイン計画」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/56711484

この記事へのトラックバック一覧です: 【ビブリア古書堂の事件手帖】第4話感想と視聴率:

» 【ビブリア古書堂の事件手帖】第4話感想と視... [ショコラの日記帳]
副題「宮沢賢治 春と修羅」ラテ欄「鍵のかかった部屋から盗まれた本」第4話の視聴率は、前回の12.0%より少し下がって、11.6%でした。少しずつですが続落してしまったので、次回は少... [続きを読む]

» 「ビブリア古書堂の事件手帖」推理少女の事件手帖4宮沢賢治の春と修羅に秘められた意図に栞子は残された遺族に語り始め祖父の仲直りの意図を語った [オールマイティにコメンテート]
「ビブリア古書堂の事件手帖」第4話は栞子が本の買い取りの為に大輔と共に宅買いに行く事となった。依頼人は3か月前に父親が他界しその蔵書の処分をしたいというのもだった。そ ... [続きを読む]

» 【ビブリア古書堂の事件手帖】 第4話 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
この本のように汚れや染みのある本を好んで手に取る人はいません。 しかし、この本はなぜか奇麗な本以上に多くの人たちから求められているのです。 いったい、この本にはどんな秘密が隠されているのでしょ...... [続きを読む]

» それは雪の日のアイスクリームと同じ・・・おれたちには見られない(剛力彩芽) [キッドのブログinココログ]
心象スケッチ「春と修羅」(初版)には「小岩井農場」と「無声慟哭」に「アイスクリーム」が登場する。 嘆きの天使である宮沢賢治は愛しの妹である宮沢トシのために牛乳、卵、塩を用意して病院の製氷機を使い、「重湯の代わり」としてアイスクリームを作らせたという。 妹萌えの賢治にとって当時は高価だったアイスクリー... [続きを読む]

» 「ビブリア古書堂の事件手帖」第4話 [日々“是”精進!]
  第四話栞子は、客の自宅に出張して本を買い取る「宅買い」に大輔を連れて行く。訪ねた先は「玉岡」という邸宅で、依頼者の玉岡聡子は、3ヵ月前に他界した父親の蔵書を処分して... [続きを読む]

» ビブリア古書堂の事件手帖 第4話 [レベル999のgoo部屋]
『鍵のかかった部屋から盗まれた本 内容 その日、栞子(剛力彩芽)に言われ“宅買い”へついて行く大輔(AKIRA) 訪ねたのは玉岡聡子(森口瑤子)宅。 3ヶ月前に他界した父の蔵書を処分したいと言うことだった。 書斎へと招かれた栞子と大輔。 貴重な本が多くアリ、...... [続きを読む]

» ビブリア古書堂の事件手帖 第4話〜本を愛する人たち 「ティナルディエ軍曹には気をつけろ!」 [平成エンタメ研究所]
 事件には動機がある。  小百合の息子・昴(今井悠貴)の動機は<本への愛>。  玉岡聡子(森口瑤子)の動機も<本への愛>。  ふたりとも、自分にとって大切な本を、それを愛していない人に渡したくないと考えている。  そのために盗みを働いたり、ウソをついたりす...... [続きを読む]

» 「ビブリア古書堂の事件手帖」第4話★栞子(剛力彩芽)推理もゴリ押し『春と修羅』 [世事熟視〜コソダチP]
「ビブリア古書堂の事件手帖」第4話 鍵のかかった部屋から盗まれた本 今週は、何処にポイントがあるのか、事件の意味自体がモヤッとしか頭に入ってこなかったから、一段と面白くなかったです。 −◆− 栞子(剛力彩芽)、五浦(AKIRA)、甘庵の藤波店長(鈴木浩介)が店で意味も無く無駄話をしていると外から悲鳴!! 慌てて飛び出すと、前々回の犯人(?)の女子高生・小菅奈緒(水野絵梨奈)が、倒れている志田(高橋克実)を目にして悲鳴を上げていた。 死んでるのかと思われた志田(高橋克実)は、こ... [続きを読む]

« 銀山温泉に旅行してきました | トップページ | 【相棒season11】第14話感想と視聴率「バレンタイン計画」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31