無料ブログはココログ

« 【信長のシェフ】第4話感想と視聴率 | トップページ | 銀山温泉に旅行してきました »

2013年2月 4日 (月)

【八重の桜】第5回感想と視聴率「松陰の遺言」

「松陰の遺言」

第5回の視聴率は、前回の18.2%より少し下がって、18.1%でした。

18%台をキープしていて、安定してきましたね♪

この調子で、続いて欲しいものです♪(^^)

 

今回の内容、素晴らしかったです♪(^^)

寅之助(吉田松陰)の死、格好良かったです。

うら、豆や大根などに声をかけ、控え目な人だったのに、夫を命がけで助けようとして、素晴らしい妻でした♪

男勝りの八重が守ろうとするのは普通ですが、女らしいうらだから、夫への愛の深さを感じました♪

それとも会津の女は、皆、芯が強いのかな?(^^;)

ただ、折角、ややこ(子供)ができたのに、流産してしまって、残念でした。

尚之助が横浜に行って買ってきてくれたお土産の傘が応戦するのに役立ち、よくできていました。

覚馬、自分自身が攘夷派に斬りつけられて、うらが流産してしまい、攘夷派を憎みながらも、友の寅之助の死も悼み、複雑な心境がよく表れていました。

  

「あいつら、まるで狂犬だ。

奴らの言う攘夷とは何だ?

俺を斬って攘夷か?

異国の水兵を斬って攘夷か?

決起を煽り、老中を襲い、人の命さ奪って、それが攘夷か?

見つけ出して、ぶった切ってやる!」

 

覚馬は自分を襲った奴らを捜しに行こうとしましたが、権八が止めました。

それらを近くで見ていて、兄や義姉を心配する八重も美しく描かれていました♪

鉄砲や男勝りだけでなく、今回は兄や義姉を思いやり、八重の優しさも描かれてきて、微笑ましかったです♪(^^)

  

「吉田様も兄様にとっては大切なお方です。

あのお方が兄様を斬りつけたやからと同じでしょうか?

吉田様は誰も殺してねえし、誰も傷づげではいねえ。

そんじも、死なねばなんねいのですか?

兄様が辛いと思うんです。

大事なお人が亡くなったのに、悲しむ事もできねえなんて・・・」

 

寅之助の死の知らせを受けた象山のシーンも落ち葉が舞ってきたりして、紅葉が綺麗でした。maple

 

勝は安政7年(1860年)1月、通商条約の批准書を交わす使節団の船に随行する咸臨丸で、メリケン(アメリカ)に出航。

忙しいのに、覚馬に手紙で寅次郎の最後の様子を知らせてくれました。

優しいですね♪

 

寅次郎の辞世の句も入っていました。

「身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし大和魂」

 

「あの人の最期を伝えておく。

斬首の申し渡しがおりたのは、『留魂録』と名付けた遺書を書き終えた翌朝だったそうだ。

『此度の大事、私一人なりとも死んでみせれば、後に残る者たちが、きっと奮い立つ。

天朝も幕府も藩もいらん。ただ、身一つで立ち上がればよい。立ち上がれ!

至誠にして動かざるものは、いまだこれあらざるなり!』

それからあの人はゆっくりと頭を下げた。

全てを呑み込んで死んでいったそうだよ」

  

それを読んで、覚馬は八重と尚之助に言いました。

「あの人は、また馬鹿正直に、お白洲で訴えたんだ。

ご公儀のやり方は間違ってる。このままじゃ、いけねえと。

そのための命がけだ。精一杯の誠だ・・・

無謀であろうど、愚かであろうど、一人の人間にそれ以上、何ができる。

至誠にして動かざるものは、いまだこれあらざるなり」

雪の降る庭で、覚馬は静かに泣きました。

  

そして、最後、井伊直弼(榎木孝明)が江戸城・桜田門外で暗殺されました。

安政7年(1860年)3月3日、季節外れの雪が降る中、水戸藩を脱藩した18人に襲われました。

まず鉄砲を籠、目がけて撃ち、直弼は銃弾を受けて動けなくなりました。

警護の人達、多数いたのですが、逃げたり、斬り殺されたりしてしまい、最後は籠だけになってしまって、直弼は雪の上に引きずりだされました。

井伊直弼、享年46歳(満44歳)でした。

これが有名な「桜田門外の変」です。

このシーン、史実に近く、映像も綺麗でした♪

スタジオでの撮影だったそうです(^^;)(公式HPより)

  

会津にいた容保は、知らせを受け、急遽、江戸に駆け付けました。

評議で、幕閣達は水戸藩討伐に傾いていましたが、容保は反対。

容保「大老を害したは、脱藩した者ども。

 これをもって水戸藩を罰しては、筋が通りませぬ。

 また、天下の大勢を鑑みるに、今、国内にて相争うは、慎むべきと存じまする」

この言葉が評議の流れを一気にかえました。

容保のこの発言で、後に会津は動乱の渦中に巻き込まれていくそうです。

  

でも、この言葉は覚馬の考えと一緒でしたね。

覚馬も事を憂いて、建白書を書いて、頼母に渡しました。

今は国を海外に開いたばかり。内乱などが起きては、異国につけ入られる。

双方が矛をを収められるよう手を打たなければならない。

会津は幕府と水戸の間を取り持ち、和平を保つために尽力すべきだという内容でした。

覚馬は幕政に口を挟める立場ではなかったので、頼母に叱られました。

でも、頼母も同じ考えだったので、若年寄の神保内蔵助などにそれを見せてくれました。

内蔵助「無用な差し出口は控えましょうぞ。

 1つ間違えば、会津にも火の粉が降りかがる」

内蔵助は、そう言って、容保には見せてくれませんでしたが・・・

内蔵助達の危惧した通りになってしまうのかもしれませんね(^^;)

  

次回は「会津の決意」

予告編では、容保が「徳川ご宗家と存亡を共にするのが、会津の務め」と言っていました。

これは、厳しいお役目か?(汗)

  

没落していく船に最後まで残った会津藩の信条と苦悩、どう描かれていくのか、

尊王攘夷や、新撰組など、会津という、今までよくあるドラマとは違った視点で、どう描かれていくのか、楽しみです♪(^^)

  

【第5回あらすじ】 (Yahoo TVより)

1859(安政6)年、尚之助(長谷川博己)と勝(生瀬勝久)は開港間もない横浜を訪れ、その変わりぶりに驚く。一方で、攘夷(じょうい)浪士が異国人を襲撃する事件が頻発していた。覚馬(西島秀俊)は横浜から戻った尚之助から、寅次郎(松陰=小栗旬)の詮議が始まったと聞く。一方、うら(長谷川京子)が覚馬の子を身ごもり、八重(綾瀬はるか)は佐久(風吹ジュン)たちと祝福する。だが、覚馬を攘夷派の浪士が襲い、身をていして守ろうとしたうらが転倒してしまう。やがて、寅次郎は「安政の大獄」で処刑され、知らせを受けた覚馬や八重らは悲しみに暮れる。そして翌年、攘夷派の怒りを買った井伊直弼(榎木孝明)が桜田門外で暗殺される。

  

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]21.4%  [第2回]18.8%  [第3回]18.1%  [第4回]18.2%

[第5回]18.1%

 

公式HP・次回粗筋

  


【送料無料】八重の桜(前編) [ 山本むつみ ]


【送料無料】サムライアンブレラ!日本刀風侍雨傘/侍傘/ジャンプ傘/傘

 

  

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【信長のシェフ】第4話感想と視聴率 | トップページ | 銀山温泉に旅行してきました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

遠い昔ではない、つい最近(70年代)までは警視総監の私宅が爆弾テロにあったり、大学教授の家が火をつけられたり、そういう事件が幾らでもありましたのでね。
「叩っ切ってやる…」という覚馬の怒りも、人事ではありません。

死ななくても良いのに、やみくもに破滅を志向した吉田松陰の死は、自らが殉教者の道を選んだとしか思えないでよすね。彼は思想の純度の高さで勝負した人ですが、一方において安酒に酔っ払ったような尊攘浪士の現実の行動の酷さときたら。八重が突っ込みを入れかけてましたけれど、山本家のパートでは、この問題を上手に逃げていました。個人的には騒がしい尊攘の志士がいっぱい出てくるドラマは苦手ですので、静かな幕末を見たい気持ちがしています。
雪の桜田門は 美しく、清らかで、しんと静まり返ったような、ほとんど幻想的な雰囲気がしました。凄惨な桜田門の変を描いて、まるで夢の中の出来事のよう…。その前にもう一つ榎木直弼を見る場面を入れて欲しかったですが、事件のシーンとしては出色の出来だったと思います。

これで譜代の筆頭が退場し、来週からは、いよいよ会津藩が火の粉を被る羽目に。お気の毒なことになりますが、どんな風に描かれるか、見て上げましょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/56697343

この記事へのトラックバック一覧です: 【八重の桜】第5回感想と視聴率「松陰の遺言」:

» 【八重の桜】第5回感想と視聴率「松陰の遺言」 [ショコラの日記帳]
「松陰の遺言」第5回の視聴率は、前回の18.2%より少し下がって、18.1%でした。18%台をキープしていて、安定してきましたね♪この調子で、続いて欲しいものです♪(^^)今回の... [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」第5回 [日々“是”精進!]
  第五回「松陰の遺言」うらが覚馬の子を身ごもり、八重は佐久たちと共に祝福する。しかし、その喜びもつかの間、覚馬を攘夷派の不逞浪士が急襲する。さらに、かつて八重たちとも... [続きを読む]

» 八重の桜 第5話「松蔭の遺言」その1〜安政の大獄と吉田松陰〜 [坂の上のサインボード]
 江戸幕府大老・井伊直弼の断行した安政の大獄により、多くの志士たちが切腹や死罪などの極刑に処せられましたが、そのなかのひとりに吉田松陰(寅次郎)がいました。松蔭は、このとき重罪を科せられた志士のなかでは、もっとも異彩を放つ人物といえます。というのも、安政の大獄によって処罰された者のほとんどは将軍継嗣問題で一橋派に与した者たちでしたが、松蔭の場合、その問題にはまったく関係しておらず、そればかりか、彼は安政期を通じてほとんど長州藩で幽囚生活を送っています。そんな彼が、なぜ死罪に処せられたのでしょうか。こ... [続きを読む]

» 八重の桜第4話(2.3) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
山本覚馬@西島秀俊の妻うら@長谷川京子が身籠り、 喜ぶ覚馬や八重@綾瀬はるかだったが、 攘夷派の浪士の襲撃事件に巻き込まれ、うらは流産、 一方、国の行く末を案じる攘夷派の吉田寅次郎@小栗旬は 老中襲撃を告白して死罪となり、 開国派の大老井伊直弼@榎木孝明は桜田門外で水戸浪士に暗殺される、 水戸藩の処分に揺れる幕閣会議で 松平容保@綾野剛は水戸藩を討つべきではないと発言したと うーん、攘夷派浪士の襲撃で山本覚馬の妻が流産したというのは史実なのでしょうか? 新島八重や山本覚馬に詳しくないので断言できま... [続きを読む]

» 『八重の桜』第5回「松陰の遺言」★ビー玉の八重(綾瀬はるか)はジャンプも凄い [世事熟視〜コソダチP]
『八重の桜』第5回「松陰の遺言」 前回は、嫁いできた兄嫁・宇良(長谷川京子)との距離が縮まらずにいた八重(綾瀬はるか)ですが、豆や大根のガーデニングなどで徐々に心が通い始めている様子。。 土に感謝して「おいしい物を育ててくれで、ありがとなし。」 会津方言の会話が柔らかくて良い感じ。 で、宇良(長谷川京子)さん御懐妊。 −◆− 横浜や江戸に行ってた川崎尚之助(長谷川博己)が帰ってきました。 八重たち「お帰んなんしょ。」 またまた方言が柔らかい!! 尚之助の土産は”... [続きを読む]

» 八重の桜 第4回「妖霊星」、第5回「松蔭の遺言」 [昼寝の時間]
公式サイト まとめて感想のみ書きます。 頼母が容保公に働きかけてくれたため、覚馬 [続きを読む]

» 八重の桜 第5回 松陰の遺言 [レベル999のgoo部屋]
『松陰の遺言』 内容 安政の大獄により吉田寅次郎(小栗旬)が投獄。 その一方で、攘夷派による異国人への襲撃事件も頻発していた。 そのころ八重(綾瀬はるか)は、うら(長谷川京子)が身ごもったと知り大喜び。 そこに寅次郎の消息を知った尚之助(長谷川博己)が帰...... [続きを読む]

» 「八重の桜」 第5回、松陰の遺言 [センゴク雑記]
大河ドラマ「八重の桜」。第5回、松陰の遺言。 安政の大獄~桜田門外の変。 [続きを読む]

» 八重の桜 第5話「松蔭の遺言」その2〜桜田門外の変〜 [坂の上のサインボード]
 安政の大獄の嵐が吹き荒れた安政6年(1859年)が暮れて、翌万延元年、大老・井伊直弼の独裁専制と志士弾圧に反発する空気はいよいよ緊迫し、「除奸」すなわち奸物・井伊を暗殺しようという計画が、水戸藩士と薩摩藩士のあいだで進められました。  政敵の弾圧に成功した直弼は、さらに水戸藩に圧迫を加えます。幕府は水戸藩を威嚇して、安政6年(1859年)に朝廷より同藩に下った勅諚(条約締結断行など、幕政に対して天皇が不満に思っているということが記された書状)の返上を迫りました。「勅諚」とは天皇直々のお言葉の... [続きを読む]

» [八重の桜] NHK大河第5回「松陰の遺言」 [窓の向こうに]
出演 玉山鉄二(山川大蔵、八重の幼馴染) 佐藤B作(田中土佐、会津藩家老) 公式サイト http://www9.nhk.or.jp/yaenosakura/outline/story05/ 粗筋 蘭学塾を開く覚馬を奸物だとして尊王攘夷の志士が暗殺に来る。が、うらは必死で体当たりをかます、八重はビー玉を投げつけ... [続きを読む]

» [八重の桜] NHK大河第5回「松陰の遺言」 [窓の向こうに]
出演 玉山鉄二(山川大蔵、八重の幼馴染) 佐藤B作(田中土佐、会津藩家老) 公式サイト http://www9.nhk.or.jp/yaenosakura/outline/story05/ 粗筋 蘭学塾を開く覚馬を奸物だとして尊王攘夷の志士が暗殺に来る。が、うらは必死で体当たりをかます、八重はビー玉を投げつけ... [続きを読む]

» 八重の桜 第5回「松陰の遺言」〜至誠にして 動かざるものは未だ これあらざるなり [平成エンタメ研究所]
 野菜に話しかけながら育てているうら(長谷川京子)。  彼女は野菜と同時に、お腹の中の子にも話しかけていたんでしょうね。  お前も大きく育てと。  ところが攘夷派の人間から、夫を守ろうとして流産。  彼女の哀しみと山本家に対する申し訳なさはどれほどのものか...... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ「八重の桜」第5回「松陰の遺言」 [真田のよもやま話]
早いモノでもう2月の節分の鬼はー外ー福はー島ーの季節ですよ奥様!我らが八重の桜もなんだか上々の滑り出しじゃあないですか。何が良いって八重ちゃんがでしゃばり過ぎてないところがよろしい!だってこう言っちゃあなんですけど、まだまだ小娘様なんですもの、歴史の表舞台にかかわったり影響を受けて悩んだりする役は覚馬兄様にお任せしつつ、虎視眈々とセンターの座へとにじり寄って行く感じで~~~♪... [続きを読む]

» はなれ瞽女おいち親思う心にまさる親心けふのおとずれ何ときくらん~掩ふべき袖の窄きをいかにせん行道しげる民の草ばに必殺剣(綾瀬はるか) [キッドのブログinココログ]
「掩ふべき袖の窄きをいかにせん行道しげる民の草ばに」(歓迎してくれる領民たちに相応しくない馬鹿殿は合わせる顔もなくはずかしくて顔を覆いたいのに袖は縮んでいる)・・・と詠んだ井伊直弼を吉田松陰は領民を慈しむ名君であると評した。 その吉田松陰を「老中間部詮勝暗殺計画」立案のテロリストとして井伊直弼は斬首... [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」信念の人5覚馬が襲われるも八重の活躍で未遂に終わるも松陰が処刑され井伊直弼が暗殺され会津は激動の時代へ飲み込まれた [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「八重の桜」第5話はうらに子供が身ごもった矢先に覚馬が攘夷派に襲われ、そこでうらが浪士に飛ばされ流産してしまう事件が発生した。その頃江戸では吉田松陰が安政の ... [続きを読む]

» 八重の桜 第5回「松蔭の遺言」半分くらい... [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
最初の10分くらいは 子供達と豆まきをしていたので見れず、さ、見ようかなと思って5分としないうちにワンコが「う●ちしたーー」と家族が呼ぶ声・・・。いや、君たちが後始末した... [続きを読む]

« 【信長のシェフ】第4話感想と視聴率 | トップページ | 銀山温泉に旅行してきました »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31