無料ブログはココログ

« 【信長のシェフ】第5話感想と視聴率 | トップページ | 今日はバレンタイン♪ »

2013年2月11日 (月)

【八重の桜】第6回感想と視聴率「会津の決意」

「会津の決意」

第6回の視聴率は、前回の18.1%より急落してしまい、15.3%でした(汗)

きっと裏の「四大陸フィギュアスケート選手権・女子シングルフリー」に食われてしまったのでしょう。

素晴らしかったのに、残念です。

  

京都守護職という大変なお役目、容保、皆の反対を押し切って、受けてしまいましたね。

これを受けるまでの松平春嶽(村上弘明)と容保、そして、頼母と容保のやりとり、緊迫感がありました。

特に、西田敏行さんと綾野剛さんのやりとり、どちらも名演技でした♪(^^)

これで会津藩の悲劇が始まってしまうんですね。

その重要な分かれ道でした。

  

井伊直弼が亡くなった後、彦根藩が10万石の減封処分を受けたなんて、びっくりです。

被害者側なのに、なぜ減封されてしまったのでしょう?

いくら尊王攘夷派に押されたとはいえ、頼母の言う通り、ほんと死に損ですね。

それを聞くと、水戸藩をお咎めなしにしたのは間違いだったのではないかと思うのですが(汗)

尊王攘夷派にとっては、都合のいい事だったので、容保の鶴の一声で、水戸藩への処分がなくなったのではないかと、思ってしまいました(^^;)

とにかく、井伊が殺された事によって、事態は一変しました。

薩摩の圧力により、政事総裁職と、将軍後見職が新設されました。

世継ぎ争いで負けていた徳川慶喜(小泉孝太郎)が将軍後見職になり、松平春嶽(村上弘明)が政事総裁職になりました。

本人達は、こんな職は不満なようですが、返り咲きの一歩でしょう。

江戸では勅命を携えた薩摩が、幕府に対し、将軍の上洛を迫りました。

春嶽は、上様ご上洛の前に不逞浪士どもを追い払うため、1日も早く京都守護職を置く事を慶喜に提案。

薩摩が立候補しているそうですが、慶喜は、薩摩は嫌だと言いました。

春嶽が、会津の容保が適役ではないかと提案。

彼が容保を説得しました。

京都守護職とは、都にばっこする浪士をかつてない強大な兵力で鎮めるという極めて重い役目で、新設されました。

容保、最初は固辞したのですが、春嶽に会津藩の御家訓を持ち出されて、断れなくされました(^^;)

 

春嶽「会津松平家には、藩祖・保科正行公が定められた土津公御家訓(はにつこうごかきん)なるものがあると聞きおよびまする。

御家訓には『徳川宗家に忠勤を尽くすべし』という一条があるとか。

ご下命に従わぬば、御家訓に背く事ではござりませぬか?」

 

それで受ける事にしてしまったようです(汗)

「土津公御家訓」とは、「会津家訓十五箇条」の事でしょう。

初代会津藩主・保科正之が寛文8年(1668年)4月11日に定めた、会津藩の憲法のようなものです。

保科正之は、2代将軍・秀忠の息子です。

母は正室の江ではなく、秀忠の乳母・大姥局(おおばのつぼね)の侍女・志津でした。

恐妻家の秀忠は江を恐れて正式には認知せず、正之を武田信玄の娘・見性院(けんしょういん)のもとにかくまいます。

その後、正之は7歳のときに高遠藩保科家に預けられ、後に養子となり高遠藩3万石を継ぎました。

江が産んだ子で3代将軍となった家光は、この異母弟の存在を知るや、山形藩20万石、その後会津藩23万石と南山御蔵入5万石を私領同然に預け、実質28万石の領主に引き立てました。

家光は聡明な正之をかわいがり、その死に際には枕もとへ呼び寄せて「徳川宗家を頼む」と言い残したとも伝わります。

家光の死後、正之は遺言どおり、4代将軍家綱の後見として幕政を支えました。

公式HPより引用)

  

実際の「会津家訓十五箇条」の第一文はこのようになっています。

「大君の儀、一心大切に忠勤に励み、他国の例をもって自ら処るべからず。

若し二心を懐かば、すなわち、我が子孫にあらず 面々決して従うべからず。」

この意味は、

「将軍家には忠勤を励むこと。他の藩を見て判断するな。

もし将軍家を裏切る藩主があれば、それは私の子孫ではないから、家臣はそれに従ってはならない」という徳川家への絶対的忠節を命ずるものでした。

  

容保は、先代の8代容敬(かたたか)の甥で、高須藩松平家から養子に入り、17歳で藩主の座を受け継ぎました。

そして、この頃、ようやく10年が経った頃でした。

養子だったので、いい藩主になろうとして、この家訓を大切にしたのかもしれませんね??

それとも、ただの生真面目?(汗)

もう200年も前の物だから関係ないと、春嶽に断る事ができたら良かったのに(汗)

    

会津藩の重臣達は、容保から京都守護職を受けると聞いて驚きました。

特に、頼母が大反対しました。

そのシーン、迫力があったので、書き写します。

  

田中「殿、どうか守護職拝命の儀、お断わり下されますよう・・・

 蝦夷の警護、房総の守備、品川砲台の守りと、大役を務めて参り、この上の京都出兵はとても耐えられませぬ」

容保「守護職のお役目、お受けする」

頼母「なんと・・・」と驚く。

横山「都のありさま、国元にも聞こえておろう。秋月・・・」

秋月「はっ。都は諸藩の武士で溢れかえっておりました。

 長州・土佐らは、即刻、攘夷を唱えて策動し、不逞浪士が益々勢いづいておりまする」

頼母「さればこそ、京都守護職を務めれば、会津は政争の渦中に巻き込まれるは必定にござりまするぞ!」

容保「会津は強い。公武一和のため、都を守護し奉る事ができるのは我が藩をおいてない」

頼母「いや、薪を背負って火を消しに行くも同然の危うい役目でござりまするぞ」

横山「頼母殿、殿は幾度も強くお断わりなされたのじゃ」

頼母「さればさればされば、断固として断固として、ご辞退くだされますよう」

横山「頼母殿!」

頼母「殿・・・井伊掃部頭様の悲運を何と思し召されまするか?

 ご公儀は、尊王攘夷派におされ、彦根藩を10万石の減封に処せられた。

 掃部頭様は死に損でごぜえまする。

 いざとなれば、ご公儀はトカゲの尾の如く我らを切り捨てまする。

 恐れながら、殿は会津に彦根と同じ道を辿らせるおつもりでござりましょうか?」

容保「大君の儀」

一同、ひれ伏して、聞く。

容保「一心大切に忠勤を存ずべし。二心を懐かば、我が子孫にあらず。

 徳川ご宗家と存亡を共にするのが、会津の務め。

 是非に及ばぬ!

 この上は、都を死に場所と心得、お役目を全うするより他はない。

 皆・・・覚悟を決め、わしにわしに力を貸してくれ」と、頭を下げる。

田中「殿・・・」と驚く。

頼母「得心がいきませぬ。

 此度の事は会津の命運を左右する二股道にござりまする。

 おそれながら、殿は会津を滅ぼす道に踏み出されてしまわれた!」

容保「頼母! 言うな・・・」と涙ぐむ。

皆、泣く。

  

文久2年(1862年)閏8月1日、容保は京都守護職を拝命。

容保の上洛は、その年の師走と決まり、1000人の会津藩士達が共に京に向かう事になりました。

覚馬も同行する事になりました。

うら「お殿様のお供さ、仰せつかるのは名誉な事だがし」

八重「はい」

うら「んだけんじょ・・・」(背負った赤ん坊が泣く)

うら「やっと、この子が産まっちゃのに」

 

八重の幼なじみの山川大蔵の姉・二葉(市川実日子)が、会津藩の有望な家臣・梶原平馬(池内博之)の元へ嫁ぐことが決まったり、彼女と八重の薙刀対決とかいろいろありましたが、それも京都守護職へ結びつきました。

梶原が京へ同行する事になり、二葉は武家の妻としての覚悟が備わり、八重に薙刀勝負、勝ちました。

出発前に祝言を済ませ、二葉も後で上洛するそうです。

皆、出陣の覚悟で上洛し、二葉もいざという時は薙刀をふるって家を守る覚悟だそうです。

武家の妻だから。

  

京都守護職という任務について、上の人の視点だけでなく、家族の視点や一般人(八重)の視点からとか、いろいろな角度で描かれていて、良かったです♪

本当に、トカゲのしっぽ切りをされそうで、切なかったです。

覚馬が無事に帰ってくるのは知っていますが、妻の立場だと心配でしょうがなかったでしょうね。

  

次回は、「将軍の首」

神保修理役で斎藤工さん、八重の幼なじみ・日向ユキとして剛力彩芽さん、孝明天皇役で市川染五郎さんが登場します♪

楽しみです♪(^^)

  

【第6回あらすじ】 (Yahoo TVより)

八重(綾瀬はるか)の幼なじみの山川大蔵(玉山鉄二)の姉・二葉(市川実日子)が、会津藩の有望な家臣・梶原平馬(池内博之)の元へ嫁ぐことが決まった。しかし八重には縁談が来ず、佐久(風吹ジュン)は鉄砲を撃つ娘を望む家などないと嘆く。一方、江戸では勅命を携えた薩摩が、幕府に対し将軍の上洛(じょうらく)を迫る。これを受け、幕府は京都守護職の選任に着手し、政事総裁職の松平春嶽(村上弘明)は、かねて卓見で目を引いていた会津藩主・容保(綾野剛)に白羽の矢を立てる。覚馬(西島秀俊)は頼母(西田敏行)に断るべきだと進言。頼母も同じ考えであることに安心する。容保も固辞し続けるが、春嶽は会津の"御家訓"を持ち出し、将軍家の下命として従うことを強要。容保は守護職を受諾せざるを得なくなる。

  

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]21.4%  [第2回]18.8%  [第3回]18.1%  [第4回]18.2%

第5回]18.1%  [第6回]15.3%

  

公式HP・次回粗筋

 

  

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【信長のシェフ】第5話感想と視聴率 | トップページ | 今日はバレンタイン♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>> 養子だったので、いい藩主になろうとして、この家訓を大切にしたのかもしれませんね??

そういう気持ちもあったかも知れませんが、あの時の春嶽公の顔からすると、これ以上固辞すれば、ご下命に背いたとかなんとか言って減封をくらいかねなかったですよね。Yes/Noを聞いているようでいて、実質、会津に選択権はなかったように思います。

序盤のクライマックスという回でしたのに フィギュアの影響で?視聴率が下がって残念でしたね。
容保公が松平春嶽から断り切れぬ形での出陣要請を受けましたが、これはもうあの時代やむを得ぬことかと。親藩・譜代はこのような時の為に、高禄をはんでいたのですから。

逆に、他の親藩が情けないのですよ。春嶽の福井藩などヤバい事になると真っ先に逃げちゃいますのでね。

私のガッコで 後輩共が編纂した学生用語大事典なるものがありまして。曰わく「禄盗人(ろくぬすびと)」…とは…我らが先輩の社会的評価。

ま、あながち根拠のない話ではありませんが、(汗)いつの時代も、大半は、そうしたもので。後世、大河ドラマには出られません。

>CHARADEさんへ

お返事、遅くなってしまって、すみません。

>そういう気持ちもあったかも知れませんが、あの時の春嶽公の顔からすると、これ以上固辞すれば、ご下命に背いたとかなんとか言って減封をくらいかねなかったですよね。Yes/Noを聞いているようでいて、実質、会津に選択権はなかったように思います。

これは難しい話ですが、「ご下命に背いたとかなんとか言って減封」というのはおかしいですよね?
会津だけの家訓であって、幕府が出した日本全国への法律ではないので、内政干渉的な事になるのでは?
だから、自分一人が処分される位の覚悟になれば、つっぱねられたのではないかと私は思うのですが。

このドラマは初回、容保が養子だという事を念入りに描いていたので、それはこの事への伏線だとドラマ的にも思いました(^^)

>レッドバロンさんへ

お返事、遅くなってしまって、すみません。

>序盤のクライマックスという回でしたのに フィギュアの影響で?視聴率が下がって残念でしたね。

そうですね。
問題はこの次だと思います。
落ちてしまった視聴率を半分以上、戻せるかどうか。
それによっては、ズルズルと落ちてしまう可能性があるので、ここで、落ちた分の半分以上を戻してほしいと思います(^^)
落ちた分の半分以上を戻すというのは、株価のチャートの上がるための原則です(^^;)

>容保公が松平春嶽から断り切れぬ形での出陣要請を受けましたが、これはもうあの時代やむを得ぬことかと。親藩・譜代はこのような時の為に、高禄をはんでいたのですから。
>逆に、他の親藩が情けないのですよ。春嶽の福井藩などヤバい事になると真っ先に逃げちゃいますのでね。

レッドバロンさんも仰っている通り、他の藩は逃げてますよね(汗)
真面目に、幕府の言いなりになったのは会津だけで(汗)
だから、逃げられたと思います。
卑怯だと言われても、「禄盗人」と言われても、藩の皆の命が大事と思えば。
養子という事と、彼の生真面目な性格が災いしたと、私は思います。
このドラマは初回、養子という事を丁寧に描いたので、この事への伏線だったのではないかと私は解釈しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/56746292

この記事へのトラックバック一覧です: 【八重の桜】第6回感想と視聴率「会津の決意」:

» 【八重の桜】第6回感想と視聴率「会津の決意」 [ショコラの日記帳]
【第6回の視聴率は2/12(火)追加予定】「会津の決意」京都守護職という大変なお役目、容保、皆の反対を押し切って、受けてしまいましたね。これを受けるまでの松平春嶽(村上弘明)と... [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」 #06 会津の決意 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
井伊直弼が暗殺され、京都に天誅の嵐が吹き荒れる。 [続きを読む]

» [八重の桜] NHK大河第6回「会津の決意」 [窓の向こうに]
出演 工藤阿須加(山本三郎、いよいよ本役) 山本圭(山川兵衛、大蔵・二葉の祖父) 秋吉久美子(山川艶、大蔵・二葉の母) 芦名星(神保雪) 池内博之(梶原平馬、会津藩家臣・二葉の夫) 中村獅童(佐川官兵衛、会津藩家臣) 北村有起哉(秋月悌次郎、会津藩家臣) 公式サ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」第6回 [日々“是”精進!]
  第六回「会津の決意」八重の幼なじみ、山川大蔵の姉・二葉が、会津藩の有望な家臣・梶原平馬のもとへ嫁ぐことが決まった。一方、江戸では勅命を携えた薩摩が幕府に将軍の上洛を... [続きを読む]

» 八重の桜 第6回「会津の決意」〜徳川ご宗家と存亡を共にするのが会津の務め。是非に及ばぬ! [平成エンタメ研究所]
 憲法というのは、権力者の暴走を防ぐものなのだそうだ。  たとえば、現在の憲法の第九条。  これによって、どんなに戦争をしたい権力者が現れても、日本は戦争が出来ない。  だから戦争をしたい権力者は憲法を改正しようとする。  会津藩にとっての憲法は<ご家訓...... [続きを読む]

» 【八重の桜】第6回 「会津の決意」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
八重(綾瀬はるか)の幼なじみ山川大蔵(玉山鉄二)の姉・二葉(市川実日子)が、 藩の有望な家臣・梶原平馬(池内博之)に嫁ぐことが決まった。 江戸では勅命を携えた薩摩が、幕府に将軍の上洛(らく)を...... [続きを読む]

» 『八重の桜』 第6話 「会津の決意」 [英の放電日記]
会津の決断  会津の御家訓(忠誠心)を盾に取り、松平春嶽は容保に京都守護職(厄介ごと)を受けるよう迫る。  頼母をはじめ会津の家臣たちは「京都守護職を受けるは、破滅の道を歩むこと」と容保に進言するが、義を貫く容保の強固な意志を受け入れる。  ………という訳...... [続きを読む]

» 『八重の桜』第6回「会津の決意」★容保(綾野剛) 大君の義!! [世事熟視〜コソダチP]
『八重の桜』第6回「会津の決意」 江戸城大広間。 14代将軍・徳川家茂(葉山奨之)と会津藩主・松平容保(綾野剛)が謁見。 家茂は「水戸は掃部頭を殺めたのだぞ。何故討ってはならぬのじゃ?」と、容保が水戸討伐にストップをかけた意味を確かめます。 容保「おそれながら、こたびの事は脱藩浪士が引き起こしたものにて、水戸藩の罪ではござりませぬ。今は国内にて争っている時ではござりませぬ。何とぞ、ご賢慮のほどお願い申し上げまする。」 『ビートたけしのプレミアTVタックル』で韓国に不法占拠さ... [続きを読む]

» 八重の桜 第6回「会津の決意」 [昼寝の時間]
公式サイト 水戸藩を弁護したことで目をつけられてしまった容保。慶喜は父を助けてく [続きを読む]

» 八重の桜 第6話「会津の決意」 ~公武合体論と京都守護職~ [坂の上のサインボード]
 「桜田門外の変」で大老・井伊直弼が暗殺されると、幕府の権威は急速に失墜していきました。そこで幕府は、朝廷と手を結ぶことで権威の回復を図ろうとします。従来、朝廷は政治との関わりを規制されていましたが、黒船来航以来、にわかに高まった尊王思想や大政委任論などにより次第に潜在的地位が高まり、さらに日米修好通商条約をめぐる論争・政治工作のなかで、老中・堀田正睦が反対勢力を抑えるために孝明天皇(第121代天皇)から勅許を得ようとしたことから、天皇および朝廷の権威は急速に上昇していきました。  そんななか... [続きを読む]

» 八重の桜 第6回 会津の決意 [レベル999のgoo部屋]
『会津の決意』 内容 桜田門外ノ変において大老・井伊直弼(榎木孝明)は、水戸浪士に暗殺される。 幕府では、水戸藩への処分を巡り紛糾。水戸討伐へと向かいかけるが、 会津藩主・松平容保(綾乃剛)の一言で、流れは変わり、討伐は中止へ。 そのころ、八重(綾瀬は...... [続きを読む]

» 「八重の桜」 第6回、会津の決意 [センゴク雑記]
大河ドラマ「八重の桜」。第6回、会津の決意。 会津藩の運命を分ける分岐点。 松平容保が京都守護職に任命される。 [続きを読む]

» 八重の桜第5話(2.10) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
上洛した薩摩藩の島津久光の働きかけにより 一橋慶喜@小泉孝太郎・松平春嶽@村上弘明は 将軍後見職・政事総裁職に就任、 桜田門外の変の際、松平容保@綾野剛が水戸討伐を 反対したことに感銘していた慶喜と春嶽は 京都守護職に容保を抜擢、 西郷頼母@西田敏行らが反対するも、容保は拝命したと 松平容保が京都守護職を拝命したという話でした。 正月に放映された北大路欣也主演『白虎隊 敗れざる者たち』では、 西郷頼母視点だったため、容保を必死で制止しようとするも聞き入れられず 苦悩する頼母の姿が描かれてましたが、 ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」信念の人6会津の教えに容保は従うしかなく家臣が崩れる中で決死の覚悟を宣言し京へ向かった [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「八重の桜」第6話は八重は幼馴染の二葉と共にナギガタの稽古に励んできた。その頃江戸では井伊直弼暗殺により攘夷派の勢いが増すばかりだった。そこで幕府は京都守護 ... [続きを読む]

» 八重の桜 第6回 「会津の決意」 [青いblog]
松平容保、本物に似ているなぁ~ この写真。 ↓ 実際にこのひとが動いて喋ってるみたいでした。 で、会津が京都守護職を押し付けられる。 守護職についてからの会津の印象が強いので、こ...... [続きを読む]

» 会津の決意 [義風捫虱堂]
休み前の八重の桜 #6 [続きを読む]

» 八重の桜 第6回「会津の決意」やっぱり途... [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
今日も途中から、そして見れたのはいいんですけど隣で子供が「あ、この人今ラストホープに出てるんじゃなかったっけ?」などと聞いてきたりしてあの、西田敏行さんが 時折感情がこ... [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」 第6話 あらすじ... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
容保、京都守護職へ-----------!!八重の周りは結婚ラッシュ!!縁談話に沸く皆。ついには八重にも!?と思いきや、どうやら八重に針仕事の先生をしないかというお誘いだったよう(^... [続きを読む]

« 【信長のシェフ】第5話感想と視聴率 | トップページ | 今日はバレンタイン♪ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31