無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

【相棒season11】第17話感想と視聴率「ビリー」

『相棒Eleven』第17話「ビリー」

来週(3/6(水))の『相棒11』の放送はお休みです。

きっと裏に、WBCの「日本×キューバ」戦があるからでしょう(^^;)

高視聴率を維持するためか、『相棒』は裏に強力な番組がある時はお休みが多いですね(^^;)

第17話の視聴率は、前回の17.0%より少し下がって、16.7%でした。

前回より今回の話の方が私は好きだったですが、僅かに下がってしまって、残念です。

  

今回は、相棒シリーズのスピンオフ映画『 X DAY』に登場するサイバー犯罪対策課の専門捜査官・岩月彬(田中圭)が、登場♪

どうやら、『 X DAY』の方が時系列的に前の事みたいですね(^^)

公式HPの説明を読むと、『 X DAY』は、2012年初夏に起こった事件で、今回の話は映画の半年後の事らしいです。

これを一緒に解決したので、岩月彬(田中圭)は伊丹刑事を信頼しているみたいですね♪

どんな事件を解決したのだろうと、ちょっと興味が湧きました(^^)

ただ、岩月さん、右京さんが仕事を頼んでも、いちいち、文句つけてなかなかやってくれなくて、好感度、イマイチでした(汗)

伊丹刑事への信頼を強調するためなのでしょうけれど、それにしても・・・(^^;)

  

今回の事件は、SNSのフェイスブック、いえ、フェイスグッドを使った犯罪で、今風で良かったと思います♪

日本人が外国人になりすまして、ファイスブック、いえ、フェイスグッドをやる事ができるんですね(汗)

それも英語ができないのに、翻訳ソフトを使って(汗)

  

尾藤(桜木信介)の他殺体が発見されました。

彼は「ビリー・ヘンリー」として、ファイスグッドをやっていました。

その友達として公開していた外人も英語の会話も全て嘘。

でも、「ジャパニーズ・スイートハート」として非公開で登録していた人は、実在の女性、2人でした。

この2人を結婚詐欺のターゲットとして、お金を騙し取っていました。

この騙された女性達が犯人候補でしたが、私は真犯人はバーのマスターじゃないかと思いました(汗)

でも、それはミスリードだったよう(^^;)

  

殺人犯が外国人だったのは、「相棒」には珍しく、びっくりでした。

英語で、会話したりして、相棒も国際的になりましたね(^^)

まさかあの動画の人が犯人だったとは(汗)

ビリー(尾藤)がフェイスグッドで知り合った女性に送った動画は、イギリスの紳士靴ブランド「イーニアス(Aeneas)」の中国向けのCMを編集したものでした。

村井今日子は、その動画がイーニアスのCMを編集した物だと友人から聞いて、騙されたと思い、イーニアスに行き、このモデルにお金を騙し取られたので、事情を調べて欲しいと言いに行きました。

どうして、この時、警察に行かなくて、CMの会社に行ったのでしょう?(汗)

その上、右京さんや捜査1課の人達が事情を聞きに行った時も、その話をしませんでした(汗)

  

今日子からの依頼を受け、イーニアスは、CMに出たモデルのジョン・エリオットに結婚詐欺をしていないか聞きました。

それでジョンは初めて、自分の写真や動画が勝手にフェイスグッドに使われて、結婚詐欺に使われていると知り、フェイスグッドに書き込んでビリーこと、尾藤に連絡。

呼び出して、一緒に会いました。

尾藤は謝り、口止め料を100万円、渡そうとしました。

でも、ジョンは受け取らず、警察に言うような事を言ったので、尾藤がナイフを出し、ジョンを殺そうとしました。

ところが、ジョンの方が強く、逆に、尾藤の方が自分のナイフで刺し殺されてしまいました。

普通だったら、すぐに母国のイギリスへ出国して逃げそうなものですが・・・

ジョンは、まだ仕事が残っていたので、その仕事が終わった後で、英国へ帰ろうとしました。

余程、日本の警察を舐めていたのでしょう(^^;)

その上、殺害時に履いていた靴を履いていたとは(汗)

靴、買い替えれば良かったのに(汗)

  

「TAKEKO1980」という人が動画サイトに同じ動画をアップしていたので、ジョンは自分の携帯で削除依頼を出しました。

そして、ヒースロー空港行きの飛行機を予約。

そして、携帯を解約。

飛び立つ直前の空港で、右京さんと岩月とカイトは、彼を捕まえました。

結婚詐欺に自分の写真を使われたら、とんでもないですよね。

SNSは海外にも繋がっているので、ジョンの本当の友人が見たら、どう思うか(汗)

彼も悪用していた人に直接一人で会うより、警察に行くべきだったのでは?

彼の行動も ? でした(^^;)

殺すつもりかお金を受け取るつもりで会ったのなら分かりますが、そうではなく、お金も受け取らず、殺されそうになったので、防衛しただけだとの事でした。

  

今回の一番の目的は映画の宣伝だったでしょうから、その目的は達成できたと思います。

ずっと右京さんに反発していた岩月は、最後にようやく右京さんの行動が納得できたようです。

岩月「あの動画に最初に目をつけたのは、杉下さんでした。

 あの時、杉下さんはビリーではなく、ビリーの履いていた靴に注目していたんですね。

 それがイーニアスだと分かったため、わざわざ鑑識に寄って、殺害現場の下足痕にあったイーニアスを見て、同じ靴だと確認した。つまり無駄な捜査ではなかった。

 しかし、伊丹刑事が信頼する程の警察官でしょうか?」

カイト「まあ、一言じゃあ、説明するのは難しい人ですけど、ちょっと付き合ってみたら分かりますよ」

岩月「ではまた。機会があったら」と去る。

  

このキャラはイマイチでしたが、伊丹さんは右京さんの事を擁護したりして、良かったです♪

右京さんが頼んだ仕事、岩月が嫌がったので、フォローしてくれました。

伊丹「岩月、こちらの警部殿はいつも勝手な捜査をする。

 しかし、意味のない捜査を頼む人じゃない」

岩月「何の動画か分かったら、伊丹刑事に連絡します」

  

あと、良かったのは、三浦さんのこのセリフです♪

三浦「女の泣き言に鋭い分析はいらん。

 黙って話を聞いてやって『大変だったな』って、男はそれだけでいいんだ」 

  

確かに、その通りだと思います(^^)

あと、「女心分からないブラザーズ」(伊丹と右京)というのも面白かったです♪(^^)

  

来週は、お休みで残念です。

次回(3/13)の「BIRTHDAY」は、加藤清史郎くんが登場♪

最終回は、3/20(水)で、2時間SPです♪

また、相棒イベントもあります。 詳しくはこちらです(^^)

    

【第17話あらすじ】 (公式HPより)

映画「相棒シリーズ X DAY」とのつながり
 3月23日(土)公開の映画『相棒シリーズ X DAY』に登場するサイバー犯罪対策課の専門捜査官・岩月彬(田中圭)がドラマにも登場する。伊丹(川原和久)はもちろん、特命係の右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)とも事件を追う。映画『相棒シリーズ X DAY』は2012年初夏に起こった事件なので、今回のドラマでは半年ぶりに岩月と伊丹がタッグ(?)を組む。
 今回の作品を見てから映画『相棒シリーズ X DAY』を見るとより一層、岩月と伊丹の関係性を深く知ることができるだろう。

* * *

 独身で無職の男性・尾藤(桜木信介)の他殺体が発見された。尾藤は財布とは別に「東京明和銀行」の封筒に入った現金100万円を所持。なぜ、そんな大金を持っていたのか?犯人の目的は金ではなさそうだが...。

 尾藤がネットの交流サイトFacegoodで複数の携帯電話を使い、「ビリー・ヘンリー」などの名前で複数の外国人になりすましていたことがわかった。その相手である「フレンドリスト」は非表示になっており、見るにはIDとパスワードが必要だ。

 右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)らの指摘を受けた伊丹(川原和久)は、2012年初夏に起きた東京明和銀行員殺害事件を通して知り合ったサイバー犯罪対策課の岩月(田中圭)にID、パスワードの解析を依頼する。が、岩月と、同じサイバー犯罪捜査課の亜紀(関めぐみ)は、WABC(ワシントン・アトランタ・バンク)の偽公式HPの件で忙しいと、いい顔をしない。とはいえ、そんな言い訳が通用する伊丹ではない。しかも相手は"勝手知ったる"岩月だ。半ば脅迫まがいに岩月に仕事を押し付ける。

 殺害された尾藤とフレンドリストに入っていた人物たちの関係は? 伊丹とともに巨悪に挑んだサイバー犯罪対策課の岩月が、今回は右京、享らと複雑に絡み合った"サイバー事件"の謎に挑む。

ゲスト: 田中圭 関めぐみ

脚本: 櫻井武晴
監督: 橋本一

  

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

[第1話]19.9%   [第2話]17.3%   [第3話]16.5%  [第4話]15.0%

[第5話]15.4%   [第6話]16.4%   [第7話]15.7%  [第8話]14.0%

[第9話]17.2%   [第10話]17.8%  [第11話](元日SP)17.4%

第12話]19.4%  [第13話]15.0%  [第14話]17.1%  [第15話]15.4%

第16話]17.0%  [第17話]16.7%

  

公式HP・次回あらすじ

公式HP・プレゼント← 締切:3月5日(火)24:00

(「相棒 X DAY サントラCD 初回限定盤」30名にプレゼント)

相棒イベント・相棒解(kai)

 

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2013年2月26日 (火)

【八重の桜】第8回感想と視聴率「ままならぬ思い」

「ままならぬ思い」

第8回の視聴率は、前回の17.5%より下がって、15.6%でした。

裏のWBCの壮行試合「日本×オーストラリア」に食われてしまったかもしれません。

来週は、WBCの本番、1次ラウンドの「日本×中国」の試合があるので、また、ちょっと苦しいかもしれません(汗)

  

八重の子役で可愛いと評判だった鈴木梨央ちゃん、東日本大震災の被災地の復興を応援するテーマソングとして、これまでいくつものバージョンで歌われてきた「花は咲く」を、福島・大野小学校の子供達と一緒に歌う新バージョンが3月から放送されるそうです。(やえブロより)

鈴木梨央ちゃん、「八重の桜」以来、引っ張りだこのようです♪(^^)

  

今回、会津藩が京の取締りのために、壬生浪士組(後の新選組)を雇ったのと、孝明天皇から届いた直筆の手紙の中の「朕が最も会津を頼みとする故・・・」というのを読んで、嬉し泣きする容保が印象的でした(^^)

  

<孝明天皇の真筆>

守護職を関東に帰す事は朕の望むところではない。

なれど、堂上(公家)達、申し条を言い張る上は、愚昧の朕が何を申すも詮なきこと。

会津を都から追い出し、朝廷を意のままに操ろうとする者の企みゆえ、決して従わぬよう。

これ、即ち、朕が最も会津を頼みとする故・・・

  

容保「主上(おかみ)は、それほどに我らを頼りにされておられるのか」と、感動して嬉し泣きしました。

  

その数日後に、頼母が上洛して、京都守護職を辞めてくれと言っても、駄目なわけですね(汗)

頼母は蟄居を命じられてしまいました。ܤ

  

そして、織田信長以来、280年ぶりの会津藩の「馬ぞろえ」、雨の中、やったんですね(汗)

馬ぞろえ」とは軍事パレードのような物で、帝の要望で、7月、御所の前で会津藩の軍事調練を披露しました。

会津の藩士達も大変だったでしょうけれど、それは7月。

撮影は冬の雨の中なんて、寒くて大変だったでしょう(^^;)

それとも、秋に撮ったのでしょうか?

  

容保が帝から貰った衣を直して、陣羽織にして着ていたので、帝も喜びました。

三条実美(篠井英介)の悪ぶりも際立っていました(汗)

京都守護職の会津藩を追い出そうと画策して、「江戸に下って慶喜に攘夷を促すように」と偽勅を出したり、

「馬ぞろえ」が雨だから延期になったと嘘を言ってきたり・・・

やる事、現在の苛めと、あまり変わらないですね(^^;)

 

八重と時尾は、間もなく京にたつ二葉から、弟の大蔵の祝言が決まったと聞きました。

時尾が以前から大蔵が好きで、それを聞いて、悲しみました。

でも、時尾は将来、新選組の斎藤一(降谷建志)と結ばれるそうです。

だから、このドラマでは、斉藤が結構、登場しました♪(^^)

土方や近藤は有名ですが、私は斉藤、知らなかったです(汗)

  

大蔵は、八重が好きみたいでした♪

京への出発と祝言を控え、八重の所に挨拶に来ました。

八重は、男に生まれたかったと話しました。

大蔵「八重さんが男ならば・・・決められだ縁談に・・・心が迷うごとはながった。

 京で会津を思う時は・・・きっと真っ先に八重さんの顔が浮がぶ。

 あなだは・・・会津そのものだがら」

  

その2日後、大蔵は親の決めた相手と祝言を挙げました。

八重は桜の木の上で、「あれは何だったんだべ・・・」と、その時の言葉の意味を考えました。

八重は、勘が鈍いですね(^^;)

  

その直後、桜の木の下で、謹慎中の佐川官兵衛が頼母に「わしを都にやってくだされ」と直訴。

頼母「ならぬことはならぬ!」と一喝しました。

佐川が去り、八重が木から降りて、頼母と話しました。

頼母は、京都守護職を辞めるよう、容保に懇願したので、蟄居の身になってしまいました。

八重と仲良く桜の木の手入れをして、微笑ましかったです♪(^^)

頼母、蟄居にされても、結構、元気そうで良かったです。

  

次回は、「8月の動乱」。

八月十八日の政変」が起こります。

八重が照姫の右筆(ゆうひつ)の候補に上がるそうです。

右筆とは、位の高い人のそばに仕えて、物を書く人。書記。

ぜひ、選ばれて欲しいです♪(^^)

  

【第8回あらすじ】 (Yahoo TVより)

八重(綾瀬はるか)と時尾(貫地谷しほり)は、間もなく京にたつ二葉(市川実日子)から、大蔵(玉山鉄二)の祝言の話を聞く。ひそかに大蔵に思いを寄せていた時尾は失意を隠し切れない。京では、攘夷(じょうい)派の不逞(ふてい)浪士の取り締まりを徹底するため、藩主・容保(綾野剛)が京都守護職の任にある会津藩は、剣が立つと評判の壬生浪士組を召し抱えることになる。こうした動きに危機感を持った長州派の公家たちは、容保たちを京から追い出すため、江戸へ向かうことを命じる孝明天皇(市川染五郎)の勅書を容保へ送る。しかしその直後、真筆の勅書が届き、それが天皇の本意ではないことが分かる。長州派の策謀を知った容保は、守護職への責任感をさらに強める。一方、会津から頼母(西田敏行)が上洛(じょうらく)し、容保にこれ以上強硬策を取るべきではないと説く。しかし、帝への忠義に燃える容保は聞き入れず、逆に頼母に蟄居(ちっきょ)を命じる。

  

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]21.4%  [第2回]18.8%  [第3回]18.1%  [第4回]18.2%

第5回]18.1%  [第6回]15.3%  [第7回]17.5%  [第8回]15.6%

  

公式HP・次回粗筋

  


【福島の地酒】「ならぬことはならぬものです」【八重の桜限定カートン】3本セット


【送料無料】八重の桜(前編) [ 山本むつみ ]

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

【アカデミー賞】作品賞は『アルゴ』

2月25日(月)、米国で「第85回アカデミー賞」の授賞式が行われ、注目の作品賞は、ベン・アフレック監督の『アルゴ』が受賞しました。shine

1979年、イラン革命が激化していたテヘランでのアメリカ大使館占拠事件の救出劇の話です。

渋いですね。

その他の主な受賞結果は、次の通りです。tulip

  

【作品賞】 『アルゴ』

【監督賞】 アン・リー 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

【主演男優賞】 ダニエル・デイ=ルイス 『リンカーン』

【主演女優賞】 ジェニファー・ローレンス 『世界にひとつのプレイブック』

【助演男優賞】 クリストフ・ヴァルツ 『ジャンゴ 繋がれざる者』

【助演女優賞】 アン・ハサウェイ 『レ・ミゼラブル』

【外国語映画賞】 『愛、アムール』(オーストリア)

【長編アニメ映画賞】 『メリダとおそろしの森』

  

どれも知らないですが、『アルゴ』は、第66回英国アカデミー賞(BAFTA)での三冠達成を始め、全米監督組合(DGA)賞や全米製作者組合(PGA)賞など数多くの賞に輝いていたそうなので、順当な結果でしょうか?

特に、見た映画、見たいと思った物もないですが、皆さんは見たいと思った映画、ありますか?

その他の受賞作の一覧や、詳しい内容は、こちら(Yahoo映画)です。

 

アカデミー賞・ノミネートと受賞作一覧(Yahoo映画)

  

  

ブログランキング・にほんブログ村へ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2013年2月25日 (月)

【信長のシェフ】第7話感想と視聴率

「本能寺の変...明智光秀と平成の恋人の陰謀!?」

「ついに本能寺の変!?最終決戦!明智光秀を平成グルメで止めろ」

第7話の視聴率は、前回の10.7%より上がって、11.8%でした♪

このドラマの最高視聴率で、良かったです♪(^^)

最終回は、3月8日(金)です。あと2回あります(「月刊TVガイド」より)

  

顕如(市川猿之助)、エロ坊主で嫌な人ですね(汗)

瑤子(香椎由宇)、可哀想。。。

最後に、懸命にケンに会いに来ましたが、その思い、分かります♪

ケンは、夏と信長に拾って貰えて、運が良かったですね♪(^^)

と言っても、ケンも毎回、命がけですが(^^;)

  

語りでの明智光秀(稲垣吾郎)の説明、分かり易かったです。

「当時の明智光秀は、織田信長の家臣でありながら、将軍・足利義昭の近臣のような地位にいた。いわば、織田家という会社から将軍家へ出向しているような身で、連絡調整役を担っていたのである」

  

そして、当時、砂糖は貴重で、将軍位しか持っていませんでした。

ケンは砂糖の代用品を使って、あんパオンを作り、信長に出しました。

砂糖があれば、もっとおいしく作れるのとの事で、光秀が将軍・足利義昭に貰いに行かされました。

ついでに、将軍の様子も探っている様子。

義昭、相変わらず、手当たり次第、反信長の人に信長を倒すよう命じているようです(汗)

今回は、三好党と顕如でした。

この小物っぽい将軍、らしくていいですね(^^)

    

顕如は、瑤子が未来人だと知っているのではないかと思いましたが、どうやら予知力があると思っている様子。

瑤子が、明智光秀が信長を殺すと言ったので、光秀と組もうとしましたが・・・

光秀は断りました。

光秀は瑤子の作った洋菓子『ペ・ド・ノンヌ』(フランス語で「尼さんの屁」)を食べて、ケンと同じく未来から来たと思ったようです。

穴の開いていないドーナツのようでした。

この菓子には、将軍・足利義昭から貰った砂糖が使われていました。

光秀「自分は足利将軍とも繋がっている。信長など屁でもない・・とでも仰りたいのですか?」

光秀、さすがです♪(^^)

顕如「私が敵に回したくないのは、あなたのようですね。

 あの者、瑤子には見えたのです。

 あなたは、いずれ、織田信長を裏切り、殺す。

 お力をお貸しください。私と組めば、あなたが天下を取れる」

光秀は笑い、断りました。

  

信長軍は、三好討伐に出発。

途中で、京の本能寺に泊まる事になり、光秀が迎えました。

信長は、光秀の労を労う料理を作るよう、ケンに命令。

本能寺の変は、1582年でまだずっと先の筈。

でも、自分の記憶が間違っていないか。

それに歴史の記述が常に正しいとは限らない。

ケン「もしかして、今、ここで、本能寺の変が起ころうとしているのか?」

蘭丸「本能寺の変?」

この戦から蘭丸が信長に仕える事となり同行していて、「本能寺の変」の役者が揃いました。

ケン「本能寺の変をこの手で止めてみせる」

本能寺の変が起こらないように、信長と光秀の仲をもっと深める料理を作ろうと考えました。

信長と光秀が仲良く楽しめるよう「きりたんぽ鍋」を作って出しました。

当時の武家社会は、縦社会で、上の人と、一緒に一つの鍋を食べるなんてありませんでした。

光秀は驚いて、恐れ多いと拒否。

でも、信長は承諾し、自ら光秀の分をよそってあげました。

それだけ、光秀を高く評価していたのでしょう。

  

光秀は後で、ケンの元を訪れ、あの料理は何の真似か、問い詰めました。

そして、顕如の元にいる瑤子とその作った菓子の話をしました。

光秀「私が信長様を裏切り殺す。ある女子には見えたらしい。

 『ペ・ド・ノンヌ』、尼さんの屁、食ったよ。 甘くて、うまい菓子を。

 石山本願寺の顕如に仕える美しい女子が作った。

 その女子も平成から来たのではないか?

 おぬしと同じ匂いがしたわ。

 信長様を殺し、この明智光秀が天下を取る? わしが天下人か?」

ケンの心の中<三日・・・三日天下。それは口が裂けても言えない>

光秀「まあ、よい。先が見えた人生などつまらぬ。

 それより今は、おぬしとその女子の方が興味深い」

 

夏が外に来て、立ち聞きする。

光秀「わしが調べたところ、時を超える現象が過去にもいくつか起きている。

 それがおぬしの口にしたタイムスリップというものであろう?」

ケン「はい」

光秀「おぬしもその女子も400年先の平成からやってきたに違いない」

ケン「その女の人の名前は?」

光秀「瑤子と言ったな」

ケン「瑤子・・・」

光秀「知っているのか? あの女。瑤子を」

ケン「知ってます。一緒に働いてました。平成の料理人です」

光秀「それだけの関係か?

 瑤子は、おぬしの名を聞いて、うろたえていたぞ。

 瑤子はおぬしの嫁だったのではないか?」

ケン「嫁?」

光秀「しかし、恐らく、瑤子は顕如の女」

ケン「顕如の?」

光秀「切ないのう」

光秀、帰ろうと戸を開けたら、夏がいて、びっくり。

夏に光秀は、信長から可成に渡す御下賜品の槍を信長様にお見せするよう言いました。

光秀「わしはもう少し、そのタイムスリップとやらを調べてみよう。

 わし自身のためにもな。

 仲良くやれよ」と、2人に微笑み去る。

  

結局、ケンも瑤子も未来人だと正しく分かっているのは、光秀だけでした。

でも、その会話を途中から、夏は外で盗み聞きしたので、分かった事でしょう(^^;)

  

本能寺の変が今起こるのでは?という事は、ケンの勘違いのようにも取れて、微妙でしたが、それによって、光秀がケンと瑤子を結び付けて、真相に迫っていく展開は良かったです♪

最後に、宇佐山城にいる可成へ槍を届けようと急ぐケンと夏の前に、瑤子が苦労してケンを捜し出して現れ、ケンに抱き着きました。

瑤子「ケン! 賢一郎・・・」と、フルネームで呼びました。

目の前で抱き合う所を見てしまい、夏の心境は・・・(汗)

  

最終章、「最愛の人、死す」という予告でしたが、誰が死ぬのでしょう?

まるで信長が死ぬかのような予告でしたが・・・

森可成は、史実では1570年没となっているので、この年です。

可成の事でありますように。

  

残り2話で、最終回は、3/8(金)です。

瑤子と夏とケンの三角関係と、平成に戻れるか、楽しみです♪(^^)

  

【第7話あらすじ】 (公式HPより)

堺から鉄砲の買い付けに成功した信長(及川光博)とケン(玉森裕太)だったが、石山本願寺や三好党をはじめとする"反・信長勢力"の怪しげな動きは収まることがなく、将軍・足利義昭(正名僕蔵)もそういった勢力となら誰彼かまわず手を結び、打倒信長を目論む、という状態だった。
 そんな中、石山本願寺の顕如(市川猿之助)は明智光秀(稲垣吾郎)に書簡を。「信長の命を奪うのは明智光秀」と言った瑤子(香椎由宇)の言葉を元に、光秀を本願寺に招いた顕如は「わたしと組めば、あなたが天下を取れる」と、信長を裏切るようそそのかす。
 一笑に付す光秀だったが、その顔には不敵な笑みが浮かんでいた...。

 時を同じくして三好党が挙兵。対する信長軍も出陣し、一路大坂へと向かった。その途中、一行は京都・本能寺に宿泊。軍に同行したケンは、そこで信長を迎えた光秀を見て『本能寺の変』が起こるのではないか、と危惧する...!
 到着後、さっそく信長から「光秀の労をねぎらう料理を作れ」と命じられたケン。信長と光秀の仲を深め、なんとか『本能寺の変』を阻止したい、と考えたケンはある料理を作り、ふたりの仲を取り持とうとする。そんなケンの様子を不審に思った光秀は「そんなにわしとお館様の間が心配か?」と問う。
 先に本願寺を訪れた光秀は、そこで瑤子が作った洋菓子『ペ・ド・ノンヌ』を食べ、瑤子がケンと同じように未来からやってきたことに気づいていたのだ! そこで、自分が信長を裏切り殺す、と聞いた光秀は、その真偽をケンに尋ねる。
 さらに、本願寺にいる瑤子の存在をケンに告げると...?

ついに石山本願寺の顕如(市川猿之助)が蜂起。加えて、比叡山延暦寺の僧兵たちに包囲されつつある宇佐山城にいる森可成(宇梶剛士)の元へ急ぐケン(玉森裕太)の前に、瑤子(香椎由宇)が現れる!

     

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]11.6%  [第2話]9.9%   [第3話]10.1%  [第4話]11.3%

第5話]10.9%  [第6話]10.7%  [第7話]11.8%

 

公式HP・次回あらすじ

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2013年2月24日 (日)

【純と愛】第20週視聴率と第21週(2/18~2/23)感想

既に、お伝えした通り、桐野富士子(吉田羊)さんが主役の『純と愛』のスピンオフドラマ『富士子のかれいな一日(仮)』が、4月20日午後8時から、BSプレミアムで放送されるそうです。(詳細はこちらです)

桐野さん、このドラマで一番好きなキャラなので、楽しみです♪(^^)

『純と愛』の撮影、2月22日(金)にクランクアップしたそうです。

2/25(月)のスタパに岡本玲さん(待田誠役)が出演予定。

3/1(金)のアサイチに、ヒロインの夏菜さんと愛役の風間俊介さん、主題歌のHYの皆さんが出演予定です。

  

さて、今週、「里や」が火事で燃えてしまいました。

焼け跡に、「ねむりひめ」の絵本だけ燃えないで残っていました。

でも、焼け残った状況を見せず、絵本は紙なので、そんな馬鹿なと思いました(^^;)

一番、悲しい筈のサトさんは、肩の荷が下りた気がしたそうで、そんなに悲しまず、これから旅に出るそうです(汗)

借金が多かったので大変だったでしょうけれど、夫の思い出もいろいろこの建物にあったでしょうから、悲しい気持ちも多いと思いますが・・・(汗)

借金はどうなるのでしょう?

土地を売れば、なんとかなるのかな?

きっと火災保険は入っていたでしょうね?

皆は、この間紹介した所に連絡したので、そこへ行くようにとの指示でした。

  

前回の父の死の時も、母・晴海は、ほっとしたと言って、あまり悲しまなかったし、

このドラマ、一番悲しむ筈の人をわざと悲しませないようにして、純の悲しみを際立たせているみたいな気がします(汗)

今回も、「里や」の焼失を一番悲しんだのは、一番、新人の純という事になってました(汗)

  

火事の原因は、宿泊客の火野美矢(菜葉菜)の寝煙草。

火野とは、まるで火事を起こすのが宿命的に決まっていたかのような苗字ですね(^^;)

ちょっと「里や」にお客が増えて、純は調子に乗り、以前の「オオサキ」の時のように、火野美矢と、同じく宿泊客の水田寛治(水橋研二)をくっつけて、「里や」で結婚式をさせようとしました。

水田は、水が含まれた苗字ですね(^^;)

火と水、最初から無理だったのでしょう(笑)

結婚相談所じゃないんだから、そうまでして、くっつけて結婚式をやらなくても・・・(汗)

火野は、酒乱だという事を隠していて、結婚式の時に分かりました。

酒乱という事実より、酔った拍子にポロッと喋ってしまった本音の方が水田はショックだったかもしれません。

父の介護も豆腐屋の貧乏暮らしも我慢してやってやるという感じだったので。

あの程度なら酒乱のうちに入らないのではないかと思いますが、その言葉がショックだったのか、結婚は駄目になってしまいました。

それでショックを受けた火野は、またお酒を飲んで、煙草を吸いながら、自室で寝てしまいました。

その寝煙草が写真の上に落ちて、燃え広がり、火災報知器が鳴りました。

別の所で寝ていた純が慌てて駆けつけ、火野を助け出しました。

皆、どうにか逃げて、死者は出ませんでした。

よく火元の火野が助かりましたね。

これは、純のお手柄かもしれません。

  

サトさんは、三線(さんしん)、夫に絶対手放すなと言われた宝物だったよう。

サトさんは、もういいと言ったのに、セニョール(田中要次)は、サトさんが好きなので、命がけで三線を取って来てくれました。

  

笑わない客・久世秋代(朝加真由美)は、気付かず眠っていて、純に助けられて逃げました。

久世さん、ずっと泊まっているから何かありそうだと思ったら、次週、純の救いの神になるようです(^^;)

でも、救いがあるのは、まだ純は知りません。

  

純は、オオサキ、おじいのホテル、そして、里やと、次々と不幸になってしまったので、自分のせいだと落ち込みました。

それを愛が慰めました。

純「じゃあ、何で、行く先、行く先、こんな酷い目に遭わなきゃ、いけないの?」

その後の愛の長セリフ、切れたり、哲学的だったり、すごかったです(汗)

  

愛「それは・・・あなたがどんな辛い試練でも耐えられる・・・ああ、もう!

(愛、切れて、座布団を投げる)

俺だって、分かんないっすよ、そんなの!

俺だって、滅茶苦茶、腹立ちますよ!

神様いるのかって思いますよ!

でもね、人生はそんな説明できる事ばっかりじゃないですよ!

こんな理不尽な事ばっかり起きてるんですよ!

一生懸命頑張ってる人間が損をして、何かずるして、ラクしてる奴がのうのうと生きてるんですよ!

だから苛めとか差別とか戦争とか、そんなのいつまで経ってもなくなんないんですよ!

それでも・・・それでも、俺達は諦めずに生きてくしかないんですよ!

(純の前に座り)

愛するためですよ。

自分の大切な仕事や自分の大切な人を愛して・・・愛して愛していけば、笑顔を取り戻せるんですよ。

そう思う事に決めました。今、僕は。 すみませんね」

純「何さ、そっちばかり勝手に決めちゃってさ」

 

愛のセリフ、途中から、苛めとか戦争とか、ピントがずれてたような気がしました(汗)

そして、「泣いて下さい」と強要(汗)

泣けと言われて、泣けるのは女優だけですから(^^;)

愛「あなたが誰よりも悲しんでるんだから、泣いて下さい」

 

純よりサトさんが一番、悲しいと思います。

  

そこへ、晴海と剛が来ました。

晴海「純・・・可哀想ねえ。元気出しなさいよ」

純「え?」

晴海「よく頑張ったね。

我慢しないで泣けばいいさ。

あんたは・・・悪くないさ。何も悪くない」

純「お母ちゃん・・・」

純、晴海に抱かれて泣きました。

晴海、純を抱きしめ、頭を撫でる。

その胸で大声で泣き続ける純。

  

結局、理屈じゃないんでしょうね。

純は言って欲しかった言葉を母に言われて、ようやく感情が噴き出したのでしょう。

  

来週のネタバレを読むと、純と愛の離婚の危機?

年末にもあったのに(^^;)

このドラマ、とっかえひっかえ、誰かの結婚騒動と離婚騒動ばかり。

ちなみに私は一度も離婚したいと思った事はないです♪

それより、チュルチュルやセクシーさんなど、「里や」の皆の方が心配です(^^;)

皆で一緒に宮古島で、ホテルをやれますように♪

  

先週の週間最高視聴率は、関東17.9%(2/16(土))、関西16.1%(2/14(木))、北海道13.8%(2/13(水))でした。

三連星さん、にょえさん、視聴率情報、ありがとうございました♪

初回から2/21(木)迄の全部の平均視聴率は、関東16.9%、関西15.9%だそうです。

「梅ちゃん先生」は20%以上だったので、かなり低いです(汗)

それでも、他のドラマに比べると、とてもいいので、枠の力、すごいですね。

残り5週間。 視聴率より、面白くなりますように☆(^^)

  

【視聴率推移】 (週間最高視聴率)

                  関東          関西        北海道

初回視聴率(10/1(月))   19.8%           16.2%

第1週「まほうのくに」   19.8%(10/1(月))   18.4%(10/2(火))  16.0%(10/6(土))

第2週「本当のかお」18.6%(10/10(水),10/12(金)) 17.4%(10/10(水)) 16.9%(10/13(土))

第3週「しんじるこころ」  19.4%(10/15(月))   17.2%(10/15(月)) 16.2%(10/16(火))

第4週「ねむりひめ」 18.0%(10/25(木)) 16.3%(10/23(火),24(水),26(金)) 14.3%(10/25(木))

第5週「きたかぜとたいよう」 17.5%(11/2(金))   18.2%(10/30(火))  13.8%(?)

第6週「らぶすとーりー」    17.3%(11/9(金))   17.0%((11/9(金))  13.7%(11/9(金))

第7週「けっこんしようよ」   18.4%(11/12(月))  18.0%(11/12(月))  14.3%

第8週「まもってあげたい」  18.1%(11/19(月)) 16.8%(11/21(水))   16.7%

第9週「はっぴーうぇでぃんぐ」17.3%(11/26(月)) 18.1%(11/26(月))  15.4%(12/1(土))

第10週「すーぱーまん」17.8%(12/3月&12/5水) 16.6%(12/3月&12/4火) 14.7%(12/8土)

第11週「やめないでぇ」    18.1%(12/10(月))  16.4%(12/14(金))  14.6%(12/14(金))  

第12週「さいしゅうけっせん」18.3%(12/17(月)) 17.5%(12/17(月))  15.8%(12/18(火))

第13週「きせきのくりすます」17.4%(12/27(木)) 16.6%(12/28(金))  15.3%(12/25(火))

第14週「しんねんのちかい」 15.4%(1/5(土))     ?        13.8%

第15週「あかずのま」    17.4%(1/7(月))  16.0%(1/7(月))  14.7%(1/12(土))

第16週「あいがつたわる」  18.3%(1/18(金))  16.4%(1/18(金))  14.3%(1/15(火))

第17週「えいえんのあい?」 18.4%(1/24(木))  16.4%(1/21(月))  14.6%(1/25(金)) 

第18週「えがおのゆくえ」   18.0%(1/30(水)) 16.2%(1/30(水))  15.3%(2/1(金))

第19週「おもいよとどけ」   18.8%(2/6(水))  16.9%(2/9(金))  13.7%(?)

第20週「まほうのことば」   17.9%(2/16(土)) 16.1%(2/14(木))  13.8%(2/13(水))

第21週「えんむすび」

   

週間視聴率ランキング(ビデオリサーチ)

  

【過去レビュー・リンク】

第19週(2/4~2/9)&第18週視聴率

第20週(2/10~2/16)&第19週視聴率

  

【過去の日別あらすじ】

第20週(第110~115回)(2/11(月)~2/16(土))

第21週(第116~121回)(2/18(月)~2/23(土))

第22週(第122~127回)(2/25(月)~3/2(土))

  

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  応援クリック、よろしくお願いします♪

2013年2月23日 (土)

『純と愛』クランクアップ&吉田羊さん主演のスピンオフ4月に放送

『純と愛』の撮影が、2月22日にクランクアップしたそうです。

スピンオフドラマ「富士子のかれいな一日(仮)」が4月20日午後8時からBSプレミアムで放送されることが決まったそうです。

同じ遊川氏の原案で、純が最初に勤めたホテルの上司だった桐野富士子(吉田羊)さんが39歳から40歳になる1日を描くコミカルなハートフルドラマ。

夏菜さんや同僚役だった城田優(27)さんのほか、富士子と交際歴のあったホテルの前社長役の舘ひろし(62)さんも出演するそうです。

残り1ヶ月近くになったので、クランクアップするのは驚きませんが、桐野(吉田)さん主演のスピンオフができたとは驚きです。

10月の初回から2月21日までの視聴率の全話平均は関東16.9%、関西15.9%だそうです。

20%以上だった前作より、かなり平均視聴率、落ちてしまいましたが、よくスピンオフできましたね(^^;)

桐野さん、このドラマの中で、数少ない好きなキャラなので、嬉しいです♪(^^)

こちらの方が本編より楽しみです♪(^^;)

三連星さん、情報、ありがとうございました♪(^^)

 

【Yahooニュースより】

夏菜「純と愛」クランクアップに涙

「純と愛」最終回前にスピンオフ作品放送決定

 

【今週と来週の日別あらすじ】

第21週(第116~121回)(2/18(月)~2/23(土))

第22週(第122~127回)(2/25(月)~3/2(土))

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

(ネタバレ)【純と愛】第22週・日別粗筋(2/25~3/2)

2/25(月)のスタパに、岡本玲さん(待田誠役)が出演予定。

3/1(金)のアサイチに、ヒロインの夏菜さんと愛役の風間俊介さん、主題歌のHYの皆さんが出演予定です。

これは、来週(第22週)「そのままのじぶん」の日別あらすじです。

来週は、純と愛の離婚の危機。

そして、「里や」にずっと泊まっていた久世秋代(朝加真由美)が、夢実現の救いの神のようです♪(^^)

   

<日別あらすじ 第22週(第122~127回)(2/25(月)~3/2(土))> (Yahooテレビより)

第122回[2/25(月)]

純(夏菜)は無気力になっている。関わったホテルがことごとく買収・取り壊し・焼失で無くなったことから、自分はホテルで働くべきではないと思っている。一方、剛(渡部秀)は絵画にやりがいを見つけ、正(速水もこみち)も自宅でマッサージ院を開業するなど張り切っていた。里やの従業員たちから新しいホテルでの再起を期待されるが、純はブランドショップの店員に再就職を決めてしまう。そんな純の姿を見て愛(風間俊介)は...。

第123回[2/26(火)]

純(夏菜)の無気力な態度に怒った愛(風間俊介)は、待田の実家に帰ってしまった。困っている純のもとへ誠(岡本玲)が現れ、愛から預かった離婚届を渡しながら「意地を張らずに話し合え」と言う。純が仕事を終えて帰宅すると、なんと晴海(森下愛子)が「愛に会いたい」と言って待田家に行っていた。迎えに行っても晴海は純を認識できない。純と愛は二人きりで話すが、売りことばに買いことばで、きついことばを浴びせてしまう。

第124回[2/27(水)]

待田家では多恵子(若村麻由美)が家出してきた愛(風間俊介)に早く帰れと諭している。一方、純(夏菜)は店にやってきた秋代(朝加真由美)によってクビにされてしまう。純は秋代が元有名デザイナーで、パートナーと別れて何もかも失ってしまったことを知る。帰宅すると蘭(映美くらら)から士郎(岡田篤哉)が行方不明との電話が入る。そして羽純(朝倉あき)と一緒に里やの焼け跡にいた士郎は、みんなと離れたくないと訴える。

第125回[2/28(木)]

里やのみんなが"新しいホテルを探して、また一緒に働こう"と純(夏菜)に訴えるが、純は逃げ出してしまう。あんなにホテルや客の笑顔が好きなんだからホテルで働くべきだと言う愛(風間俊介)の訴えも、目標を見失った純の心には響かない。待田家では、晴海(森下愛子)が純への愛情を上手く伝えられないもどかしさを多恵子(若村麻由美)に訴えていた。愛を訪ねた純は、晴海を連れて宮古島に帰ると言い、離婚に同意してしまう。

第126回[3/1(金)]

愛(風間俊介)との仲が決定的に終わったと感じた純(夏菜)は、宮古島へ帰ろうと整理を始める。だが剛(渡部秀)が来て、今の純は自分らしくないと言って励ます。やる気を取り戻した純は、秋代(朝加真由美)の元パートナーに会って仲を取り持ち、秋代に笑顔を取り戻そうとするが失敗してしまう。待田家では多恵子(若村麻由美)が家族への愛情を率直に語り、愛を説得する。お互いが必要だと気付いた純と愛は、やっと向き合う。

第127回[3/2(土)]

純(夏菜)は、さみしがり屋の自分を全てさらけ出して、それでも支えてほしいと愛(風間俊介)に訴える。そんな純を愛は受け入れ、一生離れないと誓う。そこへ秋代(朝加真由美)がやって来て宮古島にある古い別荘をホテルとして活用してほしいという。その話をすると正(速水もこみち)やマリヤ(高橋メアリージュン)も一緒に行くと言う。里やのみんなも大いに喜び、手伝いを約束してくれたり、開業したら必ず泊りに行くと言う。

  

公式HP・愛は見た!(愛の目線で第22週の見どころ紹介)

公式HP・「里や」の愉快な仲間達・対談(後編)

  

【過去レビュー・リンク】 (感想・あらすじなど)

第11週(12/10~12/15)&第10週視聴率

第12週(12/17~12/22)&第11週視聴率

第13週(12/24~12/28)&第12週視聴率

第14週(1/4~1/5) &新登場人物紹介

第15週(1/7~1/12)&第13週視聴率

第16週(1/14~1/19)&第14週視聴率

第17週(1/21~1/26)&第15・16週視聴率

第18週(1/28~2/2)&第17週視聴率

第19週(2/4~2/9)&第18週視聴率

第20週(2/10~2/16)&第19週視聴率

  

【過去の日別あらすじ】

第11週(第61~66回)(12/10(月)~12/15(土))

第12週(第67~72回)(12/17(月)~12/22(土))

第13週(第73~77回)(12/24(月)~12/28(金))

第14週(第78~79回)(1/4(金)~1/5(土))

第15週(第80~85回)(1/7(月)~1/12(土))

第16週(第86~91回)(1/14(月)~1/19(土))

第17週(第92~97回)(1/21(月)~1/26(土))

第18週(第98~103回)(1/28(月)~2/2(土))

第19週(第104~109回)(2/4(月)~2/9(土))

第20週(第110~115回)(2/11(月)~2/16(土))

第21週(第116~121回)(2/18(月)~2/23(土))

  


【送料無料】ねむりひめ [ 荒井良二 ]

 
 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2013年2月21日 (木)

【相棒season11】第16話感想と視聴率「シンデレラの靴」

『相棒Eleven』第16話「シンデレラの靴」

第16話の視聴率は、前回の15.4%より上がって、17.0%でした♪

視聴率、戻って良かったです♪(^^)

  

今回の話の雰囲気、第3話の「ゴールデンボーイ」と似ていました。

だから、桂馬麗子(中山忍)さんは犯人ではないだろうと思いました(^^;)

脚本と監督は、どちらも第3話とは違う人です。

第5話「ID」を書いた脚本家です。

  

中山忍さん、殆ど走らなくて、元マラソン選手には見えませんでした(汗)

回想シーンとかもなく、銀メダルと取ったというレースは新聞記事で、写真を何枚か重ね、生中継の音声等で、うまくごまかしましたね。

余程、中山忍さん、走りたくなかったのでしょう(^^;)

私も寒いし、走るの苦手なので、走りたくないです(^^;)

カイトは走りましたね♪

若いっていいなあ♪(^^)

  

麗子は、事件の時、犯人から呼び出されて、駆けつける時、捻挫したから、走るシーンがないのは仕方ないのかもしれませんが・・・

逆に、捻挫して、よく普通に歩けますね。

捻挫した事がないのでよく分かりませんが(汗)

 

麗子は、13年前の世界大会(ローマ大会)でマラソンの銀メダリストとの事ですが、世界大会というだけで、オリンピックではないんですよね?

13年前のオリンピックは、シドニーですし。

でも、オリンピックのような大会の設定なのでしょうか?

靴と新聞記事が飾られていたし・・・

  

最後に、南条遥選手に贈った靴は、まさかあそこに飾られていた麗子が銀メダルを取った時に履いてた靴?

まさか、違いますよね(^^;)

サイズの問題がありますし、13年前の物だし、遥のサイズをどこかで聞いて、そのサイズの靴を買ってあげたのでしょうね(^^;)

「シンデレラの靴」との副題ですが、このランニングシューズの事でした。

  

犯人は麗子ではないだろうなと思いましたが、まさかチラッと出てきたアポロン電機・陸上部のスタッフの竹沢美枝(萩尾みどり)だったとは(汗)

2人はとても仲良しでした♪

  

アポロン電機陸上部の監督・高木(国枝量平)が自宅で血まみれの遺体で発見されました。

その殺害犯は、麗子に思われましたが、それはそう見えるように麗子が仕向けていただけで、真犯人は、美枝でした。

ドーピングやヤクザまで絡んで、高木監督、すごく嫌な人でした(汗)

選手のドリンクに禁止薬物を混ぜて、知らないうちにドーピング違反をさせ、その時の血液を冷凍保存しておいて、ずっとゆすりの材料に使うなんて、とんでもない人ですね。

それで、美枝は選手だった時から、ずっと高木の言いなりでした。

麗子も知らないうちに食事に混ぜられそうになったので、美枝がわざとぶつかって零し、食べられなくして、麗子を守ってくれました。

そして、アポロン電機・陸上部を辞めるように指示。

その忠告通り、麗子は辞めて、マラソンに変更してから活躍♪

アポロンをやめてから活躍したから、アポロンの監督になるのをよく思わない人もいると右京さん達に言った人もいましたが、美枝は別でした。

アポロンを辞めてからも、いつも美枝が励まして練習メニューも指示して支え、麗子は銀メダルを取る事ができました。

だから、自分が銀メダルを取れたのは美枝さんのお蔭と、麗子は今でも感謝していて、繋がりがありました。

美枝は、上星高校の南条遥の才能を見出しました。

彼女が、駅伝の予選で体調不良で走れなくなって、たすきを繋げなくて落ち込んだ時、美枝は麗子にそれを伝えました。

同じ経験をして乗り越えた麗子が、遥に会って励ましました。

そして、麗子はアポロンの監督就任の条件の一つに南条遥の獲得を挙げていました。

でも、高木は麗子が監督になる事はないと言い切っていたとの事。

なぜ、そう言い切れるのか?

  

高木のPCに残されていた最後に写したと思われる1枚の写真。

それに、その理由がありました。

南条遥に誰かがお金を渡しています。

上星高校・陸上部の監督の話だと、その写真は都の大会で優勝し、OBからの寄付を遥が代表で受け取った時の写真との事。

渡している2人の男性は、OBの建設会社の社長とその知り合いとの事でした。

でも、実は、その知り合いとは、朝比奈組の田代というヤ○ザでした。

お金を渡していたのは、田代の方。

ヤ○ザと繋がりがあるという証拠を作って、高木は遥を潰そうとしていたのでした(苦笑)

でも、グランドで堂々と笑顔で渡していて、監督も知っているのだし、その写真1枚で、勘違いして、入社が取り消しになるでしょうか?(汗)

個人的に貰ったわけではないので、もし問題にされるとしても陸上部の監督では?

ちょっと、この写真が麗子の監督就任を阻む奥の手で、これが美枝の殺害理由というのが少し?でした(^^;)

  

どんな手でも使う高木でしたが、美枝を甘く見てましたね(汗)

自分のドーピングの件もあり、また今度、遥の入社と麗子の監督就任がダメになってしまうと思い、溜まり溜まった怒りが爆発して殺してしまいました。

その殺害は分からなくもないですが・・・

殺した直後に、麗子に電話しました。

麗子も巻き込まれて、お気の毒でした(汗)

確かに、麗子のための殺害でもあったのですが・・・

電話しないで、自分で写真の破棄とドーピングの証拠となる試験管の血液を持ち出してくれれば、麗子が監督になれなくなる事はなかったでしょう。

遥だって、入社できたでしょう。

2人のためなら、麗子に電話して巻き込んだのが間違いだったと思います(^^;)

麗子は知らせを受けて、すぐ駆けつけ、途中で階段を踏み外してねん挫してしまいましたが、ちゃんと駆けつけ、証拠隠滅に協力しました。

時間指定で、メールを送って、美枝のアリバイを作り、冷凍室から美枝のドーピングの証拠となる試験管の血液を盗み、周辺の指紋を拭き消しました。

  

右京さん達に全部ばれてしまい、ようやく2人は本当の事を言いました。

麗子「私が銀メダルを取れたのは、美枝さんのお蔭です。

 高木がいなければ、南条選手を育てる事ができたのに・・・

 そして今度こそ・・・私が届かなかった金メダルの栄光を美枝さんに・・・」

美枝「麗子・・・」

右京「2人のお気持ちは十分に理解できます。

 高木監督を許せなかった事も勿論・・・

 ですが、そうするしか、方法はありませんでしたかねえ。。。残念です」

美枝、麗子の胸で泣く。

そして、カイトと右京さんは遥に会いに行き、麗子から託された靴を渡しました。

遥は喜びました。

遥「私、夏の全国大会で、これ、履きます。

 私、陸上、ずっと続けます」

カイトと右京さんは満足して帰りました。

カイト「たすきは、無事、繋がったみたいですね」

右京「そのようですねえ」

 

その閉めの言葉は良かったです♪(^^)

ただ、今回もムード先行のお話だったような気がします(汗)

でも、愛に溢れていたので、不快感はなかったです(^^)

駅伝の途中で体調不良で、たすきを繋げなかった麗子は、その後、アポロンを辞めて、マラソンに転向して成功♪

美枝の計らいで、同じ挫折を味わった遥を応援しました♪

挫折を前向きに捉える事は大切ですね♪

殺人さえなければ、前向きなお話でした♪(^^)

  

次回は、「ビリー」

映画『相棒シリーズ X DAY』に登場するサイバー犯罪対策課の専門捜査官・岩月彬(田中圭)さん、出演なので、必見です♪(^^)

  

【第16話あらすじ】 (公式HPより)

アポロン電機陸上部の監督・高木(国枝量平)が自宅で血まみれの遺体で発見された。事件の前日、享(成宮寛貴)が偶然スポーツクラブで同陸上部の次期監督候補になっていた、マラソンの元銀メダリストである桂馬麗子(中山忍)を見かけていたことから、右京(水谷豊)は享とともに事件に首を突っ込むことに...。

 捜査一課の伊丹(川原和久)らに煙たがられながらも、右京らは現場を物色し冷凍庫の取っ手の指紋が消されていることに疑問を抱く。美枝(萩尾みどり)ら陸上部のスタッフによると、アポロン電機を辞めた後に銀メダルを取る活躍をした麗子が出戻ってきて監督に就任することを、アポロン電機社内でも快く思ってない人がいたようだ。なかでも殺害された高木監督は麗子が次期監督になることは絶対にない、と断言していたという。

 周囲の声にもかかわらず、監督就任に前向きな麗子。その麗子が監督になることはないと言い切っていた高木の根拠は何だったのか? 元銀メダリストにかけられた殺害容疑。監督就任にまつわる謎が解明されたとき、スポーツ界を揺るがす闇が明らかに...!

ゲスト:中山忍

脚本:ハセベバクシンオー
監督:近藤俊明

  

【視聴率推移】 (視聴率は関東地区)

[第1話]19.9%   [第2話]17.3%   [第3話]16.5%  [第4話]15.0%

[第5話]15.4%   [第6話]16.4%   [第7話]15.7%  [第8話]14.0%

[第9話]17.2%   [第10話]17.8%

第11話](元日SP)17.4%   [第12話]19.4%   [第13話]15.0%

第14話]17.1%   [第15話]15.4%   [第16話]17.0%

  

公式HP・次回あらすじ

公式HP・ノベライズ プレゼント← 締切:2月26日(火)24:00

  

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 応援クリック、よろしくお願いします♪

2013年2月19日 (火)

【ビブリア古書堂の事件手帖】第6話視聴率とプチ感想

<『晩年』 太宰治 著>

「脅されているんです、異常な男から」

第6話の視聴率は、前回の11.5%より少し上がって、11.7%でした。

初めて、前回より上がりました♪(^^)

でも、私は今回、イマイチでした(汗)

階段から蹴落とされて派手に落ちてしまいましたが、栞子は足首を骨折しただけで、無事でした。

それは良かったですが、犯人の顔を見てないとのこと。

正面を向いていたし、明るいし、全然、顔を隠してなかったですが(^^;)

階段から蹴落とされたし、本を売れと脅迫メールも沢山届いていたそうなのに、どうして警察に届けなかったのでしょう?

そこからして、現実的ではなかったので、その後もどうしても話の中に乗れませんでした(汗)

それに、藤波さんが犯人みたいにミスリードしてましたが、もう以前からいろいろな人がレビューで、笠井さんが犯人だろうと言っていたので、そうだろうと思っていたし・・・(^^;)

わざわざ病院へ太宰治のサイン入りの『晩年』の初版本を持って行って金庫に入れましたが、その方が危険だと思います(汗)

病院へ持って行くより、もっと本格的な金庫に入れて自宅に置くか、銀行の貸金庫に置くべきでは?

ただでさえ、病院は盗難が多いです(汗)

今までの本の保存の仕方も疑問でした。

もし売るとしたら、300万以上するような、でも、絶対売りたくないような貴重な品、「相棒元日SP」のように腐っては困ります。

保存方法、パラフィンに包んで金庫に入れておくという方法でいいのでしょうか?

今までどういうように保管していたのでしょう?

  

その上、警察に連絡しないで、自分達で犯人をおびき出そうと、その本を350万で売ると偽りの知らせをネットで公開。

警察に連絡した上で、おとり捜査しないと危ないですから(汗)

で、予想通り、笠井が来て、犯人。

笠井が自転車で病院へ向かった時も警察に電話すればいいのに。

そして、大輔、タクシーで向かえばいいのに、走っていくし・・・(^^;)

栞子もメールで連絡を受けて、逃げようと、松葉杖で急いで、屋上に逃げようとするし・・・(汗)

それより、金庫をおとりにして、本を別のどこかに隠して、人が沢山いる病室にいた方が安全だと思います。

わざわざ人気のない所に逃げるより・・・

  

あまりにわざとらしくハラハラな展開にしているようで、ちょっとがっかりでした(汗)

今までの話の方が、面白かったです(^^;)

  

ただ、放火犯が奈緒を振った西野だったのは良かったです。

藤波が奈緒が酷い形で振られた話を店に来る女子高生達に話してしまったそうで、あれ以来、西野はいじめられるようになり、その逆恨みでした(^^;)

大輔と栞子が付き合っていると思ったようです(^^;)

奈緒の妹といい、勘違いが多いですね(^^;)

どうか笠井の件も警察に連絡してほしいものです。

  

【第6話あらすじ】 (Yahooテレビより)

何者かに石段の上から突き落とされた篠川栞子(剛力彩芽)は、救急車で病院に運ばれた。幸いなことに足首の骨折だけで済み、五浦大輔(AKIRA)は安堵する。一方、篠川文也(ジェシー)から倒れていた栞子を見つけ救急車を呼んだのが藤波明生(鈴木浩介)だと聞くと大輔は顔を曇らせた。  志田肇(高橋克実)、文也、藤波が病室を出ると栞子は大輔に、病院に持ち込んだ金庫から1冊の本を取り出すように頼む。それは、太宰治の『晩年』だった。栞子は、この本を狙う男に突き落とされたのだと明かした。  栞子が祖父の代から引き継いだ『晩年』は、500部ほどしかない初版本の中でも、太宰自身の署名まで入るなどした大変稀少なもので、300万円以上の値が付くという。栞子は『晩年』を母屋で保管していたが、その存在を知った人物から「譲ってほしい」と何度もメールが来るようになり警戒していたところ、今回の事件が起こったという。 栞子の入院中、大輔はひとりでビブリア古書堂を切り盛りするが、古書の知識がないため苦労する。そんな大輔の様子を見に、小菅奈緒(水野絵梨奈)や藤波がやってくる。そんな折、店の外に出た藤波が大きな声を上げた。大輔と奈緒が駆けつけると、ワゴンのなかの本にガソリンがかけられていた。  危機感を覚えた大輔は、『晩年』を売ってしまってはどうかと勧めるが、栞子は本を手放すくらいなら殺された方がましだと譲らず...。

  

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]14.3%   [第2話]12.2%   [第3話]12.0%   [第4話]11.6%

第5話]11.5%   [第6話]11.7%

  

公式HP・書籍紹介「晩年」

公式HP・第6話詳細あらすじ

公式HP・次回予告

  


【送料無料】「ビブリア古書堂の事件手帖」オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ](2013.2.20発売)


『ビブリア古書堂の事件手帖』でEXILEのAKIRAさん演じる五浦大輔が乗っている自転車!アルミフレーム21段変速前後ディスクブレーキ【組立・整備発送】【送料込】d2 visceralDOPPELGANGER ドッペルギャンガーvisceral


【送料無料!】三上延 ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~ [メディアワークス文庫]

 

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2013年2月18日 (月)

【八重の桜】第7回感想と視聴率「将軍の首」

「将軍の首」

第7回の視聴率は、前回の15.3%より上がって、17.5%でした♪

上がって良かったです♪

次回は、壬生浪士組(後の新選組)登場♪

新選組の斎藤一(降谷建志)さんと、八重の幼馴染み・時尾(貫地谷しほり)が後に結ばれるそうなので、注目です♪(公式HPより)

  

今回は、京都守護職が始まりました。

神保修理(じんぼ しゅり)(斎藤工)と結婚した神保雪子役の芦名星さん、今回は沢山、登場しました♪

芦名さん、『信長のシェフ』で、くの一の楓役ですが、全然、雰囲気が違いました。

楓の方がカッコ良くて、私は好きです♪(^^;)

  

神保修理も容保と共に、京へ行きました。

でも、二葉と違って、雪子は京には行かず、義父母と共に暮らすそうです。

二葉さんが羨ましいとの事。

結婚直後から夫がいなくて、義父母だけと暮らすのはちょっと辛そうですね(^^;)

うらさんも京には行きません。

覚馬との別れが辛そうでした。。。

皆、出陣するみたいな雰囲気です。

それに、当時は京はとても遠いので、外国へ行くようなものでしょう。

  

八重が、友人達と百人一首をやっていて、その絵を見て、言った言葉が面白く、切なかったです。

八重「お母様、都のお方は、こんな姿してるんだべか?」

佐久「う~ん。昔の絵だからなし」

日向ユキ(剛力彩芽)「お公家さんは、万事、昔風だと、父様が話しておいででやした。

 古~いしきたりが沢山あって、京に上がった皆様はご苦労なさんべなと」

八重「都の皆様、兄様に親切にしてくなんしょ」

ユキ「かるたに願掛けても・・・」

八重「お頼みすっから・・・」

 

八重、兄を心配して、皆の話を聞いて一喜一憂して、可愛かったです。

  

容保は、1000人の会津藩士と共に、上洛。

途中、皆で、江戸の会津藩邸に寄り、文久2年(1862年)12月24日、京に着きました。

京で、行列の見物客が言った言葉が良かったです♪

「綺麗なお殿様や」

そりゃ、綾野剛さんですから♪(^^)

会津のお行列は絵巻物のようやと京でも評判だと、関白・近衛忠煕(若松武史)が言いました。

田舎っぽく見られなくて良かったです♪(^^)

  

翌年、御所で、容保は孝明天皇(市川染五郎)に謁見しました。

孝明天皇「あれが会津の中将か。 まだ若いのう。 なんと澄んだ目えや」

そして、側近が緋色の衣を差し出しました。

孝明天皇「我が衣じゃ。直して、陣羽織にでもせよ」

容保、驚いてしばらく呆然、「はっ!」と礼。

 

この後、藩士の喜びと、容保の戸惑いが良かったです。

会津藩の本陣に、この話はすぐに広まりました。

秋月「帝から御衣(おんぞ)を賜ったぞ」

田中「武士が帝に御衣賜るは、古来稀な事だそうだ。のう、秋月」

秋月「江戸に幕府が開かれてから、今日が初めて」

「おう。さすがは殿じゃ」「めでたいのう」・・・

藩士達は自分の事以上に喜びました♪

でも、容保は戸惑った様子。

容保「のう修理、何故であろうの?」

修理「はい?」

容保「初めて参内したわしに、おかみは御衣ばかりか、お言葉まで下さった」

修理「誠を尽くす殿の思いが、帝にも伝わったのではありますまいか」

容保「おかみは、ご存知なのであろうか?

 尊皇を唱える者が偽勅を出すなどと。

 都をこれ以上、血で汚す事は恐れ多い。

 穏やかに事を収める道を探らねばならぬ」

容保は改めて、決意しました。

  

ある日、三条河原に、北山等持院にある足利将軍三代の木像から引き抜かれた首が3つ置かれていました。

立札には「逆賊 足利尊氏、同 義詮(よしあきら)、同 義満」とあり、天誅を下す趣旨が書かれていました。

それを見た覚馬は、意味がよく分かりませんでした。

覚馬「将軍が逆臣?・・・では、これは徳川への当でつけが?」

  

それを置いた犯人はすぐに分かりました。

尊王攘夷を唱える一味に密偵として潜入させた大庭恭平(山中崇)でした。

大庭「さらし台に首を並べたのは、それがしにごぜえまする。

 足利将軍の首は、公方様のお首。

 攘夷をされぬ将軍はいずれ首を討つとの脅しにごぜえまする」

容保「公方様を討つだと?!」

田中「そなた、探索のために一味したのであろう?

 奴らと心通じたのではあるまい」

大庭「分からんです。奴らと共に熱に浮かされ・・・

 腹を・・・切らせて下せえ」

容保「狂ってる。尊王攘夷とは何だ?

 それではまるで、幕府を倒す口実ではないか」

修理「尊王攘夷は、もはや表看板にすぎず、真の狙いは幕府を倒す事にあるのでは?」

容保「討幕・・・

 ならば、言路洞開など、何の役にも立たぬ。

 わしが・・・愚かであった」

修理「殿・・・」

容保「所司代と町奉行所に命じ、直ちに賊を捕えよ!

 一人も逃すな!

 この後、不逞の輩は、厳罰に致す!」

 

大蔵も夏の勤番交代の時に京に上る事になりました。

大蔵は尚之助に相談に来たとの事でしたが、八重に何か言いたそうでした。

大蔵「上洛の前に・・・私はその・・・」

尚之助が来たので、その続きは話しませんでした。

  

大蔵は八重が好きそうだから、上洛の前に八重と結婚したかったのではないでしょうか??

八重は、それより兄の事で頭が一杯です。

取り締まりが強化されると聞いて、兄の帰りもまだまだだとがっかりしました。

尚之助は、恐れていた事になりつつあると、危惧しました。

尚之助「強い力を持つ者は、初めは讃えられ、次に、恐れられ、末は、憎しみの的となる」

八重「会津が憎まれる?

 幕府のお指図で朝廷さ、お守りしているのに。

 はるばる都まで行って働いておられるのに。

 そったごど、あるはずがねえ。会津が憎まれるなんて・・・」

  

八重の考えるのが普通ですが、尚之助の言う通りになりそうですね(汗)

今回は、京の様子と会津の八重周辺の様子が交互に描かれました。

結構、八重も登場したのに、話の中心は京で、この配分、良かったと思います。

覚馬は今回、控え目で、容保と修理が中心でした。

修理も将来、気の毒な人なんですよね(汗)

  

次回は、「ままならぬ思い」

壬生浪士組(新選組)がどう描かれるのか、楽しみです♪(^^)

  

【第7回あらすじ】 (Yahoo TVより)

覚馬(西島秀俊)が八重(綾瀬はるか)や尚之助(長谷川博己)たちの元から離れ、容保(綾野剛)に追随して京へと旅立つ時が迫っていた。八重と三郎(工藤阿須加)は覚馬に、留守の間は自分たちが家を守ると宣言。権八(松重豊)や佐久(風吹ジュン)、うら(長谷川京子)も覚馬を思い、京へと送り出す。京では攘夷(じょうい)を唱える浪士たちによる‘天誅(てんちゅう)'騒ぎが相次ぎ、不穏な空気に覆われていた。安寧を祈る孝明天皇(市川染五郎)は容保を気に入り、自らの衣を特別に授ける。容保はその期待に応えようと、攘夷派の言い分にもあえて耳を貸し、穏やかに事を収めていく方策を取ろうとする。しかし、攘夷派の真の狙いが討幕にあることを悟った容保は一転、厳罰を軸とした強硬策に乗り出す。

  

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]21.4%  [第2回]18.8%  [第3回]18.1%  [第4回]18.2%

第5回]18.1%  [第6回]15.3%  [第7回]17.5%

  

公式HP・次回粗筋

  


【蔵元直送】【福島の地酒】「ならぬことはならぬものです」【八重の桜限定カートン】3本セット

 

  

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

【信長のシェフ】第6話感想と視聴率

「姉川の戦いを焼肉で勝利せよ!最凶の敵登場!!」

「焼肉で姉川の戦いに勝て!!平成の恋人は…戦国のパティシエ!?」

第6話の視聴率は、前回の10.9%より少し下がって、10.7%でした。

ケンが時折思い出す平成の謎の女・瑤子(香椎由宇)、信長の敵、石山本願寺の顕如(市川猿之助)の元にいました。

「木苺ソースのパンナコッタ」や「和栗のモンブラン」など、お菓子ばかりだから、どうやら、パティシエールのようですね。

ケンの方がいろいろな料理を作れて役に立つかも?(^^)

今回は、彼女、あまりセリフがなくて、どんな女性なのか、よく分かりませんでした(汗)

予告編では、ケンに抱き着いていましたが、やはり平成の恋人?

次回は、早くも「本能寺の変?!」みたいな予告でしたが・・・

歴史的には、今回の「姉川の戦い」は、1570年7月30日で、「本能寺の変」は1582年6月21日なので、まだ、12年先の筈ですが(汗)

このドラマは今まで、ケンが料理で史実通りになるよう進める、または、史実と違ったようになりそうになるのをケンが料理で、史実に戻すような作りになっています。

だから、きっと「本能寺の変」も史実より早く起こってしまいそうになるのを、ケンが料理で阻止するのではないでしょうか?(^^)

最終回は3月1日か8日かよく分かりませんが、少なくとも次回は最終回ではないです(3月8日が最終回だと分かりました←2/22追加)

 

今回は姉川の戦い、浅井・朝倉勢に織田軍が押されていたのを、戻ってきたばかりのケンが焼き肉の匂いで敵の兵士の戦意を削ぎました。

織田軍は職業軍人で構成されているが、浅井・浅倉軍の大半は農民。

今はアドレナリンで麻痺しているかもしれないが、実際は平常心でいられるはずがない。農耕用の牛や馬を食べる事は禁じられている農民達にとって、田畑を荒らす害獣の鹿や猪はご馳走に違いない。

日常の臭いで一瞬でも我に返ってしまったら、痛みは体を縛り、恐怖は心を縛るだろう。

そうなったら、もう動けない。

風がなかったけれど、急いで焼肉の準備をし、信長の方まで、敵軍が侵攻しそうになってきた直前で、いい風が吹きました。

 

信長「さあ、ケンよ。浅井・浅倉の兵どもにたっぷり食わせてやるがいい!」

ケン「よし。いけ!いけ!」と皆に命じて、沢山の鍋で一気に焼肉を作り、その匂いを敵軍に届けました。

そして、信長の笑い声が響き渡りました。

焼肉の匂いと信長の笑い声で、敵軍が恐怖に駆られて・・・

戦いの流れが変わり、織田軍が優勢になりました。

丁度、徳川家康の援軍も来て、徳川軍の奇襲を受けた浅倉軍は敗走。

三方を囲まれてしまったので、浅井軍も撤退しました。

「戦術の要は心の戦」という訳で、それをついた策でした。

でも、本当に、匂いで戦意が喪失するものでしょうか?

これはちょっと?でした(汗)

  

ようやく信長は、ケンに「よくぞ戻った」と褒めてくれました♪

信長「褒美として、家と農地をくれてやろう」

 

ケン、良かったですね♪

最後の方で、ケンは夏に、

「お館様が家と農地を与えてくださった。だから、そこで俺と一緒に暮らさないか」と言いました♪

これはプロポーズみたいなものですね♪(^^)

夏(驚いて照れて)「そんな事、いきなり言われても・・・」

ケン「返事は今じゃなくていいから」

夏「うん。分かった」

 

返事、即答した方が良かったかも?(^^;)

次回は、ケン、瑤子と会ってしまいそうなので、複雑になってしまうかも?(^^;)

  

ドラマ中盤、姉川の戦い直後に戻ります。

大阪・摂津・石山本願寺に信長からの書簡が届きました。

信長はこの本山を明け渡せと言ってきたと、顕如は瑤子に言いました。

瑤子は、それには答えず、「和栗のモンブラン」を顕如に出しました。

書簡の返事はよくなかったよう(汗)

信長「坊主だからと言って見過ごす訳にはいくまい。

 何しろ奴の一言で何十万もの一向一揆が蜂起するのだからな。

 そうなれば、浅井・浅倉など遥かに凌ぐ強敵となる。

 可成、石山本願寺の大軍を制するには大量の鉄砲が必要じゃ。

 おぬし、ケンを連れて、堺へ行き、鉄砲と火薬を買い占めて来い」

  

堺では町の施策を商人達の合議で決めます。

その自治を決める豪商の集まりが納屋衆です。

つまり、堺の町を仕切る商人達です。

信長「もしも、納屋衆が渋るようなら、おぬしの料理で屈服させろ。いいな」

 

夏も納屋衆を知らなかったので、ケンが説明しました。

ケン「貿易で儲ける富裕層ってところかな。

 こりゃ、地方の大名より、余程グルメかもしれないな」

 

可成とケンと夏、楓が堺に行きました。

堺は日本一の鉄砲生産地であり、そこは南蛮や明との貿易で大金が渦巻き、堀で囲まれた町はさながら城を思わせる造りでした。

楓も女らしい服装で同行。

門に着いた途端、堺の納屋衆の今井宗久(渡辺いっけい)が来ました。

宗久は、火薬や鉄砲を扱う商人で、「死の商人」と巷では呼ばれているとの事。

楓の尻を触り、親密な関係のようです。

それを見て、ケンはすぐに楓の服装、この海外貿易港の情報を色仕掛けで得るためだったと分かりました(^^;)

宗久は楓と寝ましたが、楓が心ここにあらずのようで、きっとケンが好きなのではないかと思い、嫉妬。なんとか懲らしめてやろうと思いました。

それで堺の鉄砲を全部買い占めたいというのを断りたくて・・・

ケンは料理でもてなすと言いましたが、田舎臭い料理が食べられるかと拒否。

丁度、千宗易(後の千利休:大和田獏)が来て、「やらせてみたらいい」と。

パオンを作るよう言いました。

宗易「もし、おぬしがパアデレの物と同じパオンを作る事ができたなら・・・堺中の鉄砲を譲ってやるという事でいかがですかな?」

パオンとはポルトガル語で、パンの事でした。

ケンは承諾。

宗久は断る口実ができたと喜びました。

私は、千宗易(千利休)、茶人なのに、納屋衆の中にいて、驚きました(汗)

 

パオンを膨らませる酵母は酒粕で作れるはずでした。

でも、小麦粉は売ってくれましたが、どこも酒粕を売ってくれませんでした。

やり方、汚いですね(汗)

楓は自分が盗んでくると言いましたが、それは拒否。

ケンはいろいろと考え、ゴミ捨て場もあさり、ゴミ捨て場にあった黒いバナナを見つけました。

関係ないですが、バナナを最初に食べた日本人は信長だそうです。

バナナは発酵力が強いので、アフリカではバナナで酒を作るそうです。

バナナを潰して水と混ぜ、3日寝かせて天然酵母を作りました。

夏が石釜を作り、それでパンを焼きました。

  

うまくパオンができ、集まった納屋衆に食べて貰いました。

皆、うまいと大絶賛。

でも宗久は断りたいので・・・

宗久「確かにうまい。しかし、残念ながらこれはパアデレから貰ったパオンとは・・・」

宗易「同じである」

宗久「(驚き)宗易はん・・・」

宗易「パオンは主であるデウスの肉体を意味すると聞いた。

 言ってみれば、パオンは我々の飯と同じ神聖な食べ物。

 うまい物はうまい。嘘を言って弄ぶのはよくない。

 これはパアデレから貰った物と同じである」

他の人は・・・

「同じや。同じどころかこっちの方がうまいで」とか「うまい」「千の言う通りや」と皆、絶賛。

仕方なく、宗久も折れました。

宗久「堺にある鉄砲と火薬、全て織田家に譲る事とする」

可成「ありがとうございます」

ケンと夏も頭を下げました。

 

これで武器を調達できて良かったです。

その知らせはすぐに、顕如にも届きました。

顕如は瑤子に言いました。

顕如「どうやら織田家は鉄砲の買い付けに成功したようですね。

 噂に聞く信長の料理人の働きによって。

 名は確か・・・ケン」

瑤子「ケン・・・」

顕如「信長がどんな策を講じようと、この石山本願寺は落ちぬ。

 瑤子、おまえが私の傍にいる限りな」

瑤子、無表情で頷く。

  

これは顕如、瑤子が未来から来た人間だと知っているようですね。

そうすると、その知識を悪用して、本能寺の変を早めようとする可能性はありますね(汗)

どうなることやら?

クライマックスの新展開、楽しみです♪(^^)

  

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]11.6%  [第2話]9.9%  [第3話]10.1%  [第4話]11.3%

第5話]10.9%  [第6話]10.7%

  

公式HP・次回あらすじ

公式HP・主題歌CDプレゼント応募←締切:2月22日(金)夜11:59

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2013年2月16日 (土)

【純と愛】第19週視聴率と第20週(2/10~2/16)感想

2/20(水)のスタパに、『純と愛』タイトル画&「ねむり姫」原画作者の荒井良二さんが出演予定です。

私が注目していた先週の関東の週間最高視聴率、18.8%(2/6(水))で、初回視聴率を超える事はできませんでした。

この日の内容は、昔のラブレターを読んだ善行は、今度こそ一緒に宮古島に戻って、晴海の面倒を見ようと決心。でも、晴海は行方不明に。善行は港で晴海を見つけましたが、晴海は海に落ちてしまいました。

北海道の週間最高視聴率は、13.7%で、週間最高視聴率としては、これまでの最低でした(汗)

北海道では盛り下がってしまったようです(汗)

関西は、16.9%(2/9(金))で、お葬式が終わって、皆で出汁巻き卵を食べる回でした。

にょえさん、三連星さん、関西と北海道の視聴率情報、ありがとうございました♪

  

そして、今週は「里や」の経営難で、閉店して建物を取られてしまう危機を、愛ママ・多恵子の活躍で、なんとか乗り越えました。

純も皆の協力で、1ヶ月でお客さんを一杯にして、経営を立て直しました。

本当に、経営状況、よくなったのかな?

お客さんは一杯になっても、正や愛や誠、その上、謙次さんまで加わり、人件費、かかりすぎでは?(汗)

  

それよりも印象的だったのは、多恵子さんも夫のように耳鳴りがして、誠のように臭いが臭くてたまらなかったとの事。

やっぱりね。

というか、私はこれに愛の分の本性が見える特殊能力もあるのではないかと予想してましたが、それはないようです。

とにかく、多恵子も特殊能力が複数ありました。

多恵子「そんなもんに負けてどうするのよ」

多恵子さんらしいですね(^^)

いつも強い多恵子ですが、先週、夫から離婚届を渡されたからか、今週冒頭から元気がなくて・・・

でも、父の死で純が落ちこんでいないか、様子を見るために来てくれたようです。

根は優しいんですよね♪(^^)

素直に言葉で言わないだけで(^^;)

「里や」に誠と共に来ましたが、元気がなくて塞いでいて・・・

 

土曜日、ようやく元気になって、ボス(サトさん)が連れてきた暴力団風の男達がここを自分達の事務所にすると言ったのを追い払ってくれました。

  

多恵子「ちょっと借用書見せてくれる?」と、男から借用書を取る。

男「何すんねん、あんた」

多恵子(借用書を見て)「そもそも、あなた達、抵当権者でもないじゃない。

 だったら、ルールに乗っ取って、訴訟を起こし、判決勝ち取ってからでないと、明け渡し求めるなんてできない筈よ。

 ついでに言っとくけど、あんた達が昔、悪徳なやり方で強制退去や不法占拠したのを散々、とっちめた事があるんだけど。覚えてるかしら?私の事」

と、名刺を差し出し見せる。

男「やば。待田法律事務所。かなわんな」

男達は、立ち去りました。

ようやく、いつもの多恵子さんが復活して素敵でした♪

このドラマでは数少ない人気キャラかも?

私も最近、愛ママ、好きです♪(^^)

若村麻由美さん、『科捜研の女』では監察医の風丘早月教授で、2008年から出演しています。

できる女が似あいますね♪

  

純は、「里や」をお客さんで一杯にするために、いろいろ考えました。

・国家資格を持つイケメン正のゴッドハンドマッサージ

・セクシーさんの華麗に変身ヘアメイク

・待田愛の奇跡のメニュー(どんなリクエストにもお応えします)

・チュルチュルの人間ジュークボックス

 (あなたの思い出の曲を言っていただければ、彼女がすぐに歌います)

・待田謙次の法律相談

・待田誠の「におい占い」

そして、ロビー等、1階フロアをマリヤのセンスで変えました。

客室も2段ベッドにしたりして、改装。

  

宣伝の動画をネットに載せたら、途端に予約が一杯になったようです。

できすぎでは?(汗)

  

今までのオオサキの件、ホテルサザンアイランドと段々、話ががっかりする展開になってきてしまいました(汗)

思えば、最初のオオサキの件が甘くなくて、リアルで、一番良かったです。

 

サトさんは、開かずの間の大事な資料まで純に譲りました。

夫が遺してくれたホテルに関する資料や、知り合った人達の連絡先等とかです。

すっかり純とその一族が「里や」を乗っ取ったような雰囲気でした(汗)

 

一見、純の頑張りで、「里や」が復活したように見えましたが、

多恵子が借金を肩代わりしてくれたお蔭ですね。

今週は、愛ママファンは満足の週だったかも?(^^)

  

最後の語り

「お父ちゃん、おじい、もうすぐ本当に魔法の国ができるような気がしてきたよ、あたし」

  

こんな簡単に再建できるはずはないでしょうと違和感がありましたが・・・

案の定、予告編で、来週は「里や」、燃えるみたいでしたね(^^;)

火事というと、『おひさま』を思い出します。

『おひさま』も家族の死(母の病死と兄の戦死)とか、家が火事にあったりとか、不孝で盛り上げました(汗)

嫁入り先の老舗の蕎麦屋が焼けてしまったために、ヒロインの故郷・安曇野へ行き、ヒロインの夢の通りの蕎麦屋ができました(汗)

このドラマも似た戦略で視聴率アップを謀り、ヒロインの夢が叶うのでしょうか?(^^;)

  

それはともかく、サザンアイランドにお金を貸してくれた大先社長とか、

善行にお金を貸した謙次とか、

今度の多恵子さんの借金肩代わりとか、

狩野家関係に、お金を貸した人、皆、回収できそうもないですね(汗)

せめて、大先社長には、サザンアイランドホテルを売った時に借金を返してありますように。

待田家が破産しないか心配です(汗)

 

【視聴率推移】 (週間最高視聴率)

                  関東          関西        北海道

初回視聴率(10/1(月))   19.8%           16.2%

第1週「まほうのくに」   19.8%(10/1(月))   18.4%(10/2(火))  16.0%(10/6(土))

第2週「本当のかお」18.6%(10/10(水),10/12(金)) 17.4%(10/10(水)) 16.9%(10/13(土))

第3週「しんじるこころ」  19.4%(10/15(月))   17.2%(10/15(月)) 16.2%(10/16(火))

第4週「ねむりひめ」 18.0%(10/25(木)) 16.3%(10/23(火),24(水),26(金)) 14.3%(10/25(木))

第5週「きたかぜとたいよう」 17.5%(11/2(金))   18.2%(10/30(火))  13.8%(?)

第6週「らぶすとーりー」    17.3%(11/9(金))   17.0%((11/9(金))  13.7%(11/9(金))

第7週「けっこんしようよ」   18.4%(11/12(月))  18.0%(11/12(月))  14.3%

第8週「まもってあげたい」  18.1%(11/19(月)) 16.8%(11/21(水))   16.7%

第9週「はっぴーうぇでぃんぐ」17.3%(11/26(月)) 18.1%(11/26(月))  15.4%(12/1(土))

第10週「すーぱーまん」17.8%(12/3月&12/5水) 16.6%(12/3月&12/4火) 14.7%(12/8土)

第11週「やめないでぇ」    18.1%(12/10(月))  16.4%(12/14(金))  14.6%(12/14(金))  

第12週「さいしゅうけっせん」18.3%(12/17(月)) 17.5%(12/17(月))  15.8%(12/18(火))

第13週「きせきのくりすます」17.4%(12/27(木)) 16.6%(12/28(金))  15.3%(12/25(火))

第14週「しんねんのちかい」 15.4%(1/5(土))     ?        13.8%

第15週「あかずのま」    17.4%(1/7(月))  16.0%(1/7(月))  14.7%(1/12(土))

第16週「あいがつたわる」  18.3%(1/18(金))  16.4%(1/18(金))  14.3%(1/15(火))

第17週「えいえんのあい?」 18.4%(1/24(木))  16.4%(1/21(月))  14.6%(1/25(金)) 

第18週「えがおのゆくえ」   18.0%(1/30(水)) 16.2%(1/30(水))  15.3%(2/1(金))

第19週「おもいよとどけ」   18.8%(2/6(水))  16.9%(2/9(金))  13.7%(?)

第20週「まほうのことば」

  

週間視聴率ランキング(ビデオリサーチ)

日々の視聴率サイト

  

公式HP・愛は見た!(愛の目線で第21週の見どころ紹介) 

公式HP・「里や」の愉快な仲間達・対談(前編)

 

【過去レビュー・リンク】

第18週(1/28~2/2)&第17週視聴率

第19週(2/4~2/9)&第18週視聴率

  

【過去の日別あらすじ】

第19週(第104~109回)(2/4(月)~2/9(土))

第20週(第110~115回)(2/11(月)~2/16(土))

第21週(第116~121回)(2/18(月)~2/23(土))

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

(ネタバレ)【純と愛】第21週・日別粗筋(2/18~2/23)

2/20(水)のスタパに、『純と愛』タイトル画&「ねむり姫」原画作者の荒井良二さんが出演予定です。

これは、来週(第21週)「えんむすび」の日別あらすじです。

来週は、「里や」が火事で焼失!

『おひさま』を思い出します(^^;)

  

<日別あらすじ 第21週(第116~121回)(2/18(月)~2/23(土))> (Yahooテレビより)

第116回[2/18(月)]

五感に快感をもたらす場として売り出した新生里やは客足も順調だ。宿泊客の火野美矢(菜葉菜)が、同じく宿泊客の水田寛治(水橋研二)にひかれていると感じた純(夏菜)は、協力を申し出てキューピッド役を演じようとする。どうやら寛治にもその気はあるようだが、正(速水もこみち)がマッサージしながら尋ねてみると、何やら結婚できない理由があるらしい。里やのみんなの協力もあって、ようやく美矢は寛治に話しかけるが...。

第117回[2/19(火)]

仲の良さそうな美矢(菜葉菜)と寛治(水橋研二)の2人を見て、うらやましそうな忍(田中要次)に"サト(余貴美子)に告白しろ"と純(夏菜)と愛(風間俊介)がけしかける。なぜ忍を身近に置くのか問われたサトは、亡夫に三線(さんしん)と忍だけは手放すなと言われたと明かす。一方笑わない客・秋代(朝加真由美)は美矢と寛治を見てうまくいかないと断言。ある日、美矢は思い切って自分とつきあってほしいと寛治に告白し...。

第118回[2/20(水)]

寛治(水橋研二)は美矢(菜葉菜)を介護施設へ連れて行き、自分には介護が必要な父親がいることを明かす。だが美矢は、それでも一緒になると言う。話は急速に進み2人は里やで結婚式を挙げることになる。サト(余貴美子)はここぞとばかりに張り切って、2人のなれ初めをビデオ作品に仕上げようとメガホンを取る。里やのみんなや純(夏菜)はそれぞれに充実した気分で準備にあたっていた。ところが深刻な顔で美矢がやって来て...。

第119回[2/21(木)]

結婚できない...美矢(菜葉菜)の言葉に驚く純(夏菜)だったが、理由を問いただす前に寛治(水橋研二)が来て、式は始まってしまう。披露パーティーで乾杯だけと言って飲み始めた美矢は、杯を重ねると酔って異常なほどハシャギ、たしなめられると今度は居直って、寛治の父親や家業を侮蔑するような発言をする。強度の酒乱だったのだ。酔いがさめ、結婚は白紙にという手紙に絶望した美矢は、また酒ビンに手を伸ばしてしまい...。

第120回[2/22(金)]

里やの食堂で眠っていた純(夏菜)は、異臭と警報で目を覚ます。美矢(菜葉菜)が酔って寝ぼけながら吸ったタバコの不始末が原因の火事だった。客や従業員を皆逃がし、美矢を背負って助けた純だったが、火の勢いは強まる一方。忍(田中要次)がサト(余貴美子)の三線(さんしん)だけは持ち出すが、あとは里やが燃え落ちていくのを見守るしかなかった。病室で目を覚まし、自分も死ねば良かったと泣く美矢に純は怒りを爆発させる。

第121回[2/23(土)]

黒焦げになった里やの前で純(夏菜)たちは途方に暮れる。里やの中では眠り姫の絵本だけが奇跡的に残っていた。家に帰り、オオサキプラザのプレートやサザンアイランドの遺物、里やで撮った写真を見て、純は"なぜ自分が関わるホテルはすべて消えて行ってしまうのか"と笑ってしまう。愛(風間俊介)も理不尽な運命に対するやり場のない怒りをあらわにする。そして晴海(森下愛子)が来て純に言葉をかけた時、純は初めて号泣する。

  

公式HP・愛は見た!(愛の目線で第21週の見どころ紹介)

公式HP・「里や」の愉快な仲間達・対談(前編)

  

【過去レビュー・リンク】 (感想・あらすじなど)

第11週(12/10~12/15)&第10週視聴率

第12週(12/17~12/22)&第11週視聴率

第13週(12/24~12/28)&第12週視聴率

第14週(1/4~1/5) &新登場人物紹介

第15週(1/7~1/12)&第13週視聴率

第16週(1/14~1/19)&第14週視聴率

第17週(1/21~1/26)&第15・16週視聴率

第18週(1/28~2/2)&第17週視聴率

第19週(2/4~2/9)&第18週視聴率

  

【過去の日別あらすじ】

第11週(第61~66回)(12/10(月)~12/15(土))

第12週(第67~72回)(12/17(月)~12/22(土))

第13週(第73~77回)(12/24(月)~12/28(金))

第14週(第78~79回)(1/4(金)~1/5(土))

第15週(第80~85回)(1/7(月)~1/12(土))

第16週(第86~91回)(1/14(月)~1/19(土))

第17週(第92~97回)(1/21(月)~1/26(土))

第18週(第98~103回)(1/28(月)~2/2(土))

第19週(第104~109回)(2/4(月)~2/9(土))

第20週(第110~115回)(2/11(月)~2/16(土))

  


【送料無料】ねむりひめ [ 荒井良二 ]


おはなしのたからばこ7 【1000円以上送料無料】白雪姫 グリム童話/岩瀬成子/荒井良二


ブックマーク/しおり/ 荒井良二 ブックマーカー

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2013年2月14日 (木)

【相棒season11】第15話感想と視聴率&鈴木杏樹さん夫の通夜

相棒Eleven』第15話「同窓会」

鈴木杏樹さん(43)の夫で、今月1日に亡くなった外科医の山形基夫さん(享年56歳)の通夜が13日、東京・築地本願寺で営まれたそうです。

水谷豊さんや成宮寛貴さん、真飛聖さんなども出席されたそうです。

山形さんは数年前から内臓に持病を抱えていて、1月下旬に手術のために渡米したが、手術前に容体が急変。

杏樹さんは1日未明、生放送のテレビ番組出演のため、局に向かう際に危篤を知らされ、番組中に「意識がない」と連絡を受けたそうです。

番組終了後に電話。医師が電話を山形さんの耳にあて、杏樹さんが「基夫さん、ありがとう。頑張ったね」と語りかけたのが最後となった。杏樹さんは「お医者さんから『その瞬間、ちょっと笑っていたようだった』と聞き、胸にきました」と涙を流した。(Yahooニュースより)

鈴木杏樹さんの御主人、亡くなられたのを知らなかったので、驚きました。

56歳なんて、まだ若いですね。

生放送って、「ZIP!」でしょうね。

米国は遠いし、「相棒11」の撮影もあったでしょうし、危篤に飛んで行けなくて、杏樹さん、もどかしかったでしょう。

謹んでお悔やみ申し上げます。

  

第15話の視聴率は、前回の17.1%より下がって、15.4%でした。

私は結構、良かったと思ったので、こんなに下がるとはびっくりでした。

   

【第15話あらすじ】 (公式HPより)

右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)が歩いていると、一人の老人が右京に「吉村君ではありませんか?」と声を掛けてきた。岩田(近藤正臣)というその老人は元教師で、40年前に廃校になった中学の写真部の同窓会に行く途中だった。同行する元部員の佳奈子(川俣しのぶ)によると、この日欠席の吉村(野添義弘)と間違えているらしい。吉村の古い写真を見せてもらうと、右京とは似ていないのだが...。右京は佳奈子らに頼まれ、吉村になりすまして同窓会に出席することに...。

 会場の日本料理店で座が盛り上がってきた頃、元部員たちから岩田先生にプレゼントがあるという。喜びを露にする岩田だったが、ふと右京が回りを見るともう一つ袋が残っている。元部員の仲川(志垣太郎)によると、仲居さんが玄関に置いてあったと持ってきてくれたとか。どうやら欠席の吉村がプレゼントだけ置いて帰ったらしい。右京はその吉村に成り代わり、プレゼントを渡そうとするが、中には...。

 ひと騒動のあと、捜査一課の刑事らが岩田や部員たちに事情をきくと、40年前の撮影旅行の際、写真部の副顧問をしていた女性教師が事故死していた事実がわかる...。さらには同級生の一人が「姫小百合」という作者が投稿した短歌などを掲載した最近の新聞の切り抜きを持っているのが見つかるのだが...。
 40年前の女性教師の事故死はなぜ起こったのか? また「姫小百合」の短歌に隠された秘密とは?

ゲスト: 近藤正臣 志垣太郎

脚本: 金井寛
監督: 和泉聖治

* * *

知らない人ばかりの同級会に、頼まれたといえ、右京さん、よく出席しましたね。

私は人見知りなので、駄目です(汗)

40年前に廃校になった中学の写真部の同窓会。

たまたま道で、右京さんは、岩田元先生(近藤正臣)に「吉村君」と呼び止められてしまいました。

先生が間違えているようなので、吉村という人の代わりに出席してほしいと元部員達に頼まれて出席しました。

カイトもその料亭みたいな所へ行って、一人で隣の部屋で飲んでて・・・

よく帰らず、隣の部屋に来ましたね(^^;)

 

その同窓会で、岩田先生にプレゼントをあげる事になり、皆、それぞれ渡しました。

玄関に置かれていたという紙袋、同窓会で先生に渡して下さいと書いてあったので、きっと吉村からだろうと、幹事の仲川(志垣太郎)から渡され、右京さんが渡す事に。

でも、渡そうと中を見たら、爆発物でした(汗)

袋から出すと爆発する仕掛けになっていたとの事。

この辺までは、とても面白かったです(^^)

爆発物処理班を呼んで、事なきを得たのですが、そのせいで、辻さんが心臓発作で具合が悪くなって救急車で運ばれました。

それから犯人を捜すことに。

  

40年前、写真部副顧問の間宮寿子先生が崖から落ちて死んだ話が出てきました。

遠山、仲川、辻と、間宮先生が、山に撮影旅行に行き、

佳奈子、恭子、吉村と岩田先生は、海に撮影旅行に行きました。

岩田と間宮は付き合っていたので、仲川達3人が一人危険な場所に行ったと間宮先生を騙して、捜しに行かせました。

ちょっとした意地悪のつもりでしたが、間宮は崖から落ちてしまいました。

自分達が騙したせいだと良心の呵責を感じながらも、今まで40年間、秘めたままでした。

でも、最近、新聞の短歌の欄に下記の句が載りました。

「在りし君思ひて山を見上ぐれば つゆ遥かなる夏ぞ忘れぬ   姫小百合」

これを辻が見つけ、岩田先生はまだ間宮先生を愛しているので、結婚もしなかったのだろうと思い、自分達の行為を秘密にしていた事を後悔して、先生に真実を話し、謝りました。

そして、他の皆にも同窓会で暴露して謝るつもりだと、仲川に言いました。

でも、仲川は弁護士だし、選挙にも立候補を控えていたので、言う事を反対。

仲川と辻が対立していた事を、失業してから岩田の所に時々、通うようになっていた吉村が岩田先生に話しました。

つまり、本当は、岩田先生は吉村を知っていました。

吉村は失業中で、離婚して家族もいないので恥ずかしく、仕事と偽って、出席しませんでした。

岩田先生はそれを知っていて、代わりに、他人を参加させて、辻が同窓会で暴露するのを阻止しようとしたのでした。

でも、爆発物があったので、岩田先生、部員の誰かが爆発物の犯人だと思い、自分が罪を被ろうと思って、爆発物の材料となる肥料が自宅の納屋にあるのを右京達にわざと見せました。

よく爆発物の材料、知っていましたね(汗)

この辺までは、いい先生みたいに見えましたが・・・

  

実は、40年前の事故の時、岩田と間宮は間宮のお見合いの事で喧嘩していました。

間宮は崖に生徒を捜しに行った時に、姫小百合を見つけて、それを撮影中に足を滑らせて、亡くなったのだろうと・・・

間宮の遺品のカメラの中にフィルムがあり、それを両親に頼んで、岩田自身が現像しました。

その最後の写真が姫小百合でした。

岩田が間宮に好きだと告白した時に、その花を渡しました。

だからきっと、彼女はその姫小百合の写真を岩田に渡して、仲直りしようと思ったのではないかと岩田は思い、自分のせいで彼女が亡くなったと思っていました。

でも、彼も誰にも言いませんでした。

辻から自分達のせいだと告白された時も、「もう気に止むことはない」と言っただけで、「違う。自分のせいだ」と言う事ができませんでした。

この告白された時に言うべきでしたよね。

結局、彼も罪の意識を感じながらも自分の保身が第一でした(汗)

でも、実際は、彼女の不注意の転落死なんだから、ここまで隠す必要ないと思うんですが(汗)

  

結局、このドラマの登場人物は、いい人、誰もいませんでしたね(汗)

間宮先生も生徒を捜しに行った筈が、自分の恋人の事を考えて写真撮ってたし・・・

佳奈子と恭子も当時、吉村をいじめてたみたいで・・・(汗)

吉村がどんな生徒だったか伊丹達に聞かれ、

佳奈子「皆のペットっていうのかな。いつも皆にからかわれて」

いじめてたのかと言われて、

恭子「いじめてなんていません。からかってただけです」

それ、十分、いじめだと思います(汗)

  

結局、爆発物の犯人は、仲川の浮気相手の森田文恵、同窓会の会場だった店の中居でした。

こういう全然違う人が犯人というパターンの話、時々ありますね(^^;)

それはともかく、自宅のDKで仲川の頭を物で殴ったら、かなり血が飛び散りそうですが(汗)

よくそのDKに右京さん達を通しましたね(^^;)

DKにも引きずった筈の部屋にも血の跡が全然なくて、押し入れみたいな所に仲川を隠していて、まだ生きていたなんて、杜撰でした(^^;)

携帯が近くで鳴る前に、血で気付きそうでした(^^;)

  

という訳で、突っ込みどころは多く、一見、いい人そうだった岩田先生も仲川もイマイチで、当然、犯人の中居も嫌な人で・・・

せめて、岩田先生だけでも最後までいい人にしてほしかったです。

これから皆に真相を言うそうです。

出だしは、とても良かったですが、見終わり感はちょっと残念でした。

でも、近藤正臣さんは、いい味を出していて、素敵でした♪(^^)

   

【視聴率推移】 (視聴率は関東地区)

[第1話]19.9%   [第2話]17.3%   [第3話]16.5%  [第4話]15.0%

[第5話]15.4%   [第6話]16.4%   [第7話]15.7%  [第8話]14.0%

[第9話]17.2%   [第10話]17.8%  [第11話](元日SP)17.4%

第12話]19.4%  [第13話]15.0%  [第14話]17.1%

[第15話]15.4%

  

公式HP・次回あらすじ

  

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

【ビブリア古書堂の事件手帖】第5話視聴率と感想

<『時計じかけのオレンジ』アントニイ・バージェス作>

「今回は2つの結末!?名門女学館で怪事件」

第5話の視聴率は、前回の11.6%より少し下がって、11.5%でした。

まだ一度も前回より上がった事がないので、次回は少しでも上がってほしいものです。

『時計じかけのオレンジ』、昔、スタンリー・キューブリック監督の同名映画を見たような気がしますが、内容、全然、覚えてないです(汗)

まさか、原作、最終章がカットされてたなんて、知りませんでした。

最初に発売されたものは、なぜか諸事情で最終章がカットされて、キューブリック監督の映画は、それに沿って描かれていたとの事。

その後、完全版が発売されたとの事ですが、ラストが違うと、読後の印象がかなり違うでしょう(^^;)

  

【第5話あらすじ】 (Yahooテレビより)

 篠川栞子(剛力彩芽)は、書籍を寄贈するため聖桜女学館を訪ねた。栞子を迎えたのは、図書委員の田辺美鈴(生田絵梨花)だった。書籍は、教員の杉浦(阿南敦子)により選別され数冊が「中学生には不適切」という理由で返却されてしまう。栞子は、文学的評価が高く、性描写や暴力描写があるだけで除外するのはもったいないと言うが、杉浦は最近もアントニイ・バージェスの「時計じかけのオレンジ」を読んで学校を批判する感想文を提出した生徒がいたと話す。  同じ頃、ビブリア古書堂に小菅奈緒(水野絵梨奈)がやってくる。奈緒は、志田肇(高橋克美)に借りた本を返しに来たのだが、志田はどこか沈んだ表情の奈緒を心配する。奈緒は、中学生の妹の結衣(森迫永依)がCDを万引きして捕まり、学校を停学になっていることを明かした。結衣は聖桜女学館に通う生徒だが、先日書いた読書感想文が学校で問題視され、母親が呼び出されることもあったと、五浦大輔(AKIRA)らに奈緒は話した。  その後、奈緒は学校から戻った栞子、大輔、志田に結衣の感想文を読ませた。それは「時計じかけのオレンジ」を読んで書かれたもので、善悪の常識について疑問を投げかけていた。それを聞いた藤波明生(鈴木浩介)は、万引きも本の影響だろう、と意地悪く言う。栞子は奈緒に、結衣はどこで「時計じかけのオレンジ」を購入したのかと聞く。インターネットの通販だと答えた奈緒に栞子は...。

* * *

冒頭の語り

「本や映画が子供達に与える心理的影響は非常に大きいとよく言われます。名作と言われる文学作品の中にも、過激な暴力描写や性描写を含む物は数多く存在していますが、それを読んで共感を得た子供は、いずれ同じような行動を取りかねない。そう考える事は、果たして正しいのでしょうか?」

 

これは、難しい問題ですね。

確かに、読んだ人が皆、同じように真似をするとは限らないですが、でも、悪い方に影響を受ける人も少なからずいるでしょう。

少しでも、その可能性が高くなるなら、私はやはり子供に見せてはいけない本というのはあると思います。

そのために「R-15」指定とかありますし・・・

  

小菅奈緒(水野絵梨奈)の妹の結衣(森迫永依)(私立聖桜女学館の中学生)が他人の読書感想文を書き写してしまって、東慶新聞のコンクールで最優秀賞を取りました。

でも、それが同級生の美鈴にばれてしまい、言わないでと口止め。

その見返りに、彼女の万引きの罪を被りました。

その元の感想文は、小学4年生だった時の栞子が書いた物でした。

「やっぱりね」と思いました(^^)

私は、中学生達の話より、栞子の感想文の方が興味がありました。

その感想文を書きます。

  

結衣の感想文(実は栞子が小学4年生の時に書いた物)

「時計じかけのオレンジを読んで

この本を読み終わって、私はすぐに『ベートーベンの第9交響曲』を聴いた。

本の中に何度も出てきたからだ。

思ったよりも長かったけれど、最後の合唱のところはすごく綺麗で、胸がワクワクした。

私はどういう話か知らずにこの本を買った。

機械と果物が出てくると思っていたら、どっちも出てこなかったので、びっくりした。

主人公のアレックスは、変な言葉で喋って、悪い事ばかりしている。

何をしても全然、反省しないで、仲間と音楽の話ばかりしている。

警察に捕まって、刑務所に入っても、悪い人間のままで、遂に、洗脳され、絶対に悪い事ができない性格になってしまう。

でも、いい人になってもアレックスは幸せにはならない。

今まで乱暴した人達から乱暴され、それでも自分の身を守る事もできず、俺は時計じかけのオレンジみたいじゃないかと叫ぶ。

時計みたいに決まった動きしかできなくなったのだ。

誰かに押し付けられていい人になっても本当にいい人になった事にならないと、作者は言っているような気がする。

それよりもまだ、悪い事をしている方が人間らしいかもしれない。

最後に、また、アレックスは病院で頭の中をいじられて、また悪人に戻る。

それもアレックスを利用して名声を欲しがっている大臣がそうさせるのだ。

この小説に本当の意味でいい人は一人も出てこない。

アレックスが心を許せるのは音楽だけだ。

病室で、大好きなベートーベンの第9交響曲を聴きながら、アレックスは地球が悲鳴を挙げているところを想像する。

私もその曲を聴きながら耳を澄ませる。

ひょっとすると、地球の悲鳴が聞こえるかもしれないと思って。」

  

「誰かに押し付けられていい人になっても、本当にいい人になった事にならない~。

それよりもまだ、悪い事をしている方が人間らしいかもしれない」

これは私も同感です♪

でも、藤波と大輔達の反応は・・・

  

大輔「これは・・・」

藤波「ヤバイでしょう。かなり・・・

 中学生でこれじゃ、先々、どんな大人になるか心配されても無理ないよね。 ねっ? ねっ?」

大輔「まあ・・・そうかもしれないですね」

藤波「万引きもこの本の影響でしょう。間違いない」

 

でも、万引きの犯人は美鈴で、感想文は栞子の書いた物でした(^^;)

栞子は、この時の大輔達の反応を見て、自分が書いた物だと言えなかったようです(^^;)

私は、言った方が良かったと思います。

少なくとも盗作した本人には知らせるべきでしょう。

栞子は、結衣達に、こう言っただけでした。

「バージェスはこう言っています。

私達は書いた物を削除する事はできる。しかし、書かなかった事にする事はできない。

結衣さんも感想文を写さなかった事にはできません」

 

これで、正直に先生に言ってくれればいいですが・・・

受賞したのも取り消しになってしまうし、辛いでしょう。

これだけでは言えるかどうか心配です。

栞子が書いた本人だと知れば、さすがに悪いと思って言うでしょうけれど(^^;)

それに、万引きはやっていないというのは、なかなか皆、分かってくれるかどうか・・・(汗)

万引きの真犯人の美鈴、したたかそうなので、知らないふりされるかも?(汗)

両方、彼女がやったと皆から思われそうで心配です(^^;)

最初から、盗作しては駄目ですね。

その代償は、かなり大きいでしょう。

  

最後に、栞子が雨の日、街頭の階段から蹴られて落とされてしまいました(汗)

派手に落ちましたが、予告編では栞子、ピンピンしてたので、大した事ないのでしょうね?(^^;)

今後のこちらの話、ようやく本格的に展開してくるでしょうか?

楽しみです♪(^^)

  

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]14.3%   [第2話]12.2%   [第3話]12.0%   [第4話]11.6%

[第5話]11.5%

  

公式HP・書籍紹介「時計じかけのオレンジ」

公式HP・第5話詳細あらすじ

公式HP・次回予告

  


【送料無料】時計じかけのオレンジ [ マルコム・マクダウェル ](DVD)

  

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

今日はバレンタイン♪

今夜のテレ朝の『科捜研の女』第5話、権藤役の高橋光臣さん(梅ちゃんの元恋人)が殉職するそうです。

今夜のあらすじは、こちらです。

  

一昨日、昨日とコメントのお返事に絞りましたが、まだ最新までに追いついていません(汗)

すみませんm(__)m

今日は、「ビブリア古書堂の事件手帖」と「相棒11」のレビューをこの後、書くつもりなので、お返事は、その後、続きを書きます。

  

今日は、バレンタイン。

私は夫にしか、あげませんでした。

でも、いろいろ沢山、買いました♪

メインは、小樽のルタオ「LeTAO」の通販で買った「モジョニエ アソート(10個入)」(3150円)です。

モジョニエ アソート(10個入)

その他、生チョコのロイヤルモンターニュ、ロイヤルモンターニュ ルージュなども一緒に注文。

ロイヤルモンターニュ3箱セット

数日前、近所のスーパーで、メリーのチョコ、「フラワークリスタル」(1050円)とウィスキーボンボン(1050円)も買いました。

今日は、夫が早く帰宅(本当は有給休暇なのに出勤)したので、一緒に、近所のシャトレーゼに行って、チョコではない、いろいろなお菓子を買いました。

ふんわり厚切りあまおう」(苺ロールケーキ)や、生チョコ大福、磯辺餅、アイス、シュークリームなど・・・

シャトレーゼ、とても混んでいました。

ふんわり厚切りあまおう」、おいしかったです♪

168円ですが、ショートケーキに負けない本格的な味でした♪(^^)

生チョコ大福2ヶ入り、バレンタイン用で可愛かったですが、まだ食べてません。

大抵、私も一緒に食べるので、楽しみです♪(^^)

以前は、ゴディバをあげた事も何年か続いたのですが、最近、辞めました(^^;)

皆さんはどんなチョコをあげましたか?(^^)

  

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2013年2月11日 (月)

【八重の桜】第6回感想と視聴率「会津の決意」

「会津の決意」

第6回の視聴率は、前回の18.1%より急落してしまい、15.3%でした(汗)

きっと裏の「四大陸フィギュアスケート選手権・女子シングルフリー」に食われてしまったのでしょう。

素晴らしかったのに、残念です。

  

京都守護職という大変なお役目、容保、皆の反対を押し切って、受けてしまいましたね。

これを受けるまでの松平春嶽(村上弘明)と容保、そして、頼母と容保のやりとり、緊迫感がありました。

特に、西田敏行さんと綾野剛さんのやりとり、どちらも名演技でした♪(^^)

これで会津藩の悲劇が始まってしまうんですね。

その重要な分かれ道でした。

  

井伊直弼が亡くなった後、彦根藩が10万石の減封処分を受けたなんて、びっくりです。

被害者側なのに、なぜ減封されてしまったのでしょう?

いくら尊王攘夷派に押されたとはいえ、頼母の言う通り、ほんと死に損ですね。

それを聞くと、水戸藩をお咎めなしにしたのは間違いだったのではないかと思うのですが(汗)

尊王攘夷派にとっては、都合のいい事だったので、容保の鶴の一声で、水戸藩への処分がなくなったのではないかと、思ってしまいました(^^;)

とにかく、井伊が殺された事によって、事態は一変しました。

薩摩の圧力により、政事総裁職と、将軍後見職が新設されました。

世継ぎ争いで負けていた徳川慶喜(小泉孝太郎)が将軍後見職になり、松平春嶽(村上弘明)が政事総裁職になりました。

本人達は、こんな職は不満なようですが、返り咲きの一歩でしょう。

江戸では勅命を携えた薩摩が、幕府に対し、将軍の上洛を迫りました。

春嶽は、上様ご上洛の前に不逞浪士どもを追い払うため、1日も早く京都守護職を置く事を慶喜に提案。

薩摩が立候補しているそうですが、慶喜は、薩摩は嫌だと言いました。

春嶽が、会津の容保が適役ではないかと提案。

彼が容保を説得しました。

京都守護職とは、都にばっこする浪士をかつてない強大な兵力で鎮めるという極めて重い役目で、新設されました。

容保、最初は固辞したのですが、春嶽に会津藩の御家訓を持ち出されて、断れなくされました(^^;)

 

春嶽「会津松平家には、藩祖・保科正行公が定められた土津公御家訓(はにつこうごかきん)なるものがあると聞きおよびまする。

御家訓には『徳川宗家に忠勤を尽くすべし』という一条があるとか。

ご下命に従わぬば、御家訓に背く事ではござりませぬか?」

 

それで受ける事にしてしまったようです(汗)

「土津公御家訓」とは、「会津家訓十五箇条」の事でしょう。

初代会津藩主・保科正之が寛文8年(1668年)4月11日に定めた、会津藩の憲法のようなものです。

保科正之は、2代将軍・秀忠の息子です。

母は正室の江ではなく、秀忠の乳母・大姥局(おおばのつぼね)の侍女・志津でした。

恐妻家の秀忠は江を恐れて正式には認知せず、正之を武田信玄の娘・見性院(けんしょういん)のもとにかくまいます。

その後、正之は7歳のときに高遠藩保科家に預けられ、後に養子となり高遠藩3万石を継ぎました。

江が産んだ子で3代将軍となった家光は、この異母弟の存在を知るや、山形藩20万石、その後会津藩23万石と南山御蔵入5万石を私領同然に預け、実質28万石の領主に引き立てました。

家光は聡明な正之をかわいがり、その死に際には枕もとへ呼び寄せて「徳川宗家を頼む」と言い残したとも伝わります。

家光の死後、正之は遺言どおり、4代将軍家綱の後見として幕政を支えました。

公式HPより引用)

  

実際の「会津家訓十五箇条」の第一文はこのようになっています。

「大君の儀、一心大切に忠勤に励み、他国の例をもって自ら処るべからず。

若し二心を懐かば、すなわち、我が子孫にあらず 面々決して従うべからず。」

この意味は、

「将軍家には忠勤を励むこと。他の藩を見て判断するな。

もし将軍家を裏切る藩主があれば、それは私の子孫ではないから、家臣はそれに従ってはならない」という徳川家への絶対的忠節を命ずるものでした。

  

容保は、先代の8代容敬(かたたか)の甥で、高須藩松平家から養子に入り、17歳で藩主の座を受け継ぎました。

そして、この頃、ようやく10年が経った頃でした。

養子だったので、いい藩主になろうとして、この家訓を大切にしたのかもしれませんね??

それとも、ただの生真面目?(汗)

もう200年も前の物だから関係ないと、春嶽に断る事ができたら良かったのに(汗)

    

会津藩の重臣達は、容保から京都守護職を受けると聞いて驚きました。

特に、頼母が大反対しました。

そのシーン、迫力があったので、書き写します。

  

田中「殿、どうか守護職拝命の儀、お断わり下されますよう・・・

 蝦夷の警護、房総の守備、品川砲台の守りと、大役を務めて参り、この上の京都出兵はとても耐えられませぬ」

容保「守護職のお役目、お受けする」

頼母「なんと・・・」と驚く。

横山「都のありさま、国元にも聞こえておろう。秋月・・・」

秋月「はっ。都は諸藩の武士で溢れかえっておりました。

 長州・土佐らは、即刻、攘夷を唱えて策動し、不逞浪士が益々勢いづいておりまする」

頼母「さればこそ、京都守護職を務めれば、会津は政争の渦中に巻き込まれるは必定にござりまするぞ!」

容保「会津は強い。公武一和のため、都を守護し奉る事ができるのは我が藩をおいてない」

頼母「いや、薪を背負って火を消しに行くも同然の危うい役目でござりまするぞ」

横山「頼母殿、殿は幾度も強くお断わりなされたのじゃ」

頼母「さればさればされば、断固として断固として、ご辞退くだされますよう」

横山「頼母殿!」

頼母「殿・・・井伊掃部頭様の悲運を何と思し召されまするか?

 ご公儀は、尊王攘夷派におされ、彦根藩を10万石の減封に処せられた。

 掃部頭様は死に損でごぜえまする。

 いざとなれば、ご公儀はトカゲの尾の如く我らを切り捨てまする。

 恐れながら、殿は会津に彦根と同じ道を辿らせるおつもりでござりましょうか?」

容保「大君の儀」

一同、ひれ伏して、聞く。

容保「一心大切に忠勤を存ずべし。二心を懐かば、我が子孫にあらず。

 徳川ご宗家と存亡を共にするのが、会津の務め。

 是非に及ばぬ!

 この上は、都を死に場所と心得、お役目を全うするより他はない。

 皆・・・覚悟を決め、わしにわしに力を貸してくれ」と、頭を下げる。

田中「殿・・・」と驚く。

頼母「得心がいきませぬ。

 此度の事は会津の命運を左右する二股道にござりまする。

 おそれながら、殿は会津を滅ぼす道に踏み出されてしまわれた!」

容保「頼母! 言うな・・・」と涙ぐむ。

皆、泣く。

  

文久2年(1862年)閏8月1日、容保は京都守護職を拝命。

容保の上洛は、その年の師走と決まり、1000人の会津藩士達が共に京に向かう事になりました。

覚馬も同行する事になりました。

うら「お殿様のお供さ、仰せつかるのは名誉な事だがし」

八重「はい」

うら「んだけんじょ・・・」(背負った赤ん坊が泣く)

うら「やっと、この子が産まっちゃのに」

 

八重の幼なじみの山川大蔵の姉・二葉(市川実日子)が、会津藩の有望な家臣・梶原平馬(池内博之)の元へ嫁ぐことが決まったり、彼女と八重の薙刀対決とかいろいろありましたが、それも京都守護職へ結びつきました。

梶原が京へ同行する事になり、二葉は武家の妻としての覚悟が備わり、八重に薙刀勝負、勝ちました。

出発前に祝言を済ませ、二葉も後で上洛するそうです。

皆、出陣の覚悟で上洛し、二葉もいざという時は薙刀をふるって家を守る覚悟だそうです。

武家の妻だから。

  

京都守護職という任務について、上の人の視点だけでなく、家族の視点や一般人(八重)の視点からとか、いろいろな角度で描かれていて、良かったです♪

本当に、トカゲのしっぽ切りをされそうで、切なかったです。

覚馬が無事に帰ってくるのは知っていますが、妻の立場だと心配でしょうがなかったでしょうね。

  

次回は、「将軍の首」

神保修理役で斎藤工さん、八重の幼なじみ・日向ユキとして剛力彩芽さん、孝明天皇役で市川染五郎さんが登場します♪

楽しみです♪(^^)

  

【第6回あらすじ】 (Yahoo TVより)

八重(綾瀬はるか)の幼なじみの山川大蔵(玉山鉄二)の姉・二葉(市川実日子)が、会津藩の有望な家臣・梶原平馬(池内博之)の元へ嫁ぐことが決まった。しかし八重には縁談が来ず、佐久(風吹ジュン)は鉄砲を撃つ娘を望む家などないと嘆く。一方、江戸では勅命を携えた薩摩が、幕府に対し将軍の上洛(じょうらく)を迫る。これを受け、幕府は京都守護職の選任に着手し、政事総裁職の松平春嶽(村上弘明)は、かねて卓見で目を引いていた会津藩主・容保(綾野剛)に白羽の矢を立てる。覚馬(西島秀俊)は頼母(西田敏行)に断るべきだと進言。頼母も同じ考えであることに安心する。容保も固辞し続けるが、春嶽は会津の"御家訓"を持ち出し、将軍家の下命として従うことを強要。容保は守護職を受諾せざるを得なくなる。

  

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]21.4%  [第2回]18.8%  [第3回]18.1%  [第4回]18.2%

第5回]18.1%  [第6回]15.3%

  

公式HP・次回粗筋

 

  

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

【信長のシェフ】第5話感想と視聴率

「平成のシェフがスパイに!!信長の妹を暗殺せよ!?」

第5話の視聴率は、前回の11.3%より少し下がって、10.9%でした。

信長の妹・お市様(星野真里)、いい人でした♪

ケン、助けて貰えて良かったです♪

最後に、逃げる途中、誰かに刀を突きつけられ、引っ張って終わりましたが・・・

これは楓じゃないでしょうか?

戦国風お子様ランチ、浅井の旗が立っていて、可愛かったです♪

やはり子供の料理は見た目が大切ですね(^^)

鉄板のハンバーグもジュウジュウに熱そうで、おいしそうでした♪

 

予告編で、謎の平成の女、瑤子(香椎由宇)が戦国時代に登場♪

どうやら彼女も戦国時代にタイムスリップしていそうですね(汗)

彼女はケンを覚えているでしょうか?

もしかしたら、ケンと夏と三角関係に??

次回、彼女の登場で、話に変化が出てきそうで楽しみです♪(^^)

  

それでは、公式HPのあらすじの後、台詞など補足説明をします。

  

【第5話あらすじ】 (公式HPより)

織田信長(及川光博)から「浅井長政(河相我聞)の居城・小谷城の台所に潜入し、先方に借りを返してこい」と命じられたケン(玉森裕太)。小谷城には信長の妹・市(星野真里)とその娘、茶々と初もいる。敵となった義理の弟だけでなく、実の妹や姪たちまでもを毒殺しろということなのか...。思い悩むケンだったが、信長の真意は毒殺ではなく、ほかにあるのではないかと考える。
 先だっての金ヶ崎での戦の際、市から信長に「罠」を表す鮎が届けられていたことを思い出したケンは、信長の言う「先方」は、長政ではなく市だったのではないか、と推察。そのときの礼を伝えるため、3匹の鮎を笹舟に載せた料理を出し、反応を探る。
 だが、市の反応は芳しくなく、さらにケンは信長が送り込んだ間者であることがバレて、地下牢に閉じ込められてしまう!

 捕えられたケンの元を市が訪ねてくる。そこで、信長はケンに信頼を置き、裁量を与えていることを知った市はケンを殺さず、茶々の専属料理人にしてはどうか、と長政に提案。長政は、茶々がもっとも嫌いな食べ物="肉"を使った料理を作らせ、その腕を試すことを承諾する。
 失敗すればその場で殺されることは必至。包丁すらも使うことを許されないケンは、懸命に考えた末、お子様ランチ風に仕上げたハンバーグで勝負に出るのだった...!

* * *

  

ケンは信長の命令で、朝倉の料理人になりすまして浅井長政の台所で料理を作りました。

信長「先方に借りを返さねばな。やり方はおぬしに任せる」

同行した楓は、料理に毒を入れて、長政一家を殺すのが信長の真意だと思いました。

でも、ケンは反対。

自分が料理に毒を入れられない事は信長も知っているだろうから、別の真意があるのではないかと考えました。

そして思いついたのが、「鮎の揚げ物 笹舟仕立て 覆盆子(いちご)の汁添え」でした。

おいしいと長政には好評だったのですが、それを見た市は意味を察して暗い顔。

3匹の鮎(市と茶々と初)、琵琶湖から川を渡る。

信長「逃げて来い、市。わしの所に」(と想像)

  

市(ケンに)「市は舟には乗りません。この城から一歩も動きませぬ」

長政「どういう事じゃ?」

ケン「・・・」

料理人「この者達は、信長の手下です」

長政「おぬしら、信長の間者か?!」

長政「出あえ出あえ!」

家臣が沢山来て、楓とケンを囲む。

彼らと戦う楓。

ケンは茶々を助けようとして、捕まってしまいました。

楓だけ逃げて、長比城に帰りました。

  

そして、信長に現状を報告。

市が城から一歩も出ないと言った事も報告しました。

信長「最上の知らせじゃ。これで心おきなく攻められるというものよ」

夏は家臣の止めるのを振り切って、信長にケンを助けて欲しいと直談判しました。

でも、信長は「戻ってこないのなら、それまでの男よ」と、助けを出す気配なし(汗)

楓は信長様の真意が毒殺ではなかったと分かり、ケンに借りを作ってしまったと思いました。

  

一人残されてしまったケンは捕まってしまい、牢に入れられてしまいました。

そして、牢の中で、いつもフラッシュバックする平成の記憶の美女の名前が瑤子だと思い出しました。

 

牢に、市が来て、ケンに何者で、何をしに来たのか、聞きました。

ケン「俺は信長様の料理人です。

 料理で信長様の気持ちを伝えに来ました」

市「兄上があのような凝った料理を思いつくはずありません」

ケン「あれは俺が考えたものです。

 信長様が任せると仰っていたので」

市「任せる? 何事も自分で決めないと気が済まない性分の兄上が?! 信じられませぬ」

ケン「じゃあ、簗と罠をかけた鮎を送られたお返しに今回の料理に鮎を使ったと言えば、信じて貰えますか?」

市「兄上は、そなたにそこまで裁量を与えているのですか」

ケン「はい」

市「私達に毒を盛るつもりはなかったのですか?」

ケン「俺は料理に毒など盛れません。

 それは誰より信長様がよく分かってくれてるはずです。

 料理は人を生かす薬ですから」

市「薬?」

ケン「中国、いや、明には『薬食同源』という思想があります。

 タンパク質は皮膚や毛髪、筋肉や血液などを作ります。

 カルシウムは、骨を強固にし、体の抵抗力を強くします。

 それらの栄養素を組み合わせて料理を作るんです。

 なので、薬などはいらないという・・・失礼しました」と礼する。

市「まるで兄上のお言葉を聞いているかのよう。

 まるでそれが世の理のごとく言の葉を紡ぐ・・・

 兄上のお言葉は海のように深く、空のように高く、そして遠い」

  

家臣達が来て、市を下がらせ、ケンの首をはねようとする。

その直前で

市「お待ちなさい!」と止める。

市「私が今一度、長政様とお話し致しましょう」

  

市が長政に、ケンを茶々の料理人にしたいと言ってくれました。

茶々は殆ど米しか食べないそうです。

健康が心配なのでとの事。

長政は、一度作らせてみる事を承諾しました。

但し、食材は茶々が一番苦手な肉で、茶々が食べなければ、その場で首をはねるとの事。

命懸けで、茶々のための肉料理を作る事になりました。

  

その頃、夏の気持ちを察して、秀吉がケンを助け出せと命じて欲しいと信長に頼みましたが・・・

信長「わしにとって必要な男であらば、己の力で帰ってくる」

夏はがっかりしましたが、秀吉に「ありがとう」とお礼を言いました。

でも、何もできなかったと、秀吉もがっかりしていました。

  

ケンの代わりに井上が信長の料理を作りました。

信長「見た目も味もつまらん料理じゃ」とか「古臭い味じゃ」と信長は文句タラタラ(^^;)

そして、遂に、膳をひっくり返してしまいました(^^;)

信長が夏の次にケンの帰りを待っているのかもしれませんね♪(^^)

でも、ケンならきっと自力で帰ってくると、ケンの力を信じているのでしょう。

  

ケンの茶々のための料理作りは、包丁を使わせて貰えず、手だけで作れとの事でした。

ケンは手だけで鴨を捌きました。

玉森君の手、指が長くて綺麗でした♪(^^)

  

出来上がった料理を金属の蓋をしてケンは持ってきました。

そして、直前に蓋を取り、その可愛さとアツアツと湯気が立っているのに、茶々は勿論、長政も市も驚きました。

「戦国お子様ランチ」

鴨肉の鉄板ハンバーグ、ムカゴのフライとえんどう豆のソテー添え あんず味噌ソース

まず親の市に食べて貰い、「美味」と褒めました♪

茶々は益々食べたくなり、「あ~ん」して、乳母?に食べさせて貰いました。

全然、自分で食べないとは驚きました(^^;)

でも、茶々はおいしそうに食べました♪(^^)

合格です♪

料理の説明をしましたが、市は半分も分からなかったとのこと。

茶々の料理人に決まりましたが、ケンは自分は信長の料理人だから帰りたいと。

また牢に入れられましたが、市が短刀を突きつけられて捕虜にされたふりをして、ケンを逃がしてくれました。

市「兄上と同じ言の葉を持つ者よ。

 そなたが兄上の傍にいてくれて良かった。

 兄上はあれで寂しがり屋なのです。

 兄上の事、よろしくお願いします。さ、行きなさい」

そう言い、ケンの包丁も返してくれました。

ケン「お市様、この次、お会いした時は、ちゃんとハンバーグの作り方、教えますから」

市「次があれば・・・」と暗い顔。

 

市はこの時、もうすぐ死ぬかも?と思っていたのでしょうね。

戦の最中ですから。

 

語り「戦国一の美女と称されたお市の方が波乱に満ちた人生を閉じるのは、この13年後の事。享年37歳。ハンバーグの作り方を学んだか否かは定かではない」

  

13年もあるから、またケンに会う事もあるかもしれないですね(^^)

  

山道を逃げる途中、誰かが背後からケンに刀を突きつけました。

でも、夏に楓が「ここにいろ。おまえの大切な男、連れて帰る」と言ったので、きっと楓だと思います。

ケンは心配してくれる人が沢山いていいですね♪(^^)

 

そして、次回は遂に、謎の女、瑤子が回想以外で登場♪

信長史上、最大にして最強の敵である石山本願寺の僧侶・顕如役で、四代目市川猿之助(旧名・市川亀治郎)さんが出演。

新展開、楽しみです♪(^^)

  

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]11.6%  [第2話]9.9%  [第3話]10.1%  [第4話]11.3%

[第5話]10.9%

   

公式HP・次回あらすじ

   

   

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2013年2月 9日 (土)

【純と愛】第18週視聴率と第19週((2/4~2/9)感想

今週の水曜から金曜のお話は、素直に良かったと思います♪(^^)

まるで最終週みたいでした(^^;)

ようやく善行が宮古島に行って、晴美と一緒に暮らす決意をしたのに、海に落ちた晴海を助けようとして、自分の方が死んでしまいました(汗)

善行の死は、ネタバレで先週から知っていたので、もう驚きませんでしたが、うまく盛り上げられていたと思います。

 

恋人時代に晴海が善行の事をメロちゃんと呼んでいたとの事で、「走れメロス」に繋げました。

善行が結婚前、晴海に送ったラブレターを愛から渡され善行が読んで、昔の愛を思い出しました。

飛び込む寸前、「メロちゃん」とラブレターで2つが繋がり、善行が「走れメロス」のように、永遠の愛を貫きました。(メロスは友情だけど)(^^;)

そして、善行の死を晴海に伝えるかどうか皆、迷い、隠していましたが、お葬式も終わり、晴海が退院する事になったので、本当の事を言いました。

晴海は、予想外に、悲しむ様子を見せず、ほっとしたと言いました。

後で、皆で出し巻き玉子を食べて、父の死を皆で噛みしめました。

おいしいけれど、ちょっとしょっぱかったとの事ですが、それは涙の味もあったかもしれませんね。

正は「これから家の長男は、純、お前だ」と言い、純の指示に従うと言いました。

男とか女とか、先に生まれたとかの順番関係なくとの事ですが・・・

母への対応を逃げたようにも感じました(^^;)

結局、純が父の死を伝えました。

ところで、善行のマンションは正達が乗っ取ったみたいになってますが、相続はどうなるのでしょう?

それとも、マンションは晴海名義かな?

ムードを壊す話題で、すみません(^^;)

 

最初に戻ります。

晴海が愛に何度も読んで聞かせたと、愛は善行が晴海に送ったラブレターを善行に渡しました。

善行は、それを読んで、昔の愛を思い出しました。

 

<善行のラブレター>

「晴海さんは美しい人です。外見だけやありません。心が本当に美しい人です。

あなたが一緒にいてくれたら、僕はもう何もいりません。

晴海さんが今のまま、宮古の海のような美しい心で僕を愛してくれさえすれば・・・

晴海さん、僕を愛してくれませんか?」

  

そして、遂に、宮古島に帰る決心をして、愛パパにお金を借りました。

愛パパは何に使うのか聞きました。

善行「宮古島に帰って、女房の介護やろうと思います」

謙次「失礼ですが、お仕事は?」

善行「もう、島にある仕事やったら何でもやります。

 私の残りの人生、女房のために使おうと思います」

謙次「あなたは強いですね。立派です。死ぬまで奥さんとの愛を貫くなんて。

 僕は諦めた。いや、逃げ出した男だから」

  

折角、ようやく善行が宮古に行く決意をしたのに、

晴海は、「メロちゃんに会ってきます」とメモを残して、行方不明になってしまいました。

  

メロちゃんとは善行の事で、なぜ、メロちゃんと呼んでいたのか、後で、純は晴海に聞きました。

晴海「お父さんさ、太宰治が大好きでさ、会う時はその話しかしない訳。

 『走れメロス』の話になったらもう止まらなくてね。

 その顔が一生懸命で、あんまり可愛かったから・・・メロちゃん。

 人間不信になってた王様はさ、真の友情や永遠の愛が信じられなくてね。

 でも、約束守ったメロス見て、自分が間違ってたって悟るの。

 嬉しそうに話すお父さん見てさ、私、結婚しようって決心したのかな。

 不器用で無愛想だけど、この人なら信じてもいいかなって思ってね」

  

純と善行は海の近くを捜し、善行が海沿いで晴海を見つけました。

晴海「メロちゃん!」と海に向かって叫び、その声に気づいた善行が

「晴海さ~ん!」と叫びました。

晴海は嬉しそうに振り返りましたが、なぜか海に落ちてしまいました(汗)

なぜ落ちたのか、ちょっと不自然に感じました(^^;)

驚いて、善行が晴海を助けようと、海に飛び込みました。

浮きが一つあったので、それに晴海を掴まらせ、自分は海の底に沈んでしまいました。

これ、善行のラブレターの言葉がかぶさり、感動的でした♪(^^)

  

善行は多臓器不全で、もう意識は戻らないと、医師に言われてしまいました。

晴海は大した事はなかったようですが、彼女も別の部屋に入院しました。

善行は、奇跡的に意識を少し戻しました。

そして、駆けつけた家族に言葉を遺しました。

でも、しっかり喋れず、愛が心を読んで通訳しました。

「正、お母ちゃんを頼む」

「剛、お母ちゃんを守ってくれ」

「マリヤさん、あんた、いい嫁や。感謝してる。ありがとう」

「勇気、おばあちゃんと遊んでやってくれな」

「純・・・」

何か喋りかけましたが、死んでしまいました(^^;)

 

後で2人だけになった時に、愛がお父さんから伝言を預かっていると、純に言いました。

「もし生まれ変わったら、今の純みたいな生き方がしたいって。周りに何を言われても諦めないで、まっすぐ自分の目標に向かって進んでいく。そんな純みたいな生き方がしてみたいって。だから、純は・・・おまえはそのままでいいって。おまえは・・・ずっとおまえのままでいろって。

お父さん、謝ってました。

純が太陽みたいに眩しいから、眩しくて眩しくて、真っ直ぐ見つめる事ができなかったって。純が女だからっていう理由だけで、生き方を受け入れてやる事ができなかったって。

それをしてあげる事が一番純を愛する事だったのにって」

純の心の中<私はやっと、お父ちゃんに言ってほしい事を言ってもらえた>

純「なんだよそれ。言うなら私に直接言ってよ」と言いながらも、嬉しそうでした(^^)

  

晴海が退院し、位牌とか家にあるので、遂に、善行の死を晴海にも伝えました。

でも、悲しんだ様子を見せず、ほっとしたと言いました。

皆に気を遣ったのかもしれませんね。

それとも、愛されてた事が分かって、ほっとしたのかな?

離婚届を出す出さないで揉めてたので。

どちらにしても、きっとまた死を忘れてしまうでしょう。

一緒に、宮古島に行けなくて残念でした。

最後は、お父ちゃんが大好きだったお母ちゃん手作りの出し巻卵を家族皆で食べて、悲しみが込み上げてきました。

綺麗に、まとめました。

  

最後に、善行の死の時に純が思った言葉です。

<死亡時刻は、3時15分。父は58年と何日生きてきた事になるのだろう?

私と一緒にいたのは、そのうち23年と・・・いや、もっと少ない。

失って初めて分かる。私達が親と共に過ごせる時間はなんて短いんだろう>

 

今のうちに親孝行をしましょう♪(^^)

  

先週(第18週)の関東の週間最高視聴率は、前週の18.4%より少し下がり、18.0%(1/30(水))でした。

関西の週間最高視聴率は、前週の16.4%より少し下がり、16.2%(1/30(水))でした。

北海道の週間最高視聴率は、前週の14.6%より上がり、15.3%(2/1(金))でした。

関東と関西は動きも最高の日も似てますが、北海道だけ、全然、違いますね(汗)

にょえさん、三連星さん、関西と北海道の視聴率情報、ありがとうございました♪

今週の視聴率が楽しみです♪(^^)

   

【視聴率推移】 (週間最高視聴率)

                  関東          関西        北海道

初回視聴率(10/1(月))   19.8%           16.2%

第1週「まほうのくに」   19.8%(10/1(月))   18.4%(10/2(火))  16.0%(10/6(土))

第2週「本当のかお」18.6%(10/10(水),10/12(金)) 17.4%(10/10(水)) 16.9%(10/13(土))

第3週「しんじるこころ」  19.4%(10/15(月))   17.2%(10/15(月)) 16.2%(10/16(火))

第4週「ねむりひめ」 18.0%(10/25(木)) 16.3%(10/23(火),24(水),26(金)) 14.3%(10/25(木))

第5週「きたかぜとたいよう」 17.5%(11/2(金))   18.2%(10/30(火))  13.8%(?)

第6週「らぶすとーりー」    17.3%(11/9(金))   17.0%((11/9(金))  13.7%(11/9(金))

第7週「けっこんしようよ」   18.4%(11/12(月))  18.0%(11/12(月))  14.3%

第8週「まもってあげたい」  18.1%(11/19(月)) 16.8%(11/21(水))   16.7%

第9週「はっぴーうぇでぃんぐ」17.3%(11/26(月)) 18.1%(11/26(月))  15.4%(12/1(土))

第10週「すーぱーまん」17.8%(12/3月&12/5水) 16.6%(12/3月&12/4火) 14.7%(12/8土)

第11週「やめないでぇ」    18.1%(12/10(月))  16.4%(12/14(金))  14.6%(12/14(金))  

第12週「さいしゅうけっせん」18.3%(12/17(月)) 17.5%(12/17(月))  15.8%(12/18(火))

第13週「きせきのくりすます」17.4%(12/27(木)) 16.6%(12/28(金))  15.3%(12/25(火))

第14週「しんねんのちかい」 15.4%(1/5(土))     ?        13.8%

第15週「あかずのま」    17.4%(1/7(月))  16.0%(1/7(月))  14.7%(1/12(土))

第16週「あいがつたわる」  18.3%(1/18(金))  16.4%(1/18(金))  14.3%(1/15(火))

第17週「えいえんのあい?」 18.4%(1/24(木))  16.4%(1/21(月))  14.6%(1/25(金)) 

第18週「えがおのゆくえ」   18.0%(1/30(水)) 16.2%(1/30(水))  15.3%(2/1(金))

第19週「おもいよとどけ」 

  

公式HP・愛は見た!(愛の目線で第20週の見どころ紹介)

公式HP・武田鉄矢さん×森下愛子さん 狩野家夫婦対談(後編)

   

【過去レビュー・リンク】

第17週(1/21~1/26)&第15・16週視聴率

第18週((1/28~2/2)&第17週視聴率

  

【過去と来週の日別あらすじ】

第18週(第98~103回)(1/28(月)~2/2(土))

第19週(第104~109回)(2/4(月)~2/9(土))

第20週(第110~115回)(2/11(月)~2/16(土))

   

   
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

(ネタバレ)【純と愛】第20週・日別粗筋(2/11~2/16)

東京・渋谷のNHKスタジオパーク・スタジオギャラリーで、『純と愛』オープニングタイトルバック&「ねむりひめ」絵本原画展2月23日(土)~3月17日(日)、開催するそうです。

同じ場所で、2月17日(日) 迄は『八重の桜』特別企画展を開催中だそうです。(どちらも詳細はこちらです)

  

これは、来週(第20週)「まほうのことば」の日別あらすじです。

来週は、「里や」の経営危機。

純、3度めのホテル再建です(汗)

今度こそ、再建されればいいですが・・・(^^;)

 

<日別あらすじ 第20週(第110~115回)(2/11(月)~2/16(土))> (Yahooテレビより)

第110回[2/11(月)]

晴海(森下愛子)と剛(渡部秀)が純(夏菜)の隣に引っ越してきた。剛は初めて就職活動し、正(速水もこみち)も昼間の仕事に就いた。そうやって狩野家が再出発しようとしたやさき、サト(余貴美子)が里やを閉めると言い出す。借金が膨らんで資金繰りがうまくいかないのだ。辞めたくないという皆の意を受けて、純が説得を試みるが、サトの心は動かない。多恵子(若村麻由美)に頼れればと思っていると、当の本人がやって来て...。

第111回[2/12(火)]

多恵子(若村麻由美)が現れ、帳簿や借用書を見るが、多恵子も疲れていて解決策は出てこない。愛(風間俊介)が、おなかをすかせた多恵子のリクエストに応えてパスタ料理を作ると、皆もてんでバラバラに次々と好物をリクエスト。すべての注文をあっさりとこなして料理をふるまう愛の姿を見て、純(夏菜)は、愛の料理を里やの売りにして宣伝すれば、客が増えるのではと、ひらめく。だがサト(余貴美子)は、まるで興味を示さない。

第112回[2/13(水)]

羽純(朝倉あき)の両親が羽純を連れ戻しに来るが本人は嫌がって逃げる。純(夏菜)の家にかくまわれた羽純は、自分が何か話す度に友達をなくしてきた過去を語るが、それはどこか純の人生と似ていた。蘭(映美くらら)のヘアメークで見違えるように若返った多恵子(若村麻由美)を見て、純はこれも里やのセールスポイントになるとサト(余貴美子)に訴える。だがサトは考えを変えず、業者を呼んで食堂の机や椅子を処分してしまう。

第113回[2/14(木)]

備品が売り払われてガランとした里や。気落ちする純(夏菜)たちの所へ晴海(森下愛子)がやって来て、家具なら剛(渡部秀)に頼めば良いと言う。剛はリサイクルショップに勤め出したのだ。正(速水もこみち)が多恵子(若村麻由美)にマッサージを施すと、すさまじい効き目で、多恵子はメロメロになる。純はこれも里やの売りになると思う。羽純(朝倉あき)も初めて自分の意見を口に出し、サト(余貴美子)に里やの継続を訴える。

第114回[2/15(金)]

サト(余貴美子)も、ついに里や継続を決意し、再び金策に走り回っている。マリヤ(高橋メアリージュン)のセンスで配置したインテリアは、とても落ち着くと好評だ。あとはジュークボックスで音楽でも流せればと思ったが、とても高くて買えない。ところが羽純(朝倉あき)が、どんな曲でも歌えることが分かり、人間ジュークボックスとして売りだそうということになる。そこへサトが帰ってくるが、借金取りが一緒に付いてきて...。

第115回[2/16(土)]

立ち退きを迫る借金取りに、多恵子(若村麻由美)がすごむと、男たちはすごすごと帰っていく。1か月で予約でいっぱいの宿にしてみせると言う純(夏菜)に、その約束が守れるなら自分が借金を肩代わりすると多恵子が言う。多恵子の帰り際、実は父親を亡くした純を心配して多恵子は里やに来たのだと誠(岡本玲)が明かす。純が寝る間も惜しんで里やの復活に奔走していたと知ったサト(余貴美子)は、純を秘密の小部屋に招き入れる。

  

公式HP・愛は見た!(愛の目線で第20週の見どころ紹介)

公式HP・武田鉄矢さん×森下愛子さん 狩野家夫婦対談(後編)

 

【過去レビュー・リンク】 (感想・あらすじなど)

第11週(12/10~12/15)&第10週視聴率

第12週(12/17~12/22)&第11週視聴率

第13週(12/24~12/28)&第12週視聴率

第14週(1/4~1/5) &新登場人物紹介

第15週(1/7~1/12)&第13週視聴率

第16週(1/14~1/19)&第14週視聴率

第17週(1/21~1/26)&第15・16週視聴率

第18週((1/28~2/2)&第17週視聴率

  

【過去の日別あらすじ】

第10週(第55~60回)(12/3(月)~12/8(土))

第11週(第61~66回)(12/10(月)~12/15(土))

第12週(第67~72回)(12/17(月)~12/22(土))

第13週(第73~77回)(12/24(月)~12/28(金))

第14週(第78~79回)(1/4(金)~1/5(土))

第15週(第80~85回)(1/7(月)~1/12(土))

第16週(第86~91回)(1/14(月)~1/19(土))

第17週(第92~97回)(1/21(月)~1/26(土))

第18週(第98~103回)(1/28(月)~2/2(土))

第19週(第104~109回)(2/4(月)~2/9(土))

  


【送料無料】純と愛 完全版 DVD-BOX 1 [2013年03月21日発売]

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2013年2月 7日 (木)

【相棒season11】第14話感想と視聴率「バレンタイン計画」

『相棒Eleven』第14話「バレンタイン計画」

第14話の視聴率は、前回の15.0%より上がって、17.1%でした。

今回の脚本家の酒井雅秋さんは、『相棒』の脚本を書くのが初めてだそうですが、上がって良かったです♪(^^)

バレンタインらしいお話でした。

『マイ・ファニー・バレンタイン』がバックで何度もかかり、いい味を出していました♪DVD

レコードの歌詞カードに亡き兄・藍沢弘信の言葉が書いてあり、そういう意味でも重要でした。

【YouTube】 マイ・ファニー・バレンタイン』 (無料動画)

 

『マイ・ファニー・バレンタイン』の歌詞カードの裏に書いてあった藍沢弘信の言葉

「バレンタイン計画

これは俺を取り戻す計画だ。

親父は俺を思い通りにしようとする。

本当の俺は、ジャズよりアイドルが好きだ。

サッカーより野球が好きだ。

優等生の俺は、バレンタインでサヨナラだ。

学校で騒ぎを起こして、親父のレコードをぶっ壊す。

本当の自分を取り戻してみせる」

  

弘信は、3年前、このバレンタイン計画を実行する前日、泥棒の男に襲われた女性を助けようとして殺されてしまいました。

それを白石が目撃していましたが、彼は怖くて助けず、逃げました。

その犯人は麻薬の過剰摂取で死亡しました。

  

それから3年後・・・

弟の祐介(北村匠海)が兄のバレンタイン計画を実行しました。

でも、その前に、慶明中学裏サイトに

「2月14日、8時30分、計画を遂行する。

これは復讐だ。

大騒動を起こしてやる。

学校なんてぶっ壊す!

バレンタインの日に世界を変えてみせる」

と書き込みをしたので、

「学校爆破」とか「教師殺せ!」とか煽る書き込みも殺到しました。

それで、実際に事件化する事を恐れた中園参事官から、特命係が慶明中学の警備を頼まれました。

参事官の娘さんがこの中学に通ってたそうです♪

やはり参事官も娘さんが心配だったようです(^^)

 

それにしても、こんな書き込みをするほどの復讐計画ではなかったですね(^^;)

ただ、「ハッピーバレンタイン」という垂れ幕を屋上から吊るして、復讐成功というビラをまき、屋上で、父のコレクションで兄に譲られたレコードの名盤を粉々に壊しました。

でも、教師に追われて逃げる時に階段から落ちて、意識不明の重体になってしまいました。

それで、このレコードを壊す事がなぜ復讐になるのかとか、祐介の事を調べていくうちに、別の中古レコード屋の店長の白石が他殺体で見つかった事件と繋がりました。

白石を殺したのは祐介かと思われました、実は、祐介の母でした(汗)

祐介の父は、仕事仕事ばかりで、息子や妻と全然、向き合わず嫌な人でした。

折角、祐介が白石夫妻に救われていたのに、お母さん、白石に嫉妬して殺してしまうなんて、母も嫌な人でした(^^;)

弘信の死を恨んでという事なら、同情できますが、祐介の件では、むしろ、息子を支えてくれてありがとうと、お礼を言うべきではなかったでしょうか?

白石は、両親に気遣って、もうここへ来るな、ちゃんと両親と向き合うように助言してくれて、それを母も隠れて聞いていたのに。

祐介「バレンタイン計画が終わったら、逃げるのはやめる」

白石「そうか」

祐介「だからまた、おじさんちに行っていいよね?」

白石「祐介、おまえ・・・」

祐介「明日の計画は復讐なんだ。兄貴をあんな運命にした神様への復讐。

 それと親から逃げてた兄貴と僕への復讐。

 本当の自分になりたかった兄貴へ見せてやる。

 そう思えたのは、おじさんとおばさんに会えたからだよ」

白石「・・・」

それでキャップを祐介に渡そうとして、祐介が集めるのをやめた事を思い出し、渡すのを辞めました。

逆に、祐介が母から貰ったキャップを渡し、おばさんにあげてと言いました。

  

隠れて、この様子を見ていた母が、その後、祐介がいなくなってから、白石を殺しました。

母が白石を殺したと、祐介が知ったら、どう思うでしょう?

折角、両親と向き合おうと思っていたのに、また、溝ができてしまいそうな気がします(^^;)

 

母「祐介の心を奪ったこの男が許せなかった」

それで消火器で殴って殺しました。

ペットボトルのキャップが結構、意味を持っていて、良かったです♪

祐介のために母が頑張ってためたキャップ、簡単に彼らにあげられてしまって、余計に悔しかった事でしょう。

右京さん達に聞きました。

母「祐介はどうして、母親の私に本当の自分を見せてくれなかったのでしょうか?」

右京「親子だからじゃありませんかねえ?

 血の繋がりがあるからこそ、生まれる愛情の行き違いじゃありませんかねえ」

 

そういう事もあるかもしれませんね(^^;)

意識不明だった祐介君の意識が戻ったようです。

カイト「一目、会っていかれますか?」

母(首を横に振り)「ちゃんと罪を償って、本当の祐介に会いに行きます」

カイト、優しかったです♪

祐介の父も、ようやく祐介と向き合う気になったようです。

祐介に事情を自分が説明すると言いました。

どう話したのでしょう? 母の事。

大好きだったおじさんを母が殺してしまった事、祐介がどう乗り越えるのか、難しいところは曖昧にぼかして、バレンタインで綺麗にまとめて終わった気がしました(^^;)

  

バレンタイン、カイトは恋人からチョコを貰ったようです。

カイトが言ったように、右京さんの家は本当にチョコで一杯でしょうか?

右京さんの表情が暗かったので、きっと貰えてないのではないでしょうか?(^^;)

それでも幸子さん位は、くれそうな気がしますが・・・(^^;)

  

次回は、近藤正臣さんと志垣太郎さんが出演します♪

楽しみです♪(^^)

 

【第14話あらすじ】 (公式HPより)

右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)は、中園参事官(小野了)の指示で私立中学の警備をすることに。同校の裏サイトに「2月14日8時30分、計画を遂行する...」という書き込みがあったからだ。右京らが中学校へ行くと予告の時間にジャズの「マイ・ファニー・バレンタイン」がスピーカーから流れ、屋上から「ハッピーバレンタイン」という垂れ幕が投げられ、さらに「教科書なんか捨てて恋をしろ!復讐成功」と書かれたチラシが大量にばらまかれる。

 その屋上からは一人の生徒が逃走。が、階段から転げ落ち意識を失ってしまう。生徒は同校の3年生、藍沢祐介(北村匠海)だったが、意識不明の重体となり救急車で運ばれてしまった。

 祐介がいた屋上には高価なジャズの名盤がバラバラに砕かれ散乱していた。なぜ中学生の祐介がそんなレコードを所持していたのか? なぜそれらを砕くことなどで復讐に成功したというのか?

 その後、中古レコード屋の店長が他殺体で見つかるのだが...。中学生のイタズラと中古レコード店店主殺害はいったいどういう関係があるのか?

脚本:酒井雅秋
監督:東伸児

  

【視聴率推移】 (視聴率は関東地区)

[第1話]19.9%   [第2話]17.3%   [第3話]16.5%  [第4話]15.0%

[第5話]15.4%   [第6話]16.4%   [第7話]15.7%  [第8話]14.0%

[第9話]17.2%   [第10話]17.8%  [第11話](元日SP)17.4%

第12話]19.4%  [第13話]15.0%  [第14話]17.1%

 

【YouTube】 マイ・ファニー・バレンタイン』 (無料動画)

 

公式HP・次回あらすじ

  

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2013年2月 6日 (水)

【ビブリア古書堂の事件手帖】第4話感想と視聴率

副題「宮沢賢治 春と修羅」

ラテ欄「鍵のかかった部屋から盗まれた本」

第4話の視聴率は、前回の12.0%より少し下がって、11.6%でした。

少しずつですが続落してしまったので、次回は少しでも上がってほしいものです。

 

父から相続した沢山の本の買い取りを頼んできた女性・聡子(森口瑤子)、宮沢賢治の「春と修羅」の初版本が身内に盗まれてしまったから捜してほしいと、買い取りの時についでに栞子に頼みましたが・・・

本当は、その本は甥っ子の昴(今井悠貴)君に相続されるべき物だったんですね(^^;)

よくできた話でした。

関係ないと思われた志田(高橋克実)さんが、酔っている間に誰かに売ってしまったらしい古書を捜す件と、ちゃんと繋がって良かったです。

これらを買ったのは、聡子でした。

全部で1000円で買ってくれと頼まれたようです。

本当はもっと高い本もあったのですが、志田さん、泥酔して理性が働かなかったようです(^^;)

  

聡子の家には、宮沢賢治の「春と修羅」初版本が2冊ありました。

「春と修羅」の初版本は、自費出版で1000冊しかないそうです。

そのうちの最初からあった綺麗ではない方が盗まれました。

実は、盗まれた方は単なる初版本ではなく、宮沢賢治自身が書き込みをした「手入れ本」で、世界に1冊しかない、とても貴重な物でした(^^;)

その事実を隠して、ただで捜して貰おうとは、最初から聡子さん、せこい人でした(^^;)

結局、本を盗んだのは聡子の姉の小百合(峯村リエ)の息子の昴君でした。

昴君もこの本が好きで、この本も売られてしまうと勘違いして、本を守るために持ち出したのでした。

売られないと栞子達から聞いて、ほっとしたようでした。

本来、彼が相続すべき本らしいですが、ちゃんと聡子と話し合えるか心配です(汗)

聡子さんがあの本を昴君に渡すとは思えないですが(^^;)

亡くなった聡子の父は、昴君に「テナルディ軍曹に気をつけろ」と言っていたとの事。

それは、「春と修羅」に出てくる人物で、人から金品を奪う泥棒との事。

最初から、父は聡子がこの本を盗むだろうと疑っていました(汗)

それでも、彼女にこの本も託したのは、仲が悪かった昴君と聡子が話し合う機会を設けるためだったのだろうとの栞子の推理でしたが・・・

もしそうだとしたら、この父、甘いような気がします(^^;)

昴君が本当にあの本を好きだと知っても、聡子さんがあの本を昴君に渡すとは思えないですが(^^;)

昴君は無理によこせとは言わないでしょうけれど、父が昴君に遺そうとしていたと、昴の母の小百合(聡子の姉)が知ったら、彼女はその本を昴に寄こせと言って引かないでしょう(汗)

世界に1冊しかない貴重な本ならば、志田さんが言うように死人が出てもおかしくないかもしれませんね(^^;)

この後の相続争いの続きが心配です。ܤ

やはり、もめないよう、ちゃんと遺言書は遺してほしいものです。Ԥ

  

栞子は、大輔に、もし、自分が困った時も助けてくれるか聞きました。

大輔は、勿論、助けると答えました。

何か困った事があるのでしょうか?

  

誰かが、時折、外から様子を窺っているようですが・・・

消息不明の母でありますように・・・(^^)

  

【第4話あらすじ】 (Yahooテレビより)

二日酔いで前日の記憶がない志田(高橋克実)は、酔っている間に誰かに売ってしまったらしい古書を捜すため自身の行動をたどることに。一方、古書の買い取りで、玉岡家を訪れた栞子(剛力彩芽)と大輔(AKIRA)は、依頼人・聡子(森口瑤子)から亡父の蔵書の処分とともに、盗まれた本を見つけてほしいと依頼される。父が所蔵していた宮沢賢治の「春と修羅」の初版本2冊のうち状態の悪い方が盗まれ、犯人は身内の者だという。

  

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]14.3%   [第2話]12.2%   [第3話]12.0%   [第4話]11.6%

  

公式HP・書籍紹介「宮沢賢治 春と修羅」

公式HP・第4話詳細あらすじ

公式HP・次回予告

  


【送料無料】ビブリア古書堂の事件手帖(1) [ 三上延 ]


【送料無料】春と修羅 [ 宮沢賢治 ]

 

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

銀山温泉に旅行してきました

昨日から1泊2日で、山形県の銀山温泉に旅行してきました。

帰り、雪で交通が乱れるのでないかと心配していたのですが、関東、雪が雨に変わり、スムーズに帰れたので良かったです。

 

コメントのお返事、かなり遅れてしまって、すみません。

この後、簡単に、『ビブリア古書堂の事件手帖』のレビューを書いてから、

少しずつコメントのお返事、書きます(^^)

いつも沢山のコメント、ありがとうございます♪(^^)

これからもよろしくお願いします♪֥ϡ

尚、旅行の詳細は、写真をブログにアップできるようになったら書きます(^^;)

  


【30%OFF】ジグソーパズル:1000ピース 日本の風景/秋・冬「雪明りの銀山温泉ー山形」

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2013年2月 4日 (月)

【八重の桜】第5回感想と視聴率「松陰の遺言」

「松陰の遺言」

第5回の視聴率は、前回の18.2%より少し下がって、18.1%でした。

18%台をキープしていて、安定してきましたね♪

この調子で、続いて欲しいものです♪(^^)

 

今回の内容、素晴らしかったです♪(^^)

寅之助(吉田松陰)の死、格好良かったです。

うら、豆や大根などに声をかけ、控え目な人だったのに、夫を命がけで助けようとして、素晴らしい妻でした♪

男勝りの八重が守ろうとするのは普通ですが、女らしいうらだから、夫への愛の深さを感じました♪

それとも会津の女は、皆、芯が強いのかな?(^^;)

ただ、折角、ややこ(子供)ができたのに、流産してしまって、残念でした。

尚之助が横浜に行って買ってきてくれたお土産の傘が応戦するのに役立ち、よくできていました。

覚馬、自分自身が攘夷派に斬りつけられて、うらが流産してしまい、攘夷派を憎みながらも、友の寅之助の死も悼み、複雑な心境がよく表れていました。

  

「あいつら、まるで狂犬だ。

奴らの言う攘夷とは何だ?

俺を斬って攘夷か?

異国の水兵を斬って攘夷か?

決起を煽り、老中を襲い、人の命さ奪って、それが攘夷か?

見つけ出して、ぶった切ってやる!」

 

覚馬は自分を襲った奴らを捜しに行こうとしましたが、権八が止めました。

それらを近くで見ていて、兄や義姉を心配する八重も美しく描かれていました♪

鉄砲や男勝りだけでなく、今回は兄や義姉を思いやり、八重の優しさも描かれてきて、微笑ましかったです♪(^^)

  

「吉田様も兄様にとっては大切なお方です。

あのお方が兄様を斬りつけたやからと同じでしょうか?

吉田様は誰も殺してねえし、誰も傷づげではいねえ。

そんじも、死なねばなんねいのですか?

兄様が辛いと思うんです。

大事なお人が亡くなったのに、悲しむ事もできねえなんて・・・」

 

寅之助の死の知らせを受けた象山のシーンも落ち葉が舞ってきたりして、紅葉が綺麗でした。maple

 

勝は安政7年(1860年)1月、通商条約の批准書を交わす使節団の船に随行する咸臨丸で、メリケン(アメリカ)に出航。

忙しいのに、覚馬に手紙で寅次郎の最後の様子を知らせてくれました。

優しいですね♪

 

寅次郎の辞世の句も入っていました。

「身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし大和魂」

 

「あの人の最期を伝えておく。

斬首の申し渡しがおりたのは、『留魂録』と名付けた遺書を書き終えた翌朝だったそうだ。

『此度の大事、私一人なりとも死んでみせれば、後に残る者たちが、きっと奮い立つ。

天朝も幕府も藩もいらん。ただ、身一つで立ち上がればよい。立ち上がれ!

至誠にして動かざるものは、いまだこれあらざるなり!』

それからあの人はゆっくりと頭を下げた。

全てを呑み込んで死んでいったそうだよ」

  

それを読んで、覚馬は八重と尚之助に言いました。

「あの人は、また馬鹿正直に、お白洲で訴えたんだ。

ご公儀のやり方は間違ってる。このままじゃ、いけねえと。

そのための命がけだ。精一杯の誠だ・・・

無謀であろうど、愚かであろうど、一人の人間にそれ以上、何ができる。

至誠にして動かざるものは、いまだこれあらざるなり」

雪の降る庭で、覚馬は静かに泣きました。

  

そして、最後、井伊直弼(榎木孝明)が江戸城・桜田門外で暗殺されました。

安政7年(1860年)3月3日、季節外れの雪が降る中、水戸藩を脱藩した18人に襲われました。

まず鉄砲を籠、目がけて撃ち、直弼は銃弾を受けて動けなくなりました。

警護の人達、多数いたのですが、逃げたり、斬り殺されたりしてしまい、最後は籠だけになってしまって、直弼は雪の上に引きずりだされました。

井伊直弼、享年46歳(満44歳)でした。

これが有名な「桜田門外の変」です。

このシーン、史実に近く、映像も綺麗でした♪

スタジオでの撮影だったそうです(^^;)(公式HPより)

  

会津にいた容保は、知らせを受け、急遽、江戸に駆け付けました。

評議で、幕閣達は水戸藩討伐に傾いていましたが、容保は反対。

容保「大老を害したは、脱藩した者ども。

 これをもって水戸藩を罰しては、筋が通りませぬ。

 また、天下の大勢を鑑みるに、今、国内にて相争うは、慎むべきと存じまする」

この言葉が評議の流れを一気にかえました。

容保のこの発言で、後に会津は動乱の渦中に巻き込まれていくそうです。

  

でも、この言葉は覚馬の考えと一緒でしたね。

覚馬も事を憂いて、建白書を書いて、頼母に渡しました。

今は国を海外に開いたばかり。内乱などが起きては、異国につけ入られる。

双方が矛をを収められるよう手を打たなければならない。

会津は幕府と水戸の間を取り持ち、和平を保つために尽力すべきだという内容でした。

覚馬は幕政に口を挟める立場ではなかったので、頼母に叱られました。

でも、頼母も同じ考えだったので、若年寄の神保内蔵助などにそれを見せてくれました。

内蔵助「無用な差し出口は控えましょうぞ。

 1つ間違えば、会津にも火の粉が降りかがる」

内蔵助は、そう言って、容保には見せてくれませんでしたが・・・

内蔵助達の危惧した通りになってしまうのかもしれませんね(^^;)

  

次回は「会津の決意」

予告編では、容保が「徳川ご宗家と存亡を共にするのが、会津の務め」と言っていました。

これは、厳しいお役目か?(汗)

  

没落していく船に最後まで残った会津藩の信条と苦悩、どう描かれていくのか、

尊王攘夷や、新撰組など、会津という、今までよくあるドラマとは違った視点で、どう描かれていくのか、楽しみです♪(^^)

  

【第5回あらすじ】 (Yahoo TVより)

1859(安政6)年、尚之助(長谷川博己)と勝(生瀬勝久)は開港間もない横浜を訪れ、その変わりぶりに驚く。一方で、攘夷(じょうい)浪士が異国人を襲撃する事件が頻発していた。覚馬(西島秀俊)は横浜から戻った尚之助から、寅次郎(松陰=小栗旬)の詮議が始まったと聞く。一方、うら(長谷川京子)が覚馬の子を身ごもり、八重(綾瀬はるか)は佐久(風吹ジュン)たちと祝福する。だが、覚馬を攘夷派の浪士が襲い、身をていして守ろうとしたうらが転倒してしまう。やがて、寅次郎は「安政の大獄」で処刑され、知らせを受けた覚馬や八重らは悲しみに暮れる。そして翌年、攘夷派の怒りを買った井伊直弼(榎木孝明)が桜田門外で暗殺される。

  

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]21.4%  [第2回]18.8%  [第3回]18.1%  [第4回]18.2%

[第5回]18.1%

 

公式HP・次回粗筋

  


【送料無料】八重の桜(前編) [ 山本むつみ ]


【送料無料】サムライアンブレラ!日本刀風侍雨傘/侍傘/ジャンプ傘/傘

 

  

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2013年2月 3日 (日)

【信長のシェフ】第4話感想と視聴率

「家康の裏切り!?信長の危機を天ぷらで救え!」

第4話の視聴率は、前回の10.1%より上がって、11.3%でした♪

2話続けて上がり、いい雰囲気になってきました♪(^^)

 

信長の妹・市がを送ってきてくれて、「簗(やな)です」とケンが気づくシーンがありました。

『朝倉公記』によると、信長に送ったのは、袋の両端を縛った「小豆袋」で、袋のねずみ=挟み撃ちを知らせたという事だそうですが、このドラマでは鮎で、簗でした(^^;)

ケン「簗とは、川の両岸をせき止めて魚を捕る仕掛け。もし、簗と罠を仕掛けていたとすれば、このまま流れに乗っていけば・・・」

信長は、越前国の朝倉義景を攻めたのですが、ケンの言う通り、北から朝倉、南からは浅井家の軍勢が金ヶ崎で織田軍を挟み撃ちにすべく出陣していました。

信長「退却じゃ!」

秀吉がしんがりを自ら進んで願い出ました。

これは史実通りですね(^^)

ケン「この戦は、戦国史上、有名な信長の撤退。金ヶ崎の退き口だったのか」

 

という訳で、ケンがこの意味を伝えて信長が退却を決意した事になっていました(^^;)

 

そして、信長、楓、ケン、夏の4人だけで獣道を走って退却。

途中、信長が足を怪我してしまい、近くにあった民家に泊めて貰いました。

その家に、病で食欲をなくした子供がいて、普通のおかゆでは食べず、その子のためにケンはバターを作って、バターと芋がら入りの『芋がらのリゾット』を作りました。

泡だて器代わりの物で、よく泡立てられました(^^;)

固めるのに、時間がかかって、大変そうでした(^^;)

無事、帰ってこれて良かったです。

 

この戦いに、徳川家康(カンニング竹山)も信長軍に加わりましたが、信長の義弟、浅井長政が寝返ったので、家康は迷いが生じました。

家康の腹心の酒井忠次も、信長と距離を置くよう家康に進言しました。

家康と信長は同盟を結んでいます。

酒井「朝倉義景の謀反に加え、義弟、浅井長政にまで裏切られたとあっては、反織田勢力の拡大は必至。多数の離反者が出て当然でしょう。

 確かに、今は家康さまと織田殿は同盟を結んでいますが・・・」

家康「分かっておる。状況次第の寝返りや謀反はこの戦国の世の常だ」

楓より家康が裏切ると連絡があり・・・

信長はケンに命じました。

信長「おぬし、今すぐ京に向かい、家康にうまい物を食わせてやれ。

 食材はもう決まっておる。 鯛じゃ。

 おぬしの料理で必ず、家康の心を繋ぎ止めろ。 行け!」

これは難しいですね(^^;)

家康の晩年の好物は天ぷらだと言われているそうです(^^)

夏「どうしてケンが家康の晩年を知ってんだ?」

夏は、まだケンが未来人だと知りません(^^;)

ケンは、記憶喪失ですが、本当に物知りですね♪

また夏もケンと一緒に家康の元に行きました。

天ぷらは、まだこの頃はありません。

夏は、油を買い忘れてしまいました。

鴨から油を作ろうと思いましたが、家康がいたのは寺なので、獣の肉はご法度です。

仕方なく、庭にあった椿の実から油を作る事に。

ケン「フレンチのブール・ド・クルヴェットの技法を応用すれば作れる」

椿油って、今でもありますね(^^)

でも、シェフでもなかなか油の作り方まで知らないのでは?

ケンはすごいです。

苦労して椿油を作りましたが、量が少ししかできなかったので、ソテーにしました。

「鯛のソテー天ぷら風」です。

家康、食べて「外は香ばしくて、中はほんわり柔らかい。なんたる美味」

家康、更に食べ「鯛の天ぷらか。この世で一番うまいかもしれん」

それで子供の頃の事を思い出しました。

家康は子供の頃、織田家の人質として幽閉されていました。

そこへ、信長が食べ物を持って行ってあげました。

でも、家康はいらないと断りました。

何を食べたいのか聞かれたので、鯛と答えました。

信長「将来、おぬしがわしに必要な男となったら、この世で一番うまい鯛を食わせてやろう。どうじゃ?」

<回想終わり>

家康「覚えててくださったのか・・・このわしを・・・

 必要だと言われるのか。信長殿」

と更に食べる。

家康「ケン、信長殿に伝えてくれ。

 次の戦にはこの徳川が先陣を切らせていただくと」

酒井「家康様!」と驚く。

家康「たとえ相手が誰であってもな」

ケン「分かりました」とお辞儀する。

ケンと夏は無事、岐阜城に戻りました。

 

ここで家康が信長と距離を置こうと考えるのはありそうで、それを料理と子供の頃の思い出で引き戻すと、よくできていたと思います♪(^^)

 

信長はケンの料理「干し海老と葱のチャーハン」を食べました。

信長「長政、己がどれほどの過ちを犯したか思い知らせてくれるわ」

裏切り、敵となった義弟、長政を討伐すべく、近江に向けて出陣しました。

信長「一人残らず全滅するのじゃ!」

 

ところが、行った先は、もぬけの殻。

ケンは料理を作るよう命じられましたが、台所には料理人が3人隠れていて・・・

彼らを捕まえ、その一人、彦六にそこにあった水を飲ませたら、吐いて・・・

楓が彼を殺しました。

水に毒が入っていたようです。

事前に気づいたケンのお手柄で、誰も飲まずに済みました。

怒った信長は、ケンに、

「彦六になりすまし、料理人達と一緒に先方(敵)の台所に潜入し、借りを返して来い」と、命じました。

 

これは大変な命令ですね(汗)

敵の城に潜入して、間者のような真似をして、大丈夫でしょうか?

それに「借りを返す」とは、毒には毒をという事なのか、それとも・・・

鮎を送って危機を教えてくれた妹・市への借りを返すでありますように♪(^^)

お市様は美人で有名ですね♪

このドラマでは、星野真里さんが演じるようです♪

そして、茶々と初も出てくるでしょうか?

まだ、江は生まれてないかな?

大河の「江」を思い出してしまうので、江がいない方がいいです(^^;)

次回は、お子様ランチ?

茶々のためかな?

楽しみです♪(^^)

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]11.6%  [第2話]9.9%  [第3話]10.1% [第4話]11.3%

 

【第3話あらすじ】 (公式HPより)

ケン(玉森裕太)の料理により、将軍・足利義昭(正名僕蔵)に朝倉義景攻めを了承させた織田信長(及川光博)は京の二条城からすぐさま出陣。木下藤吉郎秀吉(ゴリ)、森可成(宇梶剛士)のほか、徳川家康(カンニング竹山)も従軍し、破竹の勢いで越前の朝倉軍を撃破していった。
 まもなく朝倉の本拠・一乗谷、というところで休息をとっていた信長のもとへ義弟・浅井長政からの使者と書状が届く。そこには長政から信長に向けられた縁切りの言葉が。さらに信長の妹で長政の妻であるお市からも包みが届く。
 そこには数匹の鮎が添えられており、ケンはそれが「梁(やな・川の両岸をせき止めて魚を獲る仕掛け)」、つまりは罠を表しているものではないか、と進言する。
 案の定、北からは朝倉軍、南からは浅井軍が信長軍の本陣に迫り、挟み撃ちにしようとしているところだった! 殿(しんがり)を秀吉に任せ、ケンを伴って退却を開始した信長だったが、途中足を負傷してしまう。雪も降り出し、これ以上の進行が困難になった一行はやむなく近くの百姓家で一晩を明かさせてもらうことに...。
 その家には栄養失調の子供が。ケンは即席のバターを考案し、『芋がらのリゾット』を作って子供に食べさせ、その両親を喜ばせる!

 朝倉・浅井軍の追手に気づかれることなく、無事岐阜に戻った信長だったが、今度は家康が裏切りを画策しているのではないか、という情報が入る。信長は家康が好きな鯛を使い、家康の心を繋ぎ止める料理を作れ、とケンに指示する。
 実は、その鯛にはある大きな意味が込められていて...?

 

公式HP・次回あらすじ

 


送料無料!【漫画】信長のシェフ 全巻セット (1-6巻 最新刊)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2013年2月 2日 (土)

【純と愛】第17週視聴率と第18週((1/28~2/2)感想

ネタバレでも告知した通り、2/3(日)11時から、夏菜さんと風間俊介さん、城田優さんが、大阪府寝屋川市にある成田山不動尊(成田山大阪別院 明王院)で行われる節分祭での豆まき式に参加するそうです。(詳しくは、こちらです)

 

来週、思いがけない人が急死してしまうようで、びっくり!

今までの視聴率、初回が最高なので、これを超えるためには、家族とかの主要キャストの死と、大雪とか大ニュースが重ならないと、無理ではないかと、先週のレビューにいただいたコメントの答えに書いたので、絶妙なタイミングで、びっくりしました(汗)

あの方のスケジュールがお忙しいのかもしれませんが、大事なキャストの死で、視聴率を上げるためではないかと、私には思えてしまいます(^^;)

来週のネタバレは、こちらです。

 

先週(第17週)の関東の週間最高視聴率は、18.4%(1/24(木))でした。

この日の内容は、過労で倒れた愛ママ・多恵子と、風邪で倒れた純が、里やの一緒の部屋で目を覚ましました。

愛パパ・謙次は多恵子に土下座して、別れてほしいと頼みました。

関西の週間最高視聴率は、前週と同じく16.4%(1/21(月))で、北海道は、前週の14.3%より少し上がって14.6%(1/25(金))でした。

にょえさん、三連星さん、関西と北海道の視聴率情報、ありがとうございました♪(^^)

 

さて、今週は、若年性アルツハイマー型認知症になってしまった晴海の介護で、揺れる狩野家の家族の葛藤と、笑わせてという「里や」のお客さん(朝加真由美)を笑わせようと奮闘する純のドタバタを並行して描きました。

笑わせてというお客さんを笑わせようと奮闘するのは、前週の勇気ちゃんが泣かないように正が頑張るのと似ていました(^^;)

結局、勇気ちゃんを連れてきて、その笑顔を見せて微笑ませました。

よく赤ちゃんの笑顔を見ただけで笑えましたね。

私は、子供、あまり好きじゃないので、子供の笑顔では笑えないと思います(^^;)

今度は、剛の差し金で、晴海が離婚届にサインして、狩野夫妻の離婚の危機(^^;)

別に、今更、離婚しなくても、家族の誰かが宮古島に連れて行って、一緒に住めばいいと思いますが。

逃げてばかりいた善行、純から「お母ちゃんと、ちゃんと向き合って下さい」と言われて、ようやく真剣に向き合いました。

善行は、部屋に閉じこもった晴海の元に行き、今までの事を謝り、今からずっと傍にいて面倒をみると言いました。

でも、宮古島に帰ると言わなかったような気がしたんですが・・・

それが一番、大事だと思いますが?(^^;)

善行「すまんかったなあ、晴海。 でもな、今からは違う。~

 散々迷惑かけて、どこまで返せるか分からへんけど、でも、命かけて頑張るから。

 せやから、せやから、明日は晴れると信じてくれ! 頼む!」

晴海「ありがとうございます」とお辞儀する。

晴海「もう一つ聞いてもいいですか?」

善行「なんや?」

晴海「あなたは誰ですか? どうしてここにいるんですか?」

善行「何を言うてんねん。俺やん。おまえの亭主の善行やん」

晴海「きゃ~!

 うちのお父さんは、そんな優しい人じゃありません。

 そんないい人じゃありません」

善行は、がっかりして、もう俺の事はほっといてくれと、純に言いました。

 

認知症の人が家族を忘れてしまう事は、よくある事ですね。

理屈では分かっていても、忘れられた本人はショックでしょうけれど。

私の義父が夫を忘れてしまった時も、夫はかなりショックだったようでした(^^;)

結局、晴海さんは宮古島には帰れないのでしょうか?

ぜひ、最後に帰してあげてほしいです。

晴海さんがドラマ内で死ぬかもと思っていましたが、前述の通り、来週、別の人が死んでしまうようで、びっくりです。

これなら大ニュースが重ならなくても、初回視聴率の19.8%を超えられるかも?(^^;)

来週こそ、初回視聴率を超えられますように☆(^^)

  

【視聴率推移】 (週間最高視聴率)

                  関東          関西        北海道

初回視聴率(10/1(月))   19.8%           16.2%

第1週「まほうのくに」   19.8%(10/1(月))   18.4%(10/2(火))  16.0%(10/6(土))

第2週「本当のかお」18.6%(10/10(水),10/12(金)) 17.4%(10/10(水)) 16.9%(10/13(土))

第3週「しんじるこころ」  19.4%(10/15(月))   17.2%(10/15(月)) 16.2%(10/16(火))

第4週「ねむりひめ」 18.0%(10/25(木)) 16.3%(10/23(火),24(水),26(金)) 14.3%(10/25(木))

第5週「きたかぜとたいよう」 17.5%(11/2(金))   18.2%(10/30(火))  13.8%(?)

第6週「らぶすとーりー」    17.3%(11/9(金))   17.0%((11/9(金))  13.7%(11/9(金))

第7週「けっこんしようよ」   18.4%(11/12(月))  18.0%(11/12(月))  14.3%

第8週「まもってあげたい」  18.1%(11/19(月)) 16.8%(11/21(水))   16.7%

第9週「はっぴーうぇでぃんぐ」17.3%(11/26(月)) 18.1%(11/26(月))  15.4%(12/1(土))

第10週「すーぱーまん」17.8%(12/3月&12/5水) 16.6%(12/3月&12/4火) 14.7%(12/8土)

第11週「やめないでぇ」    18.1%(12/10(月))  16.4%(12/14(金))  14.6%(12/14(金))  

第12週「さいしゅうけっせん」18.3%(12/17(月)) 17.5%(12/17(月))  15.8%(12/18(火))

第13週「きせきのくりすます」17.4%(12/27(木)) 16.6%(12/28(金))  15.3%(12/25(火))

第14週「しんねんのちかい」 15.4%(1/5(土))     ?        13.8%

第15週「あかずのま」    17.4%(1/7(月))  16.0%(1/7(月))  14.7%(1/12(土))

第16週「あいがつたわる」  18.3%(1/18(金))  16.4%(1/18(金))  14.3%(1/15(火))

第17週「えいえんのあい?」 18.4%(1/24(木))  16.4%(1/21(月))  14.6%(1/25(金))

第18週「えがおのゆくえ」

  

週間視聴率ランキング(ビデオリサーチ)

日々の視聴率サイト

  

公式HP・善行の四字熟語講座(眉目秀麗・蓬髪花顔など)

公式HP・愛は見た!(愛の目線で第19週の見どころ紹介)

公式HP・武田鉄矢さん×森下愛子さん 狩野家夫婦対談(前編)

  

【過去レビュー・リンク】 (感想・あらすじなど)

第14週(1/4~1/5) &新登場人物紹介

第15週(1/7~1/12)&第13週視聴率

第16週(1/14~1/19)&第14週視聴率

第17週(1/21~1/26)&第15・16週視聴率

  

【過去の日別あらすじ】

第14週(第78~79回)(1/4(金)~1/5(土))

第15週(第80~85回)(1/7(月)~1/12(土))

第16週(第86~91回)(1/14(月)~1/19(土))

第17週(第92~97回)(1/21(月)~1/26(土))

第18週(第98~103回)(1/28(月)~2/2(土))

第19週(第104~109回)(2/4(月)~2/9(土))

  


【送料無料】純と愛 完全版 DVD-BOX 1 [2013年03月21日発売]

  

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

(ネタバレ)【純と愛】第19週・日別粗筋(2/4~2/9)

2/3(日)11時から、夏菜さんと風間俊介さん、城田優さんが、大阪府寝屋川市にある成田山不動尊(成田山大阪別院 明王院)で行われる節分祭での豆まき式に参加するそうです。(詳しくは、こちらです)

これは、来週(第19週)「おもいよとどけ」の日別あらすじです。

来週は、予想外のあの人の死、びっくりです(汗)

  

<日別あらすじ 第19週(第104~109回)(2/4(月)~2/9(土))> (Yahooテレビより)

第104回[2/4(月)]

晴海(森下愛子)の病状の重さに耐えかねて、善行(武田鉄矢)は出て行く。正(速水もこみち)や剛(渡部秀)は、もう善行のことはあてにせず、晴海と離婚させるとまで言う。ある日、晴海が里やに来て、純(夏菜)の家に住むという。マリヤ(高橋メアリージュン)に訳を聞くと、ミルクを冷まし忘れて、勇気にヤケドを負わせたのを気にしているのだと言う。これ以上、家族に迷惑をかけたくないと、晴海は発作的に包丁を手にする。

第105回[2/5(火)]

晴海(森下愛子)は自殺を思いとどまり、愛(風間俊介)が、そっと見守っているのに気付く。愛は純(夏菜)には言わないと約束する。隣室の山田(中西美帆)は純を挑発するように、愛のことが好きだという。行方が知れなかった善行(武田鉄矢)が、里やに来たが、また自分のことを覚えていないと言われるのが怖くて晴海と会えないと言う。弱気と言い訳に終始する善行に愛想が尽きた純は、晴海の署名入りの離婚届を善行に渡し...。

第106回[2/6(水)]

純(夏菜)が出かけた後のアパートに、善行(武田鉄矢)がやって来る。愛(風間俊介)は善行が持ってきた離婚届を破り捨て、男がつまらないプライドを捨て女性の言葉に従った方が、皆が幸せになると言う。晴海(森下愛子)が大切にしていた昔のラブレターを読んだ善行は、今度こそ一緒に宮古島に戻って、晴海の面倒を見ようと決心する。ところが晴海は出かけて行方が分からなくなってしまう。必死に捜す善行は港で晴海を見つけ...。

第107回[2/7(木)]

誤って海に落ちた晴海(森下愛子)を助けようとして、善行(武田鉄矢)は泳げないのに海に飛び込む。晴海は無事だったが、善行は溺れて助けられたものの、多臓器不全で意識不明になってしまう。病室で目覚めた晴海は、事の次第を覚えておらず、善行と知り合ったころの話をうれしそうに話す。純(夏菜)たちきょうだいは本当のことを言うべきかどうか迷う。愛(風間俊介)が1人で善行の様子を見舞っているとき、善行が目を覚ます。

第108回[2/8(金)]

奇跡的に意識を取り戻した善行(武田鉄矢)だが、声を出すことができない。正(速水もこみち)、剛(渡部秀)、マリヤ(高橋メアリージュン)に善行の心の声を通訳して聞かせたのは愛(風間俊介)だった。だが純(夏菜)に最期の声をかけようとした時、善行は力尽きる。愛は、葬儀が終わって里やに戻った純に、善行が伝えたかった最期の言葉は「おまえはそのままでいろ」だったと言う。それは純が一番聞きたかった言葉だった。

第109回[2/9(土)]

里やでは皆が純(夏菜)を気遣っている。善行(武田鉄矢)の死を晴海(森下愛子)に伝えるか否か話し合う中、これからは純(夏菜)を一家の長とみなし、その決定に従うと正(速水もこみち)は言う。晴海が退院し帰宅すると、純は正直に善行の死を伝える。予想に反して晴海は、悲しむ様子を見せず、肩の荷が下りたようだと言う。だが、善行が好きだっただし巻き玉子を作って皆で食べていると、静かな悲しみが込み上げるのだった。

 

 

公式HP・善行の四字熟語講座(眉目秀麗・蓬髪花顔など)

公式HP・愛は見た!(愛の目線で第19週の見どころ紹介)

公式HP・武田鉄矢さん×森下愛子さん 狩野家夫婦対談(前編)

  

【過去レビュー・リンク】 (感想・あらすじなど)

第1話[10/1(月)]&作品紹介・主要人物表など

第2話[10/2(火)]&初回視聴率

第3話[10/3(水)]「特殊能力」

第4話[10/4(木)]「社長&研修」

第2週感想(10/8月~10/12金)&第1週週間最高視聴率

第3週感想(10/15月~10/19金)&第2週視聴率

第18回(10/20(土))「純愛の始まり♪」

第23回(10/26金)&第3週視聴率「恐怖の愛ママ登場」

第5週(10/29月~11/3土)&第4週視聴率

第6週(11/5月~11/9金)&第5週視聴率&追加キャスト発表

第11週(12/10~12/15)&第10週視聴率

第12週(12/17~12/22)&第11週視聴率

第13週(12/24~12/28)&第12週視聴率

第14週(1/4~1/5) &新登場人物紹介

第15週(1/7~1/12)&第13週視聴率

第16週(1/14~1/19)&第14週視聴率

第17週(1/21~1/26)&第15・16週視聴率

  

【過去の日別あらすじ】

第6週(31~36回)(11/5(月)~11/10(土))

第7週(第37~42回)(11/12(月)~11/17(土))

第8週(第43~48回)(11/19(月)~11/24(土))

第9週(第49~54回)(11/26(月)~12/1(土))

第10週(第55~60回)(12/3(月)~12/8(土))

第11週(第61~66回)(12/10(月)~12/15(土))

第12週(第67~72回)(12/17(月)~12/22(土))

第13週(第73~77回)(12/24(月)~12/28(金))

第14週(第78~79回)(1/4(金)~1/5(土))

第15週(第80~85回)(1/7(月)~1/12(土))

第16週(第86~91回)(1/14(月)~1/19(土))

第17週(第92~97回)(1/21(月)~1/26(土))

第18週(第98~103回)(1/28(月)~2/2(土))

  


【送料無料】純と愛 完全版 DVD-BOX 1 [2013年03月21日発売]

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

2013年2月 1日 (金)

【最高の離婚】第4話感想と視聴率「あなたが好きなのは自分だけ」

「あなたが好きなのは自分だけ」

第4話の視聴率は、前回の10.8%より上がって、12.3%でした。

初めて上がって良かったです♪(^^)

 

今回の見どころは、オノマチさんの長台詞。

光生への愛に満ちただけでなく、

「一番最初に思い出す人達が集まっているのが家族だよ」とか、

「あなたが好きなのは、自分だけなの」とか、大事な台詞が含まれてました♪(^^)

 

富士山は、静岡県と山梨県にまたがっていますが、表は静岡県だと思います♪

私も静岡県出身なので♪(^^)

 

濱崎光生(瑛太)は、いろいろと気苦労があったので、円形脱毛症に。

500円玉の大きさになってしまいました(^^;)

歯科衛生士の菜那(芹那)が

「歯よりミステリーサークル、治した方がいいんじゃないですか?」

ミステリーサークルとは(笑)

   

千尋(小野ゆり子)は、婚姻届を出していない諒(綾野剛)に

「蟹かまぼこみたいな物ですよね。 私、2番でいいの」

婚姻届を出していない夫婦を蟹かまぼことは(^^;)

2番がいいようなので、他の浮気相手は気に入らないようです(汗)

もう一人の浮気相手の光永詩織(大谷英子)の勤めるブティックへ行って、灯里(真木よう子)の自宅兼アロママッサージの店の割引券をあげました。

目論見通り、詩織は灯里の店へ来て、たまたま諒が帰宅して、諒の奥さんだと分かってしまいました(^^;)

灯里の方も諒の浮気相手だと分かったようです(^^;)

千尋は前回、光生(瑛太)にも婚姻届を出していない事を知らせて、光生と灯里がくっつくのを後押ししていたし、彼女の動きは台風の目ですね(^^;)

  

偶然、『金魚カフェ』で諒に会った光生は、なぜ婚姻届を出さなかったのか聞きました。

すると、諒は未提出の婚姻届をポケットから出して、光生に見せました。

婚姻届の日付は、2012年11月11日で、1並びの日を灯里が選んだようです。

その日に2人で一緒に出しに行くつもりでしたが、灯里が熱を出してしまったため、諒一人で区役所に向かい、そのとき、知り合いから「犬が迷子になったから一緒に探してほしい」と電話があり、結局、そちらに行ってしまったとの事。

犬は見つからず、翌日、一緒に行けばいいと思ったけれど、帰ってきたら、灯里が嬉しそうだったので言いぞびれてしまったとの事。

光生が呆れて、今からでも出すよう言いましたが、離婚したあなたがなぜ結婚を勧めるのかと、逆に聞かれて・・・

たまたま、灯里が来たので、慌てて、光生が婚姻届を隠したら、そのまま2人が帰ってしまったので、婚姻届を返しそびれてしまいました(汗)

後で、捨ててくれと諒から言われましたが、そういう訳にもいかないですよね(^^;)

結局、最後に、これを入れてあったジャケットを結夏(尾野真千子)が間違えて着てきて、灯里と一緒に行ったラーメン屋で、横に置いてあったジャケットを落としてしまった拍子に、婚姻届が出てしまいました。

拾い上げた結夏は驚いて・・・

覗き込んだ灯里も驚きました(^^;)

  

これは、次回、どうなるのか、灯里の反応が楽しみです♪

この辺の婚姻届の流れ、うまくできていて、面白かったです♪(^^)

灯里のためを考えてあげて、光生も優しいですね♪(^^)

ようやくいい面も出てきて、良かったです♪

 

そして、前述の通り、今回の見どころは後半の結夏が光生に言った愛に満ちた苦悩の長台詞。

面と向かって言わないで、後ろ向きに物を投げながら言って、良かったです♪(^^)

ここ、迫力がありました。

全部、書き取ろうかと思いましたが、長いので、途中、少し省略します(^^;)

  

結夏は、合コンで知り合った淳之介(窪田正孝)の家にお泊りして、彼の家族とも少し仲良くなり、再び、夕食を作りに行きました。

楽しかったらしくて、ご機嫌で帰宅。

ロールキャベツなど、作った料理を光男にもお土産と持ち帰って来ました。

でも、光生は喜ばず、残り物などいらないと、ご機嫌斜め。

それで、また喧嘩になってしまいました(汗)

喧嘩しながらも、結夏の言葉は光生への愛に溢れていました♪

  

結夏「あ~、こういう楽しい感じ、久しぶりだな。

 こういうの温かいな。こういうの、あの人にも分かったらいいのにな。

 こういうの、あの人にも分けてあげたかったなって思ったの。勝手に思っちゃったの。

 私はもっと・・・もっとって言うか、あなたは馬鹿にするけど、

 別に、私はただ、私はただ、普通の家族になりたかっただけで・・・」

光生「普通の家族って何だよ」

結夏「一番最初に思い出す人だよ。

 一番最初に思い出す人達が集まっているのが家族だよ」

結夏「いつかそのうち、夫婦っぽくなれるもんだと思ってた。まあ、なれなかったじゃん」

光生「それはまだ・・・」

結夏「子供ができたら分かるのかなと思って。

 で、あなたに言ったら、子供なんかいらないって」

結夏、鉢植えなど物を手当たり次第、投げ捨てながら、

結夏「分かってた。分かってたよ。

 ああ、この人は1人が好きなんだ。 自分の自由、邪魔されたくないんだ。

 あ、そう。 だったら、いつだろう?

 いつになったら、この人、家族、作る気になるんだろう?

 いつになったら、この人、家族、思いやれる人になるんだろうって。

 結婚して2年たらず、やっぱりずっと思い浮かべてた。

 山手線で事故があったらと聞いたら、うちの人、大丈夫かなって。

 店のお客さんが病気で入院したって聞いたら人間ドック連れて行かなきゃって。

 コタツがあったら一緒に入るとこ、想像したし、

 小さな子供見たら、うちにも子供がいたらどんなだったかなって想像したし。

 それは今でも変わらないんだよね。

 何か、楽しい事あると、濱崎光生さんの事、思い浮かべちゃうんだよね。

 だから、さっき、よそんち、行った時も・・・」

光生「分かった。分かったよ」

結夏「何が?」

光生「子供、作ろ?

 どうしても嫌だったわけじゃないんだよ。

 タイミング的な事とかあったし。

 つい、そういう事、言ったけど、今からでも遅くないし・・・」

結夏「私達、離婚したんだよ」

光生「もう1回、結婚すればいいよ。ばあちゃんも喜ぶし。

 もう1回、結婚し直して、何だったら結婚式もしてさ。

 子供作って、家族になろうよ。あったかい家族を・・・」

結夏「馬鹿じゃないの?! 何それ? どういうつもりで言ってんの?」

光生「どうって? 俺は・・・」

結夏「俺は何よ。俺は何を考えて、そういう事、言ってんの? 自分の都合でしょ?」

光生「違うよ。結夏が言うから・・・」

結夏「結夏が言うからっていうのも、自分の都合なの。

 いい加減、認めたら?

 私は、ず~っと前から気づいてるよ。

 あなたは私の事なんて、好きじゃないの。

 あなたが好きなのは、自分だけなの」

光生「・・・」

結夏、出て行く。

  

夜道で、偶然、灯里に会い、一緒にラーメン屋へ。

そこで、結夏は、たまたま椅子に置いてあったジャケットを落としてしまい、その上に落ちた紙を拾ったら、灯里の婚姻届でした(^^;)

  

次回、どうなることやら?

楽しみです♪(^^)

 

【第4話あらすじ】 (Yahooテレビより)

濱崎光生(瑛太)は、上原諒(綾野剛)と灯里(真木よう子)がまだ婚姻届を出していないことを知る。同じころ、結夏(尾野真千子)は、合コンで知り合った淳之介(窪田正孝)とお互いに静岡県出身ということで意気投合し飲んでいた。が、翌朝目を覚ました結夏はがく然となる。なんとそこは、淳之介の家だった...。
一方、上原家では、ガールフレンドとホテルに泊まり朝帰りした諒が、「好きなものを選んで」と灯里に温泉旅行のパンフレットを手渡す。灯里はうれしそうに「ありがとう」と答えたが...。
いろいろな悩みが重なり、光生はなんと"円形脱毛症"になってしまう。食事を作る気もしない光生は、夕飯をとろうと亜以子(八千草薫)の店『金魚カフェ』を訪ねて諒に出会う。光生が「なぜ婚姻届を出さなかったのか?」と諒を問い詰めると、諒は婚姻届をカバンから取り出し光生に見せる。婚姻届の日付は2012年11月11日...。その日、諒は、灯里が熱を出してしまったため、ひとりで区役所に向かい、休日受付の窓口を探していたのだという。そのとき、知り合いから「犬が迷子になったから一緒に探してほしい」と電話があり、結局そちらに行ってしまったらしい。光生が諒の話を理解できないでいると、店に灯里が入ってきた!!光生は、とっさに持っていた婚姻届を懐に隠し...。
同じ夜、結夏は亜以子とプロレスを見に行っていた。試合観戦が終わったら離婚のことを伝えると言うが...。

  

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]13.5%   [第2話]11.0%   [第3話]10.8%   [第4話]12.3%

 

公式HP・次回あらすじ

冬ドラマ視聴率一覧&初期総評(2013年1~3月期)

  

  

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30