無料ブログはココログ

« 【あまちゃん】第6週視聴率と第7週感想&『潮騒のメモリー』 | トップページ | 【ガリレオ2】第6話感想と視聴率「密室る(とじる)」 »

2013年5月20日 (月)

【八重の桜】第20回感想と視聴率「開戦!鳥羽伏見」

「開戦!鳥羽伏見」

第20回の視聴率は、前回の15.0%より下がって、13.7%でした。

遂に、戊辰戦争、始まってしまいました!

大砲奉行の林権助(風間杜夫)さん、早々に亡くなってしまいました。

林「死しても会津の名を汚すな!」

目を開けたままの壮絶な死でした。

ここ数回、まるで、最終回直前みたいな盛り上がりですが、負けた方から描いているので、今後も沢山の人が亡くなりそうで、ちょっと辛いです(汗)

今回、会津の方は、竹子が結構、登場して、照姫も登場♪

戦争の気配を感じながらも戦勝祈願の幟旗を縫って奉納したりして、ほのぼのとしていました。

八重と竹子、ライバルとして、お互い意識しているようです。

竹子と八重の歌が出てきましたが、竹子の歌は、辞世の句として有名な歌だそうです。

八重の歌も本物でしょうか? あれは創作かな?(^^;)

そのシーンと歌も後で書きます。

  

語り「慶応3年(1867年)12月、西郷達の策謀で、会津は御所を追われ、王政復古の宣言がなされた後の朝議では・・・徳川家の領地200万石の召し上げが決まった。

長きに渡った徳川の治世は1日で覆り、慶喜は二条城を出て、大坂に下る事を決意した」

慶喜が大坂に下るのに、嫌々ながらも容保たち会津藩も一緒に同行。

京都守護職ではなく、慶喜守護となったようです(汗)

 

覚馬は、注文してあった千丁の銃が届くのを待つため、都に残りました。

  

その後も薩摩は、戦をしたくて、西郷達の案で、江戸で不逞浪士たちに騒ぎを起こさせたりして、挑発。

こんな文書も一石橋に貼られていました。

「幕府 再び 政権を盗まんと欲する処 天兵を挙げ 江戸城を焼き 市中放火をもって 幕府を誅するものなり」

修理は、それを勝に見せ、言いました。

修理「兵を挙げて、江戸を焼き払うとの予告文です。

 もはや、強盗、打ち壊しの類にあらず、これは戦でごぜえます。

 会津も戦は避けたい。なれど、かような事が続いては・・・」

勝「だから、頼むのだ。会津の強さが戦の火種を大きくする。

 そうなって、もしも敗れた時は徳川は根絶やしにされる。

 慶喜公には煮え湯を飲まされてきた。

 だが、わしは幕臣だ。徳川は滅ぼせねえ。

 西郷という化け物に火をつけちまったのは、俺の失策だ」

  

慶喜と容保の所に近従が来て、報告。

近従「江戸で戦でございます。

 庄内藩が江戸で薩摩藩邸を砲撃。

 賊討伐の知らせに、城内は沸き立っております」

慶喜、手袋を机に叩きつけ

慶喜「しまった! 火種は江戸にあったか!」

容保「・・・」

外で、「薩摩討つべし」等の騒ぐ声が聞こえてくる。

これは、大坂ですよね?(^^;)

慶喜「これはもう兵を挙げねばならぬ」

容保「薩摩の挑発に乗ってはなりませぬ」

慶喜「この声を聞け! 1万5千の猛り立つ兵をどうやって鎮めるのだ!」

容保「なれど・・・」

慶喜「薩摩を討たねば、この怒りはわしに向かってくる。

 主君のわしが殺される。 もはや・・・戦うしかない」

  

会津では、大坂へ都落ちしたと聞いて、八重も含め、女性達が戦勝祈願で諏訪神社に幟旗を縫って奉納しました。

皆が幟旗を作っていた所へ、照姫達も幟旗を持ってきて、自分も作ったので一緒に奉納してほしいと言いました。

その後、遅れて、竹子も来ました。

年配の女性達が遅参の竹子を責めました。

薙刀の稽古で遅くなったとの事。

照姫「薙刀の稽古とは、遅参の言い訳ではないのか?」

竹子「決してそのような事は・・・」

照姫「言葉に偽りがないのなら、その思いを歌に詠んでみよ」

竹子は歌を書に書きました。

  

竹子の歌

「もののふの 猛き心に くらぶれば 数にも入らぬ 我が身ながらも」

  

照姫「さすがは、江戸で知られた中野竹子じゃ」

八重の独り言「もののふの心・・・」

照姫「皆も歌を詠んではどうであろう?

 幟と共に奉納しましょうぞ」

一同「はい」

八重は、竹子から書の道具を渡され、皆が書の準備をしている時に一人早く書きました。

  

八重の歌

「父兄の をしへたまひし 筒弓に 会津の心の 弾や込めなん」

  

時尾「八重さんらしい」と笑う。

照姫「会津の心の弾や込めなん。

 そなた、鉄砲を撃つそうですね」

八重「はい」

照姫「頼もしく思います」

八重「ありがとうごぜえやす!」

照姫、よく八重の事を覚えてくれてましたね♪

後の籠城戦の伏線のようにも思えました(^^)

  

その後、八重が竹子を角場に誘い、竹子が来て、八重が銃を撃つのを見ました。

真ん中に命中。

竹子「お見事です!」

竹子は、そのスペンサー銃の事も少し知っていました。

銃に全然、興味がない訳ではないようです。

竹子の手を握り、

八重「竹子様と私、使う道具は違うけんじょ、思いは一つですね」

竹子「はい。ただ、八重様の歌は、ご覚悟は立派ですが、あんましお上手とは言えないなし」

八重「まあ。竹子様は会津言葉が下手くそだなし」

2人、笑いました♪(^^)

八重の独り言「兄様、私とよく似た女子が会津にもう一人いっから」

  

この辺は良きライバルということで親交を深められて良かったですが・・・

明けて、慶応4年1月1日、慶喜は遂に、薩摩討伐を宣言。

翌2日、幕府方の兵1万が鳥羽・伏見の街道を都に向かいました。

1月3日、伏見で戦い。

会津軍が先頭でしたが、なかなか幕府軍の応援が来ず、薩摩の新型の武器に苦戦。

冒頭の通り、林さんが撃たれ、撃たれた後も指示を出し、目を開けたまま、亡くなってしまいました。

戦いは悲惨ですね。

一方、早々に勝利の知らせが来て、西郷の方はほくそ笑みました。

西郷の思い通りに進んでいます。

  

次回は、「敗戦の責任」

都で殴り倒された覚馬、どうなるでしょうか?

彼は死なないと分かっているので、少し安心ですが、

三郎の死や修理の悲劇など、次回も切ないでしょう。

戦い、いつ、会津まで来るでしょうか?

3月には、白虎隊編成です。

今回の最後は、慶応4年のお正月ですが、江戸時代はもうすぐ終わり、明治ですね。

歴史上、重要な局面が続いているので、勉強にもなります。

次回も楽しみです(^^)

  

【第20回あらすじ】 (Yahooテレビより)

都では王政復古が宣言され、逃げるように大坂へ下ろうとする慶喜(小泉孝太郎)を林(風間杜夫)や官兵衛(中村獅童)らが必死に引き留めるが、修理(斎藤工)にいさめられ、追従することになる。覚馬(西島秀俊)は都に残り、千丁の銃が届くのを待つことにする。都落ちを知った会津の八重(綾瀬はるか)は、藩の女性たちと共に戦勝祈願ののぼり旗を縫い、神社に奉納する。そこへ照姫(稲森いずみ)が現れ、自ら縫ったのぼり旗を奉納する。照姫は遅れてきた竹子(黒木メイサ)に、自らの思いを歌に詠むよう命じ、八重らもそれぞれ思いを込めた歌を詠む。都に出兵したものの、慶喜討伐の口実を失った薩長は、西郷(吉川晃司)の発案で江戸に騒ぎを起こし、旧幕府勢を挑発する。そして、ついに鳥羽伏見の戦いの火ぶたが切って落とされる。

  

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]21.4%  [第2回]18.8%  [第3回]18.1%  [第4回]18.2%

第5回]18.1%  [第6回]15.3%  [第7回]17.5%  [第8回]15.6%

第9回]15.1%  [第10回]12.6%  [第11回]14.3% [第12回]13.9%

[第13回]14.3%  [第14回]11.7%  [第15回]14.2% [第16回]13.8%

[第17回]13.7%  [第18回]15.7%  [第19回]15.0% [第20回]13.7%

  

公式HP・次回あらすじ

  


【送料無料】八重の桜 後編 [ 山本むつみ ]

  

  

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ ←できればクリック、お願いします♪(^^)

« 【あまちゃん】第6週視聴率と第7週感想&『潮騒のメモリー』 | トップページ | 【ガリレオ2】第6話感想と視聴率「密室る(とじる)」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

視聴率について、ビデオリサーチがこの秋から録画視聴率も発表するべく準備を進めているようですね。

民放はCMをカットされるからと言うので、録画視聴率はあえて無視してきたのですが、何と、一般視聴率よりも録画視聴率の方が高い逆転現象が起こった番組もあることが発覚して、前記の措置を取ることになったようです。

大河スタッフにとっては「朗報」かもですね。
録画率が数% 、BSが4%台、それに再放送を加えると実質は2倍の視聴率があるのではないかと睨んでいます。

さて、本編。照姫さま臨御の歌合わせ、慶喜と西郷の知恵比べ、立ち往生した林権助さんはじめ会津藩士の力戦敢闘、いずれも内容が濃かったですね。

戊辰戦争が始まり、今後、会津藩の死傷者がうなぎ登りになることを考えると、さらに気が重いところもありますが、ペース配分から考えて、会津戦争は前半の、というより全体のクライマックスと脚本家は思い定めているようです。

ショコラさんも書いておりましたが、慶応四年の正月は江戸時代最後の正月であるのですね。そのように考えると、いたく感慨深いものがあります。

>レッドバロンさんへ

コメント、ありがとうございます。
お返事、遅くなってしまって、すみません。

視聴率、ビデオリサーチがこの秋から録画視聴率も発表するんですか。
確かに、録画での分も含めるとかなり変わるでしょうね(^^)
大事だと思う方が録画してじっくり見る人が多いと思うので。

NHKはCMがないので、録画しない人が多いのではないかと言う人もいるみたいですが、大河は録画して見る人、多そうな気がします。
BSやら再放送やらで見る人もいるでしょうけれど、録画視聴率が発表されたとしてもそれらは合算されないでしょうね(^^;)

>さて、本編。照姫さま臨御の歌合わせ、慶喜と西郷の知恵比べ、立ち往生した林権助さんはじめ会津藩士の力戦敢闘、いずれも内容が濃かったですね。

そうですね(^^)

>戊辰戦争が始まり、今後、会津藩の死傷者がうなぎ登りになることを考えると、さらに気が重いところもありますが、ペース配分から考えて、会津戦争は前半の、というより全体のクライマックスと脚本家は思い定めているようです。

会津戦争でもう終わってしまいそうな雰囲気です(汗)
明治時代になったら、違うドラマになってしまそうな気がします(^^;)
そうなったら、今度こそ、第2部は八重が主役になるかもしれませんね。

>ショコラさんも書いておりましたが、慶応四年の正月は江戸時代最後の正月であるのですね。そのように考えると、いたく感慨深いものがあります。

ほんと、これが江戸時代最後のお正月なんですよね。
混乱の怒涛の最後のお正月でした(^^;)

今回は何だか中途半端。

慶喜が兵を率いて大阪城に下ったのも経済的軍事的に重要な拠点であった大阪を押さえる事で京都の新政府にプレッシャーを掛ける事が出来るからなのに外交の巻き返しのみ描いてもねぇ。現に辞官納地等は骨抜きになって【勝利目前】だったのに…。
正に戦わずして勝つ!
せめてナレーションだけでも入れて欲しかった。

幕府軍の装備が薩長軍より劣ってるって!?ソフト面の問題でしょ。
(士気と現場の指揮官の采配)

会津目線なのに何故か、薩摩の方が魅力的!(苦笑)。


> マロさんへ

コメント、ありがとうございます。

>慶喜が兵を率いて大阪城に下ったのも経済的軍事的に重要な拠点であった大阪を押さえる事で京都の新政府にプレッシャーを掛ける事が出来るからなのに外交の巻き返しのみ描いてもねぇ。現に辞官納地等は骨抜きになって【勝利目前】だったのに…。
正に戦わずして勝つ!
>せめてナレーションだけでも入れて欲しかった。
>幕府軍の装備が薩長軍より劣ってるって!?ソフト面の問題でしょ。
(士気と現場の指揮官の采配)


私は歴史に詳しくないので、実際がどうだったのかは全然、分かりません(汗)
ただ、徳川軍の士気が会津軍以外に悪いというのは、ドラマ内でも出てきました。
それと装備の違いと両方、指摘していました。
次の第21回では、指揮官の采配のミスも出てきましたね。
一貫して出てきてるのは、慶喜の自分さえよければというのと二枚舌が強調されてました(汗)


>会津目線なのに何故か、薩摩の方が魅力的!(苦笑)。

どうしても勝った方が魅力的になりますね(^^;)
勝つだけの理由があったわけなので♪(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/57422394

この記事へのトラックバック一覧です: 【八重の桜】第20回感想と視聴率「開戦!鳥羽伏見」:

» 【八重の桜】第20回感想と視聴率「開戦!鳥... [ショコラの日記帳]
【第20回の視聴率は5/20(月)午後追加予定】「開戦!鳥羽伏見」遂に、戊辰戦争、始まってしまいました!大砲奉行の林権助(風間杜夫)さん、早々に亡くなってしまいました。林「死し... [続きを読む]

» 【八重の桜】第20回 「開戦!鳥羽伏見」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
王政復古のあと、逃げるように都から大坂へ下ろうとする慶喜(小泉孝太郎)を、 林権助(風間杜夫)や佐川官兵衛(中村獅童)らが必死に引き留める。 だが、神保修理(斎藤工)にいさめられ、仕方なく同行...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」第20回 [日々“是”精進!]
  第二十回「開戦!鳥羽伏見」都では王政復古が宣言され、逃げるように大坂へ下ろうとする慶喜を林権助や佐川官兵衛らが必死に引き留めるが、神保修理にいさめられやむなく従うこ... [続きを読む]

» 『八重の桜』 第20話 「開戦!鳥羽伏見」 [英の放電日記]
慶喜に秘策はあるのか?  大坂城に向かい会津も同行させることに、薩摩を討たずして大阪へ都落ち同然に下ることに納得がいかない会津藩士に、 「これは薩摩を討つための策じゃ。世に考えのあってのこと」 (「如何なる策か?」の問いに) 「秘策ゆえ、今は語れぬ」 と語...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」 #20 開戦!鳥羽伏見 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
幕府崩壊! 慶喜の意図とは違う方向へと時代は進みます。 [続きを読む]

» 八重の桜 第20回「開戦!鳥羽伏見」  [昼寝の時間]
公式サイト 都では王政復古が宣言され、逃げるように大坂へ下ろうとする慶喜(小泉孝 [続きを読む]

» 父兄の教え給いし鉄砲に会津心の魂やこめなむでごぜえやす(綾瀬はるか) [キッドのブログinココログ]
ま、ご愛敬だな。 中野竹子の辞世とされる「もののふのたけき心にくらぶれば数にも入らぬ我が身ながらも」に対応して、川崎八重が「父兄の教え給いし筒弓に会津心の弾やこめなん」と詠んだという趣向である。 八重の和歌は「明日よりはいづこの誰か眺むらんなれし大城に残す月影」が有名だが・・・虚実の境界線を漂うわけ... [続きを読む]

» 『八重の桜』第20回「開戦 鳥羽伏見!」★もののふの 猛き心に くらぶれば by黒木メイサ [世事熟視〜コソダチP]
『八重の桜』第20回「開戦 鳥羽伏見!」 大坂城の慶喜(小泉孝太郎)が各国公使と会談。 公使側は慶喜のことを大君(tycoon)と呼んでおり、外交は徳川が握っていることを誇示することとなりました。 これを受けて大久保(徳重聡)と西郷(吉川晃司)が会談。 大久保「今諸侯会議を開いたら、大名はこぞって慶喜に味方しもんそな。」 裕次郎二世こと徳重聡は、彼のキャリアの中で大久保役が一番良いかも。 西郷「人は変わることを恐れるもんじゃってな。どげな悪か世でん、知らん世界よりは良... [続きを読む]

» 八重の桜 第20回 開戦!鳥羽伏見 [レベル999のgoo部屋]
『開戦!鳥羽伏見』 内容 慶応三年。会津は御所を追われ、王政復古の大号令が発せられた。 慶喜(小泉孝太郎)は、京より大坂へ下ろうとする。 官兵衛(中村獅童)らは、それを引き止めようとするのだが、 容保(綾野剛)修理(斎藤工)らに諫められては、引き下がるし...... [続きを読む]

» 八重の桜 - 2013年大河ドラマ 綾瀬はるか [新ドラマQ]
2013年大河ドラマ「八重の桜」 日曜 NHK 2013年1月6日 - 12月(予定)(50回) [キャスト] 綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 松重豊 風吹ジュン 長谷川京子 工藤阿須加 黒木メイサ 剛...... [続きを読む]

» 八重の桜 第20回「開戦! 鳥羽伏見」〜このいくさの行き着く先は地獄だ! [平成エンタメ研究所]
 鳥羽伏見の戦いを見事に描きましたね。  西郷(吉川晃司)が平和的解決でなく、幕府とのいくさにこだわるのは 「人は大きく変わるのを怖れる」  だから、幕府を完膚なきまでに打ちのめし、もはや徳川の世でないことを示さなければならない。  すなわち 「国を更地に...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」 第19話 あらす... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
鳥羽伏見の戦いの始まり----------!!ついに迎えた最初の山場。薩摩討伐のための策があると、慶喜は二条城を都落ち同然で裏門から大阪へ向かう事に。その報が伝えられ、上洛すること... [続きを読む]

» 『八重の桜』第20回 [悠雅的生活]
開戦!鳥羽伏見 [続きを読む]

» 「八重の桜」 第20回、開戦!鳥羽伏見 [センゴク雑記]
大河ドラマ「八重の桜」。第20回、開戦!鳥羽伏見。 ついに、徳川と薩摩との間に戦争が起こる。 会津は徳川と共に戦うが・・・ [続きを読む]

» 八重の桜 第20回 「開戦!鳥羽伏見」 [青いblog]
西郷隆盛と大久保利通がものすごーーーくカッコイイんですが!!!!!!@@; 火の粉を前に暗闇にたたずむ二人。 や~、『飛ぶが如く』の西田さんと鹿賀さんも良かったけど、 こっちは西郷...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」信念の人20ついに開戦!旧幕府軍は最新装備の薩摩に歯が立たず覚馬は薩摩の捕虜となった [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「八重の桜」第20話は薩摩に京都を終われた旧幕府軍は大坂城に集結した。会津は慶喜に従い大坂に下るが、薩摩は旧幕府軍が仕掛けてくるように江戸で刺客を送り、江戸 ... [続きを読む]

» 火種の爆発 〜八重の桜・開戦!鳥羽伏見感想〜 [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
いよいよ鳥羽・伏見の戦いが勃発する。 王政復古の大号令の後、最初は慶喜は怒って鳥羽伏見の戦いに臨んだものの、錦の御旗の前に朝敵となることを恐れ、江戸へ下ってひたすら恭順の姿勢を貫く・・・というの...... [続きを読む]

« 【あまちゃん】第6週視聴率と第7週感想&『潮騒のメモリー』 | トップページ | 【ガリレオ2】第6話感想と視聴率「密室る(とじる)」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30