無料ブログはココログ

« 富士山、世界遺産登録へ | トップページ | (ネタバレ)【あまちゃん】第6週・日別粗筋(5/6~5/11) »

2013年5月 2日 (木)

【ガリレオ2】第3話感想と視聴率「心聴る」

「心聴る(きこえる)」

遅くなってしまいましたが、とても面白かったので、音の種明かしをメインにレビュー、書きます♪

第3話の視聴率は、前回の20.5%より上がって、21.1%でした♪

初回から3話続けて20%超え、すごいですね♪(^^)

民放の連続ドラマで3週連続20%超えは、11年に放送された『家政婦のミタ』以来、2年ぶりだそうです。

瞬間最高視聴率は24.1%で、9時43分と9時48分で、43分は事件の種明かしのシーンで、48分はラストで福山さんと吉高さんが事件を振り返るシーンでした。

いきなり吉高さんがお尻を刺されて掴みはOK♪(^^)

吉高さんのキャラ、初回は苦手でしたが、段々、可愛くなってきました♪(^^)

音、狙った人にだけ、耳を塞いでも聞かせられるなんて、びっくりでした♪happy01

  

【第3話あらすじ】 (Yahooテレビより)

湯川学(福山雅治)は、人間を自殺に追い込む"呪いの声"の謎に挑む。事件が起きたのは、貝塚北署刑事・岸谷美砂(吉高由里子)の大学時代の先輩である白井冴子(陽月華)の告別式会場だった。そこで、冴子が勤めていた会社ペンマックスの社長・早見達郎(近江谷太朗)が、突然両耳を押さえて叫び出し、会場から飛び出したのだ。早見は、その翌日に東京湾で遺体となって発見され、目撃者の証言から自殺の可能性が高いと推測された。実は早見は冴子と不倫関係にあり、冴子が自殺したのは早見に捨てられたからだというウワサもあった。  早見の死に不審を抱いた美砂は、ペンマックス社を訪れる。するとそこで、同社社員の加山幸宏(宮本大誠)が突然暴れ出し、美砂に襲いかかる。美砂は、加山を取り押さえたものの、カッターナイフで臀部(でんぶ)を刺されていた。  取り調べを受けた加山は、早見が自殺した翌日から「次はお前の番だ」という冴子の声が聞こえ始めたと証言した。それは日に日に激しくなり、耳栓をしてもダメだったという。  美砂から聞いた加山の話に興味を抱いた湯川は、ペンマックス社を訪れ、社員たちから話を聴く。すると、社員のひとり、脇坂睦美(大島優子)が、加山の事件後、不快な耳鳴りがするようになったと訴える。湯川は、睦美の耳鳴りも一連の事件と関係がある可能性を考慮しつつ、他の人間には聞こえない"声"の謎を解明しようと試みる。

* * *

  

事件は、上記のあらすじの通りなので、呪いの声・音の種明かしだけ書きます。

  

音の犯人は、ペンマックス社のシステムエンジニアの小中行秀でした。

社長の早見を自殺に追い込み、社員の加山をおかしくした、呪いの女の声は、彼が作ったフレア効果の機械で、パルス波形にして音を照射したのでした。

瞬間最高視聴率だった9時43分辺りの説明シーンを書きます。

  

美沙「どうして、これで音を聞かす事ができるんですか?」

湯川「フレイ効果だよ。

 電磁波を音に合わせたパルス波形にして照射すれば、頭部との相互作用で、照射された人間にだけ音が聞こえるんだ

栗林「フレイ効果を使えば、特定の人物を狙って音を聴かせる事ができるんだよ」

美沙「それって、超指向性スピーカーと同じ事じゃないですか」

湯川「違う。スピーカーから出る音というのは、空中を波となって鼓膜に伝わって行くという事だ。

 しかし、フレイ効果を利用したこの装置を使えば、鼓膜ではなく、直接、頭の中に音を響かせる事ができる」

美沙「全然、理解できない」

湯川「実際にやってみよう」

  

そして、美沙と栗林さんを並んで立たせ、3日間で作った装置で順番に音を照射しました。

「許さない。あなたを絶対に許さない。

呪ってやる。あの世から呪ってやる」

機械が自分の方に向けられた時だけ、耳を塞いでも聞こえました。

  

湯川「声は白井さんの声ではないが、葬儀の場でこんな声が聞えたら、彼女の声だと思ってしまうだろう。

 この照射器を目的の人間の頭部に照準を合わせ、距離によってボリュームを調整する。

 すると、その人物に音は届くが、隣にいる人物には何も聞こえない。

 おそらく20メートル離れていても、それは可能だろう」

  

すごいですね。

2人の男性への呪いの女の声はこれで解決。

でも、脇坂睦美(大島優子)が、聞いた不快な耳鳴りだけ、音が違っていました。

この耳鳴りのような音を波長を変えたりして調整していったら、段々、人間の声になりました。

小中の声「あなたは小中行秀を愛している」

これの繰り返しでした(汗)

サブリミナルの一種で、小中は睦美の潜在意識に暗示をかけようとしていたのでした。

サブリミナルは科学的に実証されていないので、なぜ、こんな装置を作れる小中が、こんな科学的根拠のないサブリミナルを使ったのか、湯川先生は分からないと(汗)

でも、美沙は分かるような気がすると言いました。

  

美沙「あるじゃないですか。

 普通の事は はっきり口に出せても、好きとか、そういう事になってくると。 何て言うの?

 遠回しで、まどろっこしい言い方しかできないっていうか」

湯川「何の事だ?」

美沙「いるでしょ? 

 普段はストレートに物が言えても、恋愛とか絡んでくると、急に、こう不器用になっちゃう人」

湯川「分からない」

美沙「何で?

 呪いの声の正体も、耳鳴りの正体も全部分かっちゃう人が、何でこんな事、分かんないの?

 普通の事でしょ?

 神様は信じてなくても、縁結びの神様にはお参りしちゃったりするじゃない。

 B型とO型が相性がいいって言われたら、うまくいくかもなんて期待しちゃったりするでしょ?」

湯川「君は、中島君の事を言ってるのか?」

美砂、驚く。

湯川「僕は、小中が効果の期待できないサブリミナルを選んだ理由が分からないのであって、小中の性格を問題にしているわけではない。

 なぜだ?」

美沙「どうして知ってんの?」

湯川「サブリミナル」

美沙「なんで知ってんのよ!」

湯川「さっぱりわからない」

<終>

  

最後まで、平行線で終わり、おかしかったです(^^)

以前、美沙が酔って研究室に様子を見に来て寝てしまった時に、中島君の名前を寝言で言ったので、湯川先生は、知っていました(笑)

この辺も瞬間最高視聴率でした♪(^^)

  

あと「僕に3日、時間をくれ」とか(3分の『遺留捜査』みたい)(^^;)、

桃をお見舞いに持ってきたりとかも面白かったです♪(^^)

美沙、初回はタカピーなだけの嫌な女に見えましたが、

第2話は、オカルト刑事と呼ばれていると嫌がって少し可愛くなり、

そして、今回、酔って、研究室に来て、昔の男の話をしたり、お尻を刺されて、イケメンの医者に傷口を見せるのを恥ずかしがったり、可愛かったです♪(^^)

突っ込み所は多かったですが、呪いの声がびっくりするような科学の音の不思議だったので、今回はガリレオらしい話だったと思います♪

あんな機械が欲しいです(^^)

よくサッカーの試合で、レーザーポインターを選手の目に当てる悪いファンがいるようですが、この装置も実際に悪用されると困りますね(汗)

    

次回は、「曲球る(まがる)」。

田辺誠一さんがメインゲストです。

毎回、豪華ゲストで、それも楽しみです♪(^^)

  

【視聴率推移】 (視聴率は関東地区)

[第1話]22.6%   [第2話]20.5%   [第3話]21.1%

  

【原作】 東野圭吾 『ガリレオの苦悩』『聖女の救済』『虚像の道化師 ガリレオ7』

            『禁断の魔術 ガリレオ8』(文藝春秋刊)

【脚本】 福田靖

【演出】 西坂瑞城、澤田鎌作

【主題歌】 KOH+ 「恋の魔力」

【オープニングテーマ曲】 「VS.2013~知覚と快楽の螺旋~」

  

公式HP・次回あらすじ

   


【送料無料】【GWポイント3倍】ガリレオ Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 福山雅治 ]

  

  

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪(^^)

« 富士山、世界遺産登録へ | トップページ | (ネタバレ)【あまちゃん】第6週・日別粗筋(5/6~5/11) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/57295998

この記事へのトラックバック一覧です: 【ガリレオ2】第3話感想と視聴率「心聴る」 :

» 【ガリレオ】第3話感想と視聴率「心聴る」 [ショコラの日記帳]
「心聴る(きこえる)」遅くなってしまいましたが、とても面白かったので、音の種明かしをメインにレビュー、書きます♪第3話の視聴率は、前回の20.5%より上がって、21... [続きを読む]

» 「ガリレオ」第3話 [日々“是”精進!]
  3「心聴る」湯川は、人間を自殺に追い込むという“呪いの声”の謎に挑む。事件が起きたのは、美砂の大学時代の先輩である白井冴子の告別式会場だった。冴子が勤めていたデータ... [続きを読む]

» 「ガリレオ 第2期」第3話 [またり、すばるくん。]
第3章「心聴る(きこえる){%マイクwebry%}」 視聴率21.1%  [続きを読む]

» ガリレオ #03 [ぐ~たらにっき]
『心聴る(きこえる)』 [続きを読む]

» 【ガリレオ】第2シーズン 第3話 「心聴る(きこえる)」 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
僕は小中が効果の期待できないサブリミナルを 選んだ理由が分からないのであって 小中の性格を問題にしているわけではない。 なぜだ? ガリレオ 第3話 「心聴る(きこえる)」       風邪...... [続きを読む]

» ガリレオ(2) 第3話 [レベル999のgoo部屋]
『心聴る』 「心聴る(きこえる)復讐する亡霊社内連続怪死事件! 内容 その日、美砂(吉高由里子)は、 大学時代の先輩・白井冴子(陽月華)の告別式に出席していた。 久々に友人の由加里、聡子とも再会。 その聡子から、冴子の死が自殺だと知らされる。 勤めていた会...... [続きを読む]

» ガリレオとオカルトちゃんととある呪いの強電磁場発生器砲(大島優子) [キッドのブログinココログ]
ツンデレというものは基本的には「好き」と言う代わりに「嫌い」と言う人である。 しかし、うっかり、「好き」と言ってしまい、たんなるツンツンではなくデレデレであることが判明する。 ズケズケものを言う人が急にモジモジする場合はズケモジとは言わないが、ツンデレの一種ではないだろうか。 ツンツンする代わりにモ... [続きを読む]

» ガリレオ 第2シリーズ (第3章・4/29) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジテレビ系ドラマ『ガリレオ』(公式)の第3章『心聴る-きこえる-』『(ラテ欄)心聴る(きこえる)復讐する亡霊社内連続怪死事件!』の感想。 つい薫と比較してしまう、美砂の設定… 話もトリッ...... [続きを読む]

» ガリレオ フジ(4/29)#03 [ぬる~くまったりと]
第3話 心聴る-KIKOERU- 公式サイトから 湯川学(福山雅治)は、人間を自殺に追い込むという“呪いの声”の謎に挑む。事件が起きたのは、貝塚北署の刑事・岸谷美砂(吉高由里子)の大学時代の先輩である白井冴子(陽月華)の告別式会場だった。冴子が勤めていたデータ復旧サービスのベンチャー会社ペンマックスの社長・早見達郎(近江谷太朗)が、突然両耳を押さえて叫び出し、告別式会場から飛び出したのだ。早見は、その翌日に東京湾で遺体となって発見され、目撃者の証言から自殺の可能性が高いと推測された。実は早見は冴子と... [続きを読む]

» ガリレオ(第2シーズン)第3話★大島優子「耳鳴り事件」で吉高のお尻に穴が開く [世事熟視〜コソダチP]
ガリレオ2 第3話「心聴る-きこえる-」 吉高由里子のキャラに目が慣れてきたのか、タカビーでツンケンした感じが希釈されてきた印象。 吉高由里子は”女刑事役”だという縛りや迷いを捨てて、自分でキャラを走らせはじめたのかな・・・。 初回に見せた感じの悪い”高飛車女”から”不思議・小悪魔”に変容してるかも?? (制作側も、岸谷の人物造形を固めきれていなかった!?) その分、相対的に湯川(福山雅治)の存在はやや薄まり、逆に吉高との絡みが可笑しい栗林(渡辺いっけい)は存在感を増してる。... [続きを読む]

» 「ガリレオ」実に面白いファイル3異常な愛と嫉妬心がもたらした思い出したくない声で被害者を追い込んだ遠隔殺人事件 [オールマイティにコメンテート]
「ガリレオ」第3話は岸谷が大学時代の先輩が亡くなったために告別式に出席した。その席で岸谷はある会社の社長が突然怯えたようにその場を去るのを目撃した翌日その社長が自殺し ... [続きを読む]

» TAKE FIVE二話&ガリレオ二期三話感想 [NelsonTouchBlog]
■TAKE FIVE二話 思ってた以上にちゃんとしてるとうか、おもしろい!です。 悪いところから盗むという趣旨の泥棒チームの話なんですけど、ひとりひとりのキャラが立ってるし、会話も味があるかも。 松坂桃李がかっこいい役だが、主人公の唐沢寿明もなかなかナイスなキャラ。 盗みを行う上でのセキュリティを突破する手口とか、作戦とか、そういうのもおもしろいです。JUJUの歌うTAKE FIVEもかっこいいし。... [続きを読む]

« 富士山、世界遺産登録へ | トップページ | (ネタバレ)【あまちゃん】第6週・日別粗筋(5/6~5/11) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31