無料ブログはココログ

« 最近の気になるニュース(富士山・サッカー・アルミ) | トップページ | 吉高由里子さん、来春朝ドラヒロイン『花子とアン』発表 »

2013年6月24日 (月)

【八重の桜】第25回視聴率と感想「白虎隊出陣」

「白虎隊出陣」

第25回視聴率は、前回の14.8%より下がって、12.9%でした。

第14回(11.7%)、第10回(12.6%)に次ぐ低視聴率でした(汗)

今回、会津が追い詰められていく、籠城戦直前の様子を丁寧に描いて、私は良かったと思うのですが・・・

八重の立場から描いたシーンが多く、ようやく八重が主人公になった感じがしました(^^)

戦いそのもののシーンは、あまりありませんでしたが、新政府軍が迫ってくる緊迫感はありました。

 

慶応4年(1868年)8月19日から始まりました。

陽暦だと、もう10月で、会津は寒いそうです。

竹子達女性達数名が照姫様を守るために、薙刀隊を作りました。

八重も入るよう誘われましたが、断りました。

後で、八重はユキに言いました。

八重「皆、勇敢だ。立派に戦って照姫様をきっとお守りすんべ。

 だけんじょ、薙刀では薩長は倒せねえ。

 薙刀ではねえ。お城を守れんのは」

確かにその通りでしょう。

 

その後、8月20日、新政府軍が会津城下に到着する3日前からカウントダウンする形で、丁寧に描きました。

 

8月20日、新政府軍会津城下到着3日前。

官兵衛と大蔵が揃って、家老になりました。

容保「皆、力を合わせよ。会津は会津の手で守るのじゃ!」

家臣達「はっ!」

 

会津藩は領内への敵の侵攻を阻むべく、城下に至る道を全て封鎖する作戦を取りました。

 

8月21日、新政府軍会津城下到着2日前。

守りが手薄だった藩堺の母成峠を突破され、遂に領内への敵の侵入を許してしまいました。

会津軍800は、3000の敵の前に止むなく猪苗代城へ撤退しました。

 

「家並みの触れにござりまする」と、お触れが城下に回って来て、山本家にも来ました。

15歳から60歳までの武家の男子は皆、登城するようにとの命令が下ったとの事。

権八と尚之助が登城する支度を整えました。

八重は出かける寸前の権八に頼みました。

八重「おとっつぁま、私もお供させてくなんしょ」

佐久「八重!」と驚く。

八重「鉄砲の腕では人に負げねえ。

 大砲の事も西洋戦術の事も全て分かっておりやす。

 私を戦に連れてってくなんしょ!」

権八「馬鹿言うでねえ!

 鉄砲持って戦場に行く女子がどこにいんだ!」

八重「会津を守るためです!

 お城を、お殿様を守るためです!

 私の腕は必ずお役に立ちやす!」

権八「駄目だ! にしは武士ではねえ」

八重「武士の娘だし!

 二本松では小さな子供まで戦った。

 敵が目前に迫っていんのに、ただ黙って見てはいらんねえ」

権八「駄目だ!」

八重「私は三郎の仇を討ぢてえ!

 私は鉄砲で戦いやす!」

佐久「八重!」と顔を叩く。

佐久「お許しもなく、女子を戦場へ連れて行けるわけがねえべ!

 余計な事言って、大切なご出陣の邪魔をしてはなんねえ!」

権八「行っでくる。三郎の仇はわしが討つ」

佐久「八重」

八重「・・・(涙ぐみ)ご武運を・・・」と悔しそうに頭を下げる。

権八「馬鹿者が」

権八と尚之助が登城しました。

 

頼母も登城し、出陣しました。

 

猪苗代城では、新選組が撤収の準備に入りました。

土方「もう、ここもいけねえ。 俺達は、仙台で待つぞ」

でも、斉藤が会津に戻ると言い、土方は驚きました。

土方「この戦、待ってるのは籠城戦だ。 援軍が来る当てもねえ。

 死にに行くようなもんだ。いいから一緒に来い」

斉藤「今、会津を見捨てるのは義にあらず。

 生死を共にした仲間を見捨てるのは、士道に背きます」

土方「おまえ・・・ふっ、会津に惚れた女でもできたか」

斉藤「ええ。相手は女ではなく、愚かなほどに真っ直ぐな会津という国です」

土方「どうやって戦う気だ。銃も弾もそこを尽きかけてるぞ」

斉藤「弾が尽きてもまだ刀がある」

土方「そうか。ならば、俺は俺の戦をしに行く」

斉藤「はい」

 

2人はここで分かれました。

斉藤、義の深いいい人ですね♪(^^)

 

新政府軍が攻めて来ないよう、十六橋を落とすつもりでしたが、石の橋でなかなか落とせず、瞬く間に、新政府軍が橋に来てしまいました。

この橋を超えると、鶴ヶ城はすぐです。

容保は城を出て、滝沢本陣に行き、指揮を取りました。

梶原は、危ないと反対し、城内で指揮を取るよう言いましたが・・・

容保「此度こそ、わしは皆と共に戦わねばならぬ。 城を頼む」

そう言い、滝沢本陣に行きました。

お供するのは、もう少年達だけの白虎隊しかいませんでした。

滝沢本陣に移ってからも戦況はよくなく、援軍の要請がきました。

でも、もう白虎隊しかいなかったので、容保は悩みましたが・・・

白虎隊士中2番隊を出陣させました。

容保「皆の武運を祈る!」

そう言って、彼らを送り出しました。

 

八重達の元には、また家並みの触れが来ました。

敵軍が迫った時は半鐘を鳴らすので、藩士家族はそれを合図にお城に入り、町方、村方の者は、城下を出るようにとの事。

お触れが帰ってすぐ、砲撃音が聞えました。

敵が間近に迫っていると感じ、佐久は、お吉と徳造にお金を渡し、すぐに村に帰るよう言いました。

でも、2人はこんなに受け取れないと断り、山本家の皆がお城に入るのを荷物持ちを手伝い、見届けてから帰ると言いました。

それでは遅くなって逃げ遅れると、佐久。

敵に辱めを受けるのを心配して自害する人もいると聞き、そうなっては困るとお吉。

佐久は、そんな事はしないと言いましたが、それでも残りました。

実際、そういう選択をした家族もいるんですよね。。。

両者、相手を思いやって、どちらもいい人達でした♪

 

八重は角場に行き、「今までありがとなし」とお辞儀をしました。

 

雷が鳴り響き、冷たい雨が降りました。

出陣した白虎隊は、寒さで苦労してました。

押しくらまんじゅうをしてくっつき、寒さを凌いだりして・・・

 

23日早朝。

半鐘が鳴りました。

お城に入る合図です。

佐久は、行く支度を。

八重は、三郎の服を着て、スペンサー銃を持ちました♪

佐久「その格好!」

八重「おっかさま、私は三郎と共にお城に上がりやす。

 今から私が三郎だ。

 逆賊呼ばわりして、会津を滅ぼしに来る者達を私は許さねえ」

佐久「八重」

八重「私は・・・戦う!」

<終>

 

遂に、八重が籠城戦に参加する時が来ました。

次回は「八重、決戦のとき」

八重の活躍は楽しみですが、白虎隊の悲劇や西郷頼母の妻子の悲劇など、涙涙になりそうです(汗)

 

【第25回あらすじ】 (Yahooテレビより)

二本松を陥落させた新政府軍は、ついに会津領内へと陣を進めてきた。城下には触れが回り、権八(松重豊)と尚之助(長谷川博己)が登城することになる。八重(綾瀬はるか)は、自分も一緒に出陣したいと懇願するが、権八はそれを一蹴する。新政府軍の動きは速く、猪苗代の兵も敗走。容保(綾野剛)は出陣を決意する。だが戦況はますます悪化し、少年兵で構成された白虎隊にまで出陣命令が下る。八重は砲術を指南した隊士に最後の助言をして送り出す。そして、とうとう八重や佐久(風吹ジュン)、うら(長谷川京子)たちにも登城の触れが回る。八重たちは覚悟を持って身支度を整える。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]21.4%  [第2回]18.8%  [第3回]18.1%  [第4回]18.2%

第5回]18.1%  [第6回]15.3%  [第7回]17.5%  [第8回]15.6%

第9回]15.1%  [第10回]12.6%  [第11回]14.3% [第12回]13.9%

[第13回]14.3%  [第14回]11.7%  [第15回]14.2% [第16回]13.8%

[第17回]13.7%  [第18回]15.7%  [第19回]15.0% [第20回]13.7%

第21回]14.1%  [第22回]13.3%  [第23回]15.0% [第24回]14.8%

[第25回]12.9%

 

公式HP・次回あらすじ

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

できたら応援クリック、お願いします♪(^^)

« 最近の気になるニュース(富士山・サッカー・アルミ) | トップページ | 吉高由里子さん、来春朝ドラヒロイン『花子とアン』発表 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

緊迫感は増しておりますが静かな回でした。

八重が幼い頃からお世話になってきた角場に一礼する場面など、とくに良かったと思います。

もうここには戻ってくることはないだろう、(八重は城に籠もって薩長軍と戦う決意なので)という感じが伝わってきました。各家が巨大な悲劇を前にして、しかし端然として、静かに、それぞれとが別れを告げる。さすが会津の武家らしい雰囲気がありました。

来週以降の負け戦は覚悟の上ですが、綾瀬八重さんのスペンサー銃の射程圏では薩長兵を片っ端から撃ち倒し、最後まで勝ち抜いて欲しいと思います。視聴者にとってはそれしかカタルシスありませんものね。判っているんでしょうね、NHK。

> レッドバロン さんへ

コメント、いつもありがとうございます。

>緊迫感は増しておりますが静かな回でした。

そうですね。
だから、視聴率、イマイチだったのかもしれませんね(^^;)

>八重が幼い頃からお世話になってきた角場に一礼する場面など、とくに良かったと思います。
>もうここには戻ってくることはないだろう、(八重は城に籠もって薩長軍と戦う決意なので)という感じが伝わってきました。各家が巨大な悲劇を前にして、しかし端然として、静かに、それぞれとが別れを告げる。さすが会津の武家らしい雰囲気がありました。

そうですね。
こういうところ、地味ですが、大切ですね。
会津の武家らしい雰囲気や覚悟、礼儀正しいところなどがよく出てましたね(^^)

>来週以降の負け戦は覚悟の上ですが、綾瀬八重さんのスペンサー銃の射程圏では薩長兵を片っ端から撃ち倒し、最後まで勝ち抜いて欲しいと思います。視聴者にとってはそれしかカタルシスありませんものね。判っているんでしょうね、NHK。

女が戦に出ない時代なので、そう簡単に一緒に戦わせてもらえないとは思いますが、八重は、スペンサー銃を持っているし、純の名手で、とても戦力になるのは明白ですね♪
籠城戦、4週続くそうなので、すぐには八重が活躍するシーンないかもしれませんが、薩長兵を片っ端から撃ち倒すところ、ぜひ早く見たいです(^^)

【転載記事◆明治維新と南北戦争の不都合な関係】
http://nezu621.blog7.fc2.com/?m&no=1923&cr=cdf2442bae305b6dd7cdc9a25029d3de

視聴率は全く気にしなくていいのでは?
歴史好きが見ごたえあるなと思う大河ドラマは、視聴率は低くなる傾向があると思います。

民法の番組でもネットのニュースでも、下世話な内容や煽るだけを目的としたタイトルがアクセスを稼ぐ時代です。

ドラマの類でいうと、知的好奇心を満たしてくれるようなコンテンツについては、内容のよさと視聴率はむしろ反比例すると思っています。

サンケイあたりがNHK憎しとばかりに悪意にあふれた記事を載せるのが定番ですが、下衆な煽りタイトルというのはまさにMSNサンケイニュースの真骨頂と言えますね。

>麿呂さんへ

リンク、ありがとうございました♪(^^)

>どなたか分かりませんが視聴率の方へ

お手数ですが、次回からは、何でもいいので、名前をつけて下さい。
複数、コメントが来ると、誰へのお返事か分かりにくくなってしまって、不便なので(^^;)

私は、ミーハーなので、視聴率と私の好きなドラマは結構、一致する場合が多いです。
勿論、視聴率とドラマの良し悪しは一致しないと思います。
ただ、反比例するとも思えません(汗)

人によっては、視聴率の悪い物ばかり好きな方もいらっしゃいます(汗)
あなたも一般受けしない高尚な物がお好きなのかもしれませんね。

視聴者にとっては、視聴率は関係ないと思います。
自分の好きなドラマを見ればいいだけで。
もし、あなたが視聴率が悪い物の方がいい物が多いと思うのなら、そういう視点で選べばいいでしょう。

ただ、制作している側は、とても視聴率を気にします。
NHKでさえも(汗)
視聴率が悪いと、つまらない物ばかり作っていると言われて、受信料を払わないという視聴者がいるみたいです(^^;)
今回の籠城戦については、6/28(金)、綾瀬はるかさんが「あさイチ」のプレミアムトークに出演して宣伝しました。
これに出るのは「八重の桜」が始まる直前と、2回目で、2回出るのは珍しいそうです(汗)
6/29(土)の読売新聞夕刊のテレビ欄に大きく「八重の桜」の宣伝が載っていました。
今朝(6/30(日))の朝刊のテレビ欄にも宣伝が載っていました。
視聴率を上げるのに必死です(^^;)

民放のドラマも視聴率が悪いと打ち切られてしまったり、スポンサーの付き方に影響するので、制作側はとても気にします。
視聴率がいいと、最終回や途中でも時間延長します。

俳優の扱いも高視聴率ドラマに出ると、かなり違うそうです。
先日、長谷川博己さんが某トーク番組に出た時に言ってました。
「家政婦のミタ」に出た時に、かなり違って驚いたそうです(^^;)

ただ、視聴者には関係ないし、あなたはそういうのに左右されたくないでしょうから、好きなようにご覧下さい(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/57658556

この記事へのトラックバック一覧です: 【八重の桜】第25回視聴率と感想「白虎隊出陣」:

» 【八重の桜】第25回視聴率と感想「白虎隊出... [ショコラの日記帳]
「白虎隊出陣」第25回視聴率は、前回の14.8%より下がって、12.9%でした。第10回の12.6%に次ぐ低視聴率でした(汗)今回、会津が追い詰められていく、籠城戦直前の様... [続きを読む]

» 【八重の桜】第25回 「白虎隊出陣」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
二本松を陥落させた新政府軍は、会津領内へと陣を進めてきた。 城下には触れが周り、権八(松重豊)と尚之助(長谷川博己)が登城する。 八重(綾瀬はるか)は、自分も一緒に出陣したいと懇願するが、権八...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」第25回 [日々“是”精進!]
  第二十五回「白虎隊出陣」1868(慶応4)年8月、二本松を陥落させた新政府軍はついに会津領内へと陣を進めてきた。竹子は戦に備え、女性たちによる薙刀隊を編成する。城下には触れ... [続きを読む]

» 『八重の桜』第25回「白虎隊出陣」★三郎の軍服に身を包んだ八重(綾瀬はるか)の気迫 [世事熟視〜コソダチP]
『八重の桜』第25回「白虎隊出陣」 新政府軍到来を告げる半鐘が鳴って、佐久(風吹ジュン)たちは城に上がるべく慌ただしくしています。 その時、八重(綾瀬はるか)だけは密かに具足と三郎の遺品である軍服で戦支度。 父・権八(松重豊)に諫められたのに、こらえきれずに戦支度。 スペンサー銃を携えて母の前に現れた八重は「私は三郎と一緒にお城に上がりやす。今から私が三郎だ。逆賊呼ばわりして会津を滅ぼしに来る者を、私は許さねえ。私は戦う。」 キリッとした顔つきの八重=綾瀬はるかに痺れち... [続きを読む]

» 八重の桜 第25回 白虎隊出陣 [レベル999のgoo部屋]
『白虎隊出陣』 内容 新政府軍の猛攻により、二本松は陥落し、列藩同盟は崩壊寸前となる。 その後、新政府軍は、会津・鶴ヶ城へと向かっていた。 権八(松重豊)尚之助(長谷川博己)は、八重(綾瀬はるか)たちを集め、 殿とお家のために戦う決意を伝える。そして城に...... [続きを読む]

» 会津の寺から釣鐘を集め巨砲を急造し背炙峠より狙い撃つべしでこぜえやす(綾瀬はるか) [キッドのブログinココログ]
砲術師範、川崎尚之助は会津防衛の策として次のような献策をしたと言われる。 「会津藩内のすべての寺の釣鐘を集めると砲身三間半(およそ6.3メートル)の巨砲二門と大砲弾24発が鋳造できる。射程はおよそ十里(およそ40キロメートル)あるためにこれを背炙峠に設置すれば白河口から二本松まですべての敵の侵入に対... [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」信念の人25容保苦渋の白虎隊に出撃命令・・・八重も三郎の軍服で入城し籠城戦へ突入した [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「八重の桜」第25話はついに二本松を落とされた会津は会津領内への侵入を防ぐべく峠を封鎖するが手薄になった峠を突破され猪苗代城へ引き返した。しかし猪苗代城もあ ... [続きを読む]

» 八重の桜 第25回「白虎隊出陣」  [昼寝の時間]
公式サイト 1868(慶応4)年8月、二本松を陥落させた新政府軍はついに会津領内 [続きを読む]

» 八重の桜 第25話「白虎隊出陣」 〜母成峠の戦いから十六橋の戦い〜 [坂の上のサインボード]
 奥羽越列藩同盟の瓦解によって枝葉刈りをほぼ終えた新政府軍は、いよいよ根本である会津藩鶴ヶ城下への突入を目指し、慶応4年(1868年)8月20日を期して進撃を開始。二本松を出陣した新政府軍約2000人は、会津国境のひとつ石筵口から母成峠に迫ります。母成峠を超えて猪苗代まで進めば、鶴ヶ城下まではもうわずか。新政府軍の指揮をとっていた土佐藩・板垣退助と薩摩藩・伊地知正治は、ここを突破して一気に鶴ヶ城下に攻め込む狙いでした。  迎え撃つ会津藩側も、石筵口防衛のため母成峠を固めます。さらに、旧幕府歩兵... [続きを読む]

» 八重の桜 第25回「白虎隊出陣」 [みはいる・BのB]
大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。 あらすじ・・・・ [続きを読む]

» 八重の桜 第25話「白虎隊出陣」〜「今から私は三郎だ。私は戦う」 [平成エンタメ研究所]
「私は三郎と共にお城に上がりやす。今から私は三郎だ。私は戦う」  八重(綾瀬はるか)覚醒です。  三郎の遺品の軍服を着て。  南天の刺繍が施された袖を破ったのはなぜだろう?  こんな物は役に立たないという意思なのか? 三郎を胸に戦うという意思なのか?  い...... [続きを読む]

« 最近の気になるニュース(富士山・サッカー・アルミ) | トップページ | 吉高由里子さん、来春朝ドラヒロイン『花子とアン』発表 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30