無料ブログはココログ

« 参院選挙結果、自民圧勝&有名人の当選者&選挙番組視聴率 | トップページ | 夏ドラマ視聴率一覧(5)(2013年7~9月期) »

2013年7月22日 (月)

【八重の桜】第29回感想と視聴率「鶴ヶ城開城」

「鶴ヶ城開城」

参院選の開票速報のため、『八重の桜』は夜7:10~7:55に前倒しされました。

第29回の視聴率は、前回の16.1%より下がって、14.5%でした。

私は時間がずれる事を知らなかったので、ニュースを見ていたら、『八重の桜』が始まり、じぇじぇじぇでした。

同じく知らなかった人も多いでしょう。

だから、視聴率が下がっても仕方ないと思います(^^;)

NHKの「参院選2013開票速報」の視聴率は、第1部15.2%、第2部12.9%、第3部9.3%でした。

私は、夫の出勤前に、朝、一緒に投票に行きました。

今回は夫の会社の組合から投票済証を提出するよう言われて、初めて投票済証を貰いました。

こんな物があるなんて、今まで知らなかったです(^^;)

選挙結果は、予想通り、自民の圧勝、民主の惨敗でした。

 

さて、『八重の桜』、補給路再開のため、決死隊が結成され、八重の父の権八さん、それに参加し、亡くなってしまいました。

明治元年(1868年)9月15日、新政府軍総攻撃2日目の事でした。

もう少しで恭順したのに残念です。

そして、遂に、恭順開城しました。

八重、主役とはいえ、殿に意見を言うとは(汗)

 

権八さんは、必ず戻ると八重達家族に言って、出陣。

米を運んで来ましたが、鶴ヶ城近くで銃撃されてしまいました。

重体ではありますが、約束通り、生きて帰って来ました。

権八「米を運んで来たぞ」

佐久「お役目、ご苦労さまでした」

権八(八重を見て)「女子がススだらけで・・・やっぱり鉄砲教えだのは間違いだ」

八重「お父っ様」

権八「八重・・・にしゃ、わしの誇りだ。皆を守れ」

権八、死ぬ。

佐久「旦那様・・・」と泣く。

八重「お父っ様!」

 

秋月が容保から命じられ、新政府軍に恭順の意向を伝えて、交渉しました。

そして、帰還。

9月21日、城内の者に、降伏の内容が伝えられました。

女達が集まり、照姫と時尾達が説明しました。

照姫「此度、大殿が重いご決断下されました。会津は恭順し、城を明け渡します。

 大殿様と若殿様は、明日、開城降伏の式におでましになり、その後、謹慎所へ向かわれる事となりました」

時尾「照姫様もお立ち退きになられます。

 15に満たない者、60を超す年寄り、それから女はおかまいなしとなりましたが、藩士の方々は、猪苗代で謹慎されます」

皆、泣く。

 

藩士達は、容保の前に集まりました。

八重もいます。

容保「皆、会津の名に恥じぬ、見事な武者ぶりであった。

 わしが至らぬばかりに、皆に長きに渡り、塗炭の苦しみを味わわせた。

 相すまぬ」とお辞儀する。

一同、驚く。

梶原「殿、おやめ下され!」

容保「罪は我が一身にある。この上は、この一命を持って、会津を皆の行く末を守る。

 何があっても生き延びよ!」

大蔵「殿・・・」

容保「最後の軍命じゃ。生き延びよ」

八重「恐れながら、殿は間違っておいでです!」

尚之助「八重さん!」

大蔵「控えよ!」

八重「何があってもお殿様には生きていただかなければなりませぬ。

 私は何度、考えても分からねえ。

 天子様のため、公方様のため、尽くしてきた会津が、なじょして逆賊と言われねばならねえのか。(一同のすすり泣き)

 会津の者なら皆、知ってる。悔しくてたまんねえ。

 死んだ皆様は会津の誇りを守るために命を使ったのです。

 どうか、それを無駄にしねえで下さい。

 本当は、日本中に言いでえ。 会津は逆賊ではねえ。

 だけんじょ、それを証明できんのは、殿様しかいねえのです。

 だから・・・何があっても生きて下せえまし」

藩士「そうだ! わしらは逆賊でねえ」

藩士達「そうだ」「そうだ」

大蔵「殿は・・・わしらが命に代えてでも守りますゆえ」

藩士「殿」「殿・・・」

容保「・・・」と嬉し泣き。

 

白い大きな布に、照姫が「降参」と書き、掲げました。

9月22日、降伏式は城の正面で執り行われました。

その後、容保は謹慎所の妙国寺へ移って行きました。

その夜・・・

八重は下記の歌を城壁に書きました。

 

「明日の夜は 何国の誰か ながぬらむ

なれし御城に 残す月影」

 

佐久「明日から一体どうすんべな。

 城下は全部焼かれちまったな。

 男に混じって猪苗代の謹慎所へ行くつもりだべ。

 猪苗代に送られたら、皆、殺されてしまうかもしんねえんだぞ。

 これは辞世の歌のつもりか?

 わしは、おまえまで亡くさねばなんねえのか」

八重「ごめんなんしょ」

佐久「いくら鉄砲がうまくても、立派な手柄を立てても、おまえは私のたった一人のめごい娘だ」と抱きしめる。

八重「おっ母様」と泣く。

陰で見ている尚之助。

 

八重は死を覚悟しても、尚之助さんと一緒に行きたいようです。

愛ですね♪(^^)

でも、佐久は当然、辛いですね。

尚之助さん、優しいから母の思いがよく分かったでしょう。

 

明け渡し日、女達は城を綺麗に掃除しました。

「篤姫」の江戸城の引き渡しを思い出しました。

あれは生け花も飾りましたが、さすがにこちらはそんな余裕はないですね(^^;)

 

猪苗代に行くため、藩士達が集まりました。

八重もいます。

山本三郎だと言って。

でも、尚之助が大声をあげました。

尚之助「女だ! 女が紛れてるぞ! ここだ。ここに女がいるぞ!」

新政府軍の男が来て驚く。

「本当に女じゃ」

八重「尚之助様、なじょして?!」

八重は新政府軍の男に止められ、尚之助達、会津の藩士達が去って行く。

八重「尚之助様!」

 

尚之助さんのクールな優しさが切なかったです♪(^^)heart04

猪苗代では、死か、どんな苦しい事が待っているか分からないので、八重にはそんな苦しみを味わわせたくなかったのでしょう。

佐久など家族の事もありますし・・・

尚之助さん達がどうなるのか、心配です。

女子供はお咎めなしで助かりましたが・・・

もう城下は焼野原だそうなので、家はなく、働き手も失い、これからどうするのか、八重達家族のこれからも心配です。

 

次回は、「再起への道」。

もう年号、明治でしたが、いつから明治らしくなるでしょう?

頼母の言ったように、もっと早く降伏すれば良かったですが、遅かったので、皆、ボロボロで、敗戦後、どうなることやら?

 

最後、八重が鶴ヶ城天守閣の上の空を見上げるシーンが良かったです♪

ミュージカル「風と共に去りぬ」を思い出しました。

八重「消えた。何もかも」と泣く。

八重「そんじも空は・・・変わらねえのか」

南北戦争後のスカーレットのように、逞しく生き抜いて欲しいです♪(^^)

 

【第29回あらすじ】 (Yahooテレビより)

籠城からひと月近くが経過。八重(綾瀬はるか)が心配する中、権八(松重豊)が補給路を奪還するため出陣する。だが、米沢藩が新政府軍に寝返り、会津に降伏を勧告。新政府軍は一日に2千発を超える砲撃を加えており、鶴ケ城の天守閣は無残な姿になりつつあった。大蔵(玉山鉄二)は降伏しては死んだ者に顔向けできないと怒る。そんな中、大蔵の妻・登勢(白羽ゆり)が亡くなる。最後まで会津の意地を貫こうとする家臣たちの姿を見た容保(綾野剛)は、ついに降伏を決意。そして使者としてひそかに秋月(北村有起哉)を城外へ遣わす。今この瞬間も戦う会津藩士のことを思い、焦る秋月だったが、なかなか上官に取り次いでもらえない。そして、降伏の嘆願が受け入れられる前に、敵弾によって権八が倒れてしまう。

 

【視聴率推移】 (視聴率は関東地区)

第1回]21.4%  [第2回]18.8%  [第3回]18.1%  [第4回]18.2%

第5回]18.1%  [第6回]15.3%  [第7回]17.5%  [第8回]15.6%

第9回]15.1%  [第10回]12.6%  [第11回]14.3% [第12回]13.9%

[第13回]14.3%  [第14回]11.7%  [第15回]14.2% [第16回]13.8%

[第17回]13.7%  [第18回]15.7%  [第19回]15.0% [第20回]13.7%

第21回]14.1%  [第22回]13.3%  [第23回]15.0% [第24回]14.8%

第25回]12.9%  [第26回]14.0%  [第27回]12.9%  [第28回]16.1%

[第29回]14.5%

 

公式HP・次回あらすじ

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

できたら応援クリック、お願いします♪(^^)

« 参院選挙結果、自民圧勝&有名人の当選者&選挙番組視聴率 | トップページ | 夏ドラマ視聴率一覧(5)(2013年7~9月期) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

毎回ていねいなエピガイをありがとうございます。読みながら余韻にひたっています。

「猪苗代ではどんな苦しい事が待っているか分からない」の件ですが、自分は、もっと直截に、彼らは「生きて帰ってこれない」と思っていたと思いますよ。実際、尚之助様は生きて返って来れなかったわけですし。

尚之助は、八重に生きててほしかったのでしょう。どんなラブストーリィもかなわない、強烈な愛情表現でした。残念ながら、その瞬間の八重は、単に尚之助に「裏切られた」としか思わなかっただろうし、尚之助は八重がそう感じることはわかっていたはずです。だから八重を振り返りもせず行ってしまった。くっ、思い返しても泣けるぜ……

>CHARADEさんへ

コメント、ありがとうございます。

>「猪苗代ではどんな苦しい事が待っているか分からない」の件ですが、自分は、もっと直截に、彼らは「生きて帰ってこれない」と思っていたと思いますよ。実際、尚之助様は生きて返って来れなかったわけですし。

佐久のセリフを見ると、生きて帰れないだろうと、思っていた人は多かったでしょう。
私が「どんなに苦しい事が待っているか分からない」と書いたのは、もしかしたら死ぬと思っていなかった人もいるかもしれないと思い、ぼかしました(^^;)
だって、八重に「帰れ」と、尚之助以外の人、言わなかったから。
そう思っていたら、皆、帰れと言うでしょう(^^;)

その後、とても苦労するという歴史的な事実を知っているから、ついそう思ってしまいました(汗)
尚之助達、藩士は殺されず、斗南藩に移されますね。
いろいろな説があるのかもしれませんが、Wikiによると、
尚之助は、そこで外国商人と米の取引を行うが、訴訟を起こされ、裁判中の東京で肺炎のため死去したとされていると書かれています。
だから、向こうに移されてから、かなり苦労すると思いますが殺されません。

むしろ、八重の方がこれから先、明るい未来が待っていますね。
これが永遠の別れ・・・それが尚之助さんの愛のお陰で、助かったという形で良かったと思います。
ベタベタ愛の言葉を言わない方が、会津の男っぽくて、いいと思います♪(^^)
勿論、これは全くの創作ですが、いいシーンだったと思います♪(^^)

掃き清められ、磨き上げられた城内に板垣達が土足で上がってきて、自分たちの足跡にハタと気がつく。

一言のセリフもありませんでしたが、戦に破れた会津藩が人としての品格や教養においては、官軍側を圧倒した場面でした。(実話のようです。)
何もかも失った八重は「風と共に去りぬ」前編終盤のスカーレット・オハラのようですが、会津人はこの品格と教養だけは失いません。

山川兄弟など兄は陸軍少将にして東京高等師範校長、弟は後に東京帝大総長になるのですからね。会津はあれだけ多数の人材を失って、変な言い方ですけれど、それでもなお人材の宝庫のような。そのような不思議な場所であることを、明治の御代になって立証するだろうと思います。

>レッドバロンさんへ

コメント、ありがとうございます。

>掃き清められ、磨き上げられた城内に板垣達が土足で上がってきて、自分たちの足跡にハタと気がつく。
>一言のセリフもありませんでしたが、戦に破れた会津藩が人としての品格や教養においては、官軍側を圧倒した場面でした。(実話のようです。)

そうですね♪(^^)

> 何もかも失った八重は「風と共に去りぬ」前編終盤のスカーレット・オハラのようですが、会津人はこの品格と教養だけは失いません。

そうですね♪
覚馬を岩倉が褒めましたが、他にも会津人は品格と教養のある人、多いですね(^^)

>山川兄弟など兄は陸軍少将にして東京高等師範校長、弟は後に東京帝大総長になるのですからね。会津はあれだけ多数の人材を失って、変な言い方ですけれど、それでもなお人材の宝庫のような。そのような不思議な場所であることを、明治の御代になって立証するだろうと思います

山川兄弟、すごいですね(^^)
負けても、そういう仕事につけて良かったです(^^)
尚之助さんは、そういう明るい未来ではなくて、気の毒でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/57845196

この記事へのトラックバック一覧です: 【八重の桜】第29回感想と視聴率「鶴ヶ城開城」:

» 【八重の桜】第29回感想と視聴率「鶴ヶ城開... [ショコラの日記帳]
「鶴ヶ城開城」参院選の開票速報のため、『八重の桜』は夜7:10~7:55に前倒しされました。第29回の視聴率は、前回の16.1%より下がって、14.5%でした。私は時間が... [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」信念の人29容保ついに降伏を決意し八重は戦犯として幽閉を望んだが尚之助が八重を想い永遠の別れと引き換えに八重を救った [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「八重の桜」第29話は総攻撃により鶴ヶ城は落城寸前だった。兵糧も尽き掛ける中で八重の父権八は決死隊に選ばれた。そんな中で容保は開城の決断を下す事になる。そん ... [続きを読む]

» 【八重の桜】第29回 「鶴ヶ城開城」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
籠城から、ひと月近くがたった9月15日。 八重(綾瀬はるか)たちが心配するなか、権八(松重豊)が、補給路を奪還するために出陣した。 新政府軍は1日に2000発を超える砲撃を加え、天守閣は無残な姿になり...... [続きを読む]

» 撃つべし!撃つべし!撃つべし!撃つべし!撃つべし!撃つべし!撃つべし!でごぜえやす(綾瀬はるか) [キッドのブログinココログ]
山本覚馬が妹の川崎八重に送ったスペンサー銃は七連発のレバーアクションライフルである。 カートリッジ式の弾倉であるために・・・予備弾倉を所持すれば、さらに連発が可能だった。 優れた射撃能力を持つものが射手となれば近距離射撃戦で恐ろしい威力を発揮したはずである。 一人で七人の敵を数秒で倒すことも可能だか... [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」第29回 [日々“是”精進!]
  第二十九回「鶴ヶ城開城」籠城からひと月近くが過ぎた9月15日。八重の心配を受けながら、権八は補給路を奪還するために出陣する。新政府軍は鶴ヶ城に一日に二千発を超える砲弾を... [続きを読む]

» 八重の桜 第29回「鶴ヶ城開城」〜何があっても生きていかなくてはなりません [平成エンタメ研究所]
 今回はラストシーンが秀逸ですね。 「……消えだ。何もかも」  その落胆の中にありながら、八重(綾瀬はるか)は残っている鶴ヶ城の天守閣を見る。  この少し前に、尚之助(長谷川博己)は天守閣を見ながら八重に言った。 「会津は打たれ強い。私は、国とはそこに住む人...... [続きを読む]

» 『八重の桜』第29回「鶴ヶ城開城」★土足の板垣退助(加藤雅也) イメージ悪っ! [世事熟視〜コソダチP]
『八重の桜』第29回「鶴ヶ城開城」 山川大蔵の妻・登勢(白羽ゆり)が、砲弾の爆発を阻止しようとして吹き飛ばされて、そのまま臨終。 そこに、城下に出撃するも激しい砲撃に晒されて敗走してきた健次郎(勝地涼)が駆けつけます。 大蔵(玉山鉄二)はそんな健次郎を殴り飛ばし「なぜ討ち死にしなかった。なじょして帰ってきた! 女でさえ命を落どしてる!!」 妻を失った怒りや悲しみ、不利な籠城戦での焦燥感が、彼岸獅子舞わせながら入城するという離れ業を演じた頭脳派・大蔵の心をかき乱しているのか・・... [続きを読む]

» 八重の桜 第29回 鶴ヶ城開城 [レベル999のgoo部屋]
『鶴ヶ城開城』 内容 籠城から1ヶ月近く経過し、鶴ヶ城は兵糧がつき始めていた。 そんななか権八(松重豊)らが補給路確保のため出陣する。 補給路を確保し、新政府軍による砲撃を冬まで耐えれば、活路が開ける。。。と 重臣達が一縷の望みにかけるなか、 容保(綾野剛...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」 #29 鶴ヶ城落城 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
出かけていたので、今見ました。 ついに降伏ですか。 [続きを読む]

» 屈辱の降伏 ~八重の桜・鶴ヶ城開城感想~ [早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常]
次々と新政府軍に降伏した者たちが加わり、会津は孤立無援の状態に。 そしてついに容保も降伏を決意する。 屈辱は以下ばかりであったか。 無精ひげが長い戦いをよく表していると思う。 (江戸時代はヒゲは...... [続きを読む]

» 「八重の桜」 第29回、鶴ヶ城開城 [センゴク雑記]
大河ドラマ「八重の桜」。第29回、鶴ヶ城開城。 会津戦争終結。ついに、会津藩は降伏を決意します。 ドラマの節目となった第29回。 [続きを読む]

» 八重の桜 第29話「鶴ヶ城開城」  ~会津戦争終結~ [坂の上のサインボード]
 奥羽越列藩同盟の諸藩は次々と新政府軍に降伏していきましたが、9月に入ると、同盟結成の中心的役割を果たした大藩、米沢藩と仙台藩までもが新政府軍の軍門に下ります。これで残った同盟国は会津藩と庄内藩だけとなりました。孤立無援状態となった鶴ヶ城内の会津兵は懸命に抗戦を続けますが、新政府軍の攻撃力は増すばかりでした。ある史料によれば、城内の会津兵約3千人に対し、城を包囲した新政府軍は3万人ともいわれます。そんな圧倒的な兵力差のなか、9月14日の総攻撃では、約50門もの大砲が火を吹き、八重の記述によれば、午前... [続きを読む]

» 八重の桜 第29回 「鶴ヶ城開城」 [青いblog]
★ せつなかった場面 特にドラマチックなこともなく開場かと思ってたんですが。 尚之助 「女だ!女がまぎれてるぞ!」 うわぁぁぁぁああ せつないぃぃぃ~~~!!!!!(ノД`) 八重を巻き込ま...... [続きを読む]

» 八重の桜 第29回「鶴ヶ城開城」簡単ですが... [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
今、公式サイトを見てちょっとびっくり。もう京都編になっちゃうんですね・・・。すみません、時間もないので、今日はちょっとこちらを書かせてください。尚之助さんが〜〜〜〜〜!... [続きを読む]

» 『八重の桜』第29話 [もう…何がなんだか日記]
第29話『鶴ヶ城開城』「綺麗に渡さねば会津の女子の恥だ」by二葉明け渡す前に城を丁寧に掃除する女性達―このところ考えざるを得なかった>私だけ?「女性」という立場について、生... [続きを読む]

» 『八重の桜』第29話 [何がなんだか…ひじゅに館]
第29話『鶴ヶ城開城』 「綺麗に渡さねば会津の女子の恥だ」by二葉 明け渡す前に城を丁寧に掃除する女性達― このところ考えざるを得なかった>私だけ? 「女性」という立場について、生き方につ...... [続きを読む]

« 参院選挙結果、自民圧勝&有名人の当選者&選挙番組視聴率 | トップページ | 夏ドラマ視聴率一覧(5)(2013年7~9月期) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31