無料ブログはココログ

« 【安堂ロイド】第8話感想と視聴率 | トップページ | 秋ドラマ視聴率一覧(12)&最終回日程一覧(13年10~12月) »

2013年12月 9日 (月)

【八重の桜】第49回感想と視聴率「再び戦を学ばず」

「再び戦を学ばず」

次回(12/15)、最終回です。

第49回の視聴率は、前回より下がって、12.2%でした。

裏の「フィギュアグランプリファイナル エキシビション」は、11.2%でした。

今回は引っ張らずに、覚馬と容保が亡くなりました。

覚馬の最期、故郷・会津へ帰りたい気持ちが溢れていて、涙が溢れてしまいました。

続いて、容保は臨終前に浩兄弟に会い、御宸翰(ごしんかん)を託しました。

どちらも名演技で、感動的でした(^^)

 

世の中は日清戦争に向かっていました。

1890(明治23)年に教育勅語が発表されました。

それは親への孝行、兄弟への友愛などの日本古来の道徳心を重んじると共に、

「国家の危機には、忠義をもって天皇につくすべし」

という一文がある事に、覚馬は懸念を抱きました。

覚馬「教育勅語か・・・教育の名の下に、人を縛るような事があってはなんねえが・・・」

私はそんな一文があった事、知りませんでした(汗)

 

八重、東京で、日本赤十字社の篤志看護婦の勉強をするのかと思いましたが、京都にいて、「篤志看護婦人会 京都支部」で教えていました(汗)

明治23年1月に、襄が亡くなり、それから1年半も経っていないのに、もう教える立場とは、すごいですね(汗)

籠城戦での看護経験が役立っているようです。

看護婦の話は少しだけでした(汗)

 

大河名物の幽霊もしっかり登場♪(^^;)

襄の霊が八重を支え、愛に溢れていました♪

襄の死後、たった2年で最愛の兄も亡くして、殿・容保の死も新聞で知り、八重は落ち込みました。

「皆、いなくなってしまった」

と落ち込んでいた八重の後ろから襄の声が・・・

襄「八重さん、何を泣いてるんですか?」

驚く八重。

その肩に襄は手を置き、言いました。

「亡くなった人達は、もうどこにも行きません。

あなたの傍にいて、あなたを支えてくれます。

あなたが幸せであるように。強くあるように」

八重は振り向かず、その手を握りました。

八重「強くあるように・・・」

襄、消えました。

八重「ありがとう・・・ありがとなし・・・」と泣く。

襄は亡くなっても守護霊になって、八重を守ってくれているようです♪(^^)

ただ、皆いなくなってなくて、まだ母の佐久さんがいます(^^)

 

自分が校長だと以前、対立していたアリスは、もうとうに米国に帰ったと思いましたが、まだいて、襄の英語のスピーチを生徒に教えていました(^^;)

アメリカの実業家のお陰で同志社英学校に「ハリス理化学館」ができました。

ハリスと言う人が寄付してくれたのかな?

同志社英学校の入学希望者、今年(明治24年)112名だったのが、来年は23名との事で、激減してしまい、困っていました。

新島先生を失ったのが大きかったのだろうとの事でしたが、戦争が現実的になってきたので、前にも増して、兵役免除される国立が好まれたからではないでしょうか?(^^;)

 

覚馬、同志社英学校の卒業式でスピーチをし、その直後のシーンで亡くなってしまいました(汗)

その前の八重と覚馬の会話から書きます。

覚馬の元に東京から健次郎が訪ねて来た後、八重と覚馬が2人で話しました。

八重「兄様、京都に来た時、会津本陣で言われた。同じ日本の中でもう戦はしてはなんねえと」

覚馬「ああ、だが、また戦は始まんべ」

八重「それを避ける道を考えていたのがし? 会津が敗れた理由の中から」

覚馬「国を失う痛みは会津が一番よく知ってる。

 人間の知恵や知識で戦が避けられねえのなら、学問など無駄なのか・・・」

八重「兄様は、学問は武器だと言った。 学問をすれば答えが見つかると。

 だから、私は学んだ。それが襄の学校作りの役に立った。

 襄は生徒達に『国に縛られず、自分の力で考え抜く人であれ』

 そう教えてた。私はその中に答えを見つけたんだし。

 『自分の力で考え抜く人であれ』

 襄の子供達はきっとその思いを受け継いでいってくれる。

 兄様、諦めねえでくなんしょ」

覚馬の手を握り

八重「誰よりも先を見て、もっともっと教えてくなんしょ」

 

それで、覚馬は元気を貰い、同志社英学校の卒業式でスピーチしました。

「諸君は学業を終え、これからそれぞれのこれからそれぞれの仕事につかれる。

どうか弱い者を守る盾となって下さい。

かつて私は会津藩士として戦い、京の町を焼き、故郷の会津を失いました。

その償いの道は半ばです。

今、世界が斗からを競い合い、日本は戦に向けて、動き出した。

どうか、聖書の一節を心に深く刻んで下さい。

『その剣を打ち替えて鋤となし、その槍を打ち替えて鎌となし、国は国に向かいて剣を上げず、二度と再び戦う事を学ばない』」

八重「戦う事を学ばない」

覚馬「諸君は一国の・・・いや、世界の良心であって下さい。

 いかなる力にもその知恵であらがい、道を切り開いて下さい。

 それが身を持って戦を知る私の願いです」(礼)

 

拍手喝采♪

佐久、涙。 八重も涙ぐみました。

 

聖書の言葉を出すのは信者の覚馬にとっては自然なのでしょうけれど、私はちょっと苦手です(汗)

キリスト教の信者の多い国だって戦争をしているし、宗教戦争はいつの時代もなくならないから。

本当に、その聖書の一節通りに行動してほしいものです。

覚馬は襄の死後、同志社の臨時総長でしたが、翌年、小崎弘道に総長の職を譲り、学校の経営から引いたとの事。

ドラマでは、その直後、八重は家に走って行き、覚馬の臨終のシーンでした。

佐久と久栄が見守る中へ八重が来ました。

八重「兄様」

覚馬「八重、来たか」

八重「はい」

覚馬、起き上がる。

覚馬「久栄、こっちゃ来」

久栄、泣きながら来る。

覚馬「泣くな」

久栄「はい」

覚馬「八重、母上をよろしく頼む」

八重「はい」

覚馬「風を入れてくなんしょ」

障子を開ける。

覚馬、庭の方に身を乗り出し

覚馬「会津はもう雪だべか?」

佐久「んだな」

覚馬「やっと帰れんな。 皆が待ってんべ」

八重「兄様」

佐久「三郎も旦那様もいんのか?」

覚馬「・・・」と微笑む。

佐久「覚馬・・・長え間、ご苦労だったな」

覚馬「母上・・・八重・・・

 戦を生き延びて2人がいてくれたから、会津の男としてこられた。

 ありがとなし」

 

覚馬、昔の回想。

会津に帰り、八重達家族が迎える。

父も三郎もいる。

回想、終わり、覚馬、死ぬ。

 

語り「覚馬は64年の苛烈な生涯を閉じた」

 

そして、容保の屋敷。

浩「あの頃を知る者がまた一人、世を去りました」

布団の上で起きている容保と傍に浩と健次郎が控えている。

容保「覚馬・・・」咳き込む。

容保「2人に託したい事がある」

浩と健次郎、平伏する。

容保、御宸翰(ごしんかん)を出す。

2人、驚く。

浩「御宸翰・・・開城の折に失われた物と思っておりやした」

容保「これだけは・・・会津が逆賊でない事のただ1つの証」

容保「いつか御宸翰を世に出してくれ。

 会津がいかに誇り高く戦ったかを、死んでいった者達の心を。

 ただし、再び同じ道を辿らぬよう、戒めとして、これをそなたらに託した。

 わしの最期の願いじゃ」

浩・健次郎「はっ!」と平伏。

容保「・・・」と満足げでした。

 

そして、松平容保が亡くなった事が新聞に載りました。

八重がそれを見て、子供の頃、殿と会った事を思い出しました。

そして「皆、いなくなってしまった」と泣いて、前述の襄の幽霊シーンへ。

 

明治27年(1894年)3月、朝鮮半島南部で農民の反乱・東学党の乱が勃発。

朝鮮政府は清国に派兵を要請しました。

これに対し、伊藤内閣は8000人という大兵力を派遣する閣議決定を下しました。

明治27年8月1日、遂に日清両国は宣戦布告しました。

八重は戦地に従軍看護婦として行き、敵味方関係なしに看護したいと、大山に頼みました。

 

最終回は、日清戦争のようです(汗)

副題は、「いつの日も花は咲く」。

どこかで聞いた歌のような・・・(汗)

予告編、頼母が仙人みたいでした(^^;)

まだ生きてたとは(^^;)

久栄は、明治26年(1893年)、享年23歳で病没しましたが、やりませんでした。

覚馬が明治25年没なので、翌年ですね(汗)

佐久は意外と長生きで、明治29年没で、享年85歳(87歳死亡説あり)。(Wikiより)

頼母は、明治36年没で享年74歳。日清戦争宣戦布告から9年後です。

八重は、昭和7年(1932年)、86歳で他界したそうなので、死までやらないかな?

最終回、どう締めるのか、注目しています♪(^^)

 

【第49回あらすじ】 (Yahooテレビより)

襄(オダギリジョー)が亡くなり、同志社では欠席する生徒が増え、来年度の入学希望者が激減する。1890(明治23)年に教育勅語が発表されると、覚馬(西島秀俊)は天皇への忠義を課す一節に懸念を抱いていた。八重(綾瀬はるか)は京都赤十字社で看護と救急法の講義に参加するが、戦を知らない女性たちの言葉に違和感を抱く。そして、今は武器が強力になっていて戦の傷はむごいものだと話し、しっかり学ぶよう諭す。そんな中、覚馬の元に東京から健次郎(勝地涼)が訪ねて来た。兄・浩(玉山鉄二)に代わって幕末の戦記を仕上げるため、京都でどのように薩摩・長州と戦っていたのかを取材するためだ。だが、覚馬が薩長にも勤王の志はあったと話し、健次郎も八重も激しく反論する。その後、覚馬は同志社の卒業生たちに不戦の精神を説き、病に倒れ息を引き取る。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

[第1回]21.4%  [第2回]18.8%  [第3回]18.1%   [第4回]18.2%

[第5回]18.1%  [第6回]15.3%  [第7回]17.5%   [第8回]15.6%

[第9回]15.1%  [第10回]12.6%  [第11回]14.3%  [第12回]13.9%

[第13回]14.3%  [第14回]11.7%  [第15回]14.2%  [第16回]13.8%

[第17回]13.7%  [第18回]15.7%  [第19回]15.0%  [第20回]13.7%

第21回]14.1%  [第22回]13.3%  [第23回]15.0%  [第24回]14.8%

第25回]12.9%  [第26回]14.0%  [第27回]12.9%   [第28回]16.1%

第29回]14.5%  [第30回]12.6%  [第31回]15.4% [第32回]13.9%

第33回]15.9%  [第34回]13.4% [第35回]14.2%  [第36回]15.4%

[第37回]15.0%  [第38回]11.9%  [第39回]13.3% [第40回]12.4%

第41回]12.4%  [第42回]14.8%  [第43回]11.5% [第44回]10.0%

第45回]12.8%  [第46回]13.7%  [第47回]13.7% [第48回]13.7%

[第49回]12.2%

 

公式HP・次回あらすじ

 

 


【送料無料】八重の桜 完全版 第壱集 Blu-ray BOX【Blu-ray】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

できたら応援クリック、お願いします♪(^^)

« 【安堂ロイド】第8話感想と視聴率 | トップページ | 秋ドラマ視聴率一覧(12)&最終回日程一覧(13年10~12月) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

教育勅語の一文というのは「一旦緩急アレバ義勇公ニ奉ジ」という、国民に防衛義務を説いたものでありましょう。まあ、非常時における当時の国民の心構えとしてはごく普通というか、今時の脚本家にはびっくりする文言なのかもしれませんが。

覚馬が同志社の卒業式で述べた「その剣を取りかえて鋤となし…」は旧約聖書のイザヤ書第二節からの引用です。こちらは京の町を焼き、会津藩を滅亡から救えなかった覚馬の挨拶としてはそれなりの筋道があり、立派なものであったと思います。

覚馬と容保公の二人とも亡くなって寂しくなりました。ジョーの亡霊?に振り向かずに挨拶する八重の姿は、前向きな彼女の人生を象徴するシーンで良かったです。

来週ラストの回には恐ろしくC調なあの方、慶喜公が登場するようなので、楽しみにしております。
d=(^o^)=b

>レッドバロンさんへ

コメント、ありがとうございます♪
お返事、遅くなってしまって、すみませんm(__)m
実は、火曜~水曜と、函館旅行に行っていました。
雪とクリスマスイルミネーションを見に行ったのですが、雪が全然なくて、雨が降りました(^^;)
ちょっと残念でしたが、泊まったホテルも綺麗で、ツリーも綺麗でした(^^)

教育勅語の一文、確かに、当時の国民の心構えとしてはごく普通の事かもしれませんが、今の人にはなかなかついていけないと思います(^^;)

>覚馬が同志社の卒業式で述べた「その剣を取りかえて鋤となし…」は旧約聖書のイザヤ書第二節からの引用です。

そうですか(^^)
詳しいですね♪(^^)

>こちらは京の町を焼き、会津藩を滅亡から救えなかった覚馬の挨拶としてはそれなりの筋道があり、立派なものであったと思います。

はい。
最初、私も感動したと書いたのですが、セリフを書き取るために何度か聞いているうちに、聖書で戦争を思い出して、段々、嫌な気分になってしまいました(汗)
私は聖書の引用がなければ、素直に感動できたと思います(汗)
ただ、角馬は、キリシタンになったし、そういう学校なので、聖書を引用するのは自然かもしれませんが(^^;)

>覚馬と容保公の二人とも亡くなって寂しくなりました。ジョーの亡霊?に振り向かずに挨拶する八重の姿は、前向きな彼女の人生を象徴するシーンで良かったです。

同感です(^^)

>来週ラストの回には恐ろしくC調なあの方、慶喜公が登場するようなので、楽しみにしております。

最終回に慶喜公が登場するのですか。
もう忘れてました(汗)
楽しみです(^^)

毎度、お疲れ様です。

土曜の再放送でした。
とりあえず、、、

>アメリカの実業家のお陰で同志社英学校に「ハリス理化学館」ができました。
>ハリスと言う人が寄付してくれたのかな?

「ハリス」ってひょっとして、日米修好通商条約で出てきたハリス、の親戚???
・・・なわけないか(笑)この時代で「ハリス」と聞くとどうしても・・・

>語り「覚馬は64年の苛烈な生涯を閉じた」

「60余年」と思ってました。(苦笑)・・・ま、どっちでもいいんですが。


それはそうと・・・・・個人的には、
・京都での当時の出来事や思想(薩長など)を聞いて驚く健次郎とか、
・清国は赤十字に関して日本と差がある、辺りも
印象に残りました。


>最終回は、日清戦争のようです(汗)

そのようですね。
ということは、安堂なんとかを含め、12/15(日)は、ナース活躍の日?(^^)

いつも思うんですが、1894日清戦争~1904日露戦争~1914第1次世界大戦
・・・10年おきにやってるんですよね!
八重さん全部生きていたのに、、、今回の「戦うことを学ばない」が可哀想。。。(^^;

>LB55さんへ

コメント、ありがとうございます♪


>「ハリス」ってひょっとして、日米修好通商条約で出てきたハリス、の親戚???
>・・・なわけないか(笑)この時代で「ハリス」と聞くとどうしても・・・

やはり、アメリカ合衆国のコネチカット州のハリスさんが寄付したお金で造られたために「ハリス理化学館」という名前になったそうです。
今、重要文化財指定を受けています。

(ブログ「関西お散歩ぐるり旅」より)
http://www42.tok2.com/home/kansaikanko/shokoku/kyoto_1/doshisha_3.html

ただ、そのハリスさんが、日米修好通商条約で出てきたハリスの親戚かどうかは分かりません(汗)


>>語り「覚馬は64年の苛烈な生涯を閉じた」
>「60余年」と思ってました。(苦笑)・・・ま、どっちでもいいんですが。


そうですか?
Wikiで調べたら、「明治25年(1892年)64歳で没。」と書かれていたので、64年だと思ってしまいました(^^;)

(Wiki 山本覚馬)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E8%A6%9A%E9%A6%AC

>ということは、安堂なんとかを含め、12/15(日)は、ナース活躍の日?(^^)
>いつも思うんですが、1894日清戦争~1904日露戦争~1914第1次世界大戦
・・・10年おきにやってるんですよね!
>八重さん全部生きていたのに、、、今回の「戦うことを学ばない」が可哀想。。。(^^;

なるほど☆
確かに、安堂ロイドでもナースのサプリが活躍してますね(^^)
今日の最終回もサプリが活躍してほしいです♪
八重は、この活躍等で勲章を貰いますが、2回の戦争をやるとは思えないですね(汗)
日清戦争でおしまいかも?
「戦うことを学ばない」と言っても、軍国主義の時代なので、空しいでしょう(汗)
ただ、世界は帝国主義の時代だったので、今の日本のように一国平和主義を貫いていたら、とうに、どこかの植民地にされていたのではないかと思います(汗)
「坂の上の雲」の受けうりですが(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/58727486

この記事へのトラックバック一覧です: 【八重の桜】第49回感想と視聴率「再び戦を学ばず」:

» 【八重の桜】第49回感想と視聴率「再び戦を... [ショコラの日記帳]
「再び戦を学ばず」次回(12/15)、最終回です。第49回の視聴率は、前回より下がって、12.2%でした。今回は引っ張らずに、覚馬と容保が亡くなりました。覚馬の最期、故郷・会津... [続きを読む]

» 【八重の桜】第49回 「再び戦を学ばず」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
明治23年に教育勅語が発表されると、覚馬(西島秀俊)は、天皇への忠義を課す一節に 懸念を抱いていた。 そんな覚馬のもとに、東京から健次郎(勝地涼)が訪ねてきた。 兄・浩(玉山鉄二)に代わって幕末の戦記を仕上げるため、京都でどのように薩長と戦って いたかを詳しく取材するためだ。 しかし、覚馬が薩長にも勤王の志はあったと語ったことに、健次郎も八重(綾瀬はるか)も 激しく反論する。...... [続きを読む]

» 「八重の桜」 第49回、再び戦を学ばず [センゴク雑記]
大河ドラマ「八重の桜」。第49回、再び戦を学ばず。 山本覚馬の最期。 日本は日清戦争へと向かう。 [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」第49回 [日々“是”精進!]
  第四十九回「再び戦を学ばず」1890(明治23)年に教育勅語が発表されると、覚馬は天皇への忠義を課す一節に懸念を抱いていた。そんな覚馬のもとに東京から健次郎が訪ねてきた。健次... [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」第49回 [日々“是”精進! ver.F]
みんな傍にいてくれる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312080002/ 【送料無料】鶴ヶ城 プロジェクションマッピング はるか価格:1,418円(税込、送料込) ... [続きを読む]

» 八重の桜 第49回 [レベル999のgoo部屋]
「再び戦を学ばず」 内容 明治23年、教育勅語が発表された。 それを読んだ覚馬(西島秀俊)は、ある一節を危惧する。 そんななか健次郎(勝地涼)が覚馬を訪ねてくる。 兄に代わり幕末の戦記を仕上げるため、 会津藩で何があったかが知りたくて来たと言う。 すると覚...... [続きを読む]

» 八重の桜 第49回「再び戦を学ばず」〜国に縛られず自分の力で考え抜く人であれ [平成エンタメ研究所]
「国に縛られず自分の力で考え抜く人であれ」  共感します。  このところ、僕は「特定秘密保護法」反対について書いてきましたが、「お上のすることは皆正しい」と思考停止になってしまうのはやはり違うと思うんです。  国全体が戦争に沸き立つ中で、徳富健次郎(太賀...... [続きを読む]

» 『八重の桜』第49回「再びいくさを学ばず」★グッバイ覚馬(西島秀俊) [世事熟視〜コソダチP]
『八重の桜』第49回「再びいくさを学ばず」 今週は日清戦争前まで進んだから、八重(綾瀬はるか)さんは大雑把に言うと天野春子(小泉今日子)より少し年が上で、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)くらいの年齢かな・・・。 なかなか老けない八重さんは、今風に言うと美魔女!? −◆− <前年。教育勅語が発表され全国の学校に配布された。親への孝行。兄弟への友愛など日本古来の道徳心を重んじるとともに。国家の危機には忠義を持って、天皇に尽くすべしとの一条があった> 覚馬「教育の名のもとに、人を縛るような... [続きを読む]

» 八重の桜 第49回「再び戦を学ばず」 [昼寝の時間]
公式サイト 1890(明治23)年に教育勅語が発表されると、覚馬(西島秀俊)は天 [続きを読む]

» 『八重の桜』第49回 [悠雅的生活]
再び戦を学ばず [続きを読む]

» 大河ドラマ「八重の桜」信念の人49再び戦争へ!覚馬は戦争への懸念を残して亡くなり八重は今できる事をしようと赤十字の活動に身を投じた [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「八重の桜」第49話は政府が清国と戦争になろうとする直前の状態で学生を徴兵し戦に備えようとするムードが国中に広まっていた。そんな中で同志社英学校では学生の入 ... [続きを読む]

» 八重の桜 49話「再び戦を学ばず」 ~山本覚馬と松平容保の最期~ [坂の上のサインボード]
 新島襄の死後、山本覚馬が同志社臨時総長を務めますが、その覚馬も、明治25年(1892年)12月28日にこの世を去ります。享年64歳。思い起こせば文久2年(1862年)、京都守護職に就任した会津藩主・松平容保に従って京に上ってから30年、波乱に満ちた・・・とか、苛烈極まりない・・・などというありきたりな形容では言い表せない、まさに、筆舌に尽くしがたい人生だったといえるでしょう。  賊軍として捕らえられ、盲目で足が不自由という二重の障害を抱えながらも、明治新政府にその才を買われ、京都府顧問、京都... [続きを読む]

» 『八重の桜』第49話 [もう…何がなんだか日記]
第49話『再び戦いを学ばず』「風を入れてくなんしょ」by覚馬覚馬の最後世の中に新風をという意味と重ねているのかと思ったけど考え過ぎ?(笑)え~っと、今回は風邪... [続きを読む]

» 『八重の桜』第49話 [何がなんだか…ひじゅに館]
第49話『再び戦いを学ばず』 「風を入れてくなんしょ」by覚馬 ↑覚馬の最後 世の中に新風を…という意味と重ねているのか と思ったけど…考え過ぎ?(笑) え~っと、今回は 風邪の最中で観たせいか>「風」のシャレではない いつもにも増してワカランカッタ 相変わらず、おバカでスミマセンスミマセン! 教育勅語に否定的な様子の覚馬。 教育勅...... [続きを読む]

« 【安堂ロイド】第8話感想と視聴率 | トップページ | 秋ドラマ視聴率一覧(12)&最終回日程一覧(13年10~12月) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31