無料ブログはココログ

« 【ごちそうさん】第90~94回(月~木)「祝言」と視聴率推移 | トップページ | ネタバレ【ごちそうさん】第17週日別粗筋(1/27~2/1) »

2014年1月24日 (金)

【相棒season12】第13話感想と視聴率「右京さんの友達」

「右京さんの友達」

第13話の視聴率は、前回の18.6%より少し下がって、17.4%でした。

来週(1/29(水))は、『相棒12』、お休みです。

紅茶好きな右京さんと友達になった同じく紅茶好きな毒島幸一(尾美としのり)さんのちょっと変わった話でした。

右京さんの小説で始まり、和製シャーロックホームズとか、相棒10人目とか、いろいろ昔を振り返れて、懐かしかったです♪(^^)

毒島さん、自殺幇助になるのかな?

左利きだからというのは、ちょっと平凡でした(汗)

既に、犯人を逮捕して服役しているのに、誤認逮捕と知ったら、逮捕した人と上層部はきっとショックを受けるでしょう(汗)

毒島「一年前に頭の悪そうな刑事が二人、聞き込みに来たんです」

その2人は、イタミンと芹沢君かな?(^^;)

それとも所轄の刑事かな?

誤認逮捕、上層部は隠蔽したい位でしょう(汗)

誤認逮捕された烏森(加藤厚成)は気の毒でしたが、彼は彼女を殺そうとしたのだから、全然、罪がないという訳ではないですね(^^;)

 

【第13話あらすじ】 (公式HPより)

右京(水谷豊)は、なじみの紅茶店で紅茶に詳しい毒島(尾美としのり)と知り合った。 毒島から自宅アパートでの"お茶会"に誘われた右京は、享(成宮寛貴)を連れて出かけると、毒島は2人の目の前で右京のようにポットを高く上げて紅茶を注ぐのだ。驚く享...。毒島には紅茶と犬しか楽しみがなく、ほかは信用できないという。右京同様、少々変わり者のようだ。

 どうやらそんな毒島に気に入られてしまった右京。「警察はバカばっかりだと思っていました」という毒島。なにかそう思わざるをえない出来事があったのかと右京が訊くとある事件の話をはじめた。隣室に住んでいた静香(佐藤寛子)がナイフで殺害された事件だが、すでに恋人でミステリー作家の烏森(加藤厚成)が逮捕されていた。冤罪の可能性をにおわせる毒島に、右京は思わず「調べてみましょう」と約束する。

 そして、右京と享は再び毒島から"お茶会"の誘いを受ける。招きに応じた右京は、ある男を主人公にして自らが書いた小説を手に毒島の自宅を訪ねるが...。そこで明らかになる右京の推理をもとにした意外な真相とは?

<脚本> 真野勝成
<監督> 橋本一

<ゲストキャスト>

毒島 幸一(尾美としのり)ミステリー小説批評家。無職。 

佐藤 静香(佐藤寛子)毒島の隣人。 

烏森 凌(加藤厚成)ミステリー作家。佐藤の恋人。

                      * * *

毒島「小説家というのは大したものですね。

 僕は他人が書いたものをあーだこーだと文句をいうだけ。

 書く人間がいなければ、僕は存在すらしない」

毒島「ネットで好き勝手書いているだけです。仕事にはなっていない」

 

最近の私もそうです(汗)

ブログでセリフを起こして批評しても、私も時々、空しくなる事があります(汗)

以前は、脚本家になろうと、オリジナルに拘っていたのに、いつからか書けなくなり、今はブログで他人の書いた物を批評しているだけ(汗)

その批評も大した事ないし・・・(^^;)

以前は、コンクールで受賞して賞金を貰ったり、プロットライターやドキュメントの構成台本を書いてギャラを貰った事もありましたが、今は全然(^^;)

私も今、何か事件に巻き込まれて新聞に載るとしたら、専業主婦だから、無職です(汗)

毒島さんの気持ちがちょっと分かって、少し切なかったです(^^;)

犬と紅茶しか楽しみがないと言いますが、あんなに紅茶、詳しくて、ミステリー小説の鋭い批評もできて、2つも取り柄がある訳で、尊敬されるのではないでしょうか?

私は紅茶、好きですが、味、全然分かりません(汗)

 

毒島「あなたのことを孤独と言いましたが、それは間違いでした。孤独と孤高は違います。

 あなたはその能力故に孤高の存在なのでしょう。

 さすがは和製シャーロック・ホームズと言われるだけのことはありました」

 

孤独と孤高、確かに、右京さんは孤高かもしれませんね。

甲斐次長も孤高そうな気がします(^^)

右京さんが「都民ジャーナル」で「和製シャーロック・ホームズ」と呼ばれている件は、『相棒シーズン4』 第8話「監禁」 (2005/11/30放送)で出てきたそうです(スタッフブログより)

でも関東では、最近、昼間、再放送されたので、記憶に新しいです(^^)

 

毒島「助手というと聞こえは悪いかもしれないが、ワトソン君は頼れる相棒なんだ。

 ワトソンなしじゃホームズは立ち行かない」

でも、今回、カイト、いてもいなくてもいいような話でした(^^;)

 

「10人目の相棒」と右京さんのセリフに出てきましたが、右京さんは数日しか特命係にいなかった陣川くんも在籍した一人としてカウントしていたようです。

7人目・・・亀山薫(寺脇康文)
8人目・・・陣川公平(原田龍二)
9人目・・・神戸尊(及川光博)
10人目・・甲斐享(成宮寛貴)

相棒のオフィシャル本などでは神戸尊が8人目、甲斐享が9人目の相棒としていて、陣川を入れてない場合もあるそうです。

でも、先日も陣川君、登場したし、右京さんの記憶では陣川君も入れていて、良かったです♪

きっと陣川君も嬉しいでしょう♪

 

最後に、毒島さんを警察に連行したカイトは、イタミン達に「その人は?」と聞かれ、

カイト「右京さんの友達です」と答えました。

イタミン達、毒島さんの顔を知らなかったので、きっと誤認逮捕した事件の担当ではなかったのでしょう。

頭の悪そうな刑事は別の人達なのでしょう(^^;)

そして、カイト、今まで「杉下さん」と呼んでいたのが、初めて、「右京さん」と呼びました♪

かなり年下だし、上司なので、呼びにくかったでしょうけれど、これで関係がまた深まった感じがしました♪(^^)

そして、毒島さんも右京さんの友達と紹介されて、嬉しかったでしょう♪

孤独故に、初めての友達かもしれません♪

いろいろと意味深い、短いセリフでした♪(^^)

 

今回は、事件その物より「相棒ファン感謝デー」みたいなお話でした(^^)

前述の通り、来週(1/29(水))は、『相棒12』、お休みです。

 

「相棒コンサート-響-」開催決定!
6月21日(土)・22日(日)東京国際フォーラム・ホールAにて!
オーケストラと映像の融合!
詳細は相棒コンサート公式ページへ!
http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/concert/
チケットはまだ発売していません。

 

とのスタッフブログの告知がありますが、コンサートまでやるとは(^^;)

享が着ているジレ(ベスト)(税込10,290円)も発売になったそうです。

ちょっと高いのでは?(^^;)

特命係木札ボード(税込24,150円)も売っています。

ものすごく高いし、こんなの買う人いるのでしょうか?(^^;)

相棒・オリジナル紅茶(アールグレイ&ローズ)は税込1,200円です♪

この話を見た後だと、これが欲しくなります♪(^^)

(全て、相棒ストアにて販売中)

「相棒」、春に映画もあるし、商業的にも多角的ですごいですね(^^;)

再来週の「顔」、楽しみです♪(^^)

 

【視聴率推移】 (視聴率は関東地区。ビデオリサーチ調べ)

第1話]19.7%   [第2話]17.0%   [第3話]15.1%  [第4話]18.6%

[第5話]16.8%   [第6話]15.6%   [第7話]14.4%  [第8話]15.4%

[第9話]16.9%   [第10話](元日SP)19.6%

[第11話]16.2%   [第12話]18.6%  [第13話]17.4%

 

公式HP・次回あらすじ

 


【送料無料】相棒 season 11 ブルーレイBOX (6枚組) 【Blu-ray】 [ 水谷豊 ]

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪(^^)

« 【ごちそうさん】第90~94回(月~木)「祝言」と視聴率推移 | トップページ | ネタバレ【ごちそうさん】第17週日別粗筋(1/27~2/1) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。

>犬と紅茶しか楽しみがないと言いますが、あんなに紅茶、詳しくて、ミステリー小説の鋭い批評もできて、2つも取り柄がある訳で、尊敬されるのではないでしょうか?

自分の場合は、2つ位は取り柄があると思ってるんですが、尊敬というよりは、敬遠されてるような気が。。。(笑)

毒島さんを見てると、どこか自分と重ねてしまって、痛い所もあったりしましたが、毒薬さんらしい対応には、好感がもてました。(ハンドル名に拍手したくらいです(汗笑)

>毒島「助手というと聞こえは悪いかもしれないが、ワトソン君は頼れる相棒なんだ。
>ワトソンなしじゃホームズは立ち行かない」
>でも、今回、カイト、いてもいなくてもいいような話でした(^^;)

これは、毒島さんの激励なのでしょう。。。
右京さんが、カイト君を、「君づけ」にしてるので、敢えてこの言葉を選んだような気がします。・・・まさか、右京さん、いままでの相棒にも、ワトソン君の「君」を使ってたのかな???

>確かに、右京さんは孤高かもしれませんね。

ブログを書く、という行為も、孤高だと思います。
書いてらっしゃるみなさんは、孤高の人、という感じがしてます。
・・・あ、「孤高の人」(新田次郎?)じゃありませんよ(笑)

>「10人目の相棒」と右京さんのセリフに出てきましたが、

3~40年位の間で10人ということは、3~4年で相棒を変えてることに。
なるほど、いいペースだと思います。
・・・ちなみに、「花の里」は何件目のお店なんでしょうねぇ。。。(笑)

右京さんの原稿から事件が立ち上がる特異なストーリーを取ってましたが、途中までは面白かったですね。毒島氏の批評論はなかなかのものでした。

ラストは尺が足りない分?を、杉下の万能感、千里眼で事件を一気に解決する最近のパターンで、視聴者が推理する楽しみがなく、死んだ女性の存在感もいまいちで、いささか残念でしたけれど。

なお「頭の悪い刑事」はイタミン・芹沢コンビではありませんですよ。私も最初はそう思って見てましたが、最後に捜査一課を訪ねた際、カイトが毒島のことをイタミンに「右京さんの友達です」と紹介してましたもの。あくまで初対面のようでした。(^^;;

濡れ衣は晴らしておかなければ。

>レッドバロンさんへ

お久しぶりです♪
コメント、ありがとうございます♪(^^)

「右京さんの友達です」については、25日(土)13:40頃、追加で書き加えました。
きっとレッドバロンさんは、ぎりぎり追加前の本文を読まれたのでしょう(汗)

確かに、このセリフの時、イタミン達、彼を知らなかったので、頭の悪い刑事は別の人達でしょうね(^^)
それ以外にもいろいろな意味がこのセリフにあると思い、今回のまとめのようなセリフだったと思います♪(^^)

事件解決そのものは、どうも無理矢理っぽい感じの解決でしたね(^^;)
それもあって、今回、事件の事、詳しく書きませんでした(汗)
ただ、事件はともかく、昔からの相棒ファンにとっては、いろいろな意味で楽しい回だったと思います(^^)

> LB55さんへ

いつもコメント、ありがとうございます♪(^^)

>自分の場合は、2つ位は取り柄があると思ってるんですが、尊敬というよりは、敬遠されてるような気が。。。(笑)

まあ♪
取り柄が2つもあるとはすごいですね♪(^^)
1つもない人、結構、いると思います(^^;)
敬遠されている気がするとは、 LB55さんも孤高なのでしょう(^^;)

>毒島さんを見てると、どこか自分と重ねてしまって、痛い所もあったりしましたが、毒薬さんらしい対応には、好感がもてました。(ハンドル名に拍手したくらいです(汗笑)

毒舌で毒薬、本名・毒島とは、毒のある自分を好んでいるのかもしれません。
脚本家がそういう設定にしただけですけど(笑)

>>毒島「助手というと聞こえは悪いかもしれないが、ワトソン君は頼れる相棒なんだ。
>>ワトソンなしじゃホームズは立ち行かない」
>>でも、今回、カイト、いてもいなくてもいいような話でした(^^;)

>これは、毒島さんの激励なのでしょう。。。

確かに、激励でしょうね(^^)

>右京さんが、カイト君を、「君づけ」にしてるので、敢えてこの言葉を選んだような気がします。・・・まさか、右京さん、いままでの相棒にも、ワトソン君の「君」を使ってたのかな???

「キミ」と呼ぶ事が多いですが、名前で呼ぶ時は、亀山君、神戸君だったと思います(^^)
普通、後輩は君づけで呼びますね(^^)

>ブログを書く、という行為も、孤高だと思います。
>書いてらっしゃるみなさんは、孤高の人、という感じがしてます。

どうでしょう?
皆、仲間が欲しくて書いてる気がしますが(^^;)
孤高な人は仲間を欲しがらないと思います(^^;)

>「10人目の相棒」と右京さんのセリフに出てきましたが、
>3~40年位の間で10人ということは、3~4年で相棒を変えてることに。
なるほど、いいペースだと思います。

んん?
最初の頃、見てないのでしょうか?
薫ちゃんまでの6人は、次々とやめていったという設定で、人材の墓場と呼ばれました(^^;)
3~4年も持ってないです(^^;)
薫ちゃんは長かったですが、尊は短かったと思います(^^;)
元々、庁内Sでしたし(^^;)

>ちなみに、「花の里」は何件目のお店なんでしょうねぇ。。。(笑)

何件目という意味は??
元々、「花の里」は右京さんの元妻・たまきさんが経営してました。
でも、演じてた女優(益戸育江=高樹沙耶)さんが女優業をやめてしまったので、急遽、世界各地を旅することにしたという設定で、廃業してしまいました。
それから、右京さんはスランプに(笑)
そして、シーズン10から、何度か、右京さんにお世話になっていた月本幸子( 鈴木杏樹)が「花の里」を復活。
二代目女将になりました♪(^^)
幸子さんは殺人未遂で服役した事があります。
「ついてない女」などで、レギュラーになる前も何度か登場しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/59003188

この記事へのトラックバック一覧です: 【相棒season12】第13話感想と視聴率「右京さんの友達」:

» 【相棒12】第13話感想と視聴率「右京さんの友... [ショコラの日記帳]
「右京さんの友達」第13話の視聴率は、前回の18.6%より少し下がって、17.4%でした。来週(1/29(水))は、『相棒12』、お休みです。紅茶好きな右京さんと友達になった同じく紅茶好き... [続きを読む]

» 「相棒12」第13話 [日々“是”精進!]
  第13話「右京さんの友達」右京は、なじみの紅茶店で紅茶に詳しい毒島と知り合った。毒島から自宅アパートでの“お茶会”に誘われた右京は、享を連れて出かけると、毒島は2人... [続きを読む]

» 「相棒 12」第13話 [日々“是”精進! ver.F]
孤独と孤高は違う… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401230000/ 【送料無料選択可!】相棒season12 オリジナルサウンドトラック[CD] / TVサントラ (音楽: 池頼広)価格:3,150円(税込、送料別) ... [続きを読む]

» 相棒12第13話(1.22) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
『右京さんの友達』  脚本:真野勝成 監督:橋本一 杉下@水谷豊はひょんなことから 毒島幸一@尾美としのりという中年男性と知り合いになる 紅茶好きで孤独、どこか似たよったこの人物に誘われて、 毒島のアパートに茶会に招かれた杉下と甲斐@成宮寛貴は 隣の部屋で殺人事件があったことを聞かされる・・・。 「貴方のことを孤独と言いましたが、それは間違いでした。 孤独と孤高は違います。 貴方はその能力故に孤高の存在なのでしょう・・・」 珍しく右京さんの心の声が多かったこの回、 真犯人は毒島さんしか考えられなか... [続きを読む]

» 相棒 season12 第13話「右京さんの友達」★尾美ワールド全開「孤独と孤高は違います。」 [世事熟視〜コソダチP]
相棒season12 第13話「右京さんの友達」 今回はアキ(能年玲奈)ちゃんのパパ・尾美としのりさんが中心となった「会話劇」のような 静かなエピソード。 中盤やや退屈だったのですが、最終版の仕上げ部分が素晴らしく出来の良い味わい深い一品となりました。 −◆− なじみの紅茶店でたまたま毒島(尾美としのり)という紅茶に詳しい男性と知り合った右京(水谷豊)さんは、名刺を手渡しました。 毒島「僕は無職なので名刺はありません。」 右京<おそらく、この出会いは一期一会で終わると思っ... [続きを読む]

» 相棒season12 (第13話・1/22) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
テレビ朝日『相棒season12』(公式) 第13話『右京さんの友達』の感想。 右京(水谷豊)は紅茶愛好家の集まりで毒島(尾美としのり)と知り合う。程なく、毒島から茶会に誘われた右京は、享(成宮寛貴)と共に自宅アパートを訪問。1年前、隣室で住人の静香(佐藤寛子)が刺殺され、恋人で小説家の烏森(加藤厚成)が逮捕された事件を調べ直すことになる。やがて右京は、無職だという毒島が...... [続きを読む]

» 相棒12 [Akira's VOICE]
第13話『右京さんの友達』  [続きを読む]

» 相棒(12)第13話 [レベル999のgoo部屋]
「右京さんの友達」 内容 ある日、右京(水谷豊)は馴染みの紅茶店で毒島幸一(尾美としのり)と出会う。 妙に紅茶に詳しい毒島。 “信用出来るのは犬と紅茶だけ。。。” 1週間後、その毒島から“お茶会”に誘われた右京は、 享(成宮寛貴)を連れて、毒島のアパートへと...... [続きを読む]

» 相棒 12 #13 [シフォンなキモチ]
今回、めっちゃ面白かったですよ!久々のスマッシュヒットでしたね。 同人小説家右京さんが久々の登場で嬉しかったw 前の時は薫ちゃんが大変なことになってたんだよなぁ。 右京さんの書いた「ある男」をモデルにした小説・・・それが、事件の真相を言い当てていた、とは。 しかし、偏屈さでは、右京さんといい勝負でした。最後にカイトくん... [続きを読む]

» 相棒 「右京さんの友達」〜孤独と孤高は違う。あなたはその能力ゆえに孤高なのでしょう [平成エンタメ研究所]
 毒島幸一(尾美としのり)は言う。 「自分をわかってくれる人に本当のことを話したかったから」  そうなんですよね、人は<本当の自分>をわかってほしいと思っている。  特に孤独を感じている人間は。  右京(水谷豊)は、そんな気持ちに寄り添い、自作の小説『孤...... [続きを読む]

» 「相棒 season 12」第13話 [三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ]
「あの人は・・・何で僕らを呼んだんですかね。」 「化粧っ気のない煙草の好きな女でした。」 第13話『右京さんの友達』ネタバレです。 ミニチュアダックスのウェルカムドッグ手作りキット和装 ボア生地カット済みヒトミプロデュース by G-Tools ... [続きを読む]

» 相棒 season12 第13話 右京さんの友達 感想 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
冒頭の独白、左文字さんかと思いましたよw 公式HPよりあらすじ 右京(水谷豊)は、なじみの紅茶店で紅茶に詳しい毒島(尾美としのり)と知り合った。 毒島から自宅アパートでの“お茶会”に誘われた右京は、享(成宮寛貴)を連れて出かけると、毒島は2人の目の前で右京のようにポットを高く上げて紅茶を注ぐのだ。驚く享…。毒島には紅茶と犬しか楽しみがなく、ほかは信用できないという。右京同様、...... [続きを読む]

» 相棒12「右京さんの友達」 [のほほん便り]
久々に右京さんと、紅茶とミステリーでシンクロする人物、登場。3人のお茶会が舞台となり、さりげなく、相棒史も織り込まれ、なかなか味のある面白いオハナシでした。そんな人並みすぐれた能力をもつ人物の孤独と孤高についても考えさせられ、興味深かったです。でも、「自分をわかってくれる人に本当のことを話したかったから」 のですから、久々に出ました、右京さんの小説の形で真相が推理され、嬉しかったでしょうね。なにげに、カイト君もイイ味だしてたように思われました。それにしても、同じ音楽に共鳴した方といい、右京さんの友達... [続きを読む]

» 『相棒12』第13話 [何がなんだか…ひじゅに館]
第13話『右京さんの友達』 「孤独と孤高は違います」by毒島 今回はとても面白かった。 もしかして今シーズン最高作? 小説を書く右京さんに、まずビックリ。 でも、ボンクラひじゅにが忘れているだけで 右京さんが中学時代に小説を書いたという話は過去回に出てきたらしい。 右京さんが雑誌に「和製シャーロック・ホームズ」と紹介されたのも 同じく過去回にて出て...... [続きを読む]

» 『相棒12』第13話 [もう…何がなんだか日記]
第13話『右京さんの友達』「孤独と孤高は違います」by毒島今回はとても面白かった。もしかして今シーズン最高作?小説を書く右京さんに、まずビックリ。でも、ボンクラひじゅにが忘... [続きを読む]

« 【ごちそうさん】第90~94回(月~木)「祝言」と視聴率推移 | トップページ | ネタバレ【ごちそうさん】第17週日別粗筋(1/27~2/1) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30