無料ブログはココログ

« 【S-最後の警官-】第3話プチ感想と視聴率 | トップページ | 杏さん次作、国分太一さん・はなまる後MC、サザエさん父・死去 »

2014年1月27日 (月)

【軍師官兵衛】第4回感想と視聴率「新しき門出」

「新しき門出」 (関西の視聴率追加済1/29水)

第4回の視聴率は、前回の18.0%より下がって、16.5%(関東地区)で、最低視聴率でした(汗)

そんなに悪くないと思ったのに、じぇじぇでした(^^;)

でも、関西は前回の18.3%より上がって、19.8%でした♪

こちらは上がって良かったです♪(^^)

 

官兵衛(岡田准一)は、早くも左京亮(益岡徹)の娘・光(てる)(中谷美紀)と政略結婚。

まさか、初夜の時に、初恋のおたつの話をするとは(汗)

どうせ政略結婚だし、好きなら余計に隠しておいた方がいいと思いますが(^^;)

誠実だという事は分かりました(^^;)

 

あと、今回、気になったのは、光を中谷美紀さんが演じている事。

中谷美紀さんは好きですが、今、38歳。

岡田准一さんは33歳です。

姉の力(りき)役の酒井若菜さんは33歳です。

1567年(永禄10年)、祝言を挙げた時、官兵衛は数えで22歳(1546年生まれ)。

光は、数えで15歳でしょうか(1553年生まれ)。

7歳、光の方が年下です(^^;)

中谷美紀さん、どう見ても岡田君より年上に見えるので、せめて、姉妹を逆にして、光を酒井若菜さんの方が良かったのでは?(汗)

それ以上に、南沢奈央さんがお似合いだったのに、おたつ、殺されてしまって残念です(^^;)

 

職隆(柴田恭兵)も、わざわざ自分から政職(片岡鶴太郎)に、足利義秋(後に義昭)(吹越満)からの助力を求める書状、自分の所にも届いたと言うなんて(汗)

政職、義秋からの書状がきた事、喜んでいたのに、職隆にも全く同じ文面の書状が届いたと知って、がっかりすると共に、警戒しました(汗)

義秋も馬鹿ですね(^^;)

主従関係にある人にまで出すなんて(^^;)

あちこち沢山出すにしても、それぞれのトップの人に出すべきでしょう(^^;)

誰でもいいから考えなしで沢山出したみたいです(^^;)

この書状により、政職は、黒田家が裏切るかもしれないと疑い、不安をなくす対策として、2つ考えました。

1つは、官兵衛に家督を譲るよう遠回しで職隆に言いました。

もう1つは、官兵衛が政職の縁戚である左京亮(益岡徹)の娘・力(酒井若菜)と政略結婚しろと。

でも、力は兄の左京進(金子ノブアキ)から官兵衛の悪口ばかり聞いていたので、自殺するふりまでして嫌がりました。

それで、その前に官兵衛と出会って、彼に好感を抱いていた妹の光が、私が代わりに嫁ぐと立候補しました。

という訳で、怒涛のような展開で、官兵衛は家督を継いで、姫路城主となり、光と結婚しました。

小寺家の若き家老となりました。

 

次回は、「死闘の果て」です。

早くも嫡男、松寿丸(後の黒田長政)が生まれます♪(^^)

 

【第4回あらすじ】 (YahooTVより)

永禄10(1567)年。室町幕府再興を狙う足利義秋(義昭=吹越満)が、各大名に助力を求める書状を書き送っていた。その書状が御着の政職(片岡鶴太郎)の元に届く。しかし、同じ書状は職隆(柴田恭兵)の元にも届いており、政職は思案する。下克上の世にあって、官兵衛(岡田准一)の主君・政職は正室・お紺(高岡早紀)との間に生まれた嫡男の将来を考え始める。外様の職隆ではなく、子飼いの優秀な家臣・官兵衛を重用するため、縁戚である左京亮(益岡徹)の娘・力(酒井若菜)と政略結婚させようとするが、官兵衛が先に出会ったのは妹の光(中谷美紀)だった。しかし、兄の左京進(金子ノブアキ)は、官兵衛へ力を嫁がせることに大反対。また、力も嫌だと自害しようとする。すると光は、自分が官兵衛に嫁ぐと言う。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区。ビデオリサーチ調べ)

第1回]18.9%(関西23.0%)  [第2回]16.9%(関西17.8%)  [第3回]18.0%(関西18.3%)

[第4回]16.5%(関西19.8%)

 

公式HP・次回あらすじ

 


【送料無料】NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」オリジナル・サウンドトラック Vol.1 [ (オリジナル・サウンドトラック) ](2014.1.29発売)


軍師官兵衛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) (本・雑誌) / 前川洋一/作 / NHKドラマ制作班

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ   

できればクリック、お願いします♪(^^)

« 【S-最後の警官-】第3話プチ感想と視聴率 | トップページ | 杏さん次作、国分太一さん・はなまる後MC、サザエさん父・死去 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。

>初夜の時に、初恋のおたつの話をするとは(汗)
>~自分の所にも届いたと言うなんて(汗)

隠し事のできない性分・・・親子ですね(苦笑)

>あと、今回、気になったのは、光を中谷美紀さんが演じている事。

これは、・・・確かに。
南沢奈央の光、の方がよかったような気も・・・

>あちこち沢山出すにしても、それぞれのトップの人に出すべきでしょう(^^;)
>誰でもいいから考えなしで沢山出したみたいです(^^;)

たとえば、城を持つ殿全員に送ったとか?(^^;
義秋なら、そういうの平気でやってのけそうですね。
ただ、職隆の行動までは予測できなかったというか・・・(^^;
おかげで?、家督を譲る結果になったわけですが・・・。

義秋は戦国のメールマニアなので、どこにでも出すのかもしれません。
中谷さんの光は良い感じでしたが、櫛橋家は当主が替わると対立しそうなので、それも夫婦の試練になりそうです。

視聴率は上がらないようですね。
戦国ものなので、もう少しして官兵衛が信長や秀吉と会い、有名な合戦にくわわれば違ってくるかもしれませんが。

正直、2〜4話は余りに退屈で、コメントするだけの内容もありませんでした。

「水戸黄門」ばりの時代劇というか、最初から各人のキャラが決まっていて変化も発展もないようです。

例えば信長が義昭の前で平伏しますが、目つきがすでに怪しくて、義昭を利用する気が満々。信長と義昭の位置関係の変化は物語を見ておれば自ずと判るはずですが、そこまで制作者は役者に説明させないと安心できないのでしょうか。

義昭がいかに手紙マニアと言えど、陪臣の陪臣の黒田にまでレターを寄越すか。そうなると天下レベルでは何千通の手紙を乱発したことに。この時代にコピー機があったのかとバカなことを考えたり。(^^;)

仮にそうだとすれば、黒田パパは封を切らずに鶴太郎殿に提出するか、シカトしているかのいずれかが戦国武将の態度かと思います。

この時代の君主は支配関係を無視した部下への一本釣り的な働きかけを極端に嫌います。信長を飛び越えて、織田方の諸将に将軍家からの書簡が舞い込んできた光景を考えてみたら判ると思うのですが。

あんなことしたら疑心暗鬼を生むだけで、黒田にとって何のメリットもありません。

一時が万事で、リアリティ皆無、少なくともこれは歴史劇ではありませんね。

>LB55さんへ

コメント、ありがとうございます♪
お返事、遅くなってしまって、すみません。

>隠し事のできない性分・・・親子ですね(苦笑)

そうですね。
隠し事ができないという事は、親子そろって、誠実なのでしょうね(^^)

>>あと、今回、気になったのは、光を中谷美紀さんが演じている事。

>これは、・・・確かに。
>南沢奈央の光、の方がよかったような気も・・・

実年齢の差を考えるとそうですよね(汗)
でも、信長>秀吉>家康 という順で年齢、信長が一番年上なのに、いつもドラマでは信長が若い人がやって、最近の時代劇ドラマの配役、死んだ時の年齢で考えられてるような気もします(汗)

>>あちこち沢山出すにしても、それぞれのトップの人に出すべきでしょう(^^;)
>>誰でもいいから考えなしで沢山出したみたいです(^^;)

>たとえば、城を持つ殿全員に送ったとか?(^^;
>義秋なら、そういうの平気でやってのけそうですね。
>ただ、職隆の行動までは予測できなかったというか・・・(^^;
>おかげで?、家督を譲る結果になったわけですが・・・。

城を持つ殿全員となると、かなりの大人数では?(汗)
義秋があちこち手紙を出したのは有名ですが、実際に、職隆にも出したのかどうかよくわかりません(汗)
ただ、職隆が40代半ばで若くして家督を譲った事は事実なので、その尤もらしい理由づけにはなったと思います(^^)

>ふるゆきさんへ

コメント、ありがとうございます♪
お返事、遅くなってしまって、すみません。

>義秋は戦国のメールマニアなので、どこにでも出すのかもしれません。

確かに、義秋は、手紙、あちこち、よく出したそうですが、それにしても主従関係にある人まで出したら、かなりの数になったのでは?(^^;)

>中谷さんの光は良い感じでしたが、櫛橋家は当主が替わると対立しそうなので、それも夫婦の試練になりそうです。

そうですね。
光の兄は、最初から官兵衛を苛めていて、その伏線、沢山はっていますね(^^;)

>視聴率は上がらないようですね。
>戦国ものなので、もう少しして官兵衛が信長や秀吉と会い、有名な合戦にくわわれば違ってくるかもしれませんが。

そうかもしれませんね。
まだ時々、おまけのように出てくるだけの信長と秀吉と本格的に絡んできたら、もう少し視聴率も伸びるかもしれませんね(^^;)

>レッドバロン さんへ

コメント、ありがとうございます♪
レッドバロン さん、てっきりこのドラマ、見てないのかと思いました(^^;)
一応、見てらっしゃるとの事、良かったです(^^)

>「水戸黄門」ばりの時代劇というか、最初から各人のキャラが決まっていて変化も発展もないようです。

これから段々変わってくるかもしれません(^^;)
ただ、信長や秀吉は紋切型で、従来のイメージ通りですね(^^;)

>例えば信長が義昭の前で平伏しますが、目つきがすでに怪しくて、義昭を利用する気が満々。信長と義昭の位置関係の変化は物語を見ておれば自ずと判るはずですが、そこまで制作者は役者に説明させないと安心できないのでしょうか。

大河は、そういう事に詳しくない人も見るので、分かり易くしてあるのでしょう(^^;)
他のシーンも分かり易さ優先で、信長と秀吉達が出てくるシーンはドラマではなく、歴史の今、どの時代かの説明だと思います(汗)

>義昭がいかに手紙マニアと言えど、陪臣の陪臣の黒田にまでレターを寄越すか。そうなると天下レベルでは何千通の手紙を乱発したことに。この時代にコピー機があったのかとバカなことを考えたり。(^^;)

ですよね(^^;)

>仮にそうだとすれば、黒田パパは封を切らずに鶴太郎殿に提出するか、シカトしているかのいずれかが戦国武将の態度かと思います。

なるほど☆
内緒で焼いてしまっても良かったと思います。
そうすれば、証拠は残らないので、たとえ噂が立っても、しらを切り通せると思います。

>この時代の君主は支配関係を無視した部下への一本釣り的な働きかけを極端に嫌います。信長を飛び越えて、織田方の諸将に将軍家からの書簡が舞い込んできた光景を考えてみたら判ると思うのですが。
>あんなことしたら疑心暗鬼を生むだけで、黒田にとって何のメリットもありません。

ですよね(^^;)

>一時が万事で、リアリティ皆無、少なくともこれは歴史劇ではありませんね。

リアリティ皆無ですか(汗)
困ったものです(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/59020139

この記事へのトラックバック一覧です: 【軍師官兵衛】第4回感想と視聴率「新しき門出」:

» 【軍師官兵衛】第4回感想と視聴率「新しき門... [ショコラの日記帳]
「新しき門出」第4回の視聴率は、前回の18.0%より下がって、16.1%(関東地区)で、最低視聴率でした(汗)そんなに悪くないと思ったのに、じぇじぇでした(^^;)官兵... [続きを読む]

» 大河ドラマ「軍師官兵衛」第4回 [日々“是”精進!]
  第四回「新しき門出」室町幕府再興を狙う足利義秋は、各地の大名に助力を求める書状を送っていた。政職は、その書状が職隆に届いたのを知り、力を増す職隆をけん制するために官... [続きを読む]

» 大河ドラマ「軍師官兵衛」第4回 [日々“是”精進! ver.F]
跳ねっ返り… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401260001/ 【送料無料】NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」オリジナル・サウンドトラック Vol.1 [ (オリジナル・...価格:3,255円(税込、送料込) ... [続きを読む]

» 軍師官兵衛~第四話「新しき門出」 [事務職員へのこの1冊]
第三話「命の使い道」はこちら。 またNHKは現総理がらみでごたついてます。わたし [続きを読む]

» 大河ドラマ「軍師官兵衛」 #04 新しき門出 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
家督が官兵衛に譲られる。 そんな話のようです。 [続きを読む]

» 軍師官兵衛第4話(1.26) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
主君小寺政職@片岡鶴太郎に疑われていると察した黒田職隆@柴田恭兵は 官兵衛@岡田准一に家督を譲ることを決意、 家督を相続した官兵衛は櫛橋左京亮@益岡徹の娘光@中谷美紀と結婚したと 今回はなかなか良かったな。 主従といえど決して心を許せない時代だったというのが描かれていたし、 職隆が疑われた原因が足利義秋(義昭)@吹越満からの書状というのも この回の時世とうまく絡ませた理由だったな そして職隆が家督を譲った経緯はいずれ官兵衛が辿る道を暗示させた・・・のかな。 官兵衛が隠居を決意するときに この回の職隆... [続きを読む]

» 軍師官兵衛 第四回 [レベル999のgoo部屋]
『新しき門出』 「新しき門出〜運命の女性との出会い」 内容 永禄十年、将軍足利義輝の暗殺後、越前朝倉家に身を寄せる義秋(吹越満)は、 各大名に書状を送り、助力を求めていた。 その書状は、政職(片岡鶴太郎)にも届き、家臣らと喜ぶのだが、 同じ書状は職隆(柴田...... [続きを読む]

» 『軍師 官兵衛』 第4回「新しき門出」 [ふるゆきホビー館]
JUGEMテーマ:大河ドラマ 永禄10年、官兵衛は黒田家の跡取りとして成長していました。そのころ、室町将軍家十五代への就任をのぞむ足利義秋は、越前の朝倉氏に保護されていましたが、京へのぼる当てもなく、焦りをつのらせていたのです。この義秋から「上洛に力を貸してほしい」との書状が、小寺政職のもとに来ました。しかし黒田職隆にも同じ書状がきて、重臣を疑うようになった政職には、皆も困っていますが。そんなとき、官兵衛は政職から、櫛橋氏の領内にある狩場の下見を命じられます。その任務におもむいた官兵衛は、木に登って... [続きを読む]

» 『軍師官兵衛』 第4話「新しき門出」 [英の放電日記]
初回から感じている「薄味感」…… 脚本が甘いと言うか、エピソードを何となく消化しているだけというか……… ★空気を読めない職隆  義秋からの書状が自分にも届いたことを、後に露見するより、あらかじめ公にするほうが良いと判断したのは良いとして、政職に書状が届いたこ...... [続きを読む]

» 【軍師官兵衛】第4回 「新しき門出」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
室町幕府再興を狙う足利義秋(吹越満)は、各地の大名に助力を求める書状を送っていた。 政職(片岡鶴太郎)は、その書状が職隆(柴田恭兵)に届いたのを知り、力を増す職隆を けん制するために官兵衛(岡田准一)を重用する策に出る。 その一環として、官兵衛と櫛橋家の娘・力(酒井若菜)との縁談を進めるが、官兵衛を嫌う 力の兄・左京進(金子ノブアキ)は猛反発する。 そんな折、官兵衛は、力の妹・...... [続きを読む]

» 軍師官兵衛 第4回「新しき門出」 [みはいる・BのB]
大河ドラマ『軍師官兵衛』のお時間です。 あらすじ・・・・ [続きを読む]

» 軍師官兵衛 第4話「新しき門出」 ~官兵衛と光の結婚~ [坂の上のサインボード]
 黒田官兵衛が結婚した年は、はっきりわかっていません。官兵衛の嫡男である松寿丸(のちの長政)が誕生したのが永禄11(1568)年12月3日とあるので、おそらく、結婚したのは永禄10(1567)年から翌年の初頭あたりと考えられています。お相手は播磨国の志方城主である櫛橋伊定の息女・光。読み方は「テル」が通説でしたが、つい最近の発表で、晩年の彼女自身が建立した菩提寺である圓應寺(福岡)の蔵書から、「ミツ」とルビの記された古文書が発見されたそうで、物議を醸しているそうです。ドラマでは、これまでの通説どおり... [続きを読む]

« 【S-最後の警官-】第3話プチ感想と視聴率 | トップページ | 杏さん次作、国分太一さん・はなまる後MC、サザエさん父・死去 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30