無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月30日 (木)

冬ドラマ視聴率一覧(4)と寸評・感想(2014年1~3月期)(NHK入)

冬ドラマ視聴率一覧(4)(2014年1~3月期)  【2/4(火)迄】

字数制限のため、最新版はこちらです

<民放>

タイトル123456順位平均期待
6 月20 隠蔽捜査 8.2 7.2 7.5 6.7 - - - 7.40 C
8 月21 失恋ショコラティエ 14.4 12.7 13.3 11.8 - - 4 13.14 B
8 火21 福家警部補の挨拶 14.2 11.5 9.3 10.2 - - - 11.49 C
8 火22 チーム・バチスタ4 12.9 13.0 12.6 11.5 11.6 - 6 12.35 B
4 水22 明日、ママがいない 14.0 13.5 15.0 - - - 2 14.14 A
8 水22 僕のいた時間 11.2 9.4 9.4 8.5 - - - 9.73 B
6 木21 Dr.DMAT 7.9 7.2 7.0 8.4 - - - 7.63 B
5 木21 緊急取調室 12.5 13.4 16.1 - - - 3 13.87 A
8 木22 医龍4 11.6 12.8 13.2 12.3 - - 7 12.30 B
8 金20 天誅 8.4 7.0 - - - - - 7.70 B
12 金20 三匹のおっさん 11.6 9.3 9.9 - - - - 10.27 C
6 金22 夜のせんせい 10.6 7.3 7.3 - - - - 8.59 B
5 金23 私の嫌いな探偵 10.0 7.0 8.5 - - - - 8.50

B

4 土21 戦力外捜査官 13.3 13.1 11.1 11.7 - - 5 12.36 A
8 土23 ロストデイズ 7.1 5.8 5.4 6.5 - - - 6.20 D
6 日21 S -最後の警官- 18.9 15.2 16.1 12.9 - - 1 16.06 B

局は、4:日本テレビ、5:テレビ朝日、6:TBS、8:フジテレビ、12:テレビ東京

平均は、加重平均

期待度は5段階。A:とても期待、B:まあまあ期待、C:良作だと思うが見ない、D期待薄、E:見ない予定)

<NHK>

タイトル12345678平均期待
火22 紙の月 6.5 6.2 8.0 5.6 7.6 - - 6.78 C
木20 鼠、江戸を疾る 9.8 7.0 8.2 7.0 - - - - 8.00 A
日20 軍師官兵衛 18.9 16.9 18.0 16.5 16.0 - - - 17.36 B

 

<2クールドラマ>

相棒12』(テレビ朝日、水21~)

相棒12

1

2345678910平均
前半(10~12月)

19.7

17.0 15.9 18.6 16.8 15.6 14.4 15.4 16.9 - 17.1
後半(1~3月)10話~

元日10話

19.6

16.2 18.6

17.4

- - - - - - 18.5

科捜研の女(13)』(テレビ朝日、木20~)

科捜研の女

1

2345678910平均
前半(10~12月) 12.7 13.7 11.9 13.0 11.8 12.6 13.7 11.9 - - 12.7
後半(1~3月)9話~ 13.1 11.7 - - - - - - - - 12.4

2013年12月25日の『科捜研の女スペシャル』は15.6%で、この中に含まれません。

「相棒」は、元日SPが含まれるのに、「科捜研の女」のクリスマスSPは別扱いで、不思議です(汗)

この2本の平均は、前半と後半で分けています(加重平均)。

テレビ東京の『三匹のおっさん』と新しく始まったフジの『天誅』を入れ、2クールの『相棒12』と『科捜研の女』を別表にしました。NHKのドラマも別表で入れました。

                        * * *

<2/5(水)追加>

『福家警部補の挨拶』第4話、前回の9.3%より上がって、10.2%でした。

片平なぎさ、あんなに銘酒作りに拘っていたのに、いくら酒ではなく、水が入っていたとしても、神聖なタンクに落として殺すとは、考えられないです(汗)

『チーム・バチスタ4』第5話、前回の11.5%より少し上がって、11.6%。

院長の柳葉さんが遺体解剖でミスをして病死にしてしまったので、医療ミスを見逃したと分かりました。

でも、解剖のミスを罰する法律はないとの事。驚きました(汗)

『紙の月』最終回(第5話)、前回の5.6%より上がって、7.6%で、全5話平均6.78%でした。

 

<2/4(火)追加>

『隠蔽捜査』第4話は、6.7%。『失恋ショコラティエ』第4話は、11.8%。

どちらも前回より下がって、最低視聴率でした(汗)

 

<2/3(月)追加>

『S -最後の警官-』第4話、前回の16.1%より急落して12.9%。最低視聴率でした(汗)

裏の堺雅人さんの映画『鍵泥棒のメソッド』(12.4%)に食われてしまったかも?

綾野剛さんがSATからNPSに出向になりました。

『天誅』第2話は、初回8.4%より下がって7.0%。

『三匹のおっさん』第3話は前回の9.3%より上がって、9.9%

『夜のせんせい』第3話は、前回と変わらず、7.3%。

『私の嫌いな探偵』第3話は、前回の7.0%より上がって、8.5%。

『戦力外捜査官』第4話は、初めて前回(11.1%)より上がって、11.7%。

裏の映画『アンフェア the answer』は13.2%でしたが、食われなくて良かったです♪

『ロストデイズ』第4話も、初めて前回(5.4%)より上がって、6.5%。

これは『アンフェア』の後だったので、得したかも?

どちらも下げ止まって、良かったです♪(^^)

『軍師官兵衛』第5話、前回の16.5%より下がって、16.0%で、最低視聴率でした(汗)

でも、関西は前回の19.8%より上がって、21.8%で、好調です♪(^^)

尚、2月2日の『サザエさん』は、久々に20%を超えて、21.9%と高視聴率でした。

1月27日に亡くなった波平の声役の永井一郎さんの葬儀が2月3日、行われました。

『サザエさん』は2月9日放送分まで永井さんの声で収録済。

2月16日分は、1月下旬に波平役を仮の声で収録し未完成。まだ後任が決まってないそうです(汗)

参考ニュース

 

<1/31(金)追加>

『緊急取調室』と『科捜研の女』は、1/30(木)、お休みでした。

その裏の『Dr.DMAT』第4話は、前回より上がって、8.4%でした♪

でも、『鼠、江戸を疾る』第4話は、前回より下がって、7.0%でした。

鼠、面白かったのに、下がったなんて、不思議です(汗)

医龍4』第4話も、前回より下がって、12.3%でした。

加藤先生、やはり高橋克典さんの策略に落ちてしまって、L&P病院に移る事になりました。

次は、誰が狙われるでしょうか?

院長先生も病気みたいで心配です。

 

<1/30(木)>

8社全部のスポンサーがCM放送を控えてしまった『明日、ママがいない』第3話、視聴率は上がって、15.0%でした。

今回、CM、8本ありましたが、次回、何本あるか、気になります(^^;)

内容、かなり現実離れしていて、視聴率、更に上がるかどうか、微妙です(汗)

実際に似た境遇の人が傷つく事例も出ているようなので、単に、視聴率が良ければいいという訳でもないでしょう(汗)

ただ、私はこういう野島ワールド、結構、好きなので、今後も綺麗事にならずに、毒舌調で最後まで貫いてほしいです(^^)

その裏の『僕のいた時間』第4話8.5%で、最低視聴率でした(^^;)

『相棒12』はお休みでした。

 

--- 冬ドラマ視聴率一覧(3)より ---

<1/29(水)>

『福家警部補の挨拶』第3話、続落して、遂に、10%を切ってしまい、9.3%でした(汗)

淡々としていて、キャラも推理の魅力も薄く、この視聴率は納得です(^^;)

『チーム・バチスタ4』第4話も続落して、11.5%でした。

生前葬がメインで、事件に進展はなく、見なくても支障のない回でした(^^;)

表にないですが、『紙の月』第4話も最低視聴率で、5.6%でした(汗)

 

<1/28(火)>

『失恋ショコラティエ』第3話、前回の12.7%より上がって、13.3%でした♪

これ、少女漫画チックなありえない話ですが、私は好きです♪

『隠蔽捜査』第3話も前回より少し上がって、7.5%でした♪

 

<1/27(月)>

『天誅 闇の仕置人』初回は8.4%でした。

『S -最後の警官-』第3話、前回の15.2%より上がって、16.1%でした♪

ただ、私は内容、イマイチだったと思います(汗)

これは、週末の怒涛のような宣伝のお陰では?(^^;)

今のところ、これが今期視聴率1位です♪(2クールの『相棒12』は除く)

それ以外の『夜のせんせい』第2話7.3%、『私の嫌いな探偵』第2話7.0%、『戦力外捜査官』11.1%、『ロストデイズ』第3話5.4%と、皆、前回より視聴率が下がりました。

テレビ東京の『三匹のおっさん』第2話9.3%で、やはり初回の11.6%より下がりました。

NHKの『足尾から来た女(後編)』後編9.0%で、これも前編の10.1%より下がりました。

 

<1/24(金)>

『緊急取調室』、初回12.5%、第2話13.4%、第3話16.1%と、いい感じに上がってきました♪

嘘ばかりつく容疑者・安達祐実さん、名演技でした♪(^^)

「明日、ママがいない」で芦田愛菜ちゃんが泣きの名演技をしているので、「家なき子」等で、かつての人気子役の安達祐実さん、つい比べてしまいました(^^;)

天海祐希さんとの女の対決も迫力ありました♪

6歳の息子に、殺人の罪を被せようとするとは(汗)

確かに、6歳なら少年院にも入れられないでしょうし、自分も今まで通り子供といれて、いい方法かも?(汗)

このドラマ、私は今期一番好きです♪(^^)

尚、来週(1/30木)は『緊急取調室』、お休みです。

 

その裏の『Dr.DMAT』第3話7.0%で、微妙に続落でした。

主人公、そろそろ前向きになって欲しいです。

『医龍4』第3話13.2%。少しずつですが、続けて上がりました♪

今回は私も面白かったと思います♪

日本ではまだ未認可の心筋シートをL&P病院でだけ使える許可が取れ、その病院でドラゴンチームで女児の手術をするのと引き換えに、藤吉先生がL&P病院に入ってしまいました(汗)

自分の勤め先まで言いなりになって患者の手術をさせてあげるなんて、いい人ですね♪

次は、加藤先生が狙われるのでしょうか?

高橋克典さんと岸部一徳さんの次なる策略が楽しみです♪(^^)

岸部さん、『相棒』が終わっても、まだ『医龍』と『ドクターX』の人気シリーズがあり、どちらもいい味出してていいですね♪

今夜、BSプレミアムで「ザ・タイガース再結成ライブ」の放送があります。

若い人は、岸部さんが人気バンドやってたなんて、知らないでしょう(^^;)

『科捜研の女』第10話、前回の13.1%より下がって11.7%でした。

裏の『鼠、江戸を疾る』第3話、前回の7.0%より上がって、8.2%でした。

今回も安定して面白かったです♪(^^)

 

 

冬ドラマ視聴率一覧(3)と寸評(2014年1~3月期)

冬ドラマ視聴率一覧(2)と寸評

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪(^^)

【明日、ママがいない】第3話感想と視聴率最高&CMどうなる?

「ウサギの赤い涙。親のいる子も寂しい?」

第3話の視聴率は前回の13.5%より上がって、初回の14.0%も超え、15.0%で、最高視聴率でした♪(^^)

但し、8社いたスポンサーは、第2話で3社CMを控えましたが、今回は8社全部がCMを控えてしまいました(汗)

18本CMが流れたうちの後半8本は、別会社の単発CMが流れましたが、最初の10本はCMが足りず、代替えのACジャパン(旧公共広告機構)のCMと自局の番組宣伝が流れました。(こちらのニュースより)

私は、いつもドラマを録画で見る時、CMを飛ばして見ますが、スポンサーが続々離れているという噂をネットで見たので、今回はどんな会社がCMをやるか飛ばさず見てチェックしました。

そういう形で注目されたので、今回CMを流した会社は、却って効果があったのではないでしょうか(^^)

関東で、今回やったCMは、以下の7種類8本です。

<第3話CM>

1、三国志ロワイヤル(シュミレーションゲーム)・・・2回放送

2、DVD付マガジン「連合艦隊」創刊号

3、「ワンスアポンアタイム」DVDの宣伝

4、イブクイック頭痛薬(エスエス製薬)

5、「日本の神社」創刊

6、はちみつきんかんのど飴(ノーベル)

7、部屋探しのエイブル

 

日本テレビの大久保好男社長は、27日、定例記者会見で「抗議や申し入れは重く受け止めるが、最後まで見ていただければ私たちの意図が理解していただける」として、当初の予定通り全9話を放送する意向を明らかにしました。

本当に、予定通り、全9話やれるといいですね(^^;)

いくら視聴率がよくても、スポンサーがこのまま離れていては、日テレ、苦しいのではと思いましたが・・・

なんとスポンサー、CMしなくても料金はそのまま払わなければならないそうで、他社にCM枠を売ってもいけないそうです。

次回から高須クリニックがスポンサーになる事を表明していましたが、日テレに断られたそうです(汗)

つまり、ドラマを最後まで放送しさえすれば、日テレはCMを流さなくても損はしないそうです。

(参考ニュース:高須クリニックの件CMゼロでも

 

内容は、今回も野島伸司さんらしい感じがしました(汗)

里親候補先の娘のアズサ(優希美青)、立てるようになっても両親は帰って来ず、逆に離婚を娘に言い渡すという暗い状況。それに絶望し、両親が心配して帰ってくれる事を期待して、再び、自分で両足を怪我させるというどっぷり暗い結末、野島さんらしいです(^^;)

家政婦の三田村(犬山イヌコ)さん、「家政婦のミタ」のオマージュでしょうけれど、本当に三田さんだったら、アズサの家の事情も解決してくれたかも?(^^;)

一応、脚本は、松田沙也さんで、脚本監修が野島伸司さんです。

今回は、オツボネ(後寿々花)が中心の話でした。

日本は、児童施設の子供は18歳になると自立して出て行かなければならない制度となっています。

オツボネは今17歳で、「コガモの家」をあと1年で出て行かなければなりません。

その上、左目がダメなので、焦っていました。

今回、その左目の事情が分かり、母親が登場。

彼女の母親も最低の人でした(^^;)

水沢叶(木村文乃)が母親に、あなたは娘を2度捨てた。3度目はないと言いましたが、本当に、オツボネ、気の毒でした(涙)

 

尚、このドラマと「戦力外捜査官」は、放送終了後1週間以内なら無料で動画が見られます。

日本テレビ・無料見逃し配信(第3話)(1週間以内のみ)

 

【第3話あらすじ】 (Yahooテレビより)

佐々木(三上博史)が、国際弁護士の吉田(吉野容臣)と占星術師の弓枝(澤田育子)夫婦の里親資料を示す。唯一の条件は「射手座」であること。ポスト(芦田愛菜)はラストチャンスを自覚するオツボネ(大後寿々花)と吉田家を訪ね、米国にいる吉田、執筆のためホテルに滞在中の弓枝と、パソコンの画面を通して対面する。そして、車椅子生活の実子・アズサ(優希美青)の支えになるよう依頼されるが、アズサは2人を拒絶する。

             * * *

吉田夫妻が里親候補。

彼らの条件はただ一つ、射手座である事。

「コガモの家」で、その条件に合うオツボネとポストが、吉田家にお試しに行きました。

でも、父親の吉田 正一郎(吉野容臣)は国際弁護士でロサンゼルスにいて、母親は有名な占星術師で日本中を飛び回っていて、ホテルにいて、パソコンで2人に挨拶しました。

一人娘で車椅子生活のアズサ(優希美青)の話相手、支えになってくれる子供が欲しいようです(汗)

勿論、アズサは2人を拒否しました。

定番ですね(^^;)

ここの里子は、将来、養子になったとしても、大学に行くお金と最低限の生活費は出してくれるけれど、それ以外のお金は一切出してくれないとの事。

目の手術をして欲しかったオツボネはがっかりして、お泊りに行くのを辞めてしまい、魔王(三上博史)から怒られてしまいました。

「失せろ!

里親でなく、金なんぞ求めるおまえの居場所はここにはない。出てけ!」

 

それでオツボネは母の元に帰りました。

母の篤子(西尾まり)は、スナック「篤子」のママで、戻ってきたオツボネをすぐに店を手伝わせました。

酔った客のビールをつがせたりして・・・

その上、ホテルに行かせたよう(汗)

さすがに、客は呼んでなかったようですが、彼女がビビッて自分から施設に帰るよう仕向けたよう(汗)

児童相談所職員の水沢叶(木村文乃)とロッカー(三浦翔平)が、篤子から聞いたホテルに迎えに行きました。

さすがに客まで呼ぶほど悪でなくて良かったですが、駄目な母親でした(汗)

昔、篤子がお酒を飲んでいた時、オツボネが「もう飲まないで」と止めて争っているうちに、ビール瓶が割れて、その破片が目に入ってしまったとの事。

手術をするには多額の費用がかかります。

オツボネ「こんなんじゃ、誰も私を愛してくれない。

 たとえ、誰かを好きになっても、私は恋だってできない」

彼女はそう思って、手術をしてくれるお金持ちの家の養子になりたいと思っていました。

これは、なかなか難しいでしょうね(汗)

障がいを持っていると敬遠されるでしょう(汗)

だからこそ、この年まで残ってしまったのかもしれません(汗)

何歳の時に来たのか分かりませんが、昔は、ウサタンという仇名だったとの事なので、小さい頃からいたのでしょう(汗)

 

お金があっても両親がいても幸せじゃない子もいるという対比で、アズサが出てきたのでしょう。

ポストの協力で歩く練習をして立てるようになった姿を、アズサはパソコンで両親に見せました。

両親は喜びましたが、前向きになった今なら話せるだろうと、逆に、自分達が離婚する事をアズサに告げました。

アズサは絶望して自分の両足を花瓶で傷つけ、救急車が来ました。

丁度、家の前で遭遇したポストはアズサに誰にやられたのか聞き、自分でやったと聞いて驚きました。

アズサ「パパとママ、離婚するの。

 歩けるようになっても意味なんてなかった。

 私の幸せって何だろうね。

 私はただパパとママに帰って来てほしいだけなのに。

 帰って来て抱きしめてくれたら・・・それだけでいいのに」

 

離婚したら、里親にはなれないでしょうね(^^;)

娘が自分で自分を傷つけたと知って、両親は帰って来るでしょうか?(汗)

ちょっとお見舞いにくるだけで、家政婦に世話させて、離婚してからどちらが娘を扶養するか押し付け合いそうな気がします(^^;)

 

ポスト「実の親がいても寂しいと思う奴はいるんだな。

 何が幸せか分からなくなるよ」

 

オツボネは「コガモの家」に帰って来て、また兄弟姉妹のような皆と共同生活です。

でも、アズサは家政婦と2人きり。

せめて家政婦と家族のように心を通わせて欲しいものです。

 

オツボネを迎えに行くのに協力したロッカーに、「これはお礼」と言って、水沢さんがキスしました♪

それを目撃したポストが驚きました。

水沢さん、したたかですね(^^;)

キスをお礼にするなんて(^^;)

男を弄ぶタイプ??

 

そして今回、魔王、やたら108人に拘りました(汗)

魔王「あと3人で108人だ。あと3人で108人になるのに・・・

 俺は早くあの女に・・・」

あの女というのは弁当屋の女性(鈴木砂羽)です。

彼女が客の男性と親しそうに話しているのを見て、嫉妬しました(笑)

彼女の事が好きなのかな?(^^)

ドンキが魔王に聞きました。

ドンキ「108人って・・・」

魔王「知らないのか? 人間の煩悩の数だ。108ってのは」

ドンキ「それがお弁当屋さんの女の人と何か関係あるんですよね?」

魔王「俺は・・・あの女の・・・子供を殺した。ハッ!」

 

子供を殺したなんて、どんな事情があったのでしょう?

殺害という訳ではなくて、きっと何かの事故ではないかと思うのですが・・・

いつも顔を会わせないから、向こうも魔王の顔は知っているのでしょうね(^^;)

会ったらどうなるのか、108人、養子に行かせたら贖罪が済むのか・・・

今後の魔王の辛い過去と恋の展開にも期待したいです。

ただこのドラマ、根が暗くて、ハッピーエンドが少ないので、今後も辛い展開が多いかもしれませんね(^^;)

次回は、ボンビ(渡邉このみ)が中心のようです。

両親、死んでいるのかな?(汗)

少しは救いのある展開を希望します(^^;)

 

【視聴率推移】 (関東地区。ビデオリサーチ調べ)

第1話]14.0%   [第2話]13.5%   [第3話]15.0%

 

【脚本監修】 野島伸司

【脚本】 松田沙也

【主題歌】 「誰か私を」 コトリンゴ (commmons)

 

【主要キャスト】

ポスト(9歳)・・・芦田愛菜
ドンキ(真希)(9)・・・鈴木梨央
ボンビ(9)・・・渡邉このみ
ピア美(9)・・・桜田ひより

ロッカー(21)・・・三浦翔平(コガモの家職員。卒業生)
オツボネ(17)・・・後寿々花(コガモの家の子供)
佐々木友則(48)・・・三上博史(コガモの家の施設長。仇名・魔王)

水沢叶(25)・・・木村文乃(児童相談所職員)
東條祐樹(28)・・・城田優
謎の女性(40)・・・鈴木砂羽(弁当屋勤務)

笹塚 蓮(9)・・・藤本哉汰(ピア美の同級生。ポストが好き)

<第3話ゲスト>

吉田アズサ・・・優希美青(2年前、体操の平均台で着地に失敗して怪我してから、車椅子生活)

吉田弓枝・・・澤田育子(アズサの母。占星術師)

吉田 正一郎・・・吉野容臣(アズサの父。ロサンゼルスを拠点に活動する国際弁護士)

三田村・・・犬山イヌコ(吉田家の家政婦)

篤子・・・西尾まり(オツボネの実母。スナック篤子のママ)

 

公式HP・次回あらすじ

 

 


【送料無料】誰か私を [ コトリンゴ ](CD)

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できればクリック、お願いします♪(^^)

2014年1月28日 (火)

杏さん次作、国分太一さん・はなまる後MC、サザエさん父・死去

「ごちそうさん」のヒロインのさんが、4月にスタートする日本テレビの連続ドラマ「花咲舞が黙っていない(仮)」(水曜午後10:00~)に主演するそうです。

朝ドラ主演のあとって、少しお休みする人が多いのではないかと思うのですが、すぐに日テレのドラマに主演するなんて、お忙しいですね(汗)

これは、「半沢直樹」と同じ原作者・池井戸潤氏の銀行を舞台にした小説。

同氏の小説の中で唯一の女性主人公が繰り広げる痛快ストーリーとの事で、"女半沢"と話題を呼びそうです。

「ごちそうさん」のめ以子とは全然、違うタイプの女性のようなので、め以子の余韻を残さず、すぐに、スイッチを変える事になりそうですね(^^)

「ごちそうさん」、とても視聴率がいいし、これも話題を集めそうです♪

既に、杏さん、共演の東出昌大さんともラブラブだと噂がありますし、今年、杏さん、いろいろと注目されそう♪(^^)

今年は杏さんの年かもしれません(^^)

次作も頑張って下さい♪

楽しみにしています♪(^^)

(詳細は、こちらのニュースで)

 

TBS、平日朝8時半からの「はなまるマーケット」が今年3月に終わりますが、その後の番組について発表されました。

3月31日(月)より、30分前倒しして、平日の朝8時から9時55分迄で、「いっぷく!」というタイトルの生活情報番組。

メイン司会(MC)は、TOKIOの国分太一さん(39歳)です。

「あさイチ」とかぶる時間帯で似た内容なのに、イノッチ(井ノ原快彦さん・37歳)と同じジャニーズ事務所所属の人で驚きました(汗)

はなまるのMCの薬丸裕英さんは、昔、ジャニーズでしたが、現在はノースプロダクションです。

はなまるは、8時半からでしたが、今度は8時からに上げるの、いい編成だと思います。

朝ドラを見る前に朝ドラを見ない人をしっかりゲットしておくという方針かな?

「スッキリ!!」や「とくダネ!」など、他局の情報番組も8時から始まるので、それにも対抗処置のようです。

アシスタントは、TBSアナウンサーの枡田絵理奈さんで、レギュラー・コメンテーターは作家の岩下尚史さんです。

どちらも知りません(^^;)

国分さんは好きですが、イノッチの「あさドラ」も負けないよう頑張って欲しいです♪

(詳細は、こちらのニュースで)

既に、「ZIP!」の月曜と水曜に、同じくTOKIOの山口達也さんがメインパーソナリティーで出ているし、朝の顔も、ジャニーズ系、増えてきましたね。

大河主役もジャニーズ系だし、そのうち、朝ドラもジャニーズ系の男性が主役になったりして?(嘘)(^^;)

昔は、ジャニーズというと、ただのアイドルで、中年になると影が薄くなっていました。

でも、今はバラエティーも多いし、中居さんを始めとし、司会も多くなってきました。

「ジャニーズ・カウントダウン2013→2014」の後は、香取慎吾さんを中心に若手でコントの番組をやってました。

「バーター」とか自虐ネタやってて、紅白の後だったので、リアルでした(^^;)

今では、どんな分野も進出している感じがします(汗)

 

ところで、2月8日(土)、フジテレビ午後9時~11:25「最高の離婚スペシャル2014」をやります。

これは、主要キャスト、ジャニーズの人、いませんね(^^)

瑛太さん、綾野剛さん、尾野真千子さん、真木よう子さんです。

このドラマ、好きだったので、楽しみです♪(^^)

 

そして、国民的アニメ「サザエさん」の磯野波平役を40年以上演じてきた声優の永井一郎さん(82歳)が1月27日、虚血性心疾患のため亡くなってしまいました。

仕事で訪れた広島市内のホテルの浴室で倒れていたそうです。

浴室って、寒いから、危ないですね(汗)

「サザエさん」は、2月9日放送分まで収録済だそうです。

その後は誰がお父さんの声やるのでしょうか?

なるべく似た声にしてほしいものです(^^;)

謹んでお悔やみいたします。。。

参考ニュース

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします

2014年1月27日 (月)

【軍師官兵衛】第4回感想と視聴率「新しき門出」

「新しき門出」 (関西の視聴率追加済1/29水)

第4回の視聴率は、前回の18.0%より下がって、16.5%(関東地区)で、最低視聴率でした(汗)

そんなに悪くないと思ったのに、じぇじぇでした(^^;)

でも、関西は前回の18.3%より上がって、19.8%でした♪

こちらは上がって良かったです♪(^^)

 

官兵衛(岡田准一)は、早くも左京亮(益岡徹)の娘・光(てる)(中谷美紀)と政略結婚。

まさか、初夜の時に、初恋のおたつの話をするとは(汗)

どうせ政略結婚だし、好きなら余計に隠しておいた方がいいと思いますが(^^;)

誠実だという事は分かりました(^^;)

 

あと、今回、気になったのは、光を中谷美紀さんが演じている事。

中谷美紀さんは好きですが、今、38歳。

岡田准一さんは33歳です。

姉の力(りき)役の酒井若菜さんは33歳です。

1567年(永禄10年)、祝言を挙げた時、官兵衛は数えで22歳(1546年生まれ)。

光は、数えで15歳でしょうか(1553年生まれ)。

7歳、光の方が年下です(^^;)

中谷美紀さん、どう見ても岡田君より年上に見えるので、せめて、姉妹を逆にして、光を酒井若菜さんの方が良かったのでは?(汗)

それ以上に、南沢奈央さんがお似合いだったのに、おたつ、殺されてしまって残念です(^^;)

 

職隆(柴田恭兵)も、わざわざ自分から政職(片岡鶴太郎)に、足利義秋(後に義昭)(吹越満)からの助力を求める書状、自分の所にも届いたと言うなんて(汗)

政職、義秋からの書状がきた事、喜んでいたのに、職隆にも全く同じ文面の書状が届いたと知って、がっかりすると共に、警戒しました(汗)

義秋も馬鹿ですね(^^;)

主従関係にある人にまで出すなんて(^^;)

あちこち沢山出すにしても、それぞれのトップの人に出すべきでしょう(^^;)

誰でもいいから考えなしで沢山出したみたいです(^^;)

この書状により、政職は、黒田家が裏切るかもしれないと疑い、不安をなくす対策として、2つ考えました。

1つは、官兵衛に家督を譲るよう遠回しで職隆に言いました。

もう1つは、官兵衛が政職の縁戚である左京亮(益岡徹)の娘・力(酒井若菜)と政略結婚しろと。

でも、力は兄の左京進(金子ノブアキ)から官兵衛の悪口ばかり聞いていたので、自殺するふりまでして嫌がりました。

それで、その前に官兵衛と出会って、彼に好感を抱いていた妹の光が、私が代わりに嫁ぐと立候補しました。

という訳で、怒涛のような展開で、官兵衛は家督を継いで、姫路城主となり、光と結婚しました。

小寺家の若き家老となりました。

 

次回は、「死闘の果て」です。

早くも嫡男、松寿丸(後の黒田長政)が生まれます♪(^^)

 

【第4回あらすじ】 (YahooTVより)

永禄10(1567)年。室町幕府再興を狙う足利義秋(義昭=吹越満)が、各大名に助力を求める書状を書き送っていた。その書状が御着の政職(片岡鶴太郎)の元に届く。しかし、同じ書状は職隆(柴田恭兵)の元にも届いており、政職は思案する。下克上の世にあって、官兵衛(岡田准一)の主君・政職は正室・お紺(高岡早紀)との間に生まれた嫡男の将来を考え始める。外様の職隆ではなく、子飼いの優秀な家臣・官兵衛を重用するため、縁戚である左京亮(益岡徹)の娘・力(酒井若菜)と政略結婚させようとするが、官兵衛が先に出会ったのは妹の光(中谷美紀)だった。しかし、兄の左京進(金子ノブアキ)は、官兵衛へ力を嫁がせることに大反対。また、力も嫌だと自害しようとする。すると光は、自分が官兵衛に嫁ぐと言う。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区。ビデオリサーチ調べ)

第1回]18.9%(関西23.0%)  [第2回]16.9%(関西17.8%)  [第3回]18.0%(関西18.3%)

[第4回]16.5%(関西19.8%)

 

公式HP・次回あらすじ

 


【送料無料】NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」オリジナル・サウンドトラック Vol.1 [ (オリジナル・サウンドトラック) ](2014.1.29発売)


軍師官兵衛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) (本・雑誌) / 前川洋一/作 / NHKドラマ制作班

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ   

できればクリック、お願いします♪(^^)

【S-最後の警官-】第3話プチ感想と視聴率

「国際テロリストM上陸!我らこそ命の砦」

第3話の視聴率、前回の15.2%より上がって、16.1%(関東地区)でした。

私は続落するのではないかと思ってたので、上がって、じぇじぇじぇでした(^^;)

24日(金)朝の『はなまるカフェ』に綾野剛さんがゲスト出演。

24日(金)夜の『爆報!THEフライデー』に朝加真由美さんがゲスト出演。

25日(土)の朝『王様のブランチ』に、向井理さん、綾野剛さん、高嶋政宏さん、大森南朋さんが出演。

25日(土)夜の『新チューボーですよ!』に池内博之さんがゲスト出演などと、徹底的に宣伝した甲斐がありましたね(^^;)

第3話が視聴率、続落するか、それとも持ち直すかは大きいので、局も力を入れたのでしょう♪

今のところ、このドラマが今期視聴率1位です♪餭(2クールの『相棒12』は除く)

 

今更、NPSとSATの合同訓練。これは第1話でやる事のような気がしました(汗)

NPSとSATの対立は、もう飽きたです(^^;)

それより国際テロリストのMこと、正木圭吾(オダギリジョー)さんの事件を早く見たかったです。

これは、最後に、横川秋(土屋アンナ)が拉致されて、次回に引っ張りました(^^;)

合同訓練、何日もやるなんて、NPSもSATも暇ですね(^^;)

横川さんもわざわざ一號(向井理)の母(朝加真由美)やゆづる(吹石一恵)に会いに行って、暇ですね(^^;)

階級は警視で、科学警察研究所の主任だそうですが、いつも暇そうです(汗)

一號が横川さんの研究対象らしいですが、人を助ける手の超能力でも調べているのかな??(^^;)

合同訓練1日目の夜の『障害踏破訓練』、結果は、予想通りでした(汗)

ハプニングはあったものの、無事、終了。

これ、秋のうちに撮ったのかな?

今の寒い時期に撮影だったとしたら、役者さん達、大変でしたね(^^;)

雨の中、川に入ったりして(^^;)

丸太は、いかにも発砲スチロールっぽくて、軽そうでした(^^;)

 

2日目のエントリー訓練の朝、横川警視が結婚式場で人質にされる予定が、そこへ行く途中で4台の大型トラックに四方を囲まれて、拉致されてしまいました(汗)

このトラックに囲まれるシーンは迫力あったです。

オダギリ・ジョーさんは素敵でした♪

拉致した横川警視を何度も殴ったりして、自己紹介しました。

正木「俺の名前は正木圭吾。職業は破壊活動全般だ」

次回、この国際テロリストM(正木)の目的、何なのか、楽しみです♪(^^)

 

【第3話あらすじ】 (公式HPより)

全国にNPSの存在を周知させるため、NPSを代表してTVのインタビュー取材を受けることになった一號(向井理)。特殊部隊に所属する人間がカメラの前に顔を晒すことは、本来あり得ないことである。蘇我(綾野剛)らSATの隊員たちは、一號がTVのインタビューで顔を出しているニュースを複雑な思いで見ていた。創設以来30年。ひたすら身分を隠し、家族にも伝えず遺書まで書いて、ただこの国の治安を守るために汗を流してきたSATの隊員たちは、創設されて間もないNPSの行動に、同じ特殊部隊として屈辱と怒りが込み上げる。

そんな中、NPSとSATが合同訓練を行うことが決定する。挨拶に訪れた蘇我らと一號たちは訓練についての書類に目を通しながらも激しく睨み合い、合同訓練に不満を漏らす一號に、蘇我は冷たい視線を向け挑発するのだった。合同訓練は1日目の夜に『障害踏破訓練』、2日目は朝から『エントリー訓練』を行うことになっている。不穏な動きを感じていたNPS隊長・香椎(大森南朋)は、無事に訓練が終わることを祈るのだった。

そして、いよいよNPSとSAT、どちらがこの国を守るにふさわしい部隊かを決める合同訓練が始まる。号令と共に一號らは闘志をむき出しに障害踏破訓練へと駆け出すその頃、エントリー訓練の人質役に自ら志願していた秋(土屋アンナ)のもとに、国際テロリストとささやかれるM(オダギリジョー)の影が忍び寄っていた...

 

【視聴率推移】 (関東地区)

[第1話]18.9%   [第2話]15.2%   [第3話]16.1%

 

【原作】 小森陽一、藤堂裕「エス-最後の警官-」(小学館)

【脚本】 古家和尚

【主題歌】 僕はペガサス君はポラリス/MISIA

 

【主要キャスト】

神御蔵 一號・・・向井 理

蘇我 伊織・・・綾野 剛

棟方 ゆづる・・・吹石一恵

古橋 誠二・・・池内博之

速田 仁・・・平山浩行

梶尾 竜一・・・高橋 努

嵐 悟・・・平山祐介

山中 一郎・・・本宮泰風

棟方 耕三・・・本田博太郎

神御蔵 花・・・朝加真由美

天城 光・・・菅原大吉

横川 秋・・・土屋アンナ

中丸 文夫・・・高嶋政宏

霧山 六郎・・・近藤正臣

香椎 秀樹・・・大森南朋

正木 圭吾・・・オダギリジョー

 

公式HP・次回あらすじ

公式HP・プレゼントクイズ

 


【送料無料】 日曜劇場 「S-最後の警官-」 OFFICIAL BOOK 小学館ビジュアルムック / 小森陽一 【ムック】


S-最後の警官- 5 ビッグコミックス / 藤堂裕 【コミック】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪(^^)

2014年1月26日 (日)

【戦力外捜査官】第3話感想と視聴率「設楽刑事VSピエロマン」

「絶体絶命のピンチ! 荒野の決闘! 設楽刑事VSピエロマン!」

第3話の視聴率は、前回の13.1%より下がって、11.1%でした。

裏の土曜ワイド劇場「火災調査官・紅蓮次郎14」に食われてしまったかも?

私は良かったと思ったのですが、下がってしまって、残念です。

 

設楽刑事(TAKAHIRO)が夜の街をパトロール中に、後ろから何者かにいきなり殴られて失神。その動画がサイトにアップされてしまいました(汗)

殴ったのはピエロマン。サイトの管理人はアクセスログも分からないと言い、動画も削除せず・・・

今回、18係の皆が海月千波(武井咲)の捜査に協力してくれて良かったです♪

1人ずつ味方を増やしていくのではと予想してましたが、一気に皆が味方してくれて、じぇじぇじぇでした♪

特に、井上管理官(小籔千豊)からいつも現場に出すなとか、おまえが責任取れとか責められていた川萩係長(八嶋智人)、記者会見でのスピーチ、良かったです♪

おとり捜査は禁じられていますが、ここまで開き直って感動的に話され、机の上で土下座されると、マスコミ、許しちゃおうという気になるでしょうね(^^;)

千波、いつもとは違って、今回は自分のポケットから手錠を出して、一番嫌な奴だったサイの管理人・桜庭(水橋研二)に手錠をかけました。

双葉さんは、それを見て「よし!」とガッツポーズ♪

いつもと違って、鍵を捜しませんでした♪

コイツには彼も煮え湯を飲まされていたので、手錠をかけて貰って、すっとしたでしょう♪

私もすっとしました♪(^^)

それでも笑って、「俺の代わりはいくらでもいるんだよ」と言い放つ桜庭。

それに反論する千波、立派でした♪

これで、千波を戦力外だと言い張るのは、井上管理官と小早川副総監(佐野史郎)だけですね。

展開早くて良かったです♪(^^)

次回は、正式に現場参加を認められそうです♪

そうそう、千波の父・海月健夫(伊吹吾郎)、千波が北里(野間口徹)とカップルのふりをして腕を組んで捜査しているのを見て、彼氏だと勘違いしてしまいました(汗)

「酷かったぞ。ひょろ~として、ぼうっとして」とがっかりした様子(^^;)

設楽さんだったらどうでしょうね?

肉体派だし、誠実そうだから両親も気に入るかも?(^^)

今回は、殺人事件ではありませんでしたが、スリリングで面白かったです♪(^^)

Yahooテレビの粗筋の後、大事なシーンを再現します。

   

【第3話あらすじ】 (YahooTVより)

"戦力外"を通告され、捜査に参加させてもらえない千波(武井咲)は、今日も防犯を呼びかける警察巡回公演で舞台に立っていた。
幼稚園児に「知らない人についていかない」「車にのらない」などを標語にした"いかのおすし"を教訓として広めようとするが、セリフが覚えられず四苦八苦。
「こんなことをするために刑事になったんじゃない!」と苛立った千波は、お守り役の設楽(TAKAHIRO)を誘い、繁華街のパトロールを始める。
その帰り際、設楽は後ろから何者かにいきなり殴られて失神してしまう。
設楽は命に別状はないが、全治三週間のケガで入院することになった。
一体、誰が警察官を殴ったりしたのか--?!
18係の面々が憤るなか、さらに驚くべきことが起こる。
ネット上に設楽が殴り倒される動画がアップされていたのだ!
「ガウディウム」と名乗るサイトには、他にも一般の人達が同じように殴り倒される様子が投稿されていた。殴っているのはピエロの面をつけた人物で、正義のヒーローを名乗り、人々に制裁を加えていると嘘ぶいていた。
18係の北里(野間口徹)は、アメリカで流行している「ノックアウト・ゲーム」の影響を受けた悪質な犯罪だと話す。ネット社会が生んだ新しい犯罪だった。
捜査本部が立ち、18係のメンバーも捜査を開始するが、千波は当然のごとく、捜査に参加させてもらえない。しかも入院中の設楽に代り、北里が千波のお守り役として一緒に舞台に立つ事になった。
「こんな事をしてる場合じゃない!」と焦る千波は舞台をスパスパ切り上げ、北里を唖然とさせる。千波は設楽に自分がパトロールに誘ったせいで事件に巻き込まれたことを詫び、「絶対にこの手で犯人を捕まえる!」と宣言する。
そのころ18係は「ガウディウム」の管理人・桜庭を探し当てていた。
だが桜庭は「自分はただ場所を貸しているだけ」「アメリカのサーバーを使ってるから日本の法律は適用されない」などと言い放ち、ピエロマンの動画を削除しようとしない。しかもネット上には、ピエロマンの信奉者が多数存在しているらしい・・・・・・。
こうなったら現場でピエロマンを捕まえるしかない。
千波は北里の制止も聞かず、再びパトロールに向かう。
そんな千波を追う北里。そして二人は繁華街でサラリーマンを殴っていたピエロマンに遭遇する!千波は後を追うが、寸前で逃げられてしまった。
そしてなんと今度はネット上に、千波がピエロマンを追いかける様子や、突き飛ばされてピエロマンにしがみつく様子、悔しそうに泣きじゃくる姿がアップされていた--!
もう許さない--!千波は設楽から犯人像のアドバイスを受け、ある一手を仕掛けることにする。
しかし、それは警察全体を揺るがす事態に発展し--?!

- - - ― ―

千波の動画がアップされたので、千波は自宅謹慎になってしまいました。

カメラが千波の最初と最後の姿をしっかり撮っていたので、設楽の助言で、カメラマンは自転車だったと、千波は推論。

北里の協力で、警視庁に行き、途中の防犯カメラに共通の自転車が写ってないか調べました。

18係の皆もそれを手伝ってくれました♪

スポーツタイプの自転車なのにカゴをつけている怪しい自転車を発見。

その持ち主を探し、福山淳(佐藤崇史)というコンビニ店員をカメラマンと推論。

 

金城師匠(関根勤)の助言

「泣く子は目立つ。 

備えあれば嬉しいな」

ピエロマンを取り逃がした時、千波が泣いた動画がサイトにアップされて、アクセス数が増えました。

千波「泣く姿は目立つんですよね」と言って、師匠の助言を思い出し、こちらから備える事に。

自宅謹慎処分を受けていましたが、自宅で動画を撮って、そのサイトに投稿しました。

「ピエロマン、あなたは正義の使者でも何でもありません。殴る事を楽しむ最低の人間です。

私の友人は、あなたに殴られて入院しています。

私はあなたを絶対に許しません。

私はあなたに決闘を申し込みます。

明日、夜8時、三角公園で待ってます。

来なければ、あなたは卑怯者です」

 

その動画を見て、マスコミが警視庁に殺到。

井上管理官から対応を押し付けられた川萩は、記者会見で、こう話しました。

「マスコミの皆様にお願いがございます。

実は彼女は捜査一課の刑事であります。

悪辣・卑劣なピエロマンを逮捕するために、彼女はあえて計算づくで、ピエロマンの挑発するために、あのような決闘を申し込んだのであります。

ですので、マスコミの皆様には彼女が刑事であるという事を報道しない、報道規制をお願いしたいのです。

彼女が刑事だという事がばれてしまいますと、本日8時、ピエロマンは現れなくなってしまいます。

ですので、何卒、ご協力のほど、よろしくお願い致します」

記者「あの・・・それって・・・」

川萩「それがおとり捜査だと言いたい人は誰ですか?あなたですか?

 全然違います!

 これは社会正義の情熱につき動かされた、とある女性刑事の綿密に計算された衝動的な計画であります。

 彼女のその溢れんばかりの情熱と、おとり捜査は一緒ですか?

 全然違います! これは平和と秩序を愛する真心そのものです!

 報道規制・・・(机の上に上がって土下座して)何卒よろしくお願い致します!」

 

これでマスコミも報道せず、現場にカメラを用意したようでした(^^)

約束の場所で一人待つ千波。

遠くから18係の皆が見守りました。

千波は喜び、皆にメール。

「皆さん、ありがとうございます。

ピエロマンはお面をつけては現れないと思っています。

でも、私に何が起きるか絶対に確かめたいはずです。

ですから遠巻きに見てるはずです。

もし福山淳がここに来て私にカメラを向けたなら、彼は絶対に本ボシです。

そして福山に近づく男がいたら、それがピエロマンです」

 

ピエロのお面を被った人が沢山来て、千波を取り囲みました。

慌てて18係の人達が守りました。

ピエロマンがツイッターに呟いたようです。

「君もピエロマンになって、三角広場に集まろう!

大丈夫。それだけでは何の罪にもならないよ!

警察をからかおうオフ会」

それを見た人達が、その通り、実行したようです。

 

遠巻きに自転車で見ていた福山に電話が。

福山は千波に近寄り、人混みから引っ張り出して、人けのない所に連れて行きました。

双葉達が追いましたが、見失ってしまいました。

止まった所にピエロマンが現れ、千波を殴ろうとしました。

間一髪、設楽が駆けつけ、ピエロマンと福山を倒しました♪

千波がどこにいても分かる「どこどこアプリ」が役立ったようです♪(^^)

18係の皆も駆けつけ、2人に手錠をかけ、パトカーで連れて行きました。

2人がパトカーで連行されるのを、桜庭が見ていました。

千波は桜庭に近づきました。

桜庭「ああ、これはこれは。やっと会えましたね。

 あなたのお陰でアクセス数、すごく増えました。

 泣き顔、セクシーでしたよ。

 また動画、投稿してくれませんか? フフフ・・・」

千波「桜庭さん、ピエロマンは正義を語った悪質な犯罪者です。

 でも、あんな卑劣な動画を世の中に公開する場を提供しているのはあなたです。

 それでお金儲けをしようとしているあなたはピエロマンと同じ位、いや、それ以上、もっと卑劣な人間です。

 共犯者であり、犯罪者です!

 私は、あなたを絶対に許しません!」

千波、自分のポケットから手錠を出して彼の手にかける。

双葉「よし!」とガッツポーズ♪

桜庭「フフフ・・・馬鹿じゃないの?

 こんな事しても俺の代わりはいくらでもいるんだよ。

 永遠に俺の代わりは出てくるんだよ」

千波「永遠に出てくるなら、私は永遠に逮捕し続けます」

桜庭「フフフ・・・ハハハ・・・」

 

今迄の2回とはちょっと違ったコメディーでない終わり方でした。

さすがに3話でちょっと展開を変えてきたので、とても良かったです♪(^^)

<おまけ>

「いかのおすし」

いか・・・ついていかない

の・・・車にらない

お・・・きな声を出す

す・・・ぐに逃げる

し・・・らせる

 

尚、日本テレビは、今、キャンペーン中で、この『戦力外捜査官』と『明日、ママがいない』は、放送終了後1週間以内なら無料で動画が見られるそうです。

日テレ<無料見逃し配信>『戦力外捜査官』第3話(1週間以内のみ)

 

【視聴率推移】 (関東地区。ビデオリサーチ調べ)

第1話]13.3%   [第2話]13.1%  [第3話]11.1%

 

【主要キャスト】

海月千波(23)・・・武井咲

設楽恭介(28)・・・TAKAHIRO (EXILE)

川萩剛(44)・・・八嶋智人

大友洋(33)・・・徳重聡

双葉大介(41)・・・木下隆行

森山薫(41)・・・濱田マリ

北里亮介(37)・・・野間口徹

関川直樹(28)・・・渋谷謙人

中西文彦・・・手塚とおる

田淵亜利砂・・・水沢エレナ

井上信光(47)・・・小籔千豊

小早川安博(51)・・・佐野史郎

海月健夫・・・伊吹吾郎

海月桃子・・・YOU

越前憲正(55)・・・柄本明

金城新十郎(64)・・・関根勤

金城斗志美・・・北川弘美

<第3話ゲスト>

桜庭 貴光(水橋研二)動画サイト「ガウディウム」管理者

高山 司(中村公隆)ピエロマン模倣犯

福山 淳(佐藤崇史)コンビニ店員

 

公式HP・次回あらすじ

 

冬ドラマ視聴率一覧(3)と寸評(2014年1~3月期)

 

 


【送料無料】Love Story(CD+DVD) [ EXILE TAKAHIRO ]

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できればクリック、お願いします♪(^^)

2014年1月25日 (土)

【ごちそうさん】第96回(1/25)「正蔵ごちそうさんな人生」

正蔵さんが亡くなってしまいました(涙)

「ごちそうさんな人生やな」

予想通り、これも「ごちそうさん」でまとめました(汗)

このドラマは何でも「ごちそうさん」に結びつけるようです(^^;)

今日辺り、そうなるだろうと予想してましたが、ちゃんと臨終をやるとはじぇじぇでした。

子供のうちに人の死に立ち会うというのはいい事だと思います。

最近、核家族で子供の頃、死に立ち会う事が少ないので、命の尊さを知らない子供が多くて、簡単に自殺してしまうのではないかと思います(^^;)

正蔵が外で倒れた時、ふくは寝ていると言いましたが、今度もまだ寝てると言いました。

それを聞いて悠太郎はピンと来て、部屋に走って行きましたが、やはり亡くなっていました。

その後のお静さん、立派でした。

皆に「おおきに」と順にお礼を言って、最後に正蔵に「おおきに」と泣きながら言いました。

近藤正臣さんも宮崎美子さんも素晴らしい演技でした♪

チラッと和枝さんの悲しむ様子が映りましたが、このドラマ、3兄弟のようですね(汗)

昨日・一昨日と嫁いだ4人のお姉さんも祝言に来ましたが、殆ど存在感がなかったです。

お葬式には、この4人も来るでしょうけれど、きっとお葬式はやらないでしょう(^^;)

来週は、昭和15年に飛んで、子供達も大きくなりそうです。

予告編で、源太に赤紙が来たみたいでしたが、源太はめい子と同じ年でしょうから、35歳位でしょうね。

その年で赤紙が来るものかどうか、私はよく分かりません(汗)

鬼太郎ファンさんの情報ですと、召集令状は、40歳迄だったそうです。

悠太郎は40歳位なので、多分、大丈夫でしょう(^^)

大丈夫でありますように☆

 

昨日(金曜)のドラマに戻りますが、ミセス・キャベジは和枝でした。

これは予想通りでした(^^)

正体を隠して応募したのに、めい子の倍、採用されてバイバイ(倍倍)と帰って行きました(笑)

倍返しのような手の込んだイケズでした(笑)

竹元さん、祝言に呼ばれなかった事、残念がって可愛かったです♪(^^)

そして、今日(土曜)、正蔵が危ないという事を知って、地下鉄の現場に連れて行くよう言ってくれました。

竹元さん、いい人ですね♪

私は、このキャラが大好きです♪(^^)

悠太郎が進んで父を連れて行ってあげるべきではないかと思いましたが、悠太郎は父が銅山の事を思い出して辛い思いをするのではないかと危惧したようです。

でも、喜んでくれました。

この地下鉄現場を見せに行ったシーン、良かったです♪

悠太郎にとっても、正蔵の言葉はいいアドバイスになった事でしょう♪(^^)

 

冒頭から今回のドラマを再現します。

竹元「お父上をここにお招きしろ。

 開業までは、おそらく無理なんだろ?

 だったら、おまえが案内して、中をお見せしろ」

悠太郎「何でですか?」

竹元「ずうたいばかりでかい息子がきちんとやってるかどうか心配されていた。

 貴様のような凡庸な人間にとって、仏に近い人間の言う事はありがたみがある筈や」

 

それで悠太郎は正蔵を地下鉄の工事現場へ連れて行きました。

途中まで車椅子で行きました。

悠太郎「複雑やありませんか? こういう所へ来るのは」

正蔵「ん?」

悠太郎「地下鉄の開発かて、銅山と似たような所ありますし」

正蔵「そういう事かいな」

悠太郎「将来的には崩落かて地盤沈下かて起こらんと限りませんから」

正蔵「わしがこんな事、言えた義理やないんやけど、どっちへ転ぶや分からんからこそ、開発やら技術なんちゅうもんの裏には、良心が貼りついててほしいと思うんや。

 わしは、その剥がれてしもうたもんを自分の食う方に張り付けてしもうた。

 別に開発やら技術、嫌うとる訳ないんやで。

 むしろ、技術ってなもんは技術でしか救えんもんやろう・・・そう思てる。

 期待してるえ」

悠太郎「・・・」

そして、車椅子を降りて、悠太郎に手を引かれ、階段を下りて見に行きました。

 

夕食時、正蔵は嬉しそうに、孫たちにその様子を話しました。

正蔵「あんなもん見せてもうたら、地下鉄、乗るまでは死んでも死に切れん気分になる。

 ハハハ・・・元気になるんや」

めい子の作ったお汁(つい)を飲んで、おいしそう♪

正蔵「こんな幸せでええんやろか。わしみたいなあかんたれなおっさんが。

 ここんとこ、ず~っとええ事ばっかりや」

静「ハハハ・・・せやな。

 ええ事も悪い事も腹一杯なお人やね、あんさんは」

正蔵「せや。ごちそうさんな人生やな」

 

翌朝・・・

台所にいため以子と悠太郎にふくが・・・

ふく「おじいちゃん、まだ寝てる」

悠太郎、ピンと来て、慌てて走って行く。

正蔵が寝ていて、その枕元に静が座っていました。

悠太郎とめ以子は驚き、子供達も希子も来ました。

静「今日、朝ご飯、何やったん?」

め以子「白和えとお漬物とあと・・・酒昆布のお汁(つい)です」

静「(正蔵に)せやねんて。

 (め以子に)夕べな・・・」

 

<回想>

寝ている正蔵が静の手を握る。

正蔵「なあ、今日、おいしかったな。明日、何やろな?」

静「何やろねえ」と微笑む。

正蔵、笑う。

<回想終>

 

静「朝、起きたら、おらへんようになってはった。

 希子ちゃん、ええ祝言みせてくれて、おおきに。

 かっちゃん、干し柿、おおきに。

 泰ちゃん、100点、おおきに。

 ふ久、お膳、おおきに。

 悠太郎さん、どえらいもん、見せてくれて、おおきに。

 め以子はん、毎日毎日、ご飯、ほんまにおおきに。

 皆のお陰で、おなか一杯で逝きはった。

 大往生や。これ以上ない大往生やった」

皆、泣く。

静(正蔵に)「おおきにな。おおきにな・・・」と、泣きながら微笑む。

 

縁側に座っている悠太郎。

め以子が干し柿を持って来て渡す。

め以子「どうぞ。 お父さん、作ってくれてあったの」

悠太郎「あの・・・ありがとうございます。

 親父の事、最高のおくり方してもろた気がします。

め以子「私やなくて、それ言うなら、希子ちゃんとかお母さんとか、お姉さんとか・・・」

悠太郎「最高ですよ。明日のごはん、考えながら逝ったなんて・・・

 僕の時もそうして下さいね」

め以子、顎に手をやって考えて

「嫌ですねえ。私より長生きして下さいよ」

悠太郎も顎に手をやって考えて

「自信ないですね。あなた、長生きしそうですから」

悠太郎、干し柿を食べる。

仏壇に供えられた祝言の皆の写真。

<続く>

 

め以子も悠太郎も考えるほどのセリフじゃなかったですね(笑)

顎に手をやるコントみたいでした(^^;)

正蔵さん、大往生で苦しまなくて良かったです。

今は病院で人工呼吸器をつけられたりして、無理に長生きさせられるので、こういう死に方ができる人は滅多にいないでしょう(汗)

家族を捨てたりしていろいろありましたが、終わりよければ全てよし。

最後は家族と一緒に過ごせて、明日のご飯を楽しみに死ねて良かったですね♪

ほんと、ごちそうさんな人生でした♪

来週から戦争の時代になりそうです(汗)

「贅沢は敵」いえ、「贅沢はステーキ」です。

嫌な時代が始まりますね(^^;)

新しいふ久(松浦雅)と泰介(菅田将暉)、活男(西畑大吾)、楽しみです♪(^^)

 

尚、視聴率推移は、こちらです。

 

「ごちそうさん」ファンミーティング・応募詳細

 

公式HP・め以子のごはん帳・目次(柿の葉ずしなど)

 

【日別あらすじ】 (Yahooテレビの粗筋まとめ)

第13週(第73~78回)(12/23~12/28)「ふくが来た!」

第14週(第79~84回)(1/6~1/11)「アイスる力」

第15週(第85~90回)(1/6~1/11)「今日でおわカレー」

第16週(第91~96回)(1/20~1/25)「汁(つい)の棲み家」

第17週(第97~102回)(1/27~2/1)「贅沢はステーキだ」

 

【過去レビュー】 (感想とあらすじ)

第12週(12/16~12/21)「ごちそう秋刀魚・鍋底大根」&第11週視聴率

第13週(12/23月~12/26木)&前半感想&第12週視聴率

第90~94回(1/20月~1/23木)「祝言」と視聴率推移

 


【送料無料】連続テレビ小説 ごちそうさん 完全版 ブルーレイBOX I 【Blu-ray】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪(^^)

ネタバレ【ごちそうさん】第17週日別粗筋(1/27~2/1)

NHK大阪放送局では、「ごちそうさん」ファンミーティングを実施します。

日時:2月9日(日) 午後2時30分~午後4時(予定)

会場:NHK大阪ホール

出演:東出昌大(西門悠太郎 役)、前田亜季(室井桜子 役)、山中 崇(室井幸斎 役)など

入場無料ですが、往復はがきでの応募が必要です。(締切:1月29日(水)必着)

詳細・応募方法等は、こちらです。

 

これは、来週(第17週)「贅沢(ぜいたく)はステーキだ」の日別のあらすじです。

1月27日(月)に、昭和15年に飛んで、子供達のキャストが替わります。

源太に赤紙が来て、出征します(汗)

無事に帰ってきて欲しいものです。

 

<日別あらすじ 第17週(第97~102回)(1/27(月)~2/1(土))> (Yahooテレビより)

第97回[1/27(月)]

昭和15年。戦争が続き、食糧事情は厳しくなる。め以子(杏)は節約メニューを考えるのに忙しく、出征兵士の見送りや千人針にも精を出している。ふ久(松浦雅)は物理に夢中な女学生、泰介(菅田将暉)は中学校で野球部に、末っ子の活男(西畑大吾)は洋食屋で修業中だ。悠太郎(東出昌大)は、相変わらず地下鉄建設に携わっているが、資材不足に悩む日々。め以子は馬介(中村靖日)からコーヒーの代用品を考えるように頼まれる

第98回[1/28(火)]

源太(和田正人)に赤紙が来て、め以子(杏)はショックを受ける。だが、お国のためと自分に言い聞かせ、戦争に嫌気がさしている静(宮崎美子)の愚痴を封じる。そんな折、源太が行方不明に。探していため以子は、ふ久(松浦雅)が竹元(ムロツヨシ)と仲むつまじくしているのを見つけて仰天する。学校に行きたくないふ久の相談にのっていたという竹元から、逆に説教されるめ以子。あわてて諭したものの、ふ久の決意は固かった。

第99回[1/29(水)]

源太(和田正人)が何気なく戻ってきて、め以子(杏)は拍子抜けする。出征祝いの日が近づき、め以子が源太に食べたいものを尋ねると、答えはイチゴ。必死にイチゴを探すものの、もはや売っていない。そして、うま介での出征祝いの日。ふ久(松浦雅)は、考えた末のせんべつの品を渡す。希子(高畑充希)の歌声が響き、にぎやかな会に。め以子は酔った源太の介抱をしようとする。手を離そうとしない源太から、思わぬ本音を聞く。

第100回[1/30(木)]

イチゴが消えたことが気になるめ以子(杏)は、さらに砂糖が配給制になると知って驚き、大切なものが失われていくことに涙する。「砂糖は贅沢、贅沢は敵だ」という婦人会の言い分にも納得できない。婦人会では「興亜建国パン」なるものを作り、小学校に納めることに。皇国の母の務めと言われて引き受けため以子だが、その材料を聞いて絶句する。一方、悠太郎(東出昌大)は、地下鉄建設の資材集めに相変わらず、苦戦していた。

第101回[1/31(金)]

め以子(杏)は飼料になるはずの「魚粉」で子どもたちのパンを作ることに抵抗するが、婦人会の多江(西村亜矢子)から「おいしさを求めることはぜいたく」と決めつけられる。ふ久(松浦雅)は納得できないままパンを作るめ以子に疑問をぶつけるが、ご近所を気にするめ以子は作るしかない。パンは予想どおりの出来。小学校に納品するも、あまりのまずさに突き返される。め以子は、材料をおいしく使えなかったことを悔いる。

第102回[2/1(土)]

め以子(杏)は、巨大な肉の塊を買ってくる。ついてくる人で道中は行列に。め以子はステーキを焼き、家族に振る舞い始める。悠太郎(東出昌大)が戻ってきて驚いていると、近所の人々が乱入。「ぜいたくだ」と怒りながらも、一同は焼けていく肉に引きつけられる。め以子は、おいしいものを食べさせるために生きてきたこれまでの思いを訴える。静(宮崎美子)が、め以子を援護射撃。ふ久(松浦雅)は、そんなめ以子を見つめていた。

 

『ごちそうさん』日々の視聴率一覧(ドラマ楽園)

関西の先週の視聴率一覧(くらのすけさんのブログ)

関東の先週の視聴率一覧(ビデオリサーチ)

 

公式HP・め以子のごはん帳・目次(柿の葉ずしなど)

 

次回朝ドラ「語り」に美輪明宏さん決定♪&『花子とアン』人物表(2013.10.24)

朝ドラ史上初 外国人ヒロイン『マッサン』(2014年後期)(2013.11.18)

 

 

【日別あらすじ】 (Yahooテレビの粗筋まとめ)

第7週(第37~42回)(11/11~11/16)「たいした始末」

第8週(第43~48回)(11/18~11/23)「ごめんなすって」

第9週(第49~54回)(11/25~11/30)「君をあいス」

第10週(第55~60回)(12/2~12/7)「祭りのハーモニー」

第11週(第61~66回)(12/9~12/14)「大嫌いっていわしたい」

第12週(第67~72回)(12/16~12/21)「ごちそうさんまでの日々」

第13週(第73~78回)(12/23~12/28)「ふくが来た!」

第14週(第79~84回)(1/6~1/11)「アイスる力」

第15週(第85~90回)(1/6~1/11)「今日でおわカレー」

第16週(第91~96回)(1/20~1/25)「汁(つい)の棲み家」

 

【過去レビュー】 (感想と詳細あらすじ)

第8週(11/18~11/23)「ごめん茄子って」&第7週視聴率

第9週(11/25~11/29)「君を愛す」&第8週平均視聴率22%超え♪

第10週(12/2~12/7)「祭りのハモニカ」&第9週視聴率好調♪

第11週(12/9~12/14)「大嫌いって鰯たい」&第10週視聴率

第12週(12/16~12/21)「ごちそう秋刀魚・鍋底大根」&第11週視聴率

第13週(12/23月~12/26木)&前半感想&第12週視聴率

第90~94回(月~木)「祝言」と視聴率推移

 

 


【送料無料】連続テレビ小説 ごちそうさん 完全版 ブルーレイBOX I 【Blu-ray】


【送料無料】 NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」公式レシピブック / NHKドラマ制作班 【単行本】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

できればクリック、お願いします♪(^^)

 

2014年1月24日 (金)

【相棒season12】第13話感想と視聴率「右京さんの友達」

「右京さんの友達」

第13話の視聴率は、前回の18.6%より少し下がって、17.4%でした。

来週(1/29(水))は、『相棒12』、お休みです。

紅茶好きな右京さんと友達になった同じく紅茶好きな毒島幸一(尾美としのり)さんのちょっと変わった話でした。

右京さんの小説で始まり、和製シャーロックホームズとか、相棒10人目とか、いろいろ昔を振り返れて、懐かしかったです♪(^^)

毒島さん、自殺幇助になるのかな?

左利きだからというのは、ちょっと平凡でした(汗)

既に、犯人を逮捕して服役しているのに、誤認逮捕と知ったら、逮捕した人と上層部はきっとショックを受けるでしょう(汗)

毒島「一年前に頭の悪そうな刑事が二人、聞き込みに来たんです」

その2人は、イタミンと芹沢君かな?(^^;)

それとも所轄の刑事かな?

誤認逮捕、上層部は隠蔽したい位でしょう(汗)

誤認逮捕された烏森(加藤厚成)は気の毒でしたが、彼は彼女を殺そうとしたのだから、全然、罪がないという訳ではないですね(^^;)

 

【第13話あらすじ】 (公式HPより)

右京(水谷豊)は、なじみの紅茶店で紅茶に詳しい毒島(尾美としのり)と知り合った。 毒島から自宅アパートでの"お茶会"に誘われた右京は、享(成宮寛貴)を連れて出かけると、毒島は2人の目の前で右京のようにポットを高く上げて紅茶を注ぐのだ。驚く享...。毒島には紅茶と犬しか楽しみがなく、ほかは信用できないという。右京同様、少々変わり者のようだ。

 どうやらそんな毒島に気に入られてしまった右京。「警察はバカばっかりだと思っていました」という毒島。なにかそう思わざるをえない出来事があったのかと右京が訊くとある事件の話をはじめた。隣室に住んでいた静香(佐藤寛子)がナイフで殺害された事件だが、すでに恋人でミステリー作家の烏森(加藤厚成)が逮捕されていた。冤罪の可能性をにおわせる毒島に、右京は思わず「調べてみましょう」と約束する。

 そして、右京と享は再び毒島から"お茶会"の誘いを受ける。招きに応じた右京は、ある男を主人公にして自らが書いた小説を手に毒島の自宅を訪ねるが...。そこで明らかになる右京の推理をもとにした意外な真相とは?

<脚本> 真野勝成
<監督> 橋本一

<ゲストキャスト>

毒島 幸一(尾美としのり)ミステリー小説批評家。無職。 

佐藤 静香(佐藤寛子)毒島の隣人。 

烏森 凌(加藤厚成)ミステリー作家。佐藤の恋人。

                      * * *

毒島「小説家というのは大したものですね。

 僕は他人が書いたものをあーだこーだと文句をいうだけ。

 書く人間がいなければ、僕は存在すらしない」

毒島「ネットで好き勝手書いているだけです。仕事にはなっていない」

 

最近の私もそうです(汗)

ブログでセリフを起こして批評しても、私も時々、空しくなる事があります(汗)

以前は、脚本家になろうと、オリジナルに拘っていたのに、いつからか書けなくなり、今はブログで他人の書いた物を批評しているだけ(汗)

その批評も大した事ないし・・・(^^;)

以前は、コンクールで受賞して賞金を貰ったり、プロットライターやドキュメントの構成台本を書いてギャラを貰った事もありましたが、今は全然(^^;)

私も今、何か事件に巻き込まれて新聞に載るとしたら、専業主婦だから、無職です(汗)

毒島さんの気持ちがちょっと分かって、少し切なかったです(^^;)

犬と紅茶しか楽しみがないと言いますが、あんなに紅茶、詳しくて、ミステリー小説の鋭い批評もできて、2つも取り柄がある訳で、尊敬されるのではないでしょうか?

私は紅茶、好きですが、味、全然分かりません(汗)

 

毒島「あなたのことを孤独と言いましたが、それは間違いでした。孤独と孤高は違います。

 あなたはその能力故に孤高の存在なのでしょう。

 さすがは和製シャーロック・ホームズと言われるだけのことはありました」

 

孤独と孤高、確かに、右京さんは孤高かもしれませんね。

甲斐次長も孤高そうな気がします(^^)

右京さんが「都民ジャーナル」で「和製シャーロック・ホームズ」と呼ばれている件は、『相棒シーズン4』 第8話「監禁」 (2005/11/30放送)で出てきたそうです(スタッフブログより)

でも関東では、最近、昼間、再放送されたので、記憶に新しいです(^^)

 

毒島「助手というと聞こえは悪いかもしれないが、ワトソン君は頼れる相棒なんだ。

 ワトソンなしじゃホームズは立ち行かない」

でも、今回、カイト、いてもいなくてもいいような話でした(^^;)

 

「10人目の相棒」と右京さんのセリフに出てきましたが、右京さんは数日しか特命係にいなかった陣川くんも在籍した一人としてカウントしていたようです。

7人目・・・亀山薫(寺脇康文)
8人目・・・陣川公平(原田龍二)
9人目・・・神戸尊(及川光博)
10人目・・甲斐享(成宮寛貴)

相棒のオフィシャル本などでは神戸尊が8人目、甲斐享が9人目の相棒としていて、陣川を入れてない場合もあるそうです。

でも、先日も陣川君、登場したし、右京さんの記憶では陣川君も入れていて、良かったです♪

きっと陣川君も嬉しいでしょう♪

 

最後に、毒島さんを警察に連行したカイトは、イタミン達に「その人は?」と聞かれ、

カイト「右京さんの友達です」と答えました。

イタミン達、毒島さんの顔を知らなかったので、きっと誤認逮捕した事件の担当ではなかったのでしょう。

頭の悪そうな刑事は別の人達なのでしょう(^^;)

そして、カイト、今まで「杉下さん」と呼んでいたのが、初めて、「右京さん」と呼びました♪

かなり年下だし、上司なので、呼びにくかったでしょうけれど、これで関係がまた深まった感じがしました♪(^^)

そして、毒島さんも右京さんの友達と紹介されて、嬉しかったでしょう♪

孤独故に、初めての友達かもしれません♪

いろいろと意味深い、短いセリフでした♪(^^)

 

今回は、事件その物より「相棒ファン感謝デー」みたいなお話でした(^^)

前述の通り、来週(1/29(水))は、『相棒12』、お休みです。

 

「相棒コンサート-響-」開催決定!
6月21日(土)・22日(日)東京国際フォーラム・ホールAにて!
オーケストラと映像の融合!
詳細は相棒コンサート公式ページへ!
http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/concert/
チケットはまだ発売していません。

 

とのスタッフブログの告知がありますが、コンサートまでやるとは(^^;)

享が着ているジレ(ベスト)(税込10,290円)も発売になったそうです。

ちょっと高いのでは?(^^;)

特命係木札ボード(税込24,150円)も売っています。

ものすごく高いし、こんなの買う人いるのでしょうか?(^^;)

相棒・オリジナル紅茶(アールグレイ&ローズ)は税込1,200円です♪

この話を見た後だと、これが欲しくなります♪(^^)

(全て、相棒ストアにて販売中)

「相棒」、春に映画もあるし、商業的にも多角的ですごいですね(^^;)

再来週の「顔」、楽しみです♪(^^)

 

【視聴率推移】 (視聴率は関東地区。ビデオリサーチ調べ)

第1話]19.7%   [第2話]17.0%   [第3話]15.1%  [第4話]18.6%

[第5話]16.8%   [第6話]15.6%   [第7話]14.4%  [第8話]15.4%

[第9話]16.9%   [第10話](元日SP)19.6%

[第11話]16.2%   [第12話]18.6%  [第13話]17.4%

 

公式HP・次回あらすじ

 


【送料無料】相棒 season 11 ブルーレイBOX (6枚組) 【Blu-ray】 [ 水谷豊 ]

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪(^^)

2014年1月23日 (木)

【ごちそうさん】第90~94回(月~木)「祝言」と視聴率推移

しばらく『ごちそうさん』のレビューを書いてなくて、久々になってしまいました(汗)

さすがに、め以子の祝言だったので書きます♪(^^)

今週は義父・正蔵が倒れて、もし、もう一度倒れたら命が危ないと言われたので、父に何かしてあげたいと思い、食べたい物を聞きました。

正蔵は、亡くなった先妻の得意料理・柿の葉寿司を食べたいと言ました。

め以子は、苦労していろいろ作りましたが、満足して貰えず、お嫁に行った和枝さんに教えて貰いに行きました。

でも、教えて貰えず・・・

それにしても、和枝さん、農家へお嫁に行ったとのことでしたが、さすがに倉田さんの紹介だっただけあって、大きな農家でした♪

幸せそうで良かったです(^^)

 

希子が川久保(茂山逸平)を家に連れてきて、結婚したいと、正蔵に頼みました。

正蔵が結婚を許し、希子は使われなかっため以子の花嫁衣裳を借り、家で祝言を挙げたいと。

め以子は、和枝を手本に、祝言をきちんと取り仕切ろうと奮起しました。

希子は、倉田さんと一緒に和枝に祝言に出て欲しいと頼みに行きました。

でも、和枝は「め以子がいなければ」と条件をつけました。

希子は、兄弟姉妹そろってと頑張りましたが、承諾して貰えませんでした(汗)

それを聞いため以子は当日は表に出ず、台所を受け持つと申し出。

それを聞いた和枝は、家の前の柿の葉が残っていたら出席すると返事。

希子の祝言の日、和枝から大量の柿の葉寿司が届きました。

そして和枝が「亡き母の名代だ」と言って妹達と共に来ました。

和枝の下の嫁いだお姉さん達、初めて見ました(^^;)

結局、希子の作戦で、これはめ以子と悠太郎の祝言でした。

正蔵が元気なうちに、和枝とめ以子を和解させて、花嫁姿を見させてあげたかったようです。

それはとても素晴らしい事ですが、希子の祝言はどうなるのかな?

後日、やるのかな?

め以子達のと一緒に、2組やってしまえば良かったのに(^^;)

め以達の祝言だと聞いて、怒って帰ろうとした和枝に行った希子の言葉、良かったです♪

祝言での悠太郎の挨拶、無理矢理、「ごちそうさん」に結び付けている気がして、ちょっと・・・(^^;)

一応、その辺りの感動的な場面を再現します♪

 

希子「実は、一つ皆様に私と川久保からお願いがございます。

 この場におきまして私の・・・兄と姉の祝言を挙げさせて頂きたいと思います」

一同、驚く。

和枝「だまし討ちにも程があるやりますやろ!

 わてらはあんたの頼みやから飲めんもんも飲んでここに来たんや!

 それをよう・・・」と出て行こうとする。

希子「話聞いて!!

 ちい姉ちゃんね、今まで祝言やらへんかったの、何でか分かる?

 お姉ちゃんに認めてもらわへん祝言なんか意味ないと思てはるからや。

 お姉ちゃんを追い出した自分に、そんな資格はないて・・・」

和枝「・・・」

 

2階では、桜子がめ以子に事情を話していました。

桜子「希子ちゃん、どうしても和枝さん呼んでやるんだって、あっちこっちに大嘘ついて走り回ってたのよ」

め以子が止めに行こうと、戸を開けたら、一階から希子の声が聞こえました。

希子「うちね・・・うち、ちい姉ちゃんが来るまで何の取り柄もない、何もでけへんあかんたれやった。

 もううちは・・・何てしょうもないんやろうって。

 ずっとしょうもないまま生きていくんかなって思ったら、毎日憂鬱やった。

 でも・・・ちい姉ちゃんが来て、うちにもええとこあるよって教えてくれた。

 そっから・・・少しだけ声が出るようになった。

 声が出るようになったら、自分の言いたい事も少しずつ言えるようになって、そっからもうとんとん拍子で。

 あったかい人達に囲まれて、好きな仕事ができて。

 うちは、ちい姉ちゃんに人生をもろたんです。

 うちは、お姉ちゃんに育ててもろて、ちい姉ちゃんに人生をもろた。

 2人とも大好きやから、お姉ちゃんにちい姉ちゃんの事認めてもらいたい。

 その姿をお父さんに見せてあげたいの」

姉・冨美「希子、そらないで」

姉・満子「うちら、まるで悪者みたいやんか!」

希子「ずるいと思てます。

 嫌らしいやり方やと思います。

 何て言われたって構いません。

 でも・・・これだけはお願いします」

希子が手をついて頭を下げ、悠太郎も深く頭を下げました。

正蔵「お願いします!」

子供達や倉田、源太や銀次、静も手をついて、「お願いします」と頭を下げました。

和枝は小さくため息をつき、

「はぁ・・・皆さん。頭上げてもろてもよろしいでっしゃろか?

芝居がかった身の上話にええ大人が頭下げて、昭和いうんは、こないなご時世なんだすな。
わては、もうよその人間だすし、口出す立場でもおまへんさかい・・・好きにやっておくれやす」

希子は泣きながら和枝に抱きつきました♪(^^)

「おおきに! お姉ちゃん、おおきに!!」

 

改めて、め以子と悠太郎の祝言が始まりました。

新郎新婦は、大きすぎて、頭が鴨居にぶつかりそうに(笑)

イクと大五、照生もいます♪

皆、嬉しそうでした(^^)

悠太郎「柄ばかり大きな2人が一緒になって、もう9年になります。

 ホンマにようこんなに続いてきたものやと思います。

 お恥ずかしい騒動も多く、その度に皆様にご迷惑をかけ、教えられ、そして支えらえてまいりました。

 今日のこの良き日もまた僕達の力では到底迎えられませんでした。

 これは皆様からのごちそうやと心からそう思てます。

 最高の心尽くしに感謝の言葉に代えまして・・・」

め以子と悠太郎「ごちそうさんです!」

子供達も「ごちそうさんです」と頭を下げました。

 

どうも無理矢理、「ごちそうさん」に結びつけたようでした(汗)

「ありがとうございました」でいいのに(^^;)

感動的だったのでしょうけれど、私は子役のこういう使い方が苦手なんですよね(^^;)

年明けてから子役が出てきて、それから子供が苦手な私はムズムズしてしまって、どうもダメでした(汗)

「明日、ママがいない」のような子役の使われ方ならいいんですが、こういういかにも可愛いだろうという子役の使い方は苦手です(^^;)

もう少しの辛抱で、来週から大人にキャストが替わりますね。

それにしても4人の姉達、あまり優しそうではなくて、じぇじぇじぇでした(汗)

なぜ和枝と一緒になって怒ったのか、よく分からなかったです(汗)

何でも和枝の味方??

お静さん、きっと大変だったでしょう(汗)

め以子、彼女達が嫁入りした後で、和枝さんだけで良かったです(^^)

 

21日(火)、「はなまるマーケット」にキムラ緑子さんがゲスト出演し、「ごちそうさん」の話もしました。

お揃いのTシャツを杏さんが作って皆にくれたそうです。

丁度、久々に和枝が登場した日でしたが、まさか違う局で宣伝するとは(^^;)

ご主人のマキノノゾミさんとは1度別れ、2度めの結婚で、2度めは震災のあった年、緑子さんの方からプロポーズしたそうです♪(^^)

視聴率は、下記の通り、好調です♪(^^)

 

【視聴率推移】 (週間最高視聴率)

                    関東        関西      北海道

初回視聴率(9/30月)       22.0%       18.2%      17.9%

第1週「いちご一会」    22.0%(9/30月)  19.7%(10/5土) 17.9%(9/30月)

第2週「黄身と出会った」  22.5%(10/9水)  21.7%(10/9水) 16.5%(10/12土)

第3週「なっとうくう!」  27.3%(10/16水)  21.4%(10/16水) 16.7%(10/16水) 

第4週「こころをコメて」   24.3%(10/26土)   22.2%(10/25金) 18.7%(10/26土)

第5週「フォンとうの気持ち」23.2%(10/29火)  21.5%(10/30水) 20.0%(11/2土)

第6週「こんぶねーしょん」 22.2%(11/8金)   22.4%(11/8金) 18.4%(11/6水)

第7週「たいした始末」   22.5%(11/14木)  22.1%(11/13水) 17.5%(11/14木)

第8週「ごめんなすって」  23.6%(11/22金)  22.7%(11/22金) 17.8%(11/22金)

第9週「君をあいス」        24.6%(11/29金)  24.2%(11/29金) 20.5%(11/30土)

第10週「祭りのハーモニー」 24.5%(12/2月) 23.1%(12/6金) 20.0%(12/2月)

第11週「大嫌いっていわしたい」25.2%(12/13金)24.1%(12/10火)22.0%(12/13金)

第12週「ごちそうさんまでの日々」24.7%(12/18水)23.2%(12/20金)21.8%(12/21土)

第13週「ふくが来た!」        23.0%(12/27金) 23.0%(12/26木) 23.5%(12/28土)

第14週「アイスる力」     23.4%(1/10金)   22.9%(1/8水)    21.0%(1/11土)

第15週「今日でおわカレー」 23.9%(1/17金)  24.0%(1/18土)  22.3%(1/18土)

 (くらのすけさん、三連星さん、関西と北海道の視聴率情報、感謝♪)

 

『ごちそうさん』日々の視聴率一覧(ドラマ楽園)

関西の先週の視聴率一覧(くらのすけさんのブログ)

関東の先週の視聴率一覧(ビデオリサーチ)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪(^^)

冬ドラマ視聴率一覧(3)と寸評・感想(2014年1~3月期)

冬ドラマ視聴率一覧(3)(2014年1~3月期)  【1/28(火)迄】

大幅改良のため、最新版はこちらです

タイトル1234期待
6 月8 隠蔽捜査 8.2 7.2 7.5 - B
8 月9 失恋ショコラティエ 14.4 12.7 13.3 - B
8 火9 福家警部補の挨拶 14.2 11.5 9.3

-

C
8

火10

チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮

12.9 13.0 12.6

11.5

B
5 水9 相棒12 (元日SP19.6%) 16.2 18.6 17.4 - B
4

水10

明日、ママがいない 14.0 13.5 -

-

A
8

水10

僕のいた時間 11.2 9.4 9.4 - C
5 木8 科捜研の女 13.1 11.7 - - B
6 木9 Dr.DMAT 7.9 7.2 7.0 - B
5 木9 緊急取調室 12.5 13.4 16.1 - A
8

木10

医龍4 11.6 12.8 13.2 - B
6

金10

夜のせんせい 10.6 7.3 - - B
5

金11

私の嫌いな探偵 10.0 7.0 - - B
4 土9 戦力外捜査官 13.3 13.1 11.1 - A
8

土11

ロストデイズ 7.1 5.8 5.4 - D
6 日9 S-最後の警官- 18.9 15.2 16.1 - B

局は、4:日本テレビ、5:テレビ朝日、6:TBS、8:フジテレビ。

期待度は5段階。A:とても期待、B:まあまあ期待、C:良作だと思うが見ない、D期待薄、E:見ない予定)

表内の『相棒12』は第11話(1/8水)からの視聴率で、『科捜研の女』は第9話(1/16木)からの視聴率です。

 

<1/29(水)追加>

『福家警部補の挨拶』第3話、続落して、遂に、10%を切ってしまい、9.3%でした(汗)

淡々としていて、キャラも推理の魅力も薄く、この視聴率は納得です(^^;)

『チーム・バチスタ4』第4話も続落して、11.5%でした。

生前葬がメインで、事件に進展はなく、見なくても支障のない回でした(^^;)

表にないですが、『紙の月』第4話も最低視聴率で、5.6%でした(汗)

 

<1/28(火)追加>

『失恋ショコラティエ』第3話、前回の12.7%より上がって、13.3%でした♪

これ、少女漫画チックなありえない話ですが、私は好きです♪(^^)

『隠蔽捜査』第3話も前回より少し上がって、7.5%でした。

どちらも上がって、良かったです♪(^^)

 

<1/27(月)追加>

この表にありませんが、フジの『天誅 闇の仕置人』初回は8.4%でした。

『S-最後の警官-』第3話、前回の15.2%より上がって、16.1%でした♪

ただ、私は内容、イマイチだったと思います(汗)

これは、週末の怒涛のような宣伝のお陰では?(^^;)

レビュー書きました♪(^^)

期待度Cに下げようか迷いましたが、次回の国際テロリストのオダギリジョーさんの活躍は楽しみなので、Bに据え置きました♪

今のところ、これが今期視聴率1位です♪(2クールの『相棒12』は除く)

それ以外の『夜のせんせい』第2話7.3%、『私の嫌いな探偵』第2話7.0%、『戦力外捜査官』11.1%、『ロストデイズ』第3話5.4%と、皆、前回より視聴率が下がりました。

この表にないテレビ東京の『三匹のおっさん』第2話9.3%で、やはり初回の11.6%より下がりました。

NHKの『足尾から来た女(後編)』後編9.0%で、これも前編の10.1%より下がりました。

 

<1/24(金)追加>

緊急取調室』、初回12.5%、第2話13.4%、第3話16.1%と、いい感じに上がってきました♪

嘘ばかりつく容疑者・安達祐実さん、名演技でした♪(^^)

「明日、ママがいない」で芦田愛菜ちゃんが泣きの名演技をしているので、「家なき子」等で、かつての人気子役の安達祐実さん、つい比べてしまいました(^^;)

天海祐希さんとの女の対決も迫力ありました♪

6歳の息子に、殺人の罪を被せようとするとは(汗)

確かに、6歳なら少年院にも入れられないでしょうし、自分も今まで通り子供といれて、いい方法かも?(汗)

このドラマ、私は今期一番好きです♪(^^)

尚、来週(1/30木)は『緊急取調室』、お休みです。

 

その裏の『Dr.DMAT』第3話7.0%で、微妙に続落でした。

主人公、そろそろ前向きになって欲しいです。

 

医龍4』第3話13.2%。少しずつですが、続けて上がりました♪

今回は私も面白かったと思います♪

日本ではまだ未認可の心筋シートをL&P病院でだけ使える許可が取れ、その病院でドラゴンチームで女児の手術をするのと引き換えに、藤吉先生がL&P病院に入ってしまいました(汗)

自分の勤め先まで言いなりになって患者の手術をさせてあげるなんて、いい人ですね♪

次は、加藤先生が狙われるのでしょうか?

高橋克典さんと岸部一徳さんの次なる策略が楽しみです♪(^^)

岸部さん、『相棒』が終わっても、まだ『医龍』と『ドクターX』の人気シリーズがあり、どちらもいい味出してていいですね♪

今夜、BSプレミアムで「ザ・タイガース再結成ライブ」の放送があります。

若い人は、岸部さんが人気バンドやってたなんて、知らないでしょう(^^;)

 

科捜研の女』第10話、前回の13.1%より下がって11.7%でした。

裏の『鼠、江戸を疾る』第3話、前回の7.0%より上がって、8.2%でした。

今回も安定して面白かったです♪(^^)

 

<1/23(木)>

1/24(金)19:57~20:54に、フジテレビで『天誅~闇の仕置人~』(小野ゆり子、泉ピン子出演)が始まります。

現代の日本にタイムスリップしてきた女忍者の「必殺仕置人」のような話みたいです。

これも楽しみです♪(^^)

 

『相棒12』第13話17.4%でした。

紅茶を通じて右京さんと友達になった尾美としのりさんのちょっと変わった話でした。

これは、自殺幇助かな?

既に、犯人を逮捕し、服役しているのに、誤認逮捕を暴いてしまい、担当者と上層部は、きっとショックを受けるでしょう(汗)

来週(1/29(水))は、『相棒12』、お休みです。

 

明日、ママがいない』、初回、賛否両論、話題になりましたが、第2話、初回の14.0%より少し下がって、13.5%でした。

少ししか下がらなくて、良かったです♪(^^)

パチ(五十嵐陽向)、とても可愛かったです♪

ただ、JX日鉱日石エネルギー(ブランド名「エネオス」)とキユーピー、エバラ食品工業は、第2話、CMの提供を控えたそうです(汗)(参考ニュース

これは日テレ、視聴率以上に厳しい状況かも?(^^;)

 

その裏の『僕のいた時間』第3話、第2話と同じ9.4%でした。

遂に、病院でALSと診断を受けました。

まだ、その現実と直面できなくて、誰にも言っていません(^^;)

そりゃ、当然、ショックでしょう(汗)

三浦春馬君、名演技でした♪(^^)

 

--- 冬ドラマ視聴率一覧(2)より ---

<1/22(水)>

福家警部補の挨拶』初回の14.2%より急落して、第2話11.5%でした。

「やはり」という気がします(^^;)

主役のキャラ、あまり面白みがなく、古畑のように、最初から犯人が分かっているタイプなので、推理の楽しみも少ないです(汗)

ゲスト犯人の富田靖子さんは熱演でした♪

 

チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』前回の13.0%より少し下がり、第3話12.6%でした。

南沢奈央さんの話は良かったですが、肝心な行方不明の立花先生(宅間孝行)の話は、あまり進みませんでした(汗)

白鳥(仲村トオル)さんに送られてきたAI画像は、彼の物らしく、もう亡くなっていそうです。

この病院の誰かが送ってきたとの事でした。

誰でしょう?

母の桜宮華緒先生(相築あきこ)かな??

巌雄先生(柳葉敏郎)、監視カメラの方、見てたし・・・(^^)

NHKの『紙の月』前回の6.2%より上がって、第3話8.0%で、最高視聴率でした♪

 

<1/21(火)>

失恋ショコラティエ』第2話、初回より下がって、12.7%でした。

隠蔽捜査』第2話も初回より下がって、7.2%でした。

どちらも次回、持ち直すかどうか注目です。

 

<1/20(月)>

表にないですが、NHKの『足尾から来た女(前編)』10.1%でした。

2桁とは、いい視聴率でした♪

金曜のテレビ東京の『三匹のおっさん』初回11.6%でした。

テレビ東京は写らない地方も多いし、視聴率発表も遅い事が多いので、表に入れていません。

 

土曜の松本清張ドラマスペシャル『三億円事件』14.5%と、高視聴率でした♪

その裏の『戦力外捜査官』、これに食われるかと思いましたが、第2話13.1%で、初回より僅かに下がっただけで、ほっとしました♪

第2話も普通に面白かったです♪(^^)

 

 

冬ドラマ視聴率一覧(2)と寸評・感想(2014年1~3月期)

冬ドラマ視聴率一覧(1)と寸評・感想(2014年1~3月期)

冬ドラマ紹介(2014年1~3月期)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪(^^)

2014年1月21日 (火)

お年玉つき年賀はがき・切手の当選番号一覧(2014年)

遅くなってしまいましたが、1月19日(日)に、お年玉つき年賀はがき・切手の抽選会が行われ、当選番号が発表されました。

 

<お年玉つき年賀はがき・切手の当選番号>

◇1等 現金1万円

  下5けた 97085

◇2等 ふるさと小包や生活家電など計38品目から1点

  下4けた 2344

◇3等 お年玉切手シート

  下2けた 72、74

(各組共通。引き換え期間は1月20日から7月22日まで)

 

我が家は、3等が3枚当たりました♪餭

1等や2等は当たった事がないです(^^;)

3等でも3枚も当たって良かったです♪(^^)ޥ

皆さんももし、まだなら調べてみて下さい♪(^^)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

できればクリック、お願いします♪(^^)

 

2014年1月20日 (月)

【軍師官兵衛】第3回感想と視聴率「命の使い道」

「命の使い道」

第3回の視聴率、前回の16.9% より上がって、18.0%(関東地区)でした♪

上がって良かったです♪(^^)

おたつ、気の毒ですが、亡くなってしまいました(汗)

ショックを受けた官兵衛が怒り立って、赤松を攻める事を提案しますが、受け入れられず、命の使い道を考えよと諭されて、堺へ鉄砲を買いに行くよう命じられ、外の世界の広さに驚き、自分には分からない事ばかりだと悟り、憎しみから解き放たれました。

最近のドラマは、仇討ち・仕返し・復讐を戒めるものばかりです(^^;)

仕返ししないでやられっ放しとは、余程、赤松の方が強いのでしょうね(汗)

亡くなったのは、黒田家の養女(広峯神社の御師の娘)だったから、小寺家には何も損害はないですね。

これが小寺政職(片岡鶴太郎)の娘でも政職、同じだったでしょうか?

それでも、やはり職隆(柴田恭兵)、官兵衛に言った通り、

「怒りはまた喜ぶべく

憤りはまた悦ぶべきも

亡国はまた存すべからず

死者はまた生くべからず(孫子)」

なんて政職を諭す事ができたでしょうか?

 

ただ、当時は、身内が嫁いでいても攻めていく事は、よくある時代でした。

政略結婚であってもなくても、生き残れるのは運かも?(^^;)

やはり情抜きで、じっくり考えた上での戦でないと勝てないでしょうね(^^;)

 

ドラマでは、一番悲しいのは官兵衛という事になっていましたが、一番悲しかったのは、おたつの父の善右衛門(尾藤イサオ)でしょう。

なぜか彼は今回、全然出てきませんでした(汗)

 

最初に戻ります。

政略結婚の宴席を赤松軍が急襲し、官兵衛(岡田准一)が駆けつけましたが、もう浦上家は全滅し、敵も去った後でした。

官兵衛達は、おたつを捜し、見つけましたが、斬られていて・・・

官兵衛「おたつ!」と抱きしめる。

おたつ「官兵衛様・・・」

と、うっすら目を開け、何か言おうとする。

官兵衛「何が言いたいのだ・・・

 一緒に帰ろう・・・」

おたつの頬を涙が伝い、息絶えてしまいました。

官兵衛、抱きしめて号泣しました。

 

最後に、官兵衛の腕の中で死ねて、少しだけ幸せだったかもしれません。

御着城での評定で官兵衛が赤松を討つべきと訴えましたが、却下されました。

復讐心に燃える官兵衛に、職隆(柴田恭兵)が前述の孫子の言葉を言って、諭しました。

職隆「一時の怒りや憤りで戦を起こしてはならぬ。

 死んだ者が再び生き返る事もない。

 今のおまえには分かるまい。

 今のおまえは・・・黒田家の恥だ

 

官兵衛は、それでもこの言葉の意味が分かりませんでした。

海に行き、祖父の重隆(竜雷太)と会いました。

重隆はおたつが嫁に行く前日に会ったとの事。

その時のおたつの言葉を官兵衛に伝えました。

<回想>

おたつ「私は・・・官兵衛様をお慕い申しておりました。

 でも、このお話をお受けした時に、その思いはきっぱり捨てました。

 私は黒田の娘となり、官兵衛様は弟です。

 これで胸のつかえが取れました」

<回想終>

そう言ったそうですが・・・

残念でした。

そして、評定で赤松を討つよう進言した事について、重隆も責めました。

重隆「もっともらしい事を言いおって。

 要は、おたつの仇討ちではないか」

官兵衛「仇討ちのどこがいけませぬか!」

重隆「今のおまえは怒りに任せているだけだ。そんなざまで赤松に勝てると思うか?」

官兵衛「負けたら死ぬまで」

重隆「たわけ! 命を無駄に使うものではない。

 おまえは命の使い方が分かっておらん。

 おたつが仇討ちを望むと思うか?」

官兵衛「・・・」

重隆「官兵衛、おまえはまだ若い。

 世界は広いぞ。己が何をなすべきか、世の中を見て考えろ」

 

父と祖父は同じような事を言ったのですが、祖父・重隆の方が具体的で分かり易かったと思います。

おたつは、広峯神社の御師の娘だったので、きっと仇討ちを望まないでしょう。

重隆は、それからまもなく57歳で生涯を閉じました。

優しくていいおじじ様だったのに、若くて亡くなってしまい、残念でした。

 

赤松が鉄砲を買ったと聞いて、こちらも鉄砲を買う事になりました。

父・職隆が官兵衛をその役にさせて欲しいと願い出て、堺へ官兵衛が鉄砲を買いに行く事になりました。

これ、大正解だったようです(^^)

行く道中、官兵衛らは山賊に襲われましたが、荒木村重(田中哲司)という浪人に助けられました。

先進商業都市・堺は、さまざまな商店が立ち並んで賑わい、道には商人や南蛮人達が行き交う活気にあふれた街で、官兵衛は驚きました。

堺で鉄砲と言えば、会合衆の一人・今井宗久(小西博之)だと、村重は連れて行ってくれたので、お礼を渡しました。

村重は喜んで受け取り、次に会う時は城持ちだと言って去っていきました。

今井宗久は、一見の客でも鉄砲を売ってくれました。

先日、織田信長の使いで、木下藤吉郎という家来に仰山鉄砲を売ったとの事。

彼は、堺の栄華が戦の道具を売る事で成り立っているのはなんとも因果なものだと言ったと。

今井「それが堺の商人の戦なのです」

 

その後、官兵衛は鐘の音と歌声にひかれて、キリシタンのお祈りしている所へ行きました。

武士・農民・商人などいろいろな身分の人が祈っています。

宣教師のルイス・フロイスが英語で話し、通訳して信者に伝えていました。

「おん神、デウスの元では、身分の差はありません。

ここでは皆、同じキリシタンです」

キリシタンの3つの掟は、デウスを信じる事、デウスの救いを望む事、我が身を思うが如く隣人を大切に思う事。

「そうすれば、この世から争いはなくなるでしょう」

これも官兵衛の知らない世界でした。

 

官兵衛「世界は広い。とてつもなく広い・・・俺には分からない事ばかりだ」

そう痛感し、目は輝いていました♪

岡田さん、とても演技、良かったと思います♪(^^)

悩む姿や怒る姿、最後に目の前が開けて目を輝かせる姿♪

とても素敵で、少年らしく、生き生きしていました♪(^^)

 

順番前後しますが、竹中半兵衛(谷原章介)が難攻不落の稲葉山城をたった17人で落としたとの事。

竹中半兵衛や信長・藤吉郎は、官兵衛にとっても後に大切な人なので、これからも時折、状況が出てくるでしょう。

半兵衛は、城を渡せば美濃半国を与えるという信長の誘いを蹴って、追い出した筈の主君、斉藤龍興にあっさり城を返したとの事。

半兵衛の謀反は、酒色に溺れた主君を勇めるためだったから。

官兵衛のたった2人の家臣、母里武兵衛(永井大)と栗山善助(濱田岳)が、それを伝え聞いて、分からないと首を傾げました。

「半兵衛という男、分からん。面白い」

「欲がないのか? 面白い」

などと言い合っていたのに、この頃はまだ、官兵衛はおたつの事で意気消沈している時だったので、全然、上の空で笑えました(^^;)

 

こんなに落ち込んでいたのに、次回は早くも官兵衛、結婚するようです(汗)

次回は、「新しき門出」

最愛の正室・光(てる)(中谷美紀)の登場、楽しみです♪(^^)

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区。ビデオリサーチ調べ)

第1回]18.9% (関西23.0%)   [第2回]16.9% (関西17.8%)

[第3回]18.0% (関西18.3%)

 

【第3回あらすじ】 (Yahooテレビより)

政略結婚の宴席を宿敵・赤松家が急襲し、おたつ(南沢奈央)は官兵衛(岡田准一)の腕の中で息絶えた。怒りと絶望のあまり復讐(ふくしゅう)心に駆られる官兵衛だったが、祖父・重隆(竜雷太)が「命の使い方を考えろ」と諭す。ふさぎ込む息子を見かねた職隆(柴田恭兵)は、官兵衛を武兵衛(永井大)、善助(浜田岳)と共に堺へ鉄砲の買い付けの旅に送り出す。その道中、官兵衛らは山賊に襲われるが、荒木村重(田中哲司)という浪人に助けられる。先進商業都市・堺を村重に案内された官兵衛が見たものは、さまざまな商店が立ち並んでにぎわい、道には商人や南蛮人たちが行き交う活気にあふれた街だった。官兵衛らはその様子に驚く。村重は官兵衛に堺の豪商・今井宗久(小西博之)を紹介して去っていく。

 

公式HP・次回あらすじ

 


軍師官兵衛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) (本・雑誌) / 前川洋一/作 / NHKドラマ制作班←これ、買いました♪

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ   

できればクリック、お願いします♪(^^)

2014年1月19日 (日)

【戦力外捜査官】第2話感想と視聴率

「迷コンビは仮病で病院へ潜入! 2つのケーキの謎は解けるか?」

第2話の視聴率は、初回の13.3%より微減の13.1%(関東)でした。

裏に、松本清張ドラマSP『三億円事件』(14.5%)がありましたが、殆ど下がらなくて、良かったです♪

第2話、普通に面白かったです♪(^^)

ケーキを3回切って8等分する方法、なんとかギリギリ分かりました♪(^^)

4つに切ってから、今度は横に切る。

これはレアチーズケーキだからいいけれど、上の飾りが豪華なケーキだと、上の人と下の人、かなり差がでそうです(^^;)

金城「真実は1つ おっぱいは2つ」と、千波「真実は1つ ケーキは2つ」。

ちょっと連想、無理があるかも?(笑)

でも、ケーキが2つあったのも大事なヒントでした。

3週間前から入院してた北里(野間口徹)刑事、誰もここに入院してたの知らなかったなんて気の毒でした(^^;)

彼が1話遅れて登場して、海月千波(武井咲)が戦力外だという事を知らなくて、18係に来た警部と聞いて、千波と設楽の捜査に協力してくれました♪

後で、同僚から微妙な雰囲気で見られたのが面白かったです(笑)

次回は、冒頭からちゃんと戦力外だと分かっているかな?(^^;)

それとも、これからも設楽と一緒に仲間になって捜査してくれるでしょうか?

 

千波、最後にまた犯人でない赤瀬理事長(大河内浩)に手錠をかけてしまいました(笑)

手錠かけるの、毎回、このパターンで行くのかな?(笑)

私は好きですが、毎回だと飽きるかな?

それともお決まりのパターンになって好意的に受け入れられるでしょうか?

どちらに転ぶか、まだ分かりません(^^;)

ただ、警察に自首するという看護師・有里を彼らが引き止めて、自殺に追い込んだみたいな気がするので、手錠をかけたくなる気持ちは分かります(^^)

でも、とりあえず、理事長は医療ミスを隠ぺいしただけで、この自殺については罪を犯してないので、やはり手錠はまずいでしょうね(^^;)

 

今回はさすがに、手錠の件、川萩警部(八嶋智人)、井上管理官(小籔千豊)に報告しなかったようです(^^;)

自分が処分されるのは困るから(^^;)

 

事件の真相を簡単に追います。

自宅で遺体が見つかった看護師の平野有里(村瀬葵)、18係の皆は自殺を装った他殺の線で捜査しましたが、千波達の捜査の結果・真相は、ただの自殺でした。

1ヶ月前に赤瀬病院に不整脈の検査で入院していた患者・牧浦ひかりさんが心筋梗塞で亡くなりました。

彼女の担当だった有里の医療ミスによる死でした。

有里は、落ち込み、赤瀬病院でただ一人、ひかりのお葬式に行きました。

そして、警察に自首しようとしましたが、赤瀬隆一郎(窪塚俊介)が懸命に止めました。

有里が自殺した日は、ひかりの誕生日でした。

有里の部屋に2つのレアチーズケーキがあったうちの1つ、ゴミ箱に捨てられていた「グラディバ」のは、隆一郎が持って来たもの。

そして、もう一つの「サンモワージュ」のは有里が自分で買ってきた物でした。

ひかりが入院中、よく見ていた雑誌に「退院したら絶対に食べる」と書き込みされていたので、そのレアチーズケーキを有里がひかりのために買ってきたのでした。

でも、赤瀬隆一郎がケーキを持って来て、警察に自首しないよう頼みました。

彼女は絶望して、そのケーキをゴミ箱に捨て、睡眠薬を飲んで手首を切って自殺しました。

有里の自殺後、再び彼女の家を訪れて自殺を知った隆一郎は、現場にあった遺書を持ち帰りました。

それを理事長が隠し持っていました。

隆一郎が自殺にみせかけて殺したと疑われた時に、ようやくそれを見せました。

 

<有里の遺書>

「ひかりさん

ごめんなさい 私もいきます

             有里 」

 

赤瀬「我々には何の落ち度もないんだ。

 平野有里は、ただ勝手に薬剤の量を間違えて、勝手に自殺をしたんだ。

 分かっただろう」

千波「そうです。有里さんは自殺です。

 隆一郎さんが帰った後、有里さんは絶望して発作的に睡眠薬を飲み、手首を切ったんです。

 では、どうして遺書を隠したんですか?

 有里さんが医療ミスをしたと分かったら病院の評判が落ちると思ったからじゃないんですか?」

赤瀬「何を言い出すんだ」

千波「有里さんが警察に行くのを止めたのも病院のためですよね?

 あなた達は病院の事しか考えてないですよね」

赤瀬「何も分からない素人が勝手な事言うんじゃないよ!」

千波「素人だから病院に期待するんです。

 患者は検査の対象なんかじゃないんです。人間なんです」

赤瀬「必要があるから検査をしたんだ。 そのどこが悪い」

千波「私と設楽さんが入院した時、検査に何の説明もなかったですよね?

 あなた達は患者がどれだけ不安なのか分かってないんです。

 患者の不安な気持ちを分からないから、有里さんの気持ちだって分からないです。

 人の命を救うなんて無理です!

 有里さんを殺した本当の犯人はあなたです!」

 

千波、双葉のポケットから手錠を出して、赤瀬理事長にかける。

初回と同じように、双葉と設楽が鍵がなくて、慌てる(笑)

 

この2人が有里を追いつめたみたいで、悪者みたいに見えたので、手錠をかけた時はすっきりしました♪

でも、有里さん、自殺する位なら、その前に、自分の医療ミスをひかりさんの母に話して謝って欲しかったです。

ケーキを買って、自分の自宅で手を合わせるのではなく、ひかりさんの家のご霊前に供えてほしかったです。

死ぬのはその後でしょう。

 

ひかりさんの死亡した日の改ざんされたカルテも見つかったので、もし、遺族が医療ミスで病院を訴えれば勝てるかもしれませんね?

医療ミスは軽い感じで終わりましたが・・・

あんな何でもかんでも検査漬けな病院には行きたくないです(汗)

千波は仮病だったのに、すぐに仮病だと分からないで検査だらけなんて(^^;)

 

次回は、設楽刑事が何者かに殴り倒されて、その動画がネットに・・・(汗)

次回は、千波が一人で捜査するのでしょうか?

北里さん、次回も協力してくれますように☆(^^)

 

尚、日本テレビは、今、キャンペーン中で、この『戦力外捜査官』と『明日、ママがいない』は、放送終了後1週間以内なら無料で動画が見られるそうです。

日本テレビ・無料見逃し配信(1週間以内のみ)

 

【視聴率推移】 (関東地区。ビデオリサーチ調べ)

第1話]13.3%   [第2話]13.1%

 

【第2話あらすじ】 (Yahooテレビより)

看護師・有里の遺体が自宅で見つかる。新任の井上管理官(小籔千豊)が、千波(武井咲)と設楽(TAKAHIRO)を捜査から外す中、現場に急行した大友(徳重聡)と双葉(木下隆行)は自殺を装った他殺とにらむ。病院院長・源一(大河内浩)と、息子で医師の隆一郎(窪塚俊介)によると、有里は熱心な看護師だったという。一方、千波が腹痛を訴えて源一の病院に入院。それが仮病だと気付いた設楽が急性胃炎になってしまい...。

 

【主要キャスト】

海月千波(23)・・・武井咲

設楽恭介(28)・・・TAKAHIRO (EXILE)

川萩剛(44)・・・八嶋智人

大友洋(33)・・・徳重聡

双葉大介(41)・・・木下隆行

森山薫(41)・・・濱田マリ

北里亮介(37)・・・野間口徹

関川直樹(28)・・・渋谷謙人

中西文彦・・・手塚とおる

田淵亜利砂・・・水沢エレナ

井上信光(47)・・・小籔千豊

小早川安博(51)・・・佐野史郎

海月健夫・・・伊吹吾郎

海月桃子・・・YOU

越前憲正(55)・・・柄本明

金城新十郎(64)・・・関根勤

金城斗志美・・・北川弘美

<第2話ゲスト>

赤瀬 源一(赤瀬病院理事長)・・・大河内浩

赤瀬 隆一郎(源一の息子・医師)・・・窪塚俊介

吉村 春美(赤瀬病院看護師)・・・小林きな子

平野 有里(赤瀬病院看護師)・・・村瀬葵

牧浦 美奈子(ひかりの母)・・・由夏

牧浦 ひかり(心筋梗塞で病死)

 

公式HP・次回あらすじ

 

冬ドラマ視聴率一覧(2)と寸評(2014年1~3月期)

 


【送料無料】Love Story(CD+DVD) [ EXILE TAKAHIRO ]

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できればクリック、お願いします♪(^^)

2014年1月18日 (土)

ネタバレ【ごちそうさん】第16週日別粗筋(1/20~1/25)

1月22日(水)のスタパにムロツヨシさん(竹元教授役)が出演♪

1月25日(土)、「初天神梅花祭」で、前田亜季さん(親友の桜子役)が福玉まきに参加するそうです。

・日時:1月25日(土)午前11:00~

・場所:大阪天満宮(大阪市北区天神橋2-1-8)

 

これは、来週(第16週)「汁(つい)の棲(す)み家(か)」の日別のあらすじです。

今度こそ、和枝(キムラ緑子)さんが再登場♪(^^)

希子が川久保との祝言を挙げると見せかけて、め以子と悠太郎の祝言を準備。

そして、土曜、正蔵さんが心配です。。。

1月27日(月)に、月日が飛んで、子供達のキャストが替わります。(詳しくはこちらです)

 

<日別あらすじ 第16週(第91~96回)(1/20(月)~1/25(土))> (Yahooテレビより)

第91回[1/20(月)]

正蔵(近藤正臣)が倒れ、め以子(杏)は食事に気を遣う。食べたいものを尋ねると、静(宮崎美子)に怒られるという返事。それは先妻の得意料理、柿の葉寿司(ずし)だった。め以子は、さっそく柿の葉とさばを調達し、静や子どもたちと一緒に作ってみるが、思いどおりにできない。何度も作りすぎて正蔵も飽きてしまう始末。一方、希子(高畑充希)は川久保(茂山逸平)に正蔵のことを相談するうちに、思いがけない申し出を受ける。

第92回[1/21(火)]

め以子(杏)は、手土産のぬか壺(つぼ)を抱え、和枝(キムラ緑子)の嫁ぎ先を訪ねる。和枝に、柿の葉寿司(ずし)の作り方を教えてほしいと頼むが、あっさり断られる。希子(高畑充希)が川久保(茂山逸平)を家に連れてきた。正蔵(近藤正臣)が結婚を許し、一同は希子の幸せを喜ぶ。希子は使われなかっため以子の花嫁衣裳を借り、家で祝言を挙げたいという。め以子は和枝を手本に祝言をきちんと取り仕切ろうと奮起する。

第93回[1/22(水)]

め以子(杏)は、正蔵(近藤正臣)から西門家の祝言のしきたりを教えてもらい、何の魚を出すかに才覚が問われると聞く。希子(高畑充希)は、倉田(綾田俊樹)とともに和枝(キムラ緑子)に出席を頼みに出向く。兄弟姉妹そろって、との希子の願いに、和枝は「め以子がいなければ」と条件をつける。め以子は当日は表に出ず、台所を受け持つと申し出る。それを聞いた和枝は、家の前の柿の葉が残っていたら出席すると返事をしてくる。

第94回[1/23(木)]

希子(高畑充希)の祝言の日、和枝(キムラ緑子)から大量の柿の葉寿司が届く。そして和枝が「亡き母の名代だ」と言って妹たちとともに登場。正蔵(近藤正臣)は、和枝のきちんとした挨拶に体裁が悪い。め以子(杏)は準備におおわらわ。この日のための魚を用意するが、種類はなぜかバラバラだ。川久保(茂山逸平)の家族が来ないまま、祝言が始まり、支度ができていない希子と川久保が登場。希子の驚くべき計画が明かされる。

第95回[1/24(金)]

め以子(杏)と悠太郎(東出昌大)の祝言が、なごやかに進む。め以子は、希子(高畑充希)のために整えたバラバラの種類の魚の意味を説明する。和枝(キムラ緑子)は、相変わらず厳しい。客が帰り、め以子たちは和枝の柿の葉寿司(ずし)を食べる。翌日、正蔵(近藤正臣)が再び倒れた。め以子は料理に腕をふるい、子どもたちも喜ばせようと一生懸命だ。自分をはがゆく感じる悠太郎に、竹元(ムロツヨシ)がある提案をする。

第96回[1/25(土)]

悠太郎(東出昌大)は、竹元(ムロツヨシ)から地下鉄の工事現場に正蔵(近藤正臣)を招くように言われ、戸惑いながらも、親子2人の時間を過ごす。悠太郎が技術者としての良心を持ち続けることが、正蔵の願いだ。その夜、正蔵は地下鉄のことを語りながら、上機嫌で、め以子(杏)のスープを飲む。寝る前に静(宮崎美子)につくづくと幸せだと語り、「ごちそうさんな人生」だと言う。翌朝、正蔵は起きてこず、悠太郎はかけつける。

 

『ごちそうさん』日々の視聴率一覧(ドラマ楽園)

関西の先週の視聴率一覧(くらのすけさんのブログ)

関東の先週の視聴率一覧(ビデオリサーチ)

 

「今年もウマい『ごちそうさん』」よりネタバレ・子供キャスト

 

公式HP・め以子のごはん帳・目次(牛すじカレーなど)

 

次回朝ドラ「語り」に美輪明宏さん決定♪&『花子とアン』人物表(2013.10.24)

朝ドラ史上初 外国人ヒロイン『マッサン』(2014年後期)(2013.11.18)

 

【日別あらすじ】 (Yahooテレビの粗筋まとめ)

第7週(第37~42回)(11/11~11/16)「たいした始末」

第8週(第43~48回)(11/18~11/23)「ごめんなすって」

第9週(第49~54回)(11/25~11/30)「君をあいス」

第10週(第55~60回)(12/2~12/7)「祭りのハーモニー」

第11週(第61~66回)(12/9~12/14)「大嫌いっていわしたい」

第12週(第67~72回)(12/16~12/21)「ごちそうさんまでの日々」

第13週(第73~78回)(12/23~12/28)「ふくが来た!」

第14週(第79~84回)(1/6~1/11)「アイスる力」

第15週(第85~90回)(1/6~1/11)「今日でおわカレー」

 

【過去レビュー】 (感想と詳細あらすじ)

第8週(11/18~11/23)「ごめん茄子って」&第7週視聴率

第9週(11/25~11/29)「君を愛す」&第8週平均視聴率22%超え♪

第10週(12/2~12/7)「祭りのハモニカ」&第9週視聴率好調♪

第11週(12/9~12/14)「大嫌いって鰯たい」&第10週視聴率

第12週(12/16~12/21)「ごちそう秋刀魚・鍋底大根」&第11週視聴率

第13週(12/23月~12/26木)&前半感想&第12週視聴率

 

 


ゆず/雨のち晴レルヤ/守ってあげたい 連続テレビ小説「ごちそうさん」OPソング 【CDシングル】


【送料無料】 NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」公式レシピブック / NHKドラマ制作班 【単行本】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

できればクリック、お願いします♪(^^)

【明日、ママがいない】第1話感想と視聴率好発進♪

初回視聴率は14.0%(関東地区)で、好発進でした♪

内容、予想外にとても良かったです♪

私は子供が苦手なので、学芸会のようなドラマになるのではと期待していませんでしたが、芦田愛菜ちゃんを始め、子役達が皆、驚くほどうまいし、内容も漫画チックですが、綺麗事ではなくて、良かったです♪

私は、見る前、Dランクにしていましたが、一気にAランクに格上げしました♪

もしかしたら、このドラマ、化けるのではないかとすら思っています♪(^^)

ただ、かなりショッキングな内容だったので、賛否両論で、ドラマを中止しろという抗議もあるようです(汗)

国内唯一の赤ちゃんポストを運営する慈恵病院は、ドラマ内に「ポスト」という仇名の子がいる事などから、子供達への謝罪や放送の中止などを求める意向を明らかにしたそうです(詳細はこちらのニュース参照)。

最終回まで見られるかどうか、違う意味でも気になります(^^;)

「同情するなら金をくれ」の『家なき子』みたいだと思ったら、同じ野島伸司さんが脚本監修でした(脚本は松田沙也さん)。

でも、批判が多かったせいか、公式HPから野島伸司さんの名前が消えました(汗)

(詳細はこちらのニュース参照)

逃げたかな?(^^;)

でも、批判を覚悟に、こういうショッキングな内容であえて勝負するのは、野島さんらしいと思いますが、予想以上だったのかな?(^^;)

脚本の松田沙也さんは、ご自身のツイッターで、「このフィクションを通して、まずは子供達に興味を持ってもらうこと、そして彼女達が問題に立ち向かう姿を見た同年代の子供達にも少しでもプラスの感情を抱いてもらえればと思います」と返答しているそうです。(こちらより)

 

このドラマ、三上博史さんが、食事前の子供達に泣く演技をさせたり、「おまえ達はペットショップの犬と同じだ」などと、ショッキングなセリフもあり、かなり常識外れです(汗)

でも、そういう作戦もいいかもしれないと思えます。

それにこの人が一番、子供達に愛情がありそうで、薄っぺらな愛情を振りかざさないところが好きです♪

こういう癖のある施設長の役、三上博史さん、ぴったりですね♪

足を引きずって歩き、常にステッキを手にしていて、「魔王」の仇名で、いかにも漫画っぽいです。

これは、児童養護施設(グループホーム)「こがもの家」を舞台に、子供達の目線から「愛する事」「愛される事」とは何かをテーマにしたドラマだそうです。

施設の子供達にはニックネームがあります。

主役のポスト(芦田愛菜)は、赤ちゃんポストに捨てられたから「ポスト」。子供達のリーダー格です。

コインロッカーに捨てられた人(三浦翔平)もいて、「ロッカー」。もう大人で施設で働いていますが、喋りません。

そして、初回、新たに施設へ連れて来られた真希(鈴木梨央)は、母親が付き合っていた男を鈍器で殴ったので、「ドンキ」という仇名になります。

子供って結構、残酷だし、ありそうな仇名ですが、実際にこんな仇名をつけられたら、いじめでしょうね(^^;)

でも、ドラマでは、本人は親から貰った名前を捨てて、自らこの仇名で呼ばれる事を望みます。

まず、第1話の内容です。

 

【第1話あらすじ】 (公式HPより)

母親の涼香(酒井美紀)が事件を起こして警察に逮捕されてしまったため、 一軒の児童養護施設に預けられることになった少女・真希(鈴木梨央)。
真希は、児童相談所職員の叶(木村文乃)から不気味な風貌の男・佐々木 (三上博史)に引き渡され、“コガモの家”という名の施設に連れて行かれる。
佐々木が施設長を務めるコガモの家は、不穏な雰囲気を漂わせる場所。
そこで真希は、3人の少女と出会う。
みんな、それぞれの事情で実の親と暮らせなくなった子供たちだった。
子供たちは本当の名前を名乗らず、あだ名で呼び合っていた。
ピアノが上手なピア美(桜田ひより)、家が貧しいボンビ(渡邉このみ)。
そして、ポストと呼ばれる少女(芦田愛菜)。
圧倒的な存在感を放つポストは、子供たちのリーダー的存在でもあった。
ポストは、真希がコガモの家に来た事情を知っていながら、気遣いのない言葉を投げかける。そんなポストに、真希は反発するのだった。
そんな中、ポストを引き取りたいと希望する夫婦が現れる。
子供と里親の縁組みが決まるまでには、何度かその家庭で過ごしたりしながら
本当に家族になれるかどうか見極める“お試し”の期間があった。
ポストは、その夫婦の家で“お試し”として過ごすことに。
里親候補は、細貝(西村和彦)とその妻・晴美(櫻井淳子)。
細貝夫婦は裕福で、理想的な里親のようだった。
良い里親に引き取ってもらって新しい家族と幸せになりたいと願う子供たちに違和感を覚える真希。それが本当に求める幸せなのか、と。
真希は、ただ一人、涼香が自分を迎えに来てくれると信じていたが…。

* * *

 

ビア美(桜田ひより)達の目標は、いい家に貰われて、誰よりも幸せな生活をする事。

ボンビ(渡邉このみ)の夢は、アンジェリーナ・ジョリーとブラット・ピットの養子になる事。

ダイフク(田中奏生)は、小さなラーメン屋に貰われて行きました。

一度、帰ってきてしまいましたが、それで絆が深まった感じでした♪

ポストがお試しに行った夫婦は、一見、裕福な家庭でしたが、夫が浮気をしていて、妻は夫を繋ぎ止めるため、娘が欲しかったらしく、異常で、里親は中止になりました(汗)

 

まず、私が斬新だと感じた施設長の佐々木(三上博史)のセリフを書きます。

でも、そのセリフは関係者からは批判をあびたでしょう(汗)

 

佐々木は、朝食の前に子供達に「泣け」と言いました。

「どうした? 芸の一つもできないのか。

そんな事じゃ、貰い手はつかんぞ。

いいか。ここにいるおまえ達はペットショップの犬と同じだ。

ペットの幸せは飼い主で決まる。

飼い主はペットをどうやって決める?

可愛げで決める。

時に心を癒すように可愛らしく笑い、時に庇護欲をそそるように泣く。

初対面の大人を睨みつけるようなペットなんざ、誰ももらっちゃくれない。

犬だって『お手』くらいの芸はできる。

分かったら泣け。

泣いた奴から食っていい。やれ」

 

子供達は、皆、泣きましたが、新入りの真希は逆らいました。

真希「私、犬じゃありません」

佐々木「じゃ、猫か?」

ポストが「ニャア」と鳴き真似をする。

佐々木「おい。見本、見せてやれ」

ポスト「いくらで?」

佐々木、杖で床を叩く。

ポスト、泣く。

さすが、愛菜ちゃん、演技、とてもうまいです♪(^^)

 

ある時、真希が「ポストの癖に」と言ったので、ポストが手を出して喧嘩になりました。

その時、佐々木はどちらが先に手を出したか、聞きました。

ポストが手を挙げたので、佐々木は平手打ちしました。

「いいか、よく聞け。

おまえ達は、でかいミソがついてんだ。

親から捨てられた子供。それだけで十分、色眼鏡で見られる。

世間は可哀想と思ってくれるかもしれない。

でも、それは一時的な同情。

無関係だから抱ける感傷だ。

子供を可哀想と思ってる自分によってるだけだ。

ミソ付きのおまえらが誰かに手を挙げてみろ。

あっという間に手の平返しで『これだから親のいない子は』となる。

そうなったら最後、おまえらの人生・・・詰むぞ。

先に手を出した方が負けだ」

ポストは、水を入れたバケツを持って、風呂場に立たされました。

 

佐々木の言葉、厳しくて気の毒ですが、一理あると思います。

佐々木は、いつも子供達に厳しいですが、彼自身も何か暗い過去がありそうです。

 

「人間に煩悩は108つあるらしい。

あと・・・何人だ。あと何人で108人になる?

あと何人で俺は自由になれる?

そしたら・・・俺は・・・」

 

どんな過去があるのでしょうか?

彼、本当は一番、子供達の事を思っていそうな気がします♪

 

真希が待ちかねた母が施設に来ましたが、それは真希を引き取るためではなく、捨てるためでした。ここにいるようにと。

殴った男と一緒に暮らすそうです。真希は邪魔のよう(汗)

真希はとてもショックを受けましたが、それはポストの予想通りでした。

ポスト「1月18日、今日、あんたがママに捨てられた日だ」

真希「違う」

ポスト「そう、違う。

 今日、あんたが親を捨てた日にするんだ。

 失恋は自分から振らないと後を引く。

 私だって目の前に親がいたら自分から捨ててやりたい。

 でも、捨てる親なんていない。だから私は名前を捨てた。

 唯一、親が残したのがそれだったから。

 私と一緒に名前を書いた紙が入ってた。1枚ペラっと。

 親から貰った名前なんて、もういらない」

 

2人は真希の家に行きました。

母親と男のいちゃつく声が聞こえてきて・・・

真希は母の香水の瓶を窓に投げつけ、2人で走って逃げました。

帰り道で、ビア美とボンビに会い、一緒に帰りました。

もう日が暮れてしまい、4人は佐々木に叱られ、バケツを持って立たされました。

立たされながらも、真希は嬉しそうに微笑みました♪

真希「なんかママいなくなっちゃったけど、友達はできたんだなって思って」と微笑む♪

ポスト「うわっ。かゆっ」

真希「私の名前は今日からドンキ」

 

真希は、自ら親を捨てる覚悟ができたようです。

今迄も酷い親だったから、友達ができただけでもいいかもしれません。

今回は、芦田愛菜ちゃんと鈴木梨央ちゃんが中心でしたが、2人とも本当に演技うまいですね。

2人がうまいのは前から知っていましたが、愛菜ちゃん、もう大女優の貫禄がありますね(^^)

2人以外の子役も可愛かったです♪

特に、パチ(五十嵐陽向)とダイフク(田中奏生)君、可愛かったです♪

第2話も楽しみです♪(^^)

 

尚、日本テレビは、今、キャンペーン中で、この『明日、ママがいない』と『戦力外捜査官』は、放送終了後1週間以内なら無料で動画が見られるそうです。

日本テレビ・無料見逃し配信(1週間以内のみ)

 

【脚本監修】 野島伸司 

【脚本】 松田沙也 

【主題歌】 「誰か私を」 コトリンゴ (commmons)

 

【主要キャスト】

ポスト(9歳)・・・芦田愛菜
ドンキ(真希)(9)・・・鈴木梨央
ボンビ(9)・・・渡邉このみ
ピア美(9)・・・桜田ひより

ロッカー(21)・・・三浦翔平(コガモの家職員。卒業生)
水沢叶(25)・・・木村文乃(児童相談所職員)
オツボネ(17)・・・後寿々花(コガモの家の子供)

東條祐樹(28)・・・城田優
謎の女性(40)・・・鈴木砂羽(弁当屋勤務)

佐々木友則(48)・・・三上博史(コガモの家の施設長)

 

公式HP・人物相関図

公式HP・次回あらすじ

 


【送料無料】誰か私を [ コトリンゴ ](CD)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪(^^)

2014年1月17日 (金)

冬ドラマ視聴率一覧(2)と寸評・感想(2014年1~3月期)

冬ドラマ視聴率一覧(2)(2014年1~3月期)  【1/21 (火)迄】

字数制限のため最新版はこちらです

タイトル123開始日期待
6 月8 隠蔽捜査 8.2 7.2 - 1/13 B
8 月9 失恋ショコラティエ 14.4 12.7 - 1/13 B
8 火9 福家警部補の挨拶 14.2 11.5 - 1/14 C
8

火10

チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮

12.9 13.0 12.6 1/7 B
5 水9 相棒12 (元日SP19.6%) 16.2 18.6 - - B
4

水10

明日、ママがいない 14.0 - - 1/15 A
8

水10

僕のいた時間 11.2 9.4 - 1/8 C
5 木8 科捜研の女 13.1 - - - B
6 木9 Dr.DMAT 7.9 7.2 - 1/9 B
5 木9 緊急取調室 12.5 13.4 - 1/9 A
8

木10

医龍4 11.6 12.8 - 1/9 B
6

金10

夜のせんせい 10.6 - - 1/17 B
5

金11

私の嫌いな探偵 10.0 - - 1/17 B
4 土9 戦力外捜査官 13.3 13.1 - 1/11 A
8

土11

ロストデイズ 7.1 5.8 - 1/11 D
6 日9 S-最後の警官- 18.9 15.2 - 1/12 B

局は、4:日本テレビ、5:テレビ朝日、6:TBS、8:フジテレビ。

期待度は5段階。A:とても期待、B:まあまあ期待、C:良作だと思うが見ない、D期待薄、E:見ない予定)

 

<1/22(水)>

福家警部補の挨拶』初回の14.2%より急落して、第2話11.5%でした。

「やはり」という気がします(^^;)

主役のキャラ、あまり面白みがなく、古畑のように、最初から犯人が分かっているタイプなので、推理の楽しみも少ないです(汗)

ゲスト犯人の富田靖子さんは熱演でした♪

チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』前回の13.0%より少し下がり、第3話12.6%でした。

南沢奈央さんの話は良かったですが、肝心な行方不明の立花先生(宅間孝行)の話は、あまり進みませんでした(汗)

白鳥(仲村トオル)さんに送られてきたAI画像は、彼の物らしく、もう亡くなっていそうです。

この病院の誰かが送ってきたとの事でした。

誰でしょう?

母の桜宮華緒先生(相築あきこ)かな??

巌雄先生(柳葉敏郎)、監視カメラの方、見てたし・・・(^^)

NHKの『紙の月』前回の6.2%より上がって、第3話8.0%で、最高視聴率でした♪

 

<1/21(火)追加>

『失恋ショコラティエ』第2話、初回より下がって、12.7%でした。

『隠蔽捜査』第2話も初回より下がって、7.2%でした。

どちらも次回、持ち直すかどうか注目です。

 

<1/20(月)追加>

表にないですが、NHKの『足尾から来た女(前編)』10.1%でした。

2桁とは、いい視聴率でした♪

金曜のテレビ東京の『三匹のおっさん』初回11.6%でした。

テレビ東京は写らない地方も多いし、視聴率発表も遅い事が多いので、表に入れていません。

松本清張二夜連続ドラマスペシャル『三億円事件』14.5%と、高視聴率でした♪

その裏の『戦力外捜査官』、これに食われるかと思いましたが、第2話13.1%で、初回より僅かに下がっただけで、ほっとしました♪

視聴者層が違ったのかも??

第2話も普通に面白かったです♪(^^)

詳しくはレビューを書きました♪

 

S-最後の警官-』初回は18.9%と今期一番でしたが、第2話15.2%と、かなり下がってしまいました(汗)

裏の松本清張ドラマSP『黒い福音』(14.0%)に少し食われてしまったかもしれません(汗)

次回、持ち直すかどうか、注目しています。

綾野剛さんの射撃に任せておけば、殺さなくてもスイッチのスマホを撃ったりして、もっと早く解決していたと思いますが・・・(^^;)

向井理さんが早期解決を邪魔している感じで、「早くどけよ」と思ってしまいました(汗)

結局、別の人が撃ちました。

本当の敵「M」との繋がりを知るためには、犯人を殺さなくて良かったと思います。

綾野剛さんも何かの事件で家族を殺されたのかな?

いろいろ謎が提示された回でした。

 

『私の嫌いな探偵』初回10.0%で、2桁発進で好スタートでした♪

前作『都市伝説の女2』(最高8.4%)、前々作『警部補 矢部謙三2』(最高8.8%)でそれらよりいいです。

剛力彩芽さんと玉木宏さんと人気の2人で、主役の違いかもしれません(^^)

内容は、かなり軽い演出で、これは好きな人と馴染めない人と好みが分かれるかも?(^^;)

軽い話でしたが、主な事件は、初回だけで終わらず、次回に続くとなってしまいました(汗)

この手のドラマは、スピード感を持って事件を解決させてほしいです。

 

『夜のせんせい』初回10.6%でした。

水商売をしていた観月ありささんが定時制の高校教師になりました。

香里奈さん主演のホステスが高校教師になった『美咲ナンバーワン!!』と、日本人学校のドラマ『 日本人の知らない日本語』を足して、定時制高校にした感じでした(^^;)

定時制は大人が生徒で、いろいろな職業の生徒がいるので、ドラマを作りやすいと思います。

良くも悪くもなく、普通でした。

 

<1/17(金)>

『科捜研の女』が再開しました。第9話13.1%で、好調です♪

これが再開されたので、NHKの『鼠、江戸を疾る』第2話7.0%と、初回9.8%より急落してしまいました(汗)

 

『緊急取調室』第2話13.4%で、初回より上がりました♪

私もこれ、好きです♪(^^)

第2話、殺人犯だと思われた林家正蔵さん、娘の心臓移植をやって貰うために、殺人犯の身代わりになっていた事が分かりました。

真犯人は、臓器移植の名医。

でも、娘の手術日まで待たずに逮捕しました(汗)

これは仕方ないですね。

別の医者が移植してくれる事になり、良かったです。

天海さんが2人の子持ち、結構、似合ってるかも?(^^)

 

その裏の『Dr.DMAT』第2話7.2%で、初回より少し下がりました。

大倉忠義君、火災現場で、加藤あいさん、大事な人なのに、彼女ではなく別の人を選んでしまいました(汗)

妹の時とは違って、覚悟の上の選択なので、辛かったことでしょう(汗)

でも、助かって良かったです(^^)

『医龍4』第2話、通常の時間帯に戻って、初回より上がり、12.8%でした♪

これは、無難なお話でした(^^;)

 

--- 冬ドラマ視聴率一覧(1)より --- 

<1/16(木)>

『明日、ママがいない』初回14.0%で、高視聴率でした♪

これ、「同情するなら金をくれ」みたいだなと思ったら、同じ野島伸司さんが脚本監修でした(脚本は松田沙也さん)。

私は子供が苦手なので、期待度Dにしてましたが、これ、化けるかも??

一気にAに上げました♪(^^)

国内唯一の赤ちゃんポストを運営する慈恵病院は、ドラマ内に「ポスト」という仇名の子がいる事などから、子供達への謝罪や放送の中止などを求める意向を明らかにしたそうです(詳細はこちらのニュース参照)。

批判が多かったせいか、公式HPから野島伸司さんの名前が消えました(汗)

三上博史さんが、子供達に泣く演技をさせたり、ショッキングなセリフも多くて、賛否両論、話題を呼びそうです。

その裏の『僕のいた時間』第2話9.4%と、10%を切ってしまいました(汗)

このまま、ずっと『明日、ママがいない』の陰に隠れてしまうのか、次回、持ち直すか、注目しています。

『相棒12』第12話18.6%で、やはり強いです♪(^^)

 

<1/15(水)>

『福家警部補の挨拶』初回14.2%と、高視聴率でした♪

これ、古畑任三郎やコロンボのように、先に犯人が分かるタイプの刑事ドラマです。

こういうタイプの話はキャラが大事だと思いますが、主役の檀れいさんのキャラ、私はイマイチでした(^^;)

鑑識係の柄本時生君のキャラはいいので、もう少し彼が絡んで一緒に捜査してほしいです。

期待度Cに下げました(^^;)

『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』第2話、初回より少し上がって13.0%でした。

初回より上がって良かったです♪

前回は早すぎたので、始まるのを知らなかった人も多かったかもしれません(^^;)

 

<1/14(火)>

『S-最後の警官-』初回18.9%で、とても高かったので、じぇじぇじぇでした♪

今のところ、今期これがトップです♪(2クールの『相棒12』と『科捜研の女』を除く)

主演の向井理さんと綾野剛さんがとてもカッコ良かったです♪

ただ、それだけのドラマでした(^^;)

 

 

冬ドラマ視聴率一覧(1)と寸評・感想(2014年1~3月期)

冬ドラマ紹介(2014年1~3月期)

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪(^^)

2014年1月16日 (木)

大地真央さんの『コンダーさんの恋』を見ました♪

昨日(1/15(水))、明治座大地真央さん主演の舞台『コンダーさんの恋~鹿鳴館騒動記~』を見てきました。

その感想を少し書きます。

昨日、風邪で半日寝てたので、大丈夫か心配でしたが、今日は体調万全♪

その上、雪が降るとの天気予報でしたが、私の願いが通じたのか、雪も降らず、交通機関も乱れなくて良かったです♪å

私は、明治座、初めてでしたが、客層が結構、平均年齢が高くて、じぇじぇじぇでした(^^;)

真央さんもこういう所でやるようになってしまったんだなと(^^;)

舞台は、日本舞踊的な着物のダンスがあったり、洋風なダンスもあり、男装での社交ダンスもあり、若い頃とあまり変わりませんでした♪

真央さんは素敵だったのですが、舞台の内容が・・・(汗)

1幕と2幕の間に、お休みがあったのですが、後半、ちょっと寝てしまいました(汗)

一緒に行った友達は、寒くて眠れなかったと言いました(^^;)

ほんと客席、寒かったです(汗)

この日は、この冬一番の寒さだったからかもしれませんが(^^;)

でも、友人は真央さんのファンクラブに入っていて、私も真央さんのファンなのに、それでもその位だから、一般の人ではちょっとどうかな?(^^;)

 

内容は、鹿鳴館を設計したコンダーさんの恋人の前波くめ(菊川流の踊り手)(大地真央)達が、鹿鳴館ができても踊る人がいないので、皆で、山川捨松からダンスを習って鹿鳴館を盛り上げようとする話。

コンダーさんとくめの恋、山川捨松と大山巌の「ロミオとジュリエット」のような恋、勝海舟の三男・梅太郎とピアノが弾ける米国女性のクララ?(名前忘れてしまった)の3組の人達の恋愛も絡みます。

まだ国際結婚が珍しい時代に、くめ達と梅次郎達は国際結婚します。

コメディーなんですが、コネタが多くてイマイチ滑ってるし、話はなかなか進まないし・・・

その他、勝海舟や伊藤博文の奥さんの梅子さんとか、有名人は沢山出てくるんですが、顔見世程度で、ストーリーに深く絡んでいないし・・・(汗)

主な内容は、菊川流の踊りの師匠が、弟子のくめが西洋のダンスを習うのを反対。

師匠は、菊川流をくめに継がせたいと思っていたので、コンダーさんとの国際結婚にも反対します。

でも、結局、どちらも許します。

この大筋はいいですが、脇の話で、大山巌が英語ができない事になっていて、これはじぇじぇじぇでした。

この話では、大山の薩摩弁を皆が分からなくて、捨松が日本語が喋れなくて、大山が捨松にプロポーズするのに、二重の通訳が入ります。

梅太郎が薩摩弁を江戸弁に通訳。クララが江戸弁を英語に通訳してやっと捨松に通じ、笑わせます(汗)

でも、本当は大山は留学経験があるので、英語は流暢な筈で、逆に西洋かぶれだった筈です(汗)

だからこそ、会津人の捨松が仇のような薩摩人でも好きになったと思うのですが、コント風に言葉が通じなくされていたので、残念でした。

 

苦労して開いた鹿鳴館ですが、主に利用されたのは、たった4年だったとの事。

そんなに短かったとは(汗)

そして、最後に、出演者がその後、どうなったのか死ぬまでの説明もしました。

殆どが実在の人物なので、それは少し勉強になりました。

また、『八重の桜』を見ていたので、捨松や大山など同じ登場人物が出てきて、身近でした(^^)

大山が足をスペンサー銃で八重に撃たれたとか(笑)

その他、「今でしょ」とか「おもてなし」とか、今風な流行語もいろいろ取り入れて、面白くなっていました♪

コンダーさんの恋 ~鹿鳴館騒動記~』は、明治座で1月27日までです。

明治座の2月は、元夫、松平健さんと川中美幸さんの特別公演です(^^;)

 


【送料無料】 私ね...。大地真央 / 大地真央 【単行本】


【送料無料】地球ゴージャス プロデュース公演 Vol.12 海盗セブン [ 大地真央 ]


【送料無料選択可!】ローマの休日 / ミュージカル (大地真央他)

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪(^^)

2014年1月14日 (火)

『福家警部補の挨拶』初回のプチ感想などいろいろと・・・

昨日(1/13(月))は、沢山のアクセス、ありがとうございました♪

久々に、楽天、5000超えて、5907HIT/日でした♪

『戦力外捜査官』、とても注目されたようです♪

今日、『S-最後の警官-』のレビューを書きたかったのですが、風邪と頻脈の発作で体調が悪くて、午後2時半頃から7時半頃まで寝てました(汗)

薬のお陰か、とりあえず今は体調、かなりよくなりました。

先程、おじやを作って食べました。

 

コメントのお返事も遅れていて、すみません。

明日は、観劇(大地真央さんの『コンダーさんの恋』を東京に見に行く)予定なので、夜、帰宅後、書けるかどうか・・・(汗)

冬ドラマの視聴率一覧は、夜、帰宅後、視聴率の追記をする予定です。←(追記しました1/15夜)

 

ところで、『福家警部補の挨拶』初回、先程、アイロンをかけながら見ましたが、ちょっと期待外れでした(^^;)

初回視聴率は14.2%(関東地区)で、結構、良かったです♪

これ、古畑任三郎やコロンボのように、先に犯人が分かるタイプの刑事ドラマでした。

こういうタイプの話はキャラが大事だと思いますが、主役の檀れいさんのキャラ、私はイマイチでした(^^;)

『戦力外捜査官』や『緊急取調室』のキャラの方が好きです♪(^^)

檀れいさんと稲垣吾郎さんが一緒に捜査するのかと思っていたのですが、吾郎ちゃんはあまり登場しなくて、それもちょっと残念でした(汗)

鑑識係の柄本時生君のキャラはいいので、もう少し彼が絡んで一緒に捜査してほしいです。

福家「世の中に完璧なんてありません。

 だから人が人を殺すんです」

この最後のセリフは良かったです♪(^^)

尚、第2話の犯人役のゲストは、少女漫画家役で富田靖子さん、第3話はフィギュア造型家役で北村有起哉さんが出演するそうです。

 

明日は観劇ですが、東京もこちらも雪の予報なので寒そうだし、交通機関も乱れそうで、心配です(^^;)

やはり私、雨女かも?(^^;)

旅行は台風来たり、強風で新幹線が止まった事もあるし、滅多に降らない雪が降りそうだし、ただの雨女じゃなくて、その上かも?(汗)

(結局、雪、降りませんでした♪ 良かったです♪)(^^) ←1/15夜追加

 

とにかく、コメントのお返事、遅くなりそうですが、気長にお待ち願いますm(__)m

申し訳ありません。

これからもよろしくお願いします♪(^^)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できればクリック、お願いします♪(^^)

2014年1月13日 (月)

【軍師官兵衛】第2回感想と視聴率&『あさイチ』in岡田准一さん

先週金曜日、『あさイチ』のプレミアムトークに官兵衛役の岡田准一さんが出演しました。

MCのイノッチは、同じV6だし、年上なので、最初はタメ口でしたが、途中から敬語になりました。

大河主役だから気を遣ったのかな?(^^;)

大河の関係者は何百人もいるので、その中で主役というのは、結構、大変みたいです(汗)

万吉役だった若山耀人君、また、官兵衛の嫡男・黒田長政(松坂桃李)の子供時代を演じるそうです。

その耀人君に自ら殺陣を教えたり、吹き替えなしで馬から落ちるシーンを撮ったり、積極的にドラマ作りに関わっているそうです。

1980年、大阪・枚方市生まれ。

1995年、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』内のコーナー「ジャニーズ予備校」に母が内緒で応募して合格。 同年11月1日、V6の一員として、早くもデビューしました。

当時14歳で、メンバー最年少。リーダーとは10歳近く年が離れていて、皆、大先輩。大阪出身の人もいなくて、一人、別にいる事も多かったようです(^^;)

若い頃、緒方拳さんと共演したり、いろいろ名優と共演して教えてもらったので、ためになったそうです。

1999年、TBSの『ディア・フレンド』で緒方拳さんとの共演で顔を平手打ちされたシーン、他局ですが放送しました。

リハでは、平手打ちはなかったそうで、不意に殴られて驚いたそうです(笑)

型に嵌まった演技を破ろうと思われたらしく、勉強になったそうです。

乗馬も、若い頃、渡哲也さんに乗馬クラブを紹介して頂いて習ったそうです。

そういえば、GACKTも乗馬できたし、大河に出るには乗馬は必須なのかな??

 

第2回「忘れえぬ初恋」

第2回の視聴率は、初回の18.9%より下がって、16.9%でした。

初回より少し下がるのは仕方ないでしょう(^^;)

でも、内容は今回の方が初回より良かったじゃないでしょうか?

ちょっと暗かったですが、初回はベタなエピソードが多かったですが、今回の方がオリジナリティーがあって良かったです♪

まさか、信長が弟・信行を殺害したシーンも回想でやるとは、じぇじぇじぇでした(^^;)

これ、かなり斬新では?

信長が主人公でないからかもしれませんが、美化されていなくて、良かったです♪

お紺(高岡早紀)、素敵でした♪(^^)

彼女も政略結婚で、官兵衛の母もそう。だから、おたつ(南沢奈央)が政略結婚させられるという話、特殊ではなく、官兵衛が反対しない理由つけにもなっていました。

今回は、政略結婚と近習、いろいろな角度からの人質についての話が主でした。

おたつ、官兵衛が好きなのに、政略結婚に利用されてしまい、その上、祝言の最中に赤松軍に襲われそう(汗)

官兵衛、やはりお紺の言うように、好きな人を手放してはいけませんね(^^;)

最初に戻ります。

 

官兵衛、小寺政職(片岡鶴太郎)の近習となり、供の武兵衛(永井大)を連れて出仕しました。

つまりこれは、人質です。

外様なので、イマイチ、信用されていないようです(汗)

近習は数人いますが、同じく近習の左京進(金子ノブアキ)らから馬鹿にされ、官兵衛はよそ者扱いされてしまいました。

ある日、政職が側女の所へ出掛け、正室のお紺(高岡早紀)の相手を官兵衛に頼みました。

お紺の話、良かったです♪

お紺「そなたは、姫路の職隆の子でしたね」

官兵衛「はい」

お紺「私も人質です。小寺の殿様と我が父の絆の証として嫁いできたのです」

官兵衛「母も同じでした」

お紺「でした?」

官兵衛「病で死にましてございます」

蛍が沢山、飛んでいる。

お紺「蛍二十日に蝉三日。 命は儚いもの。 

 不思議な事。 あの汚い虫が遠くから見たら、あんなに綺麗」

 

確かに、蛍が光っているの、遠くから見たら綺麗ですが、近くで見たら普通の虫ですね(^^;)

それに、20日しか生きられないんですね(汗)

同じ人質同士、2人は心を通わせたようです。

 

そして、その翌年、永禄5年(1562年)、龍野の赤松政秀(団時朗)が小寺城内に攻め込みました。

これが官兵衛の初陣でした。

本陣で左京進は政職に先鋒を申し出て、官兵衛に戦がどういうものか教えると意気込みました。

官兵衛はこの地に詳しいので、武兵衛と共に、敵の様子を見に行きました。

敵は、進んだり、引いたりを繰り返しています。

官兵衛「罠だ。『半ば進み半ば退くは誘い也』孫子』

左京進は、それに引っかかって、進んでしまいました。

官兵衛は、それが敵の陽動作戦だと見抜き、急いで父に知らせ、抜け道も知らせて別の道から進軍。

官兵衛は戦いではすくんでしまって、イマイチでしたが、官兵衛の情報のお陰で、勝利しました。

左京進は敵の首を取りましたが、褒められず、官兵衛を逆恨みしました(汗)

 

官兵衛が久々に帰ってきて、おたつに会いました。

近習の件、おたつが、それは人質ではないかというので、官兵衛は説明しました。

官兵衛「人質と言ってもいろいろある。

 亡くなった母も人質として嫁いで来たが、決して不幸ではなかった。

 父上には優しくされ、皆には慕われ、短い生涯であったが、きっと幸せだったと思う」

この言葉、その後のおたつの決断に影響したようです(^^;)

 

海からの帰りに雨に降られて、ずぶ濡れになってしまい、2人は小屋で雨宿りしました。

その時、おたつが寒そうだったので、官兵衛、思わず、抱きしめました♪

NHKなので、それしか映しませんでしたが、きっとその先もあったでしょう♪(^^)

 

尾張統一を果たした信長(江口洋介)は、美濃攻略に失敗。

斎藤軍に「十面埋伏の陣」という戦法で負けてしまいました。

この作戦を立てたのは、竹中半兵衛(谷原章介)でした。

信長、逃げるのも大変で、弟を殺した時の事を思い出し、弟の亡霊を見ました。

でも、藤吉郎(後の秀吉:竹中直人)の機転の利いた作戦で、なんとか生き延びる事ができました

それは、松明と旗指物を稲葉城に続く道にずらりと並べさせ、大軍が攻めてきたと勘違いさせる作戦でした。

時々、信長と秀吉の事を入れて、歴史上、今、どの辺りの事なのか、分かるようになっています。

この構成は好きです♪

 

宿敵・赤松家への対抗策として、浦上家と小寺家が同盟を結ぶ事になり、婚姻関係を結ぶ事になりました。

私の時と同じだと、お紺は官兵衛に言いました。

お紺「官兵衛は好きな女子がいますか?」

官兵衛「え?・・・」と言いよどむ。

お紺「いるなら手を放さない事です。一生、悔いて生きる事になります」

 

それで官兵衛はおたつに会いに行きました♪

でも、その時には、おたつが黒田家の養女になり、嫁ぐ事が決まっていました。

おたつの父の善右衛門(尾藤イサオ)の方から頼んだとの事。

善右衛門「もし、おたつがあなた様に嫁いだとしても、これはふさわしゅうございません。 

 身分がつり合いません。 おたつも肩身の狭い思いをいたしましょう」

 

官兵衛は、おたつに、本当にいいのか聞きました。

おたつ「はい。ご恩のある黒田家のお役に立てるのですから。 

 官兵衛様は人質でも幸せになれると仰いましたよね。 

 たつはきっと幸せになります」

 

それ以上、官兵衛は何も言えませんでした。

いくら黒田家に世話になったからと言っても、それだけでは娘を差し出したりしないだろうと思います。

官兵衛の母が幸福そうだったのを見てきたからこそ、人質のような結婚でも、これを機会に養子縁組されて武家の身分になり、武士の妻になれて、幸福になれるだろうという親心もあったのではないでしょうか?

永禄7年正月、室津城で両家の祝言が行われました。

それを知った赤松軍が祝言の最中に室津城を襲いました。

それを聞いた官兵衛は急いで室津城へ向かいました。

 

赤松、相変わらず、汚い手ばかり使いますね。

おたつ、とんだ災難でした(汗)

新郎、いい人そうだったので、もし赤松が攻めて来なければ、幸せになれたかもしれないのに。

父の善右衛門も官兵衛も一生、悔いが残ってしまうかも?(汗)

次回は、おたつの悲劇ですが、予告では殆ど流しませんでした。

次回は、「命の使い道」です。

 

【視聴率推移】 (関東地区。ビデオリサーチ調べ)

第1回]18.9% (関西23.0%)   [第2回]16.9% (関西17.8%)

 

【第2回あらすじ】 (Yahooテレビより)

元服した官兵衛(岡田准一)は小寺政職(片岡鶴太郎)の近習となり、供の武兵衛(永井大)を連れて出仕する。だが、官兵衛は左京進(金子ノブアキ)らからばかにされ、よそ者扱いされてしまう。翌年、龍野の赤松政秀(団時朗)が兵を挙げて攻め込み、官兵衛は初陣の時を迎える。本陣で左京進は政職に先鋒(せんぽう)を申し出て、官兵衛に戦がどういうものか教えるという。しかし、敵の陽動作戦を官兵衛が見抜き、勝利する。そんな官兵衛に農民出身の善助(浜田岳)という青年が突然、仕官を願い出る。宿敵・赤松家の脅威が去らぬ中、黒田家と同盟国の間に政略結婚の話が持ち上がり、官兵衛の幼なじみ・おたつ(南沢奈央)が花嫁に選ばれる。互いを思いながら引き裂かれてしまう官兵衛とおたつ。婚礼の日、悲劇が幕を開ける。

 

公式HP・次回あらすじ

 


【送料無料選択可!】軍師官兵衛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) (本・雑誌) / 前川洋一/作 / NHKドラマ制作班←これ、買いました♪(^^)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

できればクリック、お願いします♪(^^)

2014年1月12日 (日)

【戦力外捜査官】初回(第1話)感想と視聴率

初回視聴率は、13.3%(関東地区)でした。

今期の連ドラの中では、今のところ、『S -最後の警官-』初回(18.9%)、『失恋ショコラティエ』初回14.4%に次いで、3位です♪(2クールの『相棒12』と『科捜研の女』を除く)

同枠前作の『東京バンドワゴン』は、一度も10%を超えた事がなく、平均7.1%でしたので、それよりかなり良かったです(^^)

その前の『斉藤さん2』の初回は、15.5%でした。

これは人気ドラマの第2シリーズでしたので、注目されました。

                  * * *

『戦力外捜査官』初回、とても面白かったです♪(^^)

『デカワンコ』みたいだと思ったら、プロデューサーも演出も音楽も『デカワンコ』のスタッフでした♪

警察犬のミハイルもチラッと登場して、懐かしかったです♪(^^)

冒頭にキャリアの説明があって、分かり易かったです♪

キャリアとは、国家公務員1種に合格した者の事で将来の幹部候補生。

キャリアとノンキャリとの出世の速さは、新幹線とママチャリ位違うとの事。

それは知っていましたが、警察組織全体の0.01%しかいないとは、じぇじぇじぇでした。

そんなキャリアの新人だけれど警部の海月千波(武井咲)が、捜査一課第18係に配属されてきました。

新人だけれど、キャリアで警部だから扱い辛いですね(汗)

彼女のミスは自分達のせいにされてしまうので、彼女に捜査させたくない。

彼女は警視総監・越前憲正(柄本明)の知り合いらしく、越前が配属させたよう。

警視総監の失脚を狙っている副総監・小早川安博(佐野史郎)は、彼女に捜査させるなと、捜査一課管理官の井上信光(小籔千豊)に命じました。

そして、井上が巡査の設楽(TAKAHIRO)に命じました。

井上「いいか、設楽、今からおまえに重要な仕事を与える。

 おまえの仕事は、キャリアを絶対に捜査に参加させない事だ」

設楽は、そう命じられて千波のおもりをする事になりました。

 

と言う訳で、戦力外捜査官とは千波の事ですが、本当はとても戦力になりそうです♪

殺人事件発生。

「捜査に参加するな。現場に来るな」と言われましたが、捜査がしたくてたまらない千波は、無理矢理、設楽と2人で独自路線で捜査。

13係の皆は、凶器の拳銃が3年前の強盗殺人事件と同一と判明し、仮釈放された伊賀(六平直政)が今度も犯人だと思って追いました。

千波は、殺された中学生の山下の通っていた中学に行き、生徒達の話を聞いているうちに、小沢という生徒がいじめられていたのではないかと直感。

自分も子供の頃、苛められていたので、苛めには敏感のようです。

苛められていた千波を救ってくれたのが刑事だったんですね。

だから、千波は刑事になりたいと思ったのでしょう。

 

事件の真相は・・・

3年前、伊賀が警察から追われた時に、持っていた拳銃を小学校の校庭に埋めました。

それを当時、飼育係だった小沢が学校で飼っていて死んだ兎を埋めようとして穴を掘り、偶然、その銃を見つけました。

中学生になってから、その銃を使って、自分を苛めていたグループのリーダーだった山下を殺したのでした。

 

中学の屋上で、苛められていた小沢を駆けつけた設楽と千波が助けました。

小沢「ずっと苛められてたんだ。小学校の時からずっと。

 来週までに5万円って言われたんだ。もう・・・もう限界だった」

小沢は、そう言って、自分を苛めていた生徒達に銃を向けました。

設楽「やめろ!」

小沢「あいつを殺しても何も変わらなかった」

千波、銃を向けられた生徒達の前に行き、盾となって、小沢に話しかける。

千波「ごめんなさい。警察が何もしてあげられなくて、ホントにごめんなさい」

小沢「警察なんて関係ない」

千波「そんな事ないんです。

 学校に無視されても、自分なんか消えちゃえって思っても、警察が、刑事さんが助けてくれる事もあるんです。

 だから、今の私がいるっていうか・・・

 小沢君、助けてあげられなくて、ホントにごめんなさい」

小沢「もう遅いんだ。 何もかも遅いんだ!」

千波「遅くなんかない。 私に全部、話してみて下さい」

18係の人達と校長・教師が駆けつけ、空に向けて銃を撃つ。

怯んだ隙に小沢を取り押さえ、関川刑事が手錠をかけました。

関川の手柄になり、彼は嬉しそうでしたが、千波達のお手柄ですよね(^^;)

屋上から18係のメンバーが生徒達を連行して去り、校長と教師と双葉刑事(木下隆行)と千波と設楽だけ残りました。

校長と教師が苛めがあった事、全然、気づかなかったと言ったので、千波は切れました。

千波「分かってたでしょ! 薄々分かってたけど、気づかなかったふりをしてたんですよね?」

校長「何を言うんだ! 本当に苛めはないと思ってたんだよ」

教師「そうですよ」

千波「苛めはないって大人達が言うから、苛められてた生徒達は何も言えなくなるんです。

 苛めはないって言われたから自分が悪かったのかなって、自分を責めるしかなくなるんです。

 苛められてた事を言えなかったのは、あなた達のせいです。

 この事件の本当の犯人は小沢君ではありません。

 本当の犯人は、苛めを隠したあなた達です!」

千波「ちょっとすみません」と、双葉のポケットから手錠を出して、校長と教師に手錠を掛ける(笑)

双葉「ん? は?」と驚いて、鍵を捜すが見つからない(^^;)

ちょっとやりすぎてしまいましたね(笑)

千波と設楽は、後で、始末書を書きました(^^;)

 

千波、頭がいいだけではなくて、機転がきき、パシッと言う時は言うし、このキャラ、好きです♪(^^)

脳みそが筋肉のような肉体派の設楽刑事と、いいコンビだと思います(^^)

EXILEのTAKAHIROさんの演技、初めて見ましたが、なかなか良かったと思います♪ 

屋上で、暴力を奮ってきた苛めっ子達を一人でやっつけて、カッコ良かったです♪

千波もその姿を見て、子供の頃、自分を助けてくれた刑事さんを思い出したようでした♪

昔、助けてくれたのは警視総監かな??

原作未読なので分かりませんが、警視総監と千波は「名探偵への道」というパズル友達のようです♪

総監が解けなくて、千波が解けたので、教えてあげてました(^^)

副総監は、総監の失脚を狙っているようです(汗)

ドロドロした事も皆、コメディーになっていたので、楽しかったです♪(^^)

そうそう、千波の役職、警部がどの位偉いのか、小沢に設楽が教えたのは面白かったです♪

小沢「警部って偉いの?」

設楽「古畑任三郎は警部補。彼女はそれより偉い。

 踊るの青島刑事は巡査部長。警部補の1つ下。彼女はその2つ上だ」

小沢「相棒の右京さんは?」

設楽「今は警部だが、番組の最初は警部補。彼女より下だった」

小沢「刑事さんは?」

設楽「私は巡査だ。彼女より3つ下だ」

小沢「世の中って理不尽だね」

設楽「ああ、間違ってる」

 

右京さん、昔は警部補だったんですね(^^;)

途中で、警部に昇格したって気づきませんでした(^^;)

でも、「クロコーチ」の清家警部補(剛力彩芽)といい、ドラマだとキャリアの新人は結構、役に立ちますね♪

やはり頭がいい方が捜査にはいいのでしょう♪

ドラマ内の話ですが(^^;)

南心流空手道場の師範の金城新十郎(関根勤)、いかにもコントでしたね(^^;)

寝てたけど、病気なのかな?

豚で始まった夢とか、「名探偵への道」のマッチ棒のパズルとか、コネタも皆、事件解決に役立って、脚本、良かったです♪(^^)

来週も楽しみです♪(^^)

 

【原作】 似鳥鶏 『戦力外捜査官 姫デカ・海月千波』(河出文庫)

【脚本】 鴻上尚史

【演出】 中島悟、初山恭洋(ケイファクトリー)

【音楽】 小西康陽

【オリジナルテーマ原曲】 黛敏郎 「スポーツ行進曲」

【主題歌】 EXILE TAKAHIRO 「LOVE STORY」 (2014年3月5日発売)

 

【第1話あらすじ】 (Yahooテレビより)

警視庁捜査一課に配属された千波(武井咲)は、新人ながらキャリア組の警部。たたき上げの係長・川萩(八嶋智人)は、キャリアのミスは自分たちの責任になると、若手の設楽(TAKAHIRO)に、千波の‘お守り役'を押し付ける。そんな中、中学生が射殺された。凶器が3年前の強盗殺人事件と同一と判明し、川萩らは仮釈放された伊賀(六平直政)の行方を追う。一方、設楽の隙をついて脱出した千波は、中学校へ向かう。

 

【主要キャスト】

海月千波(23)・・・武井咲(幼少期 - 松本来夢)

設楽恭介(28)・・・TAKAHIRO (EXILE)

川萩剛(44)・・・八嶋智人

大友洋(33)・・・徳重聡

双葉大介(41)・・・木下隆行

森山薫(41)・・・濱田マリ

北里亮介(37)・・・野間口徹

関川直樹(28)・・・渋谷謙人

中西文彦・・・手塚とおる

田淵亜利砂・・・水沢エレナ

井上信光(47)・・・小籔千豊

小早川安博(51)・・・佐野史郎

海月健夫・・・伊吹吾郎

海月桃子・・・YOU

越前憲正(55)・・・柄本明

金城新十郎(64)・・・関根勤

金城斗志美・・・北川弘美

 

公式HP・人物相関図

公式HP・次回あらすじ

 

冬ドラマ視聴率一覧(2014年1~3月期)と寸評

 


【送料無料】Love Story(CD+DVD) [ EXILE TAKAHIRO ]

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪(^^)

2014年1月11日 (土)

【僕のいた時間】初回(第1話)感想と視聴率

第1話「難病と闘い今を生きる青年の物語!! あなたは全力で生きてますか?」

最初の車椅子のシーンで持っていたワインの瓶は、2人で3年後に掘り出そうと約束して埋めた瓶かな?

初回視聴率は、11.2%(関東地区)でした。

次回は、裏の『明日、ママがいない』が始まるので、少し下がるかもしれません(^^;)

私は難病物が苦手で、主人公がALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されると知っていたので、このドラマ、少し不安でした(汗)

でも、主演の三浦春馬さんが好きなので見ました♪(^^)

初回は、病気のシーンは冒頭だけで、すぐ昔に戻り、発病前の就活の話だったので、ほっとしました。

最後の方で発病したっぽいシーンがありましたが・・・

足がつったり、左手に力が入らず、自転車を倒してしまったり・・・

でも、きっとそれだけでは、まだ病気だと思わないでしょうね(^^;)

ただ、このじっくり発病前を描くというのは良かったと思います。

やはりそれまでの人生があってこそ、発病後の生き方が活きてくるのでしょう。

初回は、普通の青春ドラマのようでした(^^)

恋愛と就活が主で♪

同じ大学で、採用試験100社断られて自殺した人のお葬式に行ったりして、生きるという事の意味も少し考えたりしました。

拓人(三浦春馬)も採用試験、落ちてばかりでしたが、本音で面接に臨んだら、「宮前家具」になんとか合格しました。

学生時代に学んだ事を聞かれ、キャラクターを演じる事とか、本当の今迄の自分を語りました。

 

拓人の父・澤田昭夫(小市慢太郎)は、地方の総合病院の院長で、お金はあるよう。

父は「誰も知らないような会社に入る位なら、うちで事務やった方がまだカッコつくと言っているんだ」なんていうし、

母は弟の陸人に期待していていて、拓人の事は全然考えていないよう(汗)

マンション、親に買って貰っていて、一見、恵まれているように見えますが、この兄弟間の格差は酷いですね(^^;)

マンションだって、医学部受験の弟と一緒に住ますために買ってあげたような感じ。

陸人が合格したら、拓人が今、使っている部屋を渡せと言いました(汗)

先に住んでいた兄が普通、いい部屋を使って当然でしょう(汗)

もし、就職、どこも受からなかったら、自殺した子のように自殺したくなったかも?

意地でも父の病院には勤めたくなかったでしょう(汗)

恵(多部未華子)はどこも受からなかったので、卒業してもファミレスでバイトしながら就職活動をするようです。

母子家庭なので、大変ですね(汗)

母子家庭だと、就職もきっと不利でしょう(汗)

 

最初に、恵と面接で一緒になった時、恵が携帯を消し忘れていて、面接試験の最中に鳴ってしまいました。

消し忘れはあるかもしれませんが、いくら鳴っても出ないで自分じゃないふりをするなんて、最低です(汗)

すぐに謝って、切るべきでは?

ずっと鳴り続けると、皆に迷惑をかけて、面接が中断してしまいます(汗)

相手が諦めて、自然に止まった後、隣の席だった拓人が、自分だと言って謝ってくれました。

後で、拓人は自分のためだったと恵に言いましたが、きっと彼女を守るためでしょうね♪(^^)

同じ大学の同じ学部だと知って、一目惚れしたかな?

面接官、きっと彼女の表情から、真犯人は恵だと分かったではないでしょうか?

すぐに謝ればまだしも、ごまかす人は取りたくないでしょう(汗)

拓人は身代わりになったと分かっていても、お人よし過ぎて、営業には不利かもしれないから、やはり取りたくないかも?(汗)

結局、この会社は2人とも落ちてしまいました。

でも、それが2人が知り合うきっかけになり、その後、付き合い始めました。

この出会い方は良かったです♪(^^)

結局、電話してきたのは恵の母の本郷翔子(浅田美代子)でした(汗)

面接試験だと知ってたのに、ホームベーカリーを買いたい位でかけてくるなんて、母も酷いですね(汗)

 

その他、印象的だったのは・・・

まず、恵が母に付き合う人、どんな人でもいいのか聞いた答え、

翔子「健康で元気だったら何だっていいわよ」

これ、一見、ラクそうで、拓人には当てはまらなくなりそうですね(汗)

 

そして、自殺した子の事を思い出して、拓人が恵に言った言葉

拓人「死ぬ時、怖くなかったのかな?」

これ、自分が難病だと知ったら、他人事ではなくなりますね(汗)

 

冒頭で、ALSは発病後3年から5年で死に至るとの説明でしたが・・・

ワインを2人で海岸に埋めた時、3年後に掘り出すと言いました。

3年後、ここへ来れるだろうかと切なくなりました。

もし、冒頭のワインがそれだとしたら、一人で掘りに行ったのか、恵とは別れてしまったのか気なります。

親は反対しても、一度好きになってしまった人とは、難病だからと言っても、そうそう別れられないでしょう(汗)

いつも兄弟差別して拓人の価値を認めていないみたいだった両親が拓人の難病を知って、どういう態度を取るのか、気になります。

逆に、大切にしてくれるように変わって欲しいものです♪(^^;)

次回はALSだと分かりそうですね。

拓人を皆が支えてくれますように☆(^^)

* * *

 

実は、OL時代の先輩がALSで亡くなっているので、どうしても彼女の事を思い出してしまいます(汗)

赤ちゃんを生んで、仕事に復帰した後に発病。

私達から見て、最初は、よく転んだり、書く字がやたら震えてたりしました。

きっと力が入らなかったのでしょう(汗)

そのうちに、歩けなくなり、手も動かなくなり、顔から表情が消えて、喋れなくなり・・・

夫の母と同居でしたが、孫の世話もあり、大変だったのでしょう。

彼女は、実家に帰されて、実母が世話をしたようです。

切ないです。。。

途中で見れなくなりそうです(汗)

 

【脚本】 橋部敦子

【主題歌】 春風/Rihwa

 

【第1話あらすじ】 (Yahooテレビより)

就職活動に苦労する大学生・拓人(三浦春馬)は、面接中に携帯電話が鳴ってしまった恵(多部未華子)をかばい、自分の電話が鳴った素振りを見せる。その優しさに触れた恵は、拓人との距離を縮めていく。一方、拓人は自分の体に異変を感じ...。

 

【登場人物】

澤田 拓人(さわだ たくと)・・・三浦春馬

本郷 恵(ほんごう めぐみ)・・・多部未華子

向井 繁之(むかい しげゆき)・・・斎藤工

水島 守(みずしま まもる)・・・風間俊介

村山 陽菜(むらやま ひな)・・・山本美月

澤田 陸人(さわだ りくと)・・・野村周平

澤田 佐和子(さわだ さわこ)・・・原田美枝子

澤田 昭夫(さわだ あきお)・・・小市慢太郎

桑島 すみれ・・・浜辺美波

谷本 和志(たにもと かずし)・・・吹越満

本郷 翔子(ほんごう しょうこ)・・・浅田美代子

坂下 柊二(さかした しゅうじ)・・・夕輝壽太(自殺)

 

公式HP・人物相関図

公式HP・次回あらすじ

 


Rihwa/春風(初回限定) 【CD+DVD】(発売日お届け)


北海道、東北、九州、離島、沖縄は別途送料が必要です。【2014年モデル】三浦春馬 さん主演ドラマフジTV水曜22時『僕のいた時間』で使用された自転車です。クロスバイク ナスキー レビューを書いて送料無料 アルミフレーム シマノ7段変速 自転車 700C

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪

ネタバレ【ごちそうさん】第15週日別粗筋(1/13~1/18)

1月15日(水)のスタパ加藤あいさん(亜貴子役)が出演予定です。

加藤あいさんは、TBSの『Dr.DMAT』(木曜9時~)にも出演中です。

キムラ緑子さんは、フジの『医龍4』(木曜10時~)に出演中。

近藤正臣さんは、TBSの『S-最後の警官-』(日曜9時~)に出演します。

冬ドラマ紹介は、こちらです。

 

これは、来週(第15週)「今日でおわカレー」の日別のあらすじです。

この週は、もろ悠太郎の不倫話のようです(^^;)

 

<日別あらすじ 第15週(第85~90回)(1/13(月)~1/18(土))> (Yahooテレビより)

第85回[1/13(月)]

悠太郎(東出昌大)は、ケガの消毒を口実に、亜貴子(加藤あい)のいる病院に毎朝通う。め以子(杏)は、傷に効くという特製すじ肉カレーを作り、悠太郎の喜ぶ顔に満足する。室井(山中崇)は亜貴子の病院で悠太郎を見かけ、桜子(前田亜季)に伝える。無邪気なめ以子に悠太郎は罪悪感を覚えるが、孤独に耐えて明るく振る舞う亜貴子を放っておけない。そしてある日、悠太郎の職場に出かけため以子は、ついに見てしまうのだった。

第86回[1/14(火)]

め以子(杏)は、亜貴子(加藤あい)が悠太郎(東出昌大)の職場から出てくるのを目撃。悠太郎は、後から知って動揺。2人は家ではさりげなく振る舞おうとするが、我慢できず言い合いになる。悠太郎はもう亜貴子に会わないというが、肝心の幼いころからの関係については話さず、め以子の不機嫌は直らない。一方、希子(高畑充希)は男につきまとわれて困っていた。先輩の川久保(茂山逸平)は、撃退するかと思いきや一緒に逃げる。

第87回[1/15(水)]

め以子(杏)は相変わらず不機嫌で、正蔵(近藤正臣)や静(宮崎美子)も持て余す。一方、希子(高畑充希)は、家まで送ってくれる川久保(茂山逸平)と親しくなる。亜貴子(加藤あい)が、悠太郎(東出昌大)の職場にケガの様子を診にきた。言いよどむ悠太郎に「もう会わない」と亜貴子は自分から告げる。め以子は思い直して悠太郎と話し合おうとするが、寝言で亜貴子に謝ろうとしているのを聞き、怒りが爆発。ある決心を固める。

第88回[1/16(木)]

め以子(杏)は、悠太郎(東出昌大)が寝言で亜貴子(加藤あい)に謝ったことが許せず、家から追いだす。正蔵(近藤正臣)が悠太郎を連れ戻そうとするがうまくいかない。め以子は、桜子(前田亜季)に促されて亜貴子に話を聞きにいくが、悠太郎と亜貴子の幼いころからの結びつきの強さを思い知らされる。後から横取りしたのはめ以子の方だと言われて、返す言葉もなく帰宅する。そして偶然、亜貴子に会った悠太郎は、家に誘われる。

第89回[1/17(金)]

め以子(杏)は、落ち込んで部屋から出てこず、静(宮崎美子)らを心配させる。一方、悠太郎(東出昌大)は亜貴子(加藤あい)の部屋でカレーを食べようとしていた。そして、涙ぐむ亜貴子を思わず抱きしめてしまう。閉じこもっていため以子だが、「しょぼ焼き」を食べたがる子どもたちの大合唱に、ついに出てくることに。精を出してしょぼ焼きを作り、子どもたちの喜ぶ顔に気が紛れてくる。希子(高畑充希)らは、め以子を慰める。

第90回[1/18(土)]

め以子(杏)は、悠太郎(東出昌大)が戻って戸惑う。悠太郎は「亜貴子(加藤あい)にふられた。亜貴子のカレーもおいしかったが、め以子のカレーがある限り戻ってくる」という。め以子は、今の悠太郎は亜貴子との出会いがあってのことと、いつか感謝できるようにと願う。希子(高畑充希)と川久保(茂山逸平)は、つきまとっていた男の意外な頼みに驚く。め以子がカレーを作っていると、悠太郎が竹元(ムロツヨシ)を連れてくる。

 

「今年もウマい『ごちそうさん』」よりネタバレ・子供キャスト

 

公式HP・め以子のごはん帳・目次(アイスクリンなど)

 

次回朝ドラ「語り」に美輪明宏さん決定♪&『花子とアン』人物表(2013.10.24)

朝ドラ史上初 外国人ヒロイン『マッサン』(2014年後期)(2013.11.18)

 

【日別あらすじ】 (Yahooテレビの粗筋まとめ)

第7週(第37~42回)(11/11~11/16)「たいした始末」

第8週(第43~48回)(11/18~11/23)「ごめんなすって」

第9週(第49~54回)(11/25~11/30)「君をあいス」

第10週(第55~60回)(12/2~12/7)「祭りのハーモニー」

第11週(第61~66回)(12/9~12/14)「大嫌いっていわしたい」

第12週(第67~72回)(12/16~12/21)「ごちそうさんまでの日々」

第13週(第73~78回)(12/23~12/28)「ふくが来た!」

第14週(第79~84回)(1/6~1/11)「アイスる力」

 

【過去レビュー】 (感想と詳細あらすじ)

第8週(11/18~11/23)「ごめん茄子って」&第7週視聴率

第9週(11/25~11/29)「君を愛す」&第8週平均視聴率22%超え♪

第10週(12/2~12/7)「祭りのハモニカ」&第9週視聴率好調♪

第11週(12/9~12/14)「大嫌いって鰯たい」&第10週視聴率

第12週(12/16~12/21)「ごちそう秋刀魚・鍋底大根」&第11週視聴率

第13週(12/23月~12/26木)&前半感想&第12週視聴率

 

 


ゆず/雨のち晴レルヤ/守ってあげたい 連続テレビ小説「ごちそうさん」OPソング 【CDシングル】


【送料無料】 NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」公式レシピブック / NHKドラマ制作班 【単行本】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪(^^)

2014年1月10日 (金)

冬ドラマ視聴率一覧(2014年1~3月期)と寸評・感想

冬ドラマ視聴率一覧(2014年1~3月期)  【1/15(水)迄】

字数制限のため、最新版はこちらです

タイトル 1 2 3 開始日 期待
6 月8 隠蔽捜査 8.2 - - 1/13 B
8 月9 失恋ショコラティエ 14.4 - - 1/13 B
8 火9 福家警部補の挨拶 14.2 - - 1/14 C
8

火10

チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮

12.9 13.0 - 1/7 B
5 水9 相棒12(11話~) 16.2 18.6 - - B
4

水10

明日、ママがいない 14.0 - - 1/15 A
8

水10

僕のいた時間 11.2 9.4 - 1/8 C
5 木8 科捜研の女 - - - - B
6 木9 Dr.DMAT 7.9 - - 1/9 A
5 木9 緊急取調室 12.5 - - 1/9 A
8

木10

医龍4 11.6 - - 1/9 B
6

金10

夜のせんせい - - - 1/17 B
5

金11

私の嫌いな探偵 - - - 1/17 B
4 土9 戦力外捜査官 13.3 - - 1/11
8

土11

ロストデイズ 7.1 - - 1/11 D
6 日9 S-最後の警官- 18.9 - - 1/12 B

局は、4:日本テレビ、5:テレビ朝日、6:TBS、8:フジテレビ。

期待度は5段階。A:とても期待、B:まあまあ期待、C:良作だと思うが見ない、D期待薄、E:見ない予定)

 

<1/16(木)追加>

『明日、ママがいない』初回14.0%で、高視聴率でした。

これ、「同情するなら金をくれ」みたいだなと思ったら、同じ野島伸司さんが脚本監修でした(脚本は松田沙也さん)。

私は子供が苦手なので、期待度Dにしてましたが、これ、化けるかも??

Aに変えました♪

国内唯一の赤ちゃんポストを運営する慈恵病院は、ドラマ内に「ポスト」という仇名の子がいるので、子供達への謝罪や放送の中止などを求める意向を明らかにしたそうです(詳細はこちらのニュース参照)。

三上博史さんが、子供に泣く演技をさせたり、ショッキングなセリフも多くて、話題も呼びそうです。

その裏の『僕のいた時間』第2話9.4%と、10%を切ってしまいました(汗)

このまま、ずっと『明日、ママがいない』の陰に隠れてしまうのか、次回、持ち直すか、注目しています。

『相棒12』第12話18.6%で、やはり強いです♪(^^)

今夜から『科捜研の女』が再開します。

裏の『鼠、江戸を疾る』の視聴率が下がらないか、心配です(^^;)

 

<1/15(水)追加>

『福家警部補の挨拶』初回14.2%でした。

これ、古畑任三郎やコロンボのように、先に犯人が分かるタイプの刑事ドラマです。

こういうタイプの話はキャラが大事だと思いますが、主役の檀れいさんのキャラ、私はイマイチでした(^^;)

鑑識係の柄本時生君のキャラはいいので、もう少し彼が絡んで一緒に捜査してほしいです。

『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』第2話、初回より少し上がって13.0%でした。

初回より上がって良かったです♪

前回は早すぎたので、始まるのを知らなかった人も多かったかもしれません(^^;)

 

<1/14(火)追加>

『S-最後の警官-』初回18.9%で、とても高かったので、じぇじぇじぇでした。

今のところ、今期これがトップです♪(2クールの『相棒12』と『科捜研の女』を除く)

主演の向井理さんと綾野剛さんがとてもカッコ良かったです♪

ただ、それだけのドラマでした(^^;)

『失恋ショコラティエ』初回14.4%で、まあまあですが、今期、皆、低いので、今のところ、これが2位です♪

3位は、『戦力外捜査官』です。

これは、私、大好きで、Aランクにあげました♪

ただ、『デカワンコ』そっくりなコメディーなので、人によって好みが分かれるかもしれません。

 

<1/10(金)>

2クールの『相棒12』第11話(1/8水)16.2%で、これを「1」の欄に書いてあります。

元日SP(第10話)は、19.6%でした。

 

この表にありませんが、日本テレビの深夜ドラマ『慰謝料弁護士』初回4.7%でした。

深夜だし、殆ど宣伝してないので、仕方ないでしょう(^^;)

 

NHKの木曜時代劇『鼠、江戸を疾る』初回9.8%、1/7(火)のNHK『紙の月』初回6.5%でした。

『鼠、江戸を疾る』初回9.8%、予想外に高くて嬉しいです♪(^^)

前作『あさきゆめみし』は、初回5.8%で、最高6.0%、平均4.52%でした。

それに比べると、とても高いです♪

内容、とても面白かったです♪(^^)

単に盗んだお金をばらまいて庶民を助けるだけでなく、事件に巻き込まれて解決していく所が、さすが、赤川次郎さんの原作だと思いました♪(^^)

これ、時代劇に興味がない人でも楽しめるのではないかと思います♪(^^)

NHKなので、表に入れてませんが、これも私の期待度Aです♪(^^)

 

昨夜(1/9木)、「医龍4」「緊急取調室」「Dr.DMAT」の3本、初回が重なった勝負、『緊急取調室』が勝ちました♪

12.5%で3本の中で一番、視聴率が高かったです。

私もこれを推していたので、とても嬉しいです♪(^^)

でも、3本も連続ドラマの初回が重なるとは、珍しくて厳しかったですね(汗)

『医龍』が勝つのではないかと予想してましたが、『医龍4』(11.6%)、2時間弱と長く引き伸ばしましたが、シリーズ最低の初回視聴率で、厳しいスタートとなってしまいました(汗)

第1期(06年)は初回14.1%、第2期(07年)は初回21.0%、第3期(10年)は初回16.4%でした。

本来10時からなのに、1時間前倒ししたために、医療物、2本重なってしまったので、潰しあいになってしまい、これは仕方ないかも?

『Dr.DMAT』にも迷惑だったでしょう(汗)

こちらも7.9%と10%を切ってしまい、厳しいスタートになってしまいました。

『Dr.DMAT』は、月刊TVガイド1月号には、PM9:00~10:09と書いてありましたが、きっと『医龍4』が9時スタートだと知って、8:54からに急きょ、前倒して、ニュースを後に回したのでしょう(汗)

次回から、『医龍4』は10時からなので、『医龍4』も『Dr.DMAT』も少し視聴率が上がるかもしれません(^^)

『医龍4』、院長に恩がある潰れかかった病院を理想の病院とすべく、朝田龍太郎(坂口憲二)が昔の仲間を誘い、「チームドラゴン」が再集結しました。

理想の病院にするというテーマ、少し、『ドクターズ』に似てないかな?(^^;)

金儲け主義の病院や大学病院の体制批判も、過去の物や『ドクターX』などと似てるかも?という感じがして、あまり新鮮さを感じませんでした(汗)

それより、予想外に、『Dr.DMAT』が良かったです♪

「命を選ぶ」という事は、以前からトリアージュ、大変だろうなと思っていたので、私的には重いけれど、新鮮なテーマで良かったです♪

災害現場での医療はドクターヘリのドラマもあったし、よく出てきますが、順番を選ぶ事の葛藤をテーマにしたのは珍しいのでは?

普通は、黒は見捨てて、赤黄緑の順番で、治療しますが、災害現場では助けられる人から助けるとの事。

でも、大倉忠義さんは、過去に自分の妹と後回しにしてしまって、妹が植物状態になってしまったので、誰かを選べませんでした(汗)

誰かを選ぶという事は、誰かを見捨てるという事。

妹を後回しにしてしまうシーン、何度も出てきて、くどい位でしたが、それだけに彼の心の痛みを感じました。

本当は、名医のようなので、今後、トラウマをどう乗り越えて成長してくれるか楽しみです♪

そして、妹、最終回にはぜひ目覚めてくれますように☆(^^)

という訳で、期待度、『医龍4』を「B」に下げて、『Dr.DMAT』を「A」に上げました♪(^^)

 

『緊急取調室』、期待通り、面白かったです♪(^^)

上手な役者さんが揃っていて、犯人とのかけ引きもスリリングでした♪

ただ、取調室内でのシーンが多いので、今回の高嶋政伸さんのように、犯人が演技力のある人ならいいですが、もし、下手な人だと見るの辛いかも?(汗)

天海祐希さんに子供がいたなんて、じぇじぇじぇです。

夫、きっと何かの事件で亡くなったのでは??

その未解決事件が最終回に解決するのではないかと予想します(^^)

 

1/9(木)迄では、2クールの『相棒12』を除いて、『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』初回12.9%がトップです♪

これは、まあまあでしたが、裏との潰し合いがなかったので、ラッキーでした。

 

明日(1/11土)の『戦力外捜査官』(武井咲、TAKAHIRO出演)と、

1/12(日)からの『S-最後の警官-』(向井理、綾野剛出演)、

1/14(火)からの『福家警部補の挨拶』(檀れい、稲垣吾郎出演)と、

1/17(金)からの『私の嫌いな探偵』(剛力彩芽、玉木宏出演)も楽しみです♪(^^)

 

冬ドラマ紹介(2014年1~3月期)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できればクリック、お願いします♪(^^)

2014年1月 9日 (木)

今夜開始ドラマ「医龍4」「緊急取調室」「Dr.DMAT」「鼠江戸疾る

今夜(1/9木)始まるドラマ、沢山あります。

「医龍4」「緊急取調室」「Dr.DMAT」「鼠、江戸疾る」「慰謝料弁護士」などです。

・「緊急取調室」(テレビ朝日)PM9:00~10:09(天海祐希主演)

・「Dr.DMAT」(TBS)PM8:54~10:09(大倉忠義主演)

・「医龍4」(フジ)PM9:00~10:48(坂口憲二主演)

・「鼠、江戸を疾る」(NHK)PM8:00~8:45(滝沢秀明主演)

・「慰謝料弁護士」(日本テレビ)PM11:59~12:54(ココリコの田中直樹主演)

 

「医龍4」は、本来、10時からですが、初回だけ前倒しで9時からの2時間SPですので、ご注意下さい。

「Dr.DMAT」8時54分からと、9時より少し早く始まり、いち早く視聴者を確保する作戦でしょうか?

とにかく、初回だけ医療ドラマが2本かぶります。

「緊急取調室」も夜9時からで3本、ドラマ初回が重なります。

各局、いろいろな情報番組やバラエティーにゲスト出演して、どれも懸命に宣伝してました(^^;)

私は、初回は皆、録画して全部見る予定ですが、天海さんと脚本の井上由美子さんが好きなので、リアルタイムは「緊急取調室」のつもりです。

 

NHKの時代劇「鼠、江戸を疾る」、前作の八百屋お七の話が酷い視聴率でしたので、枠存続のためにも頑張ってほしいです。

タッキーがNHKの時代劇というと、義経を思い出します。

あれは華麗な義経でしたが、今度はどんな鼠小僧でしょう?

原作は、赤川次郎氏の鼠シリーズとの事なので、未読ですが、かなり現代風かもしれませんね?(^^)

 

「医龍」シリーズは、もう4作めなので、皆さん、ご存知でしょう♪

好きなので、期待しています♪(^^)

 

・「緊急取調室」初回(テレビ朝日)PM9:00~10:09

【脚本】 井上由美子

【主題歌】 JUJU 『Door』

【出演】 天海祐希、田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、篠井英介、草刈正雄、でんでん、大杉漣、小日向文世、(初回ゲスト:高嶋政伸)

【内容】

警視庁のたたき上げ刑事・真壁有希子(天海祐希)は、数々の凶悪事件を解決に導き、優秀な人材のみが集められる捜査一課特殊犯捜査(SIT)の長にまで上り詰めた。
だがある折、彼女はバスジャック事件で失態を犯し、異動を命じられる。新たな配属先は、可視化設備の整った特別取調室で厄介な被疑者を取り調べる専門チーム「捜査一課緊急事案対応取調班」、通称"キントリ"だった。管理官・梶山勝利(田中哲司)ら一癖も二癖もあるベテラン取調官に囲まれながら、有希子は孤軍奮闘。一方で、彼女の過去と深い関わりのある未解決事件の真相も究明していく。

【初回あらすじ】

"名前のない男" 交番爆破事件の被疑者を任意同行した直後、真犯人と名乗る男(高嶋政伸)が現れた! 有希子(天海祐希)ら緊急事案対応取調班は、男の取り調べを開始。 だが、身元を明かさない男に、有希子らは手を焼き...。

 

・「鼠、江戸を疾る」(NHK)PM8:00~8:45

【原作】 赤川次郎

【脚本】 大森寿美男

【出演】 滝沢秀明,忽那汐里,京本大我,高嶋政宏,マギー

【内容】

ご存知「鼠小僧」が21世紀版痛快アクションエンターテインメントで帰ってきた! 全く新しいコスチューム・斬新な設定で見るものを魅了する鼠小僧を演じるのは、タッキーこと滝沢秀明。妹役に忽那汐里、鼠を追う岡っ引きに高嶋政宏を迎え、粋でいなせな遊び人次郎吉が、夜になると鼠小僧として江戸の町を軽やかに疾走する。原作は自身初の時代小説となる赤川次郎の鼠シリーズ。2014年、新たな伝説が幕を開ける!

 

・『医龍4』 (フジ) 木曜22:00~22:54 (初回のみ 21:00~22:48)

【原作】 原案:永井明/作画:乃木坂太郎 「医龍」(小学館)

【脚本】 浜田秀哉、ひかわかよ

【出演】 坂口憲二、稲森いずみ、小池徹平、阿部サダヲ、高橋克典、平幹二朗、佐々木蔵之介、夏木マリ、岸部一徳、キムラ緑子

 

・「Dr.DMAT」(ドクター・ディーマット)(TBS)PM8:54~10:09

【脚本】 穴吹一朗 吉澤智子

【音楽】 『ひびき』 関ジャニ∞

【出演】 大倉忠義、加藤あい、瀧本美織、麻生祐未、佐藤二朗、ほっしゃん。、松尾諭、滝沢沙織、高木雄也(Hey!Say!JUMP)、左とん平、石黒賢、國村隼

【内容】

10秒迷えば一つの命が消えてゆく...そんな極限状態の災害現場で自ら出向き命を繋ぐ者たちがいる... Disaster Medical Assistance Team その組織の名前は通称DMATと呼ばれている。誰を先に助けるのか?それを決めるのは一体誰なのか!? その役を担った八雲響という若き医師の目を通して、命の重さ、絆の強さを問うー 究極の人間ドラマが今、始まります!DMATは実際に存在する組織で、発足は1995年の阪神淡路大震災がきっかけとなっています。 このドラマは東京DMAT 東京消防庁全面協力の元、作られております。

 

・「慰謝料弁護士」(日本テレビ)PM11:59~12:54

【原案】 『慰謝料上手にとれるかな?』 (うえみあゆみ著/KADOKAWAエンターブレイン刊)

【脚本】 森ハヤシ

【主題歌】 「泣きたい僕ら」 fumika (1月29日リリース)

【出演】 田中直樹(ココリコ)、矢田亜希子、渡辺直美、山田菜々(NMB48)、高嶋香帆、岩崎名美、永井大、野村麻純、モト冬樹、美保純

【内容】

浮気・不倫・離婚...男と女の様々なトラブルを抱えた依頼人のため、慰謝料にこだわる腕利き弁護士・袴田幸男が活躍する一話完結のリーガルストーリー。

【初回あらすじ】

「あなたの涙、お金に変えましょう。」必ず"慰謝料"を勝ち取って、人生の再出発を後押してくれる腕利き弁護士がいた。その名も袴田幸男(田中直樹)。普段はパン作りにハマって世情には疎い男だが、慰謝料の請求だけはどん欲。毎回、男女のトラブルを小気味良く解決していく。今回の依頼人は、夫のモラル・ハラスメントに耐えながら漫画家を目指す主婦・倉沢香苗(矢田亜希子)。そんな矢先、夫の浮気が発覚した...。

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪(^^)

2014年1月 8日 (水)

【チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮】初回感想と視聴率

明日(1/9)は「医龍4」など、いろいろなドラマが始まります。詳細はこちらです。

 

『チーム・バチスタ4 螺鈿(らでん)迷宮』 第1話「医師が消えた」

これは、チーム・バチスタシリーズの4作めです。

第1シリーズ「チーム・バチスタの栄光」(08年、初回15.2%、平均13.2%)、第2シリーズ「ジェネラル・ルージュの凱旋」(10年、初回12.4%、平均14.4%)、第3シリーズ「アリアドネの弾丸」(11年、初回14.2%、平均12.8%)に続く第4弾です。

今回の初回視聴率は、12.9%でした。

第3シリーズの初回より少し低い視聴率となってしまいました。

早く始まったので、まだ、始まるのを知らない人もいたかも?

それに、裏でNHK「紙の月」(初回6.5%)も始まったので、それも少し影響したかも?

このシリーズは医療物ではありますが、病院内で起こっている事件を解決していくドラマで、他の医療ドラマとはちょっと違いますね。

今回は、新しい病院と登場人物の紹介が殆どで、白鳥圭輔(仲村トオル)がなぜこの病院に医者と偽って来たのかと、事件はまだ医師が一人行方不明になっただけでした。

東城医大病院心療内科の特別愁訴外来担当医だった田口公平(伊藤淳史)は、病院長の高階権太(林隆三)から命じられて、地方の総合病院「碧翠院」へ派遣されてきました。

そうしたら既に、その病院に、白鳥圭輔(仲村トオル)が皮膚科の医師として入り込んでいました。

白鳥が皮膚科の医師なんて、じぇじぇじぇでした(笑)

医師免除あったんですね(^^)

患者に聞き込みをしながらも、一応、ちゃんと医師の仕事も無難にこなしていました(^^)

最後の方で、ようやく自分の正体をばらしましたが、肩書、また代わりました(笑)

「厚生労働省・医療過誤死関連中立的第三者機関設置推進準備室室長 兼 終末期医療多面展開施策室」

この肩書き、シリーズごとに代わりますが、いつも長くて、どれも覚えられないです(笑)

今回の事件の舞台は、碧翠院です。

碧翠院は、終末期医療に力を注ぎ、院長の桜宮巌雄(柳葉敏郎)は周辺の死因不明遺体の検死を一手に引き受ける警察医も兼務していました。

院長も院長の長女で、同院の緩和ケア医でもある桜宮小百合(水野美紀)も、次女で産婦人科医の桜宮すみれ(栗山千明)も、町の人々から厚い信頼を寄せられていて、皆、立派な医者に見えました。

娘達が考えた独自のユニークな終末医療システム、入院患者に仕事を与え、その収入の一部を入院費に還元できるシステム、患者の気晴らしや、やり甲斐になりそうでいいですね。

それも興味深かったですが、白鳥が来たのはそのためではありませんでした。

以前、碧翠院で働いていた長野中央総合病院放射線科医の立花善次(宅間孝行)が来て、「この病院で行われていることは重罪だ」と白鳥に告げました。

そして、白鳥と後ほど会う約束をして、桜宮一族に会いに行くといったまま、行方不明になってしまいました(汗)

行方不明になって2日後、白鳥は、院長達を集めて問いただしました。

白鳥「立花先生は今どこに?」

誰も知りませんでした。

白鳥は自分の身分を明かし、自分がここに来た理由を説明しました。

でも、巌雄先生も白鳥の正体を知っていました。

 

長野の立花先生が勤務していた病院で半年前、狭心症の患者が手術の直前に急死している。医療ミスがあったんじゃないかと問題になって、行政解剖が行われる事になった。

その解剖を担当したのが巌雄先生。

病院側と繋がりのない第三者的立場の法医学者を遺族側が望んだとの事。

白鳥「本当に病院側にミスはなかったのかなあ?」

巌雄「ああ」

白鳥「じゃあ、なんで患者の画像が消されたんだろうねえ?」

田口「画像? 消された?」

白鳥「実はね、グッチー、立花先生は解剖が行われる前、AIをしてたんだよ」

すみれ「AI?」

白鳥「死亡時画像診断の事。

 立花先生は患者が亡くなった後、何枚もの画像をCTで撮ってた。

 なのに、その患者の画像が長野の病院のデータベースからはなぜか消されてる」

田口「その上、立花先生まで失踪した」

白鳥「そういう事。

 消えた放射線科医と消されたAI画像。

 この両方が巌雄先生、あなたとこの碧翠院に繋がるというのは、これは偶然ですか?」

巌雄「う~ん。単なる偶然。或いは言いがかりとしか答えようがないよ」

白鳥「あ、そう。どれではこれはなんて答えてくれるのかな?」

白鳥、PCの文字の手紙を出して見せる。

 

<手紙の文面>

「助けて。碧翠院は1度入ったら出られない病院です」

 

これは1ヶ月前に白鳥に送られてきた手紙との事。

巌雄「終末期医療は患者の家族から誤解を受けやすい。

 逆恨みからの嫌がらせだろうな」

田口「でも、もしかしたら本当に・・・」

巌雄「患者が書いたと思うか?

 なら田口先生も好きなだけ調べればいい。

 君らがどう思うが、俺達は今まで通り患者を診る。ただそれだけだ」

 

巌雄院長も娘達もいい人そうで、事件に絡んでいるとは思えないですが、何かきっとこれから出てくるのでしょうね?(汗)

でも、「助けて」という手紙は、もしかしたら、認知症の患者からかも??(^^;)

私は、以前、介護施設にいた義父の面会に行って帰る時、知らない入居者の人に「助けて」とか、「帰りたい」とか言って、すがりついて来られて困った事がありました(汗)

認知症の人がいる施設は本人が出たくても出られないようになっています。

脱線してしまいましたが、まだ1話なので、事件に繋がる事はあまりありませんでした。

今回、少し登場した速水先生(西島秀俊)、懐かしかったです♪

第2話以降も出て欲しいです(^^)

どういう方向に事件が展開するのか楽しみです♪(^^)

 

【原作】 海堂尊 「螺鈿迷宮」 (角川書店刊)

【脚本】 後藤法子  

【主題歌】 東方神起 「Hide&Seek」

 

【作品概要】 (Yahooテレビより)

終末期医療に力を注ぎ、周辺の死因不明遺体の検死も担う地方病院「碧翠院」は、町の人々から厚い信頼を寄せられていた。しかしある日、院内でAi(死亡時画像診断)で使われた1枚の画像と共に放射線科医が突然、姿を消す。その失踪には、碧翠院を営む桜宮一族の知られざる秘密があった。
病院長の指示で碧翠院に赴任してきた田口公平(伊藤淳史)は、捜査のために院内にもぐり込んだ白鳥圭輔(仲村トオル)と再びタッグを組む。やがて、地方病院のずさんな死因究明制度や終末医療の問題点、そして疲弊する医師たちの厳しい現実を目の当たりにする。

 

【第1話あらすじ】 (Yahooテレビより)

東城医大病院心療内科の特別愁訴外来担当医・田口公平(伊藤淳史)は、ある日、病院長の高階権太(林隆三)の命を受け、地方の総合病院「碧翠院」へ派遣される。碧翠院では、回復の見込みがない患者の痛みを緩和し、積極的延命治療よりQOL(生活の質)を高めることを尊重する"終末期医療"に取り組んでおり、院長の桜宮巌雄(柳葉敏郎)は周辺の死因不明遺体の検死を一手に引き受ける警察医も兼務。2人の娘とともに患者たちから絶大な信頼を得ており、碧翠院を町の人にとってなくてはならない病院に築き上げた。  到着した田口を出迎えたのは、巌雄の長女で、同院の緩和ケア医でもある桜宮小百合(水野美紀)。そして、次女で産婦人科医の桜宮すみれ(栗山千明)。さらに、そこにはなぜか、厚生労働省の官僚である自らの立場を隠し、皮膚科医として患者を治療する白衣の白鳥圭輔(仲村トオル)の姿もあった。 驚く田口をよそに、ある思惑を抱いて病院に潜入していた白鳥は、久しぶりに碧翠院を訪れたという放射線科医の立花善次(宅間孝行)に声をかけられる。これから桜宮一族に会いに行くという立花は、「この病院で行われていることは重罪だ」と白鳥に告げ、2人は後ほど会う約束を交わす。しかし、時間になっても一向に姿を見せない立花。不思議に思った白鳥が立花について調べると、思わぬ事実が発覚して...。

 

【出演者】

伊藤淳史  仲村トオル  栗山千明  上遠野太洸  山崎賢人  渡部豪太  /  名取裕子  林隆三  /  西島秀俊  /  相築あきこ  宅間孝行  左時枝  水野美紀  柳葉敏郎

 

公式HP・人物相関図

公式HP・次回あらすじ

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪(^^)

2014年1月 7日 (火)

紅白瞬間最高視聴率(1位)北島三郎(2)あまちゃん企画(3)AKB

昨年大晦日に放送された第64回NHK紅白歌合戦(2013年)瞬間最高視聴率、50.7%(関東地区)だったそうです(ビデオリサーチ調べ)。

平均視聴率は、既にお伝えした通り、後半44.5%(関東)でした。

1位の50.7%を記録したのは、午後11時37分頃で、今回で紅白卒業を表明していた北島三郎さん(77)が「まつり」を歌い終え、最後に「北島はこれで紅白を卒業させていただきます。ありがとうございました」と挨拶した場面。

2位は、午後9時50分頃で、50.0%をマーク。

これは、朝ドラ「あまちゃん」コーナーで、能年玲奈さんや小泉今日子さん、薬師丸ひろ子さん達が出演し、最後に「地元に帰ろう」を皆で歌って、能年さんが挨拶した場面でした。

3位は、午後10時50分頃で、48.5%を記録。

これは、AKB48からの卒業を電撃発表した大島優子さんに、司会の嵐、二宮和也さんが、突っ込んで質問した辺りでした。

 

どれも予想通りの順番でした(^^)

尚、関西地区では午後11時43分の53.3%で、出演者全員でフィナーレとなる「蛍の光」を歌っている瞬間でした。

これは変わってますね(^^;)

関西は、その前の勝敗発表が気になったのでしょうか?

ちなみに、白組が勝ちました♪(^^)

 

<PS> (1/7(火)夜9時半頃 追加)

【歌手別視聴率ベスト5】(サンスポの記事より)

1位、北島三郎 (50.7%)

2位、DREAMS COME TRUE (50.0%)

3位、AKB48(二宮が大島に卒業について詳しく聞いた所) (48.5%)

4位、SMAP (48.1%)

5位、福山雅治(47.3%)と きゃりーぱみゅぱみゅ(47.3%)

上記のサンスポの記事によると、ドリカムが50.0%で、あまちゃんコーナー47.0%で7位と低くて、不思議です(汗)

下記の他の記事では、あまちゃんコーナーが瞬間視聴率50.0%になっていて、ベスト3にドリカムが入っていないです(汗)

私が録画をチェックしたところ、午後9時50分頃は、丁度、能年さんの挨拶が終わって、ドリカムが始まる所だったので、どちらに入れるのか微妙だったのかな?(^^;)

夕刊フジは、歌手別ベスト5は、これといっしょですが、あまちゃんコーナーは瞬間視聴率50.0%として、番外で載せています。

 

【参考ニュース】

サブちゃん紅白瞬間最高視聴率50・7%

「紅白」あまちゃん続編で視聴率50%、1位は北島が有終美、3位はAKB大島卒業

紅白の最高視聴率、50.7% 北島三郎さん歌う瞬間

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪(^^)

2014年1月 6日 (月)

【軍師官兵衛】初回感想と視聴率西高東低「生き残りの掟」

第1話「生き残りの掟」

1月8日(水)の「歴史秘話ヒストリア」で、「これが乱世を生きる道 ~軍師 官兵衛 美しき人生~」をやります。

1月10日(金)の「あさイチ」プレミアムトークに、岡田准一さん(官兵衛役)が出演予定です。

初回視聴率は、西高東低で、関西地区は23.0%で良かったですが、関東地区18.9%でした。

いつも比較に出されるのは、関東地区の視聴率で、18.9%は、ここ10年の大河の中で、「平清盛」(平成24年)の17.3%に次ぎ、2番目に低い数字でした。

昨年の「八重の桜」初回は21.4%です。

綾瀬さんの方が数字を持っているのかもしれません(^^;)

舞台が播磨、姫路なので関西は良かったのでしょうけれど、関東の低視聴率、意外でした。

私は、初回、子供時代が良かったと思います♪

語りは、もう少し、若い人の方が良かったではないでしょうか?

藤村志保さんは、気品があって、おしとやかで好きですが、何かの役でお姿が出てきた方が良かったと思います。

主役の岡田准一さんを最初に出すために、まず天正18年(1590年)の小田原の豊臣秀吉の本陣から始まり、オープニング曲の後で、永禄元年(1558年)に遡りました。

官兵衛は、子供で、名前は万吉、若山耀人くんに替わりました。

万吉役の若山耀人君は可愛かったし、演技もうまかったです♪

万吉が子供の頃の失敗と、軍師になりたいと思っていく気持ちの変化が端的に表現されていて、分かり易かったです。

岡田准一さん、私は好きだし、演技もうまいと思っていたのですが、予想外にイマイチでした(汗)

もうちょっとオーバーに足を引きずった方が良かったのでは?

天正18(1590)年、小田原。天下統一を目前にした豊臣秀吉(竹中直人)の大軍が最後の敵、北条の小田原城を包囲していました。

死を覚悟で抵抗する敵を降伏に導いたのは、軍師・官兵衛の捨て身の説得でした。

官兵衛「殿下、人は殺せばそれまで。生かしてこそ、使い道があるのでございます」

豊臣秀吉の本陣で、官兵衛はそう進言。

1人で、小田原城へ降伏の説得に行きました。

弓矢や鉄砲の弾が沢山、官兵衛目がけて放たれましたが、なかなか当たらず、1つだけ顔を鉄砲の弾がかすって血が滲みました。

たった一人の殆ど止まった敵相手に、こんなに当たらないなんて、皆、とてもヘタで、負けるのは当然でしょう(^^;)

それとも、話し合いするつもりがあって、わざと外したのかな?

ようやく弾が顔をかすって血が滲むところはベタでしたが、カッコ良かったです♪(^^)

官兵衛「国滅びてはまたと還らず。

 死人はまたと生くべからず。

 方々、命を粗末になさるな。 生きられよ!」

このセリフ、立派ですが、このシーンだけでは、敵が死を覚悟で抵抗しているとは分からず、命を粗末にするなと、官兵衛に言いたい位でした(^^;)

主役をカッコよく見せようとして、説明不足で空回りしたような気がしました(汗)

この辺で脱落した人もいるかも??(^^;)

 

そして、オープニングの後、永禄元年(1558)年、播磨国にタイムワープ。

ここからは良かったです♪

姫路城主の黒田職隆(柴田恭兵)の嫡男の万吉は、夢中になるとトイレに行くのも忘れてしまい、おもらししたり・・・(笑)

母のいわ(戸田菜穂)、労咳かな?病いで、儚げで優しそうで、素敵だったです♪

父の黒田職隆役の柴田恭兵さんも真面目そうで優しくて、素敵な父親でした♪

職隆は、小寺家筆頭家老で、小寺政職(片岡鶴太郎)のため真面目に働いていましたが、宿敵である赤松家から寝返らないかと誘われました。

赤松家が播磨を平定したら、姫路と御着一円を領地にくれると・・・

職隆は、小寺家に恩義があると、きっぱり断りました。

でも、向こうは諦めませんでした。

そんな中、万吉は母によくなってほしくて、龍野の竜神池に薬草を摘みに、おたつ(幼少期:三池怜菜)と一緒に行きました。

もし、薬草を無事に持ち帰る事ができたら、何でも願いを叶えてあげると、万吉はおたつに言いました。

おたつ「私を万吉様のお嫁にして下さい」

万吉は驚き、照れましたが、「分かった。おたつを嫁にする」と約束しました♪

子供だから、嫁にするって意味、分かっているかな?(^^;)

身分の差があるんじゃないのかな?と思いましたが・・・

次回のあらすじと人物表を見ると、おたつは悲劇的な運命を辿りそう(汗)

この約束は伏線かも?(^^;)

次回は、「忘れえぬ初恋」です。

 

とにかく、薬草を取りに行った所は、敵の赤松領内で、2人は捕まってしまいました(汗)

万吉を迎えに向かった職隆は、再び赤松(団時朗)に寝返らないかと誘われましたが、断りました。

断ったら殺されそうな気がしましたが、無事に帰れて良かったですね。

薬草を持って帰った万吉を、いわは叩きました。

いわ「万吉、何故、母が叩いたか分かりますか?

 おまえの軽はずみな行いが、どれだけ皆に迷惑をかけたと思っているのです!

 今日、おまえは無断で龍野に行きました。あそこは敵の領内。

 父上はおまえを迎えにその敵の領内へ入るしかなかった。

 これがどんなに危うい事か分かりますか?

 親子共々、殺されてもおかしくないのですよ!

 小兵衛は、全ては己の不徳の致すところと父上がお留守の間に切腹しようとしました」

万吉「切腹?!」

いわ「勿論、私は止めました。おまえが死ぬなら私も死ぬと。

 万吉、おまえはこの家の嫡男なのです。

 おまえの振る舞い次第で、人が命を落とす事にもなるのです。

 おまえは一人で生きているのではないのですよ! 分かりますか?」

万吉、頷く。

いわ「だったら母と約束しておくれ。

 これからは父上の言う事をよく聞くと。そして武家の嫡男としての覚悟を持つと。

 約束できますか?」

万吉「はい」

いわ「さあ、薬草を下さい。母のためにわざわざ摘んできてくれたのですね」

 

いわの叱った内容も素晴らしかったですが、叱っただけではなくて、ちゃんとその後に、万吉が自分のために遠くまで行って薬草を取ってきてくれた事への感謝もしたので、バランスが取れていましたね。

最高の叱り方でした♪

いわ「万吉、まっすぐ生きるのですよ。

 母は、ず~っとあなたを見守っていますからね」

 

これはまるで母の遺言のようでした。

母にも薬を飲んで病と治すと約束して貰いましたが、その直後のシーンで亡くなっていました。

その後、万吉は人が変わったかのように熱心に勉強し、いい子になりました。

そして、父の留守中、野武士が何度も来て、田畑を荒らしたり、人を殺したりしました。

実は上で指図している人がいるのを、万吉は目撃。

その指図した人が偶然、黒田家を訪れ、石川源吾(升毅)の家臣の吉田平蔵(山本芳郎)だと分かりました。

それを本人達が帰った後、父・職隆に言いました。

なぜ彼らがいる時に言わなかったのか、職隆は聞きました。

もし、あの場だったら自分達は斬られていたかもしれないと。

万吉「三略にいわく、謀は密なるをもってよしとす」

職隆「相分かった」

そして、家臣が吉田を闇で問い詰めて殺害。

裏で糸引くのは石川だったと分かり、小寺家の重臣達の前で報告しました。

職隆「石川の狙いは某に謀反の疑いをかけ、小寺家と離反させる事にありました」

無事、職隆の謀反の疑いが解けて、良かったですね♪

万吉、お手柄で、職隆、おまえのお陰だと、万吉に感謝しました。

万吉、褒められて、嬉しそうでした♪

それにしても、石川さん、職隆の味方かと思いましたが、卑怯な手を使って嫌な人でした(汗)

彼だけ赤松に寝返りました。

戦国時代なので、寝返りはよくある事のようです(汗)

 

その頃、織田信長(江口洋介)が桶狭間の戦いで、今川義元を討ち取りました。

祖父の黒田重隆(竜雷太)が驚いて、万吉と、伊吹 善右衛門(尾藤イサオ)と話しました。

伊吹は、広峯神社の御師で、おたつの父です。

重隆「尾張のうつけ殿が海道一の弓取りと言われた今川義元を討つとはな。

 時代は変わったのう」

万吉「なぜそうと知ったのです?

 今川義元がその桶狭間という所で休んでいるのをなぜ織田方が・・・

 誰かが知らせたのですか?」

伊吹「その通り、梁田なにがしが信長殿に知らせたらしい。

 敵の大将の首を取った者より、敵の居場所を教えた者の方が受けた恩賞は遥かに多かったそうです」

万吉「面白い・・・信長という人は実に面白い」

万吉、信長に興味を持ったようです♪(^^)

 

そして、永禄4年(1561年)、万吉は16歳になり元服。

名を黒田(小寺)官兵衛孝高と改め、岡田准一さんに替わりました。

(終)

子供時代、たった1回で終わってしまい、短かったですね。

もう少し長くても良かったのでは?

江口洋介さんの織田信長は、イメージに合っている感じでした♪

豊臣秀吉(木下藤吉郎)は、竹中直人さんですが、かなり年ですね(^^;)

でも、従来のイメージ通りのキャラのような気がします。

官兵衛の妻の光(てる)は中谷美紀さんで、官兵衛の嫡男の黒田長政は、松坂桃李さん、

秀吉の正室・おねは黒木瞳さんで、信長の正室・お濃は内田有紀さん、

石田三成は田中圭さん、竹中半兵衛は谷原章介さん、

足利義昭は吹越満さんで、顕如は眞島秀和さんなど、

これから登場の豪華キャストも楽しみです♪(^^)

 

【脚本】 前川洋一

【音楽】 菅野祐悟

【語り】 藤村志保

 

【第1話あらすじ】 (Yahooテレビより)

天正18(1590)年、小田原。天下統一を目前にした豊臣秀吉の大軍が最後の敵、小田原城を包囲していた。死を覚悟で抵抗する敵を降伏に導いたのは、軍師・官兵衛の捨て身の説得だった。さかのぼって永禄元(1558)年、播磨国。姫路城主の嫡男・万吉(後の官兵衛=若山耀人)は好奇心旺盛な少年だった。父・職隆(柴田恭兵)は、主君である小寺政職(片岡鶴太郎)の領地を守るため日々奮戦していたが、宿敵である赤松家から裏切りを誘う調略の手が伸び始める。そんな中、万吉は病弱な母・いわ(戸田菜穂)の薬草を摘みに赤松領内に入ってしまう。万吉を迎えに向かった職隆は、再び赤松(団時朗)に裏切りを誘われる。時を同じくして、木下藤吉郎(竹中直人)は、織田信長(江口洋介)と運命の出会いを果たす。

 

【キャスト】

黒田官兵衛(岡田准一)(少年期:万吉(若山耀人))

黒田職隆(柴田恭兵)官兵衛の父。播磨姫路城主。小寺家家老。
黒田重隆(竜雷太)官兵衛の祖父。黒田家先代当主。
いわ(戸田菜穂)官兵衛の母。小寺政職の養女だった。
 
黒田休夢(隆大介)官兵衛の叔父。
井出友氏(飯田基祐)官兵衛の叔父。
母里小兵衛(塩見三省)黒田家の重臣。官兵衛の傅役。
母里武兵衛(永井大)(少年期:大嶋康太)小兵衛の子。
お菊(高畑こと美)いわの侍女。
栗山善助(濱田岳)
母里太兵衛(速水もこみち)
 
小寺政職(こでらまさもと)(片岡鶴太郎)播磨御着城主。黒田家の主筋。
小河良利(磯部勉)小寺家家老。
江田善兵衛(上杉祥三)小寺家家老。
石川源吾(升毅)小寺家の重臣。
吉田平蔵(山本芳郎)石川源吾の家臣。
 
伊吹善右衛門(いぶき ぜんえもん)(尾藤イサオ)広峯神社の御師。
おたつ(南沢奈央)(幼少期:三池怜菜)善右衛門の娘。
伊吹文四郎(遠藤要)
赤松政秀(団時朗)播磨龍野城主。
円満(麿赤兒)龍野西方寺の僧侶。

 

公式HP・戦国略年表(官兵衛中心)

公式HP・人物相関図

公式HP・次回あらすじ

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できればクリック、お願いします♪(^^)

2014年1月 4日 (土)

ネタバレ【ごちそうさん】第14週日別粗筋(1/6~1/11)

1月6日(月)のスタパ高畑充希さん(希子役)が出演予定です。

1月4日(土)の「今年もウマい『ごちそうさん』」(ネタバレ・子供キャストの紹介)のレビューはこちらです。

これは、来週(第14週)「アイスる力」の日別のあらすじです。

副題の「アイス」は、第9週「君をあいス」に続き、2回めです。

昭和7年(1932年)に飛び、め以子は子供が3人います。

長女のふ久(ふく)(辰見 朋花)と、長男の泰介(たいすけ)(三澤 瑠斗)、次男の活男(かつお)(二宮 輝生)です。 

活男(かつお)君を始め、子供の名前、皆、魚関連っぽくて、「サザエさん」みたいです(^^;)

希子ちゃんが、ラジオ放送局のアナウンサーとはじぇじぇじぇです♪(^^)

そして、悠太郎(東出昌大)は、病院で亜貴子(加藤あい)と再会♪

朝ドラ恒例の軽い不倫話が始まりそうです(^^;)

 

<日別あらすじ 第14週(第79~84回)(1/6(月)~1/11(土))> (Yahooテレビより)

第79回[1/6(月)]

昭和7年。悠太郎(東出昌大)は、竹元(ムロツヨシ)から大阪市の地下鉄建設への参加を命じられるが、現場は悪条件がそろい、苦労する。希子(高畑充希)は、できたばかりのラジオ放送局のアナウンサーに。め以子(杏)は、3人の子の母になった。ラジオ番組のレシピ募集に応募を繰り返すが、「ミセスキャベジ」なるライバルにしょっちゅう負ける。め以子は、長女・ふ久(原見朋花)が食べものに全く興味がないことに悩んでいた。

第80回[1/7(火)]

め以子(杏)が作るアイスクリームは近所の子どもたちにも大人気。だが、ふ久(原見朋花)の反応は薄い。ふ久が、近所の男子に石でけがをさせ、問いただすめ以子に、石を落としただけだと答える。め以子は、怒っている男子の母親から「ふ久は普通ではない」と言われて落ち込む。しかも翌日には小学校でボヤ騒ぎを起こし停学に。大してこたえていない様子のふ久に、追いつめられた気持ちになっため以子は、ついに怒鳴ってしまう。

第81回[1/8(水)]

め以子(杏)は、ふ久(原見朋花)が小学校を停学になり、やりきれない。工事現場から疲れて戻ってきた悠太郎(東出昌大)に相談しようとして逆に母親の自覚を問われ、言い合いに。正蔵(近藤正臣)と静(宮崎美子)は、ふ久には聞かせまいとする。翌日、家にいることになったふ久は、湯気のたつやかんを見て、め以子に「理由」を問いかける。め以子は、ふ久と正蔵の会話から、ふ久がこれまでやったことの意味をようやく知る。

第82回[1/9(木)]

め以子(杏)は、ラジオ番組のレシピ紹介への応募で、またも「ミセスキャベジ」に敗れる。地下鉄工事現場で苦労していた悠太郎(東出昌大)は、事後報告しようとしていた一件が竹元(ムロツヨシ)にばれ、ひともんちゃく。め以子は、家では食欲を見せないふ久(原見朋花)が露店のアイスクリンを勢いよく食べるのを見て傷つく。一方、希子(高畑充希)は、ラジオ局から帰ろうしたところを、不気味な男から声をかけられ、おびえる。

第83回[1/10(金)]

め以子(杏)は、ふ久(原見朋花)に「アイスクリンを食べたい」と言われ、はりきる。子どもたちとみんなで作り、これまでふ久が「おいしい」と言わなかったわけが分かる。め以子の料理しか食べてこなかったふ久は、それを格別においしいという意味が分からなかったのだ。悠太郎(東出昌大)が、工事現場での言い合いの果てに突き飛ばされ、資材の下敷きになった。悠太郎は、けがの治療に向かった病院で、意外な人物に再会する。

第84回[1/11(土)]

悠太郎(東出昌大)は、病院で亜貴子(加藤あい)と再会すると、駆けつけため以子(杏)を置いて、そそくさと工事現場に戻った。ケガの原因となった現場での言い合いは決着したが、悠太郎は亜貴子のことが気になってしかたがない。ふ久(原見朋花)は、め以子ががんばって"見えない力で"ご飯を作るのだからと懸命に食べ、め以子を感動させる。そんな折、消毒のために病院に行った悠太郎は、亜貴子の思いがけない告白に動揺する。

 

「今年もウマい『ごちそうさん』」よりネタバレ・子供キャスト

 

公式HP・め以子のごはん帳・目次

 

次回朝ドラ「語り」に美輪明宏さん決定♪&『花子とアン』人物表(2013.10.24)

朝ドラ史上初 外国人ヒロイン『マッサン』(2014年後期)(2013.11.18)

 

【日別あらすじ】 (Yahooテレビの粗筋まとめ)

第7週(第37~42回)(11/11~11/16)「たいした始末」

第8週(第43~48回)(11/18~11/23)「ごめんなすって」

第9週(第49~54回)(11/25~11/30)「君をあいス」

第10週(第55~60回)(12/2~12/7)「祭りのハーモニー」

第11週(第61~66回)(12/9~12/14)「大嫌いっていわしたい」

第12週(第67~72回)(12/16~12/21)「ごちそうさんまでの日々」

第13週(第73~78回)(12/23~12/28)「ふくが来た!」

 

【過去レビュー】 (感想と詳細あらすじ)

第8週(11/18~11/23)「ごめん茄子って」&第7週視聴率

第9週(11/25~11/29)「君を愛す」&第8週平均視聴率22%超え♪

第10週(12/2~12/7)「祭りのハモニカ」&第9週視聴率好調♪

第11週(12/9~12/14)「大嫌いって鰯たい」&第10週視聴率

第12週(12/16~12/21)「ごちそう秋刀魚・鍋底大根」&第11週視聴率

第13週(12/23月~12/26木)&前半感想&第12週視聴率

 

 


ゆず/雨のち晴レルヤ/守ってあげたい 連続テレビ小説「ごちそうさん」OPソング 【CDシングル】


【送料無料】 NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」公式レシピブック / NHKドラマ制作班 【単行本】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪(^^)

「今年もウマい『ごちそうさん』」よりネタバレ・子供キャスト

『ごちそうさん』、ドラマは1月6日(月)から再開します。

1月4日(土)朝8時から、「今年もウマい『ごちそうさん』」をやりました。

この内容、前半は、主要人物の思い出のシーンの紹介で、後半は今後の「ごちそうさん」の紹介でした。

好きなシーン、め以子役の杏さんは、和枝さんのイケズのシーンとの事。

悠太郎役の東出昌大さんは、逆プロポーズのシーンだそうです。

「お断りします」と悠太郎が言うのは、きつかった、辛かっただろうとの事でした。

源太役の和田正人は、初めて悠太郎と対峙した所だそうです。

お静さん役の宮崎美子さんは、和枝ちゃんとのあれこれだそうです。

ちなみに、今後も和枝さんは再登場するそうです。

 

今後の「ごちそうさん」ですが、次週(1/6(月))からは昭和7年(1932年)で、子供が3人になります

そして、引っ込み思案だった希子(高畑充希)ちゃんが花の職業婦人・アナウンサーになるそうです♪

じぇじぇじぇです(^^)

め以子は子育てに追われ、悠太郎は大阪初の地下鉄建設にまい進するそうです。

和枝(キムラ緑子)さんも再登場します。

 

そして、1月27日(月)からは、更に月日が飛び、子供達のキャストが替わるそうです。

子供達のキャストは次の通りです。

 

     役名     1/6(月)~1/25(土)  1月27日(月)~

[長女] ふ久(ふく)     辰見 朋花      松浦 雅

[長男] 泰介(たいすけ)  三澤 瑠斗      菅田 将輝

[次男] 活男(かつお)   二宮 輝生      西畑 大吾

 

かつおなんて、「サザエさん」みたいな名前ですね(^^;)

長男は、「たいすけ」で、鯛だし、「ふく」を河豚(ふぐ)と考えると、皆、魚っぽいし(汗)

長女・ ふ久は、子供の頃は変わり者で、十代になると、物理にしか興味がないオタクで父親譲りの理系女子になるそうです。

でも、好きな事に対してひたすら頑張る姿は母親・め以子にそっくりだそうです。

長男・泰介は、子供の頃は父親譲りの優等生で、中学2年の15歳の時は野球部所属でキャッチャーをしているそうです。

周りをすごく見て、責任感があり、我慢に慣れているとの事。

次男の活男は、子供の頃は、め以子にそっくりな食いしん坊で、十代になると、お料理が大好きで、将来、コックさんになりたいと思っていて、中身が熱いそうです。

 

後半の『ごちそうさん』、1月6日(月)から始まります。

お楽しみに☆(^^)

後で、いつもの来週のネタバレもアップする予定です。

 

【視聴率推移】 (週間最高視聴率)

                    関東        関西      北海道

初回視聴率(9/30月)       22.0%       18.2%      17.9%

第1週「いちご一会」    22.0%(9/30月)  19.7%(10/5土) 17.9%(9/30月)

第2週「黄身と出会った」  22.5%(10/9水)  21.7%(10/9水) 16.5%(10/12土)

第3週「なっとうくう!」  27.3%(10/16水)  21.4%(10/16水) 16.7%(10/16水) 

第4週「こころをコメて」   24.3%(10/26土)   22.2%(10/25金) 18.7%(10/26土)

第5週「フォンとうの気持ち」23.2%(10/29火)  21.5%(10/30水) 20.0%(11/2土)

第6週「こんぶねーしょん」 22.2%(11/8金)   22.4%(11/8金) 18.4%(11/6水)

第7週「たいした始末」   22.5%(11/14木)  22.1%(11/13水) 17.5%(11/14木)

第8週「ごめんなすって」  23.6%(11/22金)  22.7%(11/22金) 17.8%(11/22金)

第9週「君をあいス」        24.6%(11/29金)  24.2%(11/29金) 20.5%(11/30土)

第10週「祭りのハーモニー」 24.5%(12/2月) 23.1%(12/6金) 20.0%(12/2月)

第11週「大嫌いっていわしたい」25.2%(12/13金)24.1%(12/10火)22.0%(12/13金)

第12週「ごちそうさんまでの日々」24.7%(12/18水)23.2%(12/20金)21.8%(12/21土)

第13週「ふくが来た!」          23.0%(12/27金) 23.0%(12/26木) 23.5%(12/28土)

 (くらのすけさん、三連星さん、関西と北海道の視聴率情報、感謝♪)

 

公式HP・め以子のごはん帳・目次

 

【日別あらすじ】 (Yahooテレビの粗筋まとめ)

第10週(第55~60回)(12/2~12/7)「祭りのハーモニー」

第11週(第61~66回)(12/9~12/14)「大嫌いっていわしたい」

第12週(第67~72回)(12/16~12/21)「ごちそうさんまでの日々」

第13週(第73~78回)(12/23~12/28)「ふくが来た!」

 

【過去レビュー】 (感想と詳細あらすじ)

第10週(12/2~12/7)「祭りのハモニカ」&第9週視聴率好調♪

第11週(12/9~12/14)「大嫌いって鰯たい」&第10週視聴率

第12週(12/16~12/21)「ごちそう秋刀魚・鍋底大根」&第11週視聴率

第13週(12/23月~12/26木)&前半感想&第12週視聴率

 

 


ゆず/雨のち晴レルヤ/守ってあげたい 連続テレビ小説「ごちそうさん」OPソング 【CDシングル】


【送料無料】 NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」公式レシピブック / NHKドラマ制作班 【単行本】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪(^^)

2014年1月 2日 (木)

紅白後半視聴率「半沢」超え年間1位&ガキ使SPも歴代最高♪

2013年大晦日の『第64回NHK紅白歌合戦』の平均視聴率が今日(1/2)、ビデオリサーチより発表されました。

関東地区では前半(午後7:15~8:55)が36.9%(前回33.2%)、後半(午後9:00~11:45)が44.5%(前回42.5%)でした。

後半の視聴率は、2008年から6年連続で後半40%超えを記録したそうです。

2003年に記録した45.9%以来の高水準でした♪

そして、「半沢直樹」最終話の平均視聴率42.2%を上回って、2013年の年間1位となりました♪

始まる前は、「半沢直樹に負けるかも?」と噂されていたので、紅白の面目を保てて良かったです♪(^^)

尚、各地方の視聴率は下記の通りです。

 

関東地区・・・前半36.9%(前年33.2%)、後半44.5%(前年42.5%)
関西地区・・・前半36.8%(同32.6%)、後半43.8%(同39.9%)
名古屋  ・・・前半41.3%(同37.9%)、後半47.7%(同45.8%)
北部九州・・・前半34.4%(同31.1%)、後半40.3%(同38.1%)
札幌地区・・・前半32.8%(同29.2%)、後半36.7%(同40.4%)
仙台地区・・・前半36.1%(同35.8%)、後半39.9%(同41.0%)
広島地区・・・前半37.2%(同34.0%)、後半39.7%(同39.6%)
静岡地区・・・前半44.0%(同41.0%)、後半50.3%(同46.3%)
福島地区・・・前半44.2%(同36.8%)、後半48.7%(同45.2%)
新潟地区・・・前半48.7%(同50.1%)、後半52.7%(同54.4%)
岡山・香川・・前半33.6%(同32.5%)、後半36.9%(同40.8%)

 

昔は、前半は後半よりかなり低かったですが、最近は前半もかなり上がってきて、後半と大差ないですね。

福島の前半の伸びが大きいですが、大河主演で司会だった綾瀬はるかさん効果でしょうか?

名古屋も前半の伸びが大きいです。

新潟地区は前年より落ちましたが、それでも後半50%以上で、すごいです♪

 

司会の綾瀬さんが、冒頭から天然ぶりを発揮し、よくトチったので、逆に、トチるのを見たくて、つい見てしまったという人もいるかも?(^^)

そして、あちこちに散りばめた「あまちゃん」企画や、北島三郎さんの紅白卒業企画や、AKB48の大島優子さんのAKB卒業宣言のサプライズなど、いろいろ視聴率アップの要素があったと思います。

大島さんのAKB卒業宣言は、賛否両論だったと思いますが、少なくとも視聴率アップには貢献したのではないかと思います(^^)

その後のAKB48出演の番組でも、この卒業について、もっと詳しくメンバーが本人に聞いていました。

それによると、少なくともこれは紅白のスタッフとは相談の上の発表だったとの事です。

 

尚、裏の恒例の日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しSP 絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時!」の平均視聴率が第1部19.8%(午後6:30~9:00)、第2部17.2%(午後9:00~0:30)を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

「第64回NHK紅白歌合戦」と同時間帯の民放トップで、「笑ってはいけない」シリーズ歴代最高をマークしたそうです。

歴代最高の視聴率で20%近かったとは、すごいですね♪

裏の視聴、分散されていたのが、この番組に1本化されてきたようです。

私は紅白しか見てなかったので、分かりませんが、夫はこちらも見ていました。

その他いろいろチャンネルを替えてばかりいました(汗)

 

関係ありませんが、今夜の「新参者」シリーズのスペシャルドラマ「眠れる森」(午後9:00~11:33)、楽しみです♪

明日(1/3)の「鍵のかかった部屋」スペシャルドラマ(午後9:00~11:30)と、「おみやさん新春スペシャル」(午後7:00~8:54)も楽しみです♪(^^)

 

【参考ニュース】

紅白 過去10年で最高の視聴率 6年連続40%超「半沢直樹」を上回る

【紅白】視聴率 関東で後半44.5% 都市部で上昇傾向

「紅白」視聴率44.5%=「半沢」超え年間トップ

ガキ使大みそかSP 歴代最高19・8%!紅白裏民放トップ

 

 


送料無料!!【DVD】【24%OFF】新参者 DVD-BOX/ 阿部寛 [TCED-886]

 


【送料無料】鍵のかかった部屋 DVD-BOX 【DVD】

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪(^^)

2014年1月 1日 (水)

謹賀新年♪&紅白感想(大島さんAKB卒業)(2013年→2014年)

明けましておめでとうございます♪ٻλ

旧年中は、お世話になりました♪(^^)

今年もよろしくお願いします♪

 

2013年、私が好きだったドラマのベスト5は、次の通りです。

(1)半沢直樹  (2)あまちゃん  (3)ドクターズ  (4)ラスト・シンデレラ  (5)信長のシェフ

 

ミーハーなので、視聴率と好きなドラマが一致する事が多いです(汗)

 

昨年は、体調不良や、自分の能力低下?などで、以前ほど、ドラマレビューが書けなくて、イマイチでした(^^;)

目がドライアイで、手が腱鞘炎なんで、今年は、体調を万全にする事をまず第一にして、PCは少し控え目にしたいと思います(^^;)

と言いながらも、私からブログを取ったら、普通のつまらないおばさんになってしまうので、きっと昨年と同じようになりそうな気がします(汗)

もっと早くレビューを書けるようになりたいです。

 

先程、ブログを書きながら、第64回NHK紅白歌合戦(2013年)を見終わりました。ޥ

結局、白組が圧勝でした♪餭

綾瀬はるかさん、上がってしまったのか、よく間違えたし、歌もイマイチだったかも?(^^;)

でも、綾瀬さんはトチっても可愛いです♪(^^)

嵐、4年連続4回目の司会で、余裕の立派な司会ぶりでした♪(^^)

 

能年玲奈さんが何度も登場し、「あまちゃん」がいろいろな場面で出てきたので、じぇじぇじぇでした♪

そして、私の聞きたかった「暦の上ではディセンバー」と「潮騒のメモリー」と「地元へ帰ろう」、3曲ともやってくれたので、嬉しかったです♪

あ、テーマソングもオープニングでやったので、合計4曲ですね♪(^^)

アメ女の有馬めぐ(足立梨花さん)、成田りな(水瀬いのりさん)、ベイビーレイズもアメ女役で登場♪

ドラマ内の北三陸の皆も寸劇で登場♪

審査員でもあった宮藤官九郎さんの脚本、良かったと思います♪å

ユイが三陸鉄道とアキパパのタクシーで紅白の会場に駆けつけ、潮騒のメモリーズで「潮騒のメモリー」を歌うとの設定でした。

ちゃんと潮騒のメモリーズと春子さん、鈴鹿ひろ美さんが「潮騒のメモリー」を歌ってくれました♪

薬師丸さんは、ドラマが9月末に終わってその直後の自分のコンサートで、この曲を歌わなかったとの事だったので、私は密かに歌ってくれるだろうかと心配でした(汗)

でも、ちゃんと薬師丸さんも歌ってくれたので良かったです♪

ドラマ内と同じ着物でした(^^)

同じ曲を3組が歌うと、歌唱力が比較されてしまって、シビアですね(汗)

やはり薬師丸さんが一番、良かったと思います♪(^^)

最後に皆で「地元に帰ろう」を歌いました♪

 

鉄拳さんの「こんな紅白はイヤだ!」、時間がおしてしまって、カットされてしまい、お気の毒でした(汗)

 

AKBの大島優子さん、紅白内で、AKB卒業を宣言したので、じぇじぇじぇでした

でも、もう何人も卒業しているので、大島さんも遂に決断したかと思いました。

1人になってどれだけ通用するか分かりませんが、頑張って下さい(^^)

 

あと印象に残ったのは、有働由美子アナウンサーのセクシーなドレス♪

ちょっと似合わなかったような気がしたのは私だけ?(^^;)

 

ゴールデンボンバーの鉄棒や体操、メンバーが本当にやっているのかと思ったら、よく似た体操の選手でした(笑)

本当にやっているのかと思いました(笑)

印象に残ったのはその位でしょうか?

 

視聴率は、何日に発表されるのか分かりません。

分かり次第、お伝えします。

紅白の宣伝、今回は事前にかなり多かったので、「半沢直樹」を上回れますように☆(^^)

 

それでは今年もこんな感じでゆる~く、視聴率を中心に、ミーハーな話題でやっていきたいと思います。

今年もよろしくお願いします♪(^^)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪(^^)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30