無料ブログはココログ

« 春ドラマ視聴率一覧(8)と感想 | トップページ | 【軍師官兵衛】第19回 感想と視聴率「非情の罠」 »

2014年5月12日 (月)

16年大河、真田幸村主役の「真田丸」、脚本:三谷幸喜氏

再来年(2016年)のNHK大河ドラマは、戦国時代の英雄的武将・真田幸村を主人公とした「真田丸」と公式発表されました。

脚本家は、既に数日前に発表されていて、三谷幸喜氏(52歳)です。

タイトルの「真田丸」は幸村が大坂の陣で築いた砦の名前だそうです。

戦国の荒波に立ち向かう真田家を一艘の船に例えたとの事。

 

真田幸村は嫌いじゃないですが、今年の大河も戦国時代で、1回間をおいただけで、また戦国時代です(汗)

2014年『軍師官兵衛』、2011年『江』、2007年『風林火山』、2006年『功名が辻』、2002年『利家とまつ』など、大河、戦国時代、多いですね(^^;)

視聴率が取れるからでしょうか?(^^;)

 

三谷氏の大河ドラマ脚本は2004年にSMAPの香取慎吾さん(37)が主演した「新選組!」以来2度目。

主役の俳優は、まだ決まっていません。

昨年の三谷氏の映画『清須会議』に主演した役所広司さん(58)や、佐藤浩市さん(53)らベテラン勢の名前が挙がっているそうですが、誰に決まるでしょうか?

 

このところ、若手の主役が多いですが、役所さんや佐藤さんなど渋い実力派で本格時代劇も面白そうな気がします♪

三谷氏の脚本なら、誰が主役でも平凡にはならないでしょう(^^)

 

真田丸があったのは、大阪・天王寺区で、天王寺区の水谷翔太区長はとても喜んでいるそうです。

水谷翔太区長は「幸村ゆかりの自治体は複数あるが、真田丸があったのは天王寺区だけ。真田丸をタイトルにしてくれて本当にうれしい。16年の放映に向けて、真田丸復元、幸村博と取り組みを進め、全国に『真田のまち 天王寺』をPRしていきたい」と意気込んでいるとの事。

 

今年の姫路、一昨年の『平清盛』の兵庫県に続き、1年おきに関西が続いてますね(^^;)

最近は、自治体も町興しのために、大河に異常に期待している所が多いので、スタッフも大変でしょう(^^;)

『平清盛』は、兵庫県知事が「画面が汚くチャンネルを回す気にならない」などと発言して、話題になりました(汗)

『八重の桜』は、福島の復興に貢献しました。

でも、外野は気にしないで、いいドラマ、面白いドラマを作ってほしいものです♪(^^)

 

尚、来年(2015年)の大河は、『花燃ゆ』で、吉田松陰の末妹で久坂玄瑞の妻でもあった杉文(楫取美和子)が主役で、井上真央さんが演じます。

2度目の夫・楫取素彦(小田村伊之助)を、大沢たかおさんが演じます。

まだ、キャストが決まっているのは、この2人だけです。

女性が主役で、『八重の桜』みたいになりそうかも?(^^)

 

【参考ニュース】

16年大河の主人公は真田幸村「真田丸」脚本は三谷幸喜氏

天王寺区が「真田丸」ジオラマで再現へ―大河ドラマ決定で期待高まる /大阪

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

できればクリック、お願いします♪(^^)

« 春ドラマ視聴率一覧(8)と感想 | トップページ | 【軍師官兵衛】第19回 感想と視聴率「非情の罠」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/59632293

この記事へのトラックバック一覧です: 16年大河、真田幸村主役の「真田丸」、脚本:三谷幸喜氏:

» 16年大河、真田幸村主役の「真田丸」、脚本... [ショコラの日記帳]
再来年(2016年)のNHK大河ドラマは、戦国時代の英雄的武将・真田幸村を主人公とした「真田丸」と公式発表されました。脚本家は、既に数日前に発表されていて、三谷幸喜氏(52歳)です... [続きを読む]

« 春ドラマ視聴率一覧(8)と感想 | トップページ | 【軍師官兵衛】第19回 感想と視聴率「非情の罠」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック