無料ブログはココログ

« 16年大河、真田幸村主役の「真田丸」、脚本:三谷幸喜氏 | トップページ | 【花子とアン】第39回(5/14)&第6週「腹心の友」視聴率最高♪ »

2014年5月13日 (火)

【軍師官兵衛】第19回 感想と視聴率「非情の罠」

「非情の罠」

2016年の大河ドラマは、戦国時代の武将・真田幸村を主人公とした「真田丸」で、脚本家は三谷幸喜氏と公式発表されました。詳しくはこちらです。

第19回の視聴率は、前回の12.3%より上がって、13.7%(関東)でした。

前回はGWとはいえ、関東も関西も最低視聴率だったし、今回は官兵衛史上、とても大切な有岡城の牢に入れられてしまう回だったので、もう少し上がるかと思いましたが・・・(汗)

関西は、前回の14.9%より上がって、16.3%でした。

こちらは、前々回から落ちた分の丁度半分、戻しました♪

 

遂に、官兵衛、謀反を起こした村重の元に一人で説得に行ってしまいましたね(汗)

自分の主君・政職までもが村重と通じて、毛利方に寝返ってしまいました(汗)

小寺家が織田家と争えば、織田家の人質になっている官兵衛の息子・松寿丸の命が危ない。

九郎右衛門「御着を攻め落とすほかあるまい」

休夢達、多数はその意見に賛成しましたが、

官兵衛「主君に弓を引く事はならぬ。

 黒田家は御着の殿に拾われ、今日がある。

 その恩を忘れてはならぬ」

 

九郎右衛門の言った通り、御着を攻めれば良かったのに(^^;)

官兵衛は、黒田家の義が立たないという事と、子供の頃から政職の近習として働いてきたので、愛着もあり、きっとまた周りの意見に流されているだけだろう、話せばきっと心変わりしてくれるだろうと、政職を甘くみていました(汗)

そして、御着へ行って、政職を説得。

政職は、村重が謀反をやめるなら考え直すと言いました。

この辺はいつもの優柔不断な政職と同じようでしたが、最後のアップの目が違いました(^^;)

官兵衛は、その言葉を信じて、村重説得のため、半兵衛や秀吉など周囲の反対を振り切り、単身、村重のいる有岡城へ行ってしまいました(汗)

半兵衛に頼んで、自分の家臣達まで謀って(汗)

 

でも、秀吉と光秀が説得に行ってもダメだったのだから無理だと思いますが(汗)

秀吉はともかく、光秀は娘を村重の嫡男に嫁に出していたそうで、娘を返して貰いました。

光秀にとっては、逆に、この村重の事が後の心境に影響するのかもしれませんね?(^^;)

 

官兵衛はそれでも自分なら友達だから説得できると思ったのか、御着の殿の寝返りをなんとかするにはそれしか方法がないと思ったのか、決死の覚悟で有岡城へ行きました。

村重に出会った頃の夢の話とかして説得しましたが・・・

村重、心変わりするどころか、政職から村重に書状が届いていました。

 

官兵衛「ここで志を捨てるのは勿体のうございます」

村重「官兵衛、もうやめろ。おことが哀れに思えてきた」

村重は、官兵衛に政職からの書状を見せました。

それは、「官兵衛がそちらに行くので殺してくれ」という内容でした。

村重「それを読んで、わしは背筋が寒くなった。

 人間とは、かくも恐ろしき事を考えるものなのかと・・・

 大した悪党じゃ」

官兵衛「・・・殿が・・・政職様が、それがしを裏切った・・・」とショック。

村重「官兵衛、織田を見限り、わしに味方せぬか?

 我らが手を結べば、天下も夢ではないぞ」

官兵衛「お断わり申す!

 それがし、断じて裏切りはいたしませぬ!」

村重「おことこそ、裏切られたのだぞ!

 そのように人のよい事で、この乱世、生き残れぬわ!」

官兵衛「・・・覚悟はできております」

 

官兵衛は、兵達に囲まれ、逃げようと抵抗しましたが、縛られて、牢に入れられてしまいました(汗)

政職は毛利へ寝返る手土産のつもりで、官兵衛の死を企んだのかもしれませんが、村重、殺さなかっただけ、優しかったかな?(^^;)

官兵衛は刀を振り回したけれど、村重は「殺すな」と家臣に何度も言ったので、友情は感じていたのでしょう(^^;)

 

天正6年(1578年)11月、信長は自ら軍を率い、摂津へ出陣。

配下の武将たちも各地から続々と後に続き、摂津が巨大な戦場となって行きました。

官兵衛は傷だらけで、牢の中。

官兵衛の生涯で、もっとも苦難に満ちた日々が始まりました。

 

政職が官兵衛を裏切ったのは、この流れから行くと仕方ない気もします(^^;)

まず、以前、政職の子供を人質に出さずに、官兵衛の子供を人質に出した事、ここにきて、とても大きかった気がします。

一人息子でとても可愛がっていたから、自分の子供が人質にされていたら、政職も躊躇していたでしょう(^^;)

そして、以前は官兵衛を推してくれていたお紺が亡くなってしまったので、御着で官兵衛の味方がいなくなってしまいました(汗)

他の家臣は皆、毛利が好きみたいだったし・・・

織田は使い捨てにして怖いし・・・

官兵衛は、もう秀吉の家臣みたいな感じになってしまっていたので、政職にとっては、嫉妬心とか、もう自分の家臣でないみたいな思いもあったかも?(^^;)

毛利に味方したら播磨を貰えるという口車に乗ってしまったというだけの単純な事ではなく、そういういろいろな状況があったのだろうと思います。

なのに、官兵衛、秀吉の方ばかり見ていたので、御着の状況が変わったのに気付かずに、以前と同じような対策を取ってしまったので、失敗したのでは?(^^;)

官兵衛、ちょっと甘かったような気がします(汗)

もっと早くあんな無能な主君は見捨てて、正式に秀吉の家臣になっておけばよかったのに(^^;)

 

次回は、「囚われの軍師」

これで、松寿丸も危ない目に遭わされるのですが、まだ半兵衛が生きていて、良かったです(^^)

信長は怖いですが、秀吉と半兵衛は義を大切にするいい人なので、きっと守ってくれるだろうと期待します。

 

【第19回あらすじ】 (Yahooテレビより)

ついに村重(田中哲司)が信長(江口洋介)に謀反を起こす。右近(生田斗真)ら摂津の諸将も反織田包囲網に加わり、戦の準備を着々と進めていた。秀吉(竹中直人)や光秀(春風亭小朝)らの説得にも村重は応じず、信長は激しい怒りを感じていた。そんな中、官兵衛(岡田准一)の元に主君・政職(片岡鶴太郎)までもが毛利方に寝返ったという知らせが入る。もし主君である小寺家が織田家と争えば、織田家の人質になっている官兵衛の息子の命が危ない。何とか政職を説得しようとする官兵衛に、政職は村重が謀反をやめるなら考え直すと言う。官兵衛は村重説得のため、半兵衛(谷原章介)ら周囲の反対を振り切り、決死の覚悟で単身、村重のいる有岡城へ向かう。だが、それは人生最大の苦難の始まりだった。

 

視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1回]18.9%(関西23.0%)  [第2回]16.9%(関西17.8%)

第3回]18.0%(関西18.3%)  [第4回]16.5%(関西19.8%)

第5回]16.0%(関西21.8%)  [第6回]15.0%(関西15.8%)

第7回]15.2%(関西19.3%)  [第8回]16.1%(関西16.8%)

第9回]15.4%(関西19.0%)  [第10回]15.7%(関西18.9%)

第11回]15.8%(関西15.7%)   [第12回]15.8%(関西17.9%)

[第13回]12.9%(関西15.1%)   [第14回]14.9%(関西15.8%)

[第15回]14.9%(関西18.3%)   [第16回]16.2%(関西17.9%)

[第17回]15.6%(関西17.7%)   [第18回]12.3%(関西14.9%)

[第19回]13.7%(関西16.3%)

 

16年大河、真田幸村主役の「真田丸」、脚本:三谷幸喜氏

公式HP・次回あらすじ

関西の先週の視聴率一覧(くらのすけさんのブログ)


 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

できればクリック、お願いします♪ (^^)

« 16年大河、真田幸村主役の「真田丸」、脚本:三谷幸喜氏 | トップページ | 【花子とアン】第39回(5/14)&第6週「腹心の友」視聴率最高♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/59637273

この記事へのトラックバック一覧です: 【軍師官兵衛】第19回 感想と視聴率「非情の罠」:

» 【軍師官兵衛】第19回感想と視聴率「非情の... [ショコラの日記帳]
「非情の罠」2016年の大河ドラマは、戦国時代の武将・真田幸村を主人公とした「真田丸」で、脚本家は三谷幸喜氏と公式発表されました。詳しくはこちらです。第19回の視聴率は、前回の... [続きを読む]

» 大河ドラマ「軍師官兵衛」第19回 [日々“是”精進!]
  第十九回「非情の罠」村重が信長に謀反を起こし、右近ら摂津諸将も反織田包囲網に加わった。秀吉の説得も物別れに終わる中、官兵衛のもとに主君・政職まで毛利方に寝返ったとい... [続きを読む]

» 大河ドラマ「軍師官兵衛」第19回 [日々“是”精進! ver.F]
官兵衛、捕縛… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201405110001/ 【楽天ブックスなら送料無料】風雲児黒田官兵衛蛟竜 [ 横山光輝 ]価格:864円(税込、送料込) ... [続きを読む]

» 兵法三十六計の三・・・借刀殺人と軍師官兵衛(岡田准一) [キッドのブログinココログ]
軍師が兵法の基本中の基本にはめられてどうする・・・という話でございます。 本音はともかく、建前としては戦争は世界的に悪ということになっています。 戦争の基本の一つに先手必勝というものがありますが・・・つまり、一対一の殺し合いの場合、最初に殺してしまえば・・・殺されることはないということです。 逆に、... [続きを読む]

» 軍師官兵衛~第十九話「非情の罠」 [事務職員へのこの1冊]
第十八話「裏切る理由」はこちら。 前回の視聴率は予想をはるかに下回って12.3% [続きを読む]

» 軍師官兵衛 第十九回 [レベル999のgoo部屋]
「非情の罠」 内容 村重(田中哲司)の謀反に、信長(江口洋介)は、 秀吉(竹中直人)光秀(春風亭小朝)を説得に向かわせるが、失敗。 それを受け、信長は、村重討伐を命じる。 一方、官兵衛(岡田准一)は、 政職(片岡鶴太郎)が村重と通じ、毛利に寝返ったと知る...... [続きを読む]

» 【 軍師官兵衛 】第19回 「非情の罠(わな)」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
村重(田中哲司)が信長(江口洋介)に謀反を起こし、右近(生田斗真)ら摂津諸将も 反織田包囲網に加わった。 秀吉(竹中直人)の説得も物別れに終わる中、官兵衛(岡田准一)のもとに主君・政職 (片岡鶴太郎)まで毛利方に寝返ったという知らせが入る。 政職を翻意させるには大本の村重を説得しなければならない。 周囲の反対を振りきり決死の覚悟で単身、村重の籠もる有岡城へ向かう官兵衛。 それ...... [続きを読む]

» 軍師官兵衛 第19回「非情の罠」〜官兵衛、もうやめろ。おことがあはれに思えてきた [平成エンタメ研究所]
「よくぞ言った! やはり頼りになるのはおことだけよ」  官兵衛(岡田准一)に対してこう言ったにもかかわらず、小寺政職(片岡鶴太郎)は……。  村重(田中哲司)が評したように、人間とは<おぞましきもの>なんですね。  官兵衛は主君・政職を信じていた。  他人...... [続きを読む]

» 軍師官兵衛第19話(5.11) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
荒木村重@田中哲司の謀反に同調、 織田信長@江口洋介に反旗を翻す小寺政職@片岡鶴太郎 村重を説き伏せれば考え直すという政職の言葉を信じ、 羽柴秀吉@竹中直人や竹中半兵衛@谷原章介の制止を振り切り、 単身有岡城に乗り込む黒田官兵衛@岡田准一だったが、 それは村重に官兵衛を始末させようとする政職の罠だったと 小寺の殿様と官兵衛、荒木村重と官兵衛の論戦がよかったな 小寺の殿様、お紺@高岡早紀を失ってバカ殿の雰囲気がなくなった。 この人もこの人なりに生き残る道を模索したのだろうというのが伺える。 片岡鶴太... [続きを読む]

» 大河ドラマ「軍師官兵衛」第19話 [またり、すばるくん。]
第19回「非情の罠」  視聴率13.7% [続きを読む]

» 『軍師官兵衛』第19話「非情の罠」★赤鼻の小寺政職(片岡鶴太郎)が!! [世事熟視〜コソダチP]
『軍師官兵衛』第19話「非情の罠」 謀反をおこした荒木村重(田中哲司)に倣い織田に付くことにした小寺政職(片岡鶴太郎)・・・。 赤鼻の小寺政職、意志が弱い! これを受けて黒田家でお話し合い。 九郎右衛門が静かな迫力を込めて「御着を攻め落とすほかありますまい。」 太兵衛「やりましょう一刻も早く。」 主戦論をなだめる善助(濱田岳)。 しかし休夢は「小寺を討つべし!一刻も早く攻めましょう。」 官兵衛(岡田准一)が皆に対して「黒田家は御着の殿に拾われ今日がある。その恩を忘... [続きを読む]

» 軍師官兵衛 #19「非情の罠(わな)」 [昼寝の時間]
公式サイト 村重(田中哲司)が信長(江口洋介)に謀反を起こし、右近(生田斗真)ら [続きを読む]

» 大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術19官兵衛説得に失敗!生き残る道は1つしかなかったが村重を説得するにはあまりにも無理があり過ぎた [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「軍師官兵衛」第19話は村重の謀反により小寺政職も毛利に寝返り、黒田家は一気に厳しい立場に陥った。秀吉と光秀が説得に向かったものの結局説得できずもはやどうす ... [続きを読む]

» 『軍師 官兵衛』 第19回「非情の罠」 [ふるゆきホビー館]
 謀反に走った荒木村重のもとを、秀吉と光秀がおとずれました。しかし、もはや二人の説得に耳をかさない村重に、何を言っても無駄のよう。だしは、高山右近の意見も聞くよう村重に言いますが、それも同じでした。しかも、この謀反の影響は、御着の政職にもあらわれます。黒田職隆が登城しても、もはや会おうともしない政職は、心を決めていたのです。父に聞いた事態に驚いた官兵衛は、政職に会って説得します。が、今回はその弁舌もつうじないと思われました。しかし、冷たい目をした政職は、条件をだしました。村重を説得できれば、自分も考... [続きを読む]

« 16年大河、真田幸村主役の「真田丸」、脚本:三谷幸喜氏 | トップページ | 【花子とアン】第39回(5/14)&第6週「腹心の友」視聴率最高♪ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31