無料ブログはココログ

« ネタバレ【花子とアン】第6週日別粗筋(5/5~5/10) | トップページ | 渡辺淳一氏死去&東京で震度5弱 »

2014年5月 4日 (日)

【花子とアン】第5週感想と第4週視聴率「ロミジュリ&蓮子の過去」

ネタバレでも紹介しましたが、5/6(火)午前5:15~5:50、NHK総合で、「『花子とアン』撮影の舞台裏スペシャル」を放送します。内容、詳しくは、こちらです。

5/7(水)のスタパに、ともさかりえさん(富山先生役)が出演予定です。

 

ロミジュリの劇、思いのほか、しっかりやりましたね(^^)

撮影もきちっとやって、大変だったようです(日めくりノートより)

それより金曜、蓮子が自分の過去をはなに話して、「てっ」でした。

はなと同じ16歳の時、結婚したのかと思ったら、子供を生んだのですね(汗)

14歳で結婚したようです(汗)

現在の法律では、女性16歳以上でないと結婚できませんが、当時は何歳でも良かったのでしょうか?(汗)

 

最初に戻ります。

今週は、修和女学校の一大行事・大文学会で、はな達のクラスはシェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」を上演する事になりました。

はなは、脚本(翻訳)と演出助手、そして、急きょ、代役で小間使いの役で出る事になり、大忙しでした。

醍醐は最初、ジュリエットに決まって、蓮子がなりてのいなかったロミオ役に立候補しました。

でも、練習に真面目に出て来なくて・・・

いろいろあって、結局、校長が醍醐にロミオをやるよう命令。

ジュリエット役は蓮子にやるよう命じました。

醍醐は背も高いし、立派な男役でロミオに合っていました♪

蓮子は相変わらず練習に来ませんでしたが、はなの訳した台本を真っ先に読ませて貰い、練習に出てきました。

兄への復讐をジュリエットのセリフに重ねてやるつもりで・・・

この舞台へ出るのは、自分をここに幽閉した兄に逆らって、ここに自分がいるという事を世間に知らしめ、兄への復讐のつもりでした。

開演間近に、蓮子ははなに言いました。

蓮子「なぜ、私がこの役をやりたっかったかわかりますか?

 私もジュリエットのように家に縛られて不幸になったから。

 兄が決めた人と無理矢理結婚させられたの。

 その時、私はまだ14で、右も左もわからなかった」

花「14歳・・・」

蓮子「あなたと同じ16の時に子供を産んだの。

 でも、その子も奪われて・・・

 元々、家の名を守るためだけに仕組まれた結婚だったの。

 今の私は空っぽ。生きていてもしょうがないの」

はな「そんな・・・」

蓮子「はなさんとは住む世界が違うの。 友達になんか、なれっこないでしょ。

 これ以上、私に近づかないで」

はな、蓮子の腕を掴み、

はな「嫌です!そんなの!

 なぜだか分からないけど、ほっとけないんです。蓮子さんのこと。

 あなたは空っぽなんかじゃない!」

 

そして、舞台が始まりました。

蓮子さんも醍醐さんも素晴らしかったです♪(^^)

他の皆も上手で、素晴らしい舞台で、富山先生は泣きながら見てました。

どうやら富山先生も昔、ジュリエット役をやったようです。

はなは、小間使いの役で出番は少なく、自分が書いたセリフでしたが、上がってしまったのか、転んでしまい、セリフもしどろもどろでした(汗)

富山先生の好きだった人も見に来ていたのかな?

それらしき人が映りましたが、顔は出ませんでした(^^;)

 

舞台終了後、はなは蓮子の兄の晶貴(飯田基祐)に復讐を企てました。

転びそうになった振りをして、晶貴の背中に紙を貼りました。

「吾輩は伯爵なるぞ エッヘン」

皆が笑ったので、慌てて学校関係者が剥がしましたが、今度は

「家の名は大事だぞ エッヘン」

と書かれていて、また皆が笑いました。

 

あんな大きな紙を貼るのは、一瞬では無理だと思いますが(^^;)

小さな復讐でしたが、蓮子も喜んでくれたようです♪

一緒に手を取り合って、乗り合い電車?(バス?)に乗って逃げ、車内で笑い合いました。

ここのシーン、『卒業』みたいでした♪

 

はなは蓮子に、先週月曜の『赤毛のアン』と同じように

「ねえ、蓮子さん、私の腹心の友になってくれて?」と頼みました。

「ええ」

今度は快く、蓮子は承諾しました♪

 

2週間かけて、先週月曜の冒頭の『赤毛のアン』に繋げ、ようやく腹心の友になれて良かったです♪

ただ、醍醐ちゃん、練習の時から、はなが蓮子と仲良さそうなのに、やきもちを焼いていて、ちょっと気の毒です(汗)

脚本が完成した時も真っ先に蓮子に見せて、醍醐は悔しそうでした(汗)

醍醐ちゃんとは、もう何年も同室だったのに、まだ腹心の友じゃないのかな?(^^;)

醍醐ちゃんも腹心の友にしてあげてほしいです♪

この劇で、今まで浮いていた蓮子さんもきっと皆と馴染んだ事でしょう♪

そういう意味では文化祭も大切ですね♪

 

さて、来週は、将来、はなの夫になる人・村岡英治(鈴木亮平)さんが登場するようです♪

早い気がしましたが、そういえば、もう1ヶ月経ったんですね。早いものです。

そして、蓮子もすごい大金持ちの石炭王の嫌なおじさん(吉田鋼太郎)とお見合い(汗)

悩んだ蓮子は、なんと甲府のはなの実家に行くようです♪(^^)

この蓮子の甲府行き、とても楽しみです♪

 

先週(第4週)の視聴率は、関東は前週より少し下がって24.2%(4/22火)関西は最高視聴率で、22.3%(4/25金)で、また金曜でした。北海道は19.2%(4/24木)でした。

まだ、皆、高視聴率を維持しています♪

女学校時代は第7週までらしいので、あと2週だけですね(汗)

女学校時代、面白かったので、残り2週、満喫したいと思います♪(^^)

 

【視聴率推移】 (週間最高視聴率)

                       関東      関西      北海道

初回視聴率(3/31月)         21.8%     18.1%      ?

第1週「花子と呼んでくりょう」   23.5%(4/4金) 19.7%(4/4金) 18.7%(4/3木)

第2週「エーゴってなんずら?」  22.3%(4/11金) 21.2%(4/11金) 18.0%(4/9水)

第3週「初恋パルピテーション!」 24.6%(4/18金) 21.3%(4/18金) 20.9%(4/19土)

第4週「嵐を呼ぶ編入生」    24.2%(4/22火) 22.3%(4/25金) 19.2%(4/24木)

第5週「波乱の大文学会」

 (くらのすけさん、三連星さん、関西と北海道の視聴率情報、感謝)

 

公式HP・修和女学校撮影秘話

公式HP・日めくりノート

 

関西の先週の視聴率一覧(くらのすけさんのブログ)

関東の先週の視聴率一覧(ビデオリサーチ)

関東の日々の視聴率一覧(ドラマ楽園)

 

【日別あらすじ】 (Yahooテレビ粗筋まとめ)

第3週(第13~18回)(4/14~4/19)「初恋パルピテーション!」

第4週(第19~24回)(4/21~4/26)「嵐を呼ぶ編入生」

第5週(第25~30回)(4/28~5/3)「波乱の大文学会」

第6週(第31~36回)(5/5~5/10)「腹心の友」

 

【過去レビュー】

第9~11回(4/9水~4/10金)「恋文」&第1週関西・北海道視聴率

第13回(4/14月)「初恋」&土スタ(吉高・窪田)公開放送応募

第19回(4/21月)「腹心の友」&第2週視聴率

第4週(第19~24回)(4/21~4/26)「嵐を呼ぶ編入生」&第3週視聴率最高♪

 


スペシャル・プライス!ロミオとジュリエット 【DVD】

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪(^^)

« ネタバレ【花子とアン】第6週日別粗筋(5/5~5/10) | トップページ | 渡辺淳一氏死去&東京で震度5弱 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/59578382

この記事へのトラックバック一覧です: 【花子とアン】第5週感想と第4週視聴率「ロミジュリ&蓮子の過去」:

» 【花子とアン】第5週感想と第4週視聴率「ロ... [ショコラの日記帳]
ロミジュリの劇、思いのほか、しっかりやりましたね(^^)撮影もきちっとやって、大変だったようです(日めくりノートより)それより金曜、蓮子が自分の過去をはなに話して、「て... [続きを読む]

» 花子とアン第5週(4.28-5.3) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
女学校の行事でロミオとジュリエットの舞台をやることになり、 脚本の執筆に奮闘する安東はな@吉高由里子 だが、なぜか主役に立候補した葉山蓮子@仲間由紀恵は 練習に参加しようとせず、クラスの雰囲気は悪化、 蓮子を説得する中、複雑な家庭の事情を聴かされたはなは 舞台が無事成功に終わった後、蓮子と腹心の友となったと はなと蓮子が腹心の友となるまでを描いた話でしたな はなと蓮子のモデルである人たちは実際に女学校で親友となったようですし、 この作品での蓮子の境遇には同情もしましたが、 同時に蓮子というキャラに... [続きを読む]

» 「花子とアン」第30回★ロミオとヂュリエットに10分 [世事熟視〜コソダチP]
連続テレビ小説「花子とアン」 第30回(5月3日) 困りましたねぇ・・・感想が浮かばない。 −◆− ロミオとヂュリエットを上演。 小生が苦手とする醍醐(高梨臨)は、ハイカラさんファッションよりは舞台衣装の方がマシ。 葉山蓮子(仲間由紀恵)は・・・経年変化した仲間由紀恵の容姿について色々思うけど、野暮なことは文字にすまい・・・。 で、小間使い役をするはな(吉高由里子)が転けたりしながらも、無事に終演。 テレビ画面の隅のテロップは「8:10」 ロミオとヂュリエットに10... [続きを読む]

» 花子とアン (第30回・5/3) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第5週『波乱の大文学会』【第30回】の感想。 開幕直前、蓮子(仲間由紀恵)から衝撃の過去を告白されたはな(吉高由里子)は、舞台に飛び出して行った蓮子を、祈るようなまなざしで見守る。客席には蓮子の宿敵とも言える兄・晶貴(飯田基祐)の姿があり、蓮子はジュリエットのセリフに思いの丈をのせ、晶貴にぶつけてゆく。物語は進み、はなが急...... [続きを読む]

» NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第30回 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
開幕直前、蓮子(仲間由紀恵)から衝撃の過去を告白されたはな(吉高由里子)は、 舞台に飛び出して行った蓮子を、祈るようなまなざしで見守る。 客席には蓮子の宿敵とも言える兄・晶貴(飯田基祐)の姿があり、蓮子はジュリエットの セリフに思いの丈をのせ、晶貴にぶつけてゆく。 物語は進み、はなが急きょ演じることになった小間使いの出番に。 しかしはなは緊張のあまり転んでしまい、大事な小道具の...... [続きを読む]

» 操り人形>『花子とアン』第30話 [もう…何がなんだか日記]
昨日久しぶりにカラオケに行って久しぶりにムン・ヒジュン『G.線上のアリア』を歌った問題は、カラオケ映像で以前の時は金網が出てきたりして>分かる奴だけ分かりゃいいちょ... [続きを読む]

» 操り人形>『花子とアン』第30話 [何がなんだか…ひじゅに館]
昨日 久しぶりにカラオケに行って 久しぶりにムン・ヒジュン『G.線上のアリア』を歌った 問題は、カラオケ映像で… 以前の時は 金網が出てきたりして>分かる奴だけ分かりゃいい ちょっと雰囲気出てたけど 今回は 微妙なワンピで微妙なメイクの女性が森の中を一人でサイクリング という微妙なもので… 歌いながら気になって気になって仕方ないのだった(^^;) …...... [続きを読む]

» 花子とアン 第30回 [レベル999のgoo部屋]
内容 ついに、大文学会の日がやって来た。 蓮子(仲間由紀恵)の兄も渋々駆けつけるが、 妹が主役と知り驚き、校長に中止を求める。しかし舞台の幕が上がってしまう。 敬称略 あの〜〜〜〜〜〜 重ねようとする意図も分かりますが。 演目の解説が、長すぎ。。。。その...... [続きを読む]

» 花子とアン 第5週「波乱の大文学会」〜箸が転がっても笑ってしまう少女 [平成エンタメ研究所]
 今回はふたつの笑顔。  ロミオとジュリエットの舞台の幕が下りて、蓮子(仲間由紀恵)と醍醐亜矢子(高梨臨)が笑みを交わす。  これだけで、ふたりのわだかまりが解けたことが伝わって来る。  ふたつめの笑顔は、はな(吉高由里子)と蓮子。  伯爵の背中にいたず...... [続きを読む]

« ネタバレ【花子とアン】第6週日別粗筋(5/5~5/10) | トップページ | 渡辺淳一氏死去&東京で震度5弱 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30