無料ブログはココログ

« ネタバレ【花子とアン】第18週日別粗筋(7/28~8/2) | トップページ | 【花子とアン】第103回(7/28月)プチ感想 »

2014年7月27日 (日)

【花子とアン】第17週「白蓮事件」&関西また最高視聴率第16週

先週(第16週「あなたがいる限り」)の週間最高視聴率は、関東は前週より少し下がって24.7%(7/15火)。

関西は最高視聴率で、25.0%(7/14月)でした♪

北海道は久々に20%を切ってしまって、19.7%(7/14月)でした(汗)

北海道だけ、なぜこんなに下がってしまったのか、不思議です(^^;)

関西が最高だった7/14(月)の内容は、はなが英治を甲府の実家に連れて行き、結婚したいと挨拶しました。

関東がこの週で最高だった7/15(火)は、2人の結婚式を甲府でやりました。

ドラマでは、甲府でやりましたが、勿論、実際は東京の築地教会でやったそうです。

初めて2人が出会ってから約半年後の事でした。(原案本「アンのゆりかご」より)

その本によると、「その陰には一人の女性と小さな男の子の悲哀がある事を忘れ去ってしまうほど、結婚生活は2人にとって素晴らしい日々だった」と書かれています。

このドラマは前妻の息子・嘉男はいない事になっていましたが、実際は、英治の再婚後、嘉男は一旦は兄の家に養子に入りました。その後、兄の具合が悪くなり、妹が養女に入っている牧師さんの家に養子に出されました(汗)

なんか、たらい回しみたいで、嘉男君、可哀想(涙)

という訳で、英治にも兄や妹がいて、前妻の息子もいましたが、皆、カット(汗)

ドラマ内では弟だけいるみたいです。

花子の兄弟も妹2人と兄だけになっているので、同じようなものかもしれません(^^;)

実際は、はなを筆頭に8人の兄弟がいましたが、はなと次女と三女以外は皆、養子に出されるなど、5人が親元から離れ、次女も三女もはなのような教育は受けられませんでした。

兄が創作キャラなのは、てっですが、当然、朝市のようなキャラも原案本には出てきません(汗)

朝市は、どちらかというと「赤毛のアン」のキャラに近いですね(^^)

 

さて今週「腹心の友ふたたび」、1週間、蓮子の不倫・駆け落ち騒動に振り回される花子を描きました(汗)

今週の主役は、蓮子のようでした(^^;)

これは、実際にあった白蓮事件を元にしていますが、姦通罪の事も出て来なかったし、かなり現代目線で描かれていたのでは?

白蓮事件について、ドラマとWikiと「アンのゆりかご」を参考に、違う点を指摘したいと思います。

ドラマには出てきませんでしたが、当時は、既婚妻が不倫すると、姦通罪という罪になりました。

だから、蓮子と龍一が刑務所に入れられてもおかしくない時代でした(汗)

ただし、これは夫の告訴がなければ起訴されません。

新聞に白蓮の絶縁状が掲載され、世間は、大正天皇の従兄弟である白蓮が姦通罪に処せられるのか、対面を傷つけられた嘉納氏(モデル:伊藤伝右衛門氏)がどう出るか、興味があったようです。

龍一とその友人達は、姦通罪にならないよう、人権問題にして、世論を味方にしようとして、新聞に記事や絶縁状を載せたようです。

これは、白蓮が書いた物に彼らが手を加えた物でした。

手を加えたのは、事情や経過が簡潔に読者に分かりやすく説明する事と、人権問題として訴えるためだったようです。

どこが違うのか、絶縁状を両方とも全文、比較掲載しているブログがありました。

 

Wikiによると、白蓮(蓮子)は親族を訪問予定だったとの事で、花子をダシにしていません。

「アンのゆりかご」では、花子は新聞を見て驚き、その後、居場所を探して、何度か手紙をやりとりし、訪問しています。ただ、甲府の実家に連れて行ったとは書いてありません(汗) このドラマらしいですね(^^;)

でも、花子は夫に内緒にしても、命をかけても友を守ろうという気持ちがあったようです。

「ジュリア」という映画を思い出しました。

とにかく、ドラマ内では花子は蓮子の隠れ家を何度か訪れ、そこも見つかりそうになったので、甲府の実家に連れて行き、龍一は村岡家に来て、英治と一緒に暮らしました。

そこへ嘉納氏がたまたま花子に会いに来て、龍一がみつかってしまい、蓮子を返せと取っ組み合いに!

英治が止めて、蓮子が妊娠している事を告げました。

嘉納氏は驚き、お祝い金だと小切手を渡しました。金額は好きな金額を書けと・・・

勿論、龍一は受け取りませんでした。

なぜ、お祝い金をあげようと思ったのかな?

もしかしたら自分の子供かも?と思ったのかな?

ドラマでは8ヶ月経った事になっているので、それはないかな?(^^;)

ドラマ内では、彼が性病で、もう子供が作れないという事を隠しています(汗)

本当は女中頭も妾だし、絶縁状では彼女の方が愛されていて力もあったと書かれています(汗)

 

蓮子は妊娠してたから、電車での長い移動、大変だったでしょう(汗)

数日後、蓮子、具合が悪くなり、産気づいたと勘違いした吉平が英治に電報を打ち、龍一は慌てて甲府へ来ました。

嘉納氏から預かったという鞄も持ってきて、その中は宝石などいろいろ入っていました。そして離縁状もありました。

でも、龍一がつけられたのか、蓮子の兄の部下に見つかってしまい、蓮子は兄に連れ戻しに来られてしまいました(汗)

いい金吊るだと思っていた嘉納氏と絶縁なんて、兄はとても残念で悔しいでしょう。

この兄、ほんと嫌な人ですね(汗) いつも自分の保身の事ばかり・・・

蓮子は、葉山伯爵邸に幽閉されてしまうのでしょうか(汗)

蓮子、なかなか幸せにはなれませんね(汗)

来週は、ようやく蓮子の騒動が終わりそうですが、更なる不幸が訪れそうです(汗)

大正12年9月1日。遂に、関東大震災が訪れます。

「ごちそうさん」では皆、無事でしたが、こちらは原案本によると、村岡印刷、大被害を受けそうです。

このドラマではどうでしょう?

心配です。。。

 

【白蓮事件】(Wikiより抜粋)

1921年(大正10年)10月20日、伊藤伝右衛門は夫婦で滞在していた東京府日本橋の旅館「島屋」から、福岡へ帰るために車で東京駅へ向かい、妻・白蓮は親族を訪問する予定で東京に残り、伝右衛門を見送った。しかし、彼女はそのまま日本橋の旅館に戻らず、行方をくらませた。

10月22日の朝刊に、絶縁状を送って愛人と新生活という記事が掲載され、同日の夕刊に離縁状が掲載される。

伊藤氏は、白蓮が大正天皇の従兄弟である事などから彼女を告訴せず、宮崎はその思想で、彼を訴えると炭鉱がストライキ等の労働争議の標的にされる恐れがあったので、彼も訴えませんでした。

11月1日夜、伊藤・柳原両家関係者などが集まり、この席で白蓮を伊藤家から正式に離縁する事が決められ、伊藤家に残した白蓮所有の調度品や衣類・宝石類(約5万円)を柳原家に託し、白蓮名義の土地・家屋・株券(約2百万円)などは名義を変更して伊藤家に返還する事などが決められました。

11月2日、仲介役の奥平伯爵が離縁を発表し、3日付の新聞に掲載され、11月27日に伝右衛門と白蓮の離婚が成立。

11月11日に白蓮は初めて、宮崎家を訪れ、病床にあった龍介の父・滔天や家族らと対面。

宮崎家は父も母もいます。

この3日後、近所に家を借り、龍介と白蓮は束の間の同棲生活を送りました。

しかし、2ヶ月後の1922年(大正11年)1月16日、龍介の留守中に白蓮の姉・入江信子と兄嫁の柳原花子が訪れ、「きちんと相談して、2人を結婚させる」と嘘をついて説得し、白蓮を連れ出すが、柳原家では龍介との間を断ち切るべく監禁。

怒りに震える兄・義光は白蓮に死ねとは言わないから出家しろとなじり、白蓮の髪を切り落とし、伊藤家に送りました。

事件から半年後の大正11年3月、義光は、以前から辞任しろと言われていた貴族院議員を引責辞任。

5月、燁子は京都で男子を出産。子供は華族としての体面を守るため、姉婿の宮内官僚によって伝右衛門の子として出生届を出すべく図られており、白蓮の手から取り上げられ兄嫁の縁者に預けられた。

傷心の白蓮は京都の尼寺に身を隠し、そこからようやく龍介に連絡を取る。

6月に龍介が尼寺を密かに訪ね、まだ見ぬ我が子に「香織」と命名。

龍介が尼寺を訪れた事を知った柳原家では、白蓮を別の場所に移動させる。

7月に京都・綾部にある中野家の別荘に移り、同12月には香織が白蓮の手元に戻され、母子共に東京・お茶の水の中野家本邸の離れへ移る。

翌1923年(大正12年)9月1日、関東大震災が起こり、白蓮は炎上する中野邸を一家と共に逃れ、駒込の松平邸へ避難。余震が続く中、宮崎家から滔天の書生であった松本蔵次が、結核で動けない龍介に代わって衣類と握り飯を持って駆けつけた。

中野家では宮崎家の真情に打たれ、柳原家からは何の挨拶もなく、これ以上監禁する大儀は無いとして、燁子を松本に託して龍介の元に戻した。

地震の混乱が続く中、着の身着のまま線路沿いを歩き通した白蓮は北豊島の宮崎家にたどり着き、待っていた龍介と抱き合った。香織は翌日、龍介の母・槌子が中野家に迎えに行き、出奔事件から2年を経て、ようやく一家は一つになった。

義光が結婚を許さない事から、龍介が自分が香織の父である事を確認する訴えを起こし、同年10月19日その主張が認められる。

同じ頃、宮内省から再三に渡って、法律上、自分の子として入籍するよう迫られた伝右衛門が、1歳の香織が実子でない事を証明する嫡出子否認の訴えを起こす。伝右衛門は精子検査を受け生殖不能である事を証明し、香織は伝右衛門との婚姻中に孕まれた不義の子である事が法的に明かにされた。

2人の婚姻届が提出されたのは、事件から4年を経た大正14年になってからの事だった。

平民となった白蓮は、夫・龍介が病床に伏し、借金と大勢の食客を抱える宮崎家の大黒柱として筆一本で家計を支えた。

(以上、Wikiより)

 

【視聴率推移】 (週間最高視聴率)

                 関東      関西      北海道

初回視聴率(3/31月)       21.8%     18.1%      ?

最高視聴率            25.9%(7/5土) 25.0%(7/14月) 21.6%(7/7月)      

第1週「花子と呼んでくりょう」 23.5%(4/4金) 19.7%(4/4金) 18.7%(4/3木)

第2週「エーゴってなんずら?」  22.3%(4/11金) 21.2%(4/11金) 18.0%(4/9水)

第3週「初恋パルピテーション!」 24.6%(4/18金) 21.3%(4/18金) 20.9%(4/19土)

第4週「嵐を呼ぶ編入生」    24.2%(4/22火) 22.3%(4/25金) 19.2%(4/24木)

第5週「波乱の大文学会」       23.5%(5/2金) 21.9%(5/1木) 18.8%(4/28月・4/29火)

第6週「腹心の友」         24.8%(5/9金) 23.0%(5/6火)  19.0%(5/10土)

第7週「さらば修和女学校」      23.4%(5/14水) 23.3%(5/14水) 21.5%(5/17土)

第8週「想像のツバサ?」      24.0%(5/22木) 22.6%(5/21水) 19.5%

第9週「はな、お見合いする」   24.8%(5/26月) 22.4%(5/29木) 19.1%

第10週「乙女よ,大志を抱け!」   23.1%(6/5木)  23.2%(6/6金)   21.0%(6/5木)

第11週「グッバイ!はな先生」  24.3%(6/11水) 22.5%(6/9月)  20.3%(6/13金)

第12「銀座のカフェ-で会いましょう」23.5%(6/17火)24.0%(6/18水) 20.8%(6/18水)

第13「その恋、忘れられますか?」24.2%(6/24火) 22.7%(6/24火) 20.9%(6/27金)

第14週「ゆれる思い」      25.9%(7/5土) 23.8%(7/3木) 20.0%(7/2水)

第15週「最高のクリスマス」   25.2%(7/11金) 24.6%(7/10木) 21.6%(7/7月)

第16週「あなたがいる限り」   24.7%(7/15火) 25.0%(7/14月) 19.7%(7/14月)

第17週「腹心の友ふたたび」  

 (くらのすけさん、三連星さん、関西と北海道の視聴率情報、感謝♪)

 

公式HP・日めくりノート

公式HP・かよ的ファッション

公式HP・吉田鋼太郎さんインタビュー(嘉納伝助役)

 

関西の先週の視聴率一覧(くらのすけさんのブログ)

関東の先週の視聴率一覧(ビデオリサーチ)

 

【日別あらすじ】

第16週(第91~96回)(7/14~7/19)「あなたがいる限り」

第17週(第97~102回)(7/21~7/26)「腹心の友ふたたび」

第18週(第103~108回)(7/28~8/2)「涙はいつか笑顔になる」

 

  
【過去レビュー】

第85回「銀ブラ」&第14週最高視聴率♪

第95回(7/18金)&第15週関西最高視聴率♪

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪(^^)

« ネタバレ【花子とアン】第18週日別粗筋(7/28~8/2) | トップページ | 【花子とアン】第103回(7/28月)プチ感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

姦通罪、直接的な表現は無かったですが、宮本が逮捕も覚悟してるということで姦通罪を臭わしてたんじゃ無いでしょうか。

>ピカード・パパさんへ

コメント、ありがとうございます♪

確かに、逮捕、覚悟しているらしきセリフは何度かありましたが、姦通罪がある事を知らない人は、この台詞の意味すら分かってない人も多いかも?(^^;)
若い人は姦通罪があった事を知らない人も多いのではないかと思います。

脚本家、姦通罪を避けたから、友達が自分達の主義主張をするために勝手に新聞にリークしたみたいな変な形にしたのではないかと思います。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/60051860

この記事へのトラックバック一覧です: 【花子とアン】第17週「白蓮事件」&関西また最高視聴率第16週:

» 【花子とアン】第17週「白蓮事件」と第16週関... [ショコラの日記帳]
先週(第16週「あなたがいる限り」)の週間最高視聴率は、関東は前週より少し下がって24.7%(7/15火)。関西は最高視聴率で、25.0%(7/14月)でした♪北海道は久々に20%を切ってしまっ... [続きを読む]

» 宝石>『花子とアン』第102話 [もう…何がなんだか日記]
宮本さんのアパートでも山川弁護士の家でもそれなりに平穏だったのにそれも8か月間もなのに花子関係の家に移った途端のこの騒ぎ花子を絡ませて話を動かそうという意図であるにして... [続きを読む]

» 宝石>『花子とアン』第102話 [何がなんだか…ひじゅに館]
宮本さんのアパートでも 山川弁護士の家でも それなりに平穏だったのに それも8か月間も なのに 花子関係の家に移った途端のこの騒ぎ 花子を絡ませて話を動かそうという意図であるにしても どうにも陳p…あ、いえいえ何でもありません! …ひじゅにですが何か? 「見るからにアヤシイ男」byりん    ↑お兄様の黒執事へのミスリードで笑わせるギャ...... [続きを読む]

» NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第102回 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
リン(松本明子)が安東家に駆け込んで来て、「見るからにあやしい男がいる」と言う。 花子(吉高由里子)たちの間に緊張が走るが、それは“蓮子(仲間由紀恵)が産気づいた” という吉平(伊原剛志)からの誤った電報を受け、急ぎやって来た龍一(中島歩)だった。 花子や蓮子たち一同は、伝助(吉田鋼太郎)が龍一に預けていったというトランクを囲む。 龍一もまだ開けていないトランクの鍵を開けてみると...... [続きを読む]

» 花子とアン 第102回 [レベル999のgoo部屋]
内容 怪しい男がいると。。。安東家に駆け込んでくるリン(松本明子) “追っ手”かと不安を感じる蓮子(仲間由紀恵)花子(吉高由里子)たち。 やがて、大きなトランクを持った男がやってくる。 敬称略 結局、今週って、何だったんだ?? そんな感じですね。 だが...... [続きを読む]

» 花子とアン (第102回・7/26) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第17週『腹心の友ふたたび』【第102回】の感想。 リン(松本明子)が安東家に駆け込んで来て、「見るからにあやしい男がいる」と言う。花子(吉高由里子)たちの間に緊張が走るが、それは“蓮子(仲間由紀恵)が産気づいた”という吉平(伊原剛志)からの誤った電報を受け、急ぎやって来た龍一(中島歩)だった。花子や蓮子たち一同は、伝助(...... [続きを読む]

« ネタバレ【花子とアン】第18週日別粗筋(7/28~8/2) | トップページ | 【花子とアン】第103回(7/28月)プチ感想 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック