無料ブログはココログ

« 今週始まる新ドラマ紹介(7月第1週) | トップページ | 『強き蟻』プチ感想と視聴率 »

2014年7月 3日 (木)

『Dr.検事モロハシ~新たなる生命~』プチ感想と視聴率

6/30(月)の映画『HERO』は14.0%(関東地区)でした。

これは7/14(月)から松たか子さんが北川景子さんに代わるなど、脇役がかなり代わって、第2弾のシリーズを放送します。

 

7/1(火)の『Dr.検事モロハシ~新たなる生命~』は10.2%(関東)でした。

これは2作目で、1作目は2012年3月23日で、12.6%でした。

少し下がってしまいましたが、今回も面白かったです♪

今回、プレミアムな不妊症治療が、本人達には知らされず、人のクローン実験をやられていたとは(汗)

この研究で一人だけ生まれた赤ちゃん、内臓も満足にできずに、ただチューブに繋がれて生かされているだけというのは、怖かったです(汗)

 

諸橋政志(稲垣吾郎)は、東京地方検察庁医療特捜部の検事で医者。

医療過誤など病院内での不正を暴く目的で、医者となって病院内に潜入し、捜査します。

森下 椿(吹石一恵)は、看護師免許を持つ検察事務官で一緒に潜入捜査をします。

諸橋と椿は、愛聖病院で起きたと思われる医療ミスの真相を探るために、夫婦を装って、大宅島に行き、大宅島診療所に潜入したのですが・・・

結局、愛聖病院でプレミアムな不妊症治療を受けていた人達は、人のクローン実験に参加させられていて、このグループで唯一、生まれた赤ちゃんは、隠されて、生かされていました(汗)

発育不良で内臓も満足にできずに、ただチューブに繋がれて生かされているだけでした(汗)

これ、怖かったです(汗)

 

結局、事件が明るみになって、関係者は逮捕されましたが、この不完全な赤ちゃんはどうなってしまうのでしょう?(汗)

勿論、人間のクローン研究は違法だし、ips細胞の研究が進んでいるので、臓器移植のためにも無理してクローンを作る事もないと思います(汗)

亡くなった奥さんを復活させたいという愛情から始まった研究だったというのは、同情の余地もあるかもしれませんが・・・(汗)

でも、クローンで復活させたとしても、それは生物学的に一緒なだけで、記憶とか経験とかで人格は作られると思うので、きっと奥さんとは全然、違う人間になっているかもしれないです(^^;)

諸橋さんも、できたとしても、それは奥さんではないと言っていました。

不妊症治療の人達、そういう研究だと分かっていて協力したのならまだしも、藁をも掴む思いを利用されて、勝手にクローンの人体実験に利用されたとは、とんでもないです(汗)

ドラマとしては、面白かったので、シリーズ化して、また続編、作ってほしいと思います♪(^^)

 

【原案】 「Dr.検事モロハシ」能田茂(集英社 BJヤングジャンプコミックス)

【脚本】 大石哲也

 

【あらすじ】

諸橋(稲垣吾郎)と椿(吹石一恵)は新婚旅行を装い大宅島に向かう客船に乗っていた。諸橋は船員に船酔いを訴え、島に着いたら診療所へ案内して欲しいと同船した珠代(三倉佳奈)に依頼する。そんな中、珠代の実父、辰雄(大河内浩)が腹部の痛みを訴える。急遽、医師免許を持つ諸橋が船内の救護室で手術をすることに。手術に十分な環境が整っていないにもかかわらず諸橋は椿の助けを得ながら見事なメスさばきを見せ手術を成功させる。
 大宅島の診療所に辰雄らと共に向かうと診療所の医師、岩田紀子(野波麻帆)に出会う。紀子は東京の有名産婦人科病院、愛聖病院で働いていたという。実は諸橋と椿は愛聖病院で起きたと思われる医療ミスの真相を探るために大宅島診療所に潜入したのだった。
 愛聖病院では、医師の麻生友樹(石黒賢)が妊婦、伊坂ゆり子の帝王切開手術を行った際、ゆり子が心臓マヒをおこし胎児もろとも亡くなった。残された夫は医療ミスを疑ったが、カルテ上に問題はなかった。真相は闇の中に…・
 諸橋は、手術に関わっていた岩田紀子(野波麻帆)、看護師の伊藤恵(入山法子)の足取りを追い、二人が大宅島の診療所で働いていることを突き止め、捜査のため島までやってきたのだった。諸橋らが医療ミスの真相に次第に近づき始めると、そこには国家規模の極秘プロジェクトがうごめいていた。ついには内閣府医療統括官、青木俊作(岩城滉一)の存在が見え隠れし始める。全貌が見えない巨大な敵に諸橋はいかにして立ち向かうのか。

 

【主要登場人物】

諸橋正志(稲垣吾郎)東京地検医療特捜部 医事係検事

森下椿(吹石一恵)東京地検特捜部 検察事務官

麻生友樹(石黒賢)愛聖病院医師

岩田紀子(野波麻帆)大宅島診療所医師

伊藤恵(入山法子)大宅島診療所看護師

佐川珠代(三倉佳奈)大宅島居酒屋女将・妊婦

佐川辰雄(大河内浩)佐川珠代の実父

池谷一朗(山田親太朗)清稜医科大学病院・胸部心臓外科医

沖田涼子(木村佳乃)清稜医科大学病院・胸部心臓外科医

青木俊作(岩城滉一)内閣府医療統括官

奈良徳和(松方弘樹)東京地検医療特捜部 特捜部長

 


Dr.検事モロハシ 1 / 能田茂【中古】afb

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

できればクリック、お願いします♪(^^)

« 今週始まる新ドラマ紹介(7月第1週) | トップページ | 『強き蟻』プチ感想と視聴率 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/59921803

この記事へのトラックバック一覧です: 『Dr.検事モロハシ~新たなる生命~』プチ感想と視聴率:

» 『Dr.検事モロハシ~新たなる生命~』プチ感... [ショコラの日記帳]
6/30(月)の映画『HERO』は14.0%(関東地区)でした。これは7/14(月)から松たか子さんが北川景子さんに代わるなど、脇役がかなり代わって、第2弾のシリーズを放送します。7/1(火)の『... [続きを読む]

« 今週始まる新ドラマ紹介(7月第1週) | トップページ | 『強き蟻』プチ感想と視聴率 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック