無料ブログはココログ

« 夏ドラマ視聴率一覧(4)と初期総評(14年7~9月期) | トップページ | 【軍師官兵衛】第29回感想と視聴率「天下の秘策」 »

2014年7月23日 (水)

中国期限切れ肉?マックとファミマ販売停止

日本マクドナルドとファミリーマートは、7月22日、中国・上海の食品加工会社が保存期限を過ぎた鶏肉を使用した可能性があるとして、この食品加工会社が製造したチキンナゲットの販売を中止したと発表したそうです。

昨日から報道されたこの中国の工場の杜撰な衛生管理のニュース、驚きました。Ӥä

中国のメディアが、2カ月に及ぶ潜伏取材の結果、分かったそうで、ちゃんと映像をニュースで流しました。

いかにも腐って色が変わっているのに使用していたとか、常識的に考えられない事が行われていたよう(汗)

以前、冷凍餃子も問題になりましたが、さすが中国ですね(^^;)

よく食べておなか壊したりしませんでしたね(汗)

今のところ、被害の訴えは出ていないようですが・・・

 

この会社、福喜公司は、マクドナルド、ケンタッキー、ピザハットといった世界的に有名なファーストフードに肉類製品を提供しているとのことなので、もしかしたら、販売中止、チキンナゲットだけでなくて、もっと広がるかもしれませんね??

私は、マックやファミマ、あまり行かないし、チキンナゲットも滅多に食べないので、ほっとしましたが、よく食べてた人は心配でしょう(汗)

 

ただ、最初、内部告発があって、中国のテレビ局が潜入取材したというのは、ちょっと驚きました。

中国人にも良心はあったんですね(^^;)

今後、このニュースがどう広がるか、注意してみていきたいと思います。

 

<参考ニュース>

上海から期限切れ肉?マックとファミマ販売停止

日本マクドナルドとファミリーマートは22日、中国・上海の食品加工会社が保存期限を過ぎた鶏肉を使用した可能性があるとして、この食品加工会社が製造したチキンナゲットの販売を中止したと発表した。

 両社が取引していた食品会社は「上海福喜食品」。

 日本マクドナルドによると、この食品会社から「チキンマックナゲット」の約2割を調達し、関東を中心に1340店で販売していた。保存期限切れの鶏肉だったかどうかは不明という。取引中のタイや中国メーカーからの調達を増やし、ナゲットの販売自体は続ける。

 一方、ファミマはナゲット2商品の販売を中止した。「ガーリックナゲット」は今月1日から全国約1万店で販売し、「ポップコーンチキン」は21日から関東10店舗で試験販売していた。

 この食品会社を巡っては、中国のメディアが保存期限が過ぎた食肉を販売していると報道していた。中国内の取引先と報じられたケンタッキー・フライド・チキンやスターバックス、セブン―イレブンは、いずれも日本国内の店舗では扱っていないと運営会社などが説明している。

 日本マクドナルドは2002年から、この食品会社のナゲット用の鶏肉を仕入れており、「あってはならない事態で、ご心配をおかけし、大変申し訳ございません」(広報)としている。

 

<上海カビ肉問題>大手チェーンの名前がズラリ―中国メディア

2014年7月21日、マクドナルドやピザハットといった世界的に有名なファーストフードチェーンに肉類製品を提供するサプライヤーが、消費期限切れの変質した肉類原料を大量に使用していたことが明らかになった。上海市食品薬品監督管理局は今月20日、市内のケンタッキーとマクドナルドの全店舗に対し、問題のある商品の販売をすべて中止するよう通達するとともに、各社に対する調査を開始した。マクドナルドが微博(ウェイボー)を通じて発表したコメントによると、通達を受けてすぐ、全国のすべての店舗に対し、問題があるとされたサプライヤーの上海福喜食品有限公司から提供された肉類製品の使用を即刻停止するとともに、保管しておくよう通知した。またただちに調査チームを立ち上げ、同公司と関連会社に対する全面的な調査を始めたという。上海テレビ局の報道として北京商報が伝えた。

報道によると、2カ月に及ぶ潜伏取材の結果、マクドナルド、ケンタッキー、ピザハットといった世界的に有名なファーストフードに肉類製品を提供する福喜公司が、消費期限切れの肉類に消費期限シールの貼り替えなどの偽装工作をし、その肉で製造したチキンナゲット、ステーキ、ハンバーガーパティをケンタッキー、マクドナルド、ピザハットといったファーストフードチェーンに販売したことが明らかになった。消費期限切れの鶏肉原料は中国エリアで「優先的に」使用された。ヤム・ブランズに提供された冷凍漬け込み一口サイズステーキは、消費期限を7カ月以上過ぎた原料が使用されていた。今年6月11日から12日にかけて同公司が加工したミニステーキには、消費期限を過ぎた半加工製品が10トンも使用され、こうした原料は本来、廃棄処分するべきものだった。同公司は世界最大の肉類・野菜加工メーカーである米国のOSIグループの子会社で、マクドナルドやヤム・ブランズなどにとっては重要なグローバル協力パートナーでもある。

マクドナルドやケンタッキーといった海外ファーストフードだけでなく、同公司は世界中に取引先がある。ネスレ、クラフトフーズ、ウォルマート、サブウェイ、ヤム・ブランズ、メキシコのレストランチェーンのチポトレなどが主な取引先だ。また新たな戦略的顧客には、イケア、バーガーキング、パパ・ジョンズ、カールス・ジュニアなどがある。

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できればクリック、お願いします♪(^^)

 

« 夏ドラマ視聴率一覧(4)と初期総評(14年7~9月期) | トップページ | 【軍師官兵衛】第29回感想と視聴率「天下の秘策」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/60031577

この記事へのトラックバック一覧です: 中国期限切れ肉?マックとファミマ販売停止:

« 夏ドラマ視聴率一覧(4)と初期総評(14年7~9月期) | トップページ | 【軍師官兵衛】第29回感想と視聴率「天下の秘策」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31