無料ブログはココログ

« 夏ドラマ視聴率一覧(完全版)と総評(14年7~9月期) | トップページ | 「花子とアン」平均視聴率・関東では過去10年で最高♪ »

2014年9月29日 (月)

【マッサン】第1回感想「鬼の目・ピン子さん」&主題歌・人物表

第1週「鬼の目にも涙」(第1話)

北海道・余市から始まりましたが、これはBK(NHK大阪)の制作です。

朝ドラ初の外国人ヒロインですが、初回、掴みはOKだったじゃないでしょうか?

シャーロット・ケイト・フォックスさん、可愛かったです♪

姑の泉ピン子さん、最後にちらっと出てきただけですが、怖いです(汗)

これから「ごちそうさん」以上のイケズが始まるでしょうか?(汗)

前作「花子とアン」は翻訳者の話で、英語がよく出てきて、カナダ人の先生達も登場しました。その後に、外国人女性が日本にお嫁に来て、日本の文化と日本語に戸惑いながら頑張って行く話は、朝ドラの流れとして、自然に繋がったと思います♪

外国人ヒロイン、何も違和感なく見れました♪

これは、亀山政春役の玉山鉄二さんと、亀山エリー役のシャーロット・ケイト・フォックスさんのW主演です。

主役夫婦のモデルは、ニッカウヰスキー創業者である竹鶴政孝さんと、その妻・リタ(ジェシー・ロベルタ・カウン)です。

タイトルの「マッサン」は、リタが政孝のことを、「マッサン」と呼んだ事にちなんでいるそうです。

竹鶴夫妻をモデルにはしていますが、ドラマはフィクションで、原作はなく、脚本の羽原大介さんのオリジナルです。

 

玉山鉄二さんは、10数年前、何度も朝ドラのオーディションを受けて落ちたそうです。

それで今度、このヒロインの夫役の依頼があって、とても誇りに思うと同時に、本当に自分で大丈夫なのか、フレッシュなのかとか不安だったそうです。

でも、映像を見た限りだと、体当たりで、とても張り切っている感じで、好感が持てました♪(^^)

シャーロッさんも自然な演技で、表情豊かで可愛かったです♪

今まで日本に来た事はなく、日本語を知らなくて、オーディションでヒロインに選ばれてから、日本語の勉強を始めたようです(汗)

今年3月から米国の家族と離れて東京に滞在し、2ヶ月間、日本語の語学特訓を受けて、5月初旬のクランクインに臨んだとの事。

日本語のセリフ、少し危なっかしかったですが、丁度役と合っていて、自然でしたね♪

ついついハグしてしまったり、靴のまま畳に上がってしまったり、今の外国人でもやりそうな間違いで、その時の表情も可愛かったです♪

 

中島みゆきさんの主題歌、番宣で聞いた時は、ちょっと渋いかなと思いましたが、何度も聞いているうちに、段々、好きになってきました♪

特にサビの部分「麦は泣き 麦は咲き 明日へと育ってゆく」というフレーズが好きで、何度も頭の中でリフレインしています♪

「懐かしい人々や懐かしい風景、その総てと離れてもあなたと歩きたい」なんて、「花子とアン」に出てきた「愛の賛歌」と少し似ていますね♪

こちらは、祖国スコットランドを離れて日本に来るのだから、まさに歌詞の通りでしょう。

「麦に翼はなくても 歌に翼があるのなら 伝えておくれ 故郷へ ここで生きてゆくと」とありますが、「花子とアン」で「想像の翼」がでてきたので、これも「花子とアン」に繋がります。

という訳で、主題歌も「花子とアン」をあちこちに連想する曲でした♪

 

前置きが長くなりましたが、ドラマは1971年(昭和46年)の北海道・余市から始まりました。

エリーの写真がありましたが、既に彼女は亡くなってしまったのかな?(汗)

「スーパーエリ- 特別賞受賞祝賀式典」との事で、「スーパーエリー」と名付けたウィスキーがベスト・スコッチ・スタイル・ウィスキー賞を受賞したようです。

英国のジョーンズ駐日大使が挨拶しました。

「今から50年前、日本の青年が私の国、スコットランドにやってきて、ウィスキー造りの秘密と1人の美しい女性を奪っていきました」

2年でエリーを連れて留学から戻ったので、エリーが日本に来て48年後の事ですね。

亡くなった後に賞を取るのではなく、生前、受賞して一緒に喜べたら良かったのに(^^;)

語り「ウィスキー造りに情熱を燃やした日本人男性と、愛する人の夢を叶えるために、見知らぬ国・日本でその生涯を過ごしたスコットランド人女性。このドラマは、まだ国際結婚が珍しかった時代に夫婦となった2人の笑いと涙、そして、愛が一杯詰まった冒険物語です」

オープニングタイトルと主題歌の後、タイムスリップして、1920年(大正9年)5月になりました。

亀山政春(玉山鉄二)とエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)は、船の甲板で他の乗客と一緒に「蛍の光」を歌いました。

「蛍の光」はスコットランド民謡ですね♪

エリーは、スコットランドで2年間のウィスキー留学を終えた政春と結婚し、日本へ向かっていました。

50日もの船旅を終えた2人は、電車とバスを乗り継ぎ、政春の故郷・広島県竹原へ着きました。

政春は母から結婚を祝福する手紙が来たとエリーには言ったみたいで、エリーは政春の両親に会う事を楽しみにしていました。でも、どうやらそれは嘘のよう(汗)

政春の実家は、古くから代々続く日本酒の造り酒屋で、酒蔵を見せました。

でも、女人禁制なので、中には入れて貰えませんでした(汗)

これは以前の朝ドラでも出てきたので、女人禁制なのはすぐに分かりました。

エリーは勿論、分からないようです(^^;)

番頭の島爺(高橋元太郎)や、政春の妹の亀山すみれ(早見あかり)や姉の岡崎千加子(西田尚美)と会い、そして、最後に、ようやく母・亀山早苗(泉ピン子)が登場♪

ようやく会えたので、エリーは喜んで、早苗をハグしてしまい、早苗はびっくり(^^;)

政春は慌てて、もう動くな、座っていろと(汗)

政春「お母ちゃん、嫁のエリーです」

エリー「初めまして。エリーです。よろしくお願いします」

早苗「外国人の嫁は絶対認めまへん!」

驚くエリー。

語り「喜んで迎えられるとばかり思ってたのに、これは一体どうした事でしょう」

 

語りはそう言いましたが、視聴者は予想通りですね。

会う前に、千加子が「首をなごうして待ってとるよ・・・ついでに、ツノも生やしての」と言いましたし♪

このセリフ、面白かったです♪

その前にも「首を長くする」という言葉が出てきましたが、首が長くなる筈はないので、これ、外国人には分かりにくい言い回しでしょうね(^^;)

ツノを生やすのもありえないので、分かりにくいでしょう(^^;)

姑のピン子さんは強敵そうですが、妹か誰か味方になってくれますように・・・

 

ところで、今回はまだ登場しませんでしたが、今後、相武紗季さんや堤真一さんが登場します♪

そして、今回、留守だった政春の父は、前田吟さんです♪

彼らの登場も楽しみです♪(^^)

尚、初回の視聴率は、明日(第2話)のレビューに書きます。

最初の1週間は、毎日、レビューを書く予定ですので、よろしくお願いします♪(^^)

 

<『マッサン』主要キャスト>

亀山政春・・・玉山鉄二
亀山エリー・・・シャーロット・ケイト・フォックス(政春の妻)
亀山早苗・・・泉ピン子(政春の母)
亀山政志・・・前田吟(政春の父)
岡崎千加子・・・西田尚美(政春の姉)
亀山すみれ・・・早見あかり(政春の妹)
島爺(しまじい)・・・高橋元太郎(亀山家の番頭)
田中大作・・・西川きよし(住吉酒造社長)
田中優子・・・相武紗季(大作の娘)
田中佳代・・・夏樹陽子(大作の妻)
矢口・・・白井晃(住吉酒造専務)
好子・・・江口のりこ(住吉酒造事務員)
キャサリン(種子〈たねこ〉)・・・濱田マリ
春さん・・・及川いぞう(食堂「こひのぼり」店主)
鴨居欣次郎・・・堤真一(鴨居商店大将)
 
 

<作・脚本> 羽原大介 (映画『パッチギ!』映画『フラガール』、『かすていら』など)

<音楽> 富貴晴美 (『わが母の記』で第36回日本アカデミー賞・優秀音楽賞を最年少で受賞)

<主題歌> 中島みゆき 「麦の唄」

<語り> 松岡洋子

<ドラマの舞台> 広島・竹原。大阪・住吉、山崎。北海道・余市。スコットランド・グラスゴーほか

 

公式HP・ 人物一覧表

公式HP・クランクイン・リポート

 

「マッサン」紹介&番宣「もうすぐマッサン」感想(14.9.24)

第1週日別あらすじ(9/29~10/4) (14.9.27)

 


【送料無料】マッサン(part1)NHKドラマ・ガイド [NHK出版]


【送料無料】麦の唄 [ 中島みゆき] CD (14.10.29発売)


【送料無料】竹鶴とリタの夢 余市とニッカウヰスキー創業物語/千石涼太郎

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪ 

« 夏ドラマ視聴率一覧(完全版)と総評(14年7~9月期) | トップページ | 「花子とアン」平均視聴率・関東では過去10年で最高♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/60394775

この記事へのトラックバック一覧です: 【マッサン】第1回感想「鬼の目・ピン子さん」&主題歌・人物表 :

» 【マッサン】初回(第1回)感想「鬼の目・ピン... [ショコラの日記帳]
第1週「鬼の目にも涙」(第1話)北海道・余市から始まりましたが、これはBK(NHK大阪)の制作です。朝ドラ初の外国人ヒロインですが、初回、掴みはOKだったじゃないでしょうか?シャーロ... [続きを読む]

» マッサン (第1回・9/29) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
NHK総合・連続テレビ小説『マッサン』(公式) 第1週『鬼の目にも涙』【第1回】の感想。 大正9年5月。本場のウイスキーづくりを学ぶため単身スコットランドに渡った亀山政春(玉山鉄二)は、二年ぶりに日本へ帰国。その傍らには青い瞳の妻・エリー(シャーロット)がいた。政春の実家へと向かう二人。エリーは政春の母に会えるのが楽しみでしかたないが、気が乗らない政春。意気揚々と挨拶するエリーで...... [続きを読む]

» マッサン 第1回 [レベル999のgoo部屋]
『鬼の目にも涙』 内容 昭和46年、北海道の余市で、盛大な式が開かれていた。 亀山政春(玉山鉄二)が、妻・エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)と 作りだしたスコッチを並べて。。。。。 大正9年。スコットランドでウイスキー修行を終えた政春は、 妻とな...... [続きを読む]

» NHK朝ドラ【 マッサン 】 第1回 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
大正9年5月。 本場のウイスキーづくりを学ぶため単身スコットランドに渡った亀山政春(玉山鉄二)は、 二年ぶりに日本へ帰国。その傍らには青い瞳の妻・エリー(シャーロット)がいた。 政春の実家へと向かう二人。 エリーは政春の母に会えるのが楽しみでしかたないが、気が乗らない政春。 意気揚々と挨拶するエリーであったが、政春の母・早苗(泉ピン子)が発した言葉は、 結婚を祝うどころか「外...... [続きを読む]

» 「マッサン」第1回★出たーーー泉ピン子 [世事熟視〜コソダチP]
連続テレビ小説「マッサン」 第1回(9月29日) 大正9年5月。本場のウイスキーづくりを学ぶため単身スコットランドに渡った亀山政春(玉山鉄二)は、妻・エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)と二年ぶりに日本へ帰国。 エリーとの結婚までのあれやこれやを省いたのはスッキリしていて潔いかも。 −◆− <エリーは遠いスコットランドまで結婚を祝福する手紙をくれたという政春のお母さんに会う事を楽しみにしていました。> やたらハグしたり、「首を長くする」という慣用句に戸惑いながらも、よう... [続きを読む]

» 首を長う>『マッサン』第1話 [もう…何がなんだか日記]
始まりましたねまた新たな半年間の始まりですニッカウヰスキー創業者@竹鶴政孝氏とその妻@リタさんをモデルにしているということだけは一応聞いていますがな~んの前知識もな... [続きを読む]

» 首を長う>『マッサン』第1話 [何がなんだか…ひじゅに館]
始まりましたね また新たな半年間の始まりです ニッカウヰスキー創業者@竹鶴政孝氏と その妻@リタさんをモデルにしている …ということだけは一応聞いていますが な~んの前知識もないまま臨もうと思います え? いつものことだって? 某前作は番宣を観てしまったのがウンノツキ だった気がしなくもないもんで>ぉ (まあ、そこは某前作総括で書くかもしれません) ...... [続きを読む]

« 夏ドラマ視聴率一覧(完全版)と総評(14年7~9月期) | トップページ | 「花子とアン」平均視聴率・関東では過去10年で最高♪ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31