無料ブログはココログ

« ネタバレ【花子とアン】最終週(第26週)日別粗筋(9/22~9/27) | トップページ | 【軍師官兵衛】第38回感想と視聴率「追い込まれる軍師」 »

2014年9月20日 (土)

【花子とアン】第149,150回(9/19金~9/20土)感想と視聴率推移

今回、吉太郎と醍醐がプロポーズしあって結婚し、父の葡萄酒作りを継ぎ、父・吉平は花子のラジオ放送を聞きながら、亡くなってしまいました。

おめでたい事と悲しい事が両方あって、激動の回でした。

ただ、花子のラジオを聞きながら、苦しまず、幸福そうな最期で、良かったです。1946年(昭和21年)1月の事でした。

 

実際は、両親は戦争中、四女の嫁ぎ先の静岡県で過ごしていて、甲府にはおらず、父は昭和22年、そこで亡くなりました(享年88歳)。

戦争当時、花子は、子供達2人を甲府の親戚に疎開させましたが、向こうでの待遇が悪くて、食べ物もろくに食べさせて貰えず、帰りたいという切実な手紙が来て、迎えに行きました。

連れてきた途端に東京で大空襲があり、ちょっと後悔したようですが、預けていた甲府の親戚も空襲で焼けたので、少し気がラクになったそうです(^^;)

蓮子の息子の純平君、終戦直前に戦死、残念でした(汗)

その知らせを聞いて、白蓮が一晩で白髪になってしまったのは本当らしいです。

花子は、1893年生まれなので、終戦の年、52歳の筈ですが、髪の毛が黒いので、とても若く見え、30代位に見えます(^^;)

醍醐さんも若く見えますが、花子と同じ年でしょうから、52歳でしょう(^^;)

尚、吉太郎も醍醐も架空の人物だと思いますが、醍醐さんこそ腹心の友の気がします。もう義姉ですね♪

醍醐と吉太郎のプロポーズのシーンを書きます♪

その前に、前回の父と吉太郎の和解も良かったので、それも書きます♪

 

甲府に帰って来た傷心の吉太郎に、おとうが言いました。

吉平「必死で生きてさえいりゃあ、人生に無駄なこんなんて、これっぽっちもねえだ。

 おまんの選んだ道は間違うちゃいん。

 吉太郎、世間がなんと言おうと、おまんは俺の誇りじゃ。

 これまでもこれっからも」

吉太郎「うん・・・」

吉平「よ~く帰って来てくれたな」

 

花子「お兄やん?」

吉太郎「おとう、おかあ、おらをこの家に置いてくりょう」

ふじ「てっ」

吉太郎「おとう・・・葡萄酒の作り方を教えてくれちゃ」と頭を下げる。

吉平「よ~し、分かった」と嬉しそう♪

吉太郎「ありがとうごいす。ありがとうごいす」

ふじ「ふんとに、いいだけ?」

 

吉平もふじも嬉しそうでした♪

ようやく長男が帰ってきてくれて、後を継いでくれて、良かったですね♪

それにしても吉平さん、80代後半だと思いますが、まだ現役で葡萄酒を作っていたとは(汗)

今回、吉太郎とおとうが葡萄酒作りから安東家に帰ってきたら、醍醐が来て待ってました♪

 

吉太郎「醍醐さん、どうしてここに?」

醍醐「直接、吉太郎さんにお伝えに来たんです。私がどれほど怒っているか」

吉太郎「え?」

醍醐「ずっと捜してたんですよ。心配で心配で、夜も眠れなくて・・・」

吉太郎「そんなに心配かけてたとは。すみませんでした」

醍醐「もうこれ以上、吉太郎さんを待っていられません。

 これ以上、待ってたら、よぼよぼのおばあちゃんになってしまいます。

 私も吉太郎さんと一緒にぶどう酒を作ります」

吉太郎「てっ」

父と母「て~?!」

醍醐「お父様、お母様、私、お料理もお掃除もちっとも得意ではありませんが、これから必死に努力致します。

 ですから・・・私をここに置いて下さい」

吉太郎「あの・・・醍醐さん・・・」

醍醐「私、帰れと言われても帰りませんから」

吉太郎「あなたはいつも肝心な事を自分からどんどん先に言ってしまう」

醍醐「ごめんなさいい、私・・・」

吉太郎(両親に)「おとう、おかあ、おら、この人と一緒になりてえ」

吉太郎(醍醐に)「こんなボロ屋に本当に来てくれるんですか?」

醍醐「はい・・・はい!」

丁度、玄関に来たリンが驚く。

リン「てっ?! 吉太郎がやっとこさ、結婚するだと?!

おら、ちょっくり用事を思い出したさ」と去る。

吉平「こりゃあ、あっという間に、村中に知れ渡るらな」

おめでたい事だから知れ渡ってもいいでしょう♪

おとうもおかあも嬉しそうでした♪

 

そして、結婚式を挙げたかどうかは分からず、年が明け、1946年(昭和21年)1月、5年ぶりの花子のラジオ放送。

放送前、GHQの若い兵士が花子の事を「ヘイ、ママさん」と呼びかけたので、花子は怒りましたが、「ヘイ、おばさん」よりはいいと思います。

スタッフの父の形見の万年筆を取ったのはいけない事で、これを怒るのはいいですが・・・

「ごちそうさん」と一緒で、GHQも上司はいい人で、その兵士を叱ってくれました♪ バランスとってますね♪

<花子の放送>

「外国の言葉を知るという事は、それだけ多くの心の窓を持つという事です。

戦時中はその窓も閉ざさなければいけませんでした。

さあ、心の窓を大きく開けて、一歩、踏み出しましょう。

それぞれに戦争の惨さや家族を失う悲しみを経験しましたが、勇気を出して歩いていけば、その先にはきっと一番よいものが待っていると私は信じています」

ラジオの前で、座ったまま動かない吉平。

語り「花子の声を聞きながら、吉平は息を引き取りました。ごきげんよう。さようなら」

 

先週(第24週「生きている証」)の週間最高視聴率、関東は前週の23.7%と同じく23.7%(9/11木)、関西は前週の23.4%より下がって22.2%(9/8月)、北海道は前週の20.7%より上がって22.6%(9/10水)でした。北海道は最高視聴率です♪

来週は最終週、見逃せません♪

 

【視聴率推移】(週間最高視聴率)

                 関東      関西      北海道

初回視聴率(3/31月)       21.8%     18.1%      ?

最高視聴率            25.9%(7/5土) 25.0%(7/14月) 22.6%(9/10水)      

第1週「花子と呼んでくりょう」 23.5%(4/4金) 19.7%(4/4金) 18.7%(4/3木)

第2週「エーゴってなんずら?」  22.3%(4/11金) 21.2%(4/11金) 18.0%(4/9水)

第3週「初恋パルピテーション!」 24.6%(4/18金) 21.3%(4/18金) 20.9%(4/19土)

第4週「嵐を呼ぶ編入生」    24.2%(4/22火) 22.3%(4/25金) 19.2%(4/24木)

第5週「波乱の大文学会」       23.5%(5/2金) 21.9%(5/1木) 18.8%(4/28月・4/29火)

第6週「腹心の友」         24.8%(5/9金) 23.0%(5/6火)  19.0%(5/10土)

第7週「さらば修和女学校」      23.4%(5/14水) 23.3%(5/14水) 21.5%(5/17土)

第8週「想像のツバサ?」      24.0%(5/22木) 22.6%(5/21水) 19.5%

第9週「はな、お見合いする」   24.8%(5/26月) 22.4%(5/29木) 19.1%

第10週「乙女よ,大志を抱け!」   23.1%(6/5木)  23.2%(6/6金)   21.0%(6/5木)

第11週「グッバイ!はな先生」  24.3%(6/11水) 22.5%(6/9月)  20.3%(6/13金)

第12「銀座のカフェ-で会いましょう」23.5%(6/17火)24.0%(6/18水) 20.8%(6/18水)

第13「その恋、忘れられますか?」24.2%(6/24火) 22.7%(6/24火) 20.9%(6/27金)

第14週「ゆれる思い」      25.9%(7/5土) 23.8%(7/3木) 20.0%(7/2水)

第15週「最高のクリスマス」   25.2%(7/11金) 24.6%(7/10木) 21.6%(7/7月)

第16週「あなたがいる限り」   24.7%(7/15火) 25.0%(7/14月) 19.7%(7/14月)

第17週「腹心の友ふたたび」  23.3%(7/25金) 23.2%(7/25金) 20.3%(7/25金)

第18週「涙はいつか笑顔になる」23.6%(8/1金) 24.1%(7/31木) 18.5%(7/30水・8/2土)

第19週「春の贈りもの」    25.3%(8/7木) 23.1%(8/5火) 21.4%(8/5火)

第20週「海にかかる虹」     22.9%(8/11月)21.9%(8/13水) 19.5%(8/12火)

第21週「ラジオのおばさん誕生」  24.3%(8/22金) 22.7%(8/23土) 21.2%(8/22金)

第22週「新しい家族」     24.1%(8/26火) 22.8%(8/26火) 20.2%(8/25月)

第23週「アンとの出会い」      23.7%(9/1月) 23.4%(9/4木)  20.7%(9/4木)

第24週「生きている証」         23.7%(9/11木) 22.2%(9/8月)  22.6%(9/10水)

第25週「どんな朝でも美しい」

 (くらのすけさん、三連星さん、関西と北海道の視聴率情報、感謝♪)

 

公式HP・日めくりノート 

 

スピンオフドラマ放送決定!「朝市のお嫁さん」(14.9.18)

仲間由紀恵さんと田中哲司さんが結婚へ♪(14.9.18)

 

次回「マッサン」主要キャストと次々回「まれ」紹介(14.4.26)

中島みゆきさん、次期朝ドラ「マッサン」の主題歌決定(Yahooニュース)(14.8.5)

 

関西の先週の視聴率一覧(くらのすけさんのブログ)

関東の先週の視聴率一覧(ビデオリサーチ)

関東の日々の視聴率一覧(ドラマ楽園)

 

【日別あらすじ】 (Yahooテレビ・あらすじ・まとめ)

第24週(第139~144回)(9/8~9/13)「生きている証」

第25週(第145~150回)(9/15~9/20)「どんな朝でも美しい」

最終週(第26週)日別粗筋(9/22~9/27)「曲がり角の先に」

 

【過去レビュー】

第22週(8/25月~8/28木)「美里・誕生&養女」と第21週視聴率

第23週(9/1月~9/6土)「アンとの出会い」と視聴率推移

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

できればクリック、お願いします♪

« ネタバレ【花子とアン】最終週(第26週)日別粗筋(9/22~9/27) | トップページ | 【軍師官兵衛】第38回感想と視聴率「追い込まれる軍師」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/60347211

この記事へのトラックバック一覧です: 【花子とアン】第149,150回(9/19金~9/20土)感想と視聴率推移:

» 【花子とアン】第149,150回(9/19金~9/20土)感想... [ショコラの日記帳]
今回、吉太郎と醍醐がプロポーズしあって結婚し、父の葡萄酒作りを継ぎ、父・吉平は花子のラジオ放送を聞きながら、亡くなってしまいました。おめでたい事と悲しい事が両方あって、... [続きを読む]

» 花子とアン (第150回・9/20) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第25週『どんな朝でも美しい』【第150回】の感想。 なお、本作は8/26にクランクアップしたため、当記事は、ほんの僅かな編集への期待と愚痴と重箱の隅突きなっております。楽しくご覧になっている方や重隅突きはウザいと思う方は読まない方が良いです。 吉平(伊原剛志)と吉太郎(賀来賢人)がぶどう酒作りから安東家に帰ってくると、ふじ(室...... [続きを読む]

» NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第150回 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
吉平(伊原剛志)と吉太郎(賀来賢人)がぶどう酒作りから安東家に帰ってくると、 ふじ(室井滋)が「ずっと待っている人がいる」と言う。 醍醐(高梨臨)だった。醍醐は心配していたと吉太郎に詰め寄り、吉平とふじに 「家事は得意ではないが努力するからここに置いて欲しい」と頭を下げるが、 吉太郎は…  一方、東京へ戻ることになった花子(吉高由里子)は朝市(窪田正孝)に「ラジオに 出演する...... [続きを読む]

» 花子とアン 第150回 [レベル999のgoo部屋]
内容 朝市(窪田正孝)の言葉で、決意をあらたにした花子(吉高由里子)は、 東京へ帰ってすぐに。。。。 敬称略 基本的に、誰かがお膳立てをして、主人公に転がり込んでくる今作。 といっても。  誰かに諭されても、何かをするわけでも無く。  何かを決意して...... [続きを読む]

» 「花子とアン」第150回★花子の声を聞きながら吉平(伊原剛志)は… [世事熟視〜コソダチP]
連続テレビ小説「花子とアン」 第150回(9月20日) 甲府に醍醐(高梨臨)が来ています。 醍醐「直接吉太郎さんにお伝えしに来たんです。私が…どれほど怒っているか。ずっと捜してたんですよ!心配で心配で夜も眠れなくて…。もうこれ以上吉太郎さんを待っていられません!これ以上待ってたらヨボヨボのおばあちゃんになってしまいます。」 たしかに50歳代の吉太郎と40歳代の醍醐のカップルは、田中哲司と仲間由紀恵以上の晩婚だわさ。 醍醐「お義父様お義母様。私お料理もお掃除もちっとも得意では... [続きを読む]

» 父よさらば>『花子とアン』第150話 [もう…何がなんだか日記]
用事が長引いてめっちゃ遅くなっちゃいましたっひじゅにですが何か?「ハナの声を聞きながら吉平は息を引き取りました」by美輪画面を観ていれば自然に分かることなんだけ... [続きを読む]

» 父よさらば>『花子とアン』第150話 [何がなんだか…ひじゅに館]
用事が長引いて めっちゃ遅くなっちゃいましたっ …ひじゅにですが何か? 「ハナの声を聞きながら吉平は息を引き取りました」by美輪 ↑画面を観ていれば自然に分かることなんだけども 観ていなくてもフラグ立ちまくりだったんだけども これで、お母の呼びかけに普通に答えて目を開けたりしたら 「こらっ!」 と怒っちゃうところなんだけども>ぉ こん...... [続きを読む]

« ネタバレ【花子とアン】最終週(第26週)日別粗筋(9/22~9/27) | トップページ | 【軍師官兵衛】第38回感想と視聴率「追い込まれる軍師」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30