無料ブログはココログ

« 【花子とアン】第154回(9/25)「出版決定」感想と視聴率推移 | トップページ | 【花子とアン】最終回(第156回)感想と総評 »

2014年9月26日 (金)

【昼顔~平日午後3時の恋人たち~】最終回(11話)感想・視聴率

「罪から始まった恋完結…妻が選ぶのは夫か恋人か」

最終話(第11話)の視聴率は、前回の16.7%より少し下がって、16.5%(関東)でした。

全11話平均13.9%でした♪ 今期2位です♪

最後、昔だったら、「失楽園」のように心中しそうなところですが、結局、どちらのカップルも不倫相手と別れました(汗)

利佳子(吉瀬美智子)の方は子供がいるから戻った方がいいかもしれないけれど、あの嫌味な暴力夫が変わらないと嫌ですね(^^;)

紗和(上戸彩)と北野(斎藤工)は、もう一度、一緒に逃げれば良かったのになあ。

紗和は戻った後、家に火をつけたので、離婚になりましたが、北野はあの怖い奥さんの尻に敷かれながら、これからもずっと平凡に生きていくのだろうなあ。

 

私は子供がいないのに、「ママ」「パパ」と呼びあうのは苦手です。

俊介(鈴木浩介)はEDみたいで子供ができそうもないし、「ママ」と呼ぶという事は妻を女として見てなくて、母親のような人がほしいのでしょう。

あんな夫、離婚して良かったと思います。

北野もいつか紗和の離婚を知って、怖い妻と別れてくれればいいけれど・・・

続編、どうとでも作れそうな結末でした(汗)

 

とにかく、乃里子(伊藤歩)が妊娠したと言ったのは、嘘で、すぐ北野(斎藤工)は見破りました。

この時は、ちゃんと紗和(上戸彩)の元に戻ったのですが・・・

後で、探偵が捜し当てて、乃里子と俊介、慶子(高畑淳子)らが現れ、2人は無理矢理引き離され、連れ戻されてしまいました(汗)

その後、弁護士を入れて皆で話し合いましたが。。。

どうして、もう2度と会わないという話になってしまったのかな?

離婚したいと強く言い続ければ良かったのに。

どうせそれぞれの家庭に戻ったとしても、もう以前のように付き合うのは無理でしょう(汗)

結局、2度と会わないと誓約書にサインして、家庭に戻りましたが。。。

北野は、高校を辞めて、別の場所へ引越しました(汗)

こんな風に無理矢理、別れさせて、昔とおなじように相手に接しられるのは気の強い乃里子くらいのものですよね(汗)

高校最後の日、北野は帰り際、校内アナウンスで自分の気持ちを生徒達に言いました。

 

<北野の校内アナウンス>

「先生は生物の教師として、君達に・・・君達にお願いしたい事があります。

1つの生き物としてこの世に生を受けた以上、将来、誰かを真剣に愛して下さい。

誰かを愛すると、見慣れた景色がいつもと全然違って見えます。

自分以外の人間の幸せを願う、そんな大きな喜びを知ります。

愛情は人以外の哺乳類や鳥類にも存在しますが、人にとって、愛情は特別な存在です。

先生もある人に出会い、愛し、別れる事によって、その喜びを知りました。

ただ会って抱き合う。それだけが愛の営みではない。

先生、そんな風に思います。そんな風に思います。

たとえ、離れ離れになっても相手の幸せを願い続ける。

それこそが、心を持ったホモサピエンス、人間という生物の愛なんだと。

だから、君達にはいつか誰かを真剣に愛してほしい。そう願っています。

途中で去る事を謝ります。

ごめんなさい。そして・・・ありがとう。さようなら」

 

放送室から出てきた北野、生徒達の中を歩いて行き、啓太に会う。

啓太「マジすぎ。ダセえんだよ」

北野「やっぱり」

啓太が手を掲げ、北野、その手を叩く。

啓太「俺、ちゃんと高校卒業すっから。まだ母親に会う気にはなれねえけど」

雑誌を差し出す。

北野「ん? もう先生じゃなかった」

雑誌を返す。

 

以前から、関わっていた生徒の啓太にだけは、きちんとけじめをつけて、理解して貰えて良かったです。

紗和は、学校の近くに来て、そのアナウンスを聞いていたので、北野の本心は分かったでしょう。

でも、会う事はできず、泣くしかできませんでした。

その夜・・・

紗和は、スニーカーに火をつけ、そのスニーカーを家の中のゴミ箱に投げ、倒れて部屋中に燃え広がりました(汗)

語り「あの日、見た火事は、不倫の清算のためじゃなかったのだと思いました。

自らの家に火をつけた奥さんは、許されない恋を断ち切りたかったのではないでしょうか?

罪を犯して囚われれば、会いたいと思っても会えないから」

 

紗和「私が火をつけました」と警察で言いましたが、

刑事「あなたの行動が明らかになったので、どうぞお帰り下さい」と・・・(^^;)

掃除中の出火だったと夫が言ったとの事。

すぐに消し止めてくれて良かったと。

刑事「奥さん、今回の事は法律では裁けません。

 刑にならない罪は、自分で償わなければならないんですよ」

この刑事さん、不倫の事も知っているのでしょうか?

まるで不倫の事を言っているかのようでした(^^;)

 

俊介「ママ、離婚しよう。

 僕はママと穏やかに無理する事なく生きていきたかった。

 それが結婚だと思ってた。

 でも、ママが僕に求めてた物は違ったんだな。

 ママはもっと・・・紗和・・・悲しいよなあ。

 何で一番そばにいる人の気持ちが分からないんだろうなあ?

 ああ、そうだ。ぼや騒ぎのせいかどうか知らないけど、ハムミが戻ってきたよ。

 あいつ、バカだよな。遅いよなあ」

 

紗和、ハムスター達にお別れを言い、慶子に温かいお別れを言われ、出て行く。

慶子「私は決してあなたを許したわけじゃないから。でも元気でね。

 お互い、前向きでね。あなたとのお喋り、楽しかったから。

 やだ、もう。 何、甘い事、言ってるのかしら」と泣いて去る。

 

それぞれの家のベランダから電話している紗和と利佳子。

利佳子「行くの?」

紗和「はい。やっとアパートと仕事が見つかったので」

利佳子「終わったのね。あなたの恋も私の恋も。

 私達、また誰かを好きなる事あるのかしらね?」

紗和「私は・・・」

利佳子「寂しいけど、私、紗和さんに連絡しないわね」

紗和「私も」

利佳子「ねえ、この恋で何か変わった?」

紗和「・・・」と微笑む。

利佳子が夫に呼ばれ、「じゃあ、元気でね」と挨拶をして電話を切る。

 

語り「いいえ、1つだけ変りました。一人で靴の紐を結べるようになったのです。

 これでもう立ち止まる事はありません」

 

紗和が歩いている道路を北野の乗ったトラックが通り過ぎる。

寸前に消防車も来て、行き違う。

でも、北野のトラックの方が紗和に近かったので、助手席の北野が見えたんじゃないのかな?

それは視聴者にお任せという感じでした。

紗和「神様、ごめんなさい。私はいつかまたあなたを怒らせるかもしれません」

これは、北野とよりを戻すという事なのか、それとも新しい恋を捜すのか分かりません。

 

一方、利佳子の方は・・・

加藤(北村一輝)は盗作がばれてしまい、公表しないので、利佳子と別れろと言われ、自分で公表してしまいました。

仕方ないですね。

大騒ぎになりましたが、利佳子は見直したと言いました。

智也は逆に怒って、加藤を殴りに行き、加藤が本気で殴り返してきたので、つい、力が入ってしまい・・・

加藤の右腕の神経を切ってしまって、絵が描けなくなってしまいました。

加藤は、警察に言うなと智也に言ったよう。

加藤は病院のベッドの上で、利佳子に言いました

「これが審判の結果だよ。帰るんだ。

一人の女を不幸にしたと思いながら生きたくない。

それでもいいじゃないかと割り切れるほど、強くないんだよ。子供だからな。

利佳子、家に帰って母親に戻るんだ。さよなら。

おまえが好きだよ」

利佳子「何、言っちゃってるの。あなたなんて遊びよ」と涙ぐんで怪我した手をさする。

 

結局、利佳子は加藤を愛しながらも別れ、普通に母親に戻ったよう。

あの嫌味な夫と元通りに戻れると思えないのですが・・・(汗)

我慢していくのかな?(^^;)

加藤は左手で絵を描いていましたが、この人が一番気の毒かも?(汗)

北野は妻と共に引っ越して、別の地で、また教師をやれるのかな?

それとも塾の講師とかになるでしょうか?

紗和が離婚した事、知らないでしょうね。

知っても、もう元には戻らないかな?

あの奥さん、怖いし・・・(^^;)

 

前述の通り、最後は、紗和、北野の乗った引越しのトラックとすれ違い、

語り「神様、ごめんなさい。私はいつかまたあなたを怒らせるかもしれません」

これは、北野とよりを戻すという事なのか、それとも新しい恋を捜すのか分かりません。

とにかく、続編がどうにでも作れる感じで終わりました(^^;)

このドラマが当たって、不倫がブームになりましたね。

それだけに、こういう抑えた結末、社会のためには良かったかもしれません(汗)

上戸彩さん、結婚した途端にこういう不倫のドラマ、皮肉ですね(^^;)

でも当たって良かったですね♪

主題歌、金井克子さんのヒット曲のカバーもセクシーで良かったです♪

続編、期待します♪(^^)

 

【最終回(第11話)あらすじ】 (Yahooテレビより)

紗和(上戸彩)は、貸別荘で北野(斎藤工)の帰りを待っていた。紗和の夫・俊介(鈴木浩介)、妻の乃里子(伊藤歩)と会って思いを伝えた北野は、約束通り紗和の元へと戻る。ところがその夜、紗和たちの元に探偵会社の調査員(神農直隆)とともに俊介や乃里子、慶子(高畑淳子)らが現れ、ふたりは無理矢理引き離され、連れ戻されてしまう。  数日後、紗和は利佳子(吉瀬美智子)と再会する。紗和が北野を諦められずにいることを知った利佳子は、ここまできたら自分の意思で決めるしかないと助言する。しかし、利佳子自身は、加藤(北村一輝)と別れるべきかどうか悩んでいるという。スポットライトを浴びる加藤の隣に立つのは、離婚でもめている子持ちの人妻ではないと言うのだ。  そんな中、加藤がバルセロナから帰国する。一方、笹本家と北野家は、弁護士を間に入れて話し合うが・・・。

 

【視聴率一覧】(視聴率は関東地区)

[第1話]13.3%   [第2話]13.5%   [第3話]12.0%   [第4話]13.1%

[第5話]11.8%   [第6話]10.9%   [第7話]13.8%   [第8話]15.6%

[第9話]15.1%   [第10話]16.7%  [第11話]16.5%(終)  [平均]13.9%

 

【脚本】 井上由美子

【主題歌】 一青窈「他人の関係 feat.SOIL&“PIMP"SESSIONS」

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

できればクリック、お願いします♪

« 【花子とアン】第154回(9/25)「出版決定」感想と視聴率推移 | トップページ | 【花子とアン】最終回(第156回)感想と総評 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【昼顔~平日午後3時の恋人たち~】最終回(11話)感想・視聴率:

» 【昼顔~平日午後3時の恋人たち~】最終回(... [ショコラの日記帳]
「罪から始まった恋完結妻が選ぶのは夫か恋人か」最終回(第11話)の視聴率は、前回の16.7%より少し下がって、16.5%(関東)でした。全11話平均13.9%でした♪ 今期2位です♪最後、... [続きを読む]

» 昼顔~平日午後3時の恋人たち~ #11 最終回 [ぐ~たらにっき]
『罪から始まった恋完結…妻が選ぶのは夫か恋人か』 [続きを読む]

» 昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜 第11話(最終回) [レベル999のgoo部屋]
「罪から始まった恋完結…妻が選ぶのは夫か恋人か」 内容 思いを伝えるため、紗和(上戸彩)を貸別荘に残し、 俊介(鈴木浩介)乃里子(伊藤歩)のもとへ向かった北野(斎藤工) 2人に謝罪したうえで、離婚を口にするのだった。 数日後、帰りを待つ紗和のもとに、北野...... [続きを読む]

» 二人の不倫は終わったのね・・・とりあえず(上戸彩) [キッドのブログinココログ]
ブログ的にはレギュラー・レビューがすべて最終回を迎え・・・夏と秋の谷間に突入したわけだが。 夏ドラマのフィナーレを飾るのは・・・「昼顔」である。 不倫でいっぱいの2014年夏ドラマにあって・・・人妻となった女優・上戸彩が・・・お茶の間の妄想をかきたてたのでございますねえ。 13.3%↗13.5%↘1... [続きを読む]

» 昼顔~平日午後3時の恋人たち~ 最終回「罪から始まった恋完結…妻が選ぶのは夫か恋人か」 [のほほん便り]
北野(斎藤工)は無事、みんなに想いを伝えて、紗和(上戸彩)の待つ貸別荘に戻ってきたものの、関係者が全員、押しかけてきて、大修羅場の大乱闘。結局、乃里子(伊藤歩)の妊娠は、ヤケ酒で、すぐに嘘とバレてしまったものの、彼女らしく弁護士をたてて、一同が話し合い。「もう2度と会いません。会えば罰金を払います」の誓約書を書くことに。加藤(北村一輝)は、絵が贋作であったと自分から申し出て、成功の道をパー。利佳子(吉瀬美智子)ストーカーの彼と男同士の喧嘩になり、怪我して、利き手を傷つけてしまいました。北野は退職する... [続きを読む]

» 昼顔~平日午後3時の恋人たち~ 最終回 [ぷち丸くんの日常日記]
ずっと録画していたのですが、観る時間がなくて、最近ようやく観まくって最終回に間に合いました。 全体的にすごい破壊力なお話でした。 不倫物なのに、ラブロマンス度がすごく高いw 北野先生(斎藤工)と紗和(上戸彩)は、とうとう2人で逃避行を図ってしまいます。 それでも真面目な北野先生は、紗和の夫・俊介(鈴木浩介)と、自分の妻・乃里子(伊藤歩)に自分の想いを伝えに行きます。 ...... [続きを読む]

» 昼顔 〜平日午後3時の恋人たち〜 第11話(最終回) [なんでもあり〜な日記(カープ中心?)]
第11話 あらすじ 大乱闘あり修羅場あり・・・ なんだかなーな結末になったわけですが・・・・ 続編フラグでしょうかね\(^o^)/ 結局は乃里子さんの妊娠も嘘だったわけで。。。 一 ...... [続きを読む]

» 昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜 第11話(最終話) [ドラマハンティングP2G]
最終話「罪から始まった恋完結…妻が選ぶのは夫か恋人か」9月25日木曜 よる10時 紗和(上戸彩)は、貸別荘で北野(斎藤工)の帰りを待っていた。紗和の夫・俊介(鈴木浩介)、妻の乃里子(伊藤歩)と会って思いを伝えた北野は、約束通り紗和の元へと戻る。ところがその夜…... [続きを読む]

« 【花子とアン】第154回(9/25)「出版決定」感想と視聴率推移 | トップページ | 【花子とアン】最終回(第156回)感想と総評 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30