無料ブログはココログ

« 秋ドラマ初回視聴率一覧(1)と感想(14年10~12月期) | トップページ | 【相棒season13】第1話プチ感想と視聴率好発進♪ »

2014年10月17日 (金)

【昨夜のカレー、明日のパン】第1話&第2話プチ感想

第1話「台風とくす玉」

以前、書きかけてそのままになってしまったこのレビューを完成させてアップします。

最近、プロ野球のCSファイナルステージが気になってしまって、ドラマに集中できません(^^;)

このドラマは、BSなので視聴率は分かりません。

特に期待してなかったんですが、とても良かったです♪

脚本家の木皿泉さんが好きなので見たのですが、愛情に溢れてますが、切なくて、いかにも木皿さんらしい感じででした♪

元CAだけど笑えなくて、やめてしまったお隣さんとか、弱い人がいろいろ出てきて、これも木皿さんらしいですね。

暗い所に行きたくて、夜、外に出てきたけれど、ついうち明るい所を捜してしまっていて、人の声のする方にいってしまうとかで、自販機の隣に座っていて・・・(^^;)

なんとなく、そういう気持ち、分かるような気がします。

木皿さんのドラマは繊細なんですよね。

これも好き嫌いが分かれるドラマかもしれません。

私のような人間はどっぷり嵌まってしまって、久々に感動してしまいました。

次回も楽しみです♪

 

特に、亡き夫の入院中、義父の連太郎(鹿賀丈史)とテツコ(仲 里依紗)が一緒に帰る時、夜中のパン屋に行って、もう連太郎もテツコも待つのに疲れていたのに、もうすぐパンが焼けるので焼き立てを待ちますかと言われて、つい待ってしまい、一緒に焼きたてのパンを食べるところ、ウルウルしてしまいました。

義父とテツコは一樹の死を一緒に乗り越えてきているので、一緒に悲しんだり、一緒に喜びあったりしてきたんですよね。

だから気持ちが分かり合えるよう。

岩井(溝端淳平)が言うように、普通は夫の死後、7年も経つのに、2人で一緒に暮らしているのは変わってるかもしれません。

でも、テツコにとっても義父にとっても、同じ悲しみを乗り越えてきた同士というか、一歩離れた家族というか・・・

こういう関係もいいなあと思いました

テツコは7年前に亡くなった夫・一樹(星野 源)をまだ愛してるんですね♪

キャンディーの缶に小さな骨をいつも持ち歩いていました。

これ、実物見せられたら、びっくりですよね(汗)

知らずに触ってしまったら、そりゃ、私も走り回って、水道へかけていきます(^^;)

元CAだけど笑えなくて、やめてしまったお隣さんとか、そのお父さんが定年退職でお祝いしてあげたりとか・・・

あの魅力、うまく書けないです(汗)

木皿さんの良さは細かい感情表現なんだと思います。

テツコは死が身近で、「ギフが死ぬ時は私が看取る。それが一樹との約束だから」と思っているし。

義父も若い女性がいると気を遣うと思いながらも、一人だと寂しいので、彼女がいてくれるのを本当はありがたく思っていて・・・

でも、彼女が同僚の岩井(溝端淳平)からプロポーズされ、その場を目撃したおしゃべりなテツコの後輩・ギダリエ(小野ゆり子)によって、社内中の噂となり、二人の結婚を祝うくす玉まで作られますが、テツコは断りました。

噂は一人歩きして、テツコの上司(マキタスポーツ)を通じて、行きつけの歯科医でギフの義妹でもある朝子(片桐はいり)に伝わり、彼女が義父の電話して、義父も知りました。

そろそろ7年、おめでたい事だと思いましたが・・・。

結局、岩井とは価値観が合わないよう(汗)

自然に一樹の事を忘れられるまで、無理をする事ないと思います♪

素敵な義父との同居、うまくいっているのだし。。。

くす玉、その後、役だって良かったです♪(^^)


第2話「星と雪だるま」

第2話も泣けました。。。

ムムム(ミムラ)が元CAだったの、活きましたね♪

ムムムと一樹はお隣さんだったので、子供の頃、親しかったよう♪

7年前に亡くなった一樹の雪ダルマのマスコット、後輩CAに頼んで持って行って貰って、飛行機に乗っけて貰うとは♪

まるで一樹が星になるよう♪(^^)

いい案だと思いました♪

次回も楽しみです♪(^^)

 

【第1話「台風とくす玉」あらすじ】 (公式HPより)

テツコ(仲 里依紗)は7年前に夫・一樹(星野 源)をガンで亡くし、ギフ(義父)の連太郎(鹿賀丈史)と二人暮らしだ。ある日、テツコは恋人の岩井(溝端淳平)からプロポーズされるが、断ってしまう。どうしてテツコは今でもギフと暮らし続けるのか、岩井は理解できないでいた。
テツコには忘れられない思い出があった。まだ一樹が入院していた頃、病院からの帰り道に夜中でも開いているパン屋があった。ある時、美味しい匂いに誘われてパンを買ったテツコとギフは、思わず嬉しくなり、笑ってしまったのだ。悲しいけど幸せな気分になれる、そんな体験を共有した2人は、奇妙な絆で結ばれていた。
岩井のプロポーズは、おしゃべりなテツコの後輩・ギダリエ(小野ゆり子)によって、社内中の噂となり、二人の結婚を祝うくす玉まで作られる。さらにテツコの上司(マキタスポーツ)を通じて噂は、行きつけの歯科医でギフの義妹でもある朝子(片桐はいり)に伝わり、やがてギフの知るところとなる。
ある晩、夜食としてシュウマイを買ってきたテツコに、ギフは「結婚するの?」と尋ねると、テツコはきっぱりと否定し、「ギフが死ぬ時は私が看取る。それが一樹との約束だから」と話す。
週末の土曜日、台風が東京を直撃する中、テツコは結婚騒動にケリをつけるべく、岩井の家へ出かけた。そしてテツコは、岩井を前に「私、家族が嫌いなの」と自らの思いをぶつける。その裏には最愛の夫を失った大きな悲しみがあった。

 

【第2話「星と雪だるま」あらすじ】 (公式HPより)

テツコ(仲 里依紗)は岩井(溝端淳平)からのプロポーズを断った。夫・一樹(星野 源)を亡くしてからというもの、家族をもつことに臆病になっていた。
テツコは帰る途中、隣に住む通称・ムムム(ミムラ)が笑っているところを見かける。元CAの彼女はある時から引きこもりになり、笑えなくなっていた。ムムムが笑ったと知り驚いたギフ(鹿賀丈史)は、彼女の本名が思い出せずに気になり始める。
ギフはある晩、名前を調べようと隣の表札をのぞき込むと、ムムムと鉢合わせしてしまう。ムムムと話し込んだギフは、引きこもりの原因が息子・一樹の死だったと知る。そしてムムムから一樹が大切にしていた雪ダルマの人形を形見として譲って欲しいと頼まれる。
ギフはテツコを巻き込み、徹夜で雪ダルマを探すが見つからない。二人はそのまま爆睡して目を覚ますと、なぜか冷蔵庫の中にさばいたアジが入っていた。二人ともアジフライが食べたいと思っていただけに驚愕する。それは寝ている間に、岩井が届けてくれたものだった。
雪ダルマは一樹のいとこ・虎尾(賀来賢人)が持っていた。届けてくれた御礼に、テツコは虎尾にアジフライをご馳走すると、結婚間近の虎尾からマリッジブルーの話を聞かされる。 ギフからもらった雪ダルマをムムムは、後輩のCAに預け飛行機で運んでもらうことにした。ある朝、ギフとムムムは雪だるまを載せた飛行機を見上げる。ムムムは、「カズちゃんは空から私たちを見ているんです」と言うと、ギフは大声で空に向かって叫ぶのだった。「おーい!一樹!オレ、ここにいるぞ!」

 

【原作・脚本】 木皿泉

【主題歌】 プリンセス プリンセス 「M」

--

公式HP・次回あらすじ

 


【送料無料】昨夜のカレー、明日のパン [ 木皿泉 ]

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ   

できればクリック、お願いします♪

« 秋ドラマ初回視聴率一覧(1)と感想(14年10~12月期) | トップページ | 【相棒season13】第1話プチ感想と視聴率好発進♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/60496493

この記事へのトラックバック一覧です: 【昨夜のカレー、明日のパン】第1話&第2話プチ感想 :

» 【昨夜のカレー、明日のパン】第1話&第2話... [ショコラの日記帳]
第1話「台風とくす玉」以前、書きかけてそのままになってしまったこのレビューを完成させてアップします。最近、プロ野球のCSファイナルステージが気になってしまって、ドラマに集中... [続きを読む]

» プレミアムドラマ『昨夜のカレー、明日のパン』第2回 [レベル999のgoo部屋]
「星とゆきだるま」 内容 岩井さん(溝端淳平)のプロポーズを断ったテツコ(仲里依紗) 「人はいつか死ぬんだからね」 亡き夫・一樹(星野源)のことを口にするのだが、岩井は、ひるまなかった。 なぜか、ワイシャツを脱ぎ、 背中に這ってある4枚の湿布の一枚を剥がす...... [続きを読む]

« 秋ドラマ初回視聴率一覧(1)と感想(14年10~12月期) | トップページ | 【相棒season13】第1話プチ感想と視聴率好発進♪ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック