無料ブログはココログ

« 【問題のあるレストラン】初回(第1話)感想と視聴率 | トップページ | 【デート~恋とはどんなものかしら~】第1話プチ感想と視聴率 »

2015年1月18日 (日)

【花燃ゆ】第3回プチ感想と視聴率「ついてない男」

副題「ついてない男」

新聞ラテ「ついてない男~運命・黒船・兄の涙」

第3話の関東の視聴率は、前回の13.4%より上がって、15.8%でした♪

関西の視聴率は、前回の14.8%より上がって、15.7%でした♪

続落するかと思いましたが、どちらも上がって良かったです♪(^^)

 

18日のYahooニュース(週刊ポスト2015年1月30日号)に、「『花燃ゆ』大コケの背景に作品巡る政治的配慮あり」という記事がありました。

安倍首相の地元・山口が大河の舞台となるよう無理に決まった作品だという“疑惑”があるとの事。

なるほどね。それで長州の女性ですか(^^;)

それが本当かどうか分かりませんが、テレビ局が政治家の圧力に屈するのは、ニュースも曲げて報道しそうで怖いです(汗)

大河は、長州が舞台でもいいですが、せめて、妹ではなく、松陰とその弟子達が主人公であって欲しかったです。

「八重の桜」は八重が主人公でも、兄が主人公ではないかと思うほど、兄がメインの話が多かったので、話に重みが出ましたが、「花燃ゆ」は、思ったほど寅次郎(松陰)が出てこなくて、話が軽いですね(汗)

ホームドラマ大河はちょっと苦手です(^^;)

今回も寅次郎が殿へ建白書を出してしまったり、黒船で密航を企てたり、無茶な事ばかりするので、それで散々な目に遭う家族というのがメインでした。

日本の今後を心配して命をかける寅次郎の気持ちはあまり描かれず、「家族に迷惑ばかりかける子供みたいな人」ってのが、このドラマの寅次郎(松陰)の描き方なのでしょうか?(汗)

坂本龍馬も、脱藩したり、黒船を見に行ったりして、家族に迷惑をかけ、似ていると思いますが、「龍馬伝」の龍馬は素敵でした♪

このドラマの松陰は描かれ方が随分違い、ちょっと気の毒な気がします(汗)

 

お兄さんの梅太郎、苦労してました(^^;)

寅次郎、一途で、本当に子供みたいですね(^^;)

「寅次郎、どうか大人になってくれ」

と懸命に説得して、兄の苦労には心打たれました(汗)

 

ただ、無理矢理、神社で、文と久坂玄瑞(東出昌大)が出会ったエピソードは、ちょっと・・・(汗)

一緒に、異国船を見に行きましたが、黒船はいませんでした。

玄瑞は願掛けしていたとの事でとても残念がりました。

黒船が見れたら、自分も変われるかもしれないと。

おみくじもいつも「凶」で、親兄弟が次々と亡くなり、家督を継がなければならず、武士になりたいのに、医師の仕事を継がなければならず・・・

「呪われとる。神様に愛想つかされとる」と、自分の身の上を嘆きました。

文が事情を聞いて、神社に引っ張って行き、もう一度、おみくじを引かせました。

 

「悪い事ばかりあったんなら、きっと悪い運は使い切った。

だから、きっとこれからはいい事ばかりある」

 

文がお賽銭を入れて、神様にお祈りして、玄瑞がおみくじを引きました。

そうしたら、今度は「大吉」でした♪

あげまんかな? 良かったですね(^^)

 

それにしても、大河や朝ドラはこういうように、実は結婚相手と事前に会っていたというエピを作って入れるの多いですね(汗)

「平清盛」も「軍師官兵衛」もそうでしたし、「ゲゲゲの女房」も、事前に会っていた事にして、早めに出しました(^^;)

こういうこじつけエピは、苦手です(汗)

 

順番前後しますが、嘉永6年(1853年)7月、文は伊之助と祝言をあげました。

生まれた年は、文1843年、久坂玄瑞1840年、寿1839年、寅次郎1830年、伊之助1829年なので、

この年(1853年)は、文10歳、玄瑞13歳、寿14歳寅次郎23歳、伊之助24歳位です。

新婚当時、寿が文に

「気楽でいいね、あんたは。お子様だって事」

と言いましたが、実際、まだ文はお子様ですから(^^;)

 

それから寅次郎、江戸に行ったりあちこち行ったので、月日が結構経ったように感じましたが・・・

文は妊娠して、嬉しそうに杉家に報告に来ました。

でも、丁度、その時、父が血相を変えて、出てきて・・・

寅次郎が黒船に乗って密航を企てたとの事(汗)

という事は、安政元年(1854年)3月でしょう。

まだ結婚から1年経っていません(汗)

寿、前回の結婚が駄目になった時といい、ついてないですね(^^;)

ただ、寿は小田村家に嫁入りしたし、子供を生むのには影響ないと思いますが・・・

父や兄はどうなるのか・・・(汗)

心配です。。。

 

【第3回あらすじ】 (Yahooテレビより)

黒船が来るといううわさが広がる中、文(井上真央)は、久坂玄瑞(東出昌大)と出会う。親兄弟を亡くし、意に染まぬ医師の仕事を継がねばならないことに自暴自棄になっていた玄瑞だが、文の明るさに励まされていく。文も黒船を自らの目で確かめようとする玄瑞の行動力に、兄の寅次郎(伊勢谷友介)と同じ情熱を感じる。そこに脱藩の罪を免じられ学問を許されていた寅次郎が、今度は密航を企てたという知らせが入って…。

 

【レビューリンクと視聴率推移】 (視聴率は関東地区)

第1回]16.7%(関西16.9%)   [第2回]13.4%(関西14.8%)

[第3回]15.8%(関西15.7%)

 

【作】 大島里美 / 宮村優子

【音楽】 川井憲次

【題字】 國重友美

【語り】 池田秀一

 

公式HP・略年表

公式HP・人物相関図

公式HP・次回あらすじ

 

関東の先週の視聴率ベスト10

関西の先週の視聴率ベスト20

 


【送料無料】2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」完全ガイドブック


【送料無料】 花燃ゆ(前編) NHK大河ドラマ・ストーリー[大島里美]

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

できればクリック、お願いします♪(^^)

« 【問題のあるレストラン】初回(第1話)感想と視聴率 | トップページ | 【デート~恋とはどんなものかしら~】第1話プチ感想と視聴率 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/60995409

この記事へのトラックバック一覧です: 【花燃ゆ】第3回プチ感想と視聴率「ついてない男」:

» 【花燃ゆ】第3回プチ感想と視聴率「ついてな... [ショコラの日記帳]
【第3話の視聴率は、1/19(月)追記予定】副題「ついてない男」新聞ラテ「ついてない男~運命・黒船・兄の涙」18日のYahooニュース(NEWSポストセブン)に、「『花燃ゆ』大コケの背景に... [続きを読む]

» 【 花燃ゆ 】第3回 「ついてない男」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
黒船が来るといううわさが広がる中、文(井上真央)は、久坂玄瑞(東出昌大)と出会う。 親兄弟を亡くし、意に染まぬ医師の仕事を継がねばならないことに自暴自棄になっていた 玄瑞だが、文の明るさに励まされていく。 文も黒船を自らの目で確かめようとする玄瑞の行動力に、兄の寅次郎(伊勢谷友介)と 同じ情熱を感じる。 そこに脱藩の罪を免じられ学問を許されていた寅次郎が、今度は密航を企てたとい...... [続きを読む]

» 『花燃ゆ』第3回「ついてない男」★黒船を見に行く文と玄瑞 [世事熟視〜コソダチP]
『花燃ゆ』第3回「ついてない男」 黒船が来るといううわさが広がる中、文(井上真央)は、久坂玄瑞(東出昌大)と出会う。親兄弟を亡くし、意に染まぬ医師の仕事を継がねばならないことに自暴自棄になっていた玄瑞だが、文の明るさに励まされていく。文も黒船を自らの目で確かめようとする玄瑞の行動力に、兄の寅次郎(伊勢谷友介)と同じ情熱を感じる。そこに脱藩の罪を免じられ学問を許されていた寅次郎が、今度は密航を企てたという知らせが入って…。10歳の文(井上真央)と13歳の久坂玄瑞(東出昌大)が黒船を一緒に見に行こ... [続きを読む]

» 花燃ゆ 第3話「ついてない男」〜正しい筋道で、正しいやり方で世の中を変えてみろ [平成エンタメ研究所]
 寅次郎(伊勢谷友介)の行動を大人の目で見ると、兄・梅太郎(原田泰造)の言葉になる。 「これをしたいと思うたら、もう歯止めがきかん。それでは子供と一緒じゃ」 「一家が後ろ指をさされ、路頭に迷おうとも、お前は『公のため』『天下万民のためや』と言うんじゃろ...... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ「花燃ゆ」第3回「ついてない男」 [真田のよもやま話]
なあに幕末の志士なんですから、脱藩して何ぼですよ・・と現代の私たちは思ってしまいますけど、同時代のましてや家族親戚だったら大変な大事件だったんでしょうねええ。坂本龍馬様は勝先生の口利きで許してもらったんでしたっけ?さて我らが寅兄様の助け舟は、先週伊之助様が拝み倒してた藩の重臣・周布政之助様!どうなります事やら~。... [続きを読む]

» 大河ドラマ「花燃ゆ」 #03 ついてない男 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
ペリー来航という歴史的に大きな出来事が起きているのですが、 最初の夫、久坂玄瑞が出てくるのですが、 いまいち書く気になれない・・・。 [続きを読む]

» 「花燃ゆ」 第3回、ついてない男 [センゴク雑記]
大河ドラマ「花燃ゆ」。第3回、ついてない男。 寅次郎、己の道を行く。 文は玄瑞と会う。 [続きを読む]

» 大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹3文は夫となる久坂玄瑞と出会い玄瑞に行動力と大吉を導く強運を授けた [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「花燃ゆ」第3話は文は密かに隠れ家で打ち合わせしている久坂玄瑞の事を知る。文は久坂玄瑞らが異国船を実際に戦うための事を話していたが、他の者たちは怖気づいてい ... [続きを読む]

» 「花燃ゆ」感想 第三話「ついてない男」 [きまぐれひまつぶし雑記帳]
今回は久坂玄瑞、初登場回です。 高杉晋作と松下村塾の双璧と言われながらも、大して何もしていないうちに早世してしまったことで、若干地味な玄瑞さんですが、今回の大河はやっと久坂の時代が来たと言うことだ!と前は思ってました。 あれですね…まさか久坂が少女漫画で主人公に救われる彼氏役で出てくるとは思わなかったよ。 まさか神社のおみくじに一喜一憂するやつだとは思わなかったよ。 松陰先生が秀才熱...... [続きを読む]

» 花燃ゆ 第3話「ついてない男」 ~黒船来航と将及私言~ [坂の上のサインボード]
 脱藩の罪で武士の身分を剥奪された吉田松陰は、実父である杉百合之助のもとで育(はぐくみ)となります。「育」とは、長州藩にある制度で、公式の居候、公式の厄介者といった意味らしく、現代でいうところの保護観察のようなものだとか。つまり、松蔭の身柄を実家にあずけて、再び不始末を仕出かさぬよう監視せよ、ということですね。ただ、もとより松蔭は吉田姓を名乗りながら杉家で暮らしていましたから、禄と扶持を失いはしたものの、生活は以前と変わりありません。加えて、藩士の「育」だから、侍の恰好をしても良いし、他藩の者に自ら... [続きを読む]

» 花燃ゆ #03「ついてない男」 [昼寝の時間]
公式サイト 黒船が来るといううわさが広がる中、文(井上真央)は、久坂玄瑞(東出昌 [続きを読む]

» 花燃ゆ #03「ついてない男」 [昼寝の時間]
公式サイト 黒船が来るといううわさが広がる中、文(井上真央)は、久坂玄瑞(東出昌 [続きを読む]

» 花燃ゆ 第3回「ついてない男」こちらもやっ... [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
こちらも続けて録画を見たところなので 感想を書かせてくださいませ。久坂玄瑞さん登場ですね。馬関とか言われると まだわたしは龍馬伝の高杉が出て来ます(笑)「どう生きる」な... [続きを読む]

» [花燃ゆ] 早くもため息。「花燃ゆ」第3話「ついてない男」 [窓の向こうに]
3回目にして、これから先を見続ける気力が奪われつつある……。 出演 泉澤祐希(金子重輔)……金子くんといえばもちろん、これから大変な運命が待っている人だが、あれ? どこで出てきたかな? 要潤(入江九一) 大野拓朗(野村靖、入江九一の弟) 東出昌大(久坂玄瑞) ... [続きを読む]

« 【問題のあるレストラン】初回(第1話)感想と視聴率 | トップページ | 【デート~恋とはどんなものかしら~】第1話プチ感想と視聴率 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30