無料ブログはココログ

« 【ウロボロス~この愛こそ、正義。】第5話感想と視聴率 | トップページ | 地震で中断した「マッサン」第116回2/18(水)午前8時から再放送 »

2015年2月16日 (月)

【花燃ゆ】第7回感想と視聴率最低「放たれる寅」

副題「放たれる寅」

新聞ラテ「放たれる寅~今夜復活!松下村塾への一歩は夢から」

第7回の視聴率は、前回の13.3%より下がって、11.6%で、最低視聴率でした(汗)

また伊之助が寅次郎のために奔走する話で、あまり変わり映えがしなかったからかも?(^^;)

関西の視聴率は、20位(15.0%)以内に入っていなかったので、14.9%以下としか分かりませんでした(汗)

ちなみに、関西の前回は15.0%だったので、それより下がりました(汗)

 

今回は、文が寅次郎を野山獄から出してあげたいと言い出し、家族は相手にしてくれなかったので、獄中の久子(井川遥)に相談。

久子は、殿方の味方を見つけて任せればいいと教えてくれました。

「殿方には殿方の繋がりがあるという事です。

裏ではどんなに疎んじあっていても、表だっては1つにまとまり、決してよそ者を受け付けません。

女子どもが何を言ったところで、殿方同士の決め事が覆る筈はありません。

ですから、できる者を見つけて任せればいいんです。

味方を見つけるんです、殿方の」

 

寅次郎は獄中で書いた「福堂策」を兄の梅太郎に託しました。

「福堂策」とは、アメリカの牢獄を例に挙げて、更生を目的として、獄囚による自治や学芸を推奨し、医師の回診などを提案したもので、当時としては画期的な意見書でした。

しかし、梅太郎は罪人が意見書を出す事を危ぶみ、家に留め置く事としました。

でも、文はそれを書き写し、伊之助に意見を聞きたいと託しました。

それを読んで、伊之助はやはり寅次郎は藩に必要な人材だと思い、出獄のため、あちこち奔走♪

伊之助→桂小五郎(東山紀之)→水戸の御老公→周布政之助(石丸幹二)→藩主・毛利敬親(北大路欣也)と、福堂策と赦免嘆願が届きました。

毛利敬親は、梅太郎を茶室に招き、2人きりで会いました。

梅太郎は恐れ多くて平伏。

寅次郎が子供の頃、敬親が彼にあげた短刀、密航の時に持っていて押収したのを返し、寅次郎の出獄を許し、自宅蟄居を命じました。

毛利敬親、いい人ですね♪(^^)

 

でも、寅次郎は出る事を拒否。

「私はこのままで構いません。

『福堂策』とは、獄でさえ改めれば、人を善に導く福堂となす事ができる。そう説いたものです。

なのに、説いた私がここを出てしまっては、肝心な論がただの絵空事になってしまう。

私は、ここで紙の上の文字ではない、生きた言葉と人を学びました。

これからもそれを全うしとうございます」

 

杉家の皆は、驚きました。

そして、今度は父が寅次郎の元に訪れました。

文がおまえから学びたがっていると・・・

この時代、女に教えても仕方ないと思いますが(^^;)

 

野山獄の人々は、寅次郎に出て行って欲しくないと思っていました。

でも、出て行かないときっぱり断り、これまで通り、皆に教える寅次郎を見ているうちに、段々、これでいいのかと心配になり・・・

特に、久子はそう思い、富永(本田博太郎)に相談。

富永さんが中心となって句会を開きました。

句会で、皆、寅次郎を送り出すための別れの俳句を披露。

寅次郎はもしかしてと気づきました。

最年長者の大深(品川徹)が

「獄囚が真に更生したかどうかは、獄を出なければ分からんという事じゃ。

ここを出てここで学んだ事が世に活かされて初めて、この獄は福堂であったと、そう言えるのではないかな」

という訳で、野山獄の外は文、内は久子が陰で男達を動かし、伊之助と富永・大深が中心となって、寅次郎が野山獄から出るのを実現しました。

出たくても殆どの人は出られないのに、寅次郎の事が大好きで、ずっと一緒にいたかったのに、笑顔で俳句を詠んで送り出し、野山獄の皆さん、温かでした♪

特に、寅次郎が外へ出た時は、皆、音を立てて送り出し、寅次郎も涙ぐみ、感動的でした♪(^^)

 

でも、全体としては、また伊之助が寅次郎のために方々を駆け回り、寅次郎はのほほんとしていて、同じパターンだなと変わり映えのしない印象でした(汗)

たまには寅次郎が伊之助のために何かしてあげて欲しいです(^^;)

 

桂小五郎役の東山紀之さん、今回は結構セリフがありましたが、大岡越前にしか見えないです(汗)

そのうちに慣れるかな?(^^;)

 

長州藩の重臣・椋梨藤太(内藤剛志)が伊之助に、寅次郎という刀の鞘となれと命じたのが、新鮮でした(^^)

「なかなか大胆な男じゃの。

寅次郎の赦免嘆願のため参った面構えも、なかなかのものであった。

わしは、お主に興味を持った。

お主は、これから鞘になれ。吉田寅次郎という刀のな。

あやつは確かに逸材なれど、危うい。

一度、道を外せば、藩そのものを脅かす刃になるやもしれぬ。

そうならぬよう、寅次郎を見張れ」

寅次郎が刀で、伊之助が鞘。

それはピッタリかもしれません♪(^^)

見張るというのはスパイみたいで気が引けますが、伊之助は今までもいつも寅次郎を見ていたので、ただ、それを報告する事くらいでしょう(^^;)

 

寅次郎は、「二十一回猛士」の夢を見て、猛々しい事を21回やるそうです(汗)

既に3回やったので、あと18回との事ですが・・・

そんなにやる前に切腹させられそうな気がします(^^;)

 

次回は、「熱血先生、誕生」

有名な松下村塾、文が立ち上げそうです(^^;)

久坂玄瑞(東出昌大)が久々に登場♪

高杉晋作(高良健吾)も登場します♪

朝ドラでは、高良健吾さんが井上真央さんの夫役でしたが、今作では朝ドラでも実生活でも杏さんの夫・東出さんが夫となります(^^)

 

【第7回あらすじ】 (Yahooテレビより)

寅次郎(伊勢谷友介)が学びの場をつくったことで、囚人たちは希望を取り戻し、野山獄の雰囲気は変わりつつあった。一方で文(井上真央)は、兄を獄から救い出したいと考えていた。しかし、そのすべを知らない文は、女囚の久子(井川遥)に相談し、あるものを伊之助(大沢たかお)に託す。文の思いと寅次郎の存在の大きさをあらためて知った伊之助は、寅次郎の赦免のために奔走する。しかし、それは大きな賭けでもあった。

 

【レビューリンクと視聴率推移】 (視聴率は関東地区)

第1回]16.7%(関西16.9%)   [第2回]13.4%(関西14.8%)

第3回]15.8%(関西15.7%)   [第4回]14.4%(関西16.9%)

第5回]12.8%(関西? 15.1%以下) [第6回]13.3%(関西15.0%)

[第7回]11.6%(関西? 14.9%以下)

 

【作】 大島里美 / 宮村優子

【音楽】 川井憲次

【題字】 國重友美

【語り】 池田秀一

 

公式HP・略年表

公式HP・人物相関図

公式HP・次回あらすじ

 

関東の先週の視聴率ベスト10

関西の先週の視聴率ベスト20

 


【送料無料】2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」完全ガイドブック


【送料無料】 花燃ゆ(前編) NHK大河ドラマ・ストーリー[大島里美]

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

できればクリック、お願いします♪

« 【ウロボロス~この愛こそ、正義。】第5話感想と視聴率 | トップページ | 地震で中断した「マッサン」第116回2/18(水)午前8時から再放送 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/61147595

この記事へのトラックバック一覧です: 【花燃ゆ】第7回感想と視聴率最低「放たれる寅」:

» 『花燃ゆ』第7回「放たれる寅」★福堂策 [世事熟視〜コソダチP]
『花燃ゆ』第7回「放たれる寅」 寅次郎(伊勢谷友介)が学びの場を作ったことで、囚人たちは生まれ変わり、野山獄に希望が溢れ始めた。文(井上真央)は、兄を獄から出したいと考えていた。その術を知らない文は、女囚の高須久子(井川遥)に相談、誰かを味方にという助言通り、あるものを伊之助(大沢たかお)に託す。文の思いと寅次郎の存在の大きさを改めて知った伊之助は、寅次郎の赦免のために奔走する。しかしそれは大きな波紋を呼ぶ。また一方の寅次郎も…吉田寅次郎(伊勢谷友介)が野山獄中で書き上げた「福堂策」 こ... [続きを読む]

» 【花燃ゆ】第7回感想と視聴率最低「放たれる... [ショコラの日記帳]
副題「放たれる寅」新聞ラテ「放たれる寅~今夜復活!松下村塾への一歩は夢から」第7回の視聴率は、前回の13.3%より下がって、11.6%で、最低視聴率でした(汗)また伊之助が寅次郎の... [続きを読む]

» 花燃ゆ 第七回 [レベル999のgoo部屋]
『放たれる寅』 「放たれる寅〜今夜復活!松下村塾への一歩は夢から」 内容 同志である重輔の死で、一度は落ち込んだ寅次郎(伊勢谷友介)であったが、 徐々に回復し、ついには野山獄の獄囚達に、様々なことを語りはじめる。 それは野山獄の雰囲気さえ変えつつあった。 ...... [続きを読む]

» 【 花燃ゆ 】第7回 「放たれる寅」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
寅次郎(伊勢谷友介)が学びの場を作ったことで、囚人たちは生まれ変わり、 野山獄に希望が溢れ始めた。 文(井上真央)は、兄を獄から出したいと考えていた。 その術を知らない文は、女囚の高須久子(井川遥)に相談、誰かを味方にという 助言通り、あるものを伊之助(大沢たかお)に託す。 文の思いと寅次郎の存在の大きさを改めて知った伊之助は、寅次郎の赦免のために 奔走する。 しかしそれは...... [続きを読む]

» 花燃ゆ 第7回「放たれる寅」〜寅次郎は逸材なれども、藩を脅かす刀 [平成エンタメ研究所]
 文(井上真央)の政治への関わり方が面白い。  兄・寅次郎(伊勢谷友介)を獄から出したいと思う文。  高須久子(井川遥)に、男には女の入り込めない男だけの世界があり、殿方の味方を見つけろ、とアドバイスされる。  そこで、文は伊之助(大沢たかお)に相談。 ...... [続きを読む]

» 二十一回猛士のことは嫌いでも野山獄のことは嫌いにならないでください(井上真央) [キッドのブログinココログ]
吉田松陰は野山獄で「幽囚録」を認めたと言われている。 そこで松陰は日本国のとるべき基本戦略を示している。 「急ぎ武力を整え、軍艦の運用を可能たらしめ、まず蝦夷(北海道)に諸侯(有志藩主)を配置し、カムチャッカ、オホーツク(北方領土)を奪取せよ。次に琉球(沖縄県)を服属させ藩とし、朝鮮(半島)も服属さ... [続きを読む]

» 「花燃ゆ」 第7回、放たれる寅 [センゴク雑記]
大河ドラマ「花燃ゆ」。第7回、放たれる寅。 伊之助らの活動により寅次郎は牢から出されることに。 しかし、寅次郎は牢に残ると言い・・・ [続きを読む]

» 花燃ゆ #07「放たれる寅」 [昼寝の時間]
公式サイト 寅次郎(伊勢谷友介)が学びの場を作ったことで、囚人たちは生まれ変わり [続きを読む]

» 大河ドラマ「花燃ゆ」 #07 放たれる寅 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
寅次郎を出所させたい。 いきなりそういうことを言い始める文。 [続きを読む]

» 大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹7寅次郎釈放に文たちは男衆に働きかけて敬親の寛大な決断で寅次郎は再び教えを広める機会を与えられた [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「花燃ゆ」第7話は寅次郎を牢から出そうと文たちは色々な手段を考えていた。そんな中久子の助言で男衆たちを取り込む事でその道が開けると助言された文は寅次郎の意見 ... [続きを読む]

» 「花燃ゆ」感想 第七回「放たれる寅」 [きまぐれひまつぶし雑記帳]
先週の予告で、久が「一人だけ獄を出て行かれるなど、懲らしめないと…」というびっくり台詞が流されていたわけですが…。 見事にカットされていましたね。 今週の回を観終わってあれ?って思ったのがこれです。 え、これ予告詐欺? ついに面白そうな予告で視聴者を釣るようなことを始めたと言うの!? 私は釣られたの? 大河ドラマの次週予告が、週刊少年ジャンプの当てにならないアオリと同列になっ...... [続きを読む]

» [花燃ゆ] 肝心なことをちゃんと描いてほしい。「花燃ゆ」第7話「放たれる寅」 [窓の向こうに]
なんだかもういいや、という気になって、放映日には見ず、脱落しかけたが、やっぱりせっかくなのでと思い直し、タイムシフトが消える前に慌てて視聴。 悪くない。50回の中にこういう回が一度や二度あっても、悪いことはない。しかし、いいところも見当たらぬ。 出演 若林麻... [続きを読む]

« 【ウロボロス~この愛こそ、正義。】第5話感想と視聴率 | トップページ | 地震で中断した「マッサン」第116回2/18(水)午前8時から再放送 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30