無料ブログはココログ

« 冬ドラマ視聴率一覧(6)&感想(2015年1~3月期) | トップページ | ネタバレ【マッサン】第20週日別粗筋(2/16~2/21) &新キャストなど »

2015年2月13日 (金)

【相棒season13】第15話感想と視聴率最高「鮎川教授最後の授業」

「鮎川教授最後の授業」

第15話の視聴率は、前回の16.6%より大きく上がって、19.9%でした♪

season13で最高視聴率です♪(^^)

「なぜ人を殺してはいけないのか?」

簡単なようで、難しい問題ですね(汗)

通常、人を殺すと殺人犯ですが、戦争相手を沢山殺すと英雄になる事もあります(汗)

戦国時代、信長も家康も秀吉なども、沢山、人を殺しましたが、殺人犯と責める人はいません(汗)

殺さなければ自分が殺されるという世界は、今も世界のどこかであるでしょう(汗)

それとは別に、「人を殺してみたい」という変な欲望を持った人が、実際に、たまにいるでしょう(汗)

最近の事件で、若い女性が宗教の勧誘の女性を殺害した事件がありました。子供の頃から人を殺してみたかったと(汗)

そういう変な欲望を持った人と知り合いになると怖いです(汗)

 

悦子(真飛聖)さん、妊娠は良かったですが、深刻な状況とは・・・

癌かな??

大丈夫でしょうか?(汗)

カイト役の成宮寛貴さんが今期で卒業との事なので、悦子さんもきっと卒業で、どういう形で消えてしまうのか、気になります(汗)

元気になって、結婚して子供と3人で幸福になった形で、卒業してほしいです♪(^^)

次回は、「鮎川教授最後の授業・解決篇」です。

 

最初に戻り、詳しいあらすじを書きます。

右京さんは、東大法学部時代の恩師の古希を祝う会に出席するつもりはなかったのですが、カイトに古希なんてもう2度と会う事もなくなるかもしれないからと行くよう後押しされて、出席しました。

そこには、弁護士や大学教授、財務省の幹部など、特に優秀だった元教え子たちが集まり、最後の教え子だったという社美彌子(仲間由紀恵)もいました。

呼ばれた教え子は、全部で6人です。

彼らに鮎川教授(清水綋治)は、料理の最後のデザートに睡眠薬を入れて眠らせて、地下室に監禁。

猟銃を持って彼らを脅し、特別課題を出しました。

これ、眠った人6人も遠くの屋敷の地下室に、車に乗せ2人で運ぶのは大変だったでしょう(汗)

特に、階段と車に乗せるの、大変そう(汗)

 

設問「なぜ人を殺してはいけないのか? 経験と知識を総動員し、考察して述べよ」

4人で課題を考え、右京と社は脱出経路等を捜し、監禁されている場所を調べました。

その地下室は、防音仕様で、音が漏れず、携帯の電波も繋がりません。

翌朝、課題の回収に来た時に、社がドアを少し開けたまま引き延ばし、その間に右京がカイトに電話しました。

でも、カイトは悦子さんが妊娠したので、父に結婚を認めて貰おうとか、自分の事で忙しく、電話が繋がらず、米沢さんにかけました。

米沢さんは、休みで釣り中だったので、不機嫌でしたが、右京さんの監禁を聞いて驚き、すぐにカイトに電話して警視庁へ。

右京さんが鮎川教授の家の地下室に監禁され、猟銃で脅されているとの事で、カイトは上にSITの出動を要請しましたが、上は監禁されている証拠をみせろと、取り合ってくれませんでした(汗)

でも、広報課長の社も登庁しておらず、前日、鮎川教授の古希のお祝いに行っていたと聞き、本当かもしれないと真剣になり、捜査一課の伊丹達とカイトに、鮎川教授の家を調べに行くよう命じました。

でも、そこは誰もいませんでした。

睡眠薬で眠っている間に、彼ら全員を別の場所に移したとの事。

そうとは知らず、捜し出せなくて、カイトは「どこにいるんですか!杉下さん!」と途方にくれました(汗)

右京さんも移動させられたと分かり、がっかり。

間違った場所を伝えてしまったので、当分、救援は来ない。

鮎川教授は、4人の課題の結果がイマイチだったので、真剣みがないからだろうと言い、この中の誰か一人を撃ち殺すので、自分達で選ぶよう言いました。

彼らを助けようとした家政婦の黎子(石野真子)も一緒に閉じ込められてしまいました。

選ぶ一人に彼女を選んでもいいとの事。

右京と社が手を挙げましたが、死ぬのに立候補ではなく、追試をして救済してほしいと。

右京と社はまだ課題を提出してなかったので、2人が回答を書くまで、3時間、待ってくれる事になりました。

とりあえず、6人はほっとしました。

教授の去った後、皆で話しました。

A「先生は覚醒した悪魔を押さえつけるために、我々にこんな事をさせてるんですよね?」

黎子「ええ、そう言ってました」

B「つまりお2人が及第点を取れば、この馬鹿げた状態を終わりにする事ができるという事かな?」

右京「先生の言葉通りなら、そういう事になりますが・・・」

C「そりゃ、無理だ。なぜ人を殺してはいけないのか。そんなものに明確な回答などありませんから」

右京「ですから、先生は明確な回答などありえない事を今、改めて確かめているのかもしれません」

D「と言うと?」

右京「おそらく悪魔を抑えつけるのではなく、逆に解き放つためにこんな事をしているのではないかと」

社「これは人を殺してはいけない理由などないと確信するための試験だと仰るんですか?」

右京「ええ、それで心置きなく・・・人を殺せます」

<続く>

 

右京さんがどんな回答を書くのか、楽しみです。

例えば、飛行機が墜落して、数人だけ生き残り、食べ物がなく、怪我をして死にそうだった人を殺して食べたら、どうなのか?

殺人罪になるでしょうけれど、生き残るために他人を食らうのは、豚や牛や魚を毎日、食べているのとどの位、違うのか。

少なくとも私は気持ち的に弱いので、他の人を食べて生き残るより食べられてしまう方になりそうです(汗)

魚も頭付きだと、怖くて、食べれません(汗)

ただ、殺したいから殺すというのは、法律で禁止しないと、皆が安心して生活できません。

つまり、人を殺してはいけないというのは、皆が安心して生活するための最低限のルールで、人権を守る基本だと思います。

但し、殺されそうになった時は、自己防衛のためや殺されそうな人を守るために、相手を殺しても罪になりません。

これも落第かな?(^^;)

皆さんの回答はいかがでしょうか?

問題を投げかけた話でした(^^)

この事件の続きも気になりますが、右京さんが死ぬ事はないでしょうから、安心して見ていられます(^^;)

 

それより、悦子さんがとても心配です(汗)

悦子、産婦人科で診察を受け、

医者「おめでたです。しかし、それとは別に気になるところが・・・深刻な状況です」

これって、子宮がんか何かかな??

深刻な状況と、今期一杯で卒業だろうというのが重なり、とても心配です。。。

 

【第15話あらすじ】 (公式HPより)

右京(水谷豊)は、享(成宮寛貴)の後押しもあって、大学時代の恩師の古希を祝う会合に出席する。参加者は、恩師の鮎川(清水綋治)のほか、弁護士や大学教授、財務省の幹部など、特に優秀だった元教え子たち。その中には、最後の教え子だったという社美彌子(仲間由紀恵)の姿もあった。一同は、鮎川の身の回りの世話をしている家政婦の黎子(石野真子)の手料理に舌鼓を打ちながら会話を楽しんでいたが、鮎川は突然、思ってもみなかった疑問を投げ掛けてくる。「なぜ人を殺してはいけないのだろうか?」。次の瞬間、参加者たちは、強烈な睡魔に襲われ意識を失ってしまう。気がつくと、そこは外界から遮断された地下室で、その一角には命題への回答を求める書き置きが。しばらく後、地下室の扉が開かれるが、そこには猟銃を手にした鮎川の姿があった。

鮎川はなぜ教え子たちを監禁し、殺人の是非を問うのか。
捕らわれた右京たちは、この危機にどう対処するのか?
閉ざされた空間で、命を懸けた極限の頭脳戦が始まる!

ゲスト:清水綋治 石野真子

脚本:輿水泰弘
監督:和泉聖治

 

【視聴率推移】 (関東地区。ビデオリサーチ調べ)

[第1話]19.8%   [第2話]18.4%   [第3話]15.5%   [第4話]17.3%

[第5話]14.6%   [第6話]16.2%   [第7話]13.8%   [第8話]15.8%

[第9話]15.0%   [第10話]16.9%(元日SP)

[第11話]18.3%  [第12話]18.3%  [第13話]17.6%  [第14話]16.6%

[第15話]19.9%

 

公式HP・次回あらすじ

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪

« 冬ドラマ視聴率一覧(6)&感想(2015年1~3月期) | トップページ | ネタバレ【マッサン】第20週日別粗筋(2/16~2/21) &新キャストなど »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/61130018

この記事へのトラックバック一覧です: 【相棒season13】第15話感想と視聴率最高「鮎川教授最後の授業」:

» 【相棒season13】第15話感想と視聴率「鮎川教授... [ショコラの日記帳]
「鮎川教授最後の授業」第15話の視聴率は、前回の16.6%より上がって、19.9%でした♪season13で最高視聴率です♪(^^)「なぜ人を殺してはいけないのか?」簡単なようで、難しい問題で... [続きを読む]

» 「相棒 season13」第15話 [日々“是”精進! ver.F]
追試… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201502120000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】相棒 Classical Collection 杉下右京 愛好クラシック作品...価格:4,936円(税込、送料込) ... [続きを読む]

» 「相棒season13」第15話 [日々“是”精進!]
  第15話「鮎川教授最後の授業」右京は、享の後押しもあって、大学時代の恩師の古希を祝う会合に出席する。参加者は、恩師の鮎川のほか、弁護士や大学教授、財務省の幹部など、... [続きを読む]

» 相棒 season13 テレ朝(2/11)#15 [ぬる~くまったりと]
第15話 鮎川教授最後の授業 公式サイトから右京(水谷豊)は、享(成宮寛貴)の後押しもあって、大学時代の恩師の古希を祝う会合に出席する。 参加者は、恩師の鮎川(清水綋治)のほか、弁護士や大学 教授、財務省の幹部など、特に優秀だった元教え子たち。その中には、最後の教え子だったという社美彌子(仲間由紀恵)の姿もあった。 一同は、鮎川の身の回りの世話をしている家政婦の黎子(石野真子)の手料理に舌鼓を打ちながら会話を楽しんでいたが、鮎川は突然、思ってもみなかった疑問を投げ掛けてくる。「なぜ人を殺してはいけな... [続きを読む]

» 相棒season13 第15話 [レベル999のgoo部屋]
「鮎川教授最後の授業」 内容 享(成宮寛貴)が特命係にやってくると、右京(水谷豊)の姿がなかった。 しばらくして、右京がやってくる。 そのとき、享は。。。くずかごから拾った往復ハガキについて、 右京に尋ねるのだった。「行かないのか??」と。 右京の恩師・鮎...... [続きを読む]

» 相棒Season13 (第15話・2/11) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
テレ朝系『相棒Season13』(公式) 第15話『鮎川教授最後の授業』の感想。 右京(水谷豊)は、大学時代の恩師・鮎川(清水紘治)の古希のパーティーに招かれる。 森の中の鮎川の家に集まったのは、江田(奥田達士)ら代々の教え子の中でも鮎川が特に秀才と認めた6人で、その中には警視庁広報課長の美彌子(仲間由紀恵)の姿もあった。家政婦の黎子(石野真子)が準備をし、 食事が始まる...... [続きを読む]

» 「相棒 season 13」第15話 [三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ]
法学部名誉教授がかつての教え子たちにした質問は。 第15話『鮎川教授最後の授業』ネタバレです。 モダンリビング 212 見たい!感じたい!美しい別荘ハースト婦人画報社 by G-Tools [続きを読む]

» 相棒season13「鮎川教授最後の授業」 [のほほん便り]
な~んと、享(成宮寛貴)が、右京右京(水谷豊)のゴミ箱から、イベント案内の葉書を見つけたばかりに、とんでもない事件に巻き込まれることに。享も、どんどん右京さんの影響をうけて似てきましたね。それは、大学時代の恩師の古希を祝う会合で、恩師の邸宅で。そこには、最後の教え子だったという社美彌子(仲間由紀恵)も混じっていたのでした。「なぜ人を殺してはいけないのか?」という現代的なテーマをもってきましたが、個人的に、相棒シリーズで、うんとインパクトあった回に、ちょっと倒錯した快楽殺人の機微なオハナシ… 小日向文... [続きを読む]

» 相棒season13 第15話「鮎川教授最後の授業」★社美彌子(仲間由紀恵)も監禁 [世事熟視〜コソダチP]
相棒 season13 第15話「鮎川教授最後の授業」 右京(水谷豊)は、大学時代の恩師・鮎川(清水紘治)の古希のパーティーに招かれる。 森の中の鮎川の家に集まったのは、江田(奥田達士)ら代々の教え子の中でも鮎川が特に秀才と認めた6人で、その中には警視庁広報課長の美彌子(仲間由紀恵)の姿もあった。家政婦の黎子(石野真子)が準備をし、 食事が始まるが、急に眠気に襲われた6人は地下室で目覚める。扉は施錠されており、 室内には難問が書かれたテスト用紙が…。だいたい、自分で古希のパーティーの招待状... [続きを読む]

» 相棒 season13 第15話 [ドラマハンティングP2G]
2015年2月11日(水) よる9:00~9:54 第15話「鮎川教授最後の授業」  右京(水谷豊)は、享(成宮寛貴)の後押しもあって、大学時代の恩師の古希を祝う会合に出席する。参加者は、恩師の鮎川(清水綋治)のほか、弁護士や大学教授、財務省の幹部など、特に優秀だった元…... [続きを読む]

» 相棒13期第15話(2.11) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
『鮎川教授最後の授業』  脚本:輿水泰弘 監督:和泉聖治 大学時代の恩師鮎川@清水治の古希を祝う会に出席した杉下@水谷豊は その席で社美彌子@仲間由紀恵と再会する 食事と会話を楽しむ出席者たちだったが、 鮎川が突然「なぜ人を殺してはいけないのか?」という疑問を投げかけたのと 時を同じくして、会合は異様な雰囲気に包まれる。 鮎川の用意した料理には睡眠薬が混入されており、 失神している間に地下室に監禁された出席者たちは 猟銃を手にした鮎川に先程の命題の答えを要求される事態に陥ったのだ。 ... [続きを読む]

« 冬ドラマ視聴率一覧(6)&感想(2015年1~3月期) | トップページ | ネタバレ【マッサン】第20週日別粗筋(2/16~2/21) &新キャストなど »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31