無料ブログはココログ

« 【ウロボロス〜この愛こそ、正義。】第8話感想と視聴率 | トップページ | 冬ドラマ視聴率一覧(10)と感想&最終回日程(2015年1~3月) »

2015年3月10日 (火)

【花燃ゆ】第10回感想と視聴率「躍動!松下村塾」

副題「躍動!松下村塾」

新聞ラテ「躍動!松下村塾~名門校VS私塾 志を懸けた真剣勝負」

第10回の視聴率は、前回の12.9%より少し下がって、12.7%(関東)でした。

関西の視聴率は、20位(14.6%)以内に入っていなかったので、分からないです(汗)

河豚を食べるかどうか何度も出てきましたが、私は苦手なので、食べたくないです(^^;)

そういう問題じゃないですね(^^;)

今回、松下村塾の塾生の一人・吉田稔麿(瀬戸康史)を江戸に行かせてあげようと、文と塾生達が頑張りました♪

塾生達が明倫館の生徒達とぶつかったり、椋梨藤太(内藤剛志)に阻まれたりしながらも、伊之助(大沢たかお)の機転で、江戸行きが叶いました♪

伊之助、最初は久坂玄瑞(東出昌大)や高杉晋作(高良健吾)に頼まれても断りましたが、陰でうまく画策してくれて、藩主・毛利敬親(北大路欣也)に直訴する機会を造ってくれ、殿が直接、許可してくれました♪

伊之助、クールなのに、優しくて、素敵でした♪

中心は、明倫館 VS 松下村塾 で、塾生達が熱かったです♪

文を巡って、玄瑞 VS 稔麿  もありました♪(^^)

今回、文、稔麿のために頑張って、稔麿を好きみたいに見えましたが、下記のあらすじを見ると、稔麿の方が文を好きだと書いてあります(^^;)

玄瑞も江戸に行きたいようで、稔麿に先を越されるのが悔しそうでした。

でも、同じ塾生として、彼を行かせるために、頑張りました♪

玄瑞、文の事がとても気になっているようで、可愛かったです♪(^^)

 

次回は、「突然の恋」

文の縁談を寿が椋梨の妻(若村麻由美)に頼むようです(汗)

あの裏表の激しい嫌な人に頼むとは(汗)

予告編で、玄瑞が文の事を「顔が気に入らない」と史実通りの事を言っていましたが、意味合い、かなり違いそう♪(^^)

先日のネットのニュースで、22日放送の第12回「戻れないふたり」で、文と久坂玄瑞の婚礼が行われるとの事だったので、もうすぐです♪(^^)(婚礼のニュースはこちら

 

【第10回あらすじ】 (Yahooテレビより)

吉田松陰(伊勢谷友介)の元には、農家出身で後に初代内閣総理大臣になる伊藤利助(劇団ひとり)もやって来て、3畳半の部屋から始まった松下村塾は一層にぎやかに。塾生の稔麿(瀬戸康史)は身分が低くて貧しいため、学ぶことを諦めていたが、松陰との出会いで向上心を抱くようになっていた。江戸で学問に励みたいと望む稔麿の思いを知った文(井上真央)は、それをかなえようと奔走する。稔麿はそんな文にほのかな恋心を抱いていた。文の叔父・文之進(奥田瑛二)は、松陰の弟子に江戸藩邸勤めが認められれば、杉家の汚名も返上できると思い、協力を買って出る。伊之助(大沢たかお)もひそかに藩内で画策する。

 

【レビューリンクと視聴率推移】 (視聴率は関東地区)

第1回]16.7%(関西16.9%)    [第2回]13.4%(関西14.8%)

第3回]15.8%(関西15.7%)    [第4回]14.4%(関西16.9%)

第5回]12.8%(関西? 15.1%以下) [第6回]13.3%(関西15.0%)

第7回]11.6%(関西? 14.9%以下) [第8回]13.0%(関西? 14.8%以下)

第9回]12.9%(関東15.3%)    [第10回]12.7%(関西? 14.5%以下)

 

公式HP・次回あらすじ

公式HP・第10回人物相関図

公式HP・略年表

 

井上真央、人生初の白無垢姿を披露 『花燃ゆ』で東出昌大と婚礼(15.3.7)

 

関東の先週の視聴率ベスト10

関西の先週の視聴率ベスト20

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

できればクリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【ウロボロス〜この愛こそ、正義。】第8話感想と視聴率 | トップページ | 冬ドラマ視聴率一覧(10)と感想&最終回日程(2015年1~3月) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/61259077

この記事へのトラックバック一覧です: 【花燃ゆ】第10回感想と視聴率「躍動!松下村塾」:

» 【花燃ゆ】第10回感想と視聴率「躍動!松下... [ショコラの日記帳]
副題「躍動!松下村塾」新聞ラテ「躍動!松下村塾~名門校VS私塾志を懸けた真剣勝負」第10回の視聴率は、前回の12.9%より少し下がって、12.7%(関東)でした。河豚を食べるかどうか何... [続きを読む]

» 花燃ゆ 第10話「躍動! 松下村塾」〜諸君、狂いたまえ! [平成エンタメ研究所]
 今回は、松陰(伊勢谷友介)の三つの言葉。 「今、この場所で、おのれを突きつめ、志を見つけられん者が他国へ行って何ができるというんじゃ。  志のない君のような者が江戸に行っても無駄です」  確かに。  学問をするのに場所はあまり関係ありませんよね。  真...... [続きを読む]

» 花燃ゆ 第10話「躍動!松下村塾」 ~長州藩の二大政党制~ [坂の上のサインボード]
 今話は松下村塾の四天王のひとり、吉田稔麿を主役とした話でしたね。どうやら、しばらくは塾生の一人にスポットをあてて物語を展開していくようです。ドラマでは地味で平凡なキャラに描かれていましたが、その秀才ぶりは高杉晋作や久坂玄瑞に勝るとも劣らないもので、謹直重厚な人物だったといわれます。晋作や玄瑞と同じく明治維新を見ることなくこの世を去ることになるのですが、同じ塾生で明治の元勲になった品川弥二郎に言わせると、「稔麿が生きていたら総理大臣になっただろう」と語ったといいます。文に恋心を抱いていたというのは、... [続きを読む]

» 花燃ゆ 第十回 [レベル999のgoo部屋]
『躍動!松下村塾』 「躍動!松下村塾〜名門校vs私塾志を懸けた真剣勝負」 内容 評判を呼ぶ松陰(伊勢谷友介)のもとに、若者が集まり始めていた。 そのなかには伊藤利助(劇団ひとり)に姿もあった。 塾生のひとり、吉田稔麿(瀬戸康史)が、 江戸で学びたいと考えて...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹10椋梨の弾圧に松陰は晋作らに志を持って直訴するように教え敬親の一言で稔麿は江戸へ行ける事になった [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「花燃ゆ」第10話は松陰の下に農家出身の後の伊藤博文もやってきてこれまでの三畳半では狭くなりつつあった。そんな中稔麿は江戸へ行きたいという想いを知った文はそ ... [続きを読む]

» 【 花燃ゆ 】第10回 「躍動!松下村塾」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
吉田松陰(伊勢谷友介)のもとに、のちに初代内閣総理大臣になる伊藤利助 (劇団ひとり)もやってきて、松下村塾は活気あふれる。 塾生の一人・吉田稔麿(瀬戸康史)に江戸行きの話が持ち上がる。 江戸で学問に励みたいと望む稔麿の思いを実現させようと、文(井上真央)は奔走する。 しかし松下村塾を、罪人の塾だと目を光らせている藩の重臣・椋梨藤太(内藤剛志)が それを阻む。 思いをたぎらせた...... [続きを読む]

» 三千世界の鴉を殺し主と朝寝がしてみたい(井上真央) [キッドのブログinココログ]
幕末ものにつきもののこの都々逸・・・。 高杉晋作が歌うのが定番だが・・・作者は未詳である。 なにしろ・・・著作権は日本には当時なかったのだ。 そもそも・・・この都々逸がいつからあるのかさえ未詳だ。 最も、都々逸の流行は幕末であったと言われている。 寄席芸人で都々逸の祖として知られる都々逸坊扇歌が末期... [続きを読む]

» 「花燃ゆ」感想 第十回「躍動!松下村塾」 [きまぐれひまつぶし雑記帳]
「あなた好みの男の子を見つけよう」 学園生活の中では、いろいろなタイプの男の子たちと出会うことがあります。 (中略) 気になる彼と近づきたいなら、あなたから積極的にアピールしてみよう (乙女ゲームのパイオニア的な存在である「ときめきメモリアルGirl's Side 3rd Story」 公式ホームページより) 唐突ですが、文を見ていると完全に乙女ゲームを見ているような気...... [続きを読む]

» 花燃ゆ #10「躍動!松下村塾」 [昼寝の時間]
公式サイト 吉田松陰(伊勢谷友介)のもとに、のちに初代内閣総理大臣になる伊藤利助 [続きを読む]

» 『花燃ゆ』第10回「躍動!松下村塾」★諸君、狂いたまえ。 [世事熟視〜コソダチP]
『花燃ゆ』第10回「躍動!松下村塾」 吉田松陰(伊勢谷友介)のもとに、のちに初代内閣総理大臣になる伊藤利助(劇団ひとり)もやってきて、松下村塾は活気あふれる。塾生の一人・吉田稔麿(瀬戸康史)に江戸行きの話が持ち上がる。江戸で学問に励みたいと望む稔麿の思いを実現させようと、文(井上真央)は奔走する。しかし松下村塾を、罪人の塾だと目を光らせている藩の重臣・椋梨藤太(内藤剛志)がそれを阻む。思いをたぎらせた塾生たちは椋梨のもとへ乗り込むが… シャア<自宅蟄居を命じられた松陰が僅か三畳半の幽囚室で始... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ「花燃ゆ」第10回「躍動!松下村塾」 [真田のよもやま話]
やっぱり推敲はしてみるもんですよねええ。今回のタイトルは、最初は「塾生たち暴れる」→放映時は「躍動!松下村塾」!良くなってますともおおお!そこは鉄板間違いなし!・・ただまあ、視聴率的には相変わらず苦闘されてるみたいですけど、まあほらそこは天下のNHK!公共放送ですもの、ドンマーイ!って事で~... [続きを読む]

« 【ウロボロス〜この愛こそ、正義。】第8話感想と視聴率 | トップページ | 冬ドラマ視聴率一覧(10)と感想&最終回日程(2015年1~3月) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック