無料ブログはココログ

« 【ウロボロス~この愛こそ、正義。】第7話感想と視聴率 | トップページ | 冬ドラマ視聴率一覧(9)と感想&最終回日程(2015年1~3月) »

2015年3月 2日 (月)

【花燃ゆ】第9回感想と視聴率「高杉晋作、参上」

「高杉晋作、参上!明治維新の英雄が青春を駆けめぐる」

第9回の関東の視聴率は、前回の13.0%より少し下がって、12.9%でした。

関西の視聴率は、前回より上がって、15.3%でした♪

久々に、関西の視聴率が分かって、良かったです(^^)

 

今回から吉田寅次郎が吉田松陰(伊勢谷友介)と呼び方が代わりました。

今回のメインの話は、「つまらん」が口癖だった高杉晋作(高良健吾)が松下村塾が面白そうだと思って入るまでの話。

そして、サブで、弟・敏三郎(森永悠希)が文の庇護から離れ、志を持った立派な男になる話。

高杉晋作って、代々、藩の要職を務める名門の家の跡取り息子だったとは(汗)

明倫館にも通っているし、父は罪人の開く塾なんてと蔑視しているし、彼が入るのは、一番、難しかったかも?(汗)

よく入りましたね(^^)

立派な父親に守られ、将来も藩の要職を約束されていましたが、それは彼の志ではなかったので、何をやっても「つまらん」と思っていました。

前回、最後に杉家に来たのは、明倫館で小田村伊之助に「黒船に密航しようとした男が私塾を開いた」と聞いて、暇つぶしに来ただけでした(^^;)

そこで、久坂玄瑞(東出昌大)に会い、言い争いに。

どうやら、晋作は玄瑞に、とてもライバル心を持っているようです(^^)

 

玄瑞「おまえの人生がつまらんのは、おまえがつまらんからじゃ」

これ、いい言葉ですね♪(^^)

松陰「高杉君、君の志は何ですか?

 僕の志はこの国をよくする事です。

 志があれば、罪人でも生きるのが楽しい。

 志を立てる事は全ての源です。

 志は誰も与えてはくれません。

 君自身がみつけ、それを掲げるしかない。

 君は何を志しますか?」

 

晋作、志は今回、見つけられませんでしたが、この塾に通えば、人生がつまらなくなくなりそうだと思ったようです♪

父に、はっきり言い、夜中に松陰の元に走って行きました。あの人はきっと起きていると♪

その通り、松陰は起きていて、微笑んで出迎えました♪(^^)

晋作「学問がしたい」

松陰「何のために?」

晋作「分からん。じゃが、面白そうなにおいがする」

松陰「ハハハ・・・そうですか。ならば、共に学びましょう」

晋作「その前に一つだけ言うておく。

 俺が本気で学んだら、久坂など、相手にもならん」

松陰「さあ? それはどうかな?」

 

松陰、人の心を見抜き、扱いがうまいですね(^^)

前回は、玄瑞の手紙へわざと怒らせるような事を書いたり、返事を一ヶ月遅らせたり・・・

今回は、晋作へわざと玄瑞の歌の方がうまいと言ったり、玄瑞に勝てるかどうか分からないような事を言って、ライバル心を掻き立てました(^^)

玄瑞と晋作、いいライバルになりそうですね♪(^^)

恋の面では、玄瑞は晋作にライバル心を抱いていますが、晋作はどうでしょう?

もし、好きだとしても、あまりに名門だし、父が罪人の家と蔑視していそうだし、晋作の両親は絶対、反対するでしょうね(汗)

身寄りのいない玄瑞の方が家族に気兼ねしなくていいし、純朴でいいですね(^^)

晋作も身分が上だからと言って、下の身分の人を蔑視せず、誰とも対等に話していい人でした♪

敏三郎とも仲良くしてくれ、彼の気持ちを分かって応援してくれました。

晋作「おまえの弟を守られるだけの身にすんな。

 姉が好きだから、こいつは苦しいじゃ。

 あんたが望む可愛い弟を演じる事が苦しいんじゃ」

 

きっとその気持ち、父に守られている自分と同じように思ったのでしょう。

障がい者だと、ついつい守ってあげたくなりますが、一生、守られるだけというのも辛いでしょう(汗)

敏三郎は、お金が苦しい家のために、本を書き写して、売ろうとしていたのでした。

家と家族を守りたいという志を持っている立派な男だと、晋作は文に言いました。

子供の頃からずっとトシを守ってきた文は、トシの自立がショックで、トシの気持ちを晋作の方が理解した事もショックで、泣きながら帰ってきたのでしょう。

元々、晋作は遊女と遊んでいたりとか、女癖がよくなさそうだったので、きっと玄瑞は晋作が文にエッチな事をしたのではないかと、誤解したでしょう(^^;)

玄瑞は文が好きみたいで、文が晋作の家に行った時、嫉妬したり、泣かされて怒ったり・・・♪

文と玄瑞、なかなかいい感じになってきました♪(^^)

玄瑞、塾が経済的に苦しいと知って、近所の畑を耕して、野菜を貰ってきて文に渡したり、いい人ですね(^^)

文はどう思っているのでしょう??

晋作も、きっと志が決まれば、素晴らしい人になるでしょう♪(^^)

 

松陰が頼んで、伊之助が機転を利かせて、野山獄の人達を釈放して貰えました♪

お陰で、富永さんも釈放されて、お礼を言うと同時に、行く所がないと、杉家に来ました♪

釈放されて良かったですね♪(^^)

久子さんも釈放されたのでしょうか?

ダメかな?(^^;)

 

今回は、晋作や敏三郎の葛藤が丁寧に描かれていて、結構、いいドラマになっていたと思います♪(^^)

最後に、伊藤利助(劇団ひとり)が塾にやってきました。

初代総理大臣の伊藤博文です。農民だったんですね(^^)

次回は「躍動!松下村塾」です。

 

【第9回あらすじ】 (Yahooテレビより)

文(井上真央)の努力のかいがあって、謹慎中の兄・吉田松陰(伊勢谷友介)が杉家の3畳半の部屋で開く私塾には久坂玄瑞(東出昌大)をはじめ、若者たちが集まり始めた。文は塾生たちの食事作りや、議論に熱中して徹夜した者の世話にと大忙し。しかし、松陰が謝礼を一切受け取らないため、杉家の家計は火の車に。そんな時、突然現れたのが高杉晋作(高良健吾)だった。晋作は代々、藩の要職を務める高杉家の跡取り息子だが、何をしても「つまらん」というのが口癖で、塾も冷やかし半分で訪れたのだ。

 

【レビューリンクと視聴率推移】 (視聴率は関東地区)

第1回]16.7%(関西16.9%)     [第2回]13.4%(関西14.8%)

第3回]15.8%(関西15.7%)     [第4回]14.4%(関西16.9%)

第5回]12.8%(関西? 15.1%以下) [第6回]13.3%(関西15.0%)

第7回]11.6%(関西? 14.9%以下) [第8回]13.0%(関西? 14.8%以下)

[第9回]12.9%(関西15.3%)

 

公式HP・次回あらすじ

公式HP・略年表

公式HP・人物相関図

 

関東の先週の視聴率ベスト10

関西の先週の視聴率ベスト20

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

できればクリック、お願いします♪

 

« 【ウロボロス~この愛こそ、正義。】第7話感想と視聴率 | トップページ | 冬ドラマ視聴率一覧(9)と感想&最終回日程(2015年1~3月) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

お疲れさんデス。

>今回のメインの話は、「つまらん」が口癖だった高杉晋作(高良健吾)が松下村塾が面白そうだと思って入るまでの話。

その晋作を動かしたのが、敏三郎、だったという、よくできた話だと思いました。
・・・高杉と杉、名前も似てるし、親近感湧いたのでしょう(笑)

普通であれば、障害者ということで、あまり相手にしないんでしょうが、晋作は、敏三郎の話をよく聞いたと思います。
ましてや、理解していて、説教?するなんて、ある意味凄いですね。

それよりも、敏三郎が、胸の内を、どうやって、初対面の晋作に伝えたのか???
自分の立場、やりたい事、現状の問題点、目的など、説明するだけでも、厄介ですよね。
ましてや口がきけないので、筆談?ジェスチャー?、気が滅入ってしまいます。

敏三郎の必死の訴え?を聞いているうちに、晋作も共感する所がだんだん出てきたんでしょう、
もちろん過保護に対する反抗心もあるのですが、「志」を持ってる敏三郎、に魅かれたのではないかと思いました。
これが、父への反抗宣言に繋がったり、塾に入るきっかけになったような気がします。

>今回は、晋作へわざと玄瑞の歌の方がうまいと言ったり、玄瑞に勝てるかどうか分からないような事を言って、ライバル心を掻き立てました(^^)

晋作と玄瑞が、喧嘩してるのを見てるので、学問という土俵で勝負をつけさせようとしたのかもしれませんね。
・・・喧嘩をスポーツに代えて競わせるみたいに~

相撲では、晋作の、(姑息な?)意表を突くやり方、が出てましたが、
「志」がこの「やり方」を育むようになってくると、面白くなりそうです。

メイクのせいかもしれないけど、どこか沖田総司に近い物を感じましたが、気のせいかな??


今回は、高良健吾と井上真央という、朝ドラ「おひさま」(2011)の、夫婦対決が見られました。
そば屋は出ませんでしたが、2人がどう関わっていくのか、ちょっと楽しみになりました。

> LB56さんへ

コメント、ありがとうございます。

>その晋作を動かしたのが、敏三郎、だったという、よくできた話だと思いました。

そうですね(^^)

>・・・高杉と杉、名前も似てるし、親近感湧いたのでしょう(笑)

そう言えば、名前、似てますね(^^)
でも、関係ないとは思いますが(^^;)

>普通であれば、障害者ということで、あまり相手にしないんでしょうが、晋作は、敏三郎の話をよく聞いたと思います。
>ましてや、理解していて、説教?するなんて、ある意味凄いですね。

ほんとすごいですね♪(^^)

>それよりも、敏三郎が、胸の内を、どうやって、初対面の晋作に伝えたのか???
>自分の立場、やりたい事、現状の問題点、目的など、説明するだけでも、厄介ですよね。
>ましてや口がきけないので、筆談?ジェスチャー?、気が滅入ってしまいます。

この辺、会話のシーンがなくて、どうコミュニケーションを取ったのかよく分かりませんでしたね(汗)
半紙に書くとか、何かないと手話は分からないと思うし、意思の疎通、大変だと思います(汗)

>もちろん過保護に対する反抗心もあるのですが、「志」を持ってる敏三郎、に魅かれたのではないかと思いました。
>これが、父への反抗宣言に繋がったり、塾に入るきっかけになったような気がします。

それもあるかもしれませんが、根本は松陰のライバル心を焚き付ける戦略が当たったのだと思います(^^)
実際は、玄瑞が誘ったと書かれていた方もいらっしゃいました(^^)

>相撲では、晋作の、(姑息な?)意表を突くやり方、が出てましたが、
「志」がこの「やり方」を育むようになってくると、面白くなりそうです。

そうですね(^^)

>メイクのせいかもしれないけど、どこか沖田総司に近い物を感じましたが、気のせいかな??

沖田総司?
イケメンで色白だからかな?(^^;)

>今回は、高良健吾と井上真央という、朝ドラ「おひさま」(2011)の、夫婦対決が見られました。

東出昌大さんも朝ドラ・ヒロインの夫を演じているし、もう少し井上真央さんを奪い合ってほしいです(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/61221393

この記事へのトラックバック一覧です: 【花燃ゆ】第9回感想と視聴率「高杉晋作、参上」:

» 【花燃ゆ】第9回感想と視聴率「高杉晋作、参... [ショコラの日記帳]
「高杉晋作、参上」第9回の視聴率は、前回の13.0%より少し下がって、12.9%(関東)でした。今回から吉田寅次郎が吉田松陰(伊勢谷友介)と呼び方が代わりました。今回のメインの話は... [続きを読む]

» 花燃ゆ #09「高杉晋作、参上」 [昼寝の時間]
公式サイト 文(井上真央)の努力のかいあって、兄・吉田松陰(伊勢谷友介)が開く私 [続きを読む]

» 花燃ゆ 第九回 [レベル999のgoo部屋]
『高杉晋作、参上』 「高杉晋作、参上!明治維新の英雄が青春を駆けめぐる」 内容 自宅で謹慎中の寅次郎こと松陰(伊勢谷友介)の私塾には、 久坂(東出昌大)をはじめとして、評判を聞いた若者が集まり始めていた。 だが、学ばせてもらっているのは自分のほうだと、 ...... [続きを読む]

» 花燃ゆ 第9話「高杉晋作、参上」〜志は誰も与えてくれません。君は何を志しますか? [平成エンタメ研究所]
 高杉晋作(高良健吾)の鬱屈。  これを松陰(伊勢谷友介)は次のように表現した。 「暴れ牛のような目」 「あふれんばかりの力が外に出ようとしてもがいておる」  これが若者なんですね。  歳を取ると、どうしてもパワー不足を否めない。  それで、こうした晋作の...... [続きを読む]

» 誰道天工勝人作 不知人作勝天工 万尋富岳千秋雪 却在斯翁一掌中(高良健吾) [キッドのブログinココログ]
高杉晋作は詩人であった。 漢詩「題不二石」は二十代前半の作とされる。 不二石は豊臣秀吉由来のものが有名だが要するに霊峯・富士山を思わせる奇岩・庭石の類である。 これを七言絶句で東行と号した晋作は詠う。 「自然の造形は人知の及ぶところではないと言う者があるが・・・それは自然を凌駕する人知というものを知... [続きを読む]

» 花燃ゆ 第9回「高杉晋作、参上」 [みはいる・BのB]
大河ドラマ『花燃ゆ』のお時間です。 第9回「高杉晋作、参上」 あらすじ・・・・・・ [続きを読む]

» 大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹9晋作は寅次郎に志を問われ自らの志が無い事を痛感し文の弟敏三郎に志の術を授けて自らは寅次郎の塾に入門した [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「花燃ゆ」第9話は寅次郎の元には久坂ら多くの若者たちが集まり始めていた。そんな中で突然高杉晋作が現れ、詰まらないと言いながらこの塾の議論を聴いていると、寅次 ... [続きを読む]

» 【 花燃ゆ 】第9回 「高杉晋作、参上」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
文(井上真央)の努力のかいあって、兄・吉田松陰(伊勢谷友介)が開く 私塾には久坂玄瑞(東出昌大)を始め、生徒が集まり始めた。 文は、議論に熱中する若者たちの世話に大忙し。 しかし松陰が謝礼を受け取らないため家計は火の車に。 そこに現れたのが高杉晋作(高良健吾)だった。 文は裕福な高杉を生徒に引き入れようとする。 高杉は代々、藩の要職を務める名門の跡取り息子だが、何をしても「つ...... [続きを読む]

» 花燃ゆ 第9話「高杉晋作、参上」 ~高杉晋作の松下村塾入門~ [坂の上のサインボード]
 「動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し」  のちにそう評された幕末の風雲児、高杉晋作が登場しました。晋作の生まれた高杉家は、家禄200石という大組の藩士で、才能と運次第では、藩の家老に準ずる執政官にまで出世できる家柄、つまり、士官・将校の家でした。そんな名家の一人息子として育った晋作は、いわばボンボンだったわけです。のちに長州藩を代表する天才革命家となる晋作ですが、幕末この時代、高杉家のような上流階級から革命家になったという例は、長州藩のみならず薩摩藩、土佐藩などを見ても珍しく、ましてや、その指... [続きを読む]

« 【ウロボロス~この愛こそ、正義。】第7話感想と視聴率 | トップページ | 冬ドラマ視聴率一覧(9)と感想&最終回日程(2015年1~3月) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31