無料ブログはココログ

« 【マッサン】第145回(3/23月)感想と関東・視聴率最高(3/20金) | トップページ | 【マッサン】第146回~第147回(3/24~3/25)感想 »

2015年3月25日 (水)

【デート~恋とはどんなものかしら~】最終回感想と視聴率

「こんな愛の告白、あり得ない…!?運命の恋が巻き起こす誕生日の奇跡」

最終回(第10話)の視聴率は、前回の12.3%より上がって、13.5%(関東)でした♪

全話平均は、12.5%。

「相棒13」を除いて、今期の連ドラの中で、4位でした♪

最後は、藪下依子(杏)と谷口巧(長谷川博己)がくっつき、殆どの視聴者の予想通りだったでしょう♪

私はこのドラマ、イマイチ、フィーリングが合いませんでしたが、最終回は無難に良かったです♪

「デート」のタイトルの後の「恋とはどんなものかしら」の答えが出ました♪

「たとえ苦痛でも、たとえ不幸でも、その人がいなければ生きていく意味がない。それが恋・・・なのかもしれない」By 藪下依子。

そして、子供の頃から依子がお守りに持っている好きな数字(3478)の切符は、21年前、偶然、依子の前に立っていた巧が自分の切符をくれて、記念に持ち帰る事ができた物。

そうとは気づかない2人でしたが、21年前から運命で結ばれた2人だったのでした(^^)

その前にも鷲尾豊(中島裕翔)が依子にプロポーズしてくれ、婚約指輪をくれて、依子は喜びましたが…

偶然、バスの中で巧に左手薬指を踏まれて腫れあがっていたので入らず…

別に指輪が入らなくても、婚約できないという事にはならないと思うのですが(^^;)

それに、同じバスに乗ったのも偶然だし、偶然がいろいろ重なり、ちょっと作りすぎのような気も?(^^;)

運命の2人だからと言いたかったのかもしれませんが…

でも、明るい終わり方で良かったです♪(^^)

 

バスの中で会った見知らぬ老婦人(白石加代子)、恋の神様かと思いましたが、違うのかな?(^^;)

この老婦人は、自分の恋の体験談をして、

「楽しいだけの恋なんて、おままごとみたい。

私にとっては、恋って、とっても恐ろしいものね。

一旦、踏み込んだら最後、永遠に続く底なし沼。

恋をして幸せになった人なんているのかしら?」

と言い、この日が誕生日だと言っていた依子にプレゼントと、林檎を1つくれました。

この林檎、あとで依子と巧が交互に食べ、食べ終わったらキスしました。

恋の魔法でもかかった林檎だったのでしょうか?(^^;)

 

結局、鷲尾とのデートはいつも楽しかったのですが、鷲尾さんの事、全然、心に残っていなくて・・・

巧の事は嫌な事ばかりでしたが、鷲尾に忘れるために嫌いな所をノートに書き出すよう言われて、実行したら、ノート、ぎっしり書いても、すぐ一杯になってしまい、もう3冊目との事で・・・

鷲尾は逆効果だったと嘆きました(汗)

依子さんの頭の中は谷口さんの事ばっかりだと(^^;)

 

いつも喧嘩ばかりしている巧の方が価値観も似ていそうで、どう見てもお似合いだし、「喧嘩するほど仲がいい」の言葉通り、仲が良さそうに見えましたからね♪(^^)

最終回で皆に言われて、ようやく分かった2人ですが、10話もかけるほどの深い話でもなかったような気がします(^^;)

とにかく、依子と巧がくっついて、メデタシメデタシでした♪(^^)

まだ結婚の契約条件はいろいろと詰めていくようです♪

 

絵画教室を島田佳織(国仲涼子)と一緒に引き継ぐという話は流れてしまったのかな?

折角、巧が前向きに営業活動をし初めていたのに、勿体ないです(汗)

「教室の卒業生で芸術家として活躍している人が結構いるので、そいつらを集めてマネージメント会社を作って戦略的に売り出そうと思って…」

と言っていたのですが、その後、香織さんとの事がダメになってしまったので(汗)

香織さんと鷲尾さん、うまくいきそうな雰囲気だったので、ぜひ、仕事はそのまま巧と一緒に絵画教室を引き継いでほしいです(^^)

お父さんの藪下俊雄(松重豊)さん、25歳年下の看護士といいようですが♪(^^)

幽霊の小夜子(和久井映見)さんの言う通り、退職金だけ取られておしまいという事のないよう、純粋な愛だったらいいですね(^^)

その辺の見極め、難しいですが、本当に好きなら騙されていいと思うかもしれません♪(^^)

巧の母の留美(風吹ジュン)さん、元夫とよりを戻し、前回、結婚式をあげましたが…

彼は依子に、あなたの教育は間違っていなかったと言われたお陰で、教育者として自信を取り戻し、原稿を再び書き出したとの事♪

でも、書きあがったのに、編集者に見せる勇気がなくて、まだ見せてないようです(^^;)

全てうまくいきそうに見せかけて、どれも少し問題を残していて、それがこのドラマのテーマでもあるようで、良かったです(^^)

全部うまくいくなんて、実生活でありえないですからね。

最後は現実的に、それぞれ問題を抱えたまま終わり、良かったです♪(^^)

 

4月13日(月)から、この枠は、嵐の相葉雅紀さん主演の「ようこそ、わが家へ」です。

原作は、「半沢直樹」で有名になった池井戸潤さんのミステリー小説です。

池井戸作品史上、最弱のヒーローが主人公との事(^^;)

相葉君にピッタリかもしれません♪

こちら、とても楽しみです♪(^^)

 

【最終回(第10話)あらすじ】 (Yahooテレビより)

3月22日、藪下依子(杏)は30歳の誕生日を迎えた。いつもの時間に起床し、いつものように日課をこなしながらも、依子はチラチラと鳴らない携帯電話を見る。やがて、自分から鷲尾豊(中島裕翔)に電話をかけて今日の予定を聞くが、大事な商談が入ったため会えないと言われてしまう。気を取り直して、藪下俊雄(松重豊)にかけると、あろうことか俊雄にも振られてしまう。そんな依子を見て、藪下小夜子(和久井映見)は笑い出す。  暇を持て余した依子は、大好きな路線バスに乗り、横浜市内を巡ることにした。すると、谷口巧(長谷川博己)が乗り込んでくる。突然のことにとまどいながらも、隣同士に座った2人はいつものように会話の応酬を始める。しかし、議論が白熱し過ぎた結果、巧が依子の手を踏み、依子の頭が巧の鼻を直撃し、巧が鼻血を出すというハプニングが起こる。そんなとき、依子と巧のことを見ていた上品な老婦人(白石加代子)が声をかけてくる。  やがて、老婦人が誕生日プレゼントだと言って、依子にリンゴを1個手渡して降りていくと、巧の携帯が鳴った。島田佳織(国仲涼子)からだったが、依子と一緒にいると言うと切れてしまう。すると今度は、依子の携帯に佳織から電話がかかってくる。依子が出ると、佳織は谷口留美(風吹ジュン)が倒れたと伝える。慌てた2人は、巧の自宅へと駆け出し…。

 

【脚本】 古沢良太

【主題歌】 あなたに恋をしてみました/chay

 

【視聴率推移】(関東地区)

[第1話]14.8%   [第2話]13.6%   [第3話]11.0%   [第4話]12.4%

[第5話]11.1%   [第6話]11.6%   [第7話]10.4%   [第8話]13.9%

[第9話]12.3%   [最終回]13.5%  [平均]12.5%

-

公式HP・Blu-ray BOX プレゼント (応募締切:3/29(日)23:59)

-

-

-

にほんブログ村 テレビブログへ ←PC用

テレビブログランキング ←携帯用

できればクリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【マッサン】第145回(3/23月)感想と関東・視聴率最高(3/20金) | トップページ | 【マッサン】第146回~第147回(3/24~3/25)感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/61336005

この記事へのトラックバック一覧です: 【デート~恋とはどんなものかしら~】最終回感想と視聴率:

» 【デート~恋とはどんなものかしら~】最終... [ショコラの日記帳]
「こんな愛の告白、あり得ない!?運命の恋が巻き起こす誕生日の奇跡」最終回(第10話)の視聴率は、前回の12.3%より上がって、13.5%(関東)でした♪全話平均は、12.5%。「相棒13」を除... [続きを読む]

» 「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」 第10話(最終話) こんな愛の告白、あり得ない・・・!? 運命の恋が巻き起こす誕生日の奇跡  [トリ猫家族]
「まだ見ますか?」依子 「・・・・もう少し見ましょう」巧 「分かりました。もう少し見ましょう」  桜満開。恋も満開。 2人の手はしっかりと結ばれております。 HPはこち ... [続きを読む]

» デート~恋とはどんなものかしら~ (第10話 最終回・3/23) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
フジテレビ系『デート~恋とはどんなものかしら~』(公式) 第10話/最終回(15分拡大版)『こんな愛の告白、あり得ない…!?運命の恋が巻き起こす誕生日の奇跡』の感想。 依子(杏)が自ら結婚の期限と設定した30歳の誕生日。鷲尾(中島裕翔)や俊雄(松重豊)にも誕生日を忘れられ誘いを断られた依子は、バス内で遭遇した巧(長谷川博己)から目標達成できなかったことを心配される。居合わ...... [続きを読む]

» デート~恋とはどんなものかしら~ 第10話(最終話) [ドラマハンティングP2G]
Story#10「こんな愛の告白、あり得ない…!?運命の恋が巻き起こす誕生日の奇跡」2015.3.23.MONDAY. On-Air 3月22日、藪下依子(杏)は30歳の誕生日を迎えた。いつもの時間に起床し、いつものように日課をこなしながらも、依子はチラチラと鳴らない携帯電話を見る。やがて…... [続きを読む]

» デート〜恋とはどんなものかしら〜 第10話(最終話) [レベル999のgoo部屋]
「こんな愛の告白、あり得ない…!?運命の恋が巻き起こす誕生日の奇跡」 内容 ついに、30歳の誕生日を迎えた依子(杏) いつもと同じように過ごしながらも、携帯が気になって仕方が無かった。 鳴らない携帯。。。依子は、鷲尾(中島裕翔)に連絡を入れると、 日曜だが...... [続きを読む]

» 今日の日はさようなら(杏)明日の日を夢見て(長谷川博己) [キッドのブログinココログ]
お似合いの二人というものは客観的なものである。 美男美女とか・・・馬鹿さ加減とか・・・そういうものがなんとなくフィットしていると誰かが思うのである。 しかし・・・自嘲的な感じで・・・本人がその言葉を使う時もある。 「私にはあんたのようなクズがお似合いかもね・・・」なのである。 「私が美人過ぎるから・... [続きを読む]

» デート~恋とはどんなものかしら~ #10 最終回 [ぐ~たらにっき]
『こんな愛の告白、あり得ない…!?運命の恋が巻き起こす誕生日の奇跡』 [続きを読む]

» デート〜恋とはどんなものかしら〜最終話 楽しいだけの恋はおままごと。苦しいことも愛おしい [平成エンタメ研究所]
 鷲尾(中島裕翔)とのデートのことを話す依子(杏)。  しかし…… 「それはサッカーの話だ!」 「それはボーリングの話だ!」  と、鷲尾についての話がまったく出て来ない……(涙)  一方、巧(長谷川博己)とのデートの話は、巧についてノート三冊分の話ができる(悪...... [続きを読む]

» デート〜恋とはどんなものかしら〜 #10 最終回 [昼寝の時間]
公式サイト 3月22日、藪下依子(杏)は30歳の誕生日を迎えた。いつもの時間に起 [続きを読む]

» 恋愛不適合者の恋愛 [笑う社会人の生活]
ドラマ「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」を見ました。 フジにて 月曜9時からやってました 題名から、デート 恋だの 久々の王道 恋愛モノかと思いきや これが ある種 真逆をいくというか、恋愛モノながらも、超変化球で! 恋愛不適合者の2人による恋愛ストーリー ...... [続きを読む]

« 【マッサン】第145回(3/23月)感想と関東・視聴率最高(3/20金) | トップページ | 【マッサン】第146回~第147回(3/24~3/25)感想 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31