無料ブログはココログ

« 【まれ】第5週感想と第4週視聴率&パティシエ編第7週より | トップページ | 【ドS刑事】第4話感想と視聴率「囚われの少女は超ドS!?」 »

2015年5月 6日 (水)

【天皇の料理番】第2話感想と視聴率「料理はまごころ」

「料理はまごころ」

5/8(金)、「キンスマ・スペシャル」に佐藤健さんが出演します♪(一部地域を除く)

第2話の視聴率は、初回の15.1%より急落してしまい、11.4%(関東)でした(汗)

GWは通常、下がりますが、結構、良かったと思うので、ちょっと残念です。

篤蔵(佐藤健)、まさか、グランシェフ(料理長)の宇佐美(小林薫)さんの大事な料理ノートを盗んでしまうとは、びっくりでした(汗)

でも、その後、返して土下座して謝った篤蔵に、宇佐美さん、怒らなくて、またびっくり♪

自分も昔は似たようなものだったので、自分に怒る資格はないと(汗)

宇佐美さん、カッコ良かったです♪(^^)

「料理は真心だ」

その一言が、篤蔵を変えました♪(^^)

ダメダメだった篤蔵が料理ノートを盗んだ事がきっかけで、逆に立派な下働きになり、仕事も楽しくなり、よくできた話でした♪(^^)

まずは、公式HPのあらすじです。

 

【第2話あらすじ】 (公式HPより)

篤蔵 (佐藤健)は、兄・周太郎 (鈴木亮平)の指導教授・桐塚 (武田鉄矢)の計らいで、鹿鳴館として国の社交場であり、一流西洋料理店・華族会館で働けることになる。自らの前途は明るいと喜んでいたが、厳しい世界が待っていた。そこでは、料理に対して一切の妥協を許さないコック長の宇佐美 (小林薫)と、スタッフたちが懸命に働いている。 下働きとなった篤蔵は、朝から晩まで、ひたすら厨房を掃除し、食器や鍋を洗うだけで料理の勉強が出来るなど到底考えられなかった。厳しい環境に直面したことで、同じく住み込みで下働きをする 新太郎 (桐谷健太)や 辰吉 (柄本佑)に愚痴をこぼす。疲れ果てた体で部屋に戻り、カビ臭い布団を嗅いだとき、布団を干してくれていた 俊子 (黒木華)のことを思い出すのだった。

そんな日々を送る篤蔵は、ある日、辰吉から “宇佐美が修行時代から料理の作り方を書き留めたノートがある” と聞き、それを見れば料理が作れるようになるのではと考え始める。
単純な作業の毎日にやる気を失い、日課である鍋の洗い直しを怠ったことを宇佐美に見抜かれてしまい…

                       * * * * *

<ネタバレあらすじ>

篤蔵は華族会館の厨房で下働きとして働き始めましたが、調理器具の名前も分からず、失敗ばかり。

鍋や食器洗いや掃除ばかりで、うんざりしていたある日…

鍋洗い、店が終わった後と翌朝の2回、同じ鍋を洗うのは無駄だと勝手に判断して、翌朝の2度めの洗いを怠ってしまいました(汗)

鍋の臭いを嗅いで、宇佐美が気づき、篤蔵は蹴られました。

自分は鍋を洗いに来たわけではなく、料理を習いに来たのだ。早く料理を教えて欲しいと口答え(汗)

見習いの頃は、数年、鍋洗いとかの地味な仕事をやらされるのは当然。

この辺は相変わらずダメダメな篤蔵でした(汗)

それにしても、宇佐美以外の先輩は、篤蔵が2度目の洗いをさぼった事に気づかなかったので、本物の料理人ではないのでしょうね(^^;)

宇佐美によると、2度洗わないと鍋の臭みが料理についてしまうそうです(汗)

あと、いろいろな調理器具の名前も知らなかったので、これも先輩達に叱られながら、なんとか覚えました。

住み込みで働く見習いコックの松井新太郎(桐谷健太)、山上辰吉(柄本佑)らと仲良くなったので、彼らとの友情・ライバル関係もこれから楽しみです♪

 

篤蔵、まさか、宇佐美さんの大事な料理ノートを盗んでしまうとは、びっくりでした(汗)

料理を教えて貰えないので、宇佐美のノートを見れば、自分でもその料理ができると思い、盗んでしまいました(汗)

でも、それは外国語が一杯で、とてもそれを見ても料理ができません(汗)

篤蔵は、その料理がどんな味がするのか食べてみたいと思いました。

それでなんとか返したいと思いましたが、なかなか返せず…

仕事中に先輩の料理の手順を盗み見て覚えるのではなく、短絡的に料理ノートを盗むとは、盗み違いで、雲泥の差ですが…(汗)

きっと宇佐美は篤蔵の仕業だと気づいていたのでしょうね(^^;)

厨房で一人、深夜に包丁を研ぎ、篤蔵に返すチャンスをくれたみたいでした。

宇佐美は静かに言いました。

「料理は真心だ。

技術は追いつかない事もある。

素材は望み通りにいかないこともある。

けど、真心だけは、てめぇ次第で、いつでも最高の物を出す事ができる。

爪を短くする事、鍋を丁寧に洗う事、皿を磨く事、包丁を整える事、そういう事は確実にできる。

それすらできん奴は、まともな料理を作れるとは俺には思えない。

教えないのは覚えないからだ。

親切にもらった物より、てめぇで必死になって盗んだ物の方が人は大事にする。

だから教えない」

篤蔵は深く反省。

料理ノートを返し、土下座して謝り、蹴ってくれと。

でも、宇佐美は蹴りませんでした。

「俺も昔、似たようなことをやった。

とにかく早く覚えたくてな。

だから、お前に蹴りを入れる資格はない」

篤蔵は感動し、泣きながら下駄で自分の頭を何度も叩きました(^^)

真心…篤蔵はそれから働く時に、先輩達の気持ちを考えて行動するようにしました。

「さらし」と言われたら、ソースを濾すためだから濡らして渡し、

「ボール」と言われたら、アクを取るためだから水を入れて渡したり…

生まれ変わったように、気の利く下働きになり、先輩達皆に、喜ばれました♪(^^)

篤蔵は兄に言いました。

「それからは、違うもんが見えるようになったんです。

真心を腹にすえて仕事場を見るとですよ。

わし、皆の作業見て気い回すこ事ができるようになって。

そうすると、仕事がどんどん面白くなってきたんです。

何やったら喜ばれるか考えるんが楽しいんです♪」

 

先輩に喜ばれただけでなく、本人も楽しくなって、良かったです♪

すごい成長ですね♪(^^)

調理ノートを盗んだとんでもないでき事から、ここまでいい方に転がるなんて、まさにドラマチックでした♪

いい上司で良かったですね♪(^^)

殴られて、警察に突き出されても、おかしくなかったのに(^^;)

松井新太郎(桐谷健太)のように、料理に興味がなくて働いている人もいたので、篤蔵のやる気を宇佐美さん、かってくれたのでしょうね?(^^)

 

俊子(黒木華)は、東京へ行ってしまった篤蔵を待ってくれていましたが、篤蔵は全然手紙を書きませんでした(汗)

俊子の父の金之介(日野陽仁)は篤蔵の両親を呼びました(汗)

1月で冷めて戻ってくると言ってたのにもう2月。これは詐欺罪やないかと示談金まで要求(汗)

この人、お金の事ばかりで、嫌な人です(汗)

その時は、3月と書いてあった筈だと、俊子がごまかしてくれました♪

最後に、また篤蔵の両親を呼び、娘を再婚させるので、離縁させると(汗)

俊子「わかりました。しかし、その前に一度 東京へ参りたいと思います」

きっと篤蔵の気持ちを確かめるのでしょう♪(^^)

俊子、もっと早く東京へ行くのかと思いましたが、ラストに来るとは(汗)

次回、俊子が東京へ行って、篤蔵とどういう会話をするのか、彼の作った料理を食べられるのか、楽しみです♪(^^)

そして、優しい兄の秋山周太郎(鈴木亮平)、血を吐いてしまい、病気、心配です(汗)

周太郎の元に父から何度も篤蔵宛ての手紙が来ましたが、篤蔵は受け取らずにいたので、無理矢理、手紙の束を渡しました。

「逃げるな。

やりたい事をやるのは構わない。俺も応援してやる。

だがな、篤蔵、お前のために傷ついている人達の痛みは受けとめるべきじゃないか」

その通りですね。

少なくとも、俊子さんの事は少しでも気にかけてあげてほしいです(^^)

尚、今回同様、次回も10分拡大版です。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区。ビデオリサーチ調べ)

第1話]15.1%   [第2話]11.4%

 

【原作】 杉森久英「天皇の料理番」(集英社)

【脚本】 森下佳子

【主題歌】 「夢見る人」さだまさし

-

公式HP・人物相関図

公式HP・次回あらすじ

-

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

テレビドラマランキング ←携帯用

できればクリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【まれ】第5週感想と第4週視聴率&パティシエ編第7週より | トップページ | 【ドS刑事】第4話感想と視聴率「囚われの少女は超ドS!?」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/61548990

この記事へのトラックバック一覧です: 【天皇の料理番】第2話感想と視聴率「料理はまごころ」:

» 【天皇の料理番】第2話感想と視聴率「料理は... [ショコラの日記帳]
【第2話の視聴率は5/7(木)追記予定】「料理はまごころ」5/8(金)、「キンスマ・スペシャル」に佐藤健さんが出演します♪(一部地域を除く)篤蔵(佐藤健)、まさか、宇佐美料理長(小林薫... [続きを読む]

» 天皇の料理番 episode2 [レベル999のgoo部屋]
「料理はまごころ」 内容 兄・周太郎(鈴木亮平)の指導教授・桐塚(武田鉄矢)の紹介で、 “華族会館”で働くことが出来るようになった篤蔵(佐藤健) 早速、厨房へと連れて行かれた篤蔵は、 コック長・宇佐美鎌市(小林薫)の下で働くスタッフたちの緊張感に圧倒される...... [続きを読む]

» 「天皇の料理番」真っ直ぐな料理人2料理人は真心で全力を尽くせる!篤蔵は宇佐美シェフから料理は盗むものという言葉を心に刻みやる気を取り戻した [オールマイティにコメンテート]
「天皇の料理番」第2話は華族会館で見習いとして働き出した篤蔵だったが、来る日も来る日も皿洗いと鍋洗いなどの日々を送っていた。そんなある日篤蔵は鍋を洗うのを怠った事を宇 ... [続きを読む]

» 天皇の料理番 #02 [ぐ~たらにっき]
『料理はまごころ』 [続きを読む]

» 天皇の料理番 (第2話・5/3) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
TBS系『天皇の料理番』(公式) 第2話『料理はまごころ』の感想。 なお、原作小説:杉森久英『天皇の料理番』は未読。過去のドラマ作品も未見。 上京した篤蔵(佐藤健)は兄の恩師・桐塚(武田鉄矢)の紹介で、宇佐美(小林薫)が料理長を務める華族会館の厨房(ちゅうぼう)で働き始める。しかし、皿洗いと掃除ばかりの毎日で、次第に飽きてくる。一方、俊子(黒木華)はずっ...... [続きを読む]

» 天皇の料理番 第2話〜真心を腹にすえて仕事場を見ると、仕事がどんどん面白くなってきたんです [平成エンタメ研究所]
 主人公が成長していくのはドラマとして心地良い。  皿洗いと雑用ばかりで腐っていた篤蔵(佐藤健)。  そんな彼が変わる。人として、料理人として成長していく。  たとえば、 「さらし」→ソースを濾すためだから濡らす。 「ボール」→アクを取るためだから水を入れて...... [続きを読む]

» 天皇の料理番 第2話 [ドラマハンティングP2G]
2015年5月3日「料理はまごころ」日曜よる9時  篤蔵 (佐藤健) は、兄・周太郎 (鈴木亮平) の指導教授・桐塚 (武田鉄矢) の計らいで、鹿鳴館として国の社交場であり、一流西洋料理店・華族会館で働けることになる。自らの前途は明るいと喜んでいたが、厳しい世界が待ってい…... [続きを読む]

» 天皇の料理番第2話(5.3) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
料理店で働くことになった秋山篤蔵@佐藤健だったが、 料理を教わることなく、単調な雑用の日々にうんざり、 料理長の宇佐美@小林薫のノートさえあれば料理が作れるようになると 思い至った篤蔵は盗み出すが、記述内容に愕然、自分の考え違いに気づいたと 初回はいまいちに感じたんだけど、だいぶ面白くなったな 宇佐美料理長役の小林薫さんの存在がいいね。 やはりこういう修業モノは師匠役の俳優さん次第だな。 『味いちもんめ』の伊橋@中居正広と熊野@小林稔侍を思い出した。 普段は仕事に厳しいのに 篤蔵がノートを盗んだと... [続きを読む]

» 天皇の料理番 第2話 簡単メモ [昼寝の時間]
公式サイト 篤蔵 (佐藤健) は、兄・周太郎 (鈴木亮平) の指導教授・桐塚 ( [続きを読む]

» 天皇の料理番「あいしてるの決断」 [のほほん便り]
篤蔵 (佐藤健)の、めきめき成長する姿と、遠距離ながら、彼を愛し、理解する俊子 (黒木華) のオハナシでしたね。故郷で、俊子の両輪は彼女に離縁を申し出ましたが、彼女は「その前に、篤蔵さんを見たい」と上京し、彼を訪れたことによって、淑子と宇佐美 (小林薫) に料理を作り事に。それがきっかけで、宇佐美は、篤蔵の仕事を前進させようと考えます。また、篤蔵が拾った財布が縁で、英国公使館でシェフをしている 五百木 (加藤雅也) と出会い、ここでも修行させてもらうことに。ここで知ったノウハウが、さっそく元の職場で... [続きを読む]

« 【まれ】第5週感想と第4週視聴率&パティシエ編第7週より | トップページ | 【ドS刑事】第4話感想と視聴率「囚われの少女は超ドS!?」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31