無料ブログはココログ

« 【まれ】第6週(5/4~5/9)感想と第5週視聴率関東最低・関西最高 | トップページ | 春ドラマ視聴率一覧(7)と感想(2015年4~6月) »

2015年5月12日 (火)

【天皇の料理番】第3話感想と視聴率「あいしてるの決断」

「あいしてるの決断」

第3話の視聴率は、前回の11.4%より上がりました。12.0%(関東)でした♪

最後の手紙、良かったです♪(^^)

それを読んだ妻の俊子(黒木華)が嬉しそうで嬉しそうで、こちらも嬉しくなりました♪

「俊子へ

私 高濱篤蔵はこのたび野菜係になりました

月給は1円50銭から3円になりました

この調子で 3円から4円 4円から5円 いけるような気がしてきました

わしは1日も早くシェフになれるよう全力で走ります

できるだけ早く俊子と子供を迎えに行きますさけ

お義父さんにも様々きちんと謝りに行きますさけ

どうか再婚はせんで下さい

 追伸

少しですが、金を送りました

俊子が貯めておいて下さい  ジュテーム

高濱篤蔵」

 

俊子は「ジュテームって、何ですか?」と意味が分からなかったようなので、教えてあげたかったです(^^)

きっと意味が分かったら、数倍、嬉しくなったでしょうね(^^)

ジュテーム(Je t'aime)とは、「私はあなたを愛しています」という意味のフランス語です。

「I LOVE YOU」と同じですね♪

きっと宇佐美(小林薫)さんがくれた辞書で調べたのでしょう♪(^^)

追伸で「少しですがお金を送りました。俊子が貯めておいて下さい」とありますが、

俊子と子供の生活にもお金がかかるので貯めるほど送ったとは思えませんが、生活費は親がみてくれると思って、タダのつもりなのかな?(^^;)

とにかく、少しでもお金を送って、妻子のために何かしたかったのでしょうね(^^)

自分の事、秋山篤蔵ではなく、ちゃんと「高濱篤蔵」になっていて、婿養子の自覚、ちゃんとありました(^^)

良かった♪ 良かった♪(^^)

その手紙を俊子に渡したのは彼女の父の金之介でした。

破らず、ちゃんと渡してくれて、良かったです♪

内容を読めば、お義父さんも少しは許してくれるでしょう(^^)

店(松前屋)は妹が婿を取って継いでくれるようです(^^)

今回は皆の愛を感じた回でした(^^)

 

最初へ戻ります。

俊子は、父から再婚を勧められ、篤蔵の気持ちを確かめるため東京へ来ました。

そして、篤蔵が厨房の先輩から吉原に誘われ、数人で行こうとしていたところで、俊子に遭遇。

婿だと紹介されて、皆はびっくり(汗)

その後、彼らは出かけて、篤蔵と俊子が夕食に出かけようとしている所へ宇佐美が来て遭遇。

宇佐美に妻だと紹介したら、彼女に料理を作ってあげなさいと。ついでに自分(宇佐美)の分も♪

篤蔵は驚き、宇佐美にこれはお好きですかといろいろ食材を確認しながら、張り切って料理しました。

厨房で残飯を食べたり盗み見て覚えた料理です。

篤蔵が作っている間、俊子は宇佐美に聞きました。

俊子「あの・・・・あの人はどうでしょうか? 見込みは ありますか?」

宇佐美「私は箒一つを持たせれば、その人間の仕事は分かると思っています」

俊子「あの人の箒はどうでしょうか?」

宇佐美「真心があります」

俊子「ほうですか・・・」

宇佐美「ついてゆく価値はあると思います」

褒めてくれて、良かったですね(^^)

料理ができて、俊子はおいしそうに、噛みしめながら食べました。

料理は「ブラン・ド・プーレ・パネ」

パン粉を付けて揚げた鶏肉にトマトソースを添えた料理で、箸で食べやすいように、切り分けてあります。

食べる人の食べやすさを考えるとは、真心がありますね(^^)

宇佐美は、まだまだだといろいろ批評。

篤蔵、俊子に、半分、食べさせてと頼みましたが、これは私のだと断られてしまいました(^^;)

おとなしいですが、自己主張するところはして、根は強いのでしょうね(^^)

この時は、離縁も覚悟で来ていたので、これが彼の料理を食べる最後と思って、噛みしめて食べたのでしょう。

その後、一緒に寮へ行きましたが、彼女を泊められません(汗)

俊子もそのつもりで来たと言いましたが、どこかの旅館へ泊れば良かったのに。

少し話した後、すぐにトンボ返りしたのでしょうか?

俊子は作った着物を篤蔵に渡しました。

無邪気に喜ぶ篤蔵。

でも、父から離縁と再婚を勧められた話をして、表情が変わりました。

帰るつもりはあるのか俊子が聞き、ないと篤蔵が返答。

最初から期待してなかったようで、なら離縁しましょうと(汗)

持ってきた離縁届を出し、名前を書いて、判を打つよう言いました。

篤蔵はびっくり。

長女なので、店を継がないといけないので、仕方ないと俊子。

でも、言い終わらないうちに、俊子は気持ち悪くなり、トイレに。

ややこができたかもしれないと(汗)

結局、俊子は自分がなんとかすると告げて、早々に帰りました。

今と違って新幹線もなく、福井へ帰るのは大変。

泊まって休んで行った方が良かったと思います。

 

金之介は妊娠を聞いて、あんな奴の子供なんて始末しろと。

それができないなら出て行けと怒りました(汗)

俊子は、家を出て、秋山家に身を寄せました。

1晩だけ泊めて下さいと言う事でしたが、父・周蔵(杉本哲太)も篤蔵に怒りました。

周蔵「ここで戻らんかったら、あいつはほんまもんのクズになってまうが!

 わしはクズを育てた覚えはないんや!」

俊子「クズやないです!

 篤蔵さんは お仕事一生懸命やってます。

 上の方も褒めてました。見込みがあるって。真心があるって!

 篤蔵さんのお料理は、とってもおいしかったです。

 ほやさけぇ、後生ですから、このまま精進させてあげてください!お願いします!」

 

ほんと、いいお嫁さんですね(^^)

秋山家で彼女と子供の面倒を見る覚悟をしたところへ、俊子の母・ハル江(大島さと子)が迎えに来て、俊子は帰りました。

妹達が自分達が婿を取るから、お姉やんには好きにさせてあげてと頼んでくれたとの事。

ハル江「ほしたら、お父さん、もう好きにせえって。

 始末しろなんて、本心やないのよ。

 お父さんが許せへんのは、大事なあんたをね、篤蔵さんがないがしろにしてるって事なんよ。

 悪気はなくっても大事にしてもらってるとは、とっても言われんやろ?

 親はそれが悔しいんよ」

 

家に着いたら、仕事をしていた金之介が無言で手紙を俊子に投げてよこしました。

それは待ちに待った篤蔵からの手紙でした♪(^^)

内容は前述の通りで、俊子は嬉しくて泣きました(^^)

 

今回は、篤蔵も妻子を早く養えるようになりたいと頑張って、今までよりかなりダメダメ度は減って好感が持てました(^^)

ただ、篤蔵、英国公使館でも縁あって、学生アルバイトという形で勤め、いい修行にはなりましたが、華族会館にばれたらクビかも?と思うとハラハラでした(汗)

そちらのお仕事パートは・・・

篤蔵は拾った高級財布を警察に届け、財布のお礼だと持ち主の五百木(加藤雅也)に謝礼金を貰いました。

五百木は、英国公使館でシェフをしているとの事。

しかし、その後、子供が生まれる事を知って、妻子を養うために、早くコックに出世したくなりました。

それで、そのお金を返して、英国公使館の厨房で働かせてほしいと頼みました。

五百木、最初は断りましたが、篤蔵の熱意に負け、学生アルバイトと偽って雇う事に。

篤蔵は、度々、華族会館の空いた時間に厨房を抜け出し、英国公使館の厨房に通わせてもらい、料理を習いました。

五百木さんは宇佐美さんとは違って、盗まなくても質問すると丁寧に教えてくれました♪

華族会館の先輩達には「病気の兄のお見舞いに行く」 と嘘をついて(汗)

ばれた時が心配です(汗)

ただ、本当に、兄・周太郎(鈴木亮平)は結核みたいで血を吐きましたが、まだ篤蔵は知りません(汗)

 

宇佐美も、篤蔵の事情を知り、彼の料理を食べて、彼の熱意と真心をかっているので、篤蔵を早く昇進させてあげたいと思い、上層部に相談しました。

でも、何か皆が納得するきっかけがないと、逆に彼が妬まれると言われてしまい…

ある時、ディナーの肉を焼きすぎてしまい、新たに焼くには時間がないので何かいい案がないか、宇佐美は篤蔵に聞きました。

篤蔵は、肉を布でくるんでブイヨンで茹でてから焼いたらどうかと提案。

採用されました。

その成果を口実に、宇佐美は篤蔵を野菜係に抜擢。

野菜係に異例の早さで昇進し、皆、びっくり(汗)

野菜係だった辰吉(柄本佑)は篤蔵の代わりに、洗い場も手伝わされる事になり、ショックを受けました。

野菜係になれたので、月給が1円50銭から3円に倍増し、俊子の元へいくらか送れました。

月給が上がったのはいいですが、二重に働いて、体、大丈夫でしょうか?

いつも遅れてくるので、皆から怪しまれているし、次回にはもう英国公使館の件、ばれるのでは?(汗)

袋叩きに合うか、クビにされるか…

折角、宇佐美さんに目をかけて貰えていたので、心配です。。。

ただ、俊子さんの件は、最後の手紙で救われて良かったです♪(^^)

 

【第3話あらすじ】 (Yahooテレビ&公式HPより)

仕事にひたむきに取り組む篤蔵(佐藤健)は、ある時、料理長の宇佐美(小林薫)に事務所に呼び出される。恐る恐る事務所に足を運んだ篤蔵だが、宇佐美から愛用のフランス語の辞書を手渡される。そんな篤蔵の前に、福井にいるはずの俊子(黒木華)が現れた。父・金之介(日野陽仁)から、別の男との再婚を命じられた俊子は、離縁する前に篤蔵の本心を確かめに来たのだった。そこに行き合った宇佐美は、初めて2人の事情を知る。宇佐美(小林薫)の計らいで、篤蔵は俊子と宇佐美に料理を振舞うことになる。初めて篤蔵の作る料理を食べた俊子は、宇佐美が評価していること、料理に対する真剣な態度を知り 「離縁したほうがよい」 と切り出すが…。

また、ひょんなことから篤蔵は拾った財布の縁で、英国公使館でシェフをしている五百木(加藤雅也)と出会う。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区。ビデオリサーチ調べ)

第1話]15.1%   [第2話]11.4%  [第3話]12.0%

-

【原作】 杉森久英「天皇の料理番」(集英社)

【脚本】 森下佳子

【主題歌】 「夢見る人」さだまさし

-

公式HP・次回あらすじ

-

 

-

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できればクリック、よろしくお願いします♪(^^)

« 【まれ】第6週(5/4~5/9)感想と第5週視聴率関東最低・関西最高 | トップページ | 春ドラマ視聴率一覧(7)と感想(2015年4~6月) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/61580341

この記事へのトラックバック一覧です: 【天皇の料理番】第3話感想と視聴率「あいしてるの決断」:

» 【天皇の料理番】第3話感想と視聴率「あいし... [ショコラの日記帳]
「あいしてるの決断」第3話の視聴率は、前回の11.4%より上がって、12.0%(関東)でした♪最後の手紙、良かったです♪(^^)それを読んだ妻の俊子(黒木華)が嬉しそうで嬉しそうで、... [続きを読む]

» 天皇の料理番第3話(5.10) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
妻俊子@黒木華と再会した秋山篤蔵@佐藤健は 俊子が妊娠していることを知る。 英国公使館の料理人五百木@加藤雅也と知り合った篤蔵は 宇佐美@小林薫を裏切る行為と承知しながらも 俊子を養うため、五百木のもとで掛け持ちで仕事を始める 主人公を温かく見守る宇佐美の存在がいい 今のところ、この作品は小林薫さんで持っているな。 そんな宇佐美に抜擢される篤蔵、 下っ端の修業を何年もやった先輩たちは面白くないだろうな。 追い抜かされた山上@柄本佑も。 篤蔵夫婦の描き方が僕には気持ち悪く感じる。 微笑ましい夫婦愛... [続きを読む]

» 天皇の料理番 (第3話・5/10) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
TBS系『天皇の料理番』(公式) 第3話『あいしてるの決断』の感想。 なお、原作小説:杉森久英『天皇の料理番』は未読。過去のドラマ作品も未見。 仕事にひたむきに取り組む篤蔵(佐藤健)は、ある時、料理長の宇佐美(小林薫)に事務所に呼び出される。恐る恐る事務所に足を運んだ篤蔵だが、宇佐美から愛用のフランス語の辞書を手渡される。そんな篤蔵の前に、福井にいるはず...... [続きを読む]

» 天皇の料理番 #03 [ぐ~たらにっき]
『あいしてるの決断』 [続きを読む]

» 天皇の料理番 第3話 [ドラマハンティングP2G]
「あいしてるの決断」2015年5月10日 日曜よる9時  篤蔵 (佐藤健) は上京してきた 俊子 (黒木華) と再会する。 宇佐美 (小林薫) の計らいで料理を振舞うことになる。初めて篤蔵の作る料理を食べた俊子は、宇佐美が評価していること、料理に対する真剣な態度を知り 「離縁…... [続きを読む]

» 「天皇の料理番」真っ直ぐな料理人3篤蔵は俊子が自分の子を身ごもった事を知りなりふり構わず技術習得に励み始めた [オールマイティにコメンテート]
「天皇の料理番」第3話は篤蔵の元に上京してきた俊子と再会し、宇佐美の計らいで料理をふるまった篤蔵だったが、俊子は離縁する事を決意するもその直後俊子に篤蔵の子供を身ごも ... [続きを読む]

« 【まれ】第6週(5/4~5/9)感想と第5週視聴率関東最低・関西最高 | トップページ | 春ドラマ視聴率一覧(7)と感想(2015年4~6月) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31