無料ブログはココログ

« 『まれ』期間平均大台割れ&関東と関西の最終回視聴率 | トップページ | 【あさが来た】第2回(9/29)感想と初回視聴率&福山雅治さん結婚 »

2015年9月28日 (月)

【あさが来た】初回(第1回)感想「何でどす?」&主要人物表

初回、面白かったです♪(^^)

何でどす?」、流行るでしょうか?(^^)

朝ドラ史上、最も古い時代で、幕末から始まる初のちょんまげ朝ドラです(^^)

と言っても、ヒロイン顔見せのため、明治から始まりましたが(^^;)

朝ドラ史上、最も裕福な家に生まれたヒロインとの事ですが、生まれた時から許婚が決まっているなんて、ちょっとお気の毒(汗)

最初は1901年(明治34年)、東京での日本初の日の出女子大学校の入学式の白岡あさ(波瑠)の挨拶から始まり、ナレーション。

「あさは幕末から明治・大正という激動期の日本で、炭鉱を手掛け、銀行や生命保険会社を作りあげました。そして、この日本初の女子大学設立のために生涯を尽くした素晴らしい女性です…

と言いたいところですが、実はこのあさ、とんでもなく困った女の子だったのです」

1857年(安政4年)に戻り、ヒロイン、今井あさ(鈴木梨央)になり、凧を背負った姿で木の上にいて空を飛ぼうとして落ちました(笑)

AKB48の主題歌、ちょっと心配していましたが、いい感じでした♪(^^)

1857年(安政4年)から早々に1861年(文久元年)になり、男の子達と相撲をして、許婚の白岡新次郎(玉木宏)に会いました。

ヒロイン・あさのモデルの広岡浅子さんは、1849年10月18日生まれなので、

冒頭の1901年の入学式時は51~52歳位で、

子役に戻った1857年は7~8歳位で、木に登って凧を背負って落ちただけで、

すぐ1861年(文久元年)になり、11~12歳位でしょう。男の子達と相撲をして、許婚の新次郎と苦い出会いでした(汗)

何歳でお嫁に行くのやら?(^^;)

あさ、丁度、そろばんを裏返して車のように走らせたり、楽器のように振って音を出して、「う~さぎうさぎ~」などと歌っていたら、許婚の新次郎が来て、見られてしまいました(汗)

あさの父の忠興(升毅)は驚いてあさを叱って、お尻を叩きました。

新次郎「あさちゃん、おいど(尻)はご無事だすか?」

そう言ったので、あさは嫌な人だと嫌いになりました(^^;)

「この2人、果たして、どうなるのでしょうか?」と、最後にナレーションで言いましたが、

冒頭のあさ、白岡という苗字だったので、予定通り、新次郎と結婚したのでしょう♪(^^)

結果的には、たまたま、新次郎、あさにはお似合いで、イケメンな人だったからいいですね♪(^^)

舅となる正吉(近藤正臣)も優しそうだし♪(^^)

 

あさの家・今井家は京都随一の両替屋(後の銀行)で、家のため、生まれた時から、姉のはつ(守殿愛生)は、大阪一の老舗の両替屋・山王寺屋へ、あさは大阪の大きな両替屋の加野屋へ嫁ぐ事が決まっていました(汗)

姉・はつの相手の眉山惣兵衛(柄本佑)、9/22(火)の番宣で見ましたが、酷い人でした(汗)

はつ、あんなに、よくできた人なのに、怖そうな姑の菊(萬田久子)に蔵みたいな所に閉じ込められていました(汗)

でも、それはちょっと先の話でしょう(^^;)

 

このドラマは、あさがヒロインですが、姉のはつも中心になっていきそうです。

はつは大人になると、宮崎あおいさんです♪

「花子とアン」の仲間由紀恵さんみたいな感じで、サブヒロインかな?(^^)

性格の相反する姉妹が、これから先、どう歴史の渦に飲まれていくのか・・・

明るい未来を冒頭で提示されたあさとは対照的に、宮崎あおいさん、悲劇が似合いそうな気がします♪

はつ、原案本では悲劇的なようですが、このドラマでは、はつにもその後の明るい未来があるようです♪(公式HPより)

尚、冒頭に出てきた、あさが日本で最初に創設した日の出女子大学校のモデルは、日本女子大学です。

このドラマは広岡浅子さんの生涯を描いた古川智映子さんの『小説 土佐堀川』を原案としたフィクションで、かなり現実とは替えているようです。

モデルの広岡浅子さんは四女として生まれましたが、次女になっています。

でも、この程度の変更は、朝ドラではよくある事ですが(^^;)

浅子さんの父は、小石川三井家六代当主・三井高益氏で、三井財閥の一族なので、かなりのお嬢様でしょう(^^;)

あさの子役の鈴木梨央ちゃん、「八重の桜」でもヒロイン・八重の幼少期を演じましたが、両方でヒロインの子役を演じたのは彼女が初めてだそうです♪

さすがに、慣れてて、うまいですね♪(^^)

 

あさは幕末から明治・大正という激動期の日本で、炭鉱を手掛け、銀行や生命保険会社を作りあげました。そして、日本初の女子大学設立のために生涯を尽くした素晴らしい女性ですと、簡単にヒロインを紹介。

でも、幼少期は、お転婆娘で両親を困らせていたという事で、分かり易い展開でした。

最初、大人のヒロインから始まって、幼少期に戻るという展開はよくありますが、まさか初回で許嫁まで出てくるとは、、びっくりぽんでした♪

夫になる新次郎(玉木宏)と、その父の正吉(近藤正臣)が登場♪

主要人物の紹介、テキパキ終わったし、姉妹の性格の違い、お付きの女性(友近)もいて裕福だという事も分かり、生まれた時からあさもはつも許婚が決まっていて、あさはその人と結婚したくないという状況説明など、濃密でありながら、展開も早く、清々しくて、いい感じでした♪(^^)

初回の掴みはOKです♪(^^)

 

私も子供の頃、「どうして?」とよく聞きましたが、「何でどす?」流行るでしょうか?

あと、今回、1回しか出てきませんでしたが、「びっくりぽん」も流行らせたいようです(^^)

私は「何でどす?」が流行りそうな気がします♪(^^)

尚、初回視聴率は、多分、明日、分かると思うので、明日、書きます♪

 

【原案】 古川智映子「小説 土佐堀川」(潮出版社)

【原作・脚本】大森美香(風のハルカ、桜ほうさら、妻たちの新幹線など)

【主題歌】 365日の紙飛行機/AKB48

 

<主要人物表>

今井あさ - 波瑠(少女時代:鈴木梨央)主人公
今井はつ - 宮崎あおい(少女時代:守殿愛生)(あさの姉)
今井忠興(ただおき) - 升毅(あさの父)
今井梨江(りえ) - 寺島しのぶ(あさの母)
今井忠政(ただまさ) - 林与一(あさの祖父)
今井久太郎 - 興津正太郎(少年時代:二宮輝生)(あさの弟)
白岡新次郎 - 玉木宏(あさの許婚。正吉の次男)
白岡正吉 - 近藤正臣(新次郎の父。両替屋「加野屋」当主)
白岡よの - 風吹ジュン(新次郎の母)
白岡正太郎 - 木内義一(新次郎の兄)
白岡榮三郎 - 桐山照史(少年時代:吉田八起)(新次郎の弟)
眉山惣兵衛 - 柄本佑(はつの許婚。栄達の長男)
眉山栄達 - 辰巳琢郎(惣兵衛の父。両替屋「山王寺屋」当主。番頭あがりの婿養子)
眉山菊 - 萬田久子(惣兵衛の母。「山王寺屋」女将)
雁助(がんすけ) - 山内圭哉(加野屋の大番頭)
亀助(きすけ) - 三宅弘城(加野屋の中番頭)
美和 - 野々すみ花(新次郎の三味線の師匠。浮気?)←大河に喧嘩売ってる?(^^;)
ふゆ - 清原果耶(今井家・女中)
うめ - 友近(今井家・女中)
五代友厚 - ディーン・フジオカ(薩摩藩士)
玉利友信 - 笑福亭鶴瓶
ナレーション - 杉浦圭子アナウンサー

 

公式HP・登場人物一覧表

公式HP・「あさが来た」誕生秘話

公式HP・あさノート

 

「あさが来た」ドラマ説明&第1週日別あらすじ「小さな許嫁(いいなずけ)」

 

モデルの広岡浅子さんってどんな人?(Wiki「広岡浅子」)


【送料無料】連続テレビ小説 あさが来た(Part.1)


【送料無料】土佐堀川 [ 古川智映子 ]


【送料無料】あさが来た(上)ノベライズ [古川智映子]

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できればクリック、お願いします♪(^^)

« 『まれ』期間平均大台割れ&関東と関西の最終回視聴率 | トップページ | 【あさが来た】第2回(9/29)感想と初回視聴率&福山雅治さん結婚 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/62371737

この記事へのトラックバック一覧です: 【あさが来た】初回(第1回)感想「何でどす?」&主要人物表:

» 【あさが来た】初回(第1回)感想「何でどす?... [ショコラの日記帳]
初回、面白かったです♪(^^)「何でどす?」、流行るでしょうか?(^^)朝ドラ史上、最も古い時代で、幕末から始まる初のちょんまげ朝ドラです(^^)と言っても、ヒロイン顔... [続きを読む]

» あさが来た - 2015年後期朝ドラ [新ドラマQ]
あさが来た 平成27年度後期 連続テレビ小説 NHK総合 2015年9月28日~2016年4月2日 全156回予定 [キャスト] 波瑠 玉木宏 寺島しのぶ 風吹ジュン 近藤正臣 宮﨑あおい ほか [スタッフ] 原案:古川智映子 「小説 土佐堀川」 脚本:大森美香 演出:西谷真一 新田真三 佐々木善春 音楽...... [続きを読む]

» あさが来た 第1回 [レベル999のgoo部屋]
『小さな許嫁』 内容 明治34年、東京の日の出女子大学校では、 多くの女性を前に、白岡あさ(波瑠)が、挨拶をしていた。。。。 安政四年。 京の豪商の家の次女として生まれた今井あさ(鈴木梨央)は、 母・梨江(寺島しのぶ)を驚かせ、父・忠興(升毅)が怒らせる...... [続きを読む]

» NHK朝ドラ【あさが来た】 第1回 感想  [ドラマ@見取り八段・実0段]
幕末の京都。今井家の次女あさ(鈴木梨央)は、相撲が大好きなおてんばな女の子。琴や裁縫が上手な姉のはつ(守殿愛生)とは正反対。今日も木に登ったり、ヘビを振り回して男の子たちを追いかけるあさは、厳しい父親の忠興(升毅)に叱られる毎日。あさの口癖は「なんでどす?」。そんな姉妹には、生まれた時から結婚を約束された許婚(いいなずけ)がいた。ある日、あさは許婚の新次郎(玉木宏)と恥ずかしい出会い方をして...... [続きを読む]

» あさが来た (第1回・9/28) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第1週『小さな許嫁(いいなずけ)』『第1回』の感想。 なお、原案小説:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 幕末の京都。今井家の次女あさ(鈴木梨央)は、相撲が大好きなおてんばな女の子。琴や裁縫が上手な姉のはつ(守殿愛生)とは正反対。今日も木に登ったり、ヘビを振り回して男の子たちを追いかけるあさは、...... [続きを読む]

» 「あさが来た」第1回★鈴木梨央劇場 [世事熟視〜コソダチP]
連続テレビ小説「あさが来た」 第1回(9月28日) 幕末の京都。今井家の次女あさ(鈴木梨央)は、相撲が大好きなおてんばな女の子。琴や裁縫が上手な姉のはつ(守殿愛生)とは正反対。今日も木に登ったり、ヘビを振り回して男の子たちを追いかけるあさは、厳しい父親の忠興(升毅)に叱られる毎日。あさの口癖は「なんでどす?」。そんな姉妹には、生まれた時から結婚を約束された許婚(いいなずけ)がいた。ある日、あさは許婚の新次郎(玉木宏)と恥ずかしい出会い方をしてしまう<今から110年以上前のここは東京です> ... [続きを読む]

» 何でどす>『あさが来た』第1話 [もう…何がなんだか日記]
さあ、今日から新しい半年がスタート私的に最低作っだった某『まれ』が終了しようやく闇が終わり光が差したという意味で『あさが来た』という、まんまなタイトルが沁みる(笑)脚本... [続きを読む]

» 何でどす>『あさが来た』第1話 [何がなんだか…ひじゅに館]
さあ、今日から新しい半年がスタート 私的に最低作っだった某『まれ』が終了し ようやく闇が終わり光が差したという意味で 『あさが来た』という、まんまなタイトルが沁みる(笑) 脚本の大森美香さんは 『風のハルカ』を手掛けた方 あれは私の中では良作の範疇 思えばその前作『ファイト』最終回直後に 父親役@渡辺いっけい氏による 「次回から『ファイト2』!」 ...... [続きを読む]

« 『まれ』期間平均大台割れ&関東と関西の最終回視聴率 | トップページ | 【あさが来た】第2回(9/29)感想と初回視聴率&福山雅治さん結婚 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31