無料ブログはココログ

« ネタバレ【あさが来た】第4週日別あらすじ(10/19~10/24) | トップページ | 秋ドラマ視聴率一覧(2)と感想(2015年10~12月期) »

2015年10月19日 (月)

【花燃ゆ】第42回感想と視聴率&クランクアップ

「世界に賭ける糸~名もなき者らが日本を変えていく希望の伊吹!」

第42回の視聴率は、前回の12.0%より上がって、13.0%(関東)でした。

ここ1ヶ月位(第39回~)、視聴率、少し上がりましたが、朝ドラ「あさが来た」と「花燃ゆ」、同じ時代で、比較して見ている人がいるからかも?(^^)

私は、「あさが来た」の方が面白いし、大河っぽい気がしますが(^^;)

高杉の死の明治編開始の第36回から小松江里子さんがずっと脚本担当なので、繋がりはよくなりました♪

ところで、「花燃ゆ」、10/14(水)、クランクアップしたそうです。

ドラマ放送は全50回、最終回は12/13(日)の予定で、残り8回です。

もうすぐ終わりですね(汗)

今回から群馬編でした。

 

敏三郎が死んでしまいました(涙)

丁度、美和が着くのを待ってたかのようでしたね(^^;)

それにしても、今回もまた「世話あない」が何度も出てきました(^^;)

最初の頃からずっと使ってますが、イマイチ、流行らないですね(^^;)

私もちょっと苦手かも?(^^;)

「びっくりぽん」の方が流行語になりそうな気がします♪

 

楫取(大沢たかお)は、群馬県令として着任。

県令は今の県知事ですが、当時の一般の人には、藩主同様と思われたようです。

寿は病気ですが、一緒に行くといい、美和に一緒に来て手伝ってほしいと言い、3人で群馬に来ました。

とはいうものの、美和と楫取が仲が良さそうで、一緒に笑いあっているのを、寿、盗み見たりして、ちょっと心配そうでした(^^;)

美和と楫取、肉体関係はないですが、もうかなり前から心は通じ合っている感じですね(^^;)

三角関係ぽい感じです(^^;)

 

群馬の県庁は勧業課長の阿久沢権蔵(江守徹)が牛耳っていて、皆、彼が県令になると思っていたとの事で、楫取への風当たり、厳しいです(汗)

阿久沢の妻・せい(三田佳子)、登場の仕方からカッコ良かったです♪

三田さん、74歳ですが、お若いですね♪(^^)

10/16(金)、「スタパ」に出演されたのを見ましたが、2ヶ月位、長期の休みを取ってあって、旅行でも行くつもりだったのに、NHKの人にぜひ出演してほしいと強く頼まれたとの事。

そして、主役の井上真央さんからも直々に頼まれたので出たと仰っておられました♪

三田さんも江守徹さんも嵌まり役だと思います♪

たぬきの置物、確かに、江守さんに似てました(笑)

世界遺産になった富岡製糸場、今回はここが一番の舞台でした♪

明治政府は、殖産興業を推し進めるため、明治5年(1872年)、群馬に要となる富岡製糸所を作りました。

そのため大事な群馬県令を有能な楫取に任せたのですが、上州人には長州人という事も気に入らないようでした(^^;)

田舎は、どこでも、こういう差別はありますね(^^;)

星野長太郎(大東駿介)、民間で初めて器械製糸場を作った人で、不公平な生糸の輸出を変えようと、アメリカに会社を作って、日本から直接、生糸を輸出しようと考えていました。

県庁の人達は今まで取り合いませんでしたが、楫取は一緒に富岡製糸場を見学し、彼の熱心さを感じ、援助したいと思いました。

でも、皆が反対するので、まず皆から信頼されている阿久沢に直談判に行き、味方になって貰いました♪

まさか、ここに美和を絡めて、美和のお陰にするとは(汗)

決め手は、せいの後押しのお陰で、良かったです♪(^^)

とにかく、阿久沢が味方になってくれたので、無事、星野の弟の新井領一郎(細田善彦)を米国に留学させる事ができました♪

新井は、アメリカを自分の目で見てみたいなどと吉田松陰と似たような事を言っていたので、寿と美和は懐かしく思いました。

松陰の形見の短剣、敏三郎が持っていたのですが、亡くなってしまったので、美和が預かり、寿が貰いました。

それを新井に渡し、兄の形見のこの刀にもアメリカを見せてあげてほしいと♪

護身用にもなっていいですね(^^)

彼らは実在の人で、本当に寿が松陰の形見の短剣を彼に渡したそうです♪

彼らが夢を叶えて、日本のために製糸業界の販路を開いてくれそうです♪

今回は、富岡製糸場の説明が興味深かったです(^^)

寿、病気、治ってほしいですが、彼女の死後、美和が楫取と結婚すると分かっているので、複雑です(^^;)

それにしても、やはり妻の座はいいですね(^^)

せいを始め、群馬の人達が、寿に対する態度と、妹の美和に対する態度、全然、違ったのがツボでした(苦笑)

次回は、「萩の乱に誓う」。

前原(佐藤隆太)が新政府への不満を持つ士族を集めて「萩の乱」を起こし、斬首されそうです。。。

そして、おいの小太郎も加わって死に、叔父・玉木文之進(奥田瑛二)は切腹を・・・

また、沢山、死にそうです(^^;)

 

【第42回あらすじ】 (Yahooテレビより)

群馬の地にやってきた美和(井上真央)たち。しかし県庁は勧業課長の阿久沢権蔵(江守徹)が牛耳っており、県令として着任した楫取(大沢たかお)は、その手腕を発揮できずにいた。美和は病気がちな姉・寿(優香)に代わって楫取の助けになろうと懸命になるが、土地の人々からはよそ者扱いされ、阿久沢の妻・せい(三田佳子)も一筋縄ではいかない相手だった。そんな折、美和のもとに、萩から弟の敏三郎(森永悠希)が危篤との知らせが入り…。

-

【レビューリンクと視聴率推移】 (視聴率は関東地区)(カッコ内は脚本家名)

第1回]16.7%(大島)  [第2回]13.4%(大島)   [第3回]15.8%(大島) 

第4回]14.4%(宮村)  [第5回]12.8%(宮村)   [第6回]13.3%(宮村)

第7回]11.6%(宮村)  [第8回]13.0%(大島)   [第9回]12.9%(大島)

第10回]12.7%(宮村)  [第11回]14.0%(宮村)  [第12回]13.2%(大島)

第13回]11.7%(宮村)  [第14回]11.2%(大島)  [第15回]9.8%(大島)

第16回]10.7%(宮村)  [第17回]12.6%(宮村)  [第18回]10.2%(金子)

第19回]11.1%(大島)  [第20回]9.4%(宮村)   [第21回]10.8%(金子)

[第22回]11.0%(大島)  [第23回]10.4%(大島)  [第24回]10.7%(大島)

第25回]11.0%(大島)  [第26回]9.9%(大島)    [第27回]10.3%(大島)

[第28回]12.4%(宮村)  [第29回]12.0%(宮村)  [第30回]11.5%(宮村)

第31回]10.5%(金子)  [第32回]12.2%(宮村)  [第33回]12.6%(宮村)

第34回]9.6%(金子)   [第35回]12.2%(金子)  [第36回]9.3%(小松)(9/6明治編)

[第37回]11.8%(小松)  [第38回]10.7%(小松) [第39回]12.9%(小松)(9/27朝ドラ開始)

[第40回]13.8%(小松)  [第41回]12.0%(小松) [第42回]13.0%(小松)(群馬編)

(第15回は統一地方選開票速報のため、7:15~8:00に前倒し)

(脚本:大島里美, 宮村優子, 金子ありさ,小松江里子)

-

公式HP・次回あらすじ

-

結婚に影響も? 井上真央が避けたい「最低視聴率女優」の烙印(クランクアップ)

高杉晋作の遺言とは? 4人目の脚本家・小松江里子氏登板(Yahooニュース)

-

再来年NHK大河「おんな城主 直虎」主演は柴咲コウさん(15.8.25)

 


【送料無料】花燃ゆ(完結編)NHK大河ドラマ・ストーリー [小松江里子]


【送料無料】花燃ゆ 完全版 第弐集 DVD-BOX [井上真央]


【送料無料】花燃ゆ 完全版 第壱集 [井上真央] DVD-BOX

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

できればクリック、お願いします♪

« ネタバレ【あさが来た】第4週日別あらすじ(10/19~10/24) | トップページ | 秋ドラマ視聴率一覧(2)と感想(2015年10~12月期) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/62510168

この記事へのトラックバック一覧です: 【花燃ゆ】第42回感想と視聴率&クランクアップ:

» 【花燃ゆ】第42回感想と視聴率&クランクア... [ショコラの日記帳]
「世界に賭ける糸~名もなき者らが日本を変えていく希望の伊吹!」第42回の視聴率は、前回の12.0%より上がって、13.0%(関東)でした。ここ1ヶ月位、視聴率、上がってきましたが、朝ド... [続きを読む]

» 人民ノ凶害ヲ予防シ安寧ヲ保全スルニアリ・・・明治八年行政警察規則布告(優香) [キッドのブログinココログ]
神奈川県令だった陸奥宗光は「地租改正」を提唱し、地租改正局長に転身する。 地租改正は新政府の財源確保のために絞れるところから絞る重税策だった。 幕藩体制ですでに搾取の構造が成立しており、新政府はこれを改良して利用するしかなかった。 土地所有を人民に認めるという開放政策でありながら、搾取階級である地主... [続きを読む]

» 花燃ゆ #42「世界に賭ける糸」 [昼寝の時間]
公式サイト 群馬の地にやってきた美和(井上真央)たち。しかし県庁は勧業課長の阿久 [続きを読む]

» 花燃ゆ 第四十二回 [レベル999のgoo部屋]
『世界に賭ける糸』 「世界に賭ける糸〜名もなき者らが日本を変えていく希望の息吹!」 内容 群馬の県令として赴任してきた素彦(大沢たかお) 妻・寿(優香)だけでなく、美和(井上真央)もまた群馬へ。 早速、せい(三田佳子)らに圧倒される美和たち。 一方で、素...... [続きを読む]

» 花燃ゆ 第42回「世界に賭ける糸」〜地方創生と志ある、新しい日本人をアメリカに送り出した美和 [平成エンタメ研究所]
 富国強兵の時代である。  富国という点では、富岡製紙工場は官営、上からの、国策の産業振興。  一方、下からの民間から出て来るものもある。  星野長太郎(大東駿介)の水沼製糸所がそうだ。  資本主義の萌芽ですね。  一方、リスクを嫌う行政官僚は、星野のよう...... [続きを読む]

» 【花燃ゆ】第42回 「世界に賭ける糸」感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
群馬の地にやってきた美和(井上真央)たち。しかし県庁は勧業課長の阿久沢が牛耳っており、県令として着任した楫取(大沢たかお)は、その手腕を発揮できずにいた。美和は病気がちな姉・寿(優香)に代わって楫取の助けになろうと懸命になるが、土地の人々からはよそ者扱いされ、阿久沢の妻・せい(三田佳子)も一筋縄ではいかない相手だった。そんな折、美和のもとに、萩から弟の敏三郎(森永悠希)が危篤との知らせが...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹42素彦と美和は群馬の実力者を説き伏せ群馬改革への一歩を歩み出した [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「花燃ゆ」第42話は群馬に赴任して早々素彦らはよそ者の洗礼を受ける。県令就任早々この土地の難しさを痛感した素彦だったが、美和も同様の仕打ちを受けていた。そん ... [続きを読む]

« ネタバレ【あさが来た】第4週日別あらすじ(10/19~10/24) | トップページ | 秋ドラマ視聴率一覧(2)と感想(2015年10~12月期) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31