無料ブログはココログ

« ネタバレ【あさが来た】第12週日別あらすじ(12/14~12/19) | トップページ | 秋ドラマ視聴率一覧(13)と感想&最終回日程(15年10~12月期) »

2015年12月14日 (月)

【花燃ゆ】最終回(第50回)感想と総評&視聴率「いざ、鹿鳴館へ」

「いざ、鹿鳴館へ!ドレスで光の世界へ乗り出し未来王手かける」

最終回の視聴率は、関東、前回より下がって12.4%↓ 関西12.8%でした。

裏の「フィギュアスケートグランプリファイナル世界一決定戦」(19:25~22:10)が20.7%(関東)だったので、それに食われてしまったのでしょう(汗)

全話平均は、関東12.0%、関西13.0%。

関東では、2012年「平清盛」12.0%と並ぶ大河ドラマ史上歴代ワーストタイとなってしまいました(汗)

尚、総集編を年末やります。

12/26(土)PM1:05~5:40(中断ニュースあり)(NHK総合)「花燃ゆ」総集編

いつも再放送をやる時間帯なので、分かりやすいですね(^^)

 

最終回、思ったより鹿鳴館は短めで、その後の展開が早く、プロットドラマのようでした(汗)

鹿鳴館に一度行っただけで、美和のお陰か伊藤博文たちのお陰か、前橋まで簡単に鉄道は引かれました。

鹿鳴館では美和のお陰で、皆が寄付してくれそうでしたが、語りでは、明治政府の後ろ盾で引かれたと言ったので、どちらのお陰かよく分かりません(汗)

とにかく、美和を引き立てるだけの鹿鳴館エピだったので、省略します(^^;)

政府要人を迎えるため、群馬迎賓館も作りました。

そして、群馬県の就学率が全国で1位になりました♪

楫取はもう自分のすべき事はここにはないと思い、群馬の県令を辞任しました。

美和の考えを聞いて。 美和に決断を仰ぐとは(^^;)

美和は群馬を去る事を決断。

美和は「学びの場」の花の種を楫取に見せて言いました。

美和「どうか1粒の籾として、次の春の種となれますように。

 次は、どげな場所に植えるんか、楽しみです」

楫取「美和・・・」

美和「よう考えました。そして決めました。

 旦那様と一緒に、この種を新しい場所に植えたいと」

楫取「美和・・・」

美和「世話あない」

 

「世話あない」という言葉、よく出てきましたが、私は苦手で一度も使った事ないです(汗)

「どうか1粒の籾として、次の春の種となれますよう」というのは、松陰の最期の言葉ですね。

今回はその言葉が何度も出てきて、テーマとなっていたようでした(^^)

 

美和「ここは皆がちゃ~んとやってくれます。未来を託せる人ばかりです」

楫取「寅次郎や久坂、高杉…1つの命も無駄にせぬよう、仲間に託された思いを私は生かしてきた。

 じゃから、これからも信じて託し、その思いを繋げていかなければならん。

 私はそう思うとる」

美和「はい。どこまでもついて行きます」

 

松陰や久坂、高杉達が種を蒔いてくれた思いを、次の人達へ繋いでいく。

松下村塾を中心に教育一家だったという事に帰着して、うまくまとまったと思います(^^)

主人公が最終回に死なないのは珍しいかもしれませんが、こういう終わり方もいいと思います♪

 

群馬の皆ができたばかりの迎賓館で2人の送別会をやってくれました。

美和も前に座らせて、「あさが来た」の襲名披露の時のようでした♪

楫取の辞任を皆、嘆いたようですが、少ししか写さず、省略(汗)

せいを始め、女達が美和も一緒にいなくなってしまうのを嘆く方が多くて、さすがヒロイン(^^;)

せいの「馬車で来て、汽車で帰るんだね」という言葉が印象的でした♪

とりあえず、2人は汽車で萩に戻ったようです。途中から馬車でしょうけど。

あさの加野炭鉱の石炭、使っているかな?(^^)

 

汽車の中で、楫取は美和に箱に入れた3本の巻物を見せました。

美和が持っていた久坂の手紙21通を、楫取は綺麗に3本の巻物にして、涙袖帖(るいしゅうちょう)と名付けて保存してくれました。

楫取、寛大で優しいですね(^^)

それにしても汽車の中で見せるとは(^^;)

ススがつくと困るので、家で荷作りしていた時に見せて欲しかったです(^^;)

涙袖帖、実在しますが、3巻のうち2巻は、戦時中(太平洋戦争中)に焼失してしまったそうで、1巻のみ(6通)現存しているそうです(楫取能彦氏所蔵)

ここで、久坂の回想や松下村塾、松陰の回想が出てきましたが、これは予想通り(^^)

もう少し松陰が出てきても良かったかも?

前半、引っ張ってくれた大事なキャラなので♪(^^)

 

汽車の中で、種を見て、

楫取「新しい場所で実がなり、次の種となる」

美和「また、ここから繋がって行くんですね」

 

萩では2人を迎えるために、嬉しそうにいろいろと準備。

母の滝さんも元気そうで良かったです♪ 風呂の準備をしてくれました。

 

最後に、美和が蒔いた種から双葉が出てきたのを確認しましたが、これは萩でしょうか?

山口県防府市に移り住んで幼稚園を作ったとの事なので、そこの方がいいと思うのですが…(^^;)

美和「どうか一粒の籾として、次の春の種となれますよう」

美和が一人で歩いて行って、その背中に、「完」

楫取と2人の方が良かったのでは?(^^;)

人生は2人で歩いて行くのに、ヒロインを目立たせたくて美和一人にしたという気がしました(^^;)

 

その後、2人が山口県防府市に移り住んで幼稚園を作ったというのは、紀行での紹介だけでした(^^;)

なんだか急に、楫取が弱々しくなり、妻となった美和の逞しさ、ヒロインのお陰が目立った回でした(^^;)

 

松陰の最期の言葉「どうか一粒の籾として、次の春の種となれますよう」が変形して何度も出てきましたが、松陰自身がそう言ったところも回想で映してほしかったです。

最初から見てない人は、まるで、美和の言葉のように誤解したかも?(^^;)

前半の描き方では、松陰、テロリストのリーダーという感じで、塾生達、大義のためには暗殺も放火も何でもやる怖い集団でした(汗)

明治編になって、松下村塾から始まった身分関係なしの教育を繋げていくために頑張るという形にしたのは良かったかもしれません。

このドラマ、脚本家が、大島里美さん, 宮村優子さん, 金子ありささん,小松江里子さんと、4人もいました(汗)

途中、テロリストか、偉人紹介か、ホームドラマか迷ったのか迷走してしまい、3人の脚本家の繋げがうまくいかず、ぶつ切りの話の時も多かったです(汗)

その頃から脚本家の名前も一覧に載せるようにしました(^^;)

テーマ性が揺らいだ時期があったのかもしれません(汗)

でも、第36回(9/6)の明治編から小松さんが一人で書くようになり、繋がり感が出てきました♪

このバトンタチッチされた回は、9.3%と最低視聴率になってしまいましたが、9月末から「あさが来た」も始まり、同時代なので、比べて見る視聴者も出てきたのか、その頃から視聴率が少し上がりました♪

ホームドラマ大河より、ホームドラマの筈の「あさが来た」の方が大河らしく感じた時もありました(^^;)

私は「花燃ゆ」より、「あさが来た」の方が好きです♪(^^;)

これ、ようやく終わってくれて、ほっとしました(^^;)

 

来年は「真田丸」。脚本は三谷幸喜さん。主役は真田信繁(幸村)で堺雅人さんが演じます。

1/10(日)からと、少し遅いですね。

三谷さんの作品は好きな物が多いので、期待しています♪(^^)

 

【最終回(第50回)あらすじ】 (Yahooテレビより)

美和(井上真央)と楫取(大沢たかお)は、毛利元徳(三浦貴大)、安子(田中麗奈)夫妻の計らいで鹿鳴館にやって来た。明治政府の伊藤博文(劇団ひとり)らが中心となって文明国としての威信を国内外に示そうと造られた鹿鳴館では、舞踏会が毎夜開かれていた。夫婦となって初めて臨む社交の場で二人はダンスを踊る。そして楫取は群馬の鉄道開通の実現に向けて実業家らと交渉、美和は女性が学ぶことの必要性を貴族の婦人たちに訴える。半信半疑の女性たちの中で、後に津田塾大学を創設し、女性教育の先駆者となる津田梅子(知花くらら)が美和の話に関心を持ち…。そして群馬で美和と楫取のこれまでの取り組みがさまざまな形で実を結びつつある中、二人は大きな決断をする!

-

【レビューリンクと視聴率推移】 (視聴率は関東地区)(カッコ内は脚本家名)

第1回]16.7%(大島)  [第2回]13.4%(大島)   [第3回]15.8%(大島) 

第4回]14.4%(宮村)  [第5回]12.8%(宮村)   [第6回]13.3%(宮村)

第7回]11.6%(宮村)  [第8回]13.0%(大島)   [第9回]12.9%(大島)

第10回]12.7%(宮村)  [第11回]14.0%(宮村)  [第12回]13.2%(大島)

第13回]11.7%(宮村)  [第14回]11.2%(大島)  [第15回]9.8%(大島)

第16回]10.7%(宮村)  [第17回]12.6%(宮村)  [第18回]10.2%(金子)

第19回]11.1%(大島)  [第20回]9.4%(宮村)   [第21回]10.8%(金子)

[第22回]11.0%(大島)  [第23回]10.4%(大島)  [第24回]10.7%(大島)

第25回]11.0%(大島)  [第26回]9.9%(大島)    [第27回]10.3%(大島)

[第28回]12.4%(宮村)  [第29回]12.0%(宮村)  [第30回]11.5%(宮村)

第31回]10.5%(金子)  [第32回]12.2%(宮村)  [第33回]12.6%(宮村)

第34回]9.6%(金子)   [第35回]12.2%(金子)  [第36回]9.3%(小松)(9/6明治編)

[第37回]11.8%(小松)  [第38回]10.7%(小松) [第39回]12.9%(小松)(翌日「あさが来た」開始)

[第40回]13.8%(小松)  [第41回]12.0%(小松) [第42回]13.0%(小松)(群馬編)

[第43回]12.6%(小松)  [第44回]11.2%(小松) [第45回]11.7%(小松)

第46回]11.9%(小松)  [第47回]11.1%(小松) [第48回]13.2%(小松)

第49回]13.4%(小松)  [最終回(第50回)]12.4%(小松)

[全話平均]12.0%

(第15回は統一地方選開票速報のため、7:15~8:00に前倒し)

(脚本:大島里美, 宮村優子, 金子ありさ,小松江里子)

-

公式HP・最終回(第50回)あらすじ

-

第27回感想と視聴率&16年大河『真田丸』主要キャスト(15.7.11)

16年大河、真田幸村主役の「真田丸」、脚本:三谷幸喜氏(15.5.12)

再来年NHK大河「おんな城主 直虎」主演は柴咲コウさん(15.8.25)

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

できればクリック、お願いします♪(^^)

« ネタバレ【あさが来た】第12週日別あらすじ(12/14~12/19) | トップページ | 秋ドラマ視聴率一覧(13)と感想&最終回日程(15年10~12月期) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/62869683

この記事へのトラックバック一覧です: 【花燃ゆ】最終回(第50回)感想と総評&視聴率「いざ、鹿鳴館へ」:

» 【花燃ゆ】最終回(第50回)感想と総評&視聴率... [ショコラの日記帳]
「いざ、鹿鳴館へ」最終回の視聴率は、関東、前回より下がって12.4% 関西12.8%でした。裏の「フィギュアスケートグランプリファイナル世界一決定戦」(19:25~22:10)が20.7%(関東)... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ「花燃ゆ」第50回の最終回「いざ、鹿鳴館へ」 [真田のよもやま話]
いろんなことがありましたこの一年。往年の江、天地人の時と並んじゃう位に破天荒だったような気がいたします・・。これから歴史の表舞台のまっこう主人公様の脇の方を取り上げていくのなら、ご本人が関わってなさそうな出来事にまで強引にコミットしない方がよろしいかも・・みたいな~。にしてもしかし、美和様役の井上ちゃん様を始め、出演陣の皆様は実に良かった!って言うか、この人たちでなかったらどうなっていたことかと、はいい~~。... [続きを読む]

» 降る雪や明治は遠くなりにけり・・・昭和六年三月事件未遂(井上真央) [キッドのブログinココログ]
楫取美和子は天保十四年(1843年)に生まれ大正十年(1921年)に死去する。 八十年に足らない人生で天保、弘化、嘉永、安政、万延、文久、元治、慶応、明治、大正と十の元号の時代を生きたのだった。 吉田松陰の妹・杉文は・・・久坂玄瑞の妻・久坂文となり、未亡人となって久坂美和を名乗り、姉の夫の後妻となっ... [続きを読む]

» 花燃ゆ  最終回「いざ、鹿鳴館へ」 ~エピローグ~ [坂の上のサインボード]
 日本初の鉄道が開通したのは明治5年(1872年)10月14日、新橋~横浜間でしたが、その後、明治10年(1877年)の西南戦争によって膨大な戦費がかさみ、政府による鉄道敷設は進んでいませんでした。そのため、明治14年(1881年)に岩倉具視らが中心となって民間鉄道会社『日本鉄道株式会社』が設立されます。日本初の私鉄の誕生です。  当初の計画では、大宮~高崎間での営業路線として発表され、前橋への延長計画はなかったそうです。ここで立ち上がったのが群馬県令の楫取素彦。県庁所在地である前橋まで路線を... [続きを読む]

» 花燃ゆ 最終回〜すべては美和さんのおかげ、県令様のおかげ(笑) [平成エンタメ研究所]
 最終回は、主人公は素晴らしい! という話でしたね。  美和(井上真央)のおかげで、群馬の女たちは学ぶようになり、自分で考える力や生きる力を持ち、単に生活のためでなく、誇りをもって働けるようになった。  鹿鳴館の婦人たちも美和の話を聞いて、わずか数分で「...... [続きを読む]

» 花燃ゆ #50 最終回「いざ、鹿鳴館へ」 [昼寝の時間]
公式サイト 鹿鳴館の舞踏会にやってきた美和(井上真央)と楫取(大沢たかお)。夫婦 [続きを読む]

» 花燃ゆ 第五十回(最終回) [レベル999のgoo部屋]
『いざ、鹿鳴館へ』「いざ、鹿鳴館へ!ドレスで光の世界へ乗り出し未来王手かける」 内容ついに夫婦となった美和(井上真央)と素彦(大沢たかお)ふたりは、元徳(三浦貴大)安子(田中麗奈)の計らいで、鹿鳴館にやって来た。そこで伊藤(劇団ひとり)ら、懐かしい人た...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹として生きた美和は群馬での役割を終えて残りの人生を素彦と共に生き抜いた [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「花燃ゆ」最終話は素彦と美和は鹿鳴館を訪れて群馬に鉄道を建設してほしいと働きかける。素彦と美和のロビー活動のおかげで群馬に鉄道が敷かれる事が決まり、迎賓館も ... [続きを読む]

» 花燃ゆ 第50(最終)回「いざ、鹿鳴館へ」 [みはいる・BのB]
大河ドラマ『花燃ゆ』のお時間です。 第50回(最終回)「いざ、鹿鳴館へ」 あらすじ・・・ [続きを読む]

« ネタバレ【あさが来た】第12週日別あらすじ(12/14~12/19) | トップページ | 秋ドラマ視聴率一覧(13)と感想&最終回日程(15年10~12月期) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30