無料ブログはココログ

« ネタバレ【あさが来た】第15週日別あらすじ(1/11~1/16) | トップページ | デビッド・ボウイ氏、がんで死去 »

2016年1月11日 (月)

【真田丸】初回(第1回)感想と視聴率好発進♪「船出」

初回(第1話)視聴率は、19.9%(関東地区)でした。

惜しくも20%の大台に届きませんでしたが、「花燃ゆ」の最終回が12.4%だったので、そこからよくここまで上げました♪(^^)

昨年の「花燃ゆ」初回16.7%、一昨年の「軍師官兵衛」初回18.9%を上回りました♪(^^)

人気の真田幸村が主役だからという事もあるかもしれませんが、「ブラタモリ」「鶴瓶の家族に乾杯」など、いろいろな番組とコラボして、派手に宣伝したのも貢献したかもしれません。

2013年の「八重の桜」は初回21.4%でしたが、その後、段々下がってしまい、平均14.6%でした。

「真田丸」は初回、評判が良かったので、私は今後、そんなに下がらないのではないかと思います(^^)

次回の視聴率も注目しています(^^)

                                                     *  *  *

有働さん、紅白の総合司会の次、大河の語りとは、NHKの看板アナウンサーみたいですね(^^)

これから「あさイチ」で、朝ドラだけでなく、大河の宣伝もかなりするのではないかと予想します(^^;)

「ブルータス、おまえもか」の感じで、寝返る人が続出で、武田勝頼(平岳大)、お気の毒でした(汗)

勝頼、とても優しくていい人でしたが、やはり優しい人は戦国時代は駄目ですね(^^;)

 

冒頭、信玄の死後9年経った天正10年(1582年)2月から始まったので、この時の主な人の年齢を調べました。

<冒頭の天正10年(1582年)時の年齢>

真田 源次郎 信繁(堺雅人)、1567年生まれで、15歳(数えで16歳)。
真田 源三郎 信幸(大泉洋)、1566年生まれで、16歳。
松(木村佳乃)、1565年生まれで、17歳。
真田 安房守 昌幸(草刈正雄)、1547年生まれで、35歳。
武田勝頼(平岳大)、1546年生で、36歳(数えで37歳)。この年、死去。
徳川家康(内野聖陽)、1543年生まれで、39歳。
北条氏政(高嶋政伸)、1538年生まれで、44歳。
上杉景勝(遠藤憲一)、1556年生まれで、26歳。
織田信長(吉田鋼太郎)、1534年生まれで、48歳(数えで49歳)。この年、死去。
豊臣秀吉(小日向文世)、1537年生まれで、45歳。

-

主人公が15歳から始まったので、堺雅人さんが演じても、不自然ではありませんでした(^^)

普通の大河だと、吉田鋼太郎さん(56歳)が家康で、内野聖陽さん(47歳)が信長にキャスティングされそうですが、これは逆で良かったです♪

信長役、いつも家康より若い人が演じる事が多くて、不満でした。

信長の方が、家康より9歳も年上なので、吉田鋼太郎さんが信長でいいと思います♪(^^)

実際の年の差9歳と、キャストの年の差、同じですね(^^)

秀吉役の小日向文世さんは61歳で、吉田さんよりちょっと年が多いですが、若く見えるからいいでしょう(^^;)

 

1985年度の『真田太平記』で真田幸村を演じられた草刈正雄さんが、今回は、信繁(幸村)の父の真田昌幸役です。

草刈さんの真田昌幸、とても素敵でした♪

カッコいいし、頭も良くて、2枚舌で(^^;)

ここは大丈夫かと心配している家族には「この新府こそが最も安全な場所じゃ」と言っておきながら、

信繁と信幸だけの前では、「武田、滅びるぞ。わしはこの城を捨てる事にした。ここにいても先が見えてる」と、本音を・・・(^^;)

武田勝頼(平岳大)、昌幸の提案通り、岩櫃城(いわびつじょう)に行けば良かったのに…(^^;)

一度はそう決めたものの、重臣・小山田信茂(温水洋一)が真田は新参者だし、北条と通じているという噂があるから信用できないと反対し、甲斐の岩殿城へ逃げる事に変えてしまいました(汗)

その通りにしたら、その信茂も裏切り、道の途中の関を封鎖して先へ行けなくしてしまいました(汗)

信茂の家臣の小山田茂誠(高木渉)、泣きながら、道を封鎖して、裏切りたくないのに、裏切らされて気の毒でした(汗)

彼に嫁いでいた松(木村佳乃)、勝頼からの指示で、信繁たちと一緒に逃げていて、良かったです♪

松も一緒に逃げるように命じてくれたなんて、勝頼、信茂の裏切りを予想していたのでしょうか?(^^;)

勝頼「武田家を思う安房守の言葉に嘘はなかったと信じておる。そなたの姉を真田に返すはその証じゃ」と前夜、言って、一緒に岩櫃に行くよう言いましたが…

勝頼は、行く当てがなくなり、武田家滅亡寸前です(汗)

語り「甲斐の名門・武田家の命運が尽きようとしている。それは1つの時代の終焉でもあった」

 

その頃、勝頼のお陰で、人質を解かれた真田家の皆は、父の待つ岩櫃城に行く途中でした。

新府から岩櫃へは37里で、歩いて3日の行程との事。

彼らは、盗賊らしき人達に襲われて、命からがら、皆で逃げていました(汗)

織田軍も来るかもしれないし、こちらも大変な逃避行です(汗)

勝頼が100人護衛をくれるというのを、信幸が、おやかた様の命をお守りする事が大事だからと断りました。勝頼の方も600人近くいた兵がどんどん逃げてしまい、100人を切ってしまったので、断って良かったですね(^^)

勝頼の一族は悲しい結末が待っていると思いますが、せめて真田家の皆が無事に逃げられますように☆

語り「戦国という大海原に1槽の小船が漕ぎだした。船の名前は真田丸。波瀾万丈の船出である」

有働さんの語り、「あさイチ」とは違い、淡々としていて、良かったです♪(^^)

今回、掴みはOKでした♪

いきなり武田家滅亡の時から始まりましたが、負ける方は辛いですね(^^;)

 

真田家自身も勝ち組に乗るわけではなく、大坂の陣でも、義を通して、負ける方の立場なので、敗者の美学を描いて行くのかな?

歴史は勝った者の立場で作られていますが、忠義を尽くして敗けて行った者達にもスポットが当たるのはいい事だと思います。

ただ、オープニングテーマ、ソロヴァイオリンから始まって、聞き慣れないせいか、ちょっと合わない気がしてしまいました(^^;)

そのうちに慣れるでしょう(^^)

三谷幸喜さんの脚本は期待通りでした♪

予想外に真面目なドラマで、思ったほど、お笑いの要素はありませんでしたが、昌幸の2枚舌といい、薫(高畑淳子)や、とり(草笛光子)のキャラがクスっと笑わせてくれました♪(^^)

次回は「決断」です。

-

【第1回あらすじ】 (Yahooテレビより)

天正10(1582)年。武田家は当主・勝頼(平岳大)の下、絶体絶命の危機に直面していた。重臣の裏切りをきっかけに織田信長(吉田鋼太郎)の大軍勢が領内に侵攻し、諸城が次々に陥落する事態に陥る。武田に仕える真田昌幸(草刈正雄)は上野国にある自らの居城・岩櫃城(いわびつじょう)で織田を迎え撃つよう進言し、準備のために一足先に出発する。残された昌幸の息子・信幸(大泉洋)と信繁(堺雅人)の兄弟の元に勝頼がやって来て、「岩櫃には行かない」と告げる。兄弟は甲斐の岩殿城へと逃げる武田の本隊と別れ、父の待つ岩櫃に向かうことを決断する。そして、敵が目前に迫る中、家族を守りながらの決死行が始まる。

-

【作】 三谷幸喜

【語り】 有働由美子

【音楽】 服部隆之

【ソロヴァイオリン】 三浦文彰

 

【主要キャスト】

<真田家>
真田 源次郎 信繁(のちに幸村)…堺雅人(主人公)1567年生。
真田 源三郎 信幸…大泉洋(信繁の兄)1566年生。
真田 安房守 昌幸…草刈正雄(信繁の父)1547年生。
松…木村佳乃(信繁の姉。小山田茂誠の妻)1565年生。
薫 …高畑淳子(信繁の母。昌幸の正室)1549年生?
とり…草笛光子(信繁の祖母。昌幸の母)生年不明
矢沢 三十郎 頼幸…迫田孝也(真田家一門衆)
きり…長澤まさみ(高梨内記の娘。信繁の幼馴染み。側室になる)
梅 …黒木華(信繁の初恋相手。信繁の最初の子供を産む)
真田 信尹(さなだ のぶただ)…栗原英雄(昌幸の弟)
こう…長野里美(信繁の義姉。信之の妻)
矢沢 頼綱…綾田俊樹(昌幸の叔父)

<真田家臣>

高梨 内記(たかなし ないき)…中原丈雄(真田昌幸の側近)
佐助(さすけ)…藤井隆(真田家に仕える忍び)
堀田 作兵衛…藤本隆宏(信繁を慕う地侍。梅の兄)
与八…今野浩喜(真田の郷の村人。堀田作兵衛の仕事仲間)

<武田家>

武田 勝頼…平岳大(甲斐武田家の当主)1546年生。
穴山 梅雪…榎木孝明(武田家一門衆筆頭。母が信玄の姉で、妻が信玄の娘だったが、織田へ寝返った)
小山田 信茂…温水洋一(武田家親類衆。武田家重臣。織田へ寝返ろうとする)
小山田 茂誠(おやまだ しげまさ)…高木渉(小山田信茂の配下。信繁の姉・松の夫)
跡部 勝資(あとべ かつすけ)…稲荷卓央(武田家家老筆頭)
武田 信玄…林邦史朗(9年前死亡)
木曽 義昌…石井愃一(妻が信玄の娘だったが、織田へ寝返った)
春日 信達…前川泰之
室賀 正武(むろが まさたけ)…西村雅彦
出浦 昌相(いでうら まさすけ)…寺島進
小山田 八左衛門(おやまだ はちざえもん)…八田浩司

<徳川家>

徳川 家康…内野聖陽(東海地方を納める戦国大名)1543年生。
阿茶局(あちゃのつぼね)…斉藤由貴
本多 正信(ほんだ まさのぶ)…近藤正臣
稲(小松姫)(いな)…吉田羊
本多 忠勝(ほんだ ただかつ)…藤岡弘
服部 半蔵(はっとり はんぞう)…浜谷健司
石川 数正(いしかわ かずまさ)…伊藤正之

<北条家>

北条 氏政(ほうじょう うじまさ)…高嶋政伸(関東地方を治める戦国大名)1538年生。
板部岡 江雪斎(いたべおか こうせつさい)…山西惇
北条 氏直(ほうじょう うじなお)…細田善彦

<上杉家>

上杉景勝(うえすぎ かげかつ)…遠藤憲一(越後国の戦国大名)1556年生。
直江兼続(なおえ かねつぐ)…村上新悟
<織田家>
織田 信長…吉田鋼太郎(武田を滅ぼした僅か3ヶ月後に本能寺の変に倒れる)1534年生。
滝川 一益(たきがわ かずます)…段田安則
織田 信忠…玉置玲央
明智 光秀…岩下尚史
長崎 元家…松田賢二

<豊臣家>

豊臣 秀吉…小日向文世(真田の力を高く買い、大名に取り立てる)1537年生。
茶々…竹内結子
北政所…鈴木京香
千利休…桂文枝
加藤 清正…新井浩文
石田 三成…山本耕史
大谷 吉継(おおたに よしつぐ)…片岡愛之助
片桐 且元(かたぎり かつもと)…小林隆
豊臣 秀頼…中川大志
豊臣 秀次(とよとみ ひでつぐ)…新納慎也
小早川 秀秋…浅利陽介
大蔵卿局(おおくらきょうのつぼね)…峯村リエ
-

公式HP・人物相関図

公式HP・次回あらすじ

-


【楽天ブックスならいつでも送料無料】真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]


【楽天ブックスならいつでも送料無料】2016年NHK大河ドラマ「真田丸」完全読本


【今だけポイント3倍!】真田三代と真田丸のすべて/小和田哲男【後払いOK】【1000円以上送料無料】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

できればクリック、お願いします♪(^^)

« ネタバレ【あさが来た】第15週日別あらすじ(1/11~1/16) | トップページ | デビッド・ボウイ氏、がんで死去 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。今回は勝頼の平さんが光りました。多分信玄があまりにも偉大すぎて勝頼は正直過ぎたのかもしれません。決して凡庸な武将ではなかったのでしょう。ちょっと悲しいですね。全体的にはちょっと軽いかなとは思いますが、まずまずだったと思います。まぬけな感じの高嶋北条や爪を噛む内野家康は三谷ワールドっぽいかな。今回かなりの真田好きや私のような30年前に真田太平記を見たファンが注目するので、点数は辛くなるかもしれませんが…30年前幸村だった草刈さんの昌幸はさすがです。雰囲気が出ていて、間違いない感じです。大国に挟まれた真田家のサバイバルは本当に面白いので最後まで見ますよ。

>ムーミンさんへ

コメント、ありがとうございます。
お返事、遅くなってしまって、すみません。

>今回は勝頼の平さんが光りました。多分信玄があまりにも偉大すぎて勝頼は正直過ぎたのかもしれません。決して凡庸な武将ではなかったのでしょう。ちょっと悲しいですね。

ほんと、勝頼、切なくて、素敵でしたね(^^)
信繁のセリフにも「優しくて、哀しいお人だ」というセリフがありましたが、本当に哀しい人でした(涙)

>全体的にはちょっと軽いかなとは思いますが、まずまずだったと思います。まぬけな感じの高嶋北条や爪を噛む内野家康は三谷ワールドっぽいかな。

そうですね。
まだ、ちょっとしか登場しなかったので、よく分かりませんが(^^;)

>今回かなりの真田好きや私のような30年前に真田太平記を見たファンが注目するので、点数は辛くなるかもしれませんが…30年前幸村だった草刈さんの昌幸はさすがです。雰囲気が出ていて、間違いない感じです。大国に挟まれた真田家のサバイバルは本当に面白いので最後まで見ますよ。

草刈さんの昌幸、素晴らしかったですね♪
30年前の「真田太平記」、覚えてますか(^^)
すごいですね(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/63048385

この記事へのトラックバック一覧です: 【真田丸】初回(第1回)感想と視聴率好発進♪「船出」:

» 新大河ドラマ「真田丸」第1回 [日々“是”精進! ver.F]
岩櫃城へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601100000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]価格:1,188円(税込、送料込) [続きを読む]

» 新大河ドラマ「真田丸」第1回 [日々“是”精進!]
第1回「船出」1582年2月。真田家の主君である武田家は、織田信長の大軍の猛攻を受け窮地に陥っていた。真田昌幸は岩櫃城で織田軍を迎え撃つよう武田勝頼に進言。しかし、武田家内部... [続きを読む]

» 【真田丸】初回(第1回)感想と視聴率「船出」 [ショコラの日記帳]
【初回(第1話)の視聴率は1/12(火)追記予定】有働さん、紅白の総合司会の次、大河の語りとは、NHKの看板アナウンサーみたいですね(^^)これから「あさイチ」で、朝ドラだけでなく、大... [続きを読む]

» 大河ドラマ「真田丸」 #01 船出 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
三谷幸喜と堺雅人のコラボ。 [続きを読む]

» 真田丸(堺雅人)天正十年、岩櫃城か岩殿山城か、それが問題だ(大泉洋)昌幸の野望(草刈正雄) [キッドのブログinココログ]
長澤まさみ抜きでスタートかよっ。 まあ・・・とにかく・・・無国籍ロマン風な幕末大河の後は・・・なんだかとっても光栄な戦国大河である。 ゾクゾクするのお・・・。 話をどこから始めるかは・・・重要な問題だが・・・いきなり、武田家のクライマックスである。 ストーリーテーラーとしては実に巧妙だなあ・・・。 ... [続きを読む]

» 【真田丸】第1回 「船出」 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
1582年2月。真田家の主君である武田家は、織田信長の大軍の猛攻を受け窮地に陥っていた。真田昌幸(草刈正雄)は岩櫃城で織田軍を迎え撃つよう武田勝頼(平岳大)に進言。しかし、武田家内部には新参者の真田家を蔑む者たちも多かった。そんなある夜、昌幸の息子・信繁(堺雅人)と兄・信幸(大泉洋)のもとに、勝頼が突然訪れ驚くべきことを伝える。そして、信繁らは決死の逃避行に旅立つことになる!(あらすじ「Ya...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い1武田家滅亡で壮絶な生き残りへの戦いが始まった [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「真田丸」は真田幸村の名前で知られる真田信繁の生涯を描く波乱万丈のストーリーである。小国で厳しい状況を生き抜きながら最後には義を導き通して散っていった真田信 ... [続きを読む]

» 真田丸「船出」 [のほほん便り]
三谷幸喜氏が「新選組!」より久々に、NHK大河で、堺雅人を中心に、物語を展開。 原作というか史実では「真田丸」とは、「大坂の陣」で劣勢の豊臣方についた真田幸村が、大坂城の一角に構築した砦の名称のことなのだそう 印象として、テンポが早くて、ちょっと斬新な気がしました。どう展開するか、楽しみ楽しみ。      (ストーリー) 天正10年(1582年)2月。名将・武田信玄(林邦史朗)の急死から9年、武田家は当主・勝頼(平岳大)の下、絶体絶命の危機を迎えていた。重臣の裏切りをきっかけ... [続きを読む]

» 真田丸 第1話「船出」 [昼寝の時間]
公式サイト 1582年2月。真田家の主君である武田家は、織田信長の大軍の猛攻を受 [続きを読む]

» 真田丸 第1回「船出」 [あしたまにあーな]
おそらくこの時を多くの人が待ちわびていたのではないでしょうか。大河ドラマの王道中の王道とも言える戦国時代において、有名人である真田。しかもその脚本が三谷幸喜さんというこれまた有名人であり、主人公幸村を演じるのは、半沢直樹で一世を風靡した堺雅人とくれば、期待度は否応なく高まります。きっと初回から高視聴率を望むことができるのではないでしょうか。 前回の花燃ゆの頃から感じているのは、あくまで大河ドラマはドラマであり史実に基づくことが全てではないという見方でした。江の時のように秀吉の前でガツガツものを言うと... [続きを読む]

» 真田丸 第1回「船出」見ました! [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
見ましたっっ!!(^0^)面白かったっっ!!!(^0^)と、その前に。昨日、思いっきり別マガ感想で アル戦のところに荒川先生コメントについての感想も書きますとか言っておいて書き忘れ... [続きを読む]

» 真田丸、偉大な父を持った息子達!! [函館 Glass Life]
大河ドラマでは久し振りの戦国物、いよいよ真田丸が始まりました 大坂の陣で敵対した徳川家康にでさえ、「あの世に行ったら真っ先 に酒を酌み交わしたい人物である」とまで評された真田信繁 真田家を戦国大名として存続させた昌幸、松城藩真田家として幕末 まで続く礎...... [続きを読む]

» 真田丸 第一回 「船出」 [事務職員へのこの1冊]
さあ大河。去年は現総理へのヨイショ企画だったので完全に無視したけれど、今年は「龍馬伝」「軍師官兵衛」につづいて全話征服する覚悟でございます。なにしろ大好きだった「新選組!」以来の三谷幸喜大河。その山南敬助役でブレイクした堺雅人主演。彼と「アフタースク...... [続きを読む]

» 真田丸 第1回「船出」〜亡くなった信玄公に義理立てして何になるのですか! [平成エンタメ研究所]
「捨て鉢にならず、最後まで望みを捨てなかった者にのみ、道は開けまする」 「亡くなった信玄公に義理立てして何になるのですか!」  これなんですよね、三谷幸喜さんが言い続けてきたことって。  古畑任三郎 三谷幸喜さんが言いたかったこと(本ブログ)  名誉や...... [続きを読む]

» 真田丸 第1回 [レベル999のgoo部屋]
「船出」 内容天正十年二月。信玄の死から九年。重臣の裏切り。そして織田家による侵攻。武田家は窮地を迎えていた。そして真田源次郎信繁(堺雅人)は、徳川の兵に追われ逃げていた。。。 武田家当主・勝頼(平岳大)は、重臣・跡部勝資(稲荷卓央)小山田信茂(温水洋...... [続きを読む]

» NHK大河ドラマ「真田丸」第1回「船出」 [真田のよもやま話]
って事はお船に見立てましたか~~。あ、お今晩は。アア~~ンド明けましておめでとうございます~。とうとう始まりましたよ大河ドラマの真田丸。第一回が船出って事は、真田家をお船に見立ててドンブラコと!歴史の大河に漕ぎ出す船出でございますよ信繁様~~。... [続きを読む]

» 真田丸 第1話「船出」 ~武田家滅亡への道~ [坂の上のサインボード]
 さて、2016年大河ドラマ『真田丸』がはじまりました。第1話の設定は天正10年(1582年)2月、本能寺の変の4ヶ月前ですね。真田信繁16歳のときでした(異説あり)。今回は子役時代がありませんでしたね。わたしは予てから、お約束のように幼少時代を描くことに違和感を覚えていました。その後の物語の伏線となるべき逸話がないのであれば(たとえば、子供時代どこかの人質になっていたとか)、無理に幼少時代を描く必要はないんじゃないかと。真田信繁は、武田家傘下の一武将の次男ということもあって、子供の頃のエピソードは... [続きを読む]

» 大河ドラマ 真田丸 第1回 [架空と現実の雑記帳]
何年も前から池波正太郎の「真田太平記」を読みたいと思って、でも読む機会がなかったところ、 NHK大河ドラマで「真田丸」をやるというので、非常に楽しみにしておりました。 [続きを読む]

» 真田丸 第1回「船出」 [みはいる・BのB]
今年も大河ドラマが始まりました。 3が日が週末だったこともあって、例年よりも遅めのスタートです。 今年もかなり適当な感想にはなると思いますが、よろしくお願い致します。 [続きを読む]

« ネタバレ【あさが来た】第15週日別あらすじ(1/11~1/16) | トップページ | デビッド・ボウイ氏、がんで死去 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31