無料ブログはココログ

« 【わたしを離さないで】初回(第1話)感想と視聴率 | トップページ | スマスマ視聴率31.2%&5人のコメント全文と感想 »

2016年1月18日 (月)

【真田丸】第2回プチ感想と視聴率大台突破♪「決断」

「決断」

第2回の視聴率は、初回の19.9%より少し上がって、20.1%(関東)でした♪

第2回は下がる事が多いのに、上がって大台を超えるなんて、すごいです♪(^^)

大河ドラマの20%超えは、2013年「八重の桜」初回の21.4%以来、3年ぶりとの事♪

こちらは、初回ではなく第2回なのがいいですね♪(^^)

単なる注目度だけではなく、内容も評価されたようで、好発進ができて、良かったです♪(^^)

今更ですが、タイトルの「真田丸」は大坂冬の陣で、信繁が築いた最強の砦の事で、同時に、家族の物語として一艘の船に例えたそうです。

脚本、初回は少し遠慮して真面目にやった感じでしたが、第2回は、三谷幸喜さんらしく、お遊びが多くて、楽しかったです♪(笑)

特に、真田一族の岩櫃城(いわびつじょう)への逃避行、いろいろな人に襲われ、大変でした。

野盗に襲われた時は、着物を全部やって、追い払い、襲われないために、その後、百姓の身なりに着替えて、顔も泥で汚し、敵の兵を欺きました。

そして次に来たのは、小山田八左衛門(八田浩司)達の兵。

小山田茂誠の妻の松(木村佳乃)の知り合いで、味方だと安心しました。

真田家の皆様を無事に送り届けるよう、おやかた様から命じられたと言いましたが、一緒に歩いて行ったのは戻る方向で、おかしいと信繁(堺雅人)らが気づき、問いただしたら、斬り合いになり…(汗)

絶対絶命の所で、父の真田昌幸(草刈正雄)が助けに来てくれ、助かりました♪

昌幸の元へ、いち早く、武田家滅亡の知らせが届いたので、危ないと思ったのでしょう。

昌幸、カッコ良かったし、スリリングで良かったです♪

一番、危なかったのが味方の裏切りというのも皮肉なものですね(^^;)

母の薫(高畑淳子)、いろいろ笑わせてくれました(笑)

なんとか無事、一行は岩櫃城へ着きました。

 

結局、織田軍に追い詰められた武田勝頼(平岳大)は切腹(涙)。享年37歳でした。

武田家は滅亡してしまいました(汗)

裏切った小山田信茂(温水洋一)は、織田信忠(玉置玲央)に主君への裏切りを責められ、処刑されました。

その家臣で、松の夫の小山田茂誠、どうなったでしょうか?

彼も処刑されてしまったでしょうね?(汗)

 

徳川家康(内野聖陽)、陰では、調略に乗って寝返った穴山梅雪(榎木孝明)の事も信用できないと非難していましたが、当人の前では、あなたのお陰で勝てたと持ち上げました(^^;)

このキャラも好きです♪(^^)

今回、本格的に出てきた家康も個性的で、面白かったです♪(^^)

 

昌幸、息子2人の前で、今後、上杉につくか、北条につくか、クジで決めると言い、信幸(大泉洋)にクジを引かせました。

でも、引いたクジを渡してくれなくて・・・(^^;)

昌幸、息子達との会話で、どちらについても織田と戦う事になると気づき、クジを両方とも火にくべて、織田につくと宣言♪

草刈さんの昌幸、笑いの中に鋭い決断があって、光っていて魅力的です♪(^^)

ここの決断が真田家の運命を左右します。

とても重要な事をクジで決めなくて、良かったです(笑)

 

次回は、「策略」。

信繁の幼馴染みのきり(長澤まさみ)や、初恋相手の梅(黒木華)などが初登場します♪(^^)

 

【第2回あらすじ】 (Yahooテレビのあらすじを元に修正)

信幸(大泉洋)、信繁(堺雅人)ら真田家の一行は、武田家の本拠地・新府から父・昌幸(草刈正雄)の待つ岩櫃城(いわびつじょう)へ落ち延びようとしていた。しかし、そこには野盗の群れや敵兵が待ち構えていて、苦労する。一方、岩殿城へ逃げようとした勝頼(平岳大)は家臣たちの裏切りにあい、切腹。武田家は滅亡する。昌幸の元へ、その知らせが届く。武田家の滅亡を受け、事態は一気に流動化する。東海の有力大名・徳川家康(内野聖陽)も旧武田領を虎視眈々と狙う。主家を失った真田家は、北条氏政(高嶋政伸)につくか上杉景勝(遠藤憲一)につくか決断を迫られる。迷った昌幸は、息子たちの前で思いもよらぬ決断を下す。

-

【レビューリンクと視聴率推移】 (視聴率は関東地区)

第1回]19.9%   [第2回]20.1%

-

公式HP・人物相関図

公式HP・次回あらすじ

-


【楽天ブックスならいつでも送料無料】真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]


【楽天ブックスならいつでも送料無料】2016年NHK大河ドラマ「真田丸」完全読本


【今だけポイント3倍!】真田三代と真田丸のすべて/小和田哲男【後払いOK】【1000円以上送料無料】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

できればクリック、お願いします♪(^^)

« 【わたしを離さないで】初回(第1話)感想と視聴率 | トップページ | スマスマ視聴率31.2%&5人のコメント全文と感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。第2回も面白かったです。今回は家康がいい味を出してました。阿茶局との掛け合いも面白い!本多正信の近藤正臣さんも適役ですね。昌幸もえっ、くじ引き?とびっくりしましたが、そう来たかと(笑)三谷ワールドですね。祖母に徹底的に無視される信幸がちょっと気の毒でした。来週も目が離せない展開になりそうです。これなら20%越も納得です。

こんにちは。追記ですが、姉の夫小山田茂誠は生き残って後日信幸の家老になり、大阪夏の陣の頃も登場する真田家にとっては重要な人物らしいです。ということは信忠に許されるということでしょうか?このあたりの細かい事情は知りません。姉の松、後に村松殿と呼ばれるらしいですが、彼女についてもほとんど知りません。真田ファン落第ですね(笑)

>ムーミンさんへ

コメント、2本、ありがとうございます(^^)

今回も面白かったですね(^^)

家康もキャラが際立ってきて、いい味を出してきましたね♪

くじ引き、確かに、三谷さんらしいですね(笑)

小山田茂誠の件、生き残れそうで、良かったです(^^)
ただ、ドラマは姉(村松殿)との結婚の時期を早めてあるようです。
Wikiの「小山田氏」の欄に「茂誠は武田氏滅亡後、相模国の後北条氏を経て小田原合戦後に真田氏に仕え、真田昌幸の女婿となった」と書かれています。
そして、Wikiの「村松殿」の欄に「小山田茂誠は、村松殿との婚姻により小山田家は昌幸の家臣となり、茂誠は信之の家老となった」と、書いてあります。
でも、結婚したのは1582年で勝頼の死と同じ年なので、もうすぐ結婚するのでしょう。

<Wiki>小山田氏
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B1%B1%E7%94%B0%E6%B0%8F#.E5.B0.8F.E5.B1.B1.E7.94.B0.E6.B0.8F.E3.81.AE.E5.AD.90.E5.AD.AB
<Wiki>村松殿
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E6%9D%BE%E6%AE%BF

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/63087197

この記事へのトラックバック一覧です: 【真田丸】第2回プチ感想と視聴率大台突破♪「決断」:

» 【真田丸】第2回プチ感想と視聴率大台突破♪... [ショコラの日記帳]
「決断」第2回の視聴率は、初回の19.9%より少し上がって、20.1%(関東)でした♪第2回は下がる事が多いのに、上がって大台を超えるなんて、すごいです♪(^^)大河ドラマの20%超えは... [続きを読む]

» 大河ドラマ「真田丸」第2回 [日々“是”精進! ver.F]
織田に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601170000/ 2016年NHK大河ドラマ「真田丸」完全ガイドブック価格:1,080円(税込、送料込) [続きを読む]

» 大河ドラマ「真田丸」第2回 [日々“是”精進!]
第2回「決断」信繁と信幸ら真田家一行は、甲斐の新府城を脱出し、父・昌幸の待つ上州・岩櫃城へと向かう。しかし、そこには野盗の群れが待ち構えていた。一方、勝頼は家臣たちの裏... [続きを読む]

» 大河ドラマ 真田丸 第2回 決断 [架空と現実の雑記帳]
三谷幸喜さんが新聞に連載しているコラムによると、今回の大河ドラマでは状況説明を減らしているとのこと。 わからないところは自分で調べる。調べる楽しさを味わってほしいそう。 [続きを読む]

» 真田丸、昌幸の決断 [函館 Glass Life]
今週も又、父・昌幸に翻弄される息子達 生き残りをかけ上杉か北条かの選択を迫られる真田親子ですが、 そんな大事な事をまさか籤で決めるとは 口の乾かぬうちに言い出しっぺの昌幸からまたもやまさかの発言 「本当に籤で決めて良いのか」?? 言われた息子達...... [続きを読む]

» くろかみのみだれたるよぞはてしなきおもいにきゆるつゆのたまのお(堺雅人)小山田信茂、お前もか(平岳大) [キッドのブログinココログ]
「大将が馬鹿だから・・・戦ができない」 皆が口を揃えて言うのは・・・後ろめたいからである。 少なくとも・・・異母弟の仁科盛信は武田勝頼のために信州高遠城で織田信忠の降伏勧告を拒絶した。 土屋昌恒は勝頼の自害の時を稼ぐために片手で千人斬った後に討ち死にする。 織田方の戦死者はおよそ千人なのでほぼ土屋昌... [続きを読む]

» 真田丸 第2回「決断」〜勝頼、梅雪、小山田、家康、母上……すべての登場人物に愛情が注がれている [平成エンタメ研究所]
 岩櫃城に向かう真田家御一行。  今回はこれをしっかり描いた。  これなんですよね〜  今までの大河ドラマだったら絶対、端折って、第二話は岩櫃城に到着している所から始まっていた。  ところが今作は到着するまでの過程をしっかり描いている。  それはどんな感じ...... [続きを読む]

» 真田丸 第2話「決断」 ~裏切り者たちの末路~ [坂の上のサインボード]
 小山田信茂の寝返りによって逃げ場を失った武田勝頼は、武田氏ゆかりの地である天目山棲雲寺を目指しました。しかし、天目山麓の田野村まで来たときに織田軍の追撃を受け、抵抗及ばず自刃して果てます。新府城を発ったときには200人ほどいた家臣団も、最後は43人になっていたとか。『甲陽軍鑑』『甲乱記』などの記述では、勝頼主従の最期は華々しく戦って討死したとありますが、『信長公記』では、「落人の哀れさ、なかなか目も当てられぬ次第なり」とあります。実際には、43人の手勢ではなすすべもなかったでしょう。享年37歳。こ... [続きを読む]

» 真田丸 第二回「決断」 [事務職員へのこの1冊]
第一回「脱出」はこちら。前回の視聴率は19.9%と予想を上回った。わたしみたいに去年は無視を決めこみ、今年はうきうきと待ち望んでいた大河ファンが多かったのだろう。ネットで大河ドラマを検索していると、もう「花燃ゆ」はすっかり無かったことになっているのが笑え...... [続きを読む]

» 【真田丸】第2回 「決断」 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
信繁(堺雅人)と信幸(大泉洋)ら真田家一行は、甲斐の新府城を脱出し、父・昌幸(草刈正雄)の待つ上州・岩櫃城へと向かう。しかし、そこには野盗の群れが待ち構えていた。 一方、勝頼(平岳大)は家臣たちの裏切りにあい、武田家は滅亡する。 徳川家康(内野聖陽)ら織田方の大軍が、今まさに主家を失った真田家に襲いかかろうとしていた。 真田家は、北条氏政(高嶋政伸)につくか上杉景勝(遠藤憲一)につ...... [続きを読む]

» 真田丸「決断」 [のほほん便り]
2話目にして、20%超え… 快挙!ですね。 それにしても、真田一家の逃避行は、どこかコミカル。 母君(高畑淳子)が、随所で駄々をこねたり、ワガママ放題。追手の目眩ましに、着物類を撒き餌(?)にしたり、百姓一行に化けたり、 助けがきた、と思ってホッとした相手が、裏切ったり… と、最後には真の救済者がきて、無事に帰り着くのですが 武田勝頼(平岳大)は、父を超えられなかった無念に、その亡霊をみて、切腹。 武田家は滅亡しました。 それにしても、真田パパ(草刈正雄)も、「今後、... [続きを読む]

» 真田丸 第2話「決断」 [昼寝の時間]
公式サイト 信繁(堺雅人)と信幸(大泉洋)ら真田家一行は、甲斐の新府城を脱出し、 [続きを読む]

» NHK大河ドラマ「真田丸」第2回「決断」 [真田のよもやま話]
知恵を巡らせ頭を使え・・ってのは往年の人気アニメの「決断」ですけど、こちらの決断もまた一脈通じた成り行きなのかも~~。先週は主君武田家が絶体絶命で、しかも君主自ら真田家とは袂を分かって別れの段!その上さらに逃避行の真田一族に危機迫~~る!みたいな~~~。... [続きを読む]

» 真田丸 第2回 [レベル999のgoo部屋]
「決断」 内容織田家の侵攻で、昌幸(草刈正雄)は、岩櫃城へ落ち延びることを決断。新府を放棄した勝頼(平岳大)は、昌幸が進言した岩櫃城ではなく、小山田信茂(温水洋一)の進言で岩殿城へと向かうのだが。。。 信幸(大泉洋)信繁(堺雅人)ら真田家の面々は、岩...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い2勝頼ついに追い込まれ自害して武田家滅亡!昌幸は真田家存亡を掛けて信長と交渉する決意を固めた [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「真田丸」第2話は新府を脱出した信繁、信幸だったが、上州岩櫃城へと向かうが、道中で山賊に続々襲われて百姓の姿にならなければならないほどだった。そんな中勝頼は ... [続きを読む]

« 【わたしを離さないで】初回(第1話)感想と視聴率 | トップページ | スマスマ視聴率31.2%&5人のコメント全文と感想 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30