無料ブログはココログ

« 冬ドラマ視聴率一覧(5)と感想(2016年1~3月期) | トップページ | マイナス金利、やめてほしい(^^;) »

2016年2月 9日 (火)

【真田丸】第5回感想と視聴率「窮地」

副題「窮地」

新聞ラテ「本能寺の変!父の本心」

(2/13(土)追記)北海道の第5回の視聴率は、前週の14.3%より下がって、13.8%でした(汗)

(2/12(金)追記)関西の視聴率は、前回の18.8%より下がって、18.1%でした(汗)

関東は上がったのに、関西も北海道も、下がってしまい、残念でした(^^;)

                                             * * *

第5回の関東の視聴率は、前回の17.8%より上がって、19.0%でした♪(^^)

久々に上がって良かったです♪(^^)

関西と北海道の前回(第4回)の視聴率は、関西18.8%↓、北海道14.3%↑でした。

 

今回、「本能寺の変」直後の混乱を、真田目線で描き、見応えありました♪(^^)

家康の伊賀越え、苦労が丁寧に描かれ、小心者の家康が頑張って、面白かったです♪(^^)

でも、ちょっと丁寧に描きすぎでは?(^^;)

肝心の秀吉がまだ登場しなくて、ちょっと物足りなかったです(^^;)

今回は上杉景勝(遠藤憲一)が登場したので、同じ回にならないよう、ずらしたのかな??

 

昌幸(草刈正雄)、信長の死で、上杉に乗り換えようとするのは仕方ないかもしれませんが、小県の人達に自分の所だけ明智から手紙が来たとか、また嘘ばかりついて、今回はさすがにちょっと…(^^;)

いくら策とはいえ、あまり嘘をついてばかりいると、そのうち、皆から信じて貰えなくなりそうな気がしますが…(^^;)

逆に、信幸(大泉洋)の方が、織田の家臣になったのだから信長が討たれても織田につくべきだと筋を通そうとして、誠実でいい人でした(^^)

上杉景勝(遠藤憲一)も弱った織田を叩こうとしないで、謙信のようにいい人でした♪(^^)

 

信繁(堺雅人)は本能寺まで様子を見に行ったり、明智の兵達とすれ違ったので、姉の松が危ないと思って安土へ引き返したり、忙しかったです(汗)

今と違って、明智が信長を殺害したと分かるのは大変だったでしょうね(^^;)

なかなか事情が分かるのに時間がかかったり、逆に、織田軍の滝川 一益(段田安則)の方が信長の死を知らなくて、昌幸を呼び出して、どこかいい温泉場はないか聞いたり、ありそうでした(^^;)

なかなか連絡が来ないなんて、忘れられた存在みたいで気の毒でした(^^;)

 

信繁(堺雅人)は安土城に連れて行かれた松を助けに行きましたが、松に自分だけでなく、一緒にいた人質の女性達も一緒に助けてあげてほしいと言われて…

沢山いたのに、皆を連れて行ってあげて、優しかったです♪

これで皆、助かれば、彼女達の身内から感謝されるでしょう♪

井戸に見せかけた抜け穴を見つけてそこから逃げましたが、うまく逃げられますように☆(^^)

 

次回は、「迷走」

ようやく羽柴秀吉(小日向文世)が登場♪ 楽しみです♪(^^)

 

【第5回あらすじ】 (Yahooテレビより)

織田信長死去の知らせに日本中が大混乱に陥る。信繁(堺雅人)が滞在する織田勢の本拠・安土にも、何か大事件が起きたと伝わる。信繁は織田の人質である松(木村佳乃)を残し、事件の詳細を確かめるため京へ向かう。そのころ、京からは明智光秀の軍勢が人質を奪うため安土に向かっていた。織田方を討とうとする明智勢は堺にいる徳川家康(内野聖陽)の元にも迫る。必死で生き延びようとする家康は、あえて険しい伊賀山中を抜けて逃げることを決断するが、その道中を野盗の群れが襲う。一方、信濃に居ながらいち早く情報をつかんだ昌幸(草刈正雄)は、織田の次に身を寄せる相手として上杉景勝(遠藤憲一)に接触を図る。 

--

【各地の視聴率とレビューリンク】 

第1回](1/10)「船出」 (関東)19.9% (関西)20.1% (北海道)13.5%   

第2回](1/17)「決断」 (関東)20.1% (関西)21.8% (北海道)16.7%

第3回](1/24)「策略」 (関東)18.3% (関西)20.2% (北海道)13.7%

第4回](1/31)「挑戦」 (関東)17.8% (関西)18.8% (北海道)14.3%

[第5回](2/7) 「窮地」  (関東)19.0% (関西)18.1% (北海道)13.8%

(視聴率:関東地区は月曜か火曜、関西は金曜か土曜、北海道は次の日曜位に分かる予定)

(北海道の視聴率、三連星さん、いつもありがとうございます♪)

-

関西の先週の視聴率BEST20

関東の先週の視聴率BEST10(ビデオリサーチ)

-

公式HP・人物相関図

公式HP・次回あらすじ

-


【楽天ブックスならいつでも送料無料】真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]


【楽天ブックスならいつでも送料無料】2016年NHK大河ドラマ「真田丸」完全読本


【今だけポイント3倍!】真田三代と真田丸のすべて/小和田哲男【後払いOK】【1000円以上送料無料】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

できればクリック、お願いします♪(^^)

« 冬ドラマ視聴率一覧(5)と感想(2016年1~3月期) | トップページ | マイナス金利、やめてほしい(^^;) »

コメント

こんばんは。今回は久しぶりに視聴率が上がりましたね。家康の伊賀越えはまるでコントでした(笑)「押し通せ!」ばっかり!まあ面白かったです。穴山梅雪はナレーションで終わりましたね。無駄な描写は徹底的に省いてる感じです。武田が滅んで3ヶ月で本能寺の変ですから、あまりにも急過ぎて、さすがの昌幸も困ったでしょうね。ほとんどの武将が混乱したと思います。滝川一益も気の毒でした。今回の松夫婦は迷惑でしたね。緊急事態に能天気すぎます。真田家の女子衆は揃って皆能天気な感じです。来週はやっと秀吉登場ですね。小日向文世さんの秀吉はかなり楽しみです。

>ムーミンさんへ

コメント、ありがとうございます。

>今回は久しぶりに視聴率が上がりましたね。

はい。関東は上がりましたが、関西は残念ながら下がってしまいました(^^;)
下がった方が不思議ですが(^^;)
関東は上がって、良かったです(^^)

>家康の伊賀越えはまるでコントでした(笑)「押し通せ!」ばっかり!まあ面白かったです。穴山梅雪はナレーションで終わりましたね。無駄な描写は徹底的に省いてる感じです。

家康の伊賀越え、ほんとコントみたいでしたね(^^)
穴山梅雪の最期、ナレーションだけでちょっとびっくりですが、重要人物でないのでいいですね(^^)

>武田が滅んで3ヶ月で本能寺の変ですから、あまりにも急過ぎて、さすがの昌幸も困ったでしょうね。ほとんどの武将が混乱したと思います。

ほんと、まさかたった3ヶ月で亡くなってしまうなんて、困ったでしょうね(^^;)
急な事で、殆どの武将が混乱して、どう動くか迷ったでしょう(^^;)

>滝川一益も気の毒でした。

情報の大切さ、身に沁みますね(^^;)
その後も、彼は清洲会議にも参加できなくて、失脚したらしいので(^^;)

>今回の松夫婦は迷惑でしたね。緊急事態に能天気すぎます。真田家の女子衆は揃って皆能天気な感じです。

そうですね(汗)
この夫婦だけ能天気で、緊急事態だという認識がないみたいでしたね(^^;)

>来週はやっと秀吉登場ですね。小日向文世さんの秀吉はかなり楽しみです。

私もです♪(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/63184761

この記事へのトラックバック一覧です: 【真田丸】第5回感想と視聴率「窮地」:

» 【真田丸】第5回感想と視聴率「窮地」 [ショコラの日記帳]
「窮地」アクセス数、もうすぐ600万HITです♪楽天はキリ番が誰か分からないですが(^^;)第5回の関東の視聴率は、前回の17.8%より上がって、19.0%でした♪(^^)久々に上がって良... [続きを読む]

» 大河ドラマ「真田丸」第5回 [日々“是”精進! ver.F]
信長の死後… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201602070000/ 真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]価格:1,188円(税込、送料込) [続きを読む]

» 大河ドラマ「真田丸」第5回 [日々“是”精進!]
第5回「窮地」本能寺の変。安土城下の信繁は京に向かうが、そのすきに松を兵たちに奪われてしまう。一方、徳川家康と本多忠勝は明智の軍勢から逃れるため、険しい伊賀山中を抜けて... [続きを読む]

» 真田丸 第5話「窮地」 ~神君伊賀越え~ [坂の上のサインボード]
 本能寺の変が起きたとき、徳川家康は堺にいました。この少し前に織田信長の招きで安土城を訪れていた家康は、その後、わずかな家臣のみを共に従え、京都、そして堺を遊覧中だったといいます。安土城での会見で織田家との同盟関係はさらに強固となり、ちょっとした慰安旅行だったのかもしれませんね。その最中、信長横死の報が届きまました。さあ、えらいこっちゃです。  織田家と同盟関係である徳川家は、明智光秀からみれば敵といえます。もし、明智軍に遭遇すれば、衝突は避けられません。しかし、弔い合戦が出来るような兵力を引き連れ... [続きを読む]

» 真田丸「窮地」 [のほほん便り]
本能寺の変に翻弄される人々を、三谷ワールドならではの、シリアスとユーモアを交え、自由に描いた感だったかな? 昌幸(草刈正雄)が、織田家への服従を決めた折に本能寺の変 信繁(堺雅人)の夢は正夢だった?! 昌幸(草刈正雄)は激しく動揺し、再び主を失った真田家を守るため、越後の上杉景勝(遠藤憲一)を頼ろうとします 家康(内野聖陽)らは、意表を突いた伊賀越えを決断。半ばコメディ・パート 落武者狩りに遭いながら、服部半蔵(浜谷健司)と合流 先を急いでいる途中での穴山梅雪の裏切り、そ... [続きを読む]

» 腰抜けは何度も死ぬかと思うが本当に死ぬのは一度きり(内野聖陽)奥入りのお許しが出たのは六月(長澤まさみ) [キッドのブログinココログ]
「死ぬかと思った」と言う時には人は死んでいないのである。 戦国時代・・・人はいつ死ぬかわからなかった。 食事に毒を盛られれば死ぬし、寝首を掻かれたら死ぬのである。 徳川家康は・・・長男の信康を切腹に追い込んでいる。 幼少時代を今川家の人質と過ごしている家康は・・・常に「死」を意識していただろう。 誰... [続きを読む]

» 真田丸 第5回「窮地」〜誰が最後の覇者になるか、この目で見届けて食らいついてやるわ。面白うなってきた [平成エンタメ研究所]
「しかし、この真田安房守、この荒波を渡りきってみせる。  国衆には国衆の生き方というものがあるんじゃ。  誰が最後の覇者になるか、この目で見届けて食らいついてやるわ。  面白うなってきた」  昌幸(草刈正雄)のせりふである。  どんなことをしても生き残って...... [続きを読む]

» 真田丸 第5回 [レベル999のgoo部屋]
『窮地』「本能寺の変!父の本心」 内容織田家への服従を決めた昌幸(草刈正雄)の真田家。そんな折、信長が明智光秀に討たれるという事件が起きる。 穴山梅雪(榎木孝明)本多忠勝(藤岡弘、)石川数正(伊藤正之)らとともに、堺へと向かっていた家康(内野聖陽)は、...... [続きを読む]

» 大河ドラマ 真田丸 第5回   感想 [架空と現実の雑記帳]
本能寺の変により、信長という後ろ盾を失った真田家。再び戦国の荒波の中へと放り出された緊迫感からか、昌幸父さん(草刈正雄)らのコミカルシーンは武田家滅亡時と比べると少なかった。... [続きを読む]

» 【真田丸】第5回 「窮地」 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
本能寺の変。安土城下の信繁(堺雅人)は京に向かうが、そのすきに松(木村佳乃)を兵たちに奪われてしまう。 一方、徳川家康(内野聖陽)と本多忠勝(藤岡弘、)は明智の軍勢から逃れるため、険しい伊賀山中を抜けての脱出を決断。 野盗の群れが次々と襲うが、そのときある人物が現れる…。 信州で事件を知った昌幸(草刈正雄)は激しく動揺する。 再び主を失った真田家を守るため、越後の上杉景勝(遠...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い5信長が討たれ信繁は松と共に逃避行へ!昌幸は再び混迷の状況で難しい選択を迫られた [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「真田丸」第5話は本能寺の変で信長が光秀に討たれた事で全てが変わった。信繁は状況がわからず京へ向かうが、京で信長が討たれた事を知るや安土へ引き返し、松らを救 ... [続きを読む]

» 真田丸、運が無かった一益!! [函館 Glass Life]
青天の霹靂、驚天動地、本能寺の変を言い表す言葉が見つかりません たとえ情報が入ったとしても本当なのか?流言なのか?確認する術が ないのです 確信するまでにはかなりの時間を要した筈です。 信長だけでも驚きなのに世継ぎの信忠までも亡くなるなんて!!誰が想 ...... [続きを読む]

» 真田丸 第5話「窮地」 [昼寝の時間]
公式サイト 本能寺の変。安土城下の信繁(堺雅人)は京に向かうが、そのすきに松(木 [続きを読む]

» 真田丸 第5回「窮地」 [みはいる・BのB]
大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 第5回「窮地」 あらすじ・・・・ [続きを読む]

« 冬ドラマ視聴率一覧(5)と感想(2016年1~3月期) | トップページ | マイナス金利、やめてほしい(^^;) »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30