無料ブログはココログ

« 祝アクセス600万達成♪感謝♪&明日、バレンタイン♪ | トップページ | 冬ドラマ視聴率一覧(6)と感想(2016年1~3月期) »

2016年2月14日 (日)

【真田丸】第6回プチ感想と関東・関西視聴率「迷走」

副題「迷走」

新聞ラテ「無念の涙 生きてこそ」

-<2/20(土)追記>第6回の北海道の視聴率は、前回の13.8%より下がって、12.8%

残念ながら、こちらも最低視聴率で、3地方全て、最低視聴率でした(汗)

-<2/19(金)追記>第6回の関西の視聴率は、前回の18.1%より少し下がって、17.6%

残念ながら、こちらも最低視聴率でした(汗)

*  *  *

第6回の関東の視聴率は、前回の19.0%より下がってしまって、16.9%

残念ながら、最低視聴率でした(汗)

今回、ちょっと地味な話で、前回とあまり変わり映えしなかったので、仕方ないかも?(^^;)

* * *

松(木村佳乃)、追いつめられて崖から湖に飛び込みましたが、無事で良かったです♪(^^)

誰かに助けられて何も喋りませんでしたが、記憶を失っているのかな?

それとも、敵か味方か分からないので、身元がばれたくないのかな?

他の女性達はどうなったのでしょうか?

半分位、助かったかな??

それにしても皆を一緒に助けようとしたから悪かったのでは?(^^;)

松一人だったら見つかず助けられたと思いますが?(^^;)

でも、信繁(堺雅人)はそういう言い訳はせず、自分が本能寺を見に行ったりして、すぐに助けに行かなかったから悪いと、後悔・反省しました。

それ以上に、夫の小山田茂誠(高木渉)がついていたのに、頼りなかったですね(^^;)

彼は、松が死んだと思って、真田に帰れないし、松の傍にいてあげたいので、この地に残るとか言っていましたが、結局、どうしたのでしょう?

地元の人に助けてもらったみたいな松を見つけられますように☆(^^)

 

昌幸(草刈正雄)は、今回もどこにつくか迷って、一度は滝川一益(段田安則)につくので、明智を討ってほしいとけしかけたりしましたが。。。

滝川は昌幸に、本当に自分につく証に、今度は自分の所へ人質を出せと(汗)

松が死んだと皆、思って悲しんでいた時だけに、これはとても辛かったでしょう(汗)

結局、とり(草笛光子)が行ってくれる事になりました。

薫(高畑淳子)、次は私だと泣いてました(^^;)

この時代、いつも女性は人質にされるか、政略結婚させられるので、辛かったですね(^^;)

丁度、お城に奉公に出たばかりのきり(長澤まさみ)もお付きで一緒に行く事になってしまいました(汗)

お城に奉公に行かなければこんな事もなかったのに、悪い時に働き始めてしまいましたね(汗)

きりは、信繁に別れの挨拶をしたかったのですが、 信繁は梅(黒木華)と仲良くしていて、挨拶できず仕舞い(汗)

信繁はきりがついて行く事、知っていたのでしょうか?

きり、ちょっと気の毒でした(^^;)

とりを人質に出したのですが、結局、滝川が立たないうちに、秀吉が明智を討ってしまい、また人質が無駄になってしまいました(汗)

昌幸は悔しがり、秀吉とはどんな人なのか聞きました。

今迄、殆ど知らなかったようです(汗)

私が期待していた秀吉は、結局、この時の説明で少し出ただけで、期待外れでした(汗)

それにしても、本能寺の変に続き、秀吉の大返しも殆どやらないとは(^^;)

さすが、真田目線で徹底していますね(^^)

これはこれでいいですが、今回、お話がちょっと地味でした(^^;)

 

北条と滝川は和平を結んだのですが、明智を秀吉が討ったと知って、それを破り、北条氏政(高嶋政伸)が上野への侵攻を決めました。

高嶋政伸さんの北条氏政は、したたかそうで、良かったです(^^)

信長の死を聞いて、いろいろ貢物をしたのを思い出して、無駄になったと悔しがりました(笑)

昌幸と似ていますね(^^;)

あちこちと和平を約束して、ここぞとなれば、破棄するつもりでいるところも似ています(苦笑)

 

北条が上野へ攻めてくると知った昌幸は、北条を迎え討たず、この機会に、どこにつくか迷うのをやめ、真田家単独で動く事を決意。

信幸と信繁と高梨内記のいる前で言いました。

昌幸「これより真田は誰の下にもつかぬ。
 ようやく分かった。
 上杉も北条も徳川も、この信濃が欲しいのじゃ。
 ここには良き材木が採れる山々がある。
 それを運ぶ川もある。良い馬もいる。
 街道が通り、人が集まる。東と西を結ぶ要の土地じゃ。
 だからこそ、大名達はこの信濃を押さえようとする。
 この信濃がある限り、わしらは大名達と対等に渡り合える。
 この信濃を使って、やつらを操ってみせるのよ。
 もう、やつらの顔色を窺うのは、ごめんじゃ。
 内記、滝川一益には、上杉の動きを食い止めるために北に出陣してると伝えておけ」

内記「かしこまりました」

昌幸「滝川が北条と戦ってる間、城は手薄になる。
 これに乗じて岩櫃と沼田の城を奪い返す!」

信幸「なんと」

昌幸「沼田には、ばば様もおる。人質も一緒に取り返すのじゃ! いざ出陣じゃ」

内記「かしこまりました!」

昌幸「息子達よ」

信幸と信繁「はい!」

昌幸「どんな手を使っても、わしは真田を、この地を守り抜いてみせる。
 大博打の始まりじゃ!」

 

これはいい策ですね(^^)

北条が上野へ攻めて来て滝川が戦っている隙に、沼田城と岩櫃城と人質を取り戻す事にしました。

人質として沼田城にいる、とりときり、大丈夫でしょうか?

姉の松を救えなかったと信繁は思っているので、今度はかなり気合を入れて、救い出そうとするでしょう。

予告編だと大変そうでしたが・・・(^^;)

次回は「奪回」

人質と沼田城と岩櫃城の奪回ですね(^^)

無事に救えますように♪(^^)

 

【第6回あらすじ】 (Yahooテレビより)

「本能寺の変」直後の混乱が続く中、信繁(堺雅人)は明智勢に占拠された城から松(木村佳乃)を連れて脱出を図る。城下に出て逃げ切ったかにみえたが、街道で敵兵に囲まれる。絶体絶命の危機に、松は思わぬ行動を取る。信長が死に、昌幸(草刈正雄)は次に打つ手を考えあぐねる。そんな時、道理を重んじる信幸(大泉洋)の「真田は信長公の敵討ちをすべき」という提案を聞き、奇策を思い付く。本能寺の変の知らせを受け、織田の勢力下であった信州や上州への侵攻を狙っている北条氏政(高嶋政伸)に対し、昌幸は思いとどまるよう説得を試みる。そんな中、信繁が真田の里に戻ってくる。

-

【各地の視聴率とレビューリンク】 

第1回](1/10)「船出」 (関東)19.9% (関西)20.1% (北海道)13.5%   

第2回](1/17)「決断」 (関東)20.1% (関西)21.8% (北海道)16.7%

第3回](1/24)「策略」 (関東)18.3% (関西)20.2% (北海道)13.7%

第4回](1/31)「挑戦」 (関東)17.8% (関西)18.8% (北海道)14.3%

第5回](2/7) 「窮地」  (関東)19.0% (関西)18.1% (北海道)13.8%

[第6回](2/14)「迷走」 (関東)16.9% (関西)17.6% (北海道)12.8%

(視聴率:関東地区は月曜か火曜、関西は金曜か土曜、北海道は次の日曜位に分かる予定)

(北海道の視聴率、三連星さん、いつもありがとうございます♪)

-

関西の先週の視聴率BEST20

関東の先週の視聴率BEST10(ビデオリサーチ)

-

公式HP・人物相関図

公式HP・次回あらすじ

-


【楽天ブックスならいつでも送料無料】真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]


【楽天ブックスならいつでも送料無料】2016年NHK大河ドラマ「真田丸」完全読本


【今だけポイント3倍!】真田三代と真田丸のすべて/小和田哲男【後払いOK】【1000円以上送料無料】

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

できればクリック、お願いします♪(^^)

« 祝アクセス600万達成♪感謝♪&明日、バレンタイン♪ | トップページ | 冬ドラマ視聴率一覧(6)と感想(2016年1~3月期) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。今回はあまり話が進みませんでしたね。家康主従は相変わらず面白いですが、真田家は地味でした。高嶋北条はいい味を出してました。高嶋弟はこうゆうキャラが定着してきましたね。来週に期待かな。

>ムーミンさんへ

コメント、ありがとうございます。

>今回はあまり話が進みませんでしたね。

ですよね(^^;)

>家康主従は相変わらず面白いですが、真田家は地味でした。高嶋北条はいい味を出してました。高嶋弟はこうゆうキャラが定着してきましたね。来週に期待かな。

家康パートは、いつもお笑い担当のようですね(^^;)
高嶋弟、良かったですが、ほんとこういうキャラ、最近、多いですね(^^;)
来週、私も期待します(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/63212510

この記事へのトラックバック一覧です: 【真田丸】第6回プチ感想と関東・関西視聴率「迷走」:

» 【真田丸】第6回プチ感想と関東・関西視聴率... [ショコラの日記帳]
【第6回の関東の視聴率は、2/15(月)か2/16(火)に追記予定】副題「迷走」新聞ラテ「無念の涙 生きてこそ」松(木村佳乃)、川に落ちましたが、無事で良かったです♪(^^)誰かに助け... [続きを読む]

» 真田丸「迷走」 [のほほん便り]
本能寺の変以来の激変。歴史の変動が目まぐるしく、それが「噂として」伝わってきて翻弄させられる様が、なんか、あの時代らしくてリアルです。 信繁(堺雅人)は松(木村佳乃)を連れ信濃へ逃げようとするが、明智兵に見つかってしまい、崖に追い詰められ、思わず身投げするとは、びっくりぽん。 でも、見つかったのが着物だけだったので、また再会できそうな予感も。 しかし、真田へ帰るとも、辛い報告をせねばならない信繁。母君(高畑淳子)は全身で悲しんでおりました。やがて、女達にも知られることとなり… 反応... [続きを読む]

» 大河ドラマ「真田丸」第6回 [日々“是”精進! ver.F]
この国が、好き… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201602140001/ 真田幸村と真田丸価格:1,058円(税込、送料込) [続きを読む]

» 大河ドラマ「真田丸」第6回 [日々“是”精進!]
第6回「迷走」本能寺の変、直後の安土。信繁は松を連れ信濃へ逃げようとするが、明智兵に見つかってしまう。追いつめられた松は思わぬ行動に。真田の郷では、「信長公の仇を討つべ... [続きを読む]

» 真田丸 第六回「迷走」 [事務職員へのこの1冊]
第五回「窮地」はこちら。うちの読者には歴史好きが多いんだろうか。城マニアにつづいて別の読者からもレスが。今の真田丸のおもしろいところは、もはや戦国の後始末の部分を描いているのに、直載にそれを描かないところで、徐々に盛り上げてうんうん、...... [続きを読む]

» 【真田丸】第6回 「迷走」 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
本能寺の変、直後の安土。 信繁(堺雅人)は松(木村佳乃)を連れ信濃へ逃げようとするが、明智兵に見つかってしまう。 追いつめられた松は思わぬ行動に。 真田の郷では、「信長公のあだを討つべし」と正論を主張する信幸(大泉洋)に対して、昌幸(草刈正雄)の策は意表をつくものだった。 一方、信長の死を知った北条氏政(高嶋政伸)は、信濃に狙いを定める。 北条への恐怖におびえる故郷に、信繁が悲...... [続きを読む]

» 真田丸 第6回「迷走」〜信濃があるかぎり、大名たちと対等に渡り合える! 大博打の始まりじゃ! [平成エンタメ研究所]
 『覇権か、生存か』  ノーム・チョムスキーの本のタイトルだが、今回の話はまさにこれ。  <覇権>を目指すのは、羽柴秀吉(小日向文世)滝川一益(段田安則)ら織田家臣と北条氏政(高嶋政伸)ら戦国大名。  <生存>を目指すのは、真田昌幸(草刈正雄)、そして徳...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「真田丸」 #06 迷走 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
信長の死が真田を翻弄する・・・。 まさか10日で天下の行く末が変わろうとは・・・。 [続きを読む]

» 真田丸 第6回 [レベル999のgoo部屋]
『迷走』「無念の涙生きてこそ」 内容明智の兵のいる安土から脱出を試みる信繁(堺雅人)たち。城内にいた姉・松(木村佳乃)だけでなく、女子供も連れて逃げはじめる。信繁、三十郎(迫田孝也)茂誠(高木渉)が奮闘。佐助(藤井隆)も加勢。だが追っ手に囲まれてしまい...... [続きを読む]

» 大河ドラマ 真田丸 第6回「迷走」   感想 [架空と現実の雑記帳]
抜け道を使って安土城外へ脱出できた信繁(堺雅人)一行でしたが、明智の兵に見つかり、さぁ大変。しょせんは多勢に無勢。神君伊賀越えのときの半蔵の「押し通します」作戦とは対照的に、一行は散り散りに。松姉さん(木村佳乃)は火曜サスペンス劇場並みの断崖絶壁に追いつめられて、最後は湖へダイブする始末に。... [続きを読む]

» 真田丸 第6話「迷走」 [昼寝の時間]
公式サイト 本能寺の変、直後の安土。信繁(堺雅人)は松(木村佳乃)を連れ信濃へ逃 [続きを読む]

» 大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い6昌幸は氏政が上野を狙う事を見越して一益を見限る動きで岩櫃と沼田奪還に動き出した [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「真田丸」第6話は安土から逃亡する事になった信繁と松だったが、明智兵に見つかってしまい、そこで松が琵琶湖に飛び降りて行方不明となる。亡くなったと悟った信繁は ... [続きを読む]

» 真田丸 第6話「迷走」 ~出浦昌相が見せた「素っ破」の流儀 [坂の上のサインボード]
 本能寺の変の知らせが東国に届いたのは、事変から4、5日後のことでした。これにより、甲斐国、信濃国、上野国などの旧武田領は騒然たる状態となります。織田信長から旧武田領の統治を任されていた織田家家臣たちは一転して窮地に立たされ、森長可、毛利秀頼、道家正栄らは相次いで美濃方面に逃走し、甲斐・信濃諏訪郡支配を担っていた河尻秀隆は殺されました。  そのなかで、ドラマに出ていたのは森長可だけでしたね。信濃国境の関川で上杉家と対陣していた長可は、6月8日に陣を払って越後国から信濃国へ撤退。そこで軍議を開いて信長... [続きを読む]

» 恋はため息と涙でいっぱい・・・信繁様への真心ゆえに(長澤まさみ)終わりの始まり(段田安則) [キッドのブログinココログ]
安土城がいつ炎上したのかには諸説ある。 安土城といっても巨大な城郭であるために・・・全焼したという確証はない。 大きなパーツを考えても、天守閣、本丸、二の丸、城下町が存在する。 このうち、本丸は天正七年(1579年)には落雷で一度、焼失したという説がある。 天守と本丸は一体化されていたという説もある... [続きを読む]

» 真田丸、大博打の始まり??? [函館 Glass Life]
真田は誰の下にも付かん!!」 「この信濃がある限り大名達と対等に渡り合える!!」 又々、昌幸の思い付き発言炸裂。 言ってる事は一見説得力がありそうですが、この先も大名達の 顔色を伺い生きていかなければなららい真田家、とても対等に は渡りあえないのです 「ど...... [続きを読む]

« 祝アクセス600万達成♪感謝♪&明日、バレンタイン♪ | トップページ | 冬ドラマ視聴率一覧(6)と感想(2016年1~3月期) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30