無料ブログはココログ

« ネタバレ【とと姉ちゃん】第1週日別粗筋(4/4~4/9)&作品紹介 | トップページ | 【あさが来た】関東と関西の最終回視聴率&平均・今世紀最高 »

2016年4月 4日 (月)

【とと姉ちゃん】初回(第1回)感想&『スタパ』高畑充希さん出演

初回、まあまあかな?(^^;)

このドラマは、戦後、一世を風靡した生活総合雑誌『暮しの手帖』を創刊した社長の大橋鎭子さんと、編集長の花森安治さんの軌跡をモチーフにした、フィクションの物語。

「暮らしの手帖」は、ドラマ内では「あなたの暮らし」になり、大橋鎮子さん役は小橋常子(高畑充希、幼少期:内田未来)、編集長の花山伊佐次役は唐沢寿明さんが演じます。

ただ、昭和33年にまた戻らない限り、唐沢寿明さんが登場するのはかなり後でしょう(^^;)

「おひさま」や「花子とアン」は回想シーンが多く、年を取ってからにも結構、戻ったけれど、このドラマはどういう構成を取るでしょう?

 

まず、初回のあらすじを書きます。

最初、昭和33年の東京で始まり、常子役は高畑充希さんで、常子が社長として創刊した生活総合雑誌『あなたの暮らし』の仕事ぶりから始まりました。

語り「戦後すぐに創刊され、日本中の多くの家庭で読まれた生活総合雑誌がありました。まだ、物が十分になかった時代に、生活のレシピを消費者に分かりやすく伝え、一世を風靡した画期的な雑誌でした。この雑誌を作り始めたのは、ある三姉妹と一人の編集長。長女の常子が、女性のために本を作ろうと言ったのが、きっかけでした。

この物語は、『あなたの暮らし』を創刊した常子が、父親代わりに妹達を育てながら、昭和を逞しく懸命に駆け抜けていくお話です

語りで、最初に、このドラマの説明をして、分かりやすかったです(^^)

モデルの雑誌は、昭和23年(1948年)に第1号が創刊されたので、昭和33年だと創刊から10年位経っています(^^)

 

編集員が川畑先生の原稿を断られてしまったと、常子に報告。

編集員「電話して、なんとかお願いしたのですが・・・」

常子「電話? 電話でお願いしたの?

 それじゃ、駄目よ。人に何かお願いする時は直接会って話さなきゃ」

そう言って、すぐ、常子は外に飛び出しました。

これは当然ですね(^^;)

今でも一緒だと思います(^^)

大事なお願いは、電話やメールだけでなく、直接会って頼まないと♪

 

そして、すぐに、昭和5年の静岡県浜松市に遡り、常子が10歳で、内田未来ちゃんに。

ここの戻った直後の明るい音楽、好きです♪(^^)

妹・鞠子(須田琥珀)は9歳。末の妹・美子(根岸姫奈)は4歳です。

美子ちゃん、4歳なのに、結構、台詞があって、可愛かったです♪(^^)

 

主題歌は、宇多田ヒカルさんの「花束を君に」です

宇多田さん、活動休止していましたが、5年ぶりに再始動との事♪

でも、ちょっと渋くて、言われないと、宇多田さんだと分からない感じ?(^^;)

毎日、聞くので、そのうちに、聞き慣れてくると思います♪(^^)

ただ、私的には、前作のAKB48の主題歌の方が好きでした(^^;)

今日、「スタパ」に高畑充希さんが出演されました。

高畑さんは宇多田さんが主題歌という事、聞いていたけど、あまりにすごすぎて、正直、今回、ドラマで流れるまで本当か信じられなかったとの事(^^;)

ちゃんと宇多田さんの曲が流れて、良かった♪ とても素晴らしい曲だと喜んでいらっしゃいました♪(^^)

尚、高畑さんも、朝ドラのオーディション、何度も受けた事があって、「ごちそうさん」は3度めで、今回のは4度めとの事。

4度目で主役というと、波瑠さんと同じですね(^^)

「ごちそうさん」ヒロインの杏さんから高畑さんへのメッセージも伝えました。

朝ドラは台本がすごく沢山で、順番、滅茶苦茶に撮るので、自分でノートを作った方がいい。

高畑さんの事は全然、心配していない。ただ、健康だけは気をつけるようにとの事でした。

杏さんはいつも撮影ノートを作って、マメですよね(^^)

スタパの司会が高畑淳子さんで、高畑充希さんと同じ高畑で、よく親子ではないかと言われるけれど、娘ではないとの事でした(^^;)

高畑淳子さんも新人の頃、オーディションに応募したけれど、5回落ちたと仰いました。

でも、「つばさ」でヒロインの母役で出演されましたね(^^)

今は大河に出演してますが♪(^^)

 

脱線してしまいましたが、

音楽は、遠藤浩二さんで、前述の通り、過去に戻った直後の曲といい、全体的に良かったです♪

父の小橋竹蔵(西島秀俊)、遠州浜松染工の営業部長ですが、優しくていい人ですね♪

周りの皆は静岡県遠州地方の遠州弁ですが、常子達一家は両親が東京出身なのか、言葉が標準語で丁寧で、初回の雰囲気は「おひさま」の最初の方を思い出しました。

あれは第1週の最後で、早くも母が亡くなってしまいましたが、こちらは第1週の最後で、父が亡くなってしまいます(汗)

この家族は、家族内でも言葉が丁寧な上、父の事を「とと」、母の事を「かか」と呼びます。

今は「つん姉ちゃん」と呼ばれている常子が父親代わりになり、「とと姉ちゃん」と呼ばれるようになります。

アニメでところどころ説明があったのは、分かりやすかったです♪

娘が高い所から落ちそうだと聞いて、ザルを持って駆けつけたかか(母)の君子(木村多江)、天然ボケみたいでいいですね♪(^^)

 

小橋家には、竹蔵が作った家訓があります。

<小橋家・家訓>

1つ、朝食は家族皆で取ること

1つ、月に一度は家族皆でお出かけすること

1つ、自分の服は自分でたたむこと

 

これ、漢字で書いて壁に貼ってありましたが、子供は読めないのでは?(^^;)

両親が気をつけて、皆にやらせようと思っていたのでしょうね?

今迄、ずっと全部守られていましたが、初めて、ととに破られてしまいました(汗)

ラサールさんのせい?(^^;)

ラサール石井さん、今度は重要な取引先・西洋紡の専務として登場♪

前回の朝ドラでヒロインを刺しただけに、今度も悪役だろうと思ってしまいます(^^;)

芸妓のいる店で竹蔵達に酒盛りの接待を受け、竹蔵に

「君はちっとも顔が赤く染まらんねえ。染め屋のくせに」とジョーク(笑)

こういう人の接待、大変でしょうね?(^^;)

翌日も接待になってしまったのかな??

三姉妹、紅葉狩りを楽しみにしていたのに、残念でした。

来週行くという事はできないのかな?(^^;)

桜と違って、紅葉は見頃の時期が長そうな気がしますが(^^;)

 

順番前後しますが、常子、染物を干す櫓に上がってしまって、落ちそうだと大騒ぎ(汗)

最初は、綺麗だと喜んでいたのですが…

無事に下に降ろされて、怒られました。

仕事中のととと買い物中だったかかが駆けつけ、無事で安堵しました。

父は「どうしてこんな事を?」と聞きました。

常子は「綴り方の宿題のために」と。

常子「『きれいな物』という題で宿題が出たんです。

 それでここの景色を書こうと思った時に、上から見た方がきれいだと思って」

竹蔵「いけないと言ったはずですよ。

 人に迷惑をかけることや危ない行いは」

常子「ごめんなさい」

竹蔵「でも、どうしようと自分で考え、自分で行動したことはすばらしいと思います」

常子、ほっとして微笑む。

母・君子がようやく着いて、常子の無事が分かって安堵する。

君子「良かった。無事だったのね」

竹蔵「君子、どうしてザルを?」

君子「え? 常子が落ちそうだって聞いたから」

「それじゃ無理でしょ」と皆、笑う。

 

ととは、叱ったものの、訳を聞いて、褒めてくれたし、天然ボケのかかも楽しそうだし、ほのぼのとしていい家族ですね♪

これで、父も健康なら羨ましい家族ですが・・・

紅葉狩りに行けないどころじゃない悲しみが、これからこの家族を襲うと思うと、今のこのたわいのないことで、一喜一憂することが幸せな家族に見えてきます(^^)

とりあえず、しばらく様子見です(^^)

ただ、西島秀俊さんの優しい父、素敵だし、

今後、出演予定の常子の叔父役の向井理さんや、

常子の祖母役の大地真央さん、

常子が入社する出版社社員役の及川光博さん、

雑誌『あなたの暮らし』の編集長役の唐沢寿明さんなど、登場、とても楽しみです♪(^^)

 

尚、初回の視聴率は、明日のレビューに書く予定です。

-

【原作・脚本】 西田征史

【語り】 檀ふみ

【主題歌】 宇多田ヒカル「花束を君に」

【音楽】 遠藤浩二

-

【主要キャスト】

小橋 常子(こはし つねこ) - 高畑充希(幼少期:内田未来)(ヒロイン)
小橋 竹蔵(こはし たけぞう) - 西島秀俊(常子の父)
小橋 君子(こはし きみこ) - 木村多江(常子の母)
小橋 鞠子(こはし まりこ) - 相楽樹(幼少期:須田琥珀)(常子の妹。次女)
小橋 美子(こはし よしこ) - 杉咲花(幼少期:根岸姫奈、川上凜子)(常子の妹。三女)
小橋 鉄郎 - 向井理(常子の叔父。竹蔵の弟。風来坊)
青柳 滝子 - 大地真央(常子の祖母。君子の母。東京・深川の材木問屋「青柳商店」の女将)
隈井 栄太郎 - 片岡鶴太郎(「青柳商店」の筆頭番頭)
青柳 清 - 大野拓朗(滝子の養子。「青柳商店」の跡取り。若旦那)
森田 まつ - 秋野暢子(深川の仕出し屋「森田屋」の大女将)
森田 宗吉 - ピエール瀧(「森田屋」の主人兼板前。まつの息子)
森田 照代 - 平岩紙(宗吉の妻)
森田 富江 - 川栄李奈(宗吉の娘)
中田 綾 - 阿部純子(東京の女学校で常子が出会う親友)
星野 武蔵 - 坂口健太郎(帝大生)
東堂 チヨ - 片桐はいり(常子の女学校時代の恩師)
五反田 一郎 - 及川光博(常子が入社する出版社社員)
谷 誠治 - 山口智充(常子が入社する出版社の社長兼編集長)
水田 正平 - 伊藤淳史(常子が社長として創刊する雑誌『あなたの暮らし』の経理担当)
花山 伊佐次 - 唐沢寿明(雑誌『あなたの暮らし』の編集長。常子の魂のパートナー)

-

「とと姉ちゃん」 プレミアムトークショー・応募詳細

【会場】静岡文化芸術大学 講堂(浜松市)

【日時】平成28年4月16日(土)

【応募締切】4月6日(水)午後11時59分

【出演】相楽 樹(妹・小橋鞠子役)、田中幸太朗(染工工場勤務 山田役)、加藤 諒(玉置正雄役)など

 

「とと姉ちゃん」公式HP・トップ

公式HP・人物相関図

公式HP・西島秀俊&木村多江インタビュー

 

静岡NHK・「とと姉ちゃん」通信

-

第1週日別あらすじ(4/4~4/9)(ネタバレ)

-


【楽天ブックスならいつでも送料無料】とと姉ちゃん(part1) [ NHK出版 ]


【ポケット版】「暮しの手帖」とわたし NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 大橋鎭子の本 / 大橋鎭子 【単行本】


しずこさん 2016年4月号 【特集】 『暮しの手帖』を創った大橋鎮子(連続テレビ小説 『とと姉ちゃん』ヒロインのモチーフ)[本/雑誌] (雑誌) / 暮しの手帖社


暮しの手帖 2016年4月号 【特集】 『暮しの手帖』を創ったしずこさん(連続テレビ小説 『とと姉ちゃん』ヒロインのモチーフ大橋鎮子)[本/雑誌] (雑誌) / 暮しの手帖社

 

-

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できればクリック、お願いします♪

« ネタバレ【とと姉ちゃん】第1週日別粗筋(4/4~4/9)&作品紹介 | トップページ | 【あさが来た】関東と関西の最終回視聴率&平均・今世紀最高 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/63439100

この記事へのトラックバック一覧です: 【とと姉ちゃん】初回(第1回)感想&『スタパ』高畑充希さん出演:

» 【とと姉ちゃん】初回(第1回)感想&『スタパ... [ショコラの日記帳]
初回、まあまあかな?(^^;)このドラマは、戦後、一世を風靡した生活総合雑誌『暮しの手帖』を創刊した社長の大橋鎭子さんと、編集長の花森安治さんの軌跡をモチーフにした、フ... [続きを読む]

» 「とと姉ちゃん」第1回★丁寧語家族 [世事熟視〜コソダチP]
連続テレビ小説「とと姉ちゃん」 第1回(4月4日) 昭和5年。静岡県遠州地方。主人公・小橋常子(内田未来)は、きれいなものが大好きな好奇心旺盛で行動力のある三姉妹の長女。染工会社で働く家族思いの父・竹蔵(西島秀俊)を「とと」、おっとりしている母・君子(木村多江)を「かか」と呼び、家族仲良く暮らしている。小橋家には家訓があり、月に一度家族全員でおでかけすることを習いとしていた。しかし突然、竹蔵にお得意先の接待が入り、初めて家訓が破られることになる…。常子(内田未来)が高い櫓に登って迷惑をかけた... [続きを読む]

» とと姉ちゃん (第1回・4/4) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(公式) 第1週『常子、父と約束する』『第1回』の感想。 なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。 昭和5年。静岡県遠州地方。主人公・小橋常子(内田未来)は、きれいなものが大好きな好奇心旺盛で行動力のある三姉妹の長女。染工会社で働く家族思いの父・竹蔵(西島秀俊)を「とと」、おっとりして...... [続きを読む]

» NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第1回 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
昭和5年。静岡県遠州地方。主人公・小橋常子(内田未来)は、きれいなものが大好きな好奇心旺盛で行動力のある三姉妹の長女。 染工会社で働く家族思いの父・竹蔵(西島秀俊)を「とと」、おっとりしている母・君子(木村多江)を「かか」と呼び、家族仲良く暮らしている。 小橋家には家訓があり、月に一度家族全員でおでかけすることを習いとしていた。 しかし突然、竹蔵にお得意先の接待が入り、初めて家訓が破ら...... [続きを読む]

» つん姉ちゃん>『とと姉ちゃん』第1話 [何がなんだか…ひじゅに館]
あらー 萬家さんったら、こんな所にいたの!? …というのが第一印象>こらこら …ひじゅにですが何か? 「ど~したもんじゃろの~!?」by常子 初回にしてグッと心を掴まれる! …というわけには行かなかったけど 初回にしてソコハカトナイ不安が漂う …なんてこともなかったし まあまあ合格点!というところでせうか?>エラソウ 番宣は...... [続きを読む]

» つん姉ちゃん>『とと姉ちゃん』第1話 [もう…何がなんだか日記]
あらー萬家さんったら、こんな所にいたの!?というのが第一印象>こらこらひじゅにですが何か?「ど~したもんじゃろの~!?」by常子初回にしてグッと心を掴まれる!&he... [続きを読む]

» とと姉ちゃん 第1回 [レベル999のgoo部屋]
『常子、父と約束する』 内容ある日、染色工場の営業で働く小橋竹蔵(西島秀俊)が仕事をしていると。同僚が駆け込んでくる。常子(内田未来)が騒ぎを起こしたよう。謝るしかない竹蔵は、常子を叱ると同時に、自分で考え、行動したことは褒めるのだった。そこに、常子の...... [続きを読む]

« ネタバレ【とと姉ちゃん】第1週日別粗筋(4/4~4/9)&作品紹介 | トップページ | 【あさが来た】関東と関西の最終回視聴率&平均・今世紀最高 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック