無料ブログはココログ

« 【真田丸】第13回(4/3)プチ感想と視聴率「決戦」 | トップページ | 【とと姉ちゃん】第7回と『てるてる家族』第1回(4/11)感想 »

2016年4月11日 (月)

【真田丸】第14回(4/10)感想と視聴率「大坂」

「大坂」

【4/17(日)追記】

第14回の北海道の視聴率は、前回の11.6%より、大きく上がって、15.0%↑でした♪

久々の15%台です♪(^^)

北海道では、大坂編に期待が集まったのかもしれません♪(^^)

【4/15(金)追記】

第14回の関西の視聴率は、前回の16.4%より下がって、15.2%↓でした。

関東の視聴率も前回より下がりましたが、関東のBSの視聴率は4.8%↑で、今まで最高だった第10回(3/13)「妙手」(4.7%)を超えて、最高でした♪

いち早く見たい「早丸」ファンは、順調に伸びているようです♪(^^)

*  *  *

第14回の関東の視聴率は、前回の17.5%より下がって、17.1%でした。

上杉景勝(遠藤憲一)が秀吉に服従する事になり、上洛。

信繁(堺雅人)も景勝に付き従い、一緒に大阪城に行く事になりました。

それはいいですが、まさかきりも大坂に一緒に行くなんて(汗)

相変わらず、礼儀知らずで、生意気で、折角の雰囲気をぶち壊しでした(^^;)

きりが石田三成(山本耕史)に物置部屋みたいな所に通された時は、少しいい気味だと思ってしまいました(^^;)

 

真田信尹(栗原英雄)、牢に入れられていたのに、石川数正(伊藤正之)を調略して秀吉側に寝返らせて、すごいですね(^^)

数正は、それまで徳川と秀吉側との交渉役でしたが、徳川が秀吉と関係を断って戦に傾いてしまったため、自分の居場所を失い、困っていました。それを昌幸がうまくついた策でした♪

数正は徳川の機密情報を知り尽くした重鎮だったため、家康はとても恐れ、秀吉の攻撃に備えて、真田への攻撃を辞めました♪

それにしても、数正、寝返った後、後悔していて、情けなく描かれて、お気の毒(^^;)

上洛する景勝についていった信繁は、三成の計らいで、京で匿われていた数正に面会しました。

徳川に命を狙われていて、2週間前からここにいるとの事。

初めて会った信繁に愚痴を言いました。

「ようするに、わしは真田の手駒に使われたのじゃ。

ひどいではないか! おまえ達にさえ、そそのかされなければ、考え直していたのだ!

徳川には長年のご恩があるんだから」

「でも、それは、そそのかされたのがいけないんじゃないでしょうか?

最後は自分で決めた事なのですから。自ら責めを負うしかないと思いますが」

「そんな事は分かっておるさ!(酒を飲み)

殿を裏切ってしまった。あれほどお世話になったというに…」

「もうしょうがないですよ。裏切ってしまったんですから。

先が読めないのは、皆、同じです。

だから必死に生きてるんです。

人を騙したり、裏切る事もあるでしょう。

でも、それは善と悪で計れるものではないと、私は思うのです。

石川様、とりあえず、先に進みましょう」

「うん」

語り「石川数正は、その後、秀吉の下で、信濃松本10万石の大名となった」

 

この流れでこの語りだと、数正はこの時、信繁に忠告されて、改心して頑張って大名になれたかのようでした(^^;)

 

それにしても、ようやく登場した羽柴秀吉、もう関白になっていたとは(^^;)

本能寺の変から何年経ったのか、疑問で、調べました。

本能寺の変は、天正10年(1582年)6月2日で、天正13年(1585年)3月、関白になり、

天正13年11月29日(1586年1月18日)、天正地震がありました。

この地震が今回、出てきた地震でしょう。

という事は、まだ3~4年位しか経っていませんね。

でも、もう秀吉が天下をほぼ手中にしていて、全国の大名に服従を求め、上洛するよう、書状を出しまくっていました。

大名でないのですが、昌幸の元にも書状が来ました(^^)

昌幸は上洛するか迷いましたが、信長の時に、すぐに鞍替えして失敗したので、今度はとりあえず、様子見に(^^;)

 

景勝は、服従する事にして、上洛したのですが、最後の最後まで迷っていたようで、行く途中で、何度も信繁に相談。

優柔不断で、可愛かったです(^^;)

景勝や数正など、信繁、いい相談相手になれて、立派になったものです(^^;)

 

たまたま信繁が景勝について上洛したので、昌幸は大喜び♪

信繁に、秀吉がどんな男か見てくるように命じ、彼を人質に送ってよかった。使える男だと、信幸の前でベタ褒め(^^;)

また信幸がいじけてしまいました(^^;)

それにしても、妻の膝か母の膝か、間違えるものでしょうか?(^^;)

顔を見ないで、膝に寝る事はないと思いますが(^^;)

妻の膝枕で、愚痴を言ったつもりが、母の膝枕でした(笑)

 

そして、前回、梅が亡くなってしまったので、娘の世話、きりができなくて、兄の堀田作兵衛がする事になったと(汗)

前回、梅が戦場を駆け回っていた時は、きりが赤ちゃんの世話を普通にしていたのに、今回は、全然できないなんて、変な感じ(^^;)

それに、信繁の子なんだから、別に、きりでなくても他の使用人の女性に世話させればいいと思いますが(^^;)

いくら兄とはいえ、男の作兵衛に預けるとは、びっくりでした(汗)

子供、男でなくて、女の子だったので、もうどうでもよいのかな??(^^;)

 

家康、数正の離反が、信尹の調略だったと知っても殺さず、優秀なので、自分の臣下にしました。

あんなに悲しんでいたのに、情に流されず、さすがですね(^^)

 

細かそうな石田三成(山本耕史)、従来通りのイメージでした(^^)

茶々(竹内結子)も天真爛漫で、従来通りのイメージでした(^^)

茶々、信繁が一人、待機していた部屋に入ろうとして、外へ出ようとしていた信繁とぶつかりそうになり、言葉を交わしました♪

彼女は、信繁の頬を両手で包み、

「わりと好きな顔♪ フフフ・・・

殿下がね、あなたに会うの、楽しみにしてましたよ♪」

 

語り「この天真爛漫な娘は、やがて右大臣・豊臣秀頼の生母・淀の方となる。

 信繁の人生に大きく関わってくるのだが、それはまだ先の話である」

 

この危険な魅力に憑りつかれて、信繁は、最後まで秀頼を守っていくのかな?(^^;)

そんな感じの語りがありました(^^;)

このシ-ンは別に悪くなかったですが、それにしても、やはり、きりを始め、女性の出てくるシーンが軽すぎて、苦手です(^^;)

 

次回は、「秀吉」。

秀吉の正妻の寧(ねい)(鈴木京香)や、千利休(桂文枝)など、次回も新登場の人物が沢山登場するようです(^^)

今回は、秀吉、チラッと写った程度だったので、次回、どんな人なのか楽しみです♪(^^)

-

【第14回あらすじ】 (Yahooテレビより)

物語の新たな舞台は大坂。天下をほぼ手中にした羽柴秀吉(小日向文世)が、全国の大名に服従を求めていた。上杉景勝(遠藤憲一)はこれに応じてやむなく上洛。信繁(堺雅人)も景勝に付き従う。徳川家康(内野聖陽)や北条氏政(高嶋政伸)も強大な秀吉の前に決断を迫られる。途方もないスケールを誇る大坂城に入った信繁は、茶々(竹内結子)や石田三成(山本耕史)らと出会い、秀吉の天下取りを間近で目撃することになる。

-

【各地の視聴率とレビューリンク】 

第1回](1/10)「船出」 (関東)19.9% (関西)20.1% (北海道)13.5% (BS)3.3%

第2回](1/17)「決断」 (関東)20.1% (関西)21.8% (北海道)16.7% (BS)3.3%

第3回](1/24)「策略」 (関東)18.3% (関西)20.2% (北海道)13.7% (BS)3.5%

第4回](1/31)「挑戦」 (関東)17.8% (関西)18.8% (北海道)14.3% (BS)3.9%

第5回](2/7) 「窮地」  (関東)19.0% (関西)18.1% (北海道)13.8% (BS)4.5%

第6回](2/14)「迷走」 (関東)16.9% (関西)17.6% (北海道)12.8% (BS)4.2%

第7回](2/21)「奪回」 (関東)17.4% (関西)17.1% (北海道)12.8% (BS)?(4.3%以下)

第8回](2/28)「調略」 (関東)17.1% (関西)17.4% (北海道)16.8% (BS)4.4%

第9回](3/6)  「駆引」 (関東)16.6% (関西)?(14.4%以下) (北海道)13.6% (BS)?

第10回](3/13)「妙手」(関東)16.2% (関西)17.4% (北海道)11.9%  (BS)4.7%

第11回](3/20)「祝言」(関東)15.6% (関西)14.0%  (北海道)13.4% (BS)4.5%

[第12回](3/27)「人質」(関東)17.9% (関西)17.0%  (北海道)14.8% (BS)?

第13回](4/3) 「決戦」 (関東)17.5% (関西)16.4%  (北海道)11.6% (BS)?

[第14回](4/10)「大坂」(関東)17.1%   (関西)15.2%  (北海道)15.0%  (BS)4.8%(最高)

(「BS」の視聴率は、BSプレミアムで18時から放送の関東の視聴率)

(視聴率:関東地区は月曜か火曜、関西は金曜か土曜、北海道は次の日曜位に分かる予定)

(北海道の視聴率、三連星さん、いつもありがとうございます♪)

-

公式HP・次回あらすじ

公式HP・徳川家康の誤算・石川数正の離反

公式HP・信繁の正室・春(竹林院)役、松岡茉優さんに決定!

-

「真田丸」第11話視聴率は右肩下がり15.6%…BSは好調(16.3.22)

<真田丸>第8回は視聴率17.1% BSは2番目の高視聴率(16.2.29)

BS視聴率が好調なワケとは? 大河・真田丸、ネット上では「早丸」の愛称で人気(16.2.21)

-

関西の先週の視聴率BEST20

関東の先週の視聴率BEST10(ビデオリサーチ)

-


【楽天ブックスならいつでも送料無料】真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]


【楽天ブックスならいつでも送料無料】2016年NHK大河ドラマ「真田丸」完全読本

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 

できればクリック、お願いします♪(^^)

« 【真田丸】第13回(4/3)プチ感想と視聴率「決戦」 | トップページ | 【とと姉ちゃん】第7回と『てるてる家族』第1回(4/11)感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/63471666

この記事へのトラックバック一覧です: 【真田丸】第14回(4/10)感想と視聴率「大坂」:

» 【真田丸】第14回(4/10)感想と視聴率「大坂」 [ショコラの日記帳]
「大坂」第14回の関東の視聴率は、前回の17.5%より下がって、17.1%でした。関西の視聴率は金曜か土曜、北海道の視聴率は次の日曜辺りに追記予定です。上杉景勝(遠藤憲一)が秀... [続きを読む]

» 大河ドラマ「真田丸」 #14 大坂 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
家康を撃退しものの、天下は秀吉のものになろうとしています。 歴史の表舞台に登場する人々がたくさん出てきます。 [続きを読む]

» 【真田丸】第14回 「大坂」 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
物語の新たな舞台は大坂。 天下をほぼ手中にした羽柴秀吉(小日向文世)が、全国の大名に服従を求めていた。 上杉景勝(遠藤憲一)はこれに応じてやむなく上洛。信繁(堺雅人)も景勝に付き従う。 徳川家康(内野聖陽)や北条氏政(高嶋政伸)も強大な秀吉の前に決断を迫られる。 途方もないスケールを誇る大坂城に入った信繁は、茶々(竹内結子)や石田三成(山本耕史)らと出会い、秀吉の天下取りを間近で目撃...... [続きを読む]

» 真田丸 第14回 [レベル999のgoo部屋]
「大坂」 内容徳川軍に勝利した真田家であったが、その戦いの中、信繁(堺雅人)は、妻・梅を亡くしてしまう。 思わぬ大敗に怒り心頭の家康(内野聖陽)新たな手を打ち始めるさなか、家康に衝撃的なしらせが入る。重臣の石川数正(伊藤正之)が出奔。敵対する羽柴秀吉(...... [続きを読む]

» 真田丸 第14話「大坂」 ~石川数正出奔と天正大地震~ [坂の上のサインボード]
 第一次上田合戦で徳川軍に勝利した真田昌幸でしたが、しかし、徳川軍はこの敗戦で壊滅的な打撃を受けたわけではなく、このあとも撤退することなく兵を留め、再び上田城を攻撃するべく体制の立て直しをはかります。徳川家康にしてみれば、真田氏ごとき一国衆に敗北したとあっては、同盟関係にある北条氏に対しての面目がたたず、意地でも上田城を落として真田氏をぶっ潰す必要があったのでしょう。家康は井伊直政、松平康重らの重臣に5000の兵を預けて援軍に向かわせたといいます。  ところが、それもつかの間の天正13年(1585年... [続きを読む]

» 大河ドラマ「真田丸」第14回 [日々“是”精進!]
第14回「大坂」天下をほぼ手中にした羽柴秀吉が、全国の大名に服従を求めていた。上杉景勝はこれに応じてやむなく上洛。信繁も景勝に付き従う。徳川家康や北条氏政も強大な秀吉の... [続きを読む]

» 大河ドラマ「真田丸」第14回 [日々“是”精進! ver.F]
信繁、大坂へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604100001/ 歴史秘話ヒストリア 徹底解明!これが“真田丸だ ~地中に残された幻の城~ [ 渡邊あゆみ ]価格:3,078円(税込、送料込) ... [続きを読む]

» 大河ドラマ 感想 真田丸 第14回「大坂」 [架空と現実の雑記帳]
上杉家の人質になっている信繁(堺雅人)が景勝と一緒に大坂に行くと知った”大名でもない”昌幸父さん(草刈正雄)は、秀吉を知る絶好の機会と大喜び。おまけに、人に好かれる才能を持つ信繁を褒めちぎり。... [続きを読む]

» 大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い14昌幸は秀吉からの上洛の要請を断るも信繁が景勝の上洛に同行した事で信繁が代理を務める形となった [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「真田丸」第14話は昌幸は家康との第1次上田合戦を制していた中家康が秀吉に服従し、景勝もまた秀吉に服従していた。そんな中で昌幸は北条と対峙していることを理由 ... [続きを読む]

» 真田丸 第十四回「大坂」 [事務職員へのこの1冊]
第十三回「決戦」はこちら。前回の視聴率は18%超えとはいかなくて17.5%にとどまった。朝ドラの「あさが来た」最終回は27.0%まで駆け上り、ネットではヒロインが死んだのかどうかという「タイタニック」のときと同じような騒ぎになっているとか。番組改編期ということ...... [続きを読む]

» 真田丸 第14回「大坂」〜秀吉登場! 秀吉は昌幸、景勝に続く三番目の父親になるのか? [平成エンタメ研究所]
 信繁(堺雅人)は石川数正(伊藤正之)に言う。 「先が読めないのは皆同じです。  だから必死に生きているんです。  人を騙したり裏切ることもあるでしょう。  でも、それは善とか悪で計れるものではないと私は思うのです。  石川様、とりあえず先に進みましょう」 ...... [続きを読む]

» 真田丸、数正と且元!! [函館 Glass Life]
梅の死を引きずって中々立ち直れないでいる信繁ですね 一方、徳川が再度攻めて来るというのに、「信伊が何 とかしてくれる!!」と静観を決め込む昌幸 ドラマでは信伊が石川数正を調略し秀吉に寝返らせた という設定のようですが、かなり無理がありますね。 「大名では...... [続きを読む]

» 真田丸 第14話「大坂」 [昼寝の時間]
公式サイト 物語の新たな舞台は大坂。天下をほぼ手中にした羽柴秀吉(小日向文世)が [続きを読む]

» 真田丸 第14回「大坂」 [みはいる・BのB]
大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 第14回「大坂」 あらすじ・・・・・・ [続きを読む]

» NHK大河ドラマ「真田丸」第14回「大坂」 [真田のよもやま話]
大盛り上がりでちょいとほろ苦かった青春編が終わり、今日からいよいよ大坂編が始まります。いよいよ関白登場!これはこれで盛り上がりそう~~♪ [続きを読む]

« 【真田丸】第13回(4/3)プチ感想と視聴率「決戦」 | トップページ | 【とと姉ちゃん】第7回と『てるてる家族』第1回(4/11)感想 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31