無料ブログはココログ

« 【あさが来た】最終回(第156回)(4/2)感想&総評と視聴率 | トップページ | 【とと姉ちゃん】初回(第1回)感想&『スタパ』高畑充希さん出演 »

2016年4月 3日 (日)

ネタバレ【とと姉ちゃん】第1週日別粗筋(4/4~4/9)&作品紹介

このドラマは、戦後、一世を風靡した生活総合雑誌『暮しの手帖』および出版元である「暮しの手帖社」の創業者・大橋鎭子と花森安治の雑誌出版の軌跡をモチーフにした、フィクションの物語。

即ち、ヒロイン・小橋常子(高畑充希)のモデルは、大橋鎭子さんで、花山伊佐次(唐沢寿明)のモデルは花森安治氏ですが、原作はなく、脚本家・西田征史氏のオリジナル・ストーリーです。

ヒロイン・小橋常子は、静岡県遠州地方に生まれ、幼い時、父を結核でなくす。その時、父と約束したのは、家族を守ることでした。

【原作・脚本】 西田征史

【語り】 檀ふみ

【主題歌】 宇多田ヒカル「花束を君に」

【音楽】 遠藤浩二

 

これは、第1週「常子、父と約束する」の日別のあらすじです。

 

<日別あらすじ 第1週(第1~6回)(4/4月~4/9土)> (Yahooテレビより)

第1回[4/4(月)]

昭和5年。静岡県遠州地方。主人公・小橋常子(内田未来)は、きれいなものが大好きな好奇心旺盛で行動力のある三姉妹の長女。染工会社で働く家族思いの父・竹蔵(西島秀俊)を「とと」、おっとりしている母・君子(木村多江)を「かか」と呼び、家族仲良く暮らしている。小橋家には家訓があり、月に一度家族全員でおでかけすることを習いとしていた。しかし突然、竹蔵にお得意先の接待が入り、初めて家訓が破られることになる…。

第2回[4/5(火)]

とと(=父)・竹蔵(西島秀俊)が初めて破った「月に一度皆でお出かけする」という家訓。すねた次女・鞠子(須田琥珀)と三女・美子(川上凛子)は、竹蔵のお得意先の大迫(ラサール石井)が持ってきた絵に落書きをしてしまう。困る常子(内田未来)の前に現れたのは、風来坊の叔父・鉄郎(向井理)だった。鉄郎の出現により、汚した絵がバレてしまう。「本物だ」と動揺する鉄郎。竹蔵は常子が今まで見たことのない表情になる…。

第3回[4/6(水)]

「自分が責任をとる」という竹蔵(西島秀俊)。常子(内田未来)は私たちも謝りたいと大迫(ラサール石井)のところへ向かう。事情を説明し謝る常子たち三姉妹と竹蔵。汚した絵を買い取りたいと竹蔵は申し出る。「世間的には価値がなくても、とと(=父)にとっては三人が力を合わせた傑作だから」という竹蔵の言葉に、鉄郎(向井理)はあきれるも、常子たちは嬉しくなる。しかし、無理が重なった竹蔵は、突然結核に倒れてしまう…

第4回[4/7(木)]

家で療養することになったとと(=父)・竹蔵(西島秀俊)。少しでもそばにいたい気持ちを抱えつつ、家族にうつってしまわないよう離れて生活していた。常子(内田未来)はそんなととの気持ちを察して、気丈に振る舞っていた。そんな中、正月を迎え、常子は今日だけはととの近くにいたいと百人一首を持ち出す。強すぎるかか(=母)・君子(木村多江)を尻目に、常子が一枚だけとれた札は、自分の名前の由来となったものだった…。

第5回[4/8(金)]

一向に病状が良くならない竹蔵(西島秀俊)。常子(内田未来)たちは、誰もそのことを口にせず明るく振る舞っていた。そんなとき再び叔父・鉄郎(向井理)が小橋家に現れる。常子は鉄郎から、竹蔵が毎年家族で行く花見を楽しみにしていることを聞くも、その時期はとっくに過ぎ、桜は散ってしまっていた。「花咲かじいさんじゃなきゃ無理だ」と諦める妹たち。だが、常子はあることをひらめき、竹蔵が働いていた染工会社へと向かう…

第6回[4/9(土)]

花見を終えた夜、興奮して眠れない常子(内田未来)は、台所で水を飲んで子ども部屋に戻ろうとすると、書斎で寝ているはずの竹蔵(西島秀俊)から声をかけられる。そこで常子は竹蔵からある大切な願いを託される。そして、その数日後、竹蔵は息を引き取る。皆が悲しむ中、ひとり涙を見せない常子。次女の鞠子(須田琥珀)から、冷たいと罵られる。何も言わず家を飛び出す常子。涙を流さないのは、父と交わした約束があった…。

* * *

第1週土曜日、早くも父・竹蔵(西島秀俊)が息を引き取るようです(汗)

“とと”とは父の事で、父親代わりの“とと姉ちゃん”の始まりですね(^^)

今度の朝ドラも豪華キャストです♪(^^)

主題歌も、宇多田ヒカルさんとは、すごいです♪(^^)

-

【主要キャスト】

小橋 常子(こはし つねこ) - 高畑充希(幼少期:内田未来)(ヒロイン)
小橋 竹蔵(こはし たけぞう) - 西島秀俊(常子の父)
小橋 君子(こはし きみこ) - 木村多江(常子の母)
小橋 鞠子(こはし まりこ) - 相楽樹(常子の妹。次女)
小橋 美子(こはし よしこ) - 杉咲花(常子の妹。三女)
小橋 鉄郎 - 向井理(常子の叔父。竹蔵の弟。風来坊)
青柳 滝子 - 大地真央(常子の祖母。君子の母。深川の材木問屋「青柳商店」の女将)
隈井 栄太郎 - 片岡鶴太郎(「青柳商店」の筆頭番頭)
青柳 清 - 大野拓朗(滝子の養子。「青柳商店」の跡取り。若旦那)
森田 まつ - 秋野暢子(深川の仕出し屋「森田屋」の大女将)
森田 宗吉 - ピエール瀧(「森田屋」の主人兼板前。まつの息子)
森田 照代 - 平岩紙(宗吉の妻)
森田 富江 - 川栄李奈(宗吉の娘)
中田 綾 - 阿部純子(東京の女学校で常子が出会う親友)
星野 武蔵 - 坂口健太郎(帝大生)
東堂 チヨ - 片桐はいり(常子の女学校時代の恩師)
五反田 一郎 - 及川光博(常子が入社する出版社社員)
谷 誠治 - 山口智充(常子が入社する出版社の社長兼編集長)
水田 正平 - 伊藤淳史(常子が社長として創刊する雑誌『あなたの暮らし』の経理担当)
花山 伊佐次 - 唐沢寿明(雑誌『あなたの暮らし』の編集長。常子の人生最大の魂のパートナー)

-

「とと姉ちゃん」公式HP

-


【楽天ブックスならいつでも送料無料】とと姉ちゃん(part1) [ NHK出版 ]


【ポケット版】「暮しの手帖」とわたし NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 大橋鎭子の本 / 大橋鎭子 【単行本】


 暮しの手帖 2016年4月号 【特集】 『暮しの手帖』を創ったしずこさん(連続テレビ小説 『とと姉ちゃん』ヒロインのモチーフ大橋鎮子)[本/雑誌] (雑誌) / 暮しの手帖社

 

-

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  

できればクリック、お願いします♪

« 【あさが来た】最終回(第156回)(4/2)感想&総評と視聴率 | トップページ | 【とと姉ちゃん】初回(第1回)感想&『スタパ』高畑充希さん出演 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/63436693

この記事へのトラックバック一覧です: ネタバレ【とと姉ちゃん】第1週日別粗筋(4/4~4/9)&作品紹介:

» ネタバレ【とと姉ちゃん】第1週日別あらすじ... [ショコラの日記帳]
このドラマは、戦後、一世を風靡した生活総合雑誌『暮しの手帖』および出版元である「暮しの手帖社」の創業者・大橋鎭子と花森安治の雑誌出版の軌跡をモチーフにした、フィクション... [続きを読む]

« 【あさが来た】最終回(第156回)(4/2)感想&総評と視聴率 | トップページ | 【とと姉ちゃん】初回(第1回)感想&『スタパ』高畑充希さん出演 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30