無料ブログはココログ

« 【とと姉ちゃん】第154回(9/29木)感想と視聴率 | トップページ | 【とと姉ちゃん】最終回(第156回)(10/1土)感想と総評&視聴率 »

2016年9月30日 (金)

【とと姉ちゃん】第155回(9/30金)感想「最終回前日」

やはり、花山さん、亡くなってしまいました。
常子が行った日の2日後に妻の三枝子さんから「先程、花山が息を引き取りました」と電話があり、早速、常子と美子が花山家を訪れました。
そして、この時、花山さんの最後の原稿を奥さんから預かったとの事。
「座り込み」という題でしたが、その原稿の後に、三姉妹への遺書のような原稿があるのに、たまきが気付き、常子へ渡し、常子が朗読しました。

<三姉妹への花山の遺書>
「美子さん、初めて出会った頃、きつく責める私の言葉に、必死に涙を堪えていた君の顔は今でも覚えている。それから、私が一時期、会社を辞めた時、説得しに来た時の顔もね。
君の情熱がなければ「あなたの暮し」はあの時、終わっていたかもしれない。
鞠子さん、今でも君が仕事を続けていたら、どうなっていただろうと考える。だが、君は結婚で大きな幸せと、たまきさんという素晴らしい娘さんを得る事ができた。
たまきさんは、きっと会社を支えるいい編集者になるだろう。
常子さん、君に感謝を伝えるには原稿用紙が何枚必要だろうね。
沢山の事を君に教えた。それと共に、沢山の事を君に教えられた。
君がいなければ、今の私はいなかった。ありがとう」


そして、皆の絵が一緒にありました。

それにしても、前回の最後に渡された表紙画が表紙の新しい「あなたの暮し」が発売されたのに、遺書のような「あとがき」が掲載されたかどうか、出て来ませんでした(^^;)
これはこの号には間に合わず、次の号に回したのかな??ノート

悲しみの余韻に浸る暇もなく、ラスト5分位は、花山の死から2ヶ月飛んで、常子がテレビ出演するのを皆で見守るドタバタでした(^^;)テレビ
「あなたの暮し」は長年の功績が認められ、雑誌の最高栄誉と言われる日本出版文化賞を受賞しました。
それで、「時代のスケッチ」というインタビュー番組に出る事になったよう♪
常子はドキドキして、自分の肩を軽く何度も叩き「花山さん、どうしたもんじゃろのお?」と♪
前回、花山さんに会った時に、困った時は、そうするよう言われた通りにしました♪(^^)
花山さんの事を考えて、自分の肩をさすっているうちに、段々、落ち着いてきたようです(^^)

番組が始まりました。
「皆様、こんにちは。『時代のスケッチ』の時間です。
司会の沢 静子でございます。
さて、今日は、皆様、よくご存知の雑誌『あなたの暮し』を通して、戦後の日本の人々の暮しを豊かにした事が評価されまして、日本出版文化賞を受賞なさいました、あなたの暮し出版社社長でいらっしゃる小橋常子さんにおいでいただいております。いろいろ話を伺っていきたいと存じます。どうずよろしくお願い致します」

常子、緊張して「あ…はい。よろしくお願い致します」と表情が硬い。
会社で皆でテレビを見ていた社員が、堅い堅いと嘆いたり、自宅で一人でテレビを見ていた鞠子がとととかかの写真に心配そうに語りかけたりとか…
花山の死で、暗く終わらないで、最後、気分を明るくして終わろうと、バランスを考えたのかもしれませんが、会社のにぎわいに対して、鞠子が一人で切なくて、結局、切ないままの気分でした(^^;)
賞を与える方も、どうせなら花山さんが生きているうちに、賞をくれれば良かったのに(^^;)

実際は、1956年(昭和31年)、「婦人家庭雑誌に新しき形式を生み出した努力」について、第4回菊池寛賞を、花森安治氏と「暮しの手帖」編集部が受賞。
花森氏は、1972年(昭和47年)に著書『一銭五厘の旗』(ドラマでは「庶民の旗」)で第23回読売文学賞、随筆・紀行賞を受賞。同年『暮しの手帖』の活動によりラモン・マグサイサイ賞を受賞。
いろいろな賞を受賞しています(^^)
実際の受賞は、花森氏の生きているうちで良かったです(^^)
でも、ドラマは、彼の死後に受賞したようになり、常子は肩を叩いて、花山さんとの約束を守り、ドラマチックにしたよう(^^;)

「戦争中の暮しの記録」の特集も、花森氏の死の直前ではなかったのに、ドラマを盛り上げるために、1974年(昭和49年)12月と1975年(昭和50年)1月にされたよう(^^;)
1968年(昭和43年)、「『暮しの手帖』96号・特集―戦争中の暮しの記録」発刊。
1978年(昭和53年)、花森安治氏、心筋梗塞により逝去。
10年間、空いていますが、「戦争中の暮しの記録」は6年、後にされて、花山さんが最初の心筋梗塞の発作が来た後にされ、死は前倒しされ、命を掛けた集大成の仕事みたいに、今週前半、描かれました(汗)

それはともかく、花森さん、実際、死の2日前まで第一線で編集に当たったとの事。
病名が心筋梗塞だったので、急死だったのかもしれませんね?(^^;)
『暮しの手帖』の表紙画は、創刊号から死の直前に発行された第2世紀52号まで、全て花森の手によるもの。
このドラマでは、死の2日前に常子が表紙画を受け取ったので、その表紙画の雑誌は、死後、出たようでしたが(^^;)
第2世紀53号の表紙画には、花森氏が描いた予備のものが使われ、花森追悼号となったそうです。
このドラマでは、2ヶ月後に受賞したとの事で、隔月刊なので、もう次の号が出る頃だと思いますが、追悼号となるでしょうか?
その「あとがき」に前回の遺書のようなあとがきが載るのかな??(最終回では、何も触れられず、時間が飛んでしまいました)(^^;)

ところで、「『第2世紀』って何だろう?私、見落とした?」と、「戦争中の暮しの記録」が出てきた時に思ったのですが、これは「100号ごとに初心に立ち返る」という花森氏の発案で、第1号に戻して世紀が増えるのだそうです(^^;)
第2世紀1号は、通算100号って事でしょう。
ドラマでは、「戦争中の暮しの記録」は96号ではなくて、6年も後にしたので、第2世紀32号でした(^^;)

視聴率は前回のレビューに載せています。

次回は最終回。
ととが久々に常子の夢の中として登場するようです♪
そして、今朝、見た「あさイチ」(高畑充希さんが出演した)だと、花山さんも登場しそうな雰囲気でした(実際、花山さんは写真しか登場しませんでした)(^^;)
時々しか見なかった人も、最終回、ぜひお見逃しなく♪(^^)

 

「森田屋」大おかみの過去が明らかに…「とと姉」スピンオフドラマ(16.9.21)
公式HP・スピンオフドラマ「とと姉ちゃん」もう一つの物語「福助人形の秘密」
-
『戦争中の暮しの記録』制作秘話
-

「とと姉ちゃん」日別視聴率一覧(ドラマ楽園)

関西の先週の視聴率BEST20
関西TV視聴率ランキング<9/12~9/18>(にょえブロ)

関東の先週の視聴率BEST10(ビデオリサーチ)

-

「とと姉ちゃん」公式HP・トップ
公式HP・君子の宝箱&新小橋家をご案内
公式HP・週間とと姉#25(かかに教わった、かけがえのない日常の素晴らしさ)

-
撮影終了!高畑充希、涙のクランクアップ(16.8.26)

<とと姉ちゃん>自己最高の視聴率25.9% 常子が星野と15年ぶり再会(16.8.18)

「とと姉ちゃん」新たな出演者発表(16.7.15)

「『とと姉ちゃん』と、あの雑誌」感想(16.7.18)

-

「とと姉ちゃん」自己最高25・3%!マッサン&カーネーション超えた(16.7.21)
『とと姉ちゃん』第82話は19.4% 放送開始からの「連続20%超え」途切れる(16.7.8)
「とと姉ちゃん」自己最高の週間平均視聴率23.4% 10週連続大台超え(16.6.13)
「とと姉ちゃん」8日視聴率24.6%の自己最高タイ!星野のプロポーズで好記録(16.6.9)

-

有村架純さん、来春朝ドラ『ひよっこ』ヒロインに決定♪(16.6.29)

-

【日別あらすじ】 (Yahooテレビのあらすじ)(来週のネタバレまとめ)
第1週(4/4~4/9)「常子、父と約束する」
第2週(4/11~4/16)「常子、妹のために走る」
第3週(4/18~4/23)「常子、はじめて祖母と対面す」
第4週(4/25~4/30)「常子、編入試験に挑む」&『あさが来たスピンオフ』放送日程
第5週(5/2~5/7)「常子、新種を発見する」
第6週(5/9~5/14)「常子、竹蔵の思いを知る」
第7週(5/16~5/21)「常子、ビジネスに挑戦する」&金スマ
第8週(5/23~5/28)「常子、職業婦人になる」
第9週(5/30~6/4)「常子、初任給をもらう」&新出演者発表&6月の展開
第10週(6/6~6/11)「常子、プロポーズされる」
第11週(6/13~6/18)「常子、失業する」
第12週(6/20~6/25)「常子、花山伊佐次と出会う」
第13週(6/27~7/2)「常子、防空演習にいそしむ」
第14週(7/4~7/9)「常子、出版社を起こす」
第15週(7/11~7/16)「常子、花山の過去を知る」
第16週(7/18~7/23)「“あなたの暮し”誕生す」
第17週(7/25~7/30)「常子、花山と断絶する」
第18週(8/1~8/6)「常子、ホットケーキをつくる」
第19週(8/8~8/13)「鞠子、平塚らいてうに会う」
第20週(8/15~8/20)「常子、商品試験を始める」
第21週(8/22~8/27)「常子、子供たちの面倒をみる」
第22週(8/29~9/3) 「常子、星野に夢を語る」
第23週(9/5~9/10)「常子、仕事と家庭の両立に悩む」
第24週(9/12~9/17)「常子、小さな幸せを大事にする」
第25週(9/19~9/24)「常子、大きな家を建てる」
最終週(第26週)(9/26~10/1)「花山、常子に礼を言う」
 

【過去レビュー】

第1回(4/4月)感想&『スタパ』高畑充希さん出演(22.6%)
第2回(4/5火)感想と視聴率好発進♪(22.2%)
第3回(4/6水)感想「かけがえのない日常」(20.7%)
第4回(4/7木)感想「名前の由来」(21.5%)
第5回(4/8金)感想「無茶な花見」&向井理in「あさイチ」(22.1%)
第6回(4/9土)感想「とと姉ちゃん誕生」&第1週視聴率(20.9%)
第7回(4/11月)感想と『てるてる家族』第1回(4/11)(21.1%)
第11~12話(4/15金、4/16土)感想・放送延期&『てるてる家族』第5~6話(4/15、4/16)
第3週(4/18月~4/23土)感想「東京編開始」と視聴率最高♪
第21~22回(4/27水~4/28木)「松竹&女学校編入」と視聴率最高
第5週(5/2月~5/7土)「新種を発見し損ねる」&第4週視聴率・関西・関東最高
第6週(5/9月~5/14土)「竹蔵の思いを知る」&第5週視聴率
第37回(5/16月)東堂先生(片桐はいり)登場&土曜スタジオパーク感想
第40回(5/19木)「練り歯磨き」&第6週視聴率
第47~48回(5/27金~5/28土)&第7週視聴率
第57回(6/8水)「プロポーズ」と第8週、第9週視聴率
第58回(6/9木)「プロポーズ続き」&視聴率最高タイ
第60~61回(6/11土~6/13月)「星野と別れ&ビアホール」と視聴率
第63回(6/15水)「森田屋移転と富江妊娠」
第65回(6/17金)「森田屋祝言・別れ」と第10週視聴率
第75回(6/29水)と視聴率推移
第76回(6/30木)「東京大空襲と小豆」
第14週(7/4~7/9)と第13週視聴率&7/7(木)最低視聴率
第17週(7/25~)感想と第16週視聴率最高♪
第112回感想と視聴率&『てるてる家族』五輪出場
第21週(8/22~8/27)と第20週視聴率最高♪
第138回(9/10土)感想と第22週関西最高視聴率
第143回(9/16金)感想と第23週視聴率「プロポーズ」
第154回(9/29木)感想と視聴率
-


【送料無料】とと姉ちゃん(part1) [ NHK出版 ]

戦争中の暮しの記録 [ 暮しの手帖社 ](2016年08月05日発売)


【ポケット版】「暮しの手帖」とわたし NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 大橋鎭子の本 / 大橋鎭子 【単行本】

-
-


コメント、いつもありがとうございます♪
お返事、遅くなってしまって、すみませんm(__)m

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できればクリック、お願いします♪(^^)

« 【とと姉ちゃん】第154回(9/29木)感想と視聴率 | トップページ | 【とと姉ちゃん】最終回(第156回)(10/1土)感想と総評&視聴率 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/64280637

この記事へのトラックバック一覧です: 【とと姉ちゃん】第155回(9/30金)感想「最終回前日」:

» 【とと姉ちゃん】第155回(9/30金)感想「最終回... [ショコラの日記帳]
やはり、花山さん、亡くなってしまいました。常子が行った日の2日後に妻の三枝子さんから「先程、花山が息を引き取りました」と電話があり、早速、常子と美子が花山家を訪れました... [続きを読む]

» NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第155回 感想 [ドラマ@見取り八段・実0段]
花山のあとがきを口述筆記したのち、別れた常子のもとに連絡が入る。 連絡は妻三枝子からのものだった。 花山がついに自宅で息絶えた、というものだった。 常子と美子は花山の死に顔にあう。その死に顔は安らかなものだった。 自宅に戻った常子たちは、三枝子から預かった最後の原稿を読む。 そこにさしこまれた一通のメモ書き… それは花山から三姉妹への最後の手紙であった…。 (上記あらすじは...... [続きを読む]

» とと姉ちゃん (第155回・9/30) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(公式) 第26週『花山、常子に礼を言う』『第155回』の感想。 なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。 ※本作は 8/25 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※毎日毎日の感想なの...... [続きを読む]

» じいじ>『とと姉ちゃん』第155話 [何がなんだか…ひじゅに館]
珍しく『あさイチ』を観られた日>最初の方だけだけど 高畑充希さんがゲストだったとは、これも何かの因縁?>ぇ 出演者同士、仲良く和気藹々と撮影していたみたいで そこは微笑ましいと思う 防空頭巾でチューチュートレインって 色んな意味で顰蹙買いそうなのもあったのは まあ置いとくとして(笑) 非常に個人的なことなんだけども 以前、某朝ドラの時に批判的な感想を書いたら ...... [続きを読む]

» じいじ>『とと姉ちゃん』第155話 [もう…何がなんだか日記]
珍しく『あさイチ』を観られた日>最初の方だけだけど高畑充希さんがゲストだったとは、これも何かの因縁?>ぇ出演者同士、仲良く和気藹々と撮影していたみたいでそこは微笑ましい... [続きを読む]

» とと姉ちゃん 第155回 [レベル999のgoo部屋]
内容花山(唐沢寿明)から原稿を受け取って2日後、常子(高畑充希)は、花山の妻・美枝子(奥貫薫)から。。。。 敬称略 別に、ナレ死でも良かったんじゃ? [続きを読む]

« 【とと姉ちゃん】第154回(9/29木)感想と視聴率 | トップページ | 【とと姉ちゃん】最終回(第156回)(10/1土)感想と総評&視聴率 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31