無料ブログはココログ

« ネタバレ【べっぴんさん】第18週(1/30~)日別あらすじ | トップページ | 冬ドラマ視聴率一覧と感想(3)(2017年1~3月期) »

2017年1月30日 (月)

【おんな城主 直虎】第4回感想と視聴率「女子にこそあれ次郎法師」

「女子にこそあれ次郎法師」
<北海道の視聴率追記2/6(日)>
北海道の視聴率は前回の13.6%より下がって、12.3%でした。

<関西の視聴率追記2/3(金)>
第4回の関西の視聴率は、前回の17.8%より更に上がって、18.2%
関西は、初回からずっと上がり続け、最高視聴率更新で、好調です♪(^^)
                                          *  *  *  *  *

第4回の関東の視聴率は、前回の14.3%より上がって、16.0%
初めて前回より上がり、初回16.9%に次ぐ高視聴率でした♪(^^)

おとわ(新井美羽)、出家すると自分から言い出したのに、実際のところ、出家の意味をよく分かっていなかったよう(^^;)
今になって、出家したくないと駄々こねたり、出家してもすぐに帰って来てしまったり…(^^;)
この辺り、子供らしくて、微笑ましかったです♪(^^)
すぐ裏のお寺と言っても、蝶よ花よと育てられてきたお嬢様暮しと、寺の修行暮しは全然、違いますね(^^;)
初日からひもじい思いをして、帰ってきてしまいましたが…
お母さん(財前直見)、愛情を持って叱ったり、褒めて持ち上げて、頑張るように仕向けたり、さすがでした♪(^^)
それにしても、出家、在家でもよいとは、びっくりでした(^^;)
両親も在家のつもりでしたが…
南渓和尚(小林薫)が自分の寺で引き取りたいと言い、龍潭寺に預ける事になりました。
南渓和尚は、おとわに「次郎法師」という名をつけました。
次郎というのは、井伊家の家督を継ぐ男子に代々つけられる名前です。
南渓和尚は、おとわが人質になれという今川の下知をひっくり返したので、彼女に才能を感じ、少なくとも、蝶よ花よと育てるべきではないと感じたようです(^^)

昇天「何ゆえ、おとわ様を寺にお引き取りに?
 在家として館に置く手もございましたのに」
南渓「あの子はたった十やそこらで、今川の下知をひっくり返したのじゃぞ。
 ご初代様を拾うた神主が『これはただならぬ子』と思うたらしいが…
 わしはあの時、今川の館で『ただならぬ子』とはこういう者かと思うたのじゃ。
 向後、どんな道を歩むかは分からぬが、少なくとも蝶よ花よと育てるものではないのではないか」


そんな期待は知らず、おとわ(次郎法師)、最初は、失敗ばかり(^^;)
出家の意味の問答、面白かったです♪(笑)
「お主は、ここに何しに来た」
「家の事情で出家せねばならなくなり…」
「ほう、出家。出家とはなんぞや?」
「お坊様になること…ですか?」
「僧。僧とはなんぞや?」
「何って…毛、毛のない者のこと?」
「では、禿げ上がった爺は僧か? 毛のない蛙は僧か?」
「え? ええ…?」
「僧とはなんぞや?」

これは子供には難しい質問ですね(^^;)
分からぬまま、修行を続けました(^^)

畑仕事もできず、托鉢もできず、ひもじい思いをして、村の畑のカブを盗み、井戸の所まで持って行って、食べました。
井戸まで来たなら洗ってから食べればいいのに、土がついたままで、余程、空腹だったよう(^^;)
盗んだカブを食べていたら、鶴丸に会ってしまいました。
「おとわ、お主、もしかして…」
おとわは恥ずかしさと惨めさで、泣きだしてしまいました。
こんな事なら鶴との結婚を受けていれば良かった。辛いだけで自分だけが貧乏くじじゃと、泣き言を言いました。
「もう嫌じゃ! 出家などもう嫌じゃ!
亀が戻ってきたとしても、これでは約束も果たせぬ!」

おとわは、鶴丸に、亀が弱かったので、結婚して、亀の竜宮小僧になると約束した事を説明。
「妻にならずとも、僧として竜宮小僧をすればどうじゃ?
寺には城を助ける役目もある。
妻としてよりも、僧としての方が亀を助けられる事は多いくらいではないか?」


その言葉がおとわの心に届き、僧として亀の竜宮小僧になる事を決意♪
元気になりました♪(^^)
その様子を陰で見守っていた父、直盛(杉本哲太)、鶴丸に感謝したよう。

亡くなった直満の所領を政直(吹越満)が全て受け継ぐとの今川からの下知を政直から知らされ、直平(前田吟)など皆が猛反対。
政直に殺された北条の関係者が親の仇を捜して、近くに来ているらしいと、直平が直盛に言いました。
村の者達に殺したのは政直だと噂を流して、彼が政直を殺してくれたら、我々が殺した事にはならないと…
直平たちは実行し、もう少しで、彼が政直を殺すところでしたが…
ずっと迷っていた直盛、男が政直を襲う直前で、政直を助けてしまいました(汗)
そして、男が去った後、直満の所領を受け継ぐのはせめて半分にしろと直談判。
直盛は不服そうでしたが、嫌なら殺すと…
例の男に殺させれば良かったのに(^^;)
直盛は、優しくて、娘と仲のいい鶴丸から父親を奪いたくないと思ったよう(^^;)
でも、中途半端に助けてしまって、今後、大丈夫でしょうか?(^^;)
ここで父親を助けても、後に、鶴丸が父親と同じように酷い事をするのを知っているので、複雑です…(^^;)

一方、おとわこと、次郎法師は、竜宮小僧のようにふるまう決意をし、村に行って、物を欲しいというのではなく、皆が困っている事を捜して、助けました。
そうしたら、そのお礼に食べ物を貰えました。
水を汲んであげたり、稲を干すのを手伝ったり…
途端に、皆が可愛がってくれて、いろいろくれるようになりました(^^)
ようやく次郎法師も修行になれてきたようです♪(^^)
鶴丸も寺に来て、いろいろ学んでいました♪
この頃は、鶴丸も優しくて、いい子だったんですけどね(^^;)

そうそう、瀬名から龍王丸様に勝って、結婚できるようになったとおとわに手紙が来ましたが…
その通りには実行されないので、どんなにがっかりする事か…(^^;)
ただ、おとわと瀬名、文を出し合う友人関係になれて良かったです♪(^^)

そして、最後、9年の月日が流れ、天文23年(1554年)、亀之丞が井伊を去って10年経ち、次郎法師は柴咲コウさんに代わりました。

次回は「亀之丞帰る」
次回から、柴咲コウさんが本格的に登場♪
鶴丸(小林颯)は、小野政次(まさつぐ)(高橋一生)となり、
亀之丞(藤本哉汰)が戻って来て、井伊直親(なおちか)(三浦春馬)となります。
可愛かった新井美羽ちゃん達がもう出ないのは、ちょっと残念ですが…
次郎法師がどんな大人になったのか、帰ってきた亀之丞もどう変わったのか、イケメン2人に囲まれての大人の新展開、期待しています♪(^^)
-
-
【第4回あらすじ】 (Yahooテレビより)
今川に許されたおとわ(新井美羽)が無事、井伊谷に帰ってきた。本領安堵(あんど)の条件として、おとわは正式に出家することになり、「次郎法師」という名を与えられる。次郎とは、井伊家の家督を継ぐ男子の名だった。翌日から兄弟子の昊天(小松和重)と傑山(市原隼人)による厳しい修行が始まる。井伊家当主の姫として何不自由なく育ってきたおとわにとって、畑仕事や托鉢(たくはつ)などの作務はつらく、すぐに音を上げて帰ってしまう。一方、今川の目付となった政直(吹越満)は、井伊家中における発言権をますます高めていた。そんなある日、政直の命を狙う北条の手の者が井伊谷にやって来る。
-
-
【視聴率推移とレビューリンク】(ビデオリサーチ調べ)
[第1回]関東16.9%、関西17.3%、北海道13.5%、BS(関東)4.3%
[第2回]関東15.5%、関西17.6%、北海道11.4%、BS(関東)?
[第3回]関東14.3%、関西17.8%、北海道13.6%、BS(関東)?
[第4回]関東16.0%、関西18.2%、北海道12.3%、BS(関東)?
(関西の視聴率は金曜か土曜、北海道の視聴率は、日曜以降に分かる予定)
(三連星さん、北海道の視聴率、いつもありがとうございます♪)
-
【原作・脚本】森下佳子
   (『ごちそうさん』『世界の中心で、愛を叫ぶ』『天皇の料理番』『JIN-仁-』など)
【音楽】 菅野よう子
【テーマ音楽演奏】NHK交響楽団
【ピアノソロ】ラン・ラン
【語り】中村梅雀

-
【主要登場人物】
<井伊家>
井伊直虎(いい なおとら)…柴咲コウ(おとわ(幼少期):新井美羽)
井伊直盛(いい なおもり)…杉本哲太(直虎の父)
千賀(ちか)…財前直見(直虎の母)
井伊直平(いい なおひら)…前田吟(直虎の曽祖父)
井伊直満(いい なおみつ)…宇梶剛士(井伊家重臣、直親の父)
井伊直親(いい なおちか)…三浦春馬(亀之丞(幼少期):藤本哉汰)(直虎の幼馴染み、直満の息子)
しの…貫地谷しほり(直親の妻)
井伊直政(いい なおまさ)…菅田将暉(虎松(幼少期):寺田心)(直親の嫡男)
佐名(さな)…花總まり(井伊直平の娘)
<井伊家臣>
中野直由(なかの なおよし)…筧利夫(井伊家家臣)
中野直之(なかの なおゆき)…矢本悠馬
今村藤七郎(いまむら とうしちろう)…芹澤興人(井伊直満の家臣)
弥吉(やきち)…藤本康文(井伊家の家人)
たけ…梅沢昌代(おとわの乳母)
<小野家>
小野政直(おの まさなお)…吹越満(井伊家筆頭家老)
小野政次(おの まさつぐ)…高橋一生(鶴丸(幼少期):小林颯)(直虎の幼馴染み、政直の嫡男)
小野玄蕃(おの げんば)…井上芳雄(政直の次男)
<奥山家>
奥山朝利(おくやま ともとし)…でんでん(井伊家重臣)
なつ…山口紗弥加(小野玄蕃の妻)
奥山六左衛門(おくやま ろくざえもん)…田中美央
<龍潭寺>
南渓和尚(なんけい おしょう)…小林薫(龍潭寺の住職)
傑山(けつざん)…市原隼人(龍潭寺の僧侶)
昊天(こうてん)…小松和重(龍潭寺の僧侶)
<井伊谷の民>
甚兵衛(じんべえ)…山本學
八助(はちすけ)…山中崇
角太郎(かくたろう)…前原滉
富助(とみすけ)…木本武宏
福蔵(ふくぞう)…木下隆行
<今川家>
今川義元(いまがわ よしもと)…春風亭昇太
今川氏真(いまがわ うじざね)…尾上松也 (2代目)(龍王丸(幼少期):中川翼)(義元の嫡男)
寿桂尼(じゅけいに)…浅丘ルリ子(義元の母)
太原雪斎(たいげんせっさい)…佐野史郎(臨斉宗の僧、今川家の軍師)
新野左馬助(にいの さまのすけ)…苅谷俊介(今川家家臣)
関口氏経(せきぐち うじつね)…矢島健一(今川家家臣)
あやめ…光浦靖子
岩松(いわまつ)…木村祐一(今川家家臣)
<徳川家>
徳川家康(とくがわ いえやす)…阿部サダヲ
瀬名(築山殿)(せな・つきやまどの)…菜々緒(幼少期:丹波せいら)(佐名の娘。家康の正室)
<その他>
龍雲丸(りゅううんまる)…柳楽優弥(盗賊団の頭)
瀬戸方久(せと ほうきゅう)…ムロツヨシ(あばら屋の男。無一文から豪商へ)
高瀬(たかせ)…高橋ひかる(信濃から来た娘)
松下常慶(まつした じょうけい)…和田正人(山伏)

-
公式HP・次回あらすじ
公式HP・次郎法師修行の場・龍潭寺
公式HP・いよいよ柴咲コウさん登場(子役との比較)
公式HP・南渓和尚役・小林薫さんインタビュー

公式HP・トップ
公式HP・人物相関図

関東の先週の視聴率BEST10(ビデオリサーチ)
関西の先週の視聴率BEST20
関西TV視聴率ランキング<1/16~1/22>(にょえブロ)

「おんな城主 直虎」第4話は16・0%!初の上昇 再び15%超え(17.1.30)
<びわ湖観光船>「直政」3月就航 湖上で「井伊の赤備え」 (17.1.30)

大河「おんな城主 直虎」第2話は15・5% 好調キープ (17.1.15)
『おんな城主 直虎』初回 関東16.9%、関西17.3%、BS4.3% (17.1.10)
「おんな城主 直虎」BS視聴率4・3%を記録「真田丸」初回上回る(17.1.9)


-

おんな城主直虎(前編) [ 森下佳子 ]

《送料無料》菅野よう子(音楽)/NHK大河ドラマ おんな城主 直虎 音楽虎の巻 イチトラ(Blu-specCD2)(CD)(オリジナル・サウンドトラック)


大河ドラマ「おんな城主 直虎」蒸しきんつば(8個入)
-

 

  

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できれば、どちらか、クリック、お願いします♪(^^)



 

« ネタバレ【べっぴんさん】第18週(1/30~)日別あらすじ | トップページ | 冬ドラマ視聴率一覧と感想(3)(2017年1~3月期) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/64829659

この記事へのトラックバック一覧です: 【おんな城主 直虎】第4回感想と視聴率「女子にこそあれ次郎法師」:

» 【おんな城主直虎】第4回感想と視聴率「女子... [ショコラの日記帳]
「女子にこそあれ次郎法師」第4回の関東の視聴率は、前回の14.3%より上がって、16.0%♪初めて前回より上がり、初回16.9%に次ぐ高視聴率でした♪(^^)関西の視聴率は、金曜か土曜... [続きを読む]

» 大河ドラマ「おんな城主直虎」 #04 女子にこそあれ次郎法師 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
今年のサブタイトルは長いなぁ。 とわは出家。 やっぱり先を考えずに行動してますねぇ。 [続きを読む]

» おんな城主直虎 第4回「女子にこそあれ次郎法師」 [事務職員へのこの1冊]
第3回「おとわ危機一髪」はこちら。前回の視聴率は、裏のDASH島スペシャルの影響もあってか14.3%と降下。ようやく調子が出てきたのにな。なにはともあれ、こまっしゃくれた子役(と乳母も?)とは今週でお別れ。なにしろ彼女は大好評だそうだから、回想シーンでは何度も登場するでしょうが。うううわかんな...... [続きを読む]

» 大河ドラマ「おんな城主 直虎」生き残る為の決断4おとわは出家の意味を出家して知りそして亀之丞の手足になるべく僧として生きる決断をした [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第4話はおとわの出家を条件に井伊家の本領安堵とされたが、おとわは自ら行った事の意味をよくわかっていなかった。そんな中でおとわは出家する事と ... [続きを読む]

» 【おんな城主 直虎】第4回「女子(おなご)にこそあれ次郎法師」 感想 [ドラマ@見とり八段]
井伊家の本領安堵の条件としておとわ(新井美羽)は正式に出家することになり、「次郎法師」という名を与えられる。 「次郎」とは井伊家… [続きを読む]

» 大河ドラマ『おんな城主直虎』第四回 [レベル999のgoo部屋]
「女子(おなご)にこそあれ次郎法師」内容今川家から、おとわ(新井美羽)を人質に出すよういわれたものの、おとわ、南溪和尚(小林薫)らの奮闘で、人質となることは回避される。だが、本領安堵の条件として、おとわは出家することになるのだった。さすがに当主・直盛(...... [続きを読む]

» 天文十四年、次郎法師餓鬼となる(市原隼人) [キッドのブログinココログ]
ドラマの主人公の井伊直盛の娘は生年不詳である。 天文十四年(1545年)のおとわ(仮称)を演じる新井美羽の実年齢は10歳(2006年9月17日生れ)であるから・・・イメージとしては天文四年(1535年)の生れと考えた配役ということになるだろう。 同様にドラマにおいて一度は今川義元の側室となった井伊直... [続きを読む]

» おんな城主直虎 第4回~われは亀の竜宮小僧になる!  それには何をしたらいい? [平成エンタメ研究所]
「われは僧として亀を助ける!  亀の竜宮小僧になる!  それには何をしたらいい?」  おとわ(新井美羽)がアイデンティティを見出した瞬間だ。  人はアイデンティティを見出した時、強くなり、やるべきことが見えてくるんですね。  たとえば、女性が〝母親〟になっ...... [続きを読む]

» おんな城主 直虎 4話「女子(おなご)にこそあれ次郎法師」 [昼寝の時間]
公式サイト 井伊家の本領安堵の条件としておとわ(新井美羽)は正式に出家することに [続きを読む]

» おんな城主 直虎第4話 & ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館5期第7話(1.29) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
おんな城主 直虎第4話 おとわ(井伊直虎)が嫌々出家して次郎法師となったと。 禅問答みたいなやりとりばかりだなあ。 主人公が成長して、少しは変わるのでしょうか。 ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館5期第7話 事情を知ったコーラはイーディス母子が一緒に暮らせる策を練る。 一方、イザベルはマートン卿と結婚する決意をするが、 マートン卿の息子ラリーから侮蔑に満ちた暴言を受けてしまう。 ラリーは以前トムに薬を盛ったヤツだったんですな。 イザベルの結婚を寂しいと語っていたバイオレット様、 ラリーの暴... [続きを読む]

« ネタバレ【べっぴんさん】第18週(1/30~)日別あらすじ | トップページ | 冬ドラマ視聴率一覧と感想(3)(2017年1~3月期) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30