無料ブログはココログ

« ネタバレ【べっぴんさん】第21週(2/20~2/25)日別粗筋と視聴率 | トップページ | 冬ドラマ視聴率一覧と感想(6)(2017年1~3月期) »

2017年2月21日 (火)

【おんな城主 直虎】第7回感想と視聴率「検地がやってきた」

「検地がやってきた」
<2/26(日)追記>
第7回の北海道の視聴率は、視聴率ランキングに入らなかったので分かりません(^^;)
ランキングの最後が10.1%だそうなので、それより下
(10.0%以下)で、最低視聴率でした(汗)
これで今回、3地方、全てが最低視聴率でした(^^;)
<2/24(金)追記>
第7回の
関西の視聴率は、視聴率ランキングの20位以内に入らなかったので、分かりません(汗)
ランキングの最後が14.7%なので、それより下
(14.6%以下)で、最低視聴率でした(^^;)
関西では、裏の「世界の果てまでイッテQ! 」は18.7%↓「四大陸フィギュアスケート選手権・男子フリー」はランク外でした。

                    *  *  *  *  *

第7回の関東の視聴率は、前回の14.5%より下がって、 12.9%↓ 最低視聴率でした(汗)
検地、ちょっと地味だったかな?(^^;)
裏の「四大陸フィギュアスケート選手権・男子フリー」12.7%に食われてしまったかもしれません(^^;)
裏の「世界の果てまでイッテQ! 」20.8%↓でした。
前回(第6回)の視聴率は、関東14.5%↓、関西15.5%↓、北海道11.1%↑でした。

今回は検地サスペンス♪(^^)
今川義元(春風亭小朝)に、直親の帰参と家督相続を認めてもらいに行ったら、井伊谷の検地を条件に出されてしまいました。
検地をされるって、年貢の正確な徴収だけでなく、別の意味でも隠しておきたかったりして、嫌な事なんですね(^^;)
川名の隠し里は、もしもの時に逃げ込む最後の地。
今川の検地奉行の岩松(木村祐一)に、ばれてしまいましたが、なんとか嘘が通って責められなくて良かったです♪(^^)
政次(高橋一生)、機転が利きましたね(^^)
うまく嘘をでっちあげました(^^)
この里は、南朝の皇子様が隠れてお住まいになられていた里なので、井伊の中にあって、井伊のものではないと説明。
検地奉行の岩松(木村祐一)は「心得申した」と、納得してくれました。
でも、この時は半信半疑だったかもしれません(^^;)
丁度、次郎が瀬名に出した岩松の好きな物を聞いた手紙の返事を見て駆けつけ、物陰から窺っていましたが、いた事がばれてしまったので、直親(三浦春馬)が龍潭寺の僧だと紹介。
「駿府の瀬名姫より、本日は岩松様の奥方様の月命日であると伺いまして…
こたびは井伊までのお出向き。きっとご供養もおできにならずのではと思い、私でよろしければ、経などをあげさせていただこうかと…」
次郎は一礼して合掌し、お経をあげました。
「妻も喜んでおりましょう」と喜んでくれました。
瀬名の手紙によると、岩松の一番好きなのは亡くなった妻との事だったので、これがこの里の検地、お咎めなしの決め手となったことでしょう(^^)

井伊谷に戻った後も、直親と政次は衝突(汗)
政次「それがしを信じておらぬならおられぬでかまいませぬ。
 されど、信じているふりをされるのは、気分がよいものではありませぬ!」
直親「おとわのために、ともにこの国を守っていこうとは思うてもらえぬか」
政次「…おまえのそういうところが好かぬ!」

今回、直親、人の気持ちの分からない人でしたね(^^;)
悪気はないのに、検地の窓口の政次と、新妻のしの(貫地谷しほり)を傷つけたよう(^^;)
今回は、政次が直親に恨みを深めていくのも仕方ないと思いました(^^;)
いずれ、父と同じ事になる、伏線でもあったかも?
直親が何度も次郎に相談に行っていたので、しのは嫉妬したよう(^^;)
次回、もっと嫉妬は大きくなりそうです(汗)
政次の弟・玄蕃(げんば)(井上芳雄)、純粋そうで、いい子ですね(^^)
しのの妹・なつ(山口紗弥加)が彼と結婚しました。
弟に先を越されてしまって、政次、可哀想(^^;)
-
駿府では、前回、今川氏真(尾上松也)が鷹に興じる中、「三河のぼんやり」こと竹千代(阿部サダヲ)は雀を可愛がっていました。
「雀も育てれば、役に立つかもしれません」
「雀は人にも懐かず、狩りもしませぬ。いくら育てようと鷹にはなりませぬ!」
と瀬名が怒りましたが、最後の方で、雀が懐いて、瀬名は少し見直しました♪(^^)
今回、次郎が瀬名に手紙で検地役人・岩松の好きな物を聞いたところ、岩松は変人で知っている人がなかなか見つからなくて…
変わり者同士で、竹千代が岩松と仲が良かった事が判明。
彼に聞いたところ、岩松の好きな物は計算で、亡くなった妻をとても好きだったと瀬名から返事が来ました。
お蔭で、次郎法師が岩松の亡き奥方の月命日のお経をあげてあげ、喜ばれました♪(^^)
その前に、川名の隠し里の件は解決したみたいでしたが、このお経も好感を持ってくれて役立ったでしょう(^^;)
竹千代と瀬名、少しずつの登場ですが、瀬名と竹千代の会話は、竹千代の性格をよく表していて、興味深いです(^^)

竹千代は元服して、元信となりました。松平元信、後の徳川家康です(^^)
最後、今川主導で、元信と瀬名が結婚する事に決まりました♪(^^)

元信「身にあまる光栄でございます」と嬉しそう♪
瀬名「ええ、私も身があまっております」とがっかりな表情でした(^^;)

瀬名は残念そうですが、彼は徳川家康で、後に天下を取るので、瀬名、残り物には福があったかも?(^^)
上昇志向の瀬名にはぴったりだと思います♪(^^)
という訳で、今回、何組も結婚が決まりました。
最初に、直親が奥山朝利(でんでん)の娘・しの(貫地谷しほり)と祝言を挙げ、
後半、しのの妹・なつと政次の弟・玄蕃が結婚♪
元信(家康)と瀬名の結婚も決まりました♪

元信と瀬名の結婚と、検地で隠し里を隠すかどうかで、対立を深めた直親と政次が印象的でした。
「川名の隠し里、今まで通り隠すけど、ばれたら検地担当の君の責任になるかもしれないし、誰も君を守らないと思う。僕は子供の頃のよしみで君を信じているから。君がどっちにするか決めてくれていいよ」みたいな事を言われたら、誰だって、ムカっとするでしょう(汗)
実際、岩松の前でばれそうになった時も、直親は知らないふりをして、政次に責任を押し付けて差出を出させないようにし、言い訳を丸投げして…
父親を殺されたわだかまりも、心の隅にあるのかな??(^^;)
政次、なんとか機転を利かせて、ばれずに済みましたが、心に芽生えた不審は大きいでしょう(^^;)
視聴率は最低でしたが、私は検地での葛藤、見応えがあったと思います(^^)

次回は、「赤ちゃんはまだか」
しのと次郎の女の戦いのようです(^^;)
次々回は「桶狭間に死す」で、大変な状況になりそうです。
次回までが、お花畑大河かもしれません(^^;)

-
【第7回あらすじ】 (Yahooテレビより)
次郎法師(柴咲コウ)は、井伊家存続のため直親(三浦春馬)との別れを選ぶ。政次(高橋一生)は今川館に出向き、直親の帰参と家督相続を認めてもらおうとする。これに対して義元(春風亭昇太)の出した交換条件は、井伊谷での大規模な「検地」の実施だった。直平(前田吟)は自分の治める川名の隠し里に今川の検地の手が及ぶことを恐れ、怒りをあらわにする。
-
-
【視聴率推移とレビューリンク】(ビデオリサーチ調べ)
[第1回]関東16.9%、 関西17.3%、     北海道13.5%、      BS(関東)4.3%
[第2回]関東15.5%、 関西17.6%、     北海道11.4%、      BS(関東)?
[第3回]関東14.3%、 関西17.8%、     北海道13.6%、      BS(関東)?
[第4回]関東16.0%、 関西18.2%、     北海道12.3%、      BS(関東)?
[第5回]関東16.0%、 関西16.7%、     北海道10.5%、      BS(関東)?
[第6回]関東14.5%、 関西15.5%、     北海道11.1%、      BS(関東)?
[第7回]関東12.9%、 関西?(14.6以下) 北海道?(10.0以下) BS(関東)?
(関西の視聴率は金曜か土曜、北海道の視聴率は、日曜以降に分かる予定)
(三連星さん、北海道の視聴率、いつもありがとうございます♪)

-
【原作・脚本】森下佳子
   (『ごちそうさん』『世界の中心で、愛を叫ぶ』『天皇の料理番』『JIN-仁-』など)
【音楽】 菅野よう子
【テーマ音楽演奏】NHK交響楽団
【ピアノソロ】ラン・ラン
【語り】中村梅雀

-
【主要登場人物】
<井伊家>
井伊直虎(いい なおとら)…柴咲コウ(おとわ(幼少期):新井美羽)
井伊直盛(いい なおもり)…杉本哲太(直虎の父)
千賀(ちか)…財前直見(直虎の母)
井伊直平(いい なおひら)…前田吟(直虎の曽祖父)
井伊直満(いい なおみつ)…宇梶剛士(井伊家重臣、直親の父)
井伊直親(いい なおちか)…三浦春馬(亀之丞(幼少期):藤本哉汰)(直虎の幼馴染み、直満の息子)
しの…貫地谷しほり(直親の妻)
井伊直政(いい なおまさ)…菅田将暉(虎松(幼少期):寺田心)(直親の嫡男)
佐名(さな)…花總まり(井伊直平の娘。今川へ人質に出された)
<井伊家臣>
中野直由(なかの なおよし)…筧利夫(井伊家家臣)
中野直之(なかの なおゆき)…矢本悠馬
今村藤七郎(いまむら とうしちろう)…芹澤興人(井伊直満の家臣)
弥吉(やきち)…藤本康文(井伊家の家人)
たけ…梅沢昌代(おとわの乳母)
<小野家>
小野政直(おの まさなお)…吹越満(井伊家筆頭家老)
小野政次(おの まさつぐ)…高橋一生(鶴丸(幼少期):小林颯)(直虎の幼馴染み、政直の嫡男)
小野玄蕃(おの げんば)…井上芳雄(政直の次男)
<奥山家>
奥山朝利(おくやま ともとし)…でんでん(井伊家重臣)
なつ…山口紗弥加(小野玄蕃の妻)
奥山六左衛門(おくやま ろくざえもん)…田中美央
<龍潭寺>
南渓和尚(なんけい おしょう)…小林薫(龍潭寺の住職)
傑山(けつざん)…市原隼人(龍潭寺の僧侶)
昊天(こうてん)…小松和重(龍潭寺の僧侶)
<井伊谷の民>
甚兵衛(じんべえ)…山本學
八助(はちすけ)…山中崇
角太郎(かくたろう)…前原滉
富助(とみすけ)…木本武宏
福蔵(ふくぞう)…木下隆行
<今川家>
今川義元(いまがわ よしもと)…春風亭昇太
今川氏真(いまがわ うじざね)…尾上松也 (2代目)(龍王丸(幼少期):中川翼)(義元の嫡男)
寿桂尼(じゅけいに)…浅丘ルリ子(義元の母)
太原雪斎(たいげんせっさい)…佐野史郎(臨斉宗の僧、今川家の軍師)
新野左馬助(にいの さまのすけ)…苅谷俊介(今川家家臣)
関口氏経(せきぐち うじつね)…矢島健一(今川家家臣)
あやめ…光浦靖子
岩松(いわまつ)…木村祐一(今川家家臣)
<徳川家>
松平元信(幼少期:竹千代、後に徳川家康)…阿部サダヲ
瀬名(築山殿)(せな・つきやまどの)…菜々緒(幼少期:丹波せいら)(佐名の娘。家康の正室)
<その他>
龍雲丸(りゅううんまる)…柳楽優弥(盗賊団の頭)
瀬戸方久(せと ほうきゅう)…ムロツヨシ(あばら屋の男。無一文から豪商へ)
高瀬(たかせ)…高橋ひかる(信濃から来た娘)
松下常慶(まつした じょうけい)…和田正人(山伏)

-
公式HP・次回あらすじ

公式HP・次郎法師が唱えるお経
公式HP・次郎法師(直虎)役・柴咲コウさんインタビュー(後編)

公式HP・次郎法師修行の場・龍潭寺
公式HP・いよいよ柴咲コウさん登場(子役との比較)
公式HP・南渓和尚役・小林薫さんインタビュー

公式HP・トップ
公式HP・人物相関図

関東の先週の視聴率BEST10(ビデオリサーチ)
関西の先週の視聴率BEST20
関西TV視聴率ランキング<1/30~2/5>(にょえブロ)

「おんな城主 直虎」第4話は16・0%!初の上昇 再び15%超え(17.1.30)
<びわ湖観光船>「直政」3月就航 湖上で「井伊の赤備え」 (17.1.30)

大河「おんな城主 直虎」第2話は15・5% 好調キープ (17.1.15)
『おんな城主 直虎』初回 関東16.9%、関西17.3%、BS4.3% (17.1.10)
「おんな城主 直虎」BS視聴率4・3%を記録「真田丸」初回上回る(17.1.9)


-

おんな城主直虎(前編) [ 森下佳子 ]

《送料無料》菅野よう子(音楽)/NHK大河ドラマ おんな城主 直虎 音楽虎の巻 イチトラ(Blu-specCD2)(CD)(オリジナル・サウンドトラック)


大河ドラマ「おんな城主 直虎」蒸しきんつば(8個入)
-



にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

できれば、どちらか、クリック、お願いします♪(^^)



 

« ネタバレ【べっぴんさん】第21週(2/20~2/25)日別粗筋と視聴率 | トップページ | 冬ドラマ視聴率一覧と感想(6)(2017年1~3月期) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/64920287

この記事へのトラックバック一覧です: 【おんな城主 直虎】第7回感想と視聴率「検地がやってきた」 :

» 【おんな城主直虎】第7回感想と視聴率「検地... [ショコラの日記帳]
「検地がやってきた」第7回の関東の視聴率は、前回より下がって、12.9%↓ 最低視聴率でした(汗)検地、ちょっと地味だったかな?(^^;)裏の「四大陸フィギュアスケート選手権・... [続きを読む]

» おんな城主直虎 第7回「検地がやってきた」 [事務職員へのこの1冊]
第6回「初恋の別れ道」はこちら。前回の視聴率は14.5%と予想よりも下がっている。世間はそんなにラブコメが好きではなかったということだろうか(イッテQがイモトで突っ走っていたせいでしょうけれども)。あるいは、大河ドラマの視聴者層に合っていなかったとか。森下佳子さんはそのこともひょっとしたら計算に入れていたのかも知れない。今回はそんなお話。本来ありえないはずの直親(三浦春馬)の家督相続を認めるかわりに、今川家は検地を交換条件に持ち出す。地方公務員が最も忌むべき(笑)「監査」をやるというのだ。井伊家... [続きを読む]

» 大河ドラマ『おんな城主直虎』第七回 [レベル999のgoo部屋]
「検地がやってきた」内容次郎法師(柴咲コウ)は、井伊家のことを考え、直親(三浦春馬)と添い遂げない決断をするのだった。直親は奥山朝利(でんでん)の娘・しの(貫地谷しほり)と祝言を挙げる。 そんななか、左馬助(苅谷俊介)政次(高橋一生)は、駿府の今川館を訪れ、直親の帰参と家督相続を認めてもらおうとする。すると、義元(春風亭小朝)は、条件を提示する。井伊谷の検地だった。 話を聞いた直盛(杉本哲太)は困惑する。直平(前田吟)は、猛反対。実は、直平には隠し里があったのだ。直親は、直盛、直平の了承を得て、... [続きを読む]

» 【おんな城主 直虎】第7回 感想 [ドラマ@見とり八段]
井伊家存続のため直親(三浦春馬)とのつらい別れを選んだ次郎法師(柴咲コウ)。 政次(高橋一生)は今川館に出向き、直親の帰参と家督相続を認め… [続きを読む]

» おんな城主直虎 第7回~直親と政次の決裂。友情と生き残りの狭間で揺れるふたり [平成エンタメ研究所]
「隠していたことが露見した時に今川より落ち度を責められるのは小野だ。  そうなった小野を井伊は守りはせぬであろう」  直親(三浦春馬)は政次(高橋一生)にこう言い、隠し里を明らかにするかどうかを政次に委ねる。  政次としては、 「俺もいっしょに責任をとる...... [続きを読む]

» おんな城主 直虎 7話「検地がやってきた」 [昼寝の時間]
公式サイト 井伊家存続のため直親(三浦春馬)とのつらい別れを選んだ次郎法師(柴咲 [続きを読む]

» 大河ドラマ「おんな城主 直虎」生き残る為の決断7直親は政次を信じて隠し里を隠したが見つかるもお互いがその場を凌ぎ次郎法師の出番は経だけだった [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「おんな城主 直虎」第7話は直親の帰参を許してもらうために今川の元を訪れたものの、その条件に井伊谷の大規模な検知の実施を条件とした。条件にされた井伊家はその中 ... [続きを読む]

» おんな城主 直虎 第7回「検地がやってきた... [みやさとの感想文と(時々)感想絵]
​​え〜、結局先週もジャンプが全部読めないまま 新しい週を迎えてしまう訳ですがそんなジャンプを読むこともままならないわたしが、あ、これ先週どこかで書きましたっけ? 書い... [続きを読む]

« ネタバレ【べっぴんさん】第21週(2/20~2/25)日別粗筋と視聴率 | トップページ | 冬ドラマ視聴率一覧と感想(6)(2017年1~3月期) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31