無料ブログはココログ

« 【おんな城主 直虎】第11回感想と視聴率「さらば愛しき人よ」 | トップページ | 冬ドラマ視聴率一覧(完成版)と感想(11)(17年1~3月期) »

2017年3月22日 (水)

【A LIFE~愛しき人~】最終回(第10話)感想と視聴率最高♪

「救いたい!!愛しき人の命…宿命の行方!!」
-<3/24(金)追記>
最終回(第10話)の関西の視聴率は、前回(15.4%)より上がって、15.8%
ずっと関東より高かったですが、初めて、関東(16.0%)より低かったです(汗)
前回は、裏にWBC2次ラウンド『日本×オランダ』(関東25.2%、関西24.9%、北海道30.5%)があり、2%以上、下がってしまいましたが、最終回、少し戻しただけでした(汗)
関西、最後は、盛り上がりませんでしたが、前半は高く、
全話平均は16.71%
関東より2%以上、高視聴率でした♪(^^)
             *  *  *  *  *
最終回(第10話)の
関東の視聴率は、前回14.7%より大きく上がって、16.0%で、最高視聴率
有終の美を飾りました♪(^^)
全話平均は、14.52%で、今期のドラマの最高でした♪(2クールの『相棒15』は除く)

無難な最終回だったではないでしょうか?
最後は、皆、ハッピーエンドで、沖田(木村拓哉)はシアトルに戻り、壮大(浅野忠信)は院長と深冬(竹内結子)との確執も取れて、新院長となり、病院の経営方針も小児科を中心にしていくよう、前院長の思いを引き継いで改心♪(^^)
羽村(及川光博)は副院長になりました。
井川(松山ケンイチ)は海外に修行に行ってもっと腕を磨き、経営も学ぶとの事でしたが…
最後、まだこの病院にいたようでした(^^)
これなら続編もできそうな感じですね(^^)

視聴率も1番でキムタクの面目も守れ、ほっとした事でしょう♪(^^)
SMAP解散後、初めてのドラマで、解散にあたり、キムタクが悪者みたいな感じになっていたので、彼も視聴率にどう影響するか、きっと不安だったでしょう(^^;)
解散前からキムタクの人気は落ち目で、彼の前作『アイムホーム』(14.8%)は『天皇の料理番』(14.9%)に負けて、1位を取れなかったですし…(^^;)
最初は『ドクターX』(平均21.49%)の視聴率を目指していたそうですが、到達しそうもないので、目標を『逃げ恥』(平均14.47%)に替えたと、途中、ネットのニュースがありました(^^;)
単純平均だと、14.52%で、『逃げ恥』の平均14.47%に、かろうじて勝ちました(^^)
でも、ビデオリサーチが集計に使っている加重平均だと、『逃げ恥』は平均14.6%で『A LIFE』は14.5%なので、僅差で負けてしまいました(汗)
『逃げ恥』は一度も視聴率を前回より落とした事がなく、最終回は、遂に20.8%と20%の王台を超えました♪
そして「恋ダンス」も流行りました♪(^^)
でも、このドラマは、そういうブームを作り出す事はできませんでした(^^;)

視聴率はともかく、このドラマ、豪華キャストで、華やかでした♪
キムタクはいつものキムタクでしたが、彼以外のキャラが皆、立っていて、素敵なキャラが沢山いました♪
私が一番好きだったのは、井川先生です♪(^^)
柴田(木村文乃)さん一筋で、大病院の跡継ぎなのに、威張っていなくて、自分のレベルアップに真剣で、父の病院を継いで経営の勉強もするか、沖田先生のように世界に誇る技術力を身につけようか迷ったり、とても人間的で前向きで、好感が持てました♪(^^)
柴田さんは、内心、沖田先生が好きなのに、沖田先生と一緒に手術している時の自分が好きとの事で、仕事に真剣で、後輩も育てようと、面倒見もよくて、いいキャラでした(^^)
羽村先生は、自分の出世が第一ですが、恩師思いのところもあって、壮大との友情もあり、腹黒の分、ドラマをかき回す役目があって、いいキャラでした(^^)
顧問弁護士の榊原(菜々緒)先生、最初は、壮大の愛人でしたが、最後は別れ、彼のために、彼の苦悩を深冬に伝えたりして、いい人になりました♪
父とは和解したようで、父の仕事ぶりを見に行ったりして、ギスギスさが消えていました(^^)
彼女も幸せになってほしいです(^^)
沖田の父(田中泯)、寿司職人との事でしたが、彼が寿司を握っているところは一度も見た事がなかったような…(^^;)
田中泯さん、舞踊家とはいえ、少しは習えば良かったのに(^^;)
店、いつもお客さんがいなくて、大丈夫だろうかと心配になりました(^^;)

このドラマの中で唯一、苦手なキャラだったのが、深冬です(^^;)
「どうして大丈夫って言ってくれないの?」とか、医者とは思えないようなセリフも多く、夫がいるのに、沖田先生との初恋の別れに執着して…(^^;)
彼女の脳手術、壮大は沖田にやってほしいと言っていたのに、自分でやると言い出して、沖田と壮大、どちらが手術するか、対立。
深冬は沖田を選びました(^^)
壮大はショックで激昂。
その上、彼は病院を乗っ取ろうとしていたと羽村先生が院長にリークしてしまい、副院長を解任されてしまいました(汗)
二重に落ち込んだ壮大は、家を出て行ってしまいました(汗)
以前、愛人だった榊原が絵の下に隠された壁の穴を深冬に見せ、壮大の心を穴を教えました。
夫婦仲改善に尽くしてくれて、彼女もいい人になりました(^^)
壮大は、どうやら、実家・亡くなった父の診療所に行っていたよう。
深冬が沖田を選んだのは、どちらが好きか、どちらに殺されても本望かという選択ではなかったよう(^^;)
当然ですが(^^;)

初回から引っ張っていた深冬(竹内結子)の手術、最終回に沖田がようやくやりましたが…
脳腫瘍の3つのうち、2つは取れましたが、残り1個が深い所にあって、脳の腫れで邪魔され届かなくて…
やむなく、そのまま閉じました。
そして腫れが引くのを待って、1週間以内に再手術をする事に。
意識を取り戻した深冬は、どうして、手術をする人、沖田を選んだのか、沖田に話しました。
もし自分の手術が失敗した場合、母を父が助けられず、死んでしまったと娘が思う事が嫌だったとの事。
それを沖田から聞いた壮大は、ようやく沖田へのコンプレックスが取れました。
沖田と壮大、お互いにコンプレックスを感じ合っていて、それを2人でぶつけ合って和解しました。
ここの和解は良かったです(^^)
再手術、彼一人ではダメで、優秀な脳外科医の壮大(浅野忠信)の力を借りて、2人で一緒にやりました。
と言っても、殆ど壮大がやっていたような気がしましたが…(^^;)
壮大がすぐにまた姿を隠した事もあり、周りの皆は沖田を大絶賛(^^;)
壮大、やはり可哀想(^^;)
でも、愛する妻を自分で救えて、妻と娘と義父の信頼も取り戻して、彼もようやく幸福な家庭生活を取り戻したようでした(^^)
沖田は、シアトルに柴田も誘ったのかな?
井川は自分も外国に行くので一緒に来てほしいと、柴田に言いましたが…(^^)
柴田は、案の定、軽くパス(^^;)
最後まで軽くあしらわれてしまいましたが、この2人お似合いだと思います♪(^^)
沖田へは丁重に断り、この病院でまだしなければならない事が沢山あるので、それをしていきたいと♪
それは後進を育てる事かな?
最後は、後輩に説明していました。

もし続編をやったら、もっと視聴率、よくなるのではないかと思います(^^)
今回は、初回で提示した深冬の脳腫瘍、それを治すためにこの病院に残ったのに、手術を先延ばしにして最終回まで引っ張ったのがイライラして嫌でした(汗)
それがなくて、普通の医療ドラマなら、もう少し普通の気持ちで見れるだろうと思います(^^)
私の評価は、『ドクターX』(A)には到底及ばず、「B」でした(^^)

尚、4月からのこの枠は、『小さな巨人』です。
長谷川博己さんと岡田将生さん共演の刑事ドラマです。
「医療ドラマと刑事ドラマは視聴率が取れる」というのが通説なので、そのもう一方にするようです(^^;)
『天皇の料理番』や『下町ロケット』のようなテーマ性のあるドラマがまた見たいです(^^)

【最終回(第10話)あらすじ】 (Yahooテレビより)
深冬(竹内結子)から手術は沖田(木村拓哉)に任せたいといわれ激高する壮大(浅野忠信)。壮大は虎之介(柄本明)から糾弾されて、傷ついた壮大は病院を去る。 壮大不在のまま、沖田は深冬の手術に臨むために万全の準備をすすめていく。 そして、オペ当日。 手術中に深冬の状態に異変が起きて・・・
-

【視聴率推移】(関東地区)
第1話]14.2%(関西17.3%)  [第2話]14.7%(関西16.7%) [第3話]13.9%(関西16.5%)
[第4話]12.3%(関西17.0%)  [第5話]13.9%(関西17.6%) [第6話]15.3%(関西18.0%)
[第7話]14.5%(関西15.3%)  [第8話]15.7%(関西17.5%) [第9話]14.7%(関西15.4%)
[最終回(第10話)]16.0% (関西15.8%)        [平均視聴率]14.52% (関西16.71%)

【脚本】橋部敦子
【主題歌】B'z『Still  alive』

-

【主要キャスト】
沖田 一光(おきた かずあき)…木村拓哉(心臓血管と小児の外科が専門の外科医)
壇上 深冬(だんじょう みふゆ)…竹内結子(壇上記念病院院長の娘で小児外科医。沖田の元恋人)
井川 颯太(いがわ そうた)…松山ケンイチ(壇上記念病院の心臓血管外科医。関東外科医学会会長の父を持ち、ゆくゆくは満天橋病院を継ぐ2世医師)
柴田 由紀(しばた ゆき)…木村文乃(壇上記念病院の一流オペナース)
榊原 実梨(さかきばら みのり)…菜々緒(壇上記念病院の顧問弁護士。颯太の愛人)
羽村 圭吾(はむら けいご)…及川光博(壇上記念病院の第一外科部長であり心臓血管外科専門の医師)
壇上 壮大(だんじょう まさお)…浅野忠信(壇上記念病院副院長で脳外科医。深冬の夫。旧姓:鈴木)
壇上 虎之助(だんじょう とらのすけ)…柄本明(壇上記念病院院長。深冬の実父)
沖田 一心(おきた いっしん)… 田中泯(沖田 一光の父。寿司屋)
真田 隆之(さなだ たかゆき)…小林隆(壇上記念病院の事務長)
-

-
第1話レビュー
第8話レビュー(父・発作性上室性頻拍って私と同じ)
-
公式HP
公式HP・最終回無料視聴(1週間限定・3月26日20時59分まで)

キムタク主演「A LIFE」最終回は16・0%!自己最高で有終の美 (スポニチアネックス)
キムタクドラマ「A LIFE~愛しき人~」最終回、視聴率は今季断トツも物足りなさ…「逃げ恥」には及ばず(サンケイ新聞)

-

-
関東の先週の視聴率BEST10(ビデオリサーチ)
関西の先週の視聴率BEST20
-

TBS系 日曜劇場 A LIFE〜愛しき人〜 オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]

A LIFE 〜愛しき人〜【TBSオンデマンド】 第7話【動画配信】
-

-
-


にほんブログ村
-

できればクリック、お願いします♪(^^)


 

« 【おんな城主 直虎】第11回感想と視聴率「さらば愛しき人よ」 | トップページ | 冬ドラマ視聴率一覧(完成版)と感想(11)(17年1~3月期) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/65049542

この記事へのトラックバック一覧です: 【A LIFE~愛しき人~】最終回(第10話)感想と視聴率最高♪:

» 【A LIFE~愛しき人~】最終回(第10話)感想と... [ショコラの日記帳]
「救いたい!!愛しき人の命…宿命の行方!!」最終回(第10話)の関東の視聴率は、16.0%で、最高視聴率♪(^^)有終の美を飾りました♪(^^)全話平均は、14.52%で、今期のドラマの最高... [続きを読む]

» A LIFE~愛しき人~ (第10話/最終回15分拡大版・2017/3/19) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
TBSテレビ系・日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』(公式) 第10話/最終回15分拡大版『救いたい!!愛しき人の命…宿命の行方!!』の感想。 羽村(及川光博)と実梨(菜々緒)の暴露で、壮大(浅野忠信)がかつて進めていた他院との提携計画が、虎之介(柄本明)と深冬(竹内結子)に知られてしまう。虎之介は壮大を副院長の座から解任し、病院から出て行けと命じる。沖田...... [続きを読む]

» 「A LIFE〜愛しき人〜」命と向き合った先に愛する深冬を救いたい思いが壁を無くしタッグを組んで見事に手術は成功し沖田は再びシアトルに旅立った [オールマイティにコメンテート]
19日ドラマ「A LIFE〜愛しき人〜」最終話を視聴した。 今回は壮大が壇上記念病院を売ろうとしていた事が発覚して病院を追放された。 その直後壮大が姿を消したが深冬の手術の時は ...... [続きを読む]

» A LIFE~愛しき人~ #10 最終回 [ぐ~たらにっき]
『救いたい!!愛しき人の命…宿命の行方!!』 [続きを読む]

» 日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』第10話(最終話) [レベル999のgoo部屋]
「救いたい!!愛しき人の命宿命の行方!!」内容深冬(竹内結子)は、自身の手術を沖田(木村拓哉)に任せたいと、夫・壮大(浅野忠信)に伝えた。夫よりも元恋人なのかと。。。動揺し、激怒する壮大。そこに、壇上(柄本明)羽村(及川光博)榊原(菜々緒)らの追及も重なり、沖田が引き留めたにもかかわらず、壮大は病院を去って行くのだった。 その後も、沖田は、深冬の手術の準備を進めていく。。。 敬称略 今作が描こうとした。 根幹部分の人間ドラマは、かなりの出来だったと思います。 ただ、そ.... [続きを読む]

« 【おんな城主 直虎】第11回感想と視聴率「さらば愛しき人よ」 | トップページ | 冬ドラマ視聴率一覧(完成版)と感想(11)(17年1~3月期) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30