無料ブログはココログ

« 【ひよっこ】第13話(4/17月)感想と視聴率 | トップページ | 【ひよっこ】第14話(4/18火)感想と視聴率 »

2017年4月17日 (月)

【小さな巨人】第1話プチ感想と視聴率好発進♪

「新警察ヒーロー誕生 敵は味方のフリをする裏切り上司を倒せ!!」
-
初回(第1話)の視聴率は、13.7%(関東)。瞬間最高は10時15分の15.2%。
好スタートを切りました♪(^^)
関西では、15.6%。瞬間最高は9時53分の17.9%。
北海道では、更によく、18.0%! 瞬間最高も9時54分を始め計3回記録された20.5%!
北海道、すごいですね♪(^^)
誰か北海道出身の人、出ているのでしょうか?

今期、刑事ドラマや探偵物など、ミステリ-が多いですね(^^;)
刑事物、『CRISIS』(初回13.9%)や『警視庁・捜査一課長』(初回14.5%)など、好発進をした物が多いです。
あと『緊急取調室(2)』(4/20スタート)と、探偵物ですが、『貴族探偵』が今夜、始まります。
どのドラマが最後まで高視聴率を取るか、注目しています(^^)

『小さな巨人』は、大ヒットドラマ『半沢直樹』スタッフによる新ドラマで、『半沢直樹』っぽい雰囲気でした(^^;)
主演の長谷川博己さんは、「日曜劇場」初主演♪
芳根京子さんは、朝ドラ『べっぴんさん』後の初出演♪
佐々木希さんは、結婚発表後、初出演♪♪
脚本の丑尾健太郎さんは、『HEAT』(第1,4,8,9話(最終回))や『ショムニ2013』(第1,5,8話)などを書いていて、どちらもイマイチだったので、少し心配です(^^;)
ただ、脚本協力の八津弘幸さんは、『半沢直樹』『下町ロケット』『ルーズヴェルト・ゲーム』などを書いた人なので、安心です(^^)
丑尾健太郎さんのオリジナルだけれど、彼だけだと心配なので、ベテランの八津氏をつけるという感じかな?(^^;)
丑尾健太郎さんは、今までも1人ではなく、複数人で連ドラを交代で書いていたようなので、その方が気がラクかも?(^^)
連ドラは、複数人で交代で書いているドラマも多く、特に、『相棒』など1話完結の刑事物は多いです。

これは、エリート刑事が裏切り上司と戦う、警視庁本庁と所轄の確執、警察内部の戦いを克明に描くエンターテインメントドラマ。
との事で、事件解決よりも本庁と所轄の確執や、裏切り上司への倍返しなどが中心となりそう(^^;)
主人公の香坂真一郎(長谷川博己)、最初、捜査一課のエリート刑事だった時、所轄をバカにした嫌な人だったので、上司に裏切られて、所轄送りになっても、あまり同情できませんでした(^^;)
それに、この程度の裏切りは、一般の会社では、よくありそうな気がします(^^;)
その上、所轄送りになってからも、渡部久志(安田顕)の手柄を横取りして、捜査一課長の小野田義信(香川照之)に報告してただけで、なんだかねぇ(^^;)
裏切り上司の捜一課長・小野田義信は、香川照之さんだし、オーバーな演技と演出の雰囲気は、『半沢直樹』っぽい作り方でしたが…
本庁と所轄の確執は、よくあるテーマだし…(^^;)
同じ、捜査一課長だと、テレビ朝日の捜査一課長の大岩純一(内藤剛志)さんの方が温かくて、いいですね(^^)
ギスギスしたこのドラマより、テレ朝の優しい捜査一課長の『警視庁・捜査一課長』の方が私は好きです♪(^^)
『小さな巨人』、初回は見ましたが、好きなキャラがいないので、いつまで見るかどうか…
芳根京子さんは、警視庁人事課職員ですが、初回は少ししか登場しませんでした(汗)
所轄ではないので、今後もあまり登場しないかな?(^^;)
朝ドラ主演後すぐ、TBSの「日曜劇場」に脇役で出演したのは、『まれ』の土屋太鳳さんみたいですね(^^)
このくらいの出番ならラクかも?(^^)
私の期待度はCです(^^;)

-
【第1話あらすじ】 (Yahooテレビより)
捜査一課の刑事・香坂真一郎(長谷川博己)は、数々の事件を解決に導き、辣腕をふるうエリート刑事。その実力は“未来の捜査一課長間違いなし”と周囲も認めるほどで、出世街道まっしぐらだった。しかし、ある取り調べでの些細なミスをきっかけに香坂の警察人生は一変。信頼していた上司の証言により、左遷されてしまう!香坂はどん底の所轄刑事へと成り下がる。信じられるのは己だけ−−香坂の戦いの火蓋が今、切られる!
-
-
【監修】福澤克雄 (「半沢直樹」「下町ロケット」「ルーズヴェルト・ゲーム」など)
【脚本】丑尾健太郎 (「HEAT」「ショムニ2013」(第1,5,8話),映画「シャカリキ!」など)
【脚本協力】八津弘幸 (「半沢直樹」「下町ロケット」「ルーズヴェルト・ゲーム」など)
【音楽】木村秀彬  (「ウロボロス」「表参道高校合唱部」「コウノドリ」など)
【主題歌】平井堅「ノンフィクション」
【プロデューサー】伊與田英徳、飯田和孝
【演出】田中健太、渡瀬暁彦、池田克彦
-
【主要人物一覧】
香坂 真一郎 - 長谷川博己(刑事・課長代理。元捜査一課係長。芝警察署に在籍)
山田 春彦 - 岡田将生(刑事・捜査一課長付運転担当。警視庁本庁に在籍)
三島 祐里 - 芳根京子(警視庁人事課職員)
渡部 久志 - 安田顕(芝警察署所属の刑事)
三笠 洋平 - 春風亭昇太(芝警察署署長。元捜査一課長)
小野田 義信 - 香川照之(警視庁第74代捜査一課長)
<所轄 芝警察署>
中村 俊哉 - 竜星涼(若手刑事)
東山 智之 - 加治将樹(刑事)
石倉 慎之介 - 丸一太(刑事)
神尾 梢 - 夏緒(刑事)
杉本 学 - 池田鉄洋(芝警察署副署長)
<警視庁本庁>
藤倉 良一 - 駿河太郎(刑事・捜査一課係長。真一郎の同期)
片山 昭三 - 神尾佑(警視庁捜査一課特殊犯捜査担当管理官)
柳沢 肇 - 手塚とおる(警視庁警務部監察官)
<香坂家>
香坂 美沙 - 市川実日子(真一郎の妻)
香坂 敦史 - 木場勝己(真一郎の父)
香坂 真由美 - 三田佳子(特別出演)(真一郎の母。敦史の妻)
<その他>
謎の女 - 佐々木希(ある事件の鍵を握るキーパーソン)
中田 和正 - 桂文枝(IT企業・ゴーンバンク社長)
五十嵐 仁 - 堀尾正明(ゴーンバンクの顧問弁護士)
中田 隆一 - 加藤晴彦(中田和正の息子。ナカタエレクトロニクス社長)
風見 康夫 - 長江英和(風見エレック社長)
風見 京子 - 富永沙織(風見康夫の娘)
佐川 勇人 - 好井まさお(毎朝新聞社会部記者)
-
-
公式HP・人物相関図
公式HP・次回あらすじ

-
長谷川博己主演「小さな巨人」初回、北海道で瞬間最高20・5%
長谷川博己主演「小さな巨人」初回、関西は15・6% 瞬間最高は17・9%
-

半沢直樹 -ディレクターズカット版ー DVD-BOX [ 堺雅人 ]


  
 
 


にほんブログ村
-

できればクリック、お願いします♪(^^)


« 【ひよっこ】第13話(4/17月)感想と視聴率 | トップページ | 【ひよっこ】第14話(4/18火)感想と視聴率 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/65163807

この記事へのトラックバック一覧です: 【小さな巨人】第1話プチ感想と視聴率好発進♪:

» 【小さな巨人】第1話プチ感想と視聴率好発進♪ [ショコラの日記帳]
「新警察ヒーロー誕生敵は味方のフリをする裏切り上司を倒せ!!」-初回(第1話)の視聴率は、13.7%(関東)。瞬間最高は10時15分の15.2%。好発進を切りました♪(^^)関西では、15.6%。瞬間... [続きを読む]

» 小さな巨人 第1話 [ぷち丸くんの日常日記]
警視庁捜査一課強行班1係長の香坂真一郎(長谷川博己)は、事件解決の祝勝会と称して前捜査一課長で現在は所轄署長の三笠(春風亭昇太)と料亭で会食をしていました。 すると突然、現捜査一課長・小野田(香川照之)が現れます。 三笠と小野田は共に香坂を評価していますが、互いの捜査理論の違いから対立しています。 会食後、料亭の前で飲酒運転の疑いがある会社社長・隆一(加藤晴彦)を取り調べた...... [続きを読む]

» 日曜劇場『小さな巨人』第1話 [レベル999のgoo部屋]
「新警察ヒーロー誕生 敵は味方のフリをする裏切り上司を倒せ!!」内容捜査一課のエリート刑事だった香坂真一郎(長谷川博己)いずれ、捜査一課長と言われていた。自身を捜査一課に引き上げてくれた前捜査一課長で、芝署署長の三笠洋平(春風亭昇太)とは、いまも懇意にしていた。ふたりで食事をしていると、なぜか現一課長の小野田義信(香川照之)た現れる。前一課長と現一課長。畑違いで水と油だった。香坂の父・敦史(木場勝己)にとっても、一課長は夢。三笠からは、注意しろと言われるが。。。店を出ると一課長付運転手の山田春彦(岡... [続きを読む]

» 小さな巨人 (第1話/初回25分拡大・2017/6/16) 感想 [ディレクターの目線blog@FC2]
TBSテレビ系・日曜劇場『小さな巨人』(公式) 第1話/初回25分拡大『新警察ヒーロー誕生敵は味方のフリをする裏切り上司を倒せ!!』の感想。 警視庁捜査一課強行班1係長・香坂(長谷川博己)は数多くの難事件を解決に導いた捜査官。だが、宴席の後に行った取り調べでミスを犯す。黙秘を続けたものの、直属の上司で捜査一課長・小野田(香川照之)が日本酒を飲んだことを証言...... [続きを読む]

» 【貴族探偵】第1回 感想 [ドラマ@見とり八段]
いつの時代も愚かな凶行に走るのは己の独占欲を満たそうとする男だと相場は決まっています。 あなたは悪くない。 ただ美しかっただけです。 … [続きを読む]

» 「小さな巨人」転落した男の逆襲1警視庁から所轄に左遷された香坂は組織での出世が絶たれた事で所轄刑事として事件と向き合っていく決意を示した [オールマイティにコメンテート]
「小さな巨人」は警視庁の捜査一課係長まで出世した男がある日の失敗により所轄の刑事課課長代理に左遷されたが、所轄刑事として警視庁と所轄の対立をしながら奮闘していく姿が描 ... [続きを読む]

« 【ひよっこ】第13話(4/17月)感想と視聴率 | トップページ | 【ひよっこ】第14話(4/18火)感想と視聴率 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31